Counting the Cost 犠牲を考える

How sure are you about your faith?
自分の信仰にどれだけ確信をもっていますか?

How do you know how sure you are?
あなたはどのようにしてそれを知りますか。

If you were to go on a short term mission and share your faith with others in a country where persecution was rife and you knew that many of those you share the gospel with would be beaten and some killed, would you do it? Are you okay with your teaching sending people to their death. もしあなたが短期間ある国に布教活動に出かけ、その国での宗教による迫害がひどく、福音を分かち合う現地の人々が暴行を受け殺される者も出ることになるとしたら、あなたは布教活動
をしますか。あなたの教えによって人々が死んでもいいですか。

Are you sure that you really believe what you believe?
あなたは自分が信じていることを本当に信じていると確信がありますか。

Let me share again what one of the JICA members right here in our church once shared with me: How do you know you are in Christ if you are untested? 今この教会にいる元JICAの方が私にかつて言ったことをみなさんに言います:あなたは試され ていないとき、どのようにしてキリストが自らのうちにあるということを知りますか。

Today we continue our focus on discipleship and move to the weighty topic of counting the cost. This takes us straight to Jesus’ words on discipleship as recorded in Luke 9:23: Whoever wants to be my disciple must deny themselves and take up their cross daily and follow me. 今日も弟子訓練に焦点を当て、犠牲を考えるという深刻なテーマに移ります。このテーマに直結するイエスの言葉をお教えします。
(A key verse in our Bible studies.)
(聖書の勉強会での重要な一節です。)

Counting the Cost 犠牲を考える

Some of the early disciples championed in Hebrews 11:3537 experienced this “carrying of the cross” in a very literal sense:
ルカによる福音書9:23 それから、みんなの者に言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。ヘブライ人への手紙11章35~37節に、弟子の数名が事実に即した「十字架を運ぶこと」 を経験したとあります。

There were others who were tortured… Some faced jeers and flogging, and even chains and imprisonment. They were put to death by stoning; they were sawed in two; they were killed by the sword. They went about in sheepskins and goatskins, destitute, persecuted and mistreated.
Have you ever complained about a church service running a little long? Or complained about the choice of worship songs? Or the temperature of the room. In the perspective of martyrdom, such complaints are rather embarrassing, aren’t they? あなたは今まで教会の説法がちょっと長いなと不満に思ったことがありますか。教会の歌のチ
ョイスに不満を持ったことがありますか。部屋の温度にも。マターダム(殉教)という観点から見ると、このような不平はとてもきまり悪いものではありませんか。

We will likely not die for our faith. But we must die to ourselves if we are to truly live the Christian life. Because it’s only when we die to ourselves that Jesus can truly live in us. 私たちは私たちの信条のためには死なないでしょう。しかし、本当のクリスチャン人生を送り たいなら、己を捨てなければなりません。なぜなら己を捨てたときに初めてイエスが本当に私 たちのうちに住んでくださるからです。

And it’s at this point that the promises in the Bible become a reality:
このとき聖書にある約束が本物になるのです。

For whoever wants to save their life will lose it, but whoever loses their life for me will save it. Luke 9:24
Ironically, selfdenial, it turns out, is the secret to selffulfilment. (Selfdenial is not selfloathing. We have been “fearfully and wonderfully made” and recreated in the image of Christ. We should rejoice in being the people God created us to be. Selfdenial is not putting ourselves down. It’s making God’s priorities our priorities.) 皮肉にも、自己を抑制することが自己実現のカギなのです。(自制は自己嫌悪ではありません 。私たちはキリストのイメージで「恐ろしく、素晴らしく作られた」のです。私たちは神が作 った人間でいられることに喜ぶべきです。自制とは自分自身をけなすことではありません。そ れは神の優先事項を私たちの優先事項にすることです。)

When we die to ourselves, the gospel comes to life and we become the Good News in a bad news world. 己を捨てるなら、福音が生かされ、私たちは悪い知らせのある世にあって良い知らせとなれる のです。
ヘブライ人への手紙11:35-37 ほかの者は、更にまさったいのちによみがえるために、拷問の苦しみに甘んじ、放免されることを願わなかった。 なおほかの者たちは、あざけられ、むち打たれ、しばり上げられ、投獄されるほどのめに会った。 あるいは、石で打たれ、さいなまれ、のこぎりで引かれ、つるぎで切り殺され、羊の皮や、やぎの皮を着て歩きまわり、無一物になり、悩まされ、苦しめられ、ルカによる福音書9:23 自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう。

Jesus said, “Suppose one of you wants to build a tower. Won’t you first sit down and estimate the cost to see if you have enough money to complete it? For if you lay the foundation and are not able to finish it, everyone who sees it will ridicule you, saying, ‘This person began to build and wasn’t able to finish.’” Luke 14:2830
Today the church is being ridiculed in many parts of the world because there are so many Christians who are not prepared to finish what they started. They never counted the cost. They believe that it’s all gain in Christ and they never think much about the cost. As such, they seem to think that God is their servant, rather than them being His servant. 今日世界の多くの場所で教会はばかにされています、なぜなら自分が始めたことを終わらせよ うとしないクリスチャンがたくさんいるからです。彼らは先々の見通しをしたことがありませ ん。彼らはキリストのうちに全てが得られ、犠牲のことを考えたことがありません。それで彼 らは、彼らが神の召使いであるというより神が彼らの召使いだと考えるのです。

But that is not what Jesus taught. God doesn’t exist for our benefit. We exist for His glory! And living for His glory is our benefit! しかしそれはイエスが説いたことではありません。神は私たちのために存在いているのではあ りません。私たちが神の栄光のために存在しているのです。そして神の栄光のために生きるこ とが私たちの益なのです。

Let’s look at six specific areas of cost in following Jesus.
イエスに従う上での6つの犠牲を見ていきましょう。

i. Following Jesus might cost us financially
イエスに従うことで経済的な犠牲を払うことになるかもしれません

Prosperity gospel vs poverty gospel.
Prosperity gospel: If you’re faithful, God will reward you and you’ll be rich. God is a financial investment plan.

Poverty gospel: If you’re faithful, you’ll give all your money away and live a meagre life. It’s hard for the rich to enter the kingdom of heaven.
繁栄の福音vs貧困の福音 繁栄の福音:もしあなたが信心深ければ、神はあなたに褒美を与えあなたがお金持ちになるで しょう。神は投資プランです。 貧困の福音:もしあなたが信心深ければ、あなたは財産を捨て質素な生活を送るでしょう。お 金持ちにとって天国に入るのは難しいでしょう。
イエスは言いました、 あなたがたのうちで、だれかが邸宅を建てようと思うなら、それを仕上げるのに足りるだけの金を持っているかどうかを見るため、まず、すわってその費用を計算しないだろうか。 そうしないと、土台をすえただけで完成することができず、見ているみんな
の人が、 『あの人は建てかけたが、仕上げができなかった』と言ってあざ笑うようになろう。ルカによる福音書14:28-39

Which is right? Neither. The Bible teaches a personal gospel of doing what Jesus has personally asked of you. Many faithful people in the Bible were wealthy. Many faithful people today are wealthy. Many faithful people lived like Spartans, as some choose to do today. Material status is largely irrelevant. What matters is faithfulness to your call. どちらが正しいでしょうか。どちらでもありません。聖書は私たち一人ひとりに求めているこ とを行う個人の福音を教えています。聖書に登場する信仰の厚い人の多くが裕福でした。今日 の多くの信仰の厚い人々は裕福です。かつての信仰の厚い人たちはスパルタ人のようであり、 今日もそのような人たちがいます。物質的なステータスはあまり関係ありません。 重要なことは自分の召しに忠実であることです。

Wealth is only a problem when it becomes our primary focus and we don’t use it for God’s purposes. Meagreness is only a problem if it makes us greedy and envious. The way we feel about money is typically a reflection of the way we feel about God. If God owns our bank accounts, then there’s a good chance he owns our hearts. If we don’t give God our bank accounts, then this would suggest that we probably have not given Him our whole heart either. 富は、それ自体が私たちにとって最も重要な焦点になり私たちが神のためにそれを使わないと きに問題となります。私たちが貪欲になるとき貧乏は問題となります。私たちのお金に対する 考え方はたいてい、私たちの神に対する考え方を映しています。もし神が私たちの預金口座を 所有していたら、神が私たちの心を所有している可能性があります。もし私たちが神に預金口 座を託していなければ、私たちは神に完全には心を明け渡していないのです。

ii. Following Jesus might cost us our reputation
イエスに従うことで評判にかかわることになるかもしれません

Does Jesus fit in with the reputation we have in the world? The reputation that we have spent years crafting in the classroom, in the lab, in the office whose reputation is it?
Are we more concerned about our reputation or God’s reputation? This is what it means by ‘glorifying God’. この世界におけるイエスの評判はイエスに見合ったものですか。私たちが教室、研究室、職場で年月をかけて作り上げたイエスの評判-それは誰のものでしょうか。
自分の評判を気にしているのですか?それとも神の評判でしょうか?

Standing up as a Christian might cost you your social status. It might exclude you from the cool group at school. It might exclude you from the elite academics who cannot tolerate God, creationism or faith issues. It might exclude you from social scenes that are important to you. クリスチャンとして堂々とすることであなたの社会的な地位は犠牲になるかもしれません。あなたは学校のイケてるグループに入れないかもしれません。神、天地創造説、信条などといったことに耐えられない賢いエリートたちと仲良くできないかもしれません。あなたにとって大事な社交的な場面に居合わせることができなくなるかもしれません。

iii. Following Jesus might cost us our job
イエスに従うことで仕事を失うことになるかもしれません

Would you consider forgoing promotions at work so you could spend more time on the mission field short term missions like helping the needy in Tohoku, or going on outreach missions to share the gospel with those who’ve never heard it?

Would you consider leaving your work altogether and going into full time mission work? Why or why not?
Would you consider changing your business strategies financial reporting, customer presentations etc to better reflect Godly principles? あなたは布教活動により多くの時間を割くために仕事の昇進をあきらめることを考えますか- 短期間東北の人々を助けたり、神の福音を聞いたことがない人々に教義を教える活動に行った りです。
仕事をやめてフルタイムの宣教活動をしようと思いますか。なぜですか。あなたの仕事の戦略を変えることを考えますか-財務報告、顧客へのプレゼンテーションなど-より神の道理に向き合うために。

iv. Following Jesus might cost us our friends
イエスに従うことで友人を失うことになるかもしれません

Many years ago I felt God say this directly to me (it was very clear in my heart): “Andrew, are you willing to give up that friend for me?” And for some reason I hesitated to answer, wondering if I really had to make such a decision. But in the end I did have to make such a decision and I did have to give up that friendship so that I could better serve God. 昔私は神が私にこのように言った気がしました(心にはっきり届きました):「アンドリュ ー、君は私のためにその友達を見限る気になりませんか。」 なぜだか分かりませんが私は答 えることをためらいました、本当にこんなことを決めなければならないのかと。しかし最終的 に私はそうすることを決め、神により奉仕ができるようその友達を見放さなければならなかっ たのです。

v. Following Jesus might cost us our comfort
イエスに従うことで快適さを失うことになるかもしれません

I like what Thomas Kempis, a 15th Century writer had to say about this:
Jesus has many who love his kingdom in heaven, but few who bear his cross. He has many who desire comfort, but few who desire suffering.
He finds many to share his feast, but few his fasting.
All desire to rejoice with him, but few are willing to suffer for his sake.
Many follow Jesus to the breaking of bread, but few to the drinking of the cup of his passion. Many admire his miracles, but few follow him in the humiliation of the cross. 私は15世紀の作家トマスケンピスがこのことについて書いたことが好きです。 天の御国を愛する者はイエスにはたくさんいるが、十字架を負う者は少ない。 快適さを望んでいる者は多いが、苦しみを望んでいる者は少ない。 ごちそうを分かち合いたい者は多いが、断食をしたい者は少ない。 皆ともに喜びたいと願っているが、イエスのために苦しみを受けたいと思う者は少ない。 聖餐に場に来る者は多いが、苦しみの杯を飲もうとする者は少ない。
イエスの奇跡を称賛する者は多いが、十字架の屈辱に従う者は少ない。

Jesus is not safe. Do you remember the conversation between Susan and Mr Beaver in The Lion, the Witch and Wardrobe?: イエスは安全ではありません。みなさんは、ナルニア国物語第一章ライオンと魔女でのスーザ ンとビーバーの会話を覚えていますか。
Susan: Is hequite safe?
Mr Beaver: ”Safe?…Who said anything about safe? ‘Course he isn’t safe. But he’s good. He’s the King, I tell you.”
スーザン:「彼は安全なの?」
ビーバー:「安全?誰が安全なんて言った?もちろん彼は安全ではないよ。だけどいい人だよ。彼は王様なんだ。」
vi. Following Jesus might cost us our family
イエスに従うことで家族を失うことになるかもしれません
Jesus said it plainly.
イエスはそれを率直に言いました。
I came to turn a man against his father, a daughter against her mother, a daughterinlaw against her motherinlaw; and a man’s enemies will be the members of his household. The person who loves father or mother more than Me is not worthy of Me; the person who loves son or daughter more than Me is not worthy of Me. Mat 10:3537
マタイによる福音書10:35-37
This is not just a ‘converting from Islam to Christianity’ thing. It can happen when we no longer allow certain movies to be played in our house, when parents say no to a date, when a new Christian shares their newfound faith with their family only to find that the family is either wholly uninterested, or actually rejects the decision they’ve made. これは「イスラム教からキリスト教に改宗する」どころの話ではありません。これは私たちが
家である映画を見ることを禁止するとき、両親が交際相手にノーというとき、クリスチャンになって間もない人の家族が、下した決断に関心がなかったりその決断を拒絶していることを知るために新しい信条を説くなどといったときに起こりうるものです。

We can’t always expect unbelievers to understand the changes we are making in our lives as believers. “We simply count the cost and keep loving them.” (Conway)
My understanding is that we count the cost before we build our faith. We stop counting the cost once we start. (There is a time for evaluation but spending our lives counting the cost seems to me to be incompatible with love.“Love keeps no record of wrongs.”(恨みをいだかない))

わたしがきたのは、人をその父と、娘をその母と、嫁をそのしゅうとめと仲たがいさせるためである。 そして家の者が、その人の敵となるであろう。 わたしよりも父または母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりもむすこや娘を愛する者は、わたしにふさわしくない。

私たちは神を信じていない人に、私たちが人生の中で作り出している変化をいつでも理解してもらえるとは限りません。「私たちは単に犠牲について考え、それらを愛し続けるのです。」(作家コンウェイ)私はこう理解します、信仰をもつ前にそれに伴う犠牲のことを考えま す。信仰を持ち始めれば、犠牲のことを考えるのをやめます。(評価のための時間はないが、 私たちの人生を犠牲について考えることに費やすのは私にとって愛と両立しないように見えま す。「愛は恨みをいだかない。」)

Why do we put up with it? All this potential (and realised) hardship and suffering?
How many people in the world do you think are killed every year for their faith Jesus? 200,000 Christians are killed every year because of their faith in Jesus. このような困難や苦しみに出くわすかもしれないのになぜそれに耐えるのでしょうか?
イエスを信仰するがために、毎年世界でどれくらいの人々が殺されるかあなたは考えますか。
20万人ものクリスチャンが毎年信仰のために殺されるのです。

Is the cost too high?
That will depend on how much you love and trust Jesus.
Is the cost too high?
That will depend on how worthy you consider Jesus to be.
Is the cost too high?
That will depend on whether your perspective is a shorterterm material one, or an eternal, spiritual one.
犠牲が多すぎますか? それはあなたがどれだけイエスを愛し、信頼しているかによるでしょう。 犠牲が多すぎますか? それはあなたがイエスをどれだけふさわしいお方だと思っているかによるでしょう。 犠牲が多すぎますか? それはあなたの視点が短期間の物質的なものであるか、永遠の霊的なものであるかによるでしょう。

We ‘put up with it’ for “the joy set before us”.
Because we trust in His unfailing love. Because He is worthy. Because we live for eternity. ‘私たちの目の前に置かれた喜び’のために耐えるのです。 なぜなら私たちは神の尽きることのない愛に信頼しているからです。神はふさわしいお方だか らです。私たちは永遠のために生きているからです。

Paul said Philippians: 3:10 My goal is to know Him and the power of His resurrection and the fellowship of His sufferings.
パウロは言いました、フィリピの信徒への手紙3:10 すなわち、キリストとその復活の力とを知 り、その苦難にあずかって、その死のさまとひとしくなり、

We must reject the thinking that says “Accept Jesus and live how you want”. That gospel never changed anyone or made a difference in the world. That doesn’t produce a living gospel, only a false gospel.
私たちは、「イエスを受け入れて好きなように生きる」という考えを一掃しなければなりませ ん。その教えは誰も変えていませんし世界に変化をもたらしていません。それは生きた福音で はなく、間違った福音だけを生み出すのです。

The grace of Christ is free but it didn’t come cheaply. So having counted the cost, let’s live boldly and joyfully for the One who is worthy. キリストの恵みは値なしですが、安易に与えられたのではありません。伴う犠牲を考慮したの
ですから、ふさわしいお方のために大胆に、喜びにあふれて生きましょう。

Let me finish with a question.
最後に1つ質問します。

If Jesus were to speak to you personally right now, what is one thing He’d ask you to surrender to Him? イエスが今、あなたに個人的に話されるとしたら、イエスにゆだねるよう求められることは何 でしょうか?

Pray.