Ezekiel エゼキエル

It’s time for our monthly book-of-the-Bible message, and today we will look at the book of Ezekiel. We continue in the Old Testament, in the section known as the Major Prophets. Ezekiel is one of four Major Prophets, along with Isaiah, Jeremiah, and Daniel.
月ごとの聖書のメッセージで今日はエゼキエル書をみて行きましょう。旧約聖書を続けてみていきます、主要な預言者達として知られている人達を見ていきましょう。エゼキエルは主要な預言者の一人でイザヤ書、エレミヤ書、そしてダニエル書に添っています。

Ezekiel was originally training to become a priest before receiving the call to be a prophet. He embraced the call as a prophet and ministered to the Jewish exiles in Babylon for about 22 years, from 593 BC to 571 BC.
エゼキエルは本来、預言者と召される前は牧師になる為に訓練されていました。
彼は預言者に召された事をほこらしく,紀元前593年から紀元前571年の22年間ぐらいバビロンでユダヤ人捕囚の民に奉仕してました。

The book of Ezekiel is divided into three major parts.
エゼキエル書は3つの主なパートに分けられます。
Part I: The Role of the Prophet (Chapters 1-3)
​預言者の役目(1-3章)
The work of the prophet was not an easy one. Prophets were entrusted with messages from God, and it was their duty to deliver the messages.
預言者のはたらきは簡単なものではありませんでした。神からメッセージを委(ゆだ)ねられ、そのメッセージを伝えることが預言者の義務でした。

As if hearing and delivering God’s messages accurately weren’t difficult enough, what made it more difficult was the presence of many false prophets.
神のメッセージを聞いたり届けたりするのも結構難しいものですが、それよりも、多くの偽預言者の存在がもっと困難なことでした。

False prophets were notorious for telling people only what they wanted to hear. They cared more about being liked by people, so they would either sugarcoat a harsh message or blatantly change the message altogether.
偽預言者達は人々が聞きたかった事だけを人々に話す悪名高い者達でした。彼らは人々に好かれる事の方をもっと気にかけたので、過酷なメッセージをちょっとひねるか、露骨に完全にメッセージを変えたのです。

Ezekiel was one prophet among many during his time, and he was the unpopular one. Nobody liked what he had to say, even though he spoke God’s messages truthfully. He was also instructed by God to do some strange things to convey the messages, things like lying on his side for over a year and baking bread over cow poo.
エゼキエルはたくさん存在する預言者の中で、彼は人気がありませんでした。だれも彼の告げる事は好きでは有りませんでしたがそれでも彼は神のメッセージを正直に話しました。彼は又、メッセージをする時、神から何か奇妙なことをしなさいと指示されたので、一年以上も横になったままメッセージをしたり、牛の糞の上でパンを焼いたりしていました。 
These strange actions further made him unpopular with the people, but to his credit, Ezekiel was faithful to God and in delivering his messages. One such message was the “watchman” message (Ezekiel 3:16-21):
これらの奇妙な行動は人々に人気が無いというよりもエゼキエルは神のメッセージを正直に伝えると信用がありました。
そのようなメッセージ“見守る者”{エゼキエル書3章16-21節}があります。

16 At the end of seven days the word of the Lord came to me: 17 “Son of man, I have made you a watchman for the people of Israel; so hear the word I speak and give them warning from me. 18 When I say to a wicked person, ‘You will surely die,’ and you do not warn them or speak out to dissuade them from their evil ways in order to save their life, that wicked person will die for their sin, and I will hold you accountable for their blood. 19 But if you do warn the wicked person and they do not turn from their wickedness or from their evil ways, they will die for their sin; but you will have saved yourself. 20 “Again, when a righteous person turns from their righteousness and does evil, and I put a stumbling block before them, they will die. Since you did not warn them, they will die for their sin. The righteous things that person did will not be remembered, and I will hold you accountable for their blood. 21 But if you do warn the righteous person not to sin and they do not sin, they will surely live because they took warning, and you will have saved yourself.”

3:16七日過ぎて後、主の言葉がわたしに臨んだ、3:17「人の子よ、わたしはあなたをイスラエルの家のために見守る者とした。あなたはわたしの口から言葉を聞くたびに、わたしに代って彼らを戒めなさい。3:18わたしが悪人に『あなたは必ず死ぬ』と言うとき、あなたは彼の命を救うために彼を戒めず、また悪人を戒めて、その悪い道から離れるように語らないなら、その悪人は自分の悪のために死ぬ。しかしその血をわたしはあなたの手から求める。3:19しかし、もしあなたが悪人を戒めても、彼がその悪をも、またその悪い道をも離れないなら、彼はその悪のために死ぬ。しかしあなたは自分の命を救う。3:20また義人がその義にそむき、不義を行うなら、わたしは彼の前に、つまずきを置き、彼は死ぬ。あなたが彼を戒めなかったゆえ、彼はその罪のために死に、その行った義は覚えられない。しかしその血をわたしはあなたの手から求める。3:21けれども、もしあなたが義人を戒めて、罪を犯さないように語り、そして彼が罪を犯さないなら、彼は戒めを受けいれたゆえに、その命を保ち、あなたは自分の命を救う」。

Ezekiel was called to be a watchman for the Jewish people. If there was trouble ahead for the people, it was Ezekiel’s responsibility to warn them.
エゼキエルはユダヤ人を見守る者に召されました。ユダヤ人にトラブルが待ち受けているのであれば、彼らに警告(けいこく)するのがエゼキエルの責任(せきにん)でした。

And like Ezekiel, we have been entrusted with a message from God: the Gospel message. And like Ezekiel’s time, there is trouble ahead for the people today: our sin will eventually separate us from God.
そしてエゼキエルの様に、私達は神からメッセージを委ねられています。福音のメッセージです。そしてエゼキエルの時代の様に、今日人々の上に問題があります。私達が罪を続けて行くなら最終的には神は私達から離れてしまうでしょう。
I hope that this “watchman” message will inspire us to share the Gospel message that can save people from trouble ahead. It’s not our responsibility to save people, but it is our responsibility to share the message.
この’見守る者’のメッセージが私たちにトラブルから人々を救う福音のメッセージを分かち合う気にさせてくれることを願います。人を救うのが私たちの責任ではありません。メッセージを分かち合うのが私たちの責任です。

Next, the book of Ezekiel moves to its second major part.
次は、エゼキエル書の2番目の主要な部分に移りましょう。
Part II: The Message of Rebuke and Judgment (Chapters 4-32)
​叱責(しっせき)と裁きのメッセージ(4-32章)
Half the book of Ezekiel is dedicated to detailing God’s rebuke and judgment, both for the Jews and for the surrounding enemy nations. Israel’s wickedness is exposed, namely idolatry. エゼキエル書の半分は、ユダヤ人と回りの敵国への神の叱責と裁きについて詳しく書かれています。イスラエルの邪悪(じゃあく)さ、すなわち偶像礼拝がさらし出されています。
Here’s an example from Ezekiel 6:1-7:
エゼキエル書6章1-7節に例があります。
1 The word of the Lord came to me: 2 “Son of man, set your face against the mountains of Israel; prophesy against them 3 and say: ‘You mountains of Israel, hear the word of the Sovereign Lord. This is what the Sovereign Lord says to the mountains and hills, to the ravines and valleys: I am about to bring a sword against you, and I will destroy your high places. 4 Your altars will be demolished and your incense altars will be smashed; and I will slay your people in front of your idols. 5 I will lay the dead bodies of the Israelites in front of their idols, and I will scatter your bones around your altars. 6 Wherever you live, the towns will be laid waste and the high places demolished, so that your altars will be laid waste and devastated, your idols smashed and ruined, your incense altars broken down, and what you have made wiped out. 7 Your people will fall slain among you, and you will know that I am the Lord.

6:1主の言葉が、わたしに臨んで言った、6:2「人の子よ、あなたの顔をイスラエルの山々に向け、預言して、 6:3言え。イスラエルの山々よ、主なる神の言葉を聞け。主なる神は山と丘と、谷と川に向かって、こう言われる、見よ、わたしはつるぎをあなたがたに送り、あなたがたの高き所を滅ぼす。 6:4あなたがたの祭壇は荒され、あなたがたの香の祭壇はこわされる。わたしはあなたがたの偶像の前に、あなたがたの殺された者を投げ出す。 6:5わたしはイスラエルの民の死体を彼らの偶像の前に置き、骨をあなたがたの祭壇のまわりに散らす。 6:6すべてあなたがたの住む所で町々は滅ぼされ、高き所は荒される。こうしてあなたがたの祭壇はこわし荒され、あなたがたの偶像は砕かれて滅び、あなたがたの香の祭壇は倒され、あなたがたのわざは消し去られる。 6:7また殺された者はあなたがたのうちに倒れる。これによって、あなたがたはわたしが主であることを知るようになる。

God’s rebuke and judgment here sound very harsh, and we often mistake rebuke and judgment for baseless anger and impatient frustration. It is not so. God’s rebuke and judgment are actually synonymous with his patience and righteousness.
この神の叱責と裁きはとても厳しいように思われ、根拠(こんきょ)のない怒りや我慢(がまん)できない不満と間違われがちですが、そうではありません。神の叱責と裁きは実のところ、忍耐(にんたい)や正義と同じ意味なのです。

Israel had been sinning for centuries, and God persistently kept sending warning messages in hopes that Israel would repent. But God is also a holy and righteous God who ultimately judges right from wrong. These actions speak of God’s praiseworthy qualities of patience and righteousness. These are good things about God, not bad things.
イスラエルは何世紀もの間、罪を犯していました、そして神はしつこくイスラエルに悔い改めの希望のメッセージの警告を送り続けました。しかし、神は又、最終的に善悪の判断をする聖なる正義の神です。これらの行動は忍耐と正義の神の称賛の資質の話です。これらは神について良い事です、悪い事ではありません。

So when correction and rebuke from God come our way, what is our response? It’s our fault. It’s our sinfulness. And yet, do we become defensive and make excuses? Worse still, do we blame God for being mean and uncaring?
神からの修正と叱責が私達の人生に来るなら、私達の応答はどうでしょう?それは私達が間違っているからです。私達の罪深さなのです。それなのにまだ私達は自分を弁護したり理由づけしたりしますか?更に私達はその状況を神は私達を気にかけてくれていないと神のせいにするのですか?
I hope that we can learn to accept God’s correction and rebuke with humility and a repentant heart. Like parents disciplining their children, God corrects and rebukes us because he loves us. We, in turn, should accept God’s correction and rebuke, knowing that it’s for our good.
神が私たちを正し、戒(いまし)められるのを謙遜(けんそん)に悔い改めた心を持って受け入れるようになりたいものです。親が子どもをしつけるように、神は私たちを愛しているがゆえに私たちを正し、戒めるのです。神が正し、戒めるのは、私たちのためであると知っているのですから受け入れるべきです。

A small number of faithful Jews would ultimately accept God’s correction and rebuke with humility and a repentant heart, which the third and last major part of the book of Ezekiel prophesied.
エゼキエルの預言の本の3番目に上げる最後の主要な部分で、
信心深い数少ないユダヤ人は最後には神の修正と叱責を悔い改めの心で謙虚に受け入れます。
Part III: The Glorious Future of Israel (Chapters 33-48)
​ イスラエルの輝かしい未来(33-48章)​ 

After a lot of rebuking and judging, Ezekiel receives an encouraging message of God’s promise and unfailing love. Jerusalem would be restored. The land would be renewed. The nation would be resurrected. And worship would be reestablished.
沢山の叱責と判断の後、
エゼキエルは神の約束と変わらぬ愛の勇気づけられるメッセージを受けます。エルサレムは修復(しゅうふく)されます。地は新しくされます。国は復興(ふっこう)します。そして礼拝が再開するのです。

Ezekiel receives from God the vision of “the valley of dry bones coming to life” (Ezekiel 37:1-6)
エゼキエルは“谷間の干からびた骨は生き返る”というビィジョンを神から得ています。
1 The hand of the Lord was on me, and he brought me out by the Spirit of the Lord and set me in the middle of a valley; it was full of bones. 2 He led me back and forth among them, and I saw a great many bones on the floor of the valley, bones that were very dry. 3 He asked me, “Son of man, can these bones live?” I said, “Sovereign Lord, you alone know.” 4 Then he said to me, “Prophesy to these bones and say to them, ‘Dry bones, hear the word of the Lord! 5 This is what the Sovereign Lord says to these bones: I will make breath enter you, and you will come to life. 6 I will attach tendons to you and make flesh come upon you and cover you with skin; I will put breath in you, and you will come to life. Then you will know that I am the Lord.’”

37:1主の手がわたしに臨み、主はわたしを主の霊に満たして出て行かせ、谷の中にわたしを置かれた。そこには骨が満ちていた。 37:2彼はわたしに谷の周囲を行きめぐらせた。見よ、谷の面には、はなはだ多くの骨があり、皆いたく枯れていた。 37:3彼はわたしに言われた、「人の子よ、これらの骨は、生き返ることができるのか」。わたしは答えた、「主なる神よ、あなたはご存じです」。 37:4彼はまたわたしに言われた、「これらの骨に預言して、言え。枯れた骨よ、主の言葉を聞け。 37:5主なる神はこれらの骨にこう言われる、見よ、わたしはあなたがたのうちに息を入れて、あなたがたを生かす。 37:6わたしはあなたがたの上に筋を与え、肉を生じさせ、皮でおおい、あなたがたのうちに息を与えて生かす。そこであなたがたはわたしが主であることを悟る」。

God rebuked and judged, but he also never gave up on his people.
神の叱責と判断は下されましたが、神は決して神の人々を諦めませんでした。

Even with the dryness and lifelessness of the hearts of the Jewish people, God had a promise and a plan for his people. This speaks of God’s faithfulness, and the Bible is full of the faithful promises of God.
ユダヤ人の心が乾ききって死んでいるようであったとしても、神は約束をしてくださり、ご計画を立てていました。このことから神の誠実さが分かります。聖書には神の誠実な約束がたくさんあります。
Here are just a couple:
ここにいくつかあります。

Jeremiah 29:11 For I know the plans I have for you,” declares the Lord, “plans to prosper you and not to harm you, plans to give you hope and a future.

エレミヤ書29:11 主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。

Romans 8:28 And we know that in all things God works for the good of those who love him, who have been called according to his purpose.

ローマ人への手紙8:28 神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。
One thing is for certain:
ここに1つ確かなことです。 God is faithful to his people who are faithful to him. It is not an indiscriminate, blanket coverage for everyone. God’s wish is that “none should perish” (2 Peter 3:9), and God’s desire is that everyone would fall under his covering of protection and blessing. But we have to do our part to fall in line with God’s wish and desire for us and respond to him.
神はご自分に誠実(せいじつ)である者に誠実です。すべての人を差別なしに覆(おお)いかぶしてしまうのではありません。神の願いは”ひとりでも滅びることを望まず”(第2ペテロ3:9)、神の望みはすべての人が神の守りと祝福の覆いに入ることです。しかし神の願いと望みに合致するには私たちにすべきことがあり、神に応えなければいけません。

Like the small number of faithful Jews who repented and, as a result, witnessed the fruition of the promise of restoration, I hope that we can faithfully respond to God. How can we faithfully respond to God? The key theme and verse of the book of Ezekiel will give us a good idea.
結果として約束の復興の実現を立証した悔い改めた数少ない誠実なユダヤ人のように、私達も誠実に神に応答が出来ることを願います。どのようにして私達は神に誠実に答えることができるのでしょうか? エゼキエル書にある肝心なテーマと聖句は私達に良いアイデアを与えています。

The key theme of the book of Ezekiel is “showing reverence for the name and glory of God.” This simply means “make God your first priority.” Remember, Israel was rebuked for their idolatry. Don’t commit present-day idolatry by prioritizing other things before your faith in God. Put God above your school, your job, your money, your boyfriend or girlfriend, your family, your children, your spouse, and yourself. Make God “Number 1” in your mind, in your heart, in your life.
エゼキエル書のテーマの鍵は‘御名の畏敬の念と神の栄光を表す’のです。
簡単に言えば、“神様をあなたの一番の優先順位”にするのです。覚えていますか、イスラエルは彼らの偶像礼拝に叱責されたのです。神への信仰の前に他の物を優先順位付けて今日の偶像礼拝(崇拝)に委ねてはいけません。あなたの学校や仕事、お金、彼氏、彼女、家族、子供、配偶者、そしてあなた自身の上に神を置くのです。あなたの人生においてあなたの心と身体に神を“1番”にさせるのです。

And the key verse of the book of Ezekiel is:
そしてエゼキエル書の肝心な個所は:
You will know that I am the Lord. (6:7) あなたがたはわたしが主であることを知るようになる。This verse occurs seventy times throughout the book of Ezekiel. Don’t call him “Lord” and not do what he says. If you’re going to pray “Lord,” or sing “Lord,” or go to church to meet the Lord, then make a commitment in your mind and heart that God is Lord, master, “oyakata” over your life.
この句はエゼキエル書に70回も上げられています。神がおっしゃる事をしないなら神を“主”と呼ばないでください。
“主”に祈りや“主”に賛美したり、又は主に会いに教会へ行くなら、あなたの心と身体にあなたの人生の上で神は主であり、師匠であり、“親方”であると委ねましょう。
That’s how we can faithfully respond to God, and surely God is faithful in his love and mercy for us.
このようにして私達は神に誠実に応答する事が出来るのです。そして、確実に神は神の愛と慈悲に誠実なのです。
Pray.