Donkeys ろば

Today I would like to talk about donkeys.
今日はロバのことについてお話したいと思います。

You don’t hear much about donkeys nowadays.
ロバって、あまり昨今、耳にしないですよね?
They don’t come up much in classroom discussions.
ロバという動物は、学校でも、クラスの話題にあまりなりません。
You don’t see them in pet shops. (Kyoko, have you ever treated a donkey in your vet clinic?)
ペットショップでもロバをみかけることはありません。きょうこさん、今まで、ロバがクリニックにきたことがありますか?
And I don’t ever recall seeing a program on Animal Planet dedicated to donkeys.
アニマルプラネットという有名な動物番組でも、ロバが特集されてうつったことは記憶にありません。
And when it comes to famous donkeys, there’s this one (image – Donkey Kong)
ですから、有名なロバと言われたら、このことしか、考えられません。
but he’s not really a donkey;
でも、これも本当のロバではありません。
and sort of this one (image – Bikkuri Donkey)
これもまたロバのうちですが、、、。
but that’s not a donkey at all.
でも、全くロバではありません。
And that’s about it.
これでおしまいです。
But there is one slightly famous donkey that I would like to talk about this morning.
でも、今朝は、ちょっと有名な一匹のロバのことについてお話ししたいと思います。
Does anyone know which donkey I’m referring to?
どなたか、私がどのロバについて話をするのかわかりますか?
We can read about this donkey in Matthew 21:
マタイの21章にこう書いてあります。
As they approached Jerusalem and came to Bethphage on the Mount of Olives, Jesus sent two disciples, 2 saying to them, “Go to the village ahead of you, and at once you will find a donkey tied there, with her colt by her. Untie them and bring them to me. 3 If anyone says anything to you, say that the Lord needs them, and he will send them right away.”

4 This took place to fulfill what was spoken through the prophet:

5 “Say to Daughter Zion,
‘See, your king comes to you,
gentle and riding on a donkey,
and on a colt, the foal of a donkey.’”
6 The disciples went and did as Jesus had instructed them. 7 They brought the donkey and the colt and placed their cloaks on them for Jesus to sit on. 8 A very large crowd spread their cloaks on the road, while others cut branches from the trees and spread them on the road. 9 The crowds that went ahead of him and those that followed shouted,

“Hosanna to the Son of David!”
“Blessed is he who comes in the name of the Lord!”
“Hosanna in the highest heaven!”
10 When Jesus entered Jerusalem, the whole city was stirred and asked, “Who is this?”
11 The crowds answered, “馬にThis is Jesus, the prophet from Nazareth in Galilee.”

1 さて、彼らがエルサレムに近づき、オリブ山沿いのベテパゲに着いたとき、イエスはふたりの弟子をつかわして言われた、
2 「向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつながれていて、子ろばがそばにいるのを見るであろう。それを解いてわたしのところに引いてきなさい。
3 もしだれかが、あなたがたに何か言ったなら、主がお入り用なのです、と言いなさい。そう言えば、すぐ渡してくれるであろう」。
4 こうしたのは、預言者によって言われたことが、成就するためである。
5 すなわち、「シオンの娘に告げよ、見よ、あなたの王がおいでになる、柔和なおかたで、ろばに乗って、くびきを負うろばの子に乗って」。
6 弟子たちは出て行って、イエスがお命じになったとおりにし、
7 ろばと子ろばとを引いてきた。そしてその上に自分たちの上着をかけると、イエスはそれにお乗りになった。
8 群衆のうち多くの者は自分たちの上着を道に敷き、また、ほかの者たちは木の枝を切ってきて道に敷いた。
9 そして群衆は、前に行く者も、あとに従う者も、共に叫びつづけた、「ダビデの子に、ホサナ。主の御名によってきたる者に、祝福あれ。いと高き所に、ホサナ」。
10 イエスがエルサレムにはいって行かれたとき、町中がこぞって騒ぎ立ち、「これは、いったい、どなただろう」と言った。
11 そこで群衆は、「この人はガリラヤのナザレから出た預言者イエスである」と言った。

It was Forrest Gump’s mother, Mrs Gump [image], who said, “You can tell a lot about a person by their shoes, where they going, where they been.”
映画のフォレストガンプのお母さん、ミセスガンプです。彼女はこう言いました。「はいている靴をみると、その人の人柄がよくわかる。その人物がこれからどこに行って何をするのか、今までどこにいて、何をして来たのかがわかる。」
In much the same way, you can tell a lot about a person by the way they travel –
そんなように、どのように旅をしたか考えると、私たちはその人物のことがわかります。
private jet, プライベートジェットに乗って旅をしたのか、
Hankyu bus, 阪急バスにのって旅をしたのか、
bicycle, 自転車に乗って旅をしたのか、
donkey.ロバに乗って旅をしたのか、
And here in this passage from Matthew (and Luke and John), we see Jesus making his great triumphant entry into Jerusalem.
また、マタイ、ルカ、ヨハネの福音書のなかで、イエスがエルサレムに勝利の到着をなされたのを私たちはみたと書かれています。
He has just healed the man born blind and just raised Lazarus from the dead.
イエスはちょうどそのとき、生まれつき目の見えない人を癒し、ラザロを死からよみがえらせました。
The whole city is abuzz with the news of this great prophet – this Messiah! – coming into Jerusalem. 町中が、偉大な予言者、救世主がエルサレムに来たというニュースで大騒ぎになりました。

Could this be it? they wonder. Could He be the One to deliver Israel?
この方が本当に、そのお方なのだろうか?彼がイスラエルを後世に伝えて行くそのお方なのだろうか?
And how does this great prophet, this anointed man of God enter the holy city?
そして、この偉大なる予言者、神の選ばれし者はどのようにして聖なる都に入るのだろうか?
Does he fly in on a private helicopter with his name printed across the side in big letters?
彼は、はでな大きな文字で自分の名が書かれている自家用ヘリコプターで飛んで、都に入るのだろうか?
Does he come in behind a 200-man marching band?
それとも、
200人程の人々を彼の後ろに引き連れて、バンド音楽とともに行進しながら入っていくのだろうか?
More likely for the times, does he come in with cavalry on a war horse covered in armour and ornaments and trinkets?
いや、このような場面では、よくありがちに、鎧兜や装身具に身を固め、馬の騎兵隊となって都にはいるのだろうか?
No. He comes in on a donkey.
いいえ、ろばに乗ってやってきます。
In fact it’s barely even a donkey. It’s the foal of a donkey.
事実はこうです。ロバなのです。しかも、赤ちゃんロバです。
Why? What does this tell us about Jesus?
なぜでしょうか?このことは、私たちにイエス様がどんな方だと語っているでしょうか?
What does it tell us about his identity?
私たちに彼の正体が一体誰であると言っているのでしょうか?
And what does it tell us about His mission?
そして、私たちに、彼の任務が何であると言っているのでしょうか?
The original quote from the prophet Zechariah (9:9,10) helps us to understand this:
予言者ゼカリヤは、このことを良く理解する為に9章9節、10節でこう言っています。
Rejoice greatly, Daughter Zion!
Shout, Daughter Jerusalem!
See, your king comes to you,
righteous and victorious,
lowly and riding on a donkey,
on a colt, the foal of a donkey.
10 I will take away the chariots from Ephraim
and the warhorses from Jerusalem,
and the battle bow will be broken.
He will proclaim peace to the nations.
His rule will extend from sea to sea
and from the River to the ends of the earth.
9 シオンの娘よ、大いに喜べ、エルサレムの娘よ、呼ばわれ。見よ、あなたの王はあなたの所に来る。彼は義なる者であって勝利を得、柔和であって、ろばに乗る。すなわち、ろばの子である子馬に乗る。
10 わたしはエフライムから戦車を断ち、エルサレムから軍馬を断つ。また、いくさ弓も断たれる。彼は国々の民に平和を告げ、その政治は海から海に及び、大川から地の果にまで及ぶ。

The Jews were expecting a warlord to come, mighty in battle, and deliver them from the Roman Empire. ユダヤ人達は、どんな戦にも負けない、ローマ帝国から彼らを守ってくれる、立派な将軍、司令官を期待していました。

But to those who were unfamiliar with this passage – most of the Jews it would seem – Jesus was a surprise package. He was not at all what they were expecting.
しかし、次の聖書の箇所をあまり知らない方達、ほとんどのユダヤ人はこんな風に思ったようです。イエス様は、みんなの驚きの対象となりました。イエス様はユダヤ人達にとって、期待していた方とはかけ離れていたからです。
Far from a warlord riding in on a war horse with a cry to battle,
馬に勇敢に乗り、戦いに名乗りをあげる、なんて言うイメージとはほど遠く、
he came meekly, riding a donkey with a message of peace.
イエスは平和のメッセージをたずさえて、ろばに乗って従順にやってきました。

This tells us that Jesus was a man of peace. このことからイエスは平和の人であることが分かります。

It tells us that the essence of His identity was peace. イエスというお方の本質が平和であることが分かります。

And it tells us that his mission was a mission of peace.イエスの宣教は平和を伝えることであることが分かります。

One of the last teachings Jesus gave his disciples before his crucifixion was this:
イエス様が十字架にかけられる前の、彼の弟子達へ、次のような最後の教えをしました。
Peace I leave with you; my peace I give you. I do not give to you as the world gives. Do not let your hearts be troubled and do not be afraid. John 14:27
わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。あなたがたは心を騒がせるな、またおじけるな。

And what was the very first thing that Jesus said when he first appeared to His disciples?
では、イエス様が弟子達に姿を表し、与えた最初の教えとはなんだったでしょうか?
“Peace be with you!” John 20:19 ヨハネ20章19節の「安かれ」です。

What was the second thing Jesus said when he first appeared to His disciples?
イエス様が弟子達に姿を表し、二番目にした教えとはなんだったでしょうか?
“Peace be with you!” John 20:21
ヨハネ20章21節の「安かれ」です。

What was the first thing he said to them a week later when he appeared again, this time when Thomas was present?
イエス様が一週間後に復活されて姿を表しになったとき、このとき、トーマスはその場にいました。弟子達に言った最初の言葉は何だったでしょうか?
“Peace be with you!” John 20:26 「安かれ」
ヨハネ20章26節の「安かれ」です。
What was the second thing Jesus said when he appeared a week later when Thomas was present?
イエス様が一週間後に復活されて姿を表しになったとき、このとき、トーマスはその場にいました。弟子達に言った二番目の言葉は何だったでしょうか?

“Put your finger here.” 🙂 John 20:27
ヨハネ20章27節の「あなたの指をここにつけなさい」です。
So you can see that Jesus’ mission was to bring peace.
もうおわかりのように、イエスの宣教は平和をもたらすことでした。

Now, that is a beautiful message. And it’s so, so needed in this world.
そのとうり。『平和』とは素晴らしいメッセージですね。そして、世界には必要なメッセージです。
But what does it mean? What is this peace that Jesus is talking about?
でも、本当はどんな意味なのでしょうか?イエスが語っているこの平和とはどんなものなのでしょうか?

This year we have been looking at the theme “Your Kingdom come” and we are understanding that that means that there is a very big difference between the Kingdom of God and the kingdom of this world.
今年に入って、「あなたに御国が来ますように」というテーマでお話ししてきました。私たちにはもうわかっていますが、「神の御国がくる」ということと、「この世の御国がくる」ということは違います。

The peace of Christ, and the peace of the world are not the same thing.
キリストの平和と世の平和は同じものではありません。

In fact, the more you look at the two peaces the more you see how very different they are.
実は、この二つの平和をよく見比べてみると、キリストの平和と世界の平和は全く異なります。
In the kingdom of the world, peace means the absence of war.
この世の国での平和は、戦争がないことです。

In the Kingdom of God, peace means being in a right relationship with God.
神の御国では、平和とは、神と正しい関係にあることです。

Jesus was able to proclaim peace to His disciples and to the world because he had provided the way for people to have a right relationship with God.
イエス様は弟子達とこの世に平和を宣言することができました。なぜなら、イエス様はすでにこの世の人々が神様と正しい関係をもつことができるように準備をされていたからです。
Paul wrote about this to the Roman church: ポールはこのことをローマ教会にむけて、次のように書いています。
So now, since we have been made right in God’s sight by faith in his promises, we can have real peace with him because of what Jesus Christ our Lord has done for us. (TLB)
このように、わたしたちは、信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストにより、神に対して平和を得ている

The Easter story is a very dramatic and complex story. イースターはとても劇的で、複雑なお話です。

It is a story of confrontation, 対立
betrayal, 裏切り
denial, 否定
false accusations, ぬれ衣
jealousy, ねたみ
manipulation, ごまかし
treason, 反逆
torture, 拷問
mockery and 嘲り
Murder.殺人の話です。

It is also a story of また、
Honour 名誉,
submission, 服従
forgiveness, 赦し
obedience, 従順
faithfulness, 誠実
stoicism, 冷静
innocence, 無実
humility, 謙遜
sacrificial love, 犠牲的な愛
promise and 約束
Victory    勝利の話でもあります。

In all of this tension, it’s easy to lose sight of the purpose and meaning of it all.
これらのような緊張感の中では、その話の本当の意味と目的を見失ってしまうのは当然のことでしょう。
Jesus willingly entered Jerusalem in the full knowledge that he was going to be betrayed and hung on a cross and killed to take away the sin of the world.
イエスは裏切られること、十字架につけられ、この世の罪を取り去るために殺されることを十分承知で、エルサレムに自ら入られました。

Because God loved the world so much that He gave His only Son so that whoever believes in Him will not die but live forever in peace with God.
神はご自分のたった一人の御子をお与えになるほどに世を愛されました。それは御子を信じる者がひとりとして滅びることなく、神と永遠に平和に生きるためです。

Let me finish with this thought.
これらのことを少し、整理させてください。
In the Easter story, there were big name disciples, Pharisees, Sadducees, high priests, governors and there was one donkey.
復活祭の話の中で、著名な名前の弟子たち、パリサイ人、サドカイ人、大指導者たち、長官たちが登場します。そして、一匹のロバです。
You might think of yourself as having a very small part in carrying the Easter message – you might see yourself as a bit of a donkey.
私たちは、自分たちがイエス様の復活のメッセージを伝えることに、小さな貢献しかしていない。自分たちのことを勝手に、この小さなロバのように思っているかもしれません。
But Jesus chose the donkey.
でも、イエス様はロバを選ばれました。

And the donkey served Him faithfully.そして、ロバはイエス様に誠実に仕えました。

This Easter, whether you’re a high priest, a big name disciple or just a donkey, carry Jesus in your heart and share the Easter message of peace to those you meet.
この復活祭では、あなたが、たとえ大指導者であろうと、著名な弟子であろうと、ロバであろうと、イエスを心にたずさえて、イースターの平和のメッセージを、出会う人々に伝えましょう。

Pray.