Caught in the surf. サーフィンに巻き込まれる

Share a scary story.  Caught in the surf.  

 サーフィンに巻き込まれる
Never swim alone
一人で泳がない
Never swim where there are no lifeguards
ライフガードがいないところでは泳がない
Be very careful when the weather changes
天気が変わりやすいときは十分に気をつける
I ignored all three.  Nearly died.
I was in the prime of my life and I nearly died.  Here’s the thing.  No-one knows when they are going to die.  We can have our health checked regularly (and this is a good thing) and you can go online and try a life expectancy test to see roughly how long you can expect to live.  But really no-one knows when they’re going to die.
私はこれら全てのルールを無視しました。危うく命を落としかけました。
その頃の私は自分の人生の中で一番盛んな時期でしたから危うく命を落としかけました。
誰もいつ死ぬか分かりません。
私達は定期的に健康診断を受けますね(良い事です)又インターネットにつなげてどのくらい寿命があるかなどの診断を見る事が出来ますよね。しかし、実際は誰もいつ死ぬか分かりません。
 You don’t have to risk it in the surf.  You could get hit by a car.  You could have a heart attack.  You could have an aneurysm and die in your sleep tonight.  No-one knows.
サーフィンで命の危険を冒す必要はありません。車にはねられるかもしれません。心臓発作を起こすかもしれません。動脈瘤になり、今晩寝ている間に死ぬかもしれません。誰にも分からないのです。
But it raises a vital question: what happens when I die?
だから重要な質問をします:死ぬ時、何が起こるのでしょうか?
You might not like to think about that.考えたくないかも知れませんが。
We think about it for financial reasons – we prepare a will.
財産的な理由で死を考えると- 遺書を用意します。
We think about it for personal reasons – we prepare a funeral.
個人的に死のことを考えると- お葬式を準備します。
But when it comes to spiritual reasons and the afterlife, we feel a bit less comfortable about it.
But we’re here in a church so this is a good place to talk about it.
でも霊的に死後の世界について考えると少し心地よくないかもしれませんが、
私達は今教会にいるので死について語るには良い場所です。
The Bible is God’s letter to us.  It’s one way that God has revealed Himself to us.  One of the Greek philosophers said that man can get no closer to God.  So we need God to come to us.  Otherwise, it’s all guesswork and we end up just creating our own gods.
聖書は私たちへの神からの手紙です。神がご自身を私たちに示すあるひとつの方法です。
ギリシャの哲学者達は人間は神に近づけないと言いました。だから神が私達に近づいて頂くことが必要なのです。そうでなければ、全て推測でついに人間が自分達の神々を造ってしまうでしょう。
The Bible says that after this life we will all face God and be judged by Him.  We will be called into account for every wayward action and every wayward word that we have produced.  We will also be called into account for every good action and every good word that we have failed to produce.  Those who are found to be right with God will go to heaven.  Those who are found to be not right with God will go to hell.  Heaven and hell are real.  We don’t know the details but heaven is a place of light and warmth and is where God is eternally present.  Hell is a place of darkness and torment and is completely devoid of God’s presence.  I don’t want to be too dramatic about it but let me just say that you definitely want to go to heaven, and you definitely do not want to go to hell.
死後、私たちはみな神と向き合い、神の裁きを受けると聖書は言っています。
私達は生前、自分達がしてしまった全ての不注意な行動や全ての不注意な言動の申し開きをするよう呼ばれるでしょう。又、私達がしなかった全ての良い行動や全ての良い言動についての申し開きをするよう呼ばれるでしょう。
神に正しいと判明された人達は天国に行くでしょう。神に正しくないと判明された人達は地獄に行くでしょう。
天国と地獄は実際に存在するのです。
私達はその詳細は分かりませんが、天国は明るく暖かい所で、神は永遠に存在するのです。地獄は暗くて苦痛を与えられる所で神の存在が無い所です。
あまり過剰にこの事についてドラマチックになりたくありませんが、でも、
あなた方は絶対天国へ行きたいですよね、絶対地獄へは行きたくありませんよね。
Mr Takagi’s testimony.  Mrs Takagi was a member of this church for many years but her husband was not a believer.
高木氏の証言。高木氏の奥さんはこの教会の古いメンバーなのですが、ご主人は信仰のない方でした。
Very shortly before Mr Takagi passed away and before he was a Christian, he fell into a deep, semiconscious sleep.  During that time he had a dream.  In the dream, he saw two graves.  He went over to the first and looked in.  In it he saw a statue of Buddha and other Buddhist items.  The grave was filled with darkness and demonic images.  He reeled back in horror.  Then he went and looked into the other grave and in it he saw a cross.  The grave with the cross was filled with light and warmth.  He then came out of his sleep.  He told his son, Jun, about the dream and Jun asked him which grave he wanted to go into. He said the Christian grave.  So his Jun shared the gospel with him, led him to Christ and then he passed away very shortly after.
高木さんはお亡くなりになる少し前、クリスチャンになる前、彼は深い眠り、意識が半分ぼやけた睡眠に落ち入りました。その間彼は夢を見ていました。夢の中で彼は2つのお墓を見ました。近づいて行き中を見てみました。その中に仏像と仏教の品々を見ました。そのお墓は暗闇と悪魔の様なイメージで覆われていました。彼は恐怖によろめきました。それから彼はもうひとつのお墓に近づき中を見ますと十字架が見えました。そのお墓は十字架と共に明るく温かさで満ちていました。彼は眠りから目覚めたとき彼の息子ジュンにその彼がみた夢を話しましたそしてジュンが彼にどちらのお墓に入りたいのと尋ねました。
彼はクリスチャンの方だと言いました。それでジュンは彼に福音を分かち合い彼をクリスチャンへと導きましたそしてその直後彼は亡くなりました。
So how do we get right with God?  How can we be certain of going to heaven?
Here’s how.
では、どのように神と正しい関係を持つことができるのでしょうか?どうすれば確実に天国いけるのでしょうか?
God created us, He loves us and He desires to be with us.
神は私たちを創造されました。神は私たちを愛し、私たちと共にいたいと願っておられます。
But we are separated from God by sin.  
しかし私たちは罪によって神から離れています。
God is perfect.  We are imperfect.  The perfect cannot accept the imperfect without becoming imperfect.  The two are incompatible.
神は完全です。私達は不完全です。完全とは不完全にならないので不完全を受け入れることは出来ません。この二つは両立しません。
But God loves us so much that He can’t stand the separation and will do anything to pay the penalty Himself for our sin.  Enter Jesus.  Another way that God has revealed himself is through Jesus Christ.  Jesus Christ was God in the flesh.  He was God Himself revealed to us in physical form.  He lived a sinless life and He lived a powerful life, teaching people about God, healing the sick, raising the dead and freeing the spiritually oppressed.  And when He died, He became the perfect offering to take away the sins of the whole world.  That’s what Jesus did.  He paid the price for our sin. He died in our place.  How do we know this is true?  Because He resurrected from the dead.  He proved that this is not just some spiritual theory; it’s a spiritual reality.  Jesus died in our place.  He conquered death and He paid the price for our sin.
しかし神は私たちと離れていることはできないほどに私たちを愛しておられ、私たちの罪のためにご自身が罰を受けようとなさるのです。ここでイエスが登場します。
神はイエス・キリストを通して神ご自身を明らかにされました。
イエス・キリストは神が人となられたお方です。
神は私達に神の存在を物理的な形で明らかにされました。
イエスは罪のない人生を生き、そして力強い人生を生き、人々に神について教え、病気を治し、死人を生き返らせ、精神的抑圧を解放しました。
そして死なれた時、全世界の罪を取り除くための完全なささげ物となりました。
それがイエス・キリストがなされた事です。
私たちの罪の代価を払ってくださったのです。イエスは私達の為に死んで下さったのです。これが事実だと私達はどのように分かるのでしょう?
何故ならイエスは死からよみがえったからです。この出来事は単にいくつかの霊的な学説ではないことをイエスは証明しました。
これは霊的な事実です。イエスは私たちの代わりに死なれたのです。死を打ち破り、私たちの罪の代価を払ってくださったのです。
Forgiveness of sins is available but it has to be received.  Here’s where so many miss the mark.  They stop at accepting step three and settle for religion when they need to come to step four and put their faith in the risen Jesus.
罪の赦しは得られますが、それは受け入れなければいけません。
多くの人達がこの点を見逃します。ステップ3までは理解することができますが、多くの人達がステップ4の段階を理解出来ずに信仰を持つ所まで来ません。
Scripture.  Without faith it is impossible to please God.  Hebrews 11:6
信仰がなくては、神に喜ばれることはできない。ヘブライ人への手紙11:6
For it is by grace you have been saved, through faith—and this is not from yourselves, it is the gift of God— 9 not by works, so that no one can boast. Ephesians 2:8,9
あなたがたの救われたのは、実に、恵みにより、信仰によるのである。それは、あなたがた自身から出たものではなく、神の賜物である。 決して行いによるのではない。それは、だれも誇ることがないためなのである。エペソ人への信徒への手紙2:8,9
(Therefore) If you declare with your mouth, “Jesus is Lord,” and believe in your heart that God raised him from the dead, you will be saved. 10 For it is with your heart that you believe and are justified, and it is with your mouth that you profess your faith and are saved. Romans 10:9,10
すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。 なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。ローマの信徒への手紙10:9,10
That’s how we get right with God so that when we die we can go to heaven.  But if that’s all it is, then we’re still missing a big part of what it’s all about.
そのようにして和達は神への正当な関係によって死後天国へ行けるのです。でももしそれだけで天国へ行けると考えるなら私達はまだ天国へ行く事の大きな意味のある部分を見失っています。
Being right with God isn’t just about ‘dying right’. 神と正しい関係にあるということは、‘正しく死ぬ’ことだけではありません。
 You could live however you like – a wholly reprobate (bad) life – and then make a deathbed confession (if you got the chance) and go to heaven.  It’s risky but you could do that.
But you would also be missing a big part of what being right with God is all about.
あなた方は好きなように生きる事が出来ます- 完全に悪い人生- そして死ぬ末期の懺悔(あなた方にそのチャンスがあれば)をするなら天国へ行きます。それは危険ですがそういうのも可能です。しかし、神と正しい関係になる大部分が欠落しているでしょう。
Have a look at this clip from the recent movie Boyhood.  It’s a brilliantly written and acted movie but the story is really quite sad not just because sad things happen but because it seems that in today’s world, those sad things have become so normal that we aren’t aware that there’s a better way.
最近の映画ボーイフッドからこのクリップをみてみましょう。脚本も演技も素晴らしい映画ですが物語は本当に悲しいものですただ起った出来事が悲しいというだけではなく、それは今日の世界のように思えるからです、これらの悲しい出来事は通常になり私達はもっとより良い方法があることに気付いていません。

“I just thought there would be more.”
“あっけないものね” (もっとする事があったのに、と今思った。)
Don’t get to the end of your life and find yourself saying this.
あなた方の人生の最後にこんな言葉を言わないで下さい。
One of the things Jesus said was “The thief comes only to steal and kill and destroy; I have come that they may have life,and have it to the full.” John 10:10
盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。 ヨハネによる福音書10:10

Being right with God – knowing God – is so much more than life after death.  
It’s about full life now.
It’s about choosing to believe that Jesus Christ was who He said He was – the Son of God, the Saviour who died on the cross and rose from the dead.  
It’s about choosing to turn from sin and to receive forgiveness of sin in the name of Jesus.  
It’s about choosing to no longer live for yourself but to follow Jesus.  
It’s about receiving the Holy Spirit of God, and living a life that while still dealing with the struggles of living in this world, has the unspeakable joy of the Holy Spirit.
神と正しい関係にある-神を知るということは死後のこと以上のことです。
それは満たされた人生のことなのです。
イエス・キリストは言われたとおり神の御子であり、十字架の上で死なれ、死からよみがえった救い主だと信じることを選ぶことです。
罪から離れ、イエスの御名によって赦しを受け入れることを選ぶことです。
自分のためにに生きるのではなく、イエスに従うことを選ぶことです。
神の聖霊を受け入れ、この世に生きる困難と奮闘しながらも言葉では言い尽くせないほどの聖霊の喜びがある人生を送ることです。

This means that even if you are treated badly, become sick, lose your job, have been hurt in relationships, struggle with the past, have trouble with the present or are worried about the future, there is something greater in your life than you that [God] remains constant and gives you direction, strength, hope and joy:
この意味は例えあなた方が悪い扱いを受けたり、病気になったり、失業したり、人間関係で傷ついていたり、過去にとらわれていたり、現在問題を抱えていたり、又は将来について心配していてもあなたの人生にはあなたが思うよりも素晴らしい何かがあります。神はずっと変わらず、あなたに導き、力、望み、喜びを与えてくれます。
God – the Father, Son and Holy Spirit.  We call it the Godhead – three in one.
神とは父、御子、聖霊。三位一体と呼びます
Tonight I want to give you an invitation.  It is an invitation to become right with God, to believe in Jesus and have your sins forgiven, and to recieve the Holy Spirit, so that you can receive new life.  Tonight you can be born again.  You can start your life again as a Christian, under the love of God, the peace of Christ and the joy of the Holy Spirit.
今晩、神と正しい関係を持ち、イエスを信じ、罪を赦され、聖霊を受け入れて欲しいと願います。そうすることにより新しい命を受けることができるのです。今晩、あなたは生まれ変わることができます。神の愛、キリストの平安、聖霊の喜びを受けて、クリスチャンとして新しい人生を始めることができます。

In a minute I will ask you all to come forward and receive the elements of communion.  The bread and the wine are symbols of the body and blood of Jesus Christ and taking them marks a person’s entrance into and belonging to the body of Christ and the life of His church.  If you have never taken communion before but tonight would like to repent and give your life to Jesus and receive new life through Him, I invite you to come forward with the others and receive prayer and the elements.  このあとすぐに聖餐式にあずかるよう前に出てきてもらいます。パンとぶどう酒はイエス・キリストの体と血の象徴で、それらを受けることによりキリストの体とキリストの教会生活に属します。今までに聖餐式を受けたことがないけれども、今初めてこの祈りを祈り、キリストに人生をゆだねた方は、いっしょに前に出てきて祈ってもらい聖餐にあずかってください。
Take a moment to examine your lives and when you are ready, please come forward.
自分の生き方をよく省みる時間を取って、準備ができたら前に出てきてください。