Freedom – Galatians

22 April, 2018

Nat Geo Freedom video.
What is freedom?
自由とは何でしょうか?

Slavery is not a thing of the past. It’s very much a part of this world. It’s estimated that between 21~46 million people are currently caught in slavery.
奴隷制度は過去のことではありません。それはこの世界の大部分で起こっていますです。
現在、21〜4600万人の人々が奴隷制度に巻き込まれていると推定されています。

Although the OT (Old Testament) allowed for slavery and set conditions to prohibit abuse within the practice (not unlike current workplace practices), the NT (New Testament) actively condemns slavery (see 1 Tim 1:9 where slave traders are listed amongst sinners)
旧約聖書は奴隷制を認めてはいますが、虐待を禁止する条例を実践しています。新約聖書は盛んに奴隷制を非難しています。テモテへの手紙第一では、奴隷の売買人が罪人として記載されています。

God’s desire is that we be free. But again, what is freedom? Does it mean we get to do whatever we want? Does freedom mean no rules? Does it mean lawlessness?
神は私たちが自由であることを願っています。 神の願いは、私たちが自由であることです。しかし、再び聞きます。自由とは何ですか?私たちが欲しいものは何でも、何とかして手に入れることを意味するのでしょうか?自由とは規則が無い、規制がないという意味だろうか?無法という意味でしょうか?

On the other hand, what does it mean to be a slave? Of course, in the most obvious sense, it means being owned and under the control of another. But it’s more complex than this, as with indentured servants, economic slaves, and sexual slaves.
一方、奴隷とはどういう意味ですか?もちろん、最も明らかな意味では、「所有され、別の人の支配下にあること」を意味します。しかし、労働者としての奴隷もいれば、経済の奴隷となってしまう人や、性的奴隷になってしまう人もいる。このように、一口に奴隷といってもかなり複雑です。

And in a great paradox, we can even be slaves to ourselves. Addicts are an obvious example of this – whether its substance addiction, screen addiction, porn addiction, even gluttony, gossip, drunkenness – whenever we lose self-control, we become slaves to our sinful nature.
そして、大きな意味で捉えると、私たちは自分たちの奴隷になることすらできます。、薬物中毒、スクリーン中毒、ポルノ中毒、大食い、ゴシップ、酔っ払いなど、中毒者は、自制を失ったときはいつでも、「人が持つ罪深い性質」というものの奴隷になってしまいます。

But by far, more than all these forms of slavery, the most common form of slavery is spiritual slavery.
しかし、これらすべての形態の奴隷制以上に、奴隷制の最も一般的なものは「霊的奴隷制」です。

Paul talks a lot about freedom from spiritual slavery in his letter to the Galatians, which is our focus for today as we continue to work through the books of the Bible. To understand freedom at its core, we turn to the key verse in this letter which is 2:16:
パウロは、ガラテヤ人への手紙の中で霊的奴隷からの自由についてたくさん話をしています。ガラテヤ人への手紙に書かれていることが、今日の私たちの焦点です。その核心となる自由を理解するために、ガラテヤ人への手紙の2章16節を読みましょう。

know that a person is not justified by the works of the law, but by faith in Jesus Christ. So we, too, have put our faith in Christ Jesus that we may be justified by faith in Christ and not by the works of the law, because by the works of the law no one will be justified.
Galatians 2:16

しかし、私たちユダヤ人クリスチャンにしても、律法の行いを守ることによって神の前で正しい者と認められたのではありません。ただ、罪を取り除いてくださるキリスト・イエスを信じる信仰によって認められたのではありませんか。だからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。それは律法によってではなく、信仰によって神に認められるためです。律法の行いを守って救われる人など、一人もいないのですから。
ガラテヤ人への手紙 2:16

At first, this might not seem to have much to do with freedom. It’s about justification. But it’s justification which is at the very heart of freedom.
最初は、これは自由とはあまり関係がないように思われるかもしれません。それは正当化について書かれています。しかし、それは自由のまさに中心にある正しくあること、義と認められることについて書かれています。義と認められることはまさに自由の中心となることです。

In a court of law, if you are convicted of a crime, you are locked up and your freedom is taken away. If the judge acquits you, if he declares you innocent/righteous/justified, then you are free to go. Justification is the basis of freedom. It’s the same with God, only more so.
裁判所では、犯罪を犯して有罪判決を受けた場合、あなたは拘束され、自由が奪われます。もし裁判官が、あなたが無実/正義/正当であると宣言すれば、あなたは自由の身になることができます。正当化、正しいと認められることは自由の基盤です。それは神との場合も同じです。神となら、なおさらそうですそうです。

The purpose of the OT law was to make people holy,or justified, before God.
旧約聖書の律法の目的は人々を正しく、聖くするためです。

The OT law itself, with its 613 civil, ceremonial and moral rules, could never sufficiently make people holy or justified, it was merely a temporary mechanism by which God granted justification. Paul explains,
旧約聖書の律法の目的は人々を正しく、聖くするためでした。法律自体は、市民立法と儀式的および道徳的な規則で構成されており、全部で規則は613あ理ましたが、人々を十分に聖く正しいと判断することは決してできませんでした。聖書の中に書かれた法律は単に、神が「人々が正しくいられるように」与えた一時的な仕組みに過ぎませんでした。 ポールは、次のように説明しています。

So the law was our guardian until Christ came that we might be justified by faith. Now that this faith has come, we are no longer under a guardian.
Galatians 3:24,25

言い換えると律法は、キリストが来られ、私たちが信仰によって神の前での正しい身分を与えられるまでの間の、私たちの教育係だったのです。しかし、キリストが来られたので、もう、私たちを監督し、キリストに導く教育係は不要です。
ガラテヤ人への手紙 3:24,25

Now that Jesus has come, the OT law is, as the writer of Hebrews states, “obsolete”. ALL the requirements of the law to make a person holy and justified before God are met in Jesus. So when we were baptised into Christ, we were justified by God once and for all, and are no longer under the ongoing requirements of the OT law.
ヘブライ人への手紙の作家は「イエスがこの世に来られた今では、旧約聖書の法律は時代遅れである」と旧約聖書の中で述べています。神の前に人を聖なるもの、正しくするための法律のすべての要件は、イエスが満足してくださいました。ですから、私たちがキリストのために洗礼、バプテスマを受けたなら、私たちの全ては神によって正しくされ、もはや旧約聖書の法律を必要とする理由はありません。(人々を聖くし、神の御前で義と認められるための律法の要件はすべてイエスが満たしてくださいました。)

This is good news but it can sound a bit theological. What does it mean for us in practical terms?
これは良いニュースですが、少し神学的に聞こえるかもしれません。実際のところはどういう意味でしょうか?

For one thing, which Paul talks about here, he says that circumcision is no longer a requirement to be right with God. So cross that one off. In fact, Paul says, no law in the OT is any longer a requirement for justification. We have been set free from all the requirements written in the law.
ここでパウロが語っていることの一つは、神の前で正しくいられるように割礼をする必要はもはやないと言っています。では、必要ないものを一つずつ削除していきましょう。事実、パウロは、私たちが正しくあるために旧約聖書はもはや必要ないと言っています。私たちは、法律に書かれている全てのことから自由になったのです。

All those do’s and don’t’s don’t apply to us any more. We are free from the law because all the requirements of the law have been met in Christ.
して良いこと、してはいけないことのような規律はすべて、私たちにこれ以上必要ではなくなったのです。法律のすべての要件がキリストによって満たされているので、私たちは法律から自由になるのです。

Do you understand what this means? No rules! We’re free to do whatever we want!
これが何を意味するのかわかりますか?何でもあり!私たちは自由に何でもできます!

Does it really mean that? No! Freedom can never lead to licence. (Freedom should never lead to sin.)
本当にそんな意味でしょうか?いいえ!自由であることは決して何をしても許されるということではありません。自由は決して罪につながってはいけません。

But, the question is, if we’ve been released from the requirements of the OT, what happens to the ten commandments, what happens to all the other commandements, how are we supposed to know which OT laws we still need to follow, and which we no longer need to follow?
しかし、問題は、もしわたしたちが旧約聖書の律法から解放されれば、十戒はどうなるのか、他のすべての命令はどうなるのか、旧約聖書のどの律法が今でも従うべき律法で、どの律法がもう従わなくてもいい律法だと分かるのでしょうか?

This can be an area of great confusion for Christians and an area of great ridicule for atheists. It’s still wrong to steal but it’s now okay to eat pork. It’s still wrong to commit adultery but it’s now okay to have tattoos. Or is it? Which laws are still valid and which are now obsolete?
これは、キリスト教徒には大いに混乱を招く問題であり、無神論者に笑われているかもしれません。例えば、盗むことは間違っていますが、豚肉はもう食べても大丈夫です。とか。姦淫をするのは間違っていますが、入れ墨はもうしても大丈夫です。一体、どの法律が有効で、どの法律が古く廃れているのでしょうか?

Some people have made distinctions between OT laws and broken them into three categories: civil laws, ceremonial laws and moral laws. They say the ceremonial and civil laws no longer apply, but the moral laws do. Or is it the civil laws which still apply?
一部の人々は、旧約聖書の法律を区別し、民法、儀式法、道徳法の3つのカテゴリーに分類しました。人々はもはや儀式と民法は適用されないと言っていますが、道徳法はまだ有効です。もしかして、市民法はまだ適用されるでしょうか?

These divisions are complicated and confusing because some laws were both ceremonial and civil, or civil and moral at the same time. Furthermore, some laws were so obscure that we don’t even know what they mean anymore, let alone which category they might belong to.
旧約聖書では、いくつかの法律が同時に儀式的、市民的、または市民的かつ道徳的であったため複雑で混乱しています。さらに、いくつかの法律はあまりにもわかりにくいので、どの部類に属す法律なのか分かりません。

So how do we know which OT laws still apply to us?
どのような旧約聖書の法律が今でも私たちに当てはめられているのかを知っていますか?

It’s easy. If an OT law is repeated in the NT, it still applies. If it’s not repeated in the NT, don’t worry about it.
見分けるのは簡単です。 旧約聖書の律法が新約聖書にも繰り返されていたら、それは今でも当てはまるということです。そうでなければ、心配することはありません。

This means that the 10 commandments still apply. Many of the moral laws for human relations still apply. But many of the food requirements, for example, no longer apply. In fact, all the laws that apply to us can be summed up in one simple law: “love your neighbour as yourself”.
この意味は、また、十戒がなお今でも適用されることを意味します。人間関係のための道徳法の多くは依然として今でも使われています。しかし、例えば、食品の規制の多くは、もはや当てはまりません。実際、私たちに今でも当てはまる法律は、「あなたの隣人をあなた自身として愛しなさい」という単純な法律で表すことができます。

We need to know these things to live a life that pleases God, but these actually have nothing to do with justification, which is the basis for our freedom. And this is what Paul brings us back to in Galatians.
私たちが神に喜んでもらう人生を送るためにこれらの規律を知る必要がありますが、実際に私たちの自由の基礎である「正しくあること」とは関係ありません。そして、ポールは私たちをガラテヤ人への手紙へと呼び戻してくれます。

We are not justified by obeying the law, even though the law was good. We are justified by our faith in Christ. We are set free in Christ.
(私たちは律法に従うことによって義と認められるのではありません。私たちはキリストを信じる信仰によって義と認められるのです。) たとえ法律が良かったとしても、私たちは法律に従うことによって正しくされることはありません。私たちはキリストに対する信仰によって正しく、義とされます。私たちはキリストによって自由になっているのです。

It is for freedom that Christ has set us free. Stand firm, then, and do not let yourselves be burdened again by a yoke of slavery [the OT law].
Galatians 5:1

このように、キリストは私たちを自由の身にしてくださいました。ですから、この自由をしっかりと握っていなさい。もう二度と、律法にがんじがらめになった奴隷とならないよう、細心の注意をはらいなさい。

ガラテヤ人への手紙5:1

Living by faith can be difficult sometimes, so it can be tempting to fall back onto a system of laws and rules. It exists in the church today and we call it legalism. How do we avoid this? How do we avoid becoming legalistic in our outlook on life and in our faith? Paul teaches us:
信仰を持って生きることは時々困難に感じることがあります。律法や規則にとらわれすぎることがあります。それは今日の教会に存在し、私たちはそれを律法主義と呼びます。これをどうやって避ければ良いのでしょうか?私たちが、人生と信仰について、規律にばかりにとらわれ、律法的にならないようにするにはどうすればよいのでしょうか?パウロは私たちに次のように教えています:

So I say, walk by the Spirit, and you will not gratify the desires of the flesh. For the flesh desires what is contrary to the Spirit, and the Spirit what is contrary to the flesh. They are in conflict with each other, so that you are not to do whatever you want. But if you are led by the Spirit, you are not under the law.
Galatians 5:16-18

あなたがたに勧めます。聖霊の導きに従いなさい。聖霊は、どこへ行くべきか、何をなすべきか教えてくださいます。そうすれば、自分の肉の欲望のおもむくままに走ることはありません。 私たちの生まれながらの性質は、聖霊がお命じになることとは正反対の悪を好みます。一方、聖霊の導きに従って歩んでいる時に行いたくなる善は、生まれながらの肉の願望とは正反対のものです。内面のこの二つの力は、どちらも私たちを思いどおりに動かそうと、いつも格闘しています。そして私たちは、この二つの力の板ばさみになって、したいと思うことが自由にできない状態なのです。 しかし、本来聖霊に導かれているあなたがたは、もう自分を律法に従わせる必要はありません。
ガラテヤ人への手紙5:16-18

This brings us to the heart of the matter. In Christ, we are given the Holy Spirit, and when we submit to the person of the Holy Spirit, our hearts are changed and we take on the mind of Christ. Our desires change within us. It’s no longer about following rules. It’s about [This is the result of] walking in the Spirit.
これは、私たちの心の中に大切なものをもたらします。キリストによって聖霊が与えられ、聖霊の人に服従するときには、私たちの心が変わり、私たちの心はキリストに就きます。聖霊に従うと、私たちのうちの願いが変わります。もはやルールや規律に従うことはありません。これは聖霊のうちに歩んでいる結果です。

Ezekiel prophesied this:
エゼキエルは次のことを預言しました:

I will give them an undivided heart and put a new spirit in them; I will remove from them their heart of stone and give them a heart of flesh.
Ezekiel 11:19

わたしはあなたがたに、一つの心と一つの新しい霊を与える。石の心を取り除き、代わりに神を愛する柔らかい心を与える。
エゼキエル書 11:19

Again, freedom in the Spirit means freedom from the burden of the law. But this is not the same as lawlessness. On the contrary, Paul says, the acts of lawlessness
もう一度言います。霊の自由とは、法律の縛りからの自由を意味しますが、これは無法、法律がない事と同じではありません。それどころか、パウロは、不法行為について次のように言っています。

The acts of the flesh are obvious: sexual immorality, impurity and debauchery; idolatry and witchcraft; hatred, discord, jealousy, fits of rage, selfish ambition, dissensions, factions and envy; drunkenness, orgies, and the like. I warn you, as I did before, that those who live like this will not inherit the kingdom of God.
Galatians 5:19-21

生まれながらの悪い性質、つまり肉に従った結果がもたらすものは明らかです。すなわち、汚れた思い、好色、 偶像礼拝、心霊術、憎しみ、争い、怒り、利己心、不平、あら捜し、排他主義とそこから出て来るまちがった教え、 ねたみ、人殺し、泥酔、遊興、そのような種類のものです。前にも言いましたが、もう一度言いましょう。そのような生活を続ける者は、一人として神の国を相続できません。
ガラテヤ人への手紙5:19-21

Just in case there was any doubt as to what freedom in the Spirit looks like, it’s not that! Those are the desires of the flesh.
先ほどから言っている「霊の自由」というものが、どんなものであるか疑問に思っていたでしょうが、無法な状態のことではありません!それらは肉の欲望です。

It’s the desires of the Spirit that we are now free to pursue and enjoy. These desires lead to health and life, not sickness and death. And what are the desires of the Spirit? What are the desires and qualities that freedom in the Spirit leads us to?
今、私たちが自由に求めて楽しむことができることが、御霊の望んでいることです。御霊が望めば、健康と生につながり、病気や死につながることはありません。では、御霊の「のぞみ」、求めているものとは何ですか?御霊の自由が私たちを導く「望み」とはどんなものでしょうか?

But the fruit of the Spirit is love, joy, peace, patience, kindness, goodness, faithfulness, gentleness and self-control. Against such things there is no law. Those who belong to Christ Jesus have crucified the flesh with its passions and desires. Since we live by the Spirit, let us keep in step with the Spirit.
Galatians 5:22-25

しかし、聖霊が生活を支配してくださる時、私たちのうちに、次のような実を結びます。愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、 柔和、自制です。そこには、律法に反するものは何もありません。 キリストに属する者は、生まれながらの自分が持つ肉の欲望を十字架につけてしまったのです。もし私たちが聖霊の力を受けて生きているなら、すべてにわたって、その導きに従おうではありませんか。
ガラテヤ人への手紙5:22-25

The Pastoral Search Committee interviewed Pastor Philip who visited us here several weeks ago. Feeling called to ministry work in Kyoto, he has since withdrawn his application. But one of the questions we asked him was, ‘What is your understanding of the baptism of the Holy Spirit?’
牧師探しの委員会の人々が、数週間前に私たちの教会に訪れたフィリップ牧師を面接しました。しかし、フィリップ牧師はその後、京都での奉仕活動に神から召されたという思いが強くなり、応募を撤回しています。しかし、私たちが彼に尋ねたのは、「聖霊のバプテスマについてのあなたはどのように理解していますか?」という質問でした。

I liked his answer. Obviously spiritual gifting is a big part of Spirit baptism, but he said, and I agree, that the manifestation of the fruits of the Spirit – Christian character – is as big a part of Spirit baptism as the gifts of the Spirit, if not more so.
私は彼の答えが好きでした。霊の贈り物は明らかに、聖霊のバプテスマについて大きな部分を示しますが、クリスチャンとしての性質は御霊の実の現れであり、御霊のバプテスマとして、御霊の賜物と同じくらい大きな部分を占めます。(御霊の実の表れ、つまりクリスチャンの性質は御霊の賜物と同じくらい御霊のバプテスマの大きな一部です。)

Freedom in the Spirit means freedom to pursue and to receive the Kingdom of God here and now. Freedom in the Spirit leads us to qualities of life – full life – that the world can’t touch:
霊の自由とは、今では、神の国を求め、受け入れる自由を意味します。御霊の自由は、世の中が侵すことのできない人生、満たされた人生を生きるという、私たちの生き方につながります。(御霊にある自由とは神の御国を追い求め、受け入れる自由のことです。)

unfailing love, unspeakable joy, unsearchable peace.
(No regrets in the morning. No apologies to make later. No self-loathing.)
Unfailing love, unspeakable joy, unsearchable peace. These are the fruits of true freedom.
尽きることのない愛、言い表せないほどの喜び、他に探し出すことはできないほどの平安
朝、目が覚めて後悔することもありません。後で謝る必要もありません。自己嫌悪に陥る必要もありません。(尽きることのない愛、言い表せないほどの喜び、探し出せないほどの平安)
尽きることのない愛、言い表せないほどの喜び、他に探し出すことはできないほどの平安。これらは真の自由の賜物です。

Having explained that we are no longer under the requirements of the OT law, and that we are justified by faith in Christ, and that we now live with the Spirit of God shaping the very desires of our hearts, Paul concludes his letter to the Galatians with some very apt words:
今まで説明したように、わたしたちはもはや旧約聖書の律法に従う必要はなく、私たちはキリストを信じることによって義とされており、今、神の御霊が私たちの心の願いを形作っています。パウロはガラテヤ人への手紙にて非常に的確に次のように締めくくっています。

The grace of our Lord Jesus Christ be with your spirit, brothers and sisters. Amen.
Galatians 6:18

どうか、私たちの主イエス・キリストの恵みが、あなたがた一同と共にありますように。アーメン。
ガラテヤ人への手紙6:18