1 Peter – Unspeakable Joy
満ちた喜び

16 September, 2018

Today we continue our walk through the books of the Bible. We come to 1 Peter. It was written by the apostle Peter. This is the same impetuous disciple who suggested in a moment of juvenile exhilaration that Jesus wash not just his feet but all of him. This is the disciple who denied Jesus three times in his most needy hour, and then ran away. This is the disciple to whom Jesus said after his resurrection, ‘feed my sheep’. This is the same disciple who became head of the church of Christ, and who is now, through these letters, feeding his sheep.
今日も私たちは聖書の書を通して学んでいきましょう。私たちはペテロ第一の手紙まで到達しました。この書・手紙は使徒ペテロによって書かれました。イエスがペテロの足を洗うと言った時に、足だけでなく彼の全身を洗うことを大喜びでお願いした同じ弟子であり、熱烈な弟子でした。ペテロは自分が最も貧しかった時にイエスを「知らない」と3回拒否した後、逃げ出した弟子です。イエスが復活した後にイエスが「わたしの羊を養いなさい。」と言った弟子です。ペテロはキリストの教会の頭になった弟子であり、こんにちでは自らの手紙を通して私たちに教えを説いていくれています。

There are 5 chapters in 1 Peter and we’re going to work backwards through them this morning (from 5 through to 1), as though deconstructing them, to get to chapter 1, which presents the very foundation of the Christian faith, and our climax this morning.
ペテロ第一の手紙には5つの章があり、今朝は、それらを5章から1章へと、最後から最初に向かって読んでいきたいと思います。第1章ではキリスト教の信仰の基本について書かれており、今朝のお話の中心となります。

This morning’s sermon will be a ‘prayer-sermon’. I’m going to stop at various points and head into prayer, which is slightly unusual but is better than stopping at certain points and bursting into song (although you never know, I just might do that, too).
今朝の説教は「祈りの説教」です。今朝の説教は少し珍しいスタイルになりますが、時々話の途中で止まり、祈ります。いつも決まったところで話をやめて歌が入るといったおきまりの流れを取るよりは、面白いのではないかと思いつきました。

  1. Elders of the church
    教会の長老

最後の章となる第5章では、教会の長老について書かれています。

In chapter 5, Peter gives teaching and advice to the elders and young men of the church. A few weeks ago, I looked at the call to young people, the future elders of the church, in the book of Titus, and we went through a checklist of what is required to be an elder in the church. Eldership is something that we should all aspire to, regardless of age, gender or current spiritual maturity.
第5章では、教会の長老や若い人たちに教えとアドバイスをしています。私は数週間前テトス書の中で、将来の教会の長老たちとなる若い人へ向けて、教会の長老の必要条件であることのチェックリストを調べました。年齢、性別、信仰の成長度にかかわらず、私たちは皆、長老になることを目指すべきです。

A key verse here is:
次に鍵となる重要な聖句を読みます。

Be shepherds of God’s flock that is under your care, watching over them—not because you must, but because you are willing, as God wants you to be; not pursuing dishonest gain, but eager to serve; not lording it over those entrusted to you, but being examples to the flock.
1 Peter 5:2,3

神の羊の群れ(教会)を養いなさい。いやいやながらではなく、喜んで、その務めに当たりなさい。利益を求める気持ちからでなく、熱心に、喜んで、羊の群れを飼いなさい。 支配的にふるまわず、良い模範を示して、彼らを指導するよう心がけなさい。
ペテロの手紙Ⅰ 5:2,3

I mentioned a couple of weeks ago about a practical plan of discipleship that I will be introducing to our church to help lead all members toward eldership in the church. I will be sharing that in today’s congregational meeting at the end of the service.
全員が教会の長老として成長するために私が教会に導入する弟子訓練の計画をどのように進めるかということについて数週間前にお話しました。今日の礼拝の後でミーティングがありますので、そこで詳しくお話します。

For now, I’ve asked Lloyd to pray for the elders (leaders) and future elders of our church.
具体的な弟子訓練プログラムが始まるまではロイドに指導者となる長老と将来の教会の長老たちの為に祈ってもらいましょう。

  1. Living for God
    神のために生きる

第4章では、神のために生きるということについて書かれています。

As we saw in the book of James last week, it is our ability to live for God in clear and practical ways (ie. deeds) that shows that our faith is genuine and that we are spiritually mature. Living for God, gladly and sincerely, is the natural outcome of having the Spirit of God living within you.
先週ヤコブ書で読んだように、私たちの信仰が真実であり、私たちが霊的に成長し、かつ例えば実際に信仰に伴う行動とはどのような行為なのかということも示しながら、神のために生きるという事をわかりやすく実践的な方法で教えてくれています。
あなたの内に神の霊が住んでいてくだされば、喜びを感じて神のために生きるということは、必然的に起こること、当然の結果となります。
(喜んで心から神のために生きることは、あなたのうちに神の霊が住んでいてくださることの当然の結果です。)

Even so, just as a naturally gifted singer still needs training or a naturally gifted sports person still needs training, so we who are spiritually gifted and naturally inclined in our faith to live for God, still need coaching and guidance in this matter of living for God. And Peter provides this in his letter.
しかし、もともと才能のある歌手でもまだ訓練を必要とするように、もともと才能のあるスポーツ人がまだ訓練を必要としているように、私たちも、どんなに霊的に長けており信仰に厚くても、神のために生きるために育ててもらい導いてもらわなければなりません。そしてペテロは彼の手紙の中で神のために生きるということについて次のように書いています。

A key verse here is:
鍵となる聖句です。読み上げます。

Be alert and of sober mind so that you may pray. Above all, love each other deeply, because love covers over a multitude of sins. Offer hospitality to one another without grumbling. Each of you should use whatever gift you have received to serve others, as faithful stewards of God’s grace in its various forms. If anyone speaks, they should do so as one who speaks the very words of God. If anyone serves, they should do so with the strength God provides, so that in all things God may be praised through Jesus Christ.
1 Peter 4:7b-11a

ですから、分別を持ち、身を慎んで祈りなさい。何よりも、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は、多くの欠けた点を補うからです。食べる物に困り、宿のない人がいたら、気持ちよく家に迎え入れてあげなさい。神はあなたがた一人一人に賜物を与えておられます。それぞれに与えられた賜物によって、互いに助け合い、神からのあふれる恵みを他の人と分かち合いなさい。 説教するために選ばれた人は、神があなたを通してじかにお語りになるように語りなさい。人に奉仕するために選ばれた人は、神が下さる力に満たされて人々を助けなさい。それは、すべてのことにおいて、イエス・キリストを通して神がほめたたえられるためです。
ペテロの手紙Ⅰ 4:7b-11a

I’ve asked Imee to pray about this and ask God to gift, strengthen and build us so that we can live effectively for Him.
アイミーに、この聖句に書かれているように神に賜物を求め、私たちを強くして私たちがもっと神のために生きることができるようにと祈ってもらいましょう。

  1. Wives and husbands
    妻と夫

第3章では妻と夫について書かれています。

Peter’s words to wives and husbands are not just as important today as they have ever been, I believe they are more important today than they have ever been at any time in history. No society has ever so willingly and systematically destroyed the family unit as our current society. With the encouragement of sexual experimentation, the encouragement of single motherhood, the redefining of marriage, and the exclusion of God from marriage, the role of husbands and wives in the family and in society has been demeaned and devalued like never before.
ペテロの妻と夫への言葉は、それほど重要なことではありません。しかし私は、歴史のいつの時代よりも、こんにち、一番大切な言葉だと思います。現代の社会ほど家族が崩壊している社会はありません。皆、性的な経験をよしとし、シングルマザー、母子家庭をよしとし、結婚とは何かを勝手に論議し、結婚から神を切り離してしまうことによって、家族や社会における夫や妻の役割は、今までとは違ったものになってしまっています。

Marriage should never been seen as a merely civic license for two people to live together. It should be seen as holy matrimony – a holy union before God through which the husband sacrificially loves his wife and lays down his life for her, and the wife, cherishes and respects her husband above all else. It is a glorious inter-dependence, ordained by God to reflect the unity of the Trinity, and from that to produce children in a loving, safe and godly environment.
結婚は、2人が一緒に住むための市民に与えられた単なる許可証と思ってはいけません。神聖なる婚姻であるとみなされるべきです。結婚とは、神の御前で、夫は妻を献身的に愛し、妻のために命を捧げ、妻は夫を何よりも大切にし尊敬する聖なる結びつきです。何故なら、夫と妻はお互いに頼り合い、三位一体としての繋がりを神によって正されながら、愛され安全で神聖な環境で子供を生み育てるからです。
(結婚は神聖な婚姻とみなされるべきです。神の御前で、夫は妻を献身的に愛し、妻のために命を捧げ、妻は夫を何よりも大切にし尊敬する聖なる結びつきです。)

To the young people in the church, as you look into God’s intention for marriage and family, I say to you what Paul wrote to the Corinthian church:
結婚と家族の事を神がどのようにみているのか、ここにいる教会の若者たちのために、パウロがコリント教会に書いたことを読んでみましょう。パウロは結婚に関して、神以外のもの、この世のものに関わってはいけないと言っています。

Come out from them and be separate, says the Lord. Touch no unclean thing, and I will receive you.
2 Corinthians 6:17

彼らから立ち去り、縁を切れ。その汚れたものに触れてはならない。そうすれば、わたしはあなたがたを迎え入れ、
コリント人への手紙Ⅱ 6:17

Don’t look to society for any kind of definition of marriage or family.
To the husbands and wives of the church, I say study the teachings in God’s Word about the God-ordained roles within marriage.
To the young adults, the future husbands and wives of the church: stop wasting time, you have work to do!
社会での結婚や家族の定義のことは考えないでください。
教会の夫と妻たちには、結婚について神が定めたお互いの役割についての神の言葉や教があります。
教会の若い大人たち、将来夫になる人や妻になる人たちに言いたいと思います。みなさん、結婚するお相手を頑張って探してください。

Key verses from Peter on this matter are:
ペテロの書の中でこのことについて書かれている重要な聖句があります。

[Wives,] your beauty should not come from outward adornment, such as elaborate hairstyles and the wearing of gold jewelry or fine clothes. Rather, it should be that of your inner self, the unfading beauty of a gentle and quiet spirit, which is of great worth in God’s sight….Husbands, in the same way be considerate as you live with your wives, and treat them with respect as the weaker partner and as heirs with you of the gracious gift of life, so that nothing will hinder your prayers.
1 Peter 3:3,4,7

宝石やぜいたくな着物や、きれいな髪形で外見を美しく見せようとするよりも、むしろ、やさしく、おだやかな心の持ち主となり、いつまでも色あせない魅力で、自分の内面を美しく飾りなさい。これこそ、神の目に価値あるものです。同じように夫も、妻を心にかけなさい。女性が男性よりも弱い者であることを意識して、いたわりなさい。神の祝福は、妻と共に受け継ぐべきものだと心得なさい。もし妻に対する態度が誤っていれば、あなたがたの祈りはむなしいものとなります。
ペテロの手紙Ⅰ 3:3,4,7

You can read more on this matter in Ephesians 5:22-33
エペソ人への手紙5章22節から33節に同じようなことが書かれています。

I’ve asked Bradley to pray for the husbands and wives of our church – both present and future.
ブラッドリーに、教会にいる夫と妻達、また将来夫と妻になる人々のために祈ってもらいましょう。

  1. Church identity
    教会のアイデンティティー

第2章では、教会のアイデンティティー・特性について書かれています。

Church is not something that you attend. You attend meetings. You attend school. Church is something you belong to. That’s why the Bible uses images of the body, the family, and a building, to describe what church life looks like, and how it functions. Peter describes it with an even greater intensity and a greater glory in:
あなたは会議に出席したり、学校に通ったりしますが、教会はあなたが出席する所ではありません。教会はあなたが属するところです。そのため聖書では教会のことは「身体」と表現されたり、家族、建物というイメージを使って教会とはどんな形をしてどのように機能するのかを表現しています。ペテロは、ペテロ第一の手紙2章の9節10節の中でさらに強調し、より大きな栄光を表して教会の特性を描写しています。

But you are a chosen people, a royal priesthood, a holy nation, God’s special possession, that you may declare the praises of him who called you out of darkness into his wonderful light. Once you were not a people, but now you are the people of God; once you had not received mercy, but now you have received mercy.
1 Peter 2:9,10

しかし、あなたがたはそうではありません。あなたがたは神から選ばれた王なる祭司であり、きよい民として神のものとされた人たちです。それはすべて、どうして自分が暗闇から神の驚くべき光へと招き入れられたかを、人々に語り伝えるためなのです。 10 あなたがたは、以前は全く無きに等しい者でしたが、今は神のものとされています。以前は神のいつくしみから遠い者でしたが、今では神のいつくしみによって変えられました。
ペテロの手紙Ⅰ 2:9,10

This blessing, this grace, this authority, this responsibility is not something that you can attend! It’s only something that you can belong to. I don’t say this in a spirit of discipline, I say it in a spirit of encouragement. It should cause all of us to reconsider the very great privilege of belonging to a church family and how deeply we need to commit to one another and the purposes of the church. Praise God that He has chosen us for this work!
このような祝福、このような恵み、このような権威、こような責任は、あなたがその一部となり受けたりすることはできても、行えるものではありません。皆さんに厳しくしているつもりはありません。むしろ励ましの気持ちで言っているので聞いてください。私たち全員が「家族として教会に属している」という大きな特権を持っていること、そして互いに深く祈り合って教会の目的をよく考えましょう。神が教会という使命のために私たちを選んだことを讃えてください。

I’ve asked Kyoko to pray over our church.
恭子さんに教会について祈ってもらいましょう。

  1. The heart of faith
    信仰の心

最初の章となる第1章には信仰の心について書かれています。

The first chapter of 1 Peter deserves its own series of sermons. It is so rich and so wonderful. Peter begins by reminding us of who we are in Christ:
ペトロ第一の手紙の最初の章は1から5までの一連の説教を代表しています。とても豊かで素晴らしく書かれています。ペテロはキリストにとって私達が誰であるか思い出させることから第1章を始めています。

Praise be to the God and Father of our Lord Jesus Christ! In his great mercy he has given us new birth into a living hope through the resurrection of Jesus Christ from the dead, and into an inheritance that can never perish, spoil or fade. This inheritance is kept in heaven for you, who through faith are shielded by God’s power until the coming of the salvation that is ready to be revealed in the last time.
1 Peter 1:3-5

主イエス・キリストの父なる神こそ、すべての賞賛を受けるにふさわしい方です。私たちは、神の測り知れないあわれみによって、新しく生まれ変わる特権を与えられ、神の家族の一員として迎えられたのです。そればかりか、キリストが死者の中から復活してくださったことにより、私たちは永遠のいのちの希望にあふれています。 神はご自分の子どもたちのために、朽ちることも消えることもない資産を約束してくださいました。それはあなたがたのために天にたくわえられているのです。 神の超自然的な力によって、あなたがたはまちがいなく守られ、やがて来る終わりの日に、用意されている救いをいただくのです。
ペテロの手紙Ⅰ 1:3-5

This is the sort of passage that you need to read three or four times to really grasp. When we are in Christ, we are reborn into a new life, we have a great hope for our future, we are given a heavenly inheritance that no-one can take from us, we are protected by God, and we are given eternal life.
この聖句は本当に理解するまで3〜4回はよく読む必要があるでしょう。
私たちがキリストのうちにあるなら、私たちは新しい人生に生まれ変わり、未来への大きな希望を持っています。誰も私たちから取ることができない天国の遺産を受け取り、神によって守られ、永遠の命が与えられます。

Now, despite receiving such unimaginable glories, life now can still be very, very hard. Peter continues immediately after this to say:
想像できないほどたくさんの栄光を受けているにもかかわらず、私たちの人生は今でも非常にたくさんの困難があります。ペテロはこの聖句のすぐ後、次のように書いています。

In all this you greatly rejoice, though now for a little while you may have had to suffer grief in all kinds of trials. These have come so that the proven genuineness of your faith—of greater worth than gold, which perishes even though refined by fire—may result in praise, glory and honor when Jesus Christ is revealed.
1 Peter 1:6,7

ですから、心から喜びなさい。今しばらくの間、地上での苦しい試練が続きますが、行く手にはすばらしい喜びが待っているからです。 これらの試練は、あなたがたの信仰をテストするためにあるのです。それによって、信仰がどれほど強く純粋であるかを量られます。それはちょうど、金が火によって精錬され、不純物が取り除かれるのに似ています。しかも神にとっては、あなたがたの信仰は、金よりはるかに尊いものです。ですから、信仰が火のような試練のるつぼの中で鍛えられ、なお強くされるなら、あなたがたは、イエス・キリストが再び来られる日に、多くの賞賛と栄光と名誉とを受けることになるでしょう。
ペテロの手紙Ⅰ 1:6,7

This is exactly what James wrote about in his letter which we looked at last week. In the Christian life, we have such amazing blessings on one hand, yet on the other hand, at times such terrible hardship as we live in this world.
これはまさに私たちが先週読んだヤコブの手紙に書かれていたことと同じです。クリスチャンの人生の中で、私たちはこの世の困難も経験しますが、素晴らしい祝福を手にしています。

It can feel pretty incongruous at times, like an emotional roller coaster. ‘God loves me!…but my boyfriend broke up with me.’ ‘I have all the riches of heaven!…but I can’t find work here on earth.’ ‘I have the peace of God in my heart!…but I have so much trouble in the world.’
私たちの人生には矛盾が多く私たちの感情はまるでジェットコースターのように上がったり下がったりすることになります。「神は私を愛しています…しかし、私はボーイフレンドにふられてしまいました。」「私は天国の豊かさを持っています…でも私はこの世でうまく仕事を見つけることができません。」「私は神の平安を感じています…しかし私はこの世で非常に困難を感じています。」

This brings us to the heart of the matter, the heart of our faith and the heart of God’s purpose for our lives. How do we reconcile the unseen riches of the Kingdom of heaven with the here and now? Peter speaks about this in what I believe is the greatest teaching in his letter:
私たちの人生にとって神の目的は何か、私たちの心にある信仰ということに気づかせてくれます。天国の目に見えない豊かさをどう理解すればいいのでしょうか?私がペテロの手紙の中で最高の教えとだと思っている聖句があります。ペテロは次のように書いています。

Though you have not seen him, you love him; and even though you do not see him now, you believe in him and are filled with an inexpressible and glorious joy, for you are receiving the end result of your faith, the salvation of your souls.
1 Peter 1:8,9

あなたがたは、イエス・キリストを見たことがないのに愛しており、いま見ていないのに信じています。そして、天からの、ことばに表せない栄光に満ちた喜びに浸っているのです。 9 これは信仰の結果である、たましいの救いを得ているからです。
ペテロの手紙Ⅰ 1:8,9

What exactly is this joy? How do we attain it? Not just with the lip service of ‘Oh, I’m a Christian and the Bible says I must have joy so I have joy!’ Peter talks about an inexpressible, unspeakable joy. This isn’t just something that we put on like a happy face, or a mood that we can work ourselves into if we sing the right songs at the right volume.
ここで言う喜びとは何でしょうか?どのようにその喜びを得ることができるでしょうか? 「聖書はクリスチャンが喜びがなければならないと言います。ですから、私には喜びを感じています。」と言うようなうわべだけの表現ではなく、ペテロは言葉では言い表せない喜びについて語っています。うわべだけで私たちが喜びの顔を見せるのでもなく、また都合のいい時に都合よく喜びを語るのでもありません。

This inexpressible joy in Christ is our strength in this life. It is our testimony to a hurtful (and hurting) world. It is to be the essence of our character. But I’m concerned that too many believers have either never known this great joy or if they have, it hasn’t been very often.
キリストのこの表現できない喜びは、この世における私たちの強さとなります。私たちを傷つける世界、また傷ついた世界への、私たちの証言となります。それは私たちクリスチャンとしての人格の本質であるべきです。しかし、私は多くの信者がこの大きな喜びを今まで経験したことがなかったか、さもなければ、それほど今まで喜びを感じたことがなかったのだろうかと心配しています。
(キリストにあるこのことばに表せない喜びは、この世における私たちの強さです。傷つける(傷ついた)世界への私たちの証です。それは私たちの人格の本質です。)

How do we get it? How do we get this inexpressible joy in our lives, this inexpressible joy upon which everything that Peter writes about in the next four chapters stands?
どうすればその喜びを手に入れることができるのでしょうか?私たちの人生の中でそのような言い表せない喜びをどのようにして得ることができるのでしょうか?ペテロが4章全てに渡って書いているこの言い表せない喜びをどのように得ることができるでしょうか?

This inexpressible joy is a fruit of the Holy Spirit. It is received as we receive the filling of the Holy Spirit. It is received afresh as we receive afresh the filling of the Holy Spirit. Paul writes:
(One translation says that we should be inebriated in the Spirit.) The verb form here says, “Keep being filled with the Holy Spirit.” As humans living in this world, we leak. So we need to continually be refilled. If we have trials and hardships, we need to pray for deliverance – for ourselves and each other – but our joy in Christ is not dependent on our circumstances. It is only dependent on the Holy Spirit.
この言い表せない喜びとは、聖霊の賜物です。私たちが聖霊に注がれ満たされた時に聖霊の賜物を得ることができます。私たちが聖霊の満たしを新たに受けると、喜びもまた新らしくされます。パウロはエペソ人への手紙第5章18節に、「むしろ、御霊に満たされ、支配していただきなさい。」と書いています。御霊に満たされると言うよりはむしろ、浸るとも訳されているぐらいです。ここでは「聖霊で満たされ続ける」と言っています。この世に住む人間として私たちの御霊は満たされても漏れてなくなっていきます。だから私たちは絶えず聖霊で満たされ、補充される必要があります。試練と苦難があった時は、自分自身や互いの救いのために祈る必要がありますが、キリストにおける喜びは、私たちの状況によってかわったりはしません。聖霊のみが喜びを与えてくれます。
(ことばに表せない喜びは、私たちが聖霊の満たしを受けとったときに受けます。
キリストにある私たちの喜びは私たちの状況によって左右されません。聖霊によるのみです。)

Be filled with the Holy Spirit.
Ephesians 5:18

むしろ、御霊に満たされ、支配していただきなさい。
エペソ人への手紙 5:18<

So my final prayer for today is for the filling of the Holy Spirit, that those who are willing would truly come to know today the inexpressible joy of the Holy Spirit.
今日の私の最後の祈りは、聖霊が満たされるために祈りたいと思います。今日、喜んで祈る人たちは真に聖霊の喜びを知ることになるでしょう。

Pray.