Clear the Temple
宮を一掃する

4 March, 2018

13. When it was almost time for the Jewish Passover, Jesus went up to Jerusalem. 14. In the temple courts he found people selling cattle, sheep and doves, and others sitting at tables exchanging money. 15. So he made a whip out of cords, and drove all from the temple courts, both sheep and cattle; he scattered the coins of the money changers and overturned their tables. 16. To those who sold doves he said, “Get these out of here! Stop turning my Father’s house into a market!” 17. His disciples remembered that it is written: “Zeal for your house will consume me.” (Psalm 69:9)
18. The Jews then responded to him, “What sign can you show us to prove your authority to do all this?”
19. Jesus answered them, “Destroy this temple, and I will raise it again in three days.”
20. They replied, “It has taken forty-six years to build this temple, and you are going to raise it in three days?” 21. But the temple he had spoken of was his body. 22. After he was raised from the dead, his disciples recalled what he had said. Then they believed the scripture and the words that Jesus had spoken.
John 2:13-22

13. さて、ユダヤ人の過越の祭が近づいたので、イエスはエルサレムに上られた。 14. そして牛、羊、はとを売る者や両替する者などが宮の庭にすわり込んでいるのをごらんになって、 15. なわでむちを造り、羊も牛もみな宮から追いだし、両替人の金を散らし、その台をひっくりかえし、 16. はとを売る人々には「これらのものを持って、ここから出て行け。わたしの父の家を商売の家とするな」と言われた。 17. 弟子たちは、「あなたの家を思う熱心が、わたしを食いつくすであろう」と書いてあることを思い出した。 18. そこで、ユダヤ人はイエスに言った、「こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せてくれますか」。 19. イエスは彼らに答えて言われた、「この神殿をこわしたら、わたしは三日のうちに、それを起すであろう」。 20. そこで、ユダヤ人たちは言った、「この神殿を建てるのには、四十六年もかかっています。それだのに、あなたは三日のうちに、それを建てるのですか」。 21. イエスは自分のからだである神殿のことを言われたのである。 22. それで、イエスが死人の中からよみがえったとき、弟子たちはイエスがこう言われたことを思い出して、聖書とイエスのこの言葉とを信じた。
ヨハネによる福音書 2:13-22

The table flip game.

In today’s reading we heard about Jesus clearing the temple. [Image] This must have been one of those really awkward moments. It was Passover time, a holy time for the Jews when people were supposed to be on their best behaviour, and at their most devout. Then Jesus comes into the temple and goes bananas. He makes a whip and drives out the cattle. You can imagine the stampede, the noise of all the hooves scuttling on the ground and all the braying and lowing of the cattle, and all the owners chasing their livestock down the street and the livestock trampling the food and clothing stalls. But Jesus is only warming up. He then scatters the money of money changers all over the floor. It probably sounded like tipping a draw full of cutlery down the stairs. And then for his grand finale, He flips all the tables over. I expect it would have been just like playing that table flip game in the arcade. Only it wasn’t a game. It was really serious, and Jesus was really angry.
今日の聖書の箇所では、イエスが宮を一掃しています。これはなんとも気まずい雰囲気だったにちがいありません。過越の祭りの時期で、ユダヤ人にとっては最善にふるまい、献身を尽くす聖なる時でした。そんな時にイエスが宮にやってきて、とんでもないことをしたのです。むちを作って、牛を追い出したのです。牛の群れが暴走し、逃げ回るひづめの音、鳴き声、家畜を追いかけまわる飼い主たち、食べ物や衣類を踏みつける家畜の様子が目に浮びます。イエスがしたのはそれだけではありません。その後、両替人の金を床一面に散らしました。きっとスプーンやフォークなどがいっぱい入った引き出しを階段にひっくり返したような音がしたことでしょう。そして最後のしめは、テーブルを全部ひっくり返したのです。商店街でテーブルをひっくり返すゲームをしているようだったのではないかと思います。それがゲームではなく、本当に深刻なことで、イエスは本当に怒っていました。

Why was He so angry? And was this behaviour really appropriate even in anger? What happened to the meek and mild Jesus, the gentle Jesus of mercy and grace, the love-your-neighbour Jesus?
なぜイエスはそれほどお怒りになったのでしょうか?そのようなふるまいは怒りであっても本当に適切なものだったでしょうか?柔和で温和なイエス、憐れみと恵みのやさしいイエス、隣人を愛しなさいというイエスはどこへいったのでしょうか?

There are times when sin must be rooted out aggressively. For Jesus, His aggression was never directed toward the world. It was never directed toward the lost. Jesus’ anger and aggression was always directed toward the religious people. It was the Pharisees, the teachers of the law, and the temple workers who bore the brunt of Jesus’ anger because they were the ones who were corrupting the the name of the Lord. They were the ones who were misleading people into godless religion. And Jesus loved the lost and broken of the world so much, that this religious blindness made Him furious.
罪を攻撃的に根絶しなければならないときがあります。イエスの攻撃性は決して世に向けられているのではありません。決して失われた人たちに向けられているのではありません。イエスの怒りや攻撃性はいつも宗教的な人たちに向けられていました。パリサイ人、律法学者、宮に仕える人たちがイエスの怒りをまともに受けたのです。なぜなら彼らが主の御名を汚していたからです。彼らは神のいない宗教へと人々を導いていました。イエスはこの世の失われた人たち、傷ついた人たちを実に愛しているので、そのような宗教の盲目に激怒なさるのです。

The religious people were making God’s house of prayer for all nations into a den of thieves. And so Jesus was cleaning out His Father’s house. He was cleansing the temple.
宗教的な人たちは神の祈りの家を強盗の巣にしていました。それでイエスは父なる神の家を一掃されていたのです。宮を清めていたのです。

It says in 1 Corinthians 6:19 that our bodies are temples of the Holy Spirit.
自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であってコリントの信徒への手紙一6:19

Our bodies are temples. Lent is a good time for us to cleanse our temples (bodies). As we prepare our hearts to understand anew the work of the cross and receive a fresh filling of the Holy Spirit, we need to ask Jesus to cleanse our temples, just as He cleansed the temple building 2000 years ago at Pentecost.
私たちの体は宮です。レント(受難節)は私たちの宮(体)を清めるのに良い時です。十字架のはたらきを新たに理解し、聖霊の新たな満たしを受けるために私たちの心を準備するにあたり、2000年前のペンテコステで宮を清めたように、私たちの宮も清めてくださるようイエスにお願いする必要があります。

We can start with the physical. We can change our eating, drinking, sleeping and lifestyle habits to honour and bring health to our physical bodies/temples in which the Holy Spirit resides. But it’s much more than that. Jesus said,
まず身体的なことから始めます。私たちの飲食、睡眠、生活習慣を尊重し、聖霊が住まわれる私たちの体/宮に健康をもたらすよう変えることができます。しかし、それだけではありません。イエスはこういいました。

But the things that come out of a person’s mouth come from the heart, and these defile them. For out of the heart come evil thoughts—[thoughts of] murder, adultery, sexual immorality, theft, false testimony, slander. These are what defile a person.
Matthew 15:18-20a

しかし、口から出て行くものは、心の中から出てくるのであって、それが人を汚すのである。 というのは、悪い思い、すなわち、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、誹りは、心の中から出てくるのであって、これらのものが人を汚すのである。
マタイによる福音書15:18-20a

We tend to go very soft on ourselves, don’t we? But we need to be ruthless and aggressive in dealing with the sins of our hearts and the sins in our lives, just as Jesus was ruthless and aggressive in the temple.
私たちは自分自身には甘くなりがちですよね。しかし、イエスが宮で容赦なく攻撃的であったように、私たちの心の罪と私たちの生活の中にある罪に対処するには容赦なく攻撃的である必要があります。

Let me clarify this. We don’t put ourselves down. We don’t condemn ourselves. This is not an invitation to a pity party.
明確にしておきますが、これは自分自身を卑下するのではありません。自分自身を非難するのではありません。哀れに思うようにしているのではありません。

“Our struggle is not against flesh and blood, but against the rulers, against the authorities, against the powers of this dark world and against the spiritual forces of evil in the heavenly realms.”
Ephesians 6:12

わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。
エフィソの信徒への手紙6:12

We examine our lives, and with the help of the Holy Spirit, we identify the sin in them. We then turn from the sin, we repent. We do this first with God, but it doesn’t necessarily stop there. If we have wronged others, we make it right again with them. If we need help overcoming our sin, we connect with an accountability partner who is mature in the faith, and we confess our sins to one another. But whatever you do, I want to encourage you today to not go soft on sin. This is a call to be aggressive in rooting out the sin in your life.
私たちは自己分析をします。そして聖霊の助けをかりて、うちにある罪を見つけます。そしてその罪から立ち返り、悔い改めます。これをまず神とともにしますが、必ずしもそれだけですむことではありません。人に対して間違ったことをしたのであれば、また正しい関係になるようにします。罪を克服するのに助けが必要なら、責任を説明しあえる信仰の先輩とつながりを持つようにし、互いの罪を告白しあいます。しかし何をするにしても、罪に対して甘くならないようにしてください。罪を根絶するには攻撃的であるよう召されているのです。

Jesus said,

If your right eye causes you to stumble, gouge it out and throw it away. It is better for you to lose one part of your body than for your whole body to be thrown into hell. And if your right hand causes you to stumble, cut it off and throw it away. It is better for you to lose one part of your body than for your whole body to go into hell.
Matthew 5:29,30

もしあなたの右の目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に投げ入れられない方が、あなたにとって益である。もしあなたの右の手が罪を犯させるなら、それを切って捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に落ち込まない方が、あなたにとって益である。
マタイによる福音書5:29-30

Just to be very clear, this is not a teaching about self-mutilation. Even a blind man can lust. It’s about being aggressive in cutting the sin and the bad influences out of our lives.
はっきりしておきたいことは、これは自傷についての教えではありません。盲目の人でさえ情欲にかられます。罪や悪い影響を私たちの生活から断ち切ることに攻撃的であることについてです。

This was the very first message that Jesus brought into the world. This is how He started His ministry:
これはイエスがこの世にもたらした最初のメッセージです。このようにイエスはご自分の宣教を始めました。

Repent, for the kingdom of heaven has come near.
Matthew 3:2

「悔い改めよ、天国は近づいた」。
マタイによる福音書3:2

In v17 of today’s reading, when Jesus cleared the temple, the disciples remembered the scripture that says,
今日の聖書朗読箇所の17節で、イエスが宮を一掃された時、弟子たちは次の聖書の言葉を覚えていました。

“Zeal for your house will consume me”.
「あなたの家を思う熱心が、わたしを食いつくすであろう」

We studied zeal last week.
先週、私たちは熱心について学びました。

Jesus is zealous for you. He is zealous for your sanctification. In simple terms, Jesus really, really wants you to be holy and clean and right with God. He wants to lead you in repentance and forgive you your sins – this is a kindness of God. He desires to fill you with His Holy Spirit.
イエスはあなたのことを熱望しておられます。あなたが聖くなることを熱望しておられます。簡単に言えば、イエスは本当にあなたが聖くきれいで神と正しい関係になってほしいと願っておられるのです。あなたを悔い改めに導き、あなたの罪を赦したいと願っておられます。これが神の慈愛です。神はあなたを聖霊で満たしたいと願っておられるのです。

But it’s never that easy. In v18 of today’s reading we read that the Jews demanded a miraculous sign for Jesus to prove Himself. Isn’t it just the same today? When Jesus goes about entering our hearts, convicting us of sin and cleaning up our lives, we hear the voices of dissent. They come from cynics outside, and they come from the weaknesses of our own heart. And the voices say, ‘Who is this Jesus? Is He even real? Is He really who He said He was? Let Him prove Himself first. Let’s see a miracle. Then I’ll believe. Then I’ll act.’
しかしこれは簡単なことではありません。18節には、イエスが自分自身を証明するためのしるしをユダヤ人たちは求めたと書いてあります。それは今日も同じではないでしょうか?イエスが私たちの心に入ろうとし、私たちの罪を示し、私たちの人生をきれいにされようとすると、それに反する声が聞こえます。外から皮肉が入ってきます。それらは私たちの心の弱さからやってきます。そしてこう言います、‘このイエスとは誰だ?’‘本当に存在するのか?’‘本当に自分で言うとおりの者なのか?’まずは証明してもらおうじゃないか。奇跡を見せてもらおうじゃないか。そうすれば信じる、そうすれば行動する。

Jesus’ answer to the Jews is the same answer for us as we respond to the voices of dissent. And that answer is the very heart of the gospel:
イエスのユダヤ人たちに対する答えは、反対の声に応えようとする私たちへの答えと同じです。その答えは福音のまさに中心となることです。

Jesus answered them, “Destroy this temple, and I will raise it again in three days.”
John 2:19

「この神殿をこわしたら、わたしは三日のうちに、それを起すであろう」。
ヨハネによる福音書2:19

The Jews had no idea what Jesus was talking about at the time, but of course Jesus was talking about His death and resurrection which came three days later. Whenever you face doubt, or criticism or fear, go to the heart of gospel: the resurrection of Christ. Because one thing critics cannot contend with is the missing body of Jesus. The countless sightings of the resurrected Jesus by the disciples and others – there were 500 of them – and the radical change in the disciples and others by the Holy Spirit at Pentecost, doesn’t help their cause either.
ユダヤ人たちにはその時イエスが何を言っているのかさっぱり分かりませんでしたが、イエスはもちろん、ご自分の死について、3日後に起こる復活について語っていました。疑いや非難、恐れに直面するとき、福音の中心、つまりキリストの復活に向かいましょう。なぜなら批評家たちが論争できないことの一つが行方不明のイエスの遺体だからです。よみがえったイエスを見た弟子たちや他の人たちが数えきれないほと、500人ほどいたのです。そしてペンテコステの時、聖霊によって弟子たちや他の人たちが激変したことも論争におよびません。

The resurrection of Christ is the proof. Jesus lives, and He lives today to work in your life. Let Him. Let Him cleanse your temple. Follow His lead and cast out any sin and worldliness in your life, and let Him fill you with His presence.
キリストの復活がその証拠です。イエスは生きておられます。あなたの人生のうちにはたらくために今日も生きておられます。どうかイエスにあなたの宮を清めてもらってください。イエスの導きに従って、罪や世俗的なことを捨てて、ご臨在で満たしてもらってください。

We’re going to take communion now. As we do this, we remember that Jesus died on the cross in our place, to pay the penalty for our sin, so that we can be made holy and right with God. It’s only by the atoning death of Jesus that a person can be saved. There is no other way to the Father. There has been no other provision given for righteousness. There is no other name under heaven by which a person can be saved. Jesus alone is the mediator between people and God. We remember this as we eat the bread and drink the grape juice.
今から聖餐式を行います。イエスが私たちの罪の代価を払うために、私たちの身代わりに十字架にかかられたので、私たちが聖なる者とされ、神と正しい関係をもつことができることを覚えて聖餐式にあずかりましょう。イエスの贖いの死だけが人を救うことができるのです。父なる神への道はほかにありません。義に値する備えはほかにありません。天の下で人が救われるべき名はほかにありません。イエスだけが人と神との間の仲介者なのです。パンを食べ、ぶどうジュースを飲むときにこのことを覚えましょう。

Having confessed our sins, when we take communion, we partake in the divine presence. The Spirit of Jesus enters us and makes us holy. The Spirit of God and sin cannot co-exist. We must turn from our sins aggressively before we can call on the name of Jesus, receive forgiveness and enter new life. Let’s take time to do that now. If you need help with this, come forward (or at the back) and pray with us.
罪を告白し、聖餐式を受けるとき、私たちは神のご臨在のうちに入ります。イエスの霊が私たちのうちに入り、私たちを聖なる者としてくださいます。神の霊と罪は共存できません。イエスの御名を呼び求める前に、私たちは罪から積極的に離れ、赦しを受け入れ、新しい人生を始めなければいけません。そうする時を今もちましょう。助けが必要であれば、前に(又は後ろに)に出てきてください。いっしょに祈りましょう。