Discipleship – the final call 弟子訓練-最終メッセージ

Today we conclude our year-long study of discipleship. We’ve looked at many vital elements of discipleship throughout the year but today let’s finish by looking at three key elements of discipleship.
今日は1年間かけて勉強してきた弟子訓練のまとめをします。この1年間で弟子訓練の多くの主要な要素を見てきましたが、今日は3つの要素を見て終わりにしたいと思います。

Love 愛

I’ve just come back from a conference in Malaysia. I want to thank the church for sending me. There was so much to learn and receive and take part in and over the next few weeks and months I look forward to sharing with you some of the fruit of the conference.
私はちょうどマレーシアで行われた会議から帰ってきたところです。私を送り出して下さった教会のみなさんに感謝しています。学ぶこと、受け取ったこと、分かち合うことがたくさんありましたので、これから数週間、数か月にわたって会議で得たことをみなさんにお伝えするのを楽しみにしています。

But for now let me share with you the most impressive thing of the whole conference: it was the love of the people.
このカンファレンスでいちばん印象的だったことは、人々の愛でした。
It was a very powerful conference. There were prophecies. There was speaking in tongues. There were stories of enormous sacrifice. There was the sharing of great knowledge. There was a willingness to give up everything to serve the poor and lowly and the most remote regions of the earth. All very inspiring stuff.
とてもパワーがみなぎった会議でした。いくつかお告げがありました。種々の異言がありました。多大な犠牲の話がありました。偉大な知恵の分かち合いがありました。地球にいる貧しい人や文明の利器から隔絶された地域のために全てを捧げようという意志がありました。全てが活気を与えるようなものでした。

But it would have meant nothing – all that would have meant nothing at all – if there was no love. I’m pleased to say that there was love! It was wonderful to be a stranger amongst several hundred people and to never feel like a stranger at all. Lebanese friends, Egyptian friends, Malaysian friends and even some new Australian friends. Jesus said “Everyone will know if you are my disciples if you love one another.” John 13:35/ヨハネによる福音書13:35
しかし、それは意味がないものだったでしょうに-全ては全く意味のないものだったでしょうに-愛がなければ。愛があったと言えることが嬉しいです!何百人に埋もれてよそ者であったにも関わらず全くよそ者に感じなかったのは素晴らしいことでした。レバノン人、エジプト人、マレーシア人、そして新しいオーストラリア人の友達ができました。イエスは言いました、互に愛し合うならば、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての者が認めるであろう」。

Love is the Christian trump card. It’s the big difference between religion and faith, between knowing about God and knowing God, between being a fan of Jesus and being a disciple of Jesus.
愛はクリスチャンの切り札です。宗教と信仰、神について知ることと神を知ること、イエスのファンになることとイエスの弟子になることには大きな違いがあります。

We have to qualify this. What is this love that Jesus is talking about? How are we to understand it? He didn’t say ‘be nice to one another’. He even went beyond saying ‘Love others as you love yourself’ (which is an excellent benchmark). He said “A new command I give you: Love one another. As I have loved you, so you must love one another.” John 13:34/ヨハネによる福音書13:34
私たちはこのことに制限をかける必要があります。イエスが話す愛とは何ですか。どのようにして理解したらいいのでしょうか。彼は「お互いに親切になりなさい」とは言いませんでした。彼は「自分自身を愛するように他人を愛しなさい」と言うことを越えることをしました。(これはとても良い基準です)彼は言いました、わたしは、新しいいましめをあなたがたに与える、互に愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。

Paul goes on to teach this in some detail. This should be familiar to you but it’s worth reading again.
パウロはこのことを詳しく説いています。これはみなさん知っているべきで再び読む価値のあるものです。

If I speak in the tongues of men or of angels, but do not have love, I am only a resounding gong or a clanging cymbal. 2 If I have the gift of prophecy and can fathom all mysteries and all knowledge, and if I have a faith that can move mountains, but do not have love, I am nothing. 3 If I give all I possess to the poor and give over my body to hardship that I may boast, but do not have love, I gain nothing.
4 Love is patient, love is kind. It does not envy, it does not boast, it is not proud. 5 It does not dishonor others, it is not self-seeking, it is not easily angered, it keeps no record of wrongs. 6 Love does not delight in evil but rejoices with the truth. 7 It always protects, always trusts, always hopes, always perseveres.
8 Love never fails. 1 Cor 13:1-8a/コリントの信徒への手紙一13:1-8a
1 たといわたしが、人々の言葉や御使たちの言葉を語っても、もし愛がなければ、わたしは、やかましい鐘や騒がしい応鉢と同じである。
2 たといまた、わたしに預言をする力があり、あらゆる奥義とあらゆる知識とに通じていても、また、山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい。
3 たといまた、わたしが自分の全財産を人に施しても、また、自分のからだを焼かれるために渡しても、もし愛がなければ、いっさいは無益である。
4 愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない。
5 不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。
6 不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
7 そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。
8 愛はいつまでも絶えることがない。

2. Show and Tell ショー&テル

Do you remember ‘show and tell’ in kindergarten? You’d take something that was important to you to school and show it to everyone and tell them all about it.
George’s birthday story: George telling me he got a bird for my birthday. He just couldn’t help it. He was so excited he just had to tell! He couldn’t help blurting it out!
あなたは幼稚園での「ショー&テル」を覚えていますか。あなたの大事なものを学校に持っていってみんなに見せてそれについて話すのです。
私の誕生日のときの話です:ジョージは私の誕生日のために鳥を買った私に言いました。そうせずにはいられなかったのです。彼にとってそれはとてもわくわくすることでした!だから彼はうっかりそのことを口走ってしまったのです!

This analogy shows us very simply and clearly what it should be like for us to share with others about Jesus. We should be bursting with joy, bursting with love for Jesus that we just can’t keep it in.
これは、私たちがイエスのことを他の人と分かち合うのがどのようにあるべきかをシンプルに、明確に示してくれています。私たちは喜びで胸がはりさけそうになり、イエスへの愛で胸がはりさけそうになり、隠してはおけないほどになるべきです。

In our Bible studies recently we asked the question, “What are some reasons that we find it hard to share the gospel with others?”
最近の聖書の勉強会で私たちはこれを尋ねました、“福音を分かち合うのが難しい理由には何があるでしょうか?”
Some said it’s fear. We fear rejection, ridicule or even persecution.
恐れと言う人がいました。私たちは拒否されたり、ばかにされたり、迫害されるのを恐れます。
Some said it’s a lack of knowledge in what we believe.
私たちが信じることにおける知識不足と言う人がいました。
Some said it’s a compromised lifestyle – that is, our lives don’t match the message. So we keep quiet.
矛盾した生活スタイルと言う人がいました-つまり、私たちの生活が福音のメッセージにそぐわないのです。だから私たちは黙ったままなのです。
All of these might be quite true.
これらすべてが真実かもしれません。
But there was one other answer which cuts right to the bone: maybe we just don’t love Jesus.
しかし、極端でありますが別の答えがあります:イエスを愛していないのかもしれない
We want to love Him, we say that we love Him but the reality is we just don’t love him enough to talk about Him.
私たちは彼を愛したいし、現に愛していると言っていますが実際にはイエスについて語るほど愛してはいないのです。

C.S. Lewis said “Our delight [in Jesus] is incomplete until it is expressed.”
C.S.ルイスは言いました、“表現しなければ私たちの[イエスにある]喜びは不完全です。”
Paul said that our public confession of Jesus is so vital that it’s actually a part of our own salvation experience.
パウロは私たちが公にイエスのことを告白することは大切なことで、それは私たちの救いの一部であると言いました。
If you declare with your mouth, “Jesus is Lord,” and believe in your heart that God raised him from the dead, you will be saved. Romans 10:9/ローマの信徒への手紙10:9
すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。

Our hearts to confess Christ – to share Jesus with others – should be motivated by two things:
Our love for God and His Word.
Our grief and sadness over those who are lost.
イエスを告白する-人とイエスを分かち合う思いは、2つのことが動機となるべきです。
  1. 神の御言葉への愛
  2. 失われた者への悲しみ

Many Christians are likely to say: me? In ministry? Evangelise? That’s not my thing. I’m not gifted in that way. It doesn’t suit my personality. I’m better suited to other things. There’s some truth to this. We’re not all called to be evangelists.
多くのクリスチャンはこう言います:私?ミニストリーで?福音を説く?私の仕事ではありません。私にはそんな才能がない。私の性格に合わない。私は他のことのほうが向いている。これに関していくつか真実があります。私たちの全てが福音を説くよう求められているわけではありません。

But we all have a role in sharing our faith with others.
しかし私たち全てが他の人にも信条を説く役目を背負っています。

Always be prepared to give an answer to everyone who asks you to give the reason for the hope that you have. But do this with gentleness and respect. 1 Peter 3:15/ペトロの手紙一3:15
ただ、心の中でキリストを主とあがめなさい。また、あなたがたのうちにある望みについて説明を求める人には、いつでも弁明のできる用意をしていなさい。

All this is from God, who reconciled us to himself through Christ and gave us the ministry of reconciliation. 2 Cor 5:18/コリントの信徒への手紙二5:18
しかし、すべてこれらの事は、神から出ている。神はキリストによって、わたしたちをご自分に和解させ、かつ和解の務をわたしたちに授けて下さった。

Ministry to others – sharing Jesus with others – is not about technique or talent. It’s not even about giftedness. It’s about relationships. Firstly it comes from a love relationship with God. That overflows into a love relationship with others.
人に伝道することは-他の人とイエスを分かち合うことは-テクニックや才能についてではありません。賜物が与えられているかでもないのです。関わり合いなのです。まずは神との愛の関係に由来します。それが他者との愛の関係になっていくのです。
As we love others, as we live out a life of faith before others, we share with them ‘the ministry of reconciliation’ – we explain gently and respectfully why it is we live as we do. And so we share with others our love for God and His Son Jesus.
Our love for others must be bigger than our fear of what they might think of us.
私たちが他者を愛するとき、他者の前に信仰の人生を送るとき、私たちは「ゆるしの秘蹟」を分かち合うのです-私たちはなぜそうするように生きるのかを優しく尊敬の念を抱いて説明します。そして私たちは神のその息子のイエスへの愛を他者と分かち合うのです。
人への愛はその人たちにどう思われるかという恐れよりも大きくあるべきです。

3. Supernatural 超自然的

So, to recap so far, to live as a disciple of Jesus, we need to live a life of love.
And we need to be willing to share and explain that love to others.
これまでの話を総括すると、イエスの弟子として生きるには愛に溢れた生活をすることが必要なのです。そして他者への愛を快く共有し、説明する必要があるのです。

But we also need a touch of the supernatural. We can’t do these things on our own and God doesn’t expect us to. That’s why He’s given us a helper. The Holy Spirit. Disciples of Christ are under the influence of the Holy Spirit. Followers of Jesus are Spirit-led. (It’s our motto for this year!)
しかしまた超自然的な力も必要です。私たちは自分たちの力でこれらをすることはできないですし、神もそうすることを望んではいません。だから神は私たちを助けてくれる人を与えてくれたのです。聖霊。
キリストの弟子は聖霊の影響のもとに置かれているのです。イエスに従う者は聖霊に導かれます。(これは私たちの今年のモットーです!)

How does the Holy Spirit help us?
聖霊はどのようにして私たちを助けてくれるのでしょうか?

i. He convicts the world of sin. 
 世に罪を認めさせる
Convicting people of sin is His job, not ours. And we can be very thankful for that because we are rotten at it. It makes us sound like mean, judgemental, arrogant people. No, discipleship means we share the love of God, the gift of the Son, the change in our lives and we let the Holy Spirit convict people of sin.
人に罪を認めさせることは神の仕事で、私たちの仕事ではありません。私たちはそのことに感謝すべきです、なぜなら私たちの手に及ばないからです。こういうと私たちがまるでけちで、批判しがちで、高慢かのように聞こえるでしょう。いいえ違います、弟子訓練とは私たちが神の愛、御子の賜物、私たちの人生が変えられたことを分かち合い、罪を認めさせるのは聖霊にお任せするということです。

ii. He baptises us into the body of Christ and gives us the assurance of salvation.
 キリストの体へと私たちにバプテスマを授け、救いの確信を与える
This is a supernatural act at the time of salvation when the Holy Spirit gives us a new nature and identifies us with Jesus Christ. As we grow as disciples, the Holy Spirit becomes an inner witness to our spirit, sealing us, and giving us confidence that we truly do belong to God.
聖霊が私たちに新しい姿を与え、私たちをイエスキリストと一体化させるとき、これは救いにあたって超自然的な行為となります。弟子として成長するにつれ、聖霊は私たちの霊に内なる証となり、私たちを認め、私たちが本当に神に属しているという自信を与えてくださる。

iii. He distributes spiritual gifts.
 霊的賜物を与えてくださる。
Because He made us, He knows us best and is qualified to give us not the spiritual gifts that others look good using but the spiritual gifts that we can use, as disciples, most effectively to build up the body of Christ, the church. He is also sure to give us gifts that bring us joy as we use them.
神は私たちを創り出したので、私たちのことをいちばんよく知って、他者が良く見えるような霊的な賜物ではなく、弟子としてキリストの体を、教会を、たて上げるのに最も効果的に用いることのできる霊的賜物を与えてくださいます。神はまた、私たちがそれらを使うときに私たちに喜びを与えてくれるような賜物を下さることに確信を持っています。

iv. He produces spiritual fruit in our lives.
 私たちの人生に霊的な実を結んでくださる。
As we abide in Him, He develops in us the communicable characteristics of God Himself. As we grow in discipleship, we look more and more like Jesus.
私たちが神にとどまると、私たちに伝わることのできる神ご自身の特性を成長させてくださいます。私たちが神の弟子として成長するほど、よりイエスのようになってくるのです。

v. He fills and empowers us.
 私たちを満たし、力を与えてくださる。
This is key to being a 5th gospel believer.
When a person is drunk on alcohol, it affects their speech, judgement, physical responses, vision, emotions, relationships, personality, thought processes and levels of confidence.
これは、5つ目の福音を信じる上で鍵となります。もしある人が酒に酔ったら、話し方、判断力、身体的反応、視覚、感情、人間関係、人格、思考過程、信頼度に影響が出るでしょう。
When a person is filled with the Holy Spirit, it affects their speech, judgement, physical responses, vision, emotions, relationships, personality, thought processes and levels of confidence.
もし人が聖霊に満たされたら、話し方、判断力、身体的反応、視覚、感情、人間関係、人格、思考過程、信頼度に影響が出るでしょう。
This is why Paul makes the analogy between being filled with wine and filled with the Holy Spirit. They affect everything about us – alcohol negatively, the Holy Spirit positively, supernaturally. And Paul is talking about the filling of the Holy Spirit in an ongoing way.
だから、パウロはワインに満たされることと聖霊に満たされることの違いをたとえ話で説明したのです。これらは私たちの全てに影響を与えます−アルコールは悪い意味で、聖霊は良い意味で、超自然的に。パウロは継続的な方法で聖霊が満たされることについて話しています。
We are to ‘be being filled’ (all the time) with the Holy Spirit. We are to be constantly relating to and under the influence of the Holy Spirit. This reminds us that Christian living is not about ‘dont’s’ and it’s not about rules. It’s about relationship. It’s about a lifestyle that is sold out for God. Consumed with Him. Committed to Him. Starry-eyed in love with Him.
私たちは聖霊に(いつも)満たされているべきなのです。常に聖霊に通じ合い、聖霊の影響のもとにあるべきなのです。これはクリスチャン生活が「するな」とか決まりについてではないということを思い出させてくれます。それは関わり合いです。神に委ねた生き方についてです。神に夢中になりなさい。神に身を捧げなさい。うっとりした目で神を愛しなさい。

vi. He works miracles.
 奇跡をもたらす

Miracles were not just a new testament phenomena. They still happen today. People are miraculously called and saved. People have miraculous encounters with God and escape from danger. People are healed. People are given words of knowledge, words of prophecy, words of encouragement that could only come from the mouth of God. I believe miracles should be commonplace. As disciples we are not to merely enjoy salvation but to activate God’s Kingdom of power and light into the world.
奇跡とは新約聖書にある現象だけではありません。今日にも起こります。人は奇跡的に呼ばれて救われます。人は奇跡的に神に出会い、危険から逃れているのです。人は癒されています。人は神のみから発せられる知識、予言、励みを受け取ります。奇跡はよくあることだと私は信じています。弟子として私たちはただ救いに預かるだけでなく、神の王国の力と光を世の中に見せなければいけません。

In a nutshell, discipleship means that because of our love for God we live a life of contagious joy, we share Him with others, not counting the cost, by the power of the Holy Spirit in the unity of the Christian family.
一言で言えば、弟子訓練とは、私たちが神を愛しているがゆえに人から人へと移りやすい喜びのある人生を生きる、クリスチャン家族とつながり、聖霊の力によって、伴う犠牲のことを考えずに人と神を分かち合うということです。

D.L. Moody: “The world has yet to see what God can do with a man fully surrendered to Him.”
“神に完全に委ねきった人に神が何をなさるかを世はまだ見ていない”