Affirming Motherhood
母性を認めること

May 12th, 2019 Mother’s Day

Minoh International Church
Pastor Joseph Ricohermoso
Text: Select Bible passages

Introduction:

ILLUSTRATION: A video clip – “Kid Advice” https://youtu.be/Ety1Jm7NxCI

This is a Mother’s Day sermon. I’m preaching with much appreciation for that time-honored institution without the benefit of which we wouldn’t be here!
これは「母の日」のメッセージです。そして、私は感謝の気持ちを持って、今日のメッセージをします。なぜなら、「母の存在」がなければ、私たち、全員がここにいなかったでしょう。

First of all, let me say that we shouldn’t get too sentimental about motherhood because:
まず、一つだけ、言っておきたいことがあります。母性について、あまりにも感情的になるべきではないことです。なぜなら、

  1. for some, biological motherhood isn’t possible;
    ある人にとっては生物学的に母性を持つことが不可能であるから
  2. for some, mothers weren’t all that nice;
    自分の母親があまり良くなかった方がいるから
  3. for some, motherhood is “an accident,” and not always a welcome one;
    ある人にとっては、母になったことは偶然なことで、望んでいなかったことであったから
  4. for some, motherhood under the very best of circumstances is still less than a bed of roses and a primrose path.
    そして、ある方にとっては、最善な状況でも、母であることは苦労いっぱいのことであるから

So, with all those qualifications, why bother with Mother’s Day at all?
これらの状況があるなら、なぜ「母の日」を祝う必要があるのでしょうか?

I’ll tell you why — because for all its stumbling blocks, pitfalls and broken dreams, for all the soiled diapers, soiled wallpaper and spoiled plans, we’re talking about a beautiful ideal, a natural part of God’s creative plan to bring love and caring to light.
その理由は、どんな障害があるとしても、どんな敗れた夢や落とし穴があるとしても、汚れたオムツ、汚れた壁紙、台無しになった計画があるとしても、「母性」は神様のご計画通りのものです。母性は神様の素晴らしい理想で、愛と気遣いを明かすためのものです。

Motherhood is a constant demand for the gift of love and caring. Motherhood is a God‐given role. Take for example these biblical characters with this God-given role of motherhood:
母性は、気遣いと愛という贈り物に対する絶えない要求のものです。母性は神様から与えられた役割です。このことを示している聖書nい登場する女性の例を見ましょう。

  • Eve – the mother of all living
    イブ – 全人類の母

And Adam called his wife’s name Eve, because she was the mother of all living.
Genesis 3:20

20 アダムは妻をエバ〔「いのちを与える者」の意〕と呼びました。彼女が全人類の母となるからです。
創世記 3:20 Japanese Living Bible (JLB)

  • Sarah – mother of nations
    サラ – 国々の母

“And I [God] will bless her and also give you a son by her; then I will bless her, and she shall be a mother of nations; kings of peoples shall be from her.”
Genesis 17:16

16 わたしは彼女を祝福する。彼女はあなたに男の子を産むだろう。すばらしい祝福を与えて、彼女を国々の母とする。彼女の子孫からは多くの王が出る。」
創世記 17:16 Japanese Living Bible (JLB)

  • Mary, the mother of our Lord Jesus
    マリア – イエス様の母

30 Then the angel said to her, “Do not be afraid, Mary, for you have found favor with God. 31 And behold, you will conceive in your womb and bring forth a Son, and shall call His name Jesus.
Luke 1:30~31

30 すると、天使が言いました。「こわがらなくてもいいのです、マリヤ。神様があなたにすばらしいことをしてくださるのです。 31 あなたはみごもって、男の子を産みます。その子を『イエス』と名づけなさい。
ルカの福音書 1:30-31 Japanese Living Bible (JLB)

  1. Motherhood must be received, embraced and celebrated.
    母性は容認して、受け入れて、祝わなければなりません。
  1. The modern woman and motherhood
    現代の女性と母性

The rise of the feminist movement and their rallying cry for equal rights have contributed in the current trend and attitudes concerning the modern family. Without being simplistic and it’s obviously beyond the scope of today’s 30-minute message, we can barely scratch the surface to describe this societal change.
フェミニズムと平等の人権に対する運動は、現代の家族の傾向と態度に大きく貢献している。この社会的な変化を簡単に説明してはいけないのですが30分に説明することは難しいですので、ちょっとだけ見てみましょう。

  1. Attitude
    態度

A lady in her late 30’s wants to be a mother but not a wife; more and more millennials marry later than the previous generations and thus delaying having children, and almost missing the childbearing age.
ある30代の女性の例ですが、彼女は母親になりたいのですが、妻にはなりたくありません。ミレニアル世代はその前の世代に比べて、より遅い時期に結婚する傾向にあり、その結果、子供を産むことも遅らせている。そして、場合によって、子供を産む年齢も逃してしまうこともある。

  1. Career and family:
    キャリアと家族

Working mothers versus stay‐at‐home Moms. It’s almost always an either/or proposition rather than a both/and arrangement.
働く母 対 専業主婦。その話はいつもどちらかという話になり、どちらもという話になかなかなりません。

ILLUSTRATION: No one deserves a special day all to herself more than today’s Mom.
今日のお母さん以上に特別な日を過ごすに値する人は誰もいません。

A cartoon showed a psychologist talking to his patient: “Let’s see,” he said, “You spend 50 percent of your energy on your job, 50 percent on your husband and 50 percent on your children. I think I see your problem.”
ある漫画では、精神分析医が患者さんと話している場面があります。「そうか。あなたは、自分のエネルギーの50%を仕事に使っている、50%をご主人に使っている、そして、50%を子供達に使っている。なるほど、あなたの問題はこれですね!」

  1. It is not a curse. Though sin brought pain in childbirth.
    罪により出産の痛みがあるのですが、それは不幸なことではありません。

16 To the woman He said: “I will greatly multiply your sorrow and your conception; In pain you shall bring forth children.”
Genesis 3:16

16 次に女に向かって、神は言いました。「あなたは苦しみ抜いて子どもを産む。それでもなお夫の愛を求めるが、彼はあなたを支配する。」
創世記 3:16 Japanese Living Bible (JLB)

But Genesis 1:27~28 precedes Genesis 3:16. There’s the original command before the fall. And the fall of man into sin hasn’t invalidated the command. The former says,
しかし、創世記3:16より前にあったのは創世記1:27-28. つまり、罪に落ちる前のもともとの命令がそこに書かれています。そして、罪のよってもともとの命令は決して無効になっていません。その命令とは…

27 So God created man in His own image; in the image of God He created him; male and female He created them. 28 Then God blessed them, and God said to them, “Be fruitful and multiply; fill the earth and subdue it; have dominion over the fish of the sea, over the birds of the air, and over every living thing that moves on the earth.”
Genesis 1:27~28

27 このように人間は、天地を造った神の特性を持つ者として、男と女とに創造されました。
28 神は人間を祝福して言われました。「地に増え広がり、大地を治めよ。あなたがたは、魚と鳥とすべての動物の主人なのだ。」
創世記 1:27-28 Japanese Living Bible (JLB)

Modern or not, with its attendant difficulties or challenges, Motherhood is foremost in God’s mind and in His plan for the world.
現代であれ昔であれ、その困難と挑戦を含めて、母性は神様のご計画通りのものなのです。

  1. Motherhood must be respected.
    母性を尊敬しなければなりません

7 The fear of the Lord is the beginning of knowledge, But fools despise wisdom and instruction. 8 My son, hear the instruction of your father, And do not forsake the law of your mother; 9 For they will be a graceful ornament on your head, And chains about your neck.
Proverbs 1:7~9

序文――知恵を求め、悪者には警戒しなさい
7-9 では、どうしたら賢くなれるのでしょう。まず主を信じ、主を大切にすることです。愚かな人は主の教えをさげすみます。両親の忠告に従いなさい。そうすれば、あとになって人々にほめられるようになります。

箴言 知恵の泉 1:7-9 Japanese Living Bible (JLB)

“Children, obey your parents because you belong to the Lord, for this is the right thing to do.”
Ephesians 6:1, NLT

6 子どもは両親に従いなさい。神は、親が子どもを監督する権威を認めておられるのです。従うのは正しいことです。
エペソ人への手紙 6:1 Japanese Living Bible (JLB)

ILLUSTRATION: Timothy

“When I [Paul] call to remembrance the genuine faith that is in you [Timothy], which dwelt first in your grandmother Lois and your mother Eunice, and I am persuaded is in you also.”
2 Timothy 1:5

5 あなたの主に対する熱心な信仰は、お母さんのユニケやおばあさんのロイスに少しも劣らないことを、私はよく知っています。そして、今でもその信仰は変わらないと信じています。
テモテへの手紙Ⅱ 1:5 Japanese Living Bible (JLB)

APPLICATION: If your mother already passed away, respect and honor her memory with the life you live. No caring mother would want to see her child suffer and live in misery.
実践:もしあなたのお母さんがもう既に亡くなっているなら、自分の人生の生き方を通して、お母さんを尊敬し、お母さんのしのぶのです。自分の子供が苦しんいる姿をみて喜ぶ母はいないからです。

  1. Motherhood must be understood in the light of God’s Word.
    母性は神様の御言葉にて理解しなければなりません。

Just like in other areas of our life, we find wisdom and guidance from God through His Word. Yes, even when confronted with issues that need to be addressed. Issues like:
私たちの人生の他の分野においても同じですが、私たちはみ言葉から神様からの知恵と導きを得ます。もちろん、解決しないといけない問題に直面したときにもです。

  1. Motherhood in a childless marriage or living in blessed singleness
    子供がいない結婚における母性、または祝福された独身生活をしているとき
  1. Even godly families in the Bible experienced the same struggle
    聖書に登場する家族にも同じようなことを経験した人たちがいる
  • Abraham & Sarah
    アブラハムとサラ
  • Isaac & Rebekah
    イサクとレベッカ
  • Jacob & Rachel
    ヤコブとラケル
  • Elkanah & Hannah
    エルかーなとハンナ
  • Zechariah & Elizabeth
    ぜかりやとエリザベス
  1. It’s not bad to long for your own children, BUT it’s not everything. God is.
    自分の子供を欲しいがることは悪いことではありませんが、それは全てではありません。神様が全てです

1 After these things the word of the Lord came to Abram in a vision, saying, “Do not be afraid, Abram. I am your shield, your exceedingly great reward.”
2 But Abram said, “Lord God, what will You give me, seeing I go childless, and the heir of my house is Eliezer of Damascus?” 3 Then Abram said, “Look, You have given me no offspring; indeed one born in my house is my heir!”
Genesis 15:1~3

神とアブラムの契約
1 そののち主が幻の中でアブラムに現れ、こう語りかけました。「アブラムよ、心配することはない。わたしがあなたを守り、大いに祝福しよう。」
2-3 「ああ神様、私に息子がないのはご存じでしょう。どんなに祝福していただいても、子どもがいなければ、全財産は一族のだれかほかの者が相続することになるのです。」
創世記 15:1-3 Japanese Living Bible (JLB)

  1. It means you have more opportunities to serve God with undivided time and attention
    それは、もっと時間と心を尽くして神様に仕える機会が多くなるということです.

ILLUSTRATION: St. Paul

7 For I wish that all men were even as I myself. But each one has his own gift from God, one in this manner and another in that.
35 And this I say for your own profit, not that I may put a leash on you, but for what is proper, and that you may serve the Lord without distraction.
1 Corinthians 7:7 & 35

7 私の願いは、だれもが私のように、結婚しないでもやっていけることです。しかし、それは人それぞれです。神様は、ある人には、夫となり妻となる恵みを与え、ほかの人には、独身のまま幸福に過ごす恵みを与えておられます。
35 私がこう言うのも、あなたがたのためを思うからであって、結婚させまいとしているのではありません。私が願うのは、あなたがたが、主から思いをそらすようなことをできるだけ避けて、主のために役立つことをすることなのです。
コリント人への手紙Ⅰ 7:7 Japanese Living Bible (JLB)

  1. When a mother goes astray: Growing up in a less ideal family
    お母さんが正しい道を踏み外したとき:つまり、理想的でない家族で育てられたとき
  1. Our common image of a mother is one of caring, gentleness, nurturing.
    一般に母親というのは、思いやりのある、優しい、子育てするイメージですが

“But we were gentle among you, just as a nursing mother cherishes her own children.”
1 Thessalonians 2:7

それどころか、子どもを養い、世話をする母親のように、やさしくふるまってきました。
テサロニケ人への手紙1、2-7

Mom’s cooking, sacrifices, etc.
お母さんの料理、犠牲、など

William Thackery wrote: “Mother is the name of God in the lips and hearts of little children.”
英国の小説家であるウィリアム・サッカレーがこのように述べた。「母親とは子供たちが心に思い声にする神様の名前です」

  1. But, if it’s not your experience and all that you remember is one that left a scar, physically or emotionally; much like the imagery used of Israel as a nation…
    しかし、もし、それはあなたの経験と記憶にあるものではなく、実際あなたの記憶にあるものが、次の聖書箇所のイスラエルのイメージに似たような肉体的に、感情的に傷の残すようなものであるのなら、

2 “Bring charges against your mother, bring charges; For she is not My wife, nor am I her Husband! Let her put away her harlotries from her sight, And her adulteries from between her breasts;
5 For their mother has played the harlot; She who conceived them has behaved shamefully. For she said, ‘I will go after my lovers, Who give me my bread and my water, My wool and my linen, My oil and my drink.’
Hosea 2:2 & 5

イスラエルへの罰と回復
2 あなたたちの母親を責めよ。彼女はほかの男の妻になったからだ。わたしはもう彼女の夫ではない。姦淫をやめ、ほかの男たちに身を任せないよう、彼女に懇願するがいい。
5 それというのも、その母親が姦淫したからだ。彼女は『ほかの男たちを追いかけよう。食べ物、飲み物、着物のために身を売ろう』と言って、恥ずかしいことをした。
ホセア書 2:2 & 5 Japanese Living Bible (JLB)

  1. Forgive
    許す
  2. Share the gospel of salvation
    救いの福音書を分かち合う
  3. Live your life in such a way that pleases God – you can’t change the past; you can’t change the person, but you can do something with your own life.
    神様を喜ばせるような人生を生きる- 過去を変えれない、人を変えれない、しかし、自分の人生に何かができる

Conclusion/Application

We see that motherhood should be considered God’s glorious, given duty to all who would be revered as Mothers. Let’s affirm our own mothers and all the mothers in the house today by saying:
母性は神様から与えられた栄光のある義務です。ですから、今日は自身の母親と、ここにいる全てのお母さんたちを認めましょう。

An Affirmation from John Killinger’s, Lost in Wonder, Love, and Praise.
I believe in Jesus Christ, the Son of the loving God, who was born of the promise to a virgin named Mary.
I believe in the love Mary gave her son, that caused her to follow him in his ministry and stand by his cross as he died.
私は愛する神様の御子であるイエスキリストを信じます。処女マリアに与えられた約束のもと、イエス様は生まれました。マリアが息子に与えた愛を信じます。その愛によって、マリアはイエス様の教えに従い、十字架のそばでイエス様の死を見守りました。
I believe in the love of all mothers, and its importance in the lives of the children, they bear. It is stronger than steel, softer than down, and more resilient than a green sapling on the hillside. It closes wounds, melts disappointments, and enables the weakest child to stand tall and straight in the fields of adversity.
私は全ての母親たちの愛を信じます。そして、生まれた子の人生に、母の愛の大切さを信じます。その愛は鉄より強く、羽毛よりやわらかく、そして、丘に生える緑の若木より弾力性に富んでいます。その愛は傷口を癒し、絶望を溶かし、そして、非常にか弱い子供にも、困難を乗り越える力を与えます。
I believe that this love, even at its best, is only a shadow of the love of God, a dark reflection of all that we can expect of him, both in this life and the next.
しかし、この愛は、その最高潮の時にあっても、神様の愛のほんのわずかなものでしかないのです。この人生にも、次の人生にも、神様から受けることのできる愛のうちのほんのわずかなものです。
And I believe that one of the most beautiful sights in the world is a mother who lets this greater love flow through her to her child, blessing the world with the tenderness of her touch and the tears of her joy.
そして、世の中で最も素晴らしいものは、このすばらしい愛を自分を通して子供に伝え、優しさと喜びの涙を込めて、世界に祝福を与える母親の姿です。