A Call To Action

These are exciting times in the life of our church here at Minoh International. Last month, we had the privilege of witnessing two salvations, which is nothing other than the miracle of God.
ここのところ、私達の箕面国際教会において素晴らしい事が起っています。先月、私達は神の奇跡でしかありえない2つの救いの証人に預かる特権がありました。
Salvation belongs to God and God alone, and it is God who saves, not us. But that doesn’t mean that we don’t play a part. In fact, we play a significant part in God’s plan for the salvation of souls.
救いは神にあり、神だけにあります。そして救うのは神であり、私たちではありません。だからと言って、私たちに役割がないのではありません。それどころか私たちには魂を救う神の計画に重要な役割があるのです。
Here are a couple of Bible passages to prove this point.
ここにいくつかこの要点にあたる聖書個所があります。
11 Since, then, we know what it is to fear the Lord, we try to persuade others. 14 For Christ’s love compels us, because we are convinced that one died for all, and therefore all died. 18 All this is from God, who reconciled us to himself through Christ and gave us the ministry of reconciliation: 19 that God was reconciling the world to himself in Christ, not counting people’s sins against them. And he has committed to us the message of reconciliation. 20 We are therefore Christ’s ambassadors, as though God were making his appeal through us. (2 Corinthians 5:11, 14, 18-20)

コリント人への手紙 第2 5:11,14, 18-20
11 ですから、私たちの心には、いつも主を恐れかしこむ厳粛な思いがあります。それで、ほかの人々を説得しようと、やっきになっているのです。14 キリスト様の愛に動かされて、しているのです。 キリスト様が私たちすべてのために死んでくださったことを信じる以上、自分が、今までの古い生活に対して死んだことも信じなければなりません。18 この新しい出来事はすべて神様から出ています。神様は、キリスト・イエスのお働きによって、私たちをご自分のもとに連れ戻してくださいました。そして、この恵みによる神様との和解を、すべての人に勧める特権をも、私たちに与えてくださったのです。19 つまり、キリスト様によって、この世をご自分と和解させ、その罪を数え立てずに、かえって、帳消しにしてくださったのです。これが、人々に伝えるようにと私たちにゆだねられた、すばらしい知らせです。20 私たちはキリスト様の大使です。神様が、私たちの口から語りかけるのです。

13 Everyone who calls on the name of the Lord will be saved. 14 How, then, can they call on the one they have not believed in? And how can they believe in the one of whom they have not heard? And how can they hear without someone preaching to them? 15 And how can anyone preach unless they are sent? As it is written: How beautiful are the feet of those who bring good news! (Romans 10:13-15)
(ローマ人への手紙10章13-15節)
13 主の御名を呼び求める者は、だれでも救われるのです。14 しかし、主を信じていなければ、どうして主に、「救ってください」と求めるでしょうか。また、主のことを一度も聞いたことがなければ、どうして主を信じることができるでしょうか。だれかが教えてくれなければ、どうして主のことを聞けるでしょうか。15 また、だれかが遣わさなければ、どうして人々のところへ出かけて教える人が出るでしょうか。旧約聖書に、「神との平和を宣べ伝え、良い知らせをもたらす人の足は、なんとうるわしいことか」とあるのは、まさにこのことです。つまり、神様の良い知らせを伝える人は、なんと歓迎されることか、というのです。

The significant part that we play in God’s plan for the salvation of souls is “to bring good news,” “to preach,” “to let God make his appeal through us,” “to be Christ’s ambassadors,” “to carefully handle the message and ministry of reconciliation,” “to persuade others.”
魂を救う神の計画に私たちが果たす重要な役割とは、“良い知らせをもたらす”、“伝道する”、“神が私たちの口から語りかける”、“キリストの大使となる”、“和解のメッセージと務めを慎重に扱う”、“人を説得する”ことです。
In other words, we are to speak God’s message to people. We are to tell others about Jesus Christ. We call it evangelism, witnessing, “dendou”, or sharing the Gospel. And when we do our part, we see God do his part. We see God save people.
言い換えると、私達は人々に神のメッセージを語るのです。イエスキリストのことを話すのです。それを伝道、証言、“伝道”や福音と呼ぶのです。そして私達がその役割りをする時、彼の役割りである神の御業を私達は見るのです。私達は神が人々を救うのを見るのです。
Ultimately, it is a call from God, a call to action, and what God expects from his followers every time he gives a call is simply that—action. Throughout the Bible, we see examples upon examples of this. The example that I would like for us to look at today is that of the Prophet Isaiah when he received the call of God to go and speak God’s message. So please turn with me to Isaiah 6:1-8.
結局は、それは神からの呼びかけです、行動する呼びかけでありそして神に従う者達へ神が与える毎に期待することは単に行動を起こす事なのです。
聖書を通して、私達はこの数々の事例を見ます。今日見て行きたい事例は預言者イザヤが神の呼びかけを受け取りそして神のメッセージを語るというのを見て行きたいです。 
イザヤ書6章1-8節を一緒に見て行きましょう。
Text Reading

1 In the year that King Uzziah died, I saw the Lord, high and exalted, seated on a throne; and the train of his robe filled the temple. 2 Above him were seraphim, each with six wings: With two wings they covered their faces, with two they covered their feet, and with two they were flying. 3 And they were calling to one another: “Holy, holy, holy is the Lord Almighty; the whole earth is full of his glory.” 4 At the sound of their voices the doorposts and thresholds shook and the temple was filled with smoke. 5 “Woe to me!” I cried. “I am ruined! For I am a man of unclean lips, and I live among a people of unclean lips, and my eyes have seen the King, the Lord Almighty.” 6 Then one of the seraphim flew to me with a live coal in his hand, which he had taken with tongs from the altar. 7 With it he touched my mouth and said, “See, this has touched your lips; your guilt is taken away and your sin atoned for.” 8 Then I heard the voice of the Lord saying, “Whom shall I send? And who will go for us?” And I said, “Here am I. Send me!” (Isaiah 6:1-8)

1 ウジヤ王の死んだ年に、私は神様のお姿を見ました。高い御座におすわりになっていましたが、神殿はご栄光で満ちあふれていました。2 神様の回りを、三対の翼のあるセラフィム(人間の罪をきよめる天使)が舞っていました。互いに一対の翼で顔をおおい、一対で両足をおおい、残りの一対で飛んでいるのです。3 セラフィムは、互いに歌いました。「聖なる、聖なる、聖なるお方。それは天の軍勢の主。全地は主の栄光で満ちている。」4 このすばらしい合唱のために神殿は土台から揺らぎ、聖所はたちまち煙でいっぱいになりました。5 私は恐ろしくてたまりません。思わず叫びました。「もうおしまいだ。こんな罪深い、口の汚れた私が、こともあろうに天の軍勢の主である王を見てしまったんだから。」6 すると、セラフィムの一人が祭壇へ飛んで行き、かっかと燃える炭を火ばさみでつまみ、7 それを私のくちびるにつけて言いました。「さあ、これできれいになった。この炭がくちびるに触れたからだ。あなたの罪はみな赦された。」8 続いて神様のお声がしました。「だれをわたしの国民への使いとしよう。だれが行ってくれるだろうか。」「神様、私がまいります。私を使いに出してください。」

Point 1: Isaiah Saw God
要点1:イザヤは神を見た

The first point important point concerning Isaiah’s example is described in vv. 1-4 of today’s passage. If anything, it is very clear that ISAIAH SAW GOD, and he saw God in two distinct ways. One, Isaiah had a vision of God’s splendor and glory. In essence, he saw God for who he is. And two, Isaiah had a vision of God’s holiness. Isaiah is smitten by God’s holy nature, and it would do us a great deal of good to do likewise.
初めの要点の重要な箇所であるイザヤの事例は今日の聖句の1節から4節の描写にあります。どちらかと言えば、それはとても明からにイザヤは神を見たとありそして彼は2つの異なる方法で神を見ました。1つはイザヤは神の素晴らしさと栄光のビジョンを得ました。本質的にイザヤは神を理解しました。そして2つ目、イザヤは神の神聖であること直感しました。イザヤは彼の心が神の神聖なご性質によって咎められます、そしてそれは私達に同じようにする為のとても良い取り計らいです。

For us to see God as Isaiah saw God is the key first step in speaking God’s message, because in seeing God, we can be certain that the message and the prompting are of God.
イザヤが神を見たように私たちも神を見ることが神のメッセージを語る最初の重要な一歩です。なぜなら神を見ることにそのメッセージとその促しが神のものであると確信できるからです。

In other words, sharing the Gospel and preaching the Good News lack power unless it comes from the proper source and with the proper motivation. That’s maintained when we “see God” and connect with him.
言い換えれば、福音を共有したり、良い知らせの説教は適切な由来や適切な動機から来るのでなければ力不足です。私達が“神を見る”とき、養われそして彼に繫がるのです。
Without them, the opposite happens. I’ve been guilty of this—not seeing and connecting with God and, as a result, speaking God’s message in the flesh. God’s message is tainted with my pride, my judgmentalism, and my self-righteousness, and it hardly brings forth any positive spiritual fruit.
それら無しでは、その反対が起ります。私はこれの罪を犯してきました、神を見ないでそして神と繋がらない、その結果として、肉に神のメッセージを語っているのです。
神のメッセージは私のうぬぼれ、私の判定や自分だけの正当化で汚され、殆ど明確な聖霊の実を生み出しません。
I became a Christian during my second year of university, and soon after, I began trying to get my friends from high school to be more serious about their commitment to Jesus. These were the same friends who I thought weren’t good witnesses to me during high school when I wasn’t a Christian, so all the more, I confronted them about their double life and hypocrisy.
私は大学2回生でクリスチャンになりました、そしてその直後、私の高校からの友人達にイエスキリストのことをもっと真剣に知ってもらうよう試み始めました。
それは私がクリスチャンではなかった高校生時代、自分にはこれらの友人達は良いクリスチャンではなかったと思っていました、それにもっと言えば彼らの二重生活や偽善を目の当たりに見ました。
The message may have been true and even with good intentions, but it was spoken in the flesh, out of my own frustration, my own experience, and my own self-righteousness. The result? My friends from high school and I don’t talk to each other anymore. It’s unfortunate, that because I didn’t “see God” or connect with his heart regarding speaking this message to my friends, I ended up unnecessarily ruining relationships.
そのメッセージは真実で良い意図であったかも知れませんが、それは肉に語られていたり、自分のイライラの内であったり、自分自身の経験や自分への正当化で語っていました。
その結果は? 私の高校からの友人達と私はもうそれ以上話していません。
残念ながら、何故なら私は神を見ていませんでしたし、私の友人達にこのメッセージを語るのに私は神の心に繫がっていなかったのです、それで残念ながら友達関係も終わってしまいました。

Let’s not be so careless with our words and actions, only to turn around and blame God when our efforts of evangelism don’t result in how we had hoped. That’s wrong.
私達の伝道に心を尽くし私達が望んだようにならない時、ただ振り返りそして神を非難してしまいますので私達の言葉や行動には注意しましょう。それは間違いですから。
Let’s learn from Isaiah in making sure to see God first, so that we can put ourselves in a position to speak the right words in the right manner.
まず神を見ることをイザヤから学びましょう。そうすれば正しい言葉を正しい方法で語ることができるようになります。
This is an important first step to speaking God’s message.
これは神のメッセージを語る最初の重要な一歩です。

Point 2: Isaiah Saw Himself Before God
要点2:イザヤは神の前に自分自身を見た

The second point in Isaiah’s example is that after he first saw God’s majesty and holiness, he saw himself for who he was, and he was greatly distraught, as we can see in vv. 5-7 of today’s passage. Basically, Isaiah thought that he was going to die. He, in his human sinfulness, beheld God in his righteousness, which was a well-known Old Testament prescription for instant death.
イザヤ書の例にある2つ目の要点は、彼は初めて神の威厳と神聖を見た後、彼は自分自身を見ました、そしてイザヤはとても取り乱しました、今日の聖書個所5節から7節を見てみましょう。基本的に、イザヤは死ぬと思いました。彼は人間の罪深い中にいて神の正義の後ろ側にいる人間なので、よく知られた旧約聖書の処方箋のように即死になると思いました。

But God does something incredible here. He extends grace and atonement to Isaiah, in the same way he wants Isaiah to exemplify this act on God’s behalf to his people. Isaiah is redeemed, and in the same way God wants to offer redemption to his people.
しかし神はここで信じられないほどの何かをします。彼は恵みを広げますそしてイザヤに贖罪し神の代理としてこの行動の例示を彼の人々へ働きかけるよう望みます。
イザヤは救われました、そして同様に神は彼の人々に購いを差し出しているのです。

This realization of sinfulness and the subsequent impartation of redemption greatly humble Isaiah, and we, too, ought to learn from Isaiah’s example. It’s the simple realization of the profound truth that “while we were yet sinners, Christ died for us.”
罪深いこの悟りと引き換えに大いに謙虚なイザヤのその後の従順なお召しは私達はイザヤの事例から学ぶべきです。
“それは単に 私達がまだ罪人であったうちにイエスは私達の為に死んでくださった”という奥深い真実が現実にあったからです。
When we see ourselves, just as Isaiah saw himself, we should take a moment to mourn and grieve over our sinfulness, not so that we would feel condemned, but so that we would go and speak God’s message with a spirit of grace and humility.
イザヤが彼自身を見たように私たちも自分自身を見るなら、私たちの罪深さに嘆き悲しむ時をもつべきです。それはとがめを感じるからではなく、行って神のメッセージを恵みと謙遜の精神を持って語るためにです。

As wonderful as the salvation message is, it is in fact a serious and somber message, because included in it is the sad reality of judgment, hell, darkness, and eternal separation from the One who loves us. This message is to be handled with utmost care, with grace and humility. The famous American evangelist D. L. Moody said, “I cannot preach on hell unless I preach with tears.”
救いのメッセージとしてあるのは素晴らしいです、それは実際には深刻で地味なメッセージです、何故ならそのメッセージには判定の悲しい現実、地獄、暗闇そして私達を愛して下さっている方からの永遠の分かれが含まれているからです。このメッセージは神の恵みと謙虚に細心の注意を払って取り扱われるべきです。アメリカの有名な伝道者であるD.L.ムーディ氏は“もし涙で説教しなければ、私は地獄を説教することは出来ない”と言っています。

In heeding God’s call to speak his message and minister to others, we must first permit God to minister to us. Before we pronounce “woe” upon others, we must first be able to sincerely say, “Woe is me!” Isaiah’s conviction led to confession, and confession led to cleansing.
先ず私達は神に貢献する者として認めてられ、神の呼びかけに注意をして彼のメッセージを語りそして他の人に奉仕しましょう。
“ああ”と他の人に言う前に私達は先ず“災いは私です”と真摯に言えるようになりましょう、イザヤの確信が告白へと導き、告白が清らかな者へと導きます。
Let’s learn from Isaiah’s example to see ourselves as sinners who have been redeemed and to humble ourselves before God. This is an important second step in preparing our heart for evangelism.
イザヤの例から贖われた罪人として自分自身を見ること、神の前で謙ることを学びましょう。これは伝道のために心を準備する大切な2番目のステップです。

Point 3: Isaiah Went And Spoke Of God
要点3:イザヤは行って神のことを語った

The third and final point we see in Isaiah’s example is his action of obedience seen in v. 8 of today’s passage. God asks Isaiah a two-part question, which speaks of the sad reality that though God may call, not everyone responds with obedience. But Isaiah, of course, responds correctly.
3つ目、私達がイザヤの事例を見る最後の要点は、今日の聖句の8節に見える彼の素直な行動です。神はイザヤに尋ねます2つの役割りの質問です、それは神は全ての者が従順に応答しない悲しい現実の呼びかけを語りかけるかも知れません。
しかしイザヤは勿論、正しく応答します。
In looking more closely at Isaiah’s response, there are two things worth mentioning in his example for us.
イザヤの応答をもっと密接に見てみますと、彼の事例に言及する私達への2つの価値があります。
One, we ought to respond by making ourselves wholly available to God. In heeding God’s call to share the Good News, we must avail ourselves to God, not on our terms or timetable, but on God’s.
一つは、自分自身を神に完全に用いてもらえるようにして応えること。
良い知らせを分かち合う神の召しを心に留めるときに、私たちは神に用いてもらわないといけません。私たちの条件や時間によるのではなく、神の条件、時間に合わせるのです。
That’s what availability is. It’s putting ourselves in a position to be able to say, “Here I am,” and immediately go and speak when God calls us to.
それが役に立つということです。それが神が私達をお召しになられた時に直ちに“私です”と出て語る事が出来る立場に自分自身を置くのです。

And two, we also ought to respond with an attitude of willingness,as we see in Isaiah’s eager response, “Send me!” His response wasn’t, “I guess I could go,” or “If there isn’t anyone else, then I’ll do it.” I picture the eager student sitting at her desk in the classroom, flailing her hands wildly in the air in the hopes of catching the teacher’s attention, just dying to answer the teacher’s question, “Ooh, ooh, ooh! Pick me! Pick me, please!”
二つ目は、私達も又、意欲の態度をもって応えること、イザヤの熱心な“私を遣わせてください”と反応するように。彼の応答は“行けると思います”とか“もしだれも行く人がないなら、その時行きます”ではありませんでした。
私は熱心な生徒が教室の彼女の机に座って、先生の注目を引くのに彼女の両手を乱暴に暴れて、丁度先生の質問に死にものぐるいのようにして答える“オーオー私を当てて!私を当てて、お願い!”ってしているような絵を描きます。

We all had the chance to listen to Esther’s testimony today. I hope that we were encouraged, but also greatly challenged. When God says, “Go,” often times, it’s not easy to say, “Yes.” In fact, a lot of times, it’s very difficult to be completely obedient to God. It was very difficult for Isaiah and the other prophets. It was a very difficult choice for Esther and her family to come and share God’s message here in Japan. But I look at Isaiah, I look at Esther and Nicole, and I’m so encouraged by their example of availability and willingness.
今日エスターさんの証言を聞きましたね。私達は励まされました、しかしまた大きな挑戦でした。神が“行きなさい”という時、しばしば簡単に“はい”とは言えません。
実際に何回も、神に素直に完全に従うのはとても難しいです。イザヤにとっもそれはとても難しいことでしたし他の預言者達も大変でした。
エスターさんや彼女の家族にとって神のメッセージを分ちここ日本へ来るのはとても大変なことでした。でも私はイザヤを見て、エスターさんとニコルさんを見、私は彼らの
役に立つということと証人であるとう行動にとても勇気づけられました。
In heeding God’s call to evangelize, I hope that we will display a similar measure of willingness when we say yes to God.
伝道の神の召しを心に留めるときに、神にはいと答えるとき、意欲を示してほしいです。
Not shy, not embarrassed, not afraid. Because I’m sure it pleases the heart of God when we avail ourselves to his call of speaking his message with willingness and obedience.
控えめにならず、恥ずかしがらずに、恐れない。何故なら神の呼びかけに意欲と従順に彼のメッセージを語りかけ、役に立つ時、神の心を喜ばせると私は確信しています。
Conclusion

We are witnessing some exciting times in the life of our church here at Minoh International, brothers and sisters. God is saving people here in Japan. He’s inviting us to join him in his Kingdom work. He’s inviting us to participate in the most important work in the world.
私達はここ箕面国際教会の兄弟、姉妹の中で幾つかの素晴らしいことを目撃しています。
神は日本の人々を救っています。彼は私達に神の御国の働きに加わるように 
訪れています。神はこの世の中に最も重要な働きに私達が加わるようにと訪れられています。
God is calling us to action. God is calling us to speak his message.
神は私たちに行動を呼びかけています。神は私たちが神のメッセージを語るように呼びかけています。
God is calling us to share the Good News of Jesus Christ. Easter is right around the corner. It’s the perfect opportunity to invite people to church. It’s the perfect opportunity to talk about Jesus.
神はイエスキリストの良い知らせを分ち合うように私達に呼びかけておられます。
イースターは丁度よいきっかけです。人々を教会へ招待する絶好の機会です。イエスキリストについて話すのに絶好の機会です。
Let’s take time this Easter to see God, to see ourselves before God, and to go and speak of God.
今年のイースターは神を見る時、神の前で自分自身を見る時、そして行って神のことを語る時を持ちましょう。

(pray)