Finding Rest

This year we have taken the theme ‘Your Kingdom Come’. 御国がきますように。This is a really exciting theme but possibly also a daunting one.
今年私たちは「御国が来ますように」ということをテーマにして学んでいます。それはとても楽しみなテーマではありますが、同時にとてつもなく大きなテーマでもあります。

What happens when God’s Kingdom comes? 神の御国が来たらどうなるのでしょうか?
How are we changed? 私たちはどのように変えられるのでしょうか?
What demands are placed on our time, our money, our relationships, our ministries and our personalities? どのようなことが私たちの時間や、お金、人間関係、奉仕、そして、性格に関わってくるのでしょう?

One of the changes might surprise you, and it’s what we are going to look at today:
Rather than just taking on a whole new load of Kingdom activity,
あなたを驚かせるかもしれない、変化のうちの一つ。新しい変化の全てを一度に見るのは大変なので、そのうちの一つを今日は見てみましょう。

We find rest. 安らぎをえる

Jesus said, “Come to me, all you who are weary and burdened, and I will give you rest. Take my yoke upon you and learn from me, for I am gentle and humble in heart, and you will find rest for your souls. For my yoke is easy and my burden is light.” Matthew 11:28-30
イエスはこういいました。すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。 わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである」。マタイによる福音書11:28-30

There are four actions for us to do here which lead to rest: 安らぎにいたる4つの行いとは
Come, take, learn, find.
来る、負う、学ぶ、見つける

i. Come.  一つ目は、来る 
We must respond to the personal call of Jesus. イエスの召しに応える
It’s not enough to come to church. We must come to Christ.
教会にいくだけでは十分ではありません。私たちはキリストの御前にあるべきです。
It’s not enough to adhere to Christian principles. We must come to Christ.
キリスト教の教えに従順なだけでは十分ではありません。私たちはキリストの御前にあるべきです。
It’s not enough to minister or do charitable works (noble but not enough). Serving in your own strength – you’ll just burn out. We must come to Christ.
宣教活動や慈善活動をするだけでは、もちろんこれらのことは尊い行いですが、十分ではありません。自分の考えだけでできることをするのは、自分を消耗してしまうだけです。私たちはキリストの御前にあるべきです。

ii. Take. 二つ目は、負う
Take the yoke of Christ upon you. キリストのくびきを負う。
What is this? Taking on a yoke sounds like more work, not rest, doesn’t it?
これはどういう意味でしょうか?くびきを負う。もっと大変な仕事のように聞こえます。安らぎのようには思えません。

But we’re not adding the yoke of Christ to our otherwise already burdened lives. We’re replacing one yoke with another.
もうすでに重荷を負っている人生にキリストのくびきを加えるのではなく、くびきを交換するのです。
Generally speaking, there are three non-Christ yokes that we can take on:
一般的には、こういえると思います。
キリストのくびきでないものが3つあります:

* the yoke of the world 世のくびき
(the yoke of others – doing things that people ask or insist that you do but is not what God wants you to do),
(他の人のくびきーすなわち、神の意思ではない、他の人達に頼まれたことや、無理強いされたことをするということ。)

* the yoke of the flesh 肉欲のくびき
(the yoke of self – the fruits of temptation, pride, ambition etc, that distract you from God),
(自分自身のくびきーすなわち、誘惑、自信に満ちあふれたプライド、野望などです。それらは、あなたの目を神からそむけさせます。)

* the yoke of the devil 悪魔のくびき
(doubt, confusion, sickness, etc).
Jesus’ yoke is not any of these so don’t confuse them, don’t fuse them and don’t abuse them.
(疑い、困惑、病などです。)
イエスのくびきはいずれもこのようなものにはあてはまりません。

What is Jesus’ yoke? Quiz クイズです。
イエスのくびきとは何でしょうか?

a. Go to Africa as a missionary 宣教師としてアフリカに行く
b. Give everything you have to the poor 持っている物すべてを貧しい人にあげる
c. Do everything the pastor says 牧師の言うことをすべて行う
d. Wear sandals サンダルを履く
e. None of the above 上記のどれでもない

Jesus’ yoke: In the spirit of preparing for today’s karaoke event, I’m going to sing Jesus’ yoke to you:) ‘The Spirit of the Lord is upon me’ – teach song.
イエスのくびき、今日のカラオケのイベントの為に、イエスのくびきの歌を歌います。曲の題名は「主の御霊がわたしに宿っている」という教えのうたです。

“The Spirit of the Lord is upon me,
because he has anointed me
to preach good news to the poor.
He has sent me to proclaim release to the captives
and recovery of sight to the blind,
to set at liberty those who are oppressed,
to proclaim the acceptable year of the Lord.” Isaiah 61:1,2/Luke 4:18,19
「主の御霊がわたしに宿っている。貧しい人々に福音を宣べ伝えさせるために、わたしを聖別してくださったからである。主はわたしをつかわして、囚人が解放され、盲人の目が開かれることを告げ知らせ、打ちひしがれている者に自由を得させ、主のめぐみの年を告げ知らせるのである」。 ルカによる福音書4:18,19

The yoke of Jesus’ is to bring the good news of salvation, freedom and healing to those we meet.
イエスのくびきとは、救い、自由、癒しの良い知らせを私たちが会う人たちにもらたすことです。

iii. Learn.  三つ目は、学ぶ
You can teach someone till you’re blue in the face but you can’t make them learn.
 疲れ果てるまで教えることはできても、学ばせることはできない。

My student – I’ve been teaching her for 20 years but she hasn’t learnt anything!
私の学校のある一人の生徒は20年もの間、英語を習っています。でも、彼女は20年間も習っているにもかかわらず、あまり学習できていません。

You can be taught at church, you immerse yourself in online sermons, you can listen to my magnificent messages, read lots of books, sing praise songs all you like but unless you yourself learn from Jesus, you will never find your rest.
このように、あなた方も教会でずっと教えを乞うことができます。たとえば、インターネットで神の教えにどっぷりつかることもできますし、わたしの素晴らしい教えを聞くことも出来ますし、本を読んで学ぶこともできますし、高らかにいつまでも賛美を歌い続けることもできます。でも、あなたが自分でイエスから学ばない限りは、安息や平安を見つけることはできません。

iv. Find. 4つ目は、見つける
There are two finds. ー見つけるものは2つあります。
The first is given when we come to Christ.
一つはキリストを知るようになったときに与えられます。

But don’t stop there! There’s more for us.
でもそこで、立ち止まらないでください。私たちにはもっと学ぶことがあります。

The second is found when we take on the yoke of Christ and learn. 
次に、2つ目はキリストのくびきを負い、学ぶときに分かります。

It’s a reward. It comes from developing maturity in the faith.
それは、報酬ということです。それは成熟した信仰、誠実であることによる成長から生まれてきます。

 2. What does the yoke of Christ feel like? Quiz: Jesus said…
 キリストのくびぎとはどのように感じるのでしょうか?
My yoke is harsh and painful. 私のくびきは厳しく、痛みを伴う
My yoke is intellectually taxing and occasionally confusing. 私のくびきは知的に難しく、時には分かりにくい
My yoke is a great mystery – good luck with it. 私のくびきは大きな謎である。がんばって解いてみてくれたまえ
My yoke is easy and my burden is light. 私のくびきは負いやすく、私の荷は軽い。

Paul shares with us how easy and light this burden is(?!):
重荷とは何と軽いものだったのかということを、ポールは私たちに教えてくれています。

I have worked much harder, been in prison more frequently, been flogged more severely, and been exposed to death again and again. Five times I received from the Jews the forty lashes minus one. Three times I was beaten with rods,once I was pelted with stones, three times I was shipwrecked, I spent a night and a day in the open sea, I have been constantly on the move. I have been in danger from rivers, in danger from bandits, in danger from my fellow Jews, in danger from Gentiles; in danger in the city, in danger in the country, in danger at sea; and in danger from false believers. I have labored and toiled and have often gone without sleep; I have known hunger and thirst and have often gone without food; I have been cold and naked. Besides everything else, I face daily the pressure of my concern for all the churches.
2 Corinthians 11:23-28
彼らはキリストの僕なのか。わたしは気が狂ったようになって言う、わたしは彼ら以上にそうである。苦労したことはもっと多く、投獄されたことももっと多く、むち打たれたことは、はるかにおびただしく、死に面したこともしばしばあった。 ユダヤ人から四十に一つ足りないむちを受けたことが五度、 ローマ人にむちで打たれたことが三度、石で打たれたことが一度、難船したことが三度、そして、一昼夜、海の上を漂ったこともある。 幾たびも旅をし、川の難、盗賊の難、同国民の難、異邦人の難、都会の難、荒野の難、海上の難、にせ兄弟の難に会い、 労し苦しみ、たびたび眠られぬ夜を過ごし、飢えかわき、しばしば食物がなく、寒さに凍え、裸でいたこともあった。 なおいろいろの事があった外に、日々わたしに迫って来る諸教会の心配ごとがある。コリントの信徒への手紙二11:23-28

Is this easy and light?? Sounds like a total contradiction, doesn’t it?
これは、本当に重荷が軽いということを意味するでしょうか?全く正反対のことのように聞こえますよね?

Context is everything. 文脈を読み取ることが大切です。

Confession time – something not many of you know. My father was a drug dealer. He dealt in anything from soft drugs to heroin and was into drugs for most of his life. It was all he knew. And he had few scruples about it. Men, women, even children. He dealt to them all. Sometimes he got involved in shootings. The police often cornered him to ask him questions but he was never caught. He was a hard man. And he always stood his ground. And my brothers and I lived under this heavy yoke.

告白します。実は、みなさんがそんなに知らない事実。
私の父は薬を売りさばいていました。私の父は手頃な薬から、ヘロインまで何でも扱い、父自身も生涯にわたって、薬の使用をしていました。それしか、彼は知らなかったし、出来なかったのです。父は、そのことについて良心の呵責に苛まれていたのも事実です。父は薬を、男性、女性、子ども達にまで 売っていたのです。父は時には注射を打つこともしました。警察に問いつめられたこともありましたが、決して捕まったりすることはありませんでした。父は強い人です。いつもしっかりとしていました。そして、私と私の兄達はそんな父の重いくびきのもとで暮らしていたのです。

Context is everything.
わかりますよね?背景にある事情がとても大切で、文脈を読み取ることが大切です。

My father was the local pharmacist. He worked faithfully at his chemist shop for all of his working life, dispensing anything the doctors prescribed from cough mixtures to heroin (which used to be legal for medicinal purposes). Serving the community was everything to him. He never discriminated. He treated and cared for men, women and children of any ethnic or socio-economic background. Sometimes his shop was held up and people got shot (no-one was killed). The police would come to find out who did it and try to catch the criminals. He was a resolute man who always persevered. He always stood for what was right. And my brothers and I lived under this wonderful yoke.
違う言い方をすれば、私の父は地元で薬局を経営する薬剤師でした。父は彼の生涯を自分の薬局に費やし、誠実に働きました。医師が処方したものは何でも調剤し、咳止めの薬から、医療用のヘロインまで。地域の人々を支えるのは父の全てでした。父は、男性、女性、子ども、移民の人々、経済的に低い階層の人々など、決して分け隔てしませんでした。 時には、父の薬局が強盗に遭い、もちろん誰も亡くなったりはしませんでしたが、人が銃で撃たれても、警察が来て犯人を捕まえるために来ても、父は常に冷静で、落ち着いた人でした。父はいつも正しいことをしていました。そして、私と私の兄達はそんな素晴らしい父のくびきのもとに暮らしていました。

Context is everything.
わかりますよね?背景にある事情がとても大切で、文脈を読み取ることが大切です。

We look at people’s lives and think how easy or hard they must have it.
私たちは人の人生を見て、なんて楽なんだろう、なんて辛いんだろうと思います。

Sick people must be angry, and poor people must be miserable and deserving of pity. Rich people must have it so easy. Famous people must have a ball!
病気の人は怒りを抱えているに違いないとか、貧しい人は哀れで、かわいそうだとか、有名人の生活は楽しいに違いないとか、思っていますよね?

But we don’t know the whole story. We rarely do.
しかし私たちはすべてを知りません。ほとんど知らないのです。

So what about Paul?
では、パウロはどうでしょうか?
What was his story? What was his context? Why did God allow him to suffer so much? 彼の話はどうでしょうか?どうして神はこのような苦しみをパウロに味わわせたのでしょうか?
Was it punishment? Was it to drive him to despair?
それは罰する為だったのでしょうか?彼を絶望させる為だったのでしょうか?

Without context you might think so. But what is his context?
背景にある事情なしでは、そう思ってしまいますよね?でも、実のところ、どんな事情だったのでしょうか?
You will be amazed! His trials were to keep him from conceit!
驚いたことに、彼は自分のうぬぼれを試されていたのです!

Paul’s life with Christ – the yoke of Christ – was so rich, so blessed, the revelations he received were so wonderful – he was caught up into paradise and heard such “surpassingly great revelations” [2 Corinthians 12:4,7] that he was not in any danger of despair. He was in danger of conceit!

パウロのキリストとともに歩む人生-キリストのくびきは、あまりにもすばらしかったのです。 ー パウロの神との歩んで来た人生は、とても祝福されており、彼の受け取った真実は素晴らしく、後、彼はパラダイスに連れて行かれ、このように述べています。並外れた素晴らしい啓示だったと言っています。 絶望の危機にはありませんでした。彼は高ぶりそうになったのです。

Paul tells us that he found the yoke of Christ to be nothing but pure joy.
パウロはキリストのくびきはこの上もない喜びだと言うのです。

I’m very pleased that Pastor Mike has promised to sing at karaoke today the Hollies’ song “He ain’t heavy, he’s my brother” because it really sums up this understanding of what it means to carry a yoke of love.
私はマイク牧師が今日カラオケでホリーズの歌「兄弟の誓い/彼は重き者ではない、彼は兄弟である」という歌を歌ってくれると約束してくれたのを嬉しく思います。なぜなら、それはこのことの理解の集約、愛のくびきをどう背負っていくかということの集約なのです。

The song is about a Vietnam war soldier who carries another soldier who is wounded a long way to safety.
この歌は、ベトナム戦争の兵士が、他の傷ついた 兵士を、長い道のりを担いで助けたという歌です。

On being asked if the wounded soldier wasn’t too heavy to carry such a long way, he replied, “No, he ain’t heavy. He’s my brother”.
彼は、こう聞かれました。「その傷ついた兵士は長い道のりを担いで行くには重かったんではないですか?」と、彼はこう答えました「いいえ、彼は重くありません。彼は私の兄弟ですから。」と。

The story actually has a much longer history than that.
この話は、実はもう少し続きがあります。

In 1884, James Wells, Moderator of the United Free Church of Scotland, in his book The Parables of Jesus tells the story of a little girl carrying a big baby boy.
1884年に,ジェームス ウェルズ、スコットランド合同自由教会の議長が、彼の著書の中でこう書いています。イエスのたとえばなしの中で、こういう比喩の表現があります。小さな女の子が大きな赤ちゃんを抱いています。

Seeing her struggling, someone asked if she wasn’t tired. With surprise she replied, “No, he’s not heavy; he’s my brother.”
小さな女の子が大変な思いをしているのを見て、誰かが「疲れているのではないか?大丈夫か?」と聞きました。すると女の子は、驚いたことにこういいました。「いいえ、この赤ちゃんは重くありません。このこは私の兄弟ですから。」

We can apply similar understandings of light and easy yokes to marriage, to friendship, to fellowship, to ministry and of course, to following Christ.
軽くて負いやすいくびきの理解は結婚、友人関係、交わり、奉仕、そしてもちろんキリストに従うことに当てはまります。

The yokes are not heavy when they involve people we love.
愛する人たちが関わっていれば、くびきは重くありません。

People often ask me if I get tired doing the work I do for the church.
人はよく私に聞きます。私が教会の仕事をすることに疲れているのではないかと。

I appreciate the concern but my honest answer is no. It’s not a weight. It’s a delight.
皆さんの心配はとてもうれしいですが、私の心底からの答えは「いいえ。つかれません。」です。

That doesn’t ignore the challenges and hardships that do come up.
もちろん、悩みにつきものの苦しみや、難しさは 感じますし、無視できるものではありません。でも、教会の仕事は、重苦しく感じませんし、むしろ喜びを感じます。

But in the full context serving God – taking on the yoke of Christ in the body of believers – is a joy. It’s where I actually find contentment and rest, not weariness.
神に仕えること-信者の体にあってキリストのくびきを負うことは、喜びです。ですから、実は私は、そんな中に疲労感などではなく、しあわせとやすらぎをみつけることができます。

Jesus said,
イエスはこういいました。 “Come to me, all you who are weary and burdened, and I will give you rest. Take my yoke upon you and learn from me, for I am gentle and humble in heart, and you will find rest for your souls. For my yoke is easy and my burden is light.” Matthew 11:28-30
すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。 わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである」。マタイによる福音書11:28-30

Pray for the weary and burdened.
疲れきった人や、重荷を背負った人の為に祈りましょう。