2018: Good Year/Bad Year…Good God/Bad God?
2018:良い年と悪い年…良い神と悪い神?

30 December, 2018

Kids’ Message
子どもへのメッセージ

  1. Man gives seat to woman on bus – good man or bad man?
    バスに女性に席を譲る男性-いい人ですか、悪い人ですか。
  2. Man stabs another man with a knife – good man or bad man?
    他の人をナイフで刺す人-いい人ですか、悪い人ですか。

How do we know what is good? Good can be different things to different people.
どのようにして何が良いことか知るのでしょうか。良いということは別の人にとって別のものになり得ます。

Some people think saving money is good. Other people think spending money is good.
お金を貯めることが良いことだと言う人がいます。お金を使うことが良いことだと言う人もいます。

Some people think studying very, very hard is good. Other people think just enjoying life with a little study is good.
とても熱心に勉強をするのが良いことだと言う人がいます。あまり勉強せずに人生を楽しむことが良いことだと言う人もいます。

Some people think helping is others is good. Other people think minding your own business is good.
他の人を助けるのが良いことだと言う人がいます。自分のことだけを考えるのが良いことだと言う人もいます。

Some people think going to church on a Sunday morning is good. Other people think staying home on a Sunday morning and sleeping in is good.
日曜日の朝に教会に行くことが良いことだと言う人がいます。日曜日の朝に家で寝ることが良いことだと言う人もいます。

How do we know what is really good, and how can we know what is right?
どうやったら私たちは何が本当に良いことなのか分かるのでしょうか、そしてどうやったら何が正しいのか知ることができるのでしょうか。

  • We can decide for ourselves
    私たち自身で決めることができます
  • We can ask other people, or
    他の人に尋ねることができます
  • We can ask God.
    神さまに尋ねることができます

If we decide for ourselves we have a problem. The Bible says, “The heart of man is deceitful above all things” (Jeremiah 17:9) So sometimes we’re just kidding ourselves.
もし私たちが自分自身で決めるなら、一つ問題があります。聖書はこう言います、「(エレミヤ 17:9)人の心は何よりも欺きやすい」。だから私たちはときに自分自身に冗談を言います。

If we ask other people, we still have the same sort of problem, only it’s more complicated, because everyone might have a different opinion. And even if everyone has the same opinion, it still might be wrong.
もし私たちが他の人に尋ねるにしても、まだ似たような問題があり、むしろ余計にややこしくなります。なぜならみなが異なる意見を持つからです。たとえみなが同じ意見を持っていたとしても、それはそれで間違っているように思います。

The only way we can know what is good and right is to ask God. God’s opinion is the only one that really matters.
何が良いことで何が悪いことなのかを知ることができる唯一の方法は、神様に尋ねることです。神様の意見のみが本当に大事なのです。

How can we ask God? By reading His Word. God has told us what is good and what is right in the Bible. (Hebrews 4:12)
どうやったら神様に尋ねることができるでしょうか。神様の言葉を読むことによってです。神様は何が良いことで何が悪いことなのか、聖書の中で私たちに教えてくれています。(ヘブライ 4:12)

If we read the Bible but we’re still not sure whether the Bible says something is good or right, (and this sometimes happens) then we can come to the church to help us understand. You can come to me or Pastor Mike, or Imee – you can call us on the phone or stop us on Sundays – and ask us to help you understand what the Bible says.
もし私たちが聖書を読んでいても、聖書が説くことが良いことなのか正しいことなのか確信が持てないなら(これはときに起こりえます)、教会に来ることで理解する助けになります。私、マイク牧師、アイミーのところに来てください。私たちに電話をかけたり、日曜日に呼び止めてくれて結構です。そして聖書が説くことを理解する助け船となるよう私たちを頼ってください。

And we have all have a helper with this. The Holy Spirit is our helper.
そして、私たちみなが聖書を理解するときに助けてくれるものがあります。精霊が私たちを助けてくれます。

“The Helper, the Holy Spirit, whom the Father will send in my name, will teach you everything and make you remember all that I have told you.”
John 14:26

父が私の代わりに助け手(精霊)を送って下さるときには、その方があなたにすべてのことを教え、私が話しておいたことを、みな思い出させてくださるのです。
ヨハネ 14:26

The Holy Spirit gives us the mind of Christ. (1 Cor 2:16)
精霊は私たちにキリストの思いを与えてくれます。(コリントⅠ2:16)

Pray.
祈りましょう。

Adults’ Sermon – 2018: Good Year/Bad Year…Good God/Bad God?
大人への説法ー2018:良い年と悪い年…良い神と悪い神?

In the kids’ message today, I posed two scenarios looking at what might be good or not good.
今日の子どもへのメッセージで、私は何が良いことで何が良くないことかに着目して二つの状況を提示しました。

  1. In the first, I asked if a woman gets on a crowded bus and a man gets up and gives the woman his seat, is that the right thing to do? The kids said ‘yes’ and you might think so, but in reality the man who gave up his seat for the woman was arrested for doing this. Now let me ask you, was the arrest of the man just or unjust?
    初めに、私はもしある女性が込み合ったバスの中で立っており、ある男性がそれを見て立ち上がり女性に席を譲ることが正しいことかどうか尋ねました。子供たちは「はい」と答えましたし、あなたがたもそう思っているかもしれません。しかし実際には、女性に席を譲ったこの男性は、この行為によって逮捕されたのです。
    そこでお聞きしたいのですが、この男性を逮捕したことは正しいですか、間違っていますか。
  2. In the second scenario, I asked if one man stabs another man with a knife, is that a good thing to do? The kids’ said ‘no’ and they’re right, of course. But in this case, you might be surprised at what happened afterwards. Even though the police knew who did the stabbing, the man who did the stabbing was actually rewarded for what he did.
    Now let me ask you, was rewarding the stabber just or unjust?
    2つ目の状況で、ある人がナイフで他の人を刺したら、それは良いことなのかと尋ねました。子供たちは「いいえ」と答え、もちろん正解です。しかし、この後に起こったことを知ると驚くでしょう。警察は誰が人を刺したのかを知っていましたが、刺した人は実際にはこのことによって報酬をもらったのです。
    そこでお聞きしたいのですが、刺した人に報酬を与えることは正しいですか、間違っていますか。

The answers change with the information that we have. At first, we are sure that the man giving up his seat for the woman is doing a good thing. And so we are sure that his arrest is unjust. And with the information that we have, that is right. No doubts about it. But when we learn that the man on the bus who gave up his seat was actually the driver, it brings a whole new perspective the situation. With all the information, we can see how what we thought was good was actually bad, and what we thought was unjust was actually just.
正解は私たちが持つ情報によって左右されます。初めに、女性のために席を譲った男性は良い行いをしたと私たちは思っています。そして、彼の逮捕は間違っていると確信しています。私たちが持っている情報を鑑みても、これは正しいです。何の疑いもありません。しかし、バスで席を譲った男性が実は運転手であるとしたら、この状況の見方は一変します。すべての情報をもって、私たちが良いと思っていたことが実際には悪いことであったり、私たちが正しくないと思っていたことが実際には正しいと分かります。

Likewise with the stabbing man who was rewarded. With the knowledge that we have, the stabbing must surely be bad, and rewarding the stabber must be unjust. No doubts about it. But when we learn that the man doing the stabbing was a surgeon and he was operating on a man who needed his gallbladder removed, we can see how what we thought was a bad thing was actually a good thing, and the reward was just.
人を刺したことで表彰された男性についても同様のことが言えます。私たちが持っている知識で考えると、人を刺したことは紛れもなく悪いことで、刺した人に報酬を与えるのは間違っているに違いありません。何の疑いもありません。しかし、人を刺したのが外科医で、胆嚢の切除を要する人を手術していたと分かると、私たちが悪いと思っていたことが実際には良いことであり、その報酬は正しいことだと分かります。

I use these two stories to illustrate a truth about the Old Testament. It’s easy for people to read sections of the Old Testament – prime examples would be the conquest of the holy lands, and the exile of the Jews – and say that those things must be bad. The killing of many people must be bad. God is a killer, and there is no justice at all in these accounts.
私は旧約聖書のある真実を描写するためにこれらの2つの話を用いました。旧約聖書の箇所を読むことは易しいことです。主要な例としては、聖なる地の征服、そしてユダヤ人の追放で、これらは悪いことに違いないと言われています。多くの人を殺めることは悪いことに違いありません。この記述において神は殺人者であり、正義はどこにも存在しません。

With this thinking, we judge God, we declare Him unjust, and we dismiss whole sections of the Old Testament, if not the entire Old Testament. Many Christians, in thinking like this, uphold the New Testament as the ‘fulfilled’ Bible or the ‘real’ Bible for believers today. As many events in the Old Testament cannot be justified, it seems, the Old Testament is essentially bad and superseded by the the New Testament which is essentially good. People then judge the Old and New Testaments on their understanding of what is good and what is right.
このように考えると、私たちが神を裁き、神を間違っていると宣言し、たとえ旧約聖書の全てがそうでないにしても、ある箇所全体を責め立てます。多くのクリスチャンがこのように考え、新約聖書が今日信者にとって完全な、本当の聖書であると支持します。旧約聖書にある出来事の多くが正当化されるものではなく、本質的に悪いとみなされている旧約聖書は、本質的に良いとみなされている新約聖書に劣っているようにみえます。そこで人は何が良くて何が正しいかという自分自身の理解をもとに、旧約聖書と新約聖書を評価します。

Without more information, this approach to the Bible (and the Old Testament especially) is right. More information, however, completely changes the situation. And the ‘more information’ is actually very simple. It’s this: God is good. Understanding, knowing, that God is good, completely changes our understanding of situations.
多くの情報がなければ、聖書(特に旧約聖書)に対するこのような取り組み方は正しいです。しかし多くの情報があるならば、状況は完全に一変します。そして、「多くの情報」は実際には単純なのです。神さまは良い方です。神さまが良い方だと知ること、理解することは、状況に対する私たちの理解を180度変えてくれます。

Take the conquest of the holy lands. This is not the story of Jewish people going in, committing genocide, and taking the land for themselves. It is the story of how a holy God righteously judged a people whose measure of sin was full, and brought His glorious Kingdom into the world. This was promised in advance, confirmed with miracles along the way, and accomplished through His agents, the Jewish people, who were given conditional tenancy of the land as God’s representatives. This whole episode of history was accomplished by God’s goodness and for God’s goodness. It is a good and just story.
聖なる地の征服をみてみましょう。これはユダヤ人が大量殺戮に身を投じ、自分たちのために土地を征した話ではありません。聖なる神が、罪にまみれた人々を正しく裁き、神の王国を世界に捧げた話です。これは道中で起こる奇跡とともにあらかじめ約束されていたことで、ユダヤ人という神の仲介人によって成し遂げられ、彼らは神の代わりにその地を条件付きで借りることを認められた民でした。この歴史の話は神の優しさによって、優しさがゆえに成し遂げられました。これは単に良い話です。

We can say much the same about the terrible events of the exile. With more information – that is, a knowledge of God’s goodness and His purposes – we can see that what appeared to be horrible and wrong, was actually good and right.
同じことが追放という悲惨な出来事についても言えます。多くの情報があれば、神の優しさと目的という知識があれば、凄惨で間違ったことのように思えることが実際には良い、正しいことであることがわかります。

Jesus touched on this in the New Testament, too. “Who sinned, that this man was born blind?” he was asked (John 9:1). “Who sinned that these people were killed under a collapsed tower?” (Luke 13:4) With limited information, it would appear that these victims were paying the price for their sinful ways, if not simply being random victims in a fallen world. The takeaway for us with this thinking would be that life simply isn’t fair, and if it is fair, then we are merely getting the punishment that we deserve.
イエスも新約聖書の中でこれに触れています。「この人が生まれつき目が見えないのは誰が罪を犯したためですか」イエスは尋ねられました(ヨハネ 9:1) 「塔の下敷きになって死んだ人たちは誰が罪を犯したせいですか」(ルカ 13:4) 限られた情報だけだと、崩壊した世界でたまたま犠牲者になってしまわない限り、これらの犠牲者は彼らの罪の対価を払ったように見えます。私たちはこのように考えると、人生は公平なものではないと考え、もし公平であるとしたら、私たちは値する罰を受けているだけなのだ’と考えます。

Why am I talking about Old Testament misunderstandings for the last sermon of 2018? Because they parallel the misunderstanding that Christians often have when looking back over the old year. I know that for many here, 2018 was a hard year. It was a year of extraordinary work stresses, the loss of loved ones, uncertainty, and relational anxiety.
なぜ私が2018年最後の説法で旧約聖書に関する誤解についてみなさんに話しているのか分かりますか。なぜなら、これらはクリスチャンが前年を振り返るときに抱く間違った解釈と紙一重だからです。ここにいる人の多くにとって、2018年はつらい年だったと思います。膨大な量の仕事からくるストレス、愛する人の喪失、不安、心配事などです。

It might be easy for some to look back on 2018 with eyes of flesh and say that it was a bad year or a year of injustice, or even a year of God’s distance (or absence), just like it seemed to be in various places throughout the Old Testament..
2018年を悪い年だった、不公平な年だった、神さまとの距離のある(神さまの不在を感じる)年だった、まるで旧約聖書を通して出てくる様々な場所に立たされているかのように、などと振り返る人もいると思います。

Jesus said no! These things happen so that God’s glory would be revealed. Jesus came to bring God’s Kingdom into a broken world. And God’s kingdom would bring, amongst other things, a knowledge of God’s goodness. A knowledge of His desperate love for us. These happenings bring with them the opportunity for God’s divine intervention in our lives.
イエスは違うと言いました!これらは神の栄光が示されるために起こるのです。イエスは壊れた世界に神の王国を授けるために来られました。そして神の王国は他のなによりも、神の優しさという知識をもたらします。神が私たちに無償に愛をもたらすという知識です。これらの出来事は、私たちの人生の中で神が神聖に介入してくる機会をもたらすのです。

God’s goodness in our lives appears in two primary ways: His mercy and His grace. God is a God of mercy. In many places in scripture, mercy defines who God is. (Exodus 34:6,7) That’s how God shows Himself. It’s mercy that showcases the nature of His goodness.
神の優しさは私たちの人生において大きく分けて二つに現れます:神の慈悲と恵みです。神は慈悲の神です。聖書に出てくる多くの場面において、慈悲は神が何者なのかを定義します。(出エジプト記 34:6-7) これが神が自身を現す方法です。神の優しさの性質を映し出すのは神の慈悲なのです。

Unlike grace, with which we receive favour that we don’t deserve, with mercy, we don’t receive the punishment that we do deserve. With mercy, God says, “I hold nothing against you. You have been forgiven. There is no shame or wrongdoing that can keep you from drawing near to me.” Because of His mercy, God keeps no record of wrongs. We can come before God with a clear conscience.
私たちが受け取るに値しない利益とともにある恵みのように、私たちが受けるにふさわしい罰を受け取らないとともにあるのが慈悲です。慈悲とともに、神は「あなたに対して何もせめることはない。あなたは赦されました。あなたが私に近づくことから引き離すような辱めや間違った行いは一切ありません。」と言います。神はその慈悲によって、私たちのこれまでの悪い行いを記録していません。私たちは新たな気持ちで神の前に来ることができます。

Because of His grace, God lavishes favour on us that we don’t deserve. He saves us. He grows in us the fruit of His Spirit, He equips us with the gifts of HIs Spirit, He gives us a wonderful purpose for our lives, He blesses us with His holy presence on a daily basis. This is the normal life for the surrendered Christian.
神の優しさによって、神は私たちに値しない利益を惜しみなく与えてくれます。神は私たちを救ってくださいます。神は私たちの中で精霊のたまものを成長させてくれ、精霊の贈り物で私たちを元気づけてくださり、私たちの人生のために素晴らしい目的を与えてくださり、日々の生活の中で神自身の存在でもって私たちを祝福してくださります。これは神にひれ伏すクリスチャンにとって当たり前のことです。

So if this was a tough year for you, I don’t want you look back in any way on 2018 as a bad year but rather, as a year when God’s goodness – His mercy and grace – was manifest in your life. And likewise, I want all of us to look forward to 2019 with an extremely positive outlook, not because that’s the standard thing to do at this time of year, but because God has promised all who believe in Him and call on Him that He will show His goodness in their lives.
Psalm 65:11 says What a rich harvest your goodness provides!
Wherever you go there is plenty.
なので、もし今年があなたにとって辛い一年であったなら、2018年を悪い年だったと振り返るより、神の優しさ‐神の慈悲と恵み‐が人生の中で明らかにされた一年として振り返ってほしいと思います。
同様に、2019年を前向きな展望とともに迎えてほしいと願っています。それはこのように考えることがこの時期のお決まりであるからというわけではなく、神を信じ、御前に行く全ての人に、人生の中で神の優しさを見せるを約束されているからです。
詩編 65:11にはこうあります、あなたの優しさは豊かな穀物を与えます!あなたが行く先々にたっぷりあります。

Any challenges, hardships or failures, are all opportunities for God to work His goodness in our lives. Any successes and victories in our lives should be seen as God working His goodness – His mercy and grace – in our lives.
どんな試練、苦難、失敗も、神が私たちの人生の中で優しさを働かせる機会なのです。どんな成功や勝利も、神が私たちの人生の中で神の優しさ‐神の慈悲、恵みを働かせているものとしてみなされるべきなのです。

These mercies and graces which identify God, are to identify us, too. We are to be people of mercy. We are not to hold on to any grudges or keep any record of wrongs. We are to be forgivers. This will change the way that we live and speak.
これらの慈悲と恵みが神の人格を形成し、私たちの人格をも形成するのです。私たちは慈悲の人にならなければいけません。私たちは恨みを根に持ったり、間違ったことを記録しておくべきではないのです。私たちは赦す人にならなければいけません。こうすることで、私たちの生き方、話し方が変わります。

I was listening to Jim Cymbala speak on this last week. He said that most people carry around in their heart a little black book, and in it we take note of all the hurts that people have done to us. Oh yes, we say we forgive but we take note, and we keep it in our little black book for that day when we need to bring it up again.
私は先週Jim Cymbalaさんがこのことについて話すのを聞きました。彼曰く、ほとんどの人が心の中に小さな黒手帳を持っていて、そこには私たちがこれまで人から受けたきずについて記してあるのです。
私たちは赦すと言いますが、過去に受けたきずを再び蒸し返す必要がある日に備えて、その黒手帳に記録しているのです。

There are some words which are common in relationships. “You always…” “You never…” These expressions can show a lack of mercy. These expressions say, ‘I remember what you did. I’m keeping a record of every time you do or say that, and I’m not forgiving you. In fact, I’m going to remind you of it every chance I get.’
これらの言葉は人間関係の中でよく使われるものです。「あなたはいつも~」「あなたは決して~」これらの表現は慈悲が欠如していることを表します。これらの表現は言い換えると、「私はあなたがしたことを覚えています。私があなたがそうしたり、そう言ったりする度に記録をつけていて、あなたを許していません。事実、ことあるごとにつけてあなたにそれを思い出させようとしています。」

That’s not mercy. Mercy keeps no record of wrongs. (See 1 Corinthians 13:5) Mercy lets it go. Mercy says, ‘Whatever you’ve said or done in the past, I’ve left it behind. The slate is clean. It’s all good.’
それは慈悲ではありません。慈悲は間違ったことをひとつも記録しません。(コリントⅠ13:5を参照にしてください)慈悲はそれにとらわれません。慈悲はこう言います、「あなたが過去に言ったこと、したことはなんでも、水に流します。帳消しです。それでいいのです。」

Likewise, grace lavishes favour that is undeserved. That’s why we like Christmas so much! Because we lavish gifts and praise on each other that is often not deserved.
同様に、恵みは私たちが受けるに値しない利益を惜しみなく与えます。だから私たちはクリスマスが好きなのです!私たちは身に余る贈り物や賛辞をお互いに惜しみなく与えるからです。

We are a people who live under God’s goodness; a people who experience God’s mercy and grace everyday. We are to be a people who exhibit grace and mercy every day. Every day! It says in scripture that ‘The steadfast love of the Lord never ceases, His mercies never come to an end; they are new every morning…’ (Lamentations 3:22,23)
私たちは神の優しさのもとで生きることができる人なのです;日々神の慈悲と恵みを体験することができる人なのです。日々神の慈悲と恵みを映し出すことができる人なのです。毎日です。聖書はこう言います「主の慈しみは絶えることがなく、その哀れみは尽きることがない。これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大きい。」

(Do you know where that verse comes from, by the way? It’s from the book of Lamentations. In the middle of this deep groaning and lamenting the loss of Israel – the Jews have just been taken into captivity – they remember God’s mercy. It’s a good lesson for us.)
(ところで、この一節が聖書のどこにあるのか知っていますか。旧約聖書の哀歌からです。イスラエルを喪失した深い嘆きの最中、ユダヤ人は囚われの身となったときに、彼らは神の慈悲を思い出すのです。これは私たちにとって良い教訓です。)

The daily mercies of God show the goodness that we live under, and that is the goodness that we are to extend to others. Let’s look back on 2018 and see how good God has been to us, and give thanks for that. And let’s look forward to 2019, expecting God’s goodness to be manifest in our lives, as seen in His mercy and grace, and rejoice in that.
神が日々与えてくれる慈悲は私たちが生きる糧とする神の優しさを映し出し、その神の優しさを私たちは他の人にも広げていかなければなりません。2018年を振り返り、神がどれだけ私たちに優しくしてくれたかを知り、そのことに感謝を捧げましょう。2019年を前向きに迎え、神の慈悲と恵みに見受けられるように、神の優しさが私たちの人生の中で明らかになることを期待しながら、 喜びましょう。

Pray.
祈りましょう。