Forgiveness 赦し

In 1987, an IRA bomb buried Gordon Wilson and his twenty­year­old daughter beneath five feet of rubble. Gordon alone survived. And forgave. He said of the bombers, “I have lost my daughter, but I bear no grudge…I shall pray, tonight and every night, that God will forgive them.” His words caught the media’s ear ­ and out of one man’s grief the world got a glimpse of grace. Philip Yancey, What’s So Amazing About Grace 1987年に、アイルランド共和軍の爆弾がゴードンウィルソンさんと彼の二十歳の娘を地中約
1.5メートル下に押し潰しました。ゴードンさんのみが助かりました。そして赦しを与えまし
た。彼は爆弾の犯人に、「私は娘を失いましたが、恨んではいません。私は神が犯人たちを赦 してくれるよう、今晩そしてこれから毎晩神様に祈るでしょう。」 彼の言葉はメディアの関心を惹きつけました、そして一人の男性の悲しみに世界中が神の愛の 一端を目撃しました。
フィリップヤンシーは言いました、神の愛はなんてすばらしいのか

Today, I would like to talk about forgiveness. 今日は赦しについてお話しします。 Forgiveness is the fruit of God’s GRACE. 赦しは神の恵みの実です。

In the Old Testament, God, we are taught, is “a God of pardons” (Nehemiah 9:17).(ネヘミヤ) In Exodus, Moses writes that the very nature of God is to pardon and provide for atonement. 旧約聖書では、神は“赦しの神”だと教えられています。 出エジプト記の中で、モーゼは神のご性質そのものが、赦し、贖いを与えることだと書いてい ます。

Exodus 34:5­7a

5 Then the Lord came down in the cloud and stood there with him and proclaimed his name, the Lord. 6 And he passed in front of Moses, proclaiming, “The Lord, the Lord, the compassionate and gracious God, slow to anger, abounding in love and faithfulness, 7 maintaining love to thousands, and forgiving wickedness, rebellion and sin. Yet he does not leave the guilty unpunished

出エジプト記34:5­7a

ときに主は雲の中にあって下り、彼と共にそこに立って主の名を宣べられた。
6 主は彼の前を過ぎて宣べられた。「主、主、あわれみあり、恵みあり、怒ることおそく、い つくしみと、まこととの豊かなる神、
7 いつくしみを千代までも施し、悪と、とがと、罪とをゆるす者、

In the New Testament, we learn how that forgiveness is provided and how it is received.
新約聖書では、その赦しがどのように与えられ、どのように受け入れるかを学びます。
We learn that forgiveness is received by faith in Christ through the work of the cross. (Acts 13:38)
私たちはイエスキリストが十字架にかけられたことを通じ、キリストを信仰することによって
赦しを受けたことを学びます。(使徒言行録13:38)
And we are reminded that this work is still an act of God’s grace. (1 John 1:9) そして、許しを受けるということは神の恩恵によるものだということを、私たちに気付かせて くれます。(ヨハネの第一の手紙1:9)

In the Old Testament, forgiveness is nearly always associated with sacrifice. In the New Testament, Jesus is that sacrifice. 旧約聖書では、赦しのほとんどがいけにえと関連しています。 新約聖書では、イエスがそのいけにえです。

The grace of God is at the core of the Christian faith, and forgiveness from God and forgiveness to each other must be so central to our lives, that it permeates everything we do, everything we say, every relationship we have. 神の恵みはクリスチャンの信仰の中心であり、神からの赦しと互いに赦し合うことは、私たち の生活の中心になるべきで、私たちがすること、言うことすべて、私たちの人間関係すべてに 浸透します。

Today I would like to look at three questions that Christians can struggle with regarding forgiveness. 今日はクリスチャンの人が赦しということに関して苦悩する3つの問いを見ていきます。

  1. Is forgiving the same as forgetting?
    赦すということは忘れるということと同じでしょうか?
  2. Should we forgive those who don’t apologise/are unrepentant?
    謝らない人、悔い改めない人を赦すべきでしょうか?
  3. If I have forgiven someone, why do I still feel hurt by them?
    人を赦したのになぜまだ傷つけられたと感じるのでしょうか?

1)Is forgiving the same as forgetting?
赦すということは忘れるということと同じでしょうか?

No. ­ Forgiving is not forgetting and forgetting is not forgiving.

Forgiveness means that although we remember the past (so we can learn from the past), we are not going to allow the experiences of the past to dominate our present or our future.
There may well be memories we are unable to put out of our mind, but we choose not to allow them to control our attitudes and behaviour, even toward those who may be responsible for those memories.

違います。赦すことは忘れることではなく、忘れることは赦すことではありません。

赦すこととは、過去を覚えておきつつ(私たちは過去から学ぶことができますので)、過去に 起こったことを現在もしくは未来にまでひきずるようなことはしないということを意味するの です。 心から締め出すことのできないような嫌な思い出もあるでしょうが、そんな思い出から湧き起 こる感情に身をまかせて態度や行動を取り、また原因となった張本人に接するべきではありま せん。

– Forgiveness is not avoidance.
Forgiveness is not merely avoiding something we find hurtful. When the hurt is real, where a relationship is spoiled, something much more than avoidance or forgetting is necessary. 赦しとは避けることではありません。 赦しとは、私たちを傷つける何かを避けることではありません。受けた傷が本物であるとき、 その関係が終わる場所で、痛みを避けたり忘れたりすること以上の手段が必要になります。

Rick Warren: リックウォレン:

How does God expect you to forgive the destructive people who’ve hurt you? 神は、あなたを傷つけた人に対してあなたがどのように彼らを赦してほしいと望んでおられる か。
He doesn’t expect you to ignore it. He’s not asking you to gloss over it or deny it or repress it or make excuses for the people who’ve hurt you. 神はあなたに受けた傷を無視してほしいとは思っていません。神はあなたが、あなたを傷つけ た人に対して言い逃れをしたり、否定したり、感情を押し殺したり、言い訳をしてほしいとも 思っていません。
God doesn’t want you to fake it; he wants you to face it, because you can’t forgive until you face your hurt…If you’re going to become the loving woman or man that God wants you to be, you’re going to have to deal now with the destruction someone’s caused in your past. 感情をごまかして欲しいとも思っていません;神はあなたにきちんと向き合ってほしいと思っ ています、なぜならあなたが受けた傷に向き合わない限りあなたは相手を赦せないからです… もしあなたが、神が望む愛情に溢れた人になりたければ、過去に受けた傷に対して今心を開く 必要があります。

Phil Pringle (CCC) routinely reminds his congregation of how he cheated on his wife before he was a Christian. He’s not trying to humiliate his wife by doing this or keep the pain alive. Firstly, he doesn’t want to avoid it then have someone dig it up later and make a scandal of it.
Secondly, he wants people to know that forgiveness is not the same as forgetting or hiding from past sins, and by remembering, we are reminded of the forgiveness his wife has given him and the forgiveness that he has received from her. フィルプリングル(CCC)は定期的に彼の教会の人々に、彼がクリスチャンになる前にどうい うやり方で妻を裏切ったのかについて話をします。彼はこうすることで妻に恥じをかかせよう としているのではありません。第一に、彼はこうすることを避けたくなかったのであり、ある 人にあとから情報を掘り起こさせ、スキャンダルにさせたのです。
第二に、彼は赦すことが、忘れることや過去の罪から背を向けることと同じではないというこ と、思い出すことによって彼の妻が夫に与えた赦し、彼が妻から受け取った赦しを人々に知っ てもらいたいのです。

Two important things about facing our sins. ‘Remember sin’ x= ‘wallow in sin’. (Emiko, this should read ‘Remembering sin doesn’t equal wallowing in sin’.) We don’t wallow in our own sin. Once we have faced our sin and been forgiven, there is joy and gratitude. And that becomes our mindset: we live under grace.
And we certainly don’t remember the sin of others so that at a later time we can use it against them ­ people we’ve supposedly forgiven. That is the very definition of unforgiveness! 罪に向き合うことに関して重要な2つのこと。罪を覚えているということは罪にひたっている ことと同じではありません。私たちは自分の罪にひたっていません。私たちが罪に向き合い赦 されるとき、喜びと感謝の気持ちがあります。それが私たちの考え方です:私たちは神の愛の もとで生きています。 他人の罪を後から彼らに対して使おうとして覚えておくのではありません-私たちが赦すであ ろう人々に対して。それがまさに相手を赦していないということになるのです。

By remembering forgiven sin, we remember forgiveness and we live under God’s grace.
赦された罪を覚えることによって、私たちは赦しを覚え、神の恵みのもとに生きるのです。

2) Should we forgive those who don’t apologise/are unrepentant?
 謝らない人、悔い改めない人を赦すべきでしょうか?

Yes. はい。

Proverbs 10:12 says, “Hate stirs up trouble, but love forgives all offences” (TEV).
憎しみは、争いを起し、愛はすべてのとがをおおう。箴言10:12

Jesus said,

“Father, forgive them, for they do not know what they are doing.” -Luke 23:34-

そのとき、イエスは言われた、

「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、 わからずにいるのです」。人々はイエスの着物をくじ引きで分け合った。ルカによる福音書 23:34

Stephen followed this example at his death:

“Lord do not hold this sin against them.” Acts 7:60

ステファンはイエスの死に際しこう言った:

「主よ、どうぞ、この罪を彼らに負わせないで下 さい」使徒言行録7:60

Love lets it go and forgives ­not because people deserve it. But because that’s what God did for you, and it’s the only way to be free.

Rick Warren

愛は赦しを与えます-それは人間がそれに値するからではありません。それは神があなたのた めにしてあげたことであり、自由になれる唯一の方法だからです。 

リックウォレン

Forgiving the unrepentant also applies very much to those who have hurt us but have now died, or are no longer any part of our lives. We mustn’t let the hurt that they have caused us define our lives. We’re not to live in bitterness.
反省していない人を赦すことはまた、私たちを過去に傷つけた亡き人やすでに疎遠になった 人々にも当てはまります。傷つけられたことに私たちの人生を形作られてはなりません。私た ちは恨みを抱きながら生きるのではありません。

We are not to put conditions or limits on that forgiveness. Jesus said in the Lord’s Prayer that we are to forgive others “just as” God has forgiven us (completely). When asked how often we are to forgive those who wrong us he said we should forgive people “70×7 times” ­ completely, without limit.
私たちは条件を付けたり、赦しに限度を定めたりするべきではありません。イエスは主の祈り の中で、神が私たちを赦したように私たちも他人を完全に赦さなければならないと言いまし た。私たちを不当に扱った人を何回赦すべきなのかと尋ねられたときには、「70×7回」と言い ました-完全に、限度なくということです。

It’s not unlike honouring our parents. (5th commandment.) How do we honour our parents if they abused us or neglected us when we were children? Do we honour that?
Of course not. We honour them without honouring what they have done. We aren’t commanded to honour our parents because they deserve it. We’re simply commanded to honour our parents because they are our parents.
Likewise we don’t forgive people because they’ve earned it or because they deserve it but because God has forgiven us and we must do the same.
それは親を尊敬することと同じです。(モーセの十戒の5番目) もし私たちが子どものときに 親が虐待をしたり育児放棄をしていたら、どうやって親を尊敬するのでしょうか。そのことを 称賛するのですか。無論違います。私たちは親がしてきたこととは関係なく、親を尊敬するの です。私たちの両親が敬われるに値するから敬いなさいと言われているのではありません。た だ彼らは私たちの親であるから敬いなさいと言われているのです。 同じように、人を赦すのも、その人が赦しを得たからとか赦されるに値するとかではなく、神 が私たちを赦してくださったから、私たちも同じようにしなければならないのです。

I don’t want to give the impression that repentance is unimportant. It is very important for restoring relationships but we don’t need it from other people to forgive them. 悔い改めることが重要ではないという印象を与えたくはありません。関係を修復する上ではと ても大事ですが、人を赦すために彼らを悔い改めさせることが絶対に必要というわけではありません。

But I want to stress that to receive the forgiveness of God, repentance is emphasised throughout the Bible. (Luke 24:47)
Repentance doesn’t mean God owes us forgiveness. It’s not quid pro quo. It’s not an equal equation. Forgiveness is always the result of God’s grace. But repentance is the ‘sacrifice’ we make to receive this grace of God.
しかし神の赦しを受け入れること、悔い改めが聖書全体の中で強調されているということを重 視したいのです。
悔い改めるとは、神が私たちに赦しという義務を課しているのを意味するのではありません。 それは見返りではありません。イコールで結べる式ではありません。赦しは神の愛が実を結ん だものなのです。 けれども、悔い改めることは私たちが神の愛を受け取るために背負った犠牲なのです。

3) If I have forgiven someone, why do I still feel hurt by them?
 人を赦したのになぜまだ傷つけられたと感じるのでしょうか?

This is a really good question and it’s a very real struggle for many people.
これはとても良い問いで、多くの人が悩み苦しんでいることです。

a. It’s likely that you haven’t fully forgiven them. You might still be holding on to what they have done to you. Ask God to give you a heart of forgiveness. Forgiveness is an act of faith. It needs to be done in the strength of the Holy Spirit. Ask for God’s Spirit to help you with this.
完全に赦していないかのように思われるでしょう。あなたはされたことをまだ根に持っ ているのかもしれません。赦しの心を神に求めましょう。赦しは信仰からくるもので す。聖霊の強さから
なされるものです。神の聖霊に助けを求めましょう。
b. Healing is rarely instant (physical or spiritual). The act of forgiveness is the beginning of healing. That healing might come very quickly, it might be more of a process. The Bible never describes forgiveness as a process. It’s a decision. But the healing that comes from forgiveness can be a process. Work through it. Share and pray with others. It’s here where the family of God plays a great role. We don’t heal well on our own. We heal under the care and kindness and guidance of others in the church family.
癒しとは肉体的にも精神的にも簡単に得られるものではありません。赦すという行為は 癒しの始まりです。この癒しはすぐにやってきて、一連の過程以上のものかもしれませ ん。聖書では決して赦しを一つの過程であるとは記述していません。それは決定事項で す。しかし、赦しから得られる癒しは一つの過程です。頑張ってみてほしいのです。他 の人と共有しお祈りしましょう。ここで神様の家族が大きな役目を果たすのです。自分 自身の力ではあまり癒しは得られません。私たちは教会にいる家族の心配り、優しさ、 助言があってこそ癒しを得られるのです。
c. Learn more about God’s forgiveness and imitate Him. We can’t just say ‘Don’t think about it/move on’. Move on to where? What else should I think about? Think about something good. Turn your mind to God, learn more about His forgiveness and train yourself to think likewise. 神の赦しについてもっと学び、神をまねるようにしてください。「もう考えるな、次に 進め」などと言ってはいけません。次ってどこのことを言ってるのですか。他に何につ いて考えたらいいのですか。何か良いことについて考えて下さい。神に関心を向け、神 の赦しについてもっと学び、神のように考えられるよう自己を鍛錬しましょう。

Romans 12:2 Do not conform to the pattern of this world, but be transformed by the renewing of your mind. Then you will be able to test and approve what God’s will is—his good, pleasing and perfect will.
あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りか
えられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わ きまえ知るべきである。 ローマの信徒への手紙12:2

Forgiveness is one of the surest measures of Christlikeness.
赦すということは、キリストのようであることがはっきりと分かることの一つです。

So just as God has forgiven you through Jesus, so go and do likewise to all others who have wronged you.
なので、神がイエスを通してあなたを赦したように、あなたに悪いことをした全ての人に対し て同じ赦しを施しましょう。

Pray.