Get Ready 準備をする

In this week’s church mail I included the following quote from Bill Johnson.
今週の教会メールにビルジョンソン氏の引用文を含めたメール配信しました。
Any revelation from God’s Word that does not lead us to an encounter with God only serves to make us more religious. The church cannot afford ‘form without power’, for it creates Christians without purpose.
Bill Johnson, When Heaven Invades Earth
神のいかなる啓示も私達を神との出会いに導かないなら、それは私達をもっと宗教的にさせるだけ
である。
教会は「動力のないもの」を与えません、それは目的を持たないクリスチャンを生むからです。
ビル・ジョンソン著 「天が地に侵入するとき」

Today is the first Sunday in Advent. This is like a declaration that the Christmas season is now officially open! We can put up the decorations, we can start playing the carols and wrapping the presents. We can get into the traditional Christmas readings that we love so much. I feel like I should be cutting a giant Christmas ribbon with an oversized pair of scissors or something to mark the event.
今日は待降節の最初の日曜日です。これはクリスマスシーズンが正式に始まりますと宣言するような
ものです。飾りをつけて、お祝いの歌を歌って、プレゼントを包みます。伝統的なクリスマスの本を
読んだりします。私はそのイベントの印に特大のハサミで巨大なクリスマスのリボンをカット
しなければと、そんな気持ちになります。
But what Bill Johnson said is spot on and we need to hold tight to these words through Advent.
しかしビルジョンソン氏の言っていることは的を得ており、私達は待降節を通してこれらの言葉を
しっかり理解していきましょう。
Advent and Christmas bring the revelation of God through the Word, through the life of Jesus and through the workings of the Holy Spirit. And if the revelation of God doesn’t lead us into an encounter with God – a real, life-changing, powerful, joyful encounter with God – then it only serves to make us more religious and that would be awful.
待降節とクリスマスは御言葉を通して、イエスの生涯を通して、聖霊のはたらきを通して神の啓示を
もたらします。神の啓示が私たちを神との出会いに導かないなら、本当の人生を変えるような出会い、力強く、喜びに満ちた神との出会いに導かないのなら、私たちを宗教的にさせるだけで、
ひどいものです。

To quote Paul on that, that would mean that ‘our faith is futile…[and that] we are of all people most to be pitied’. (1 Cor 15:17,19)
パウロの引用文から、‘私達の信仰はむなしく……私達は全ての人の中で一番哀れな者です’
(コリント人への手紙第115章17,19節)
This Advent, we want to seek to understand the revelation of God and see that it leads to a personal encounter with Him.
この待降節の時期に、神の啓示を理解することを求め、神との個人的な出会いに導かれるように
求めたいのです。
Let’s start this today by looking at a common Advent reading from Isaiah 64:1-9.
今日はイザヤ書64章1-9節の待降節の読み取りから始めましょう。

1Oh, that you would rend the heavens and come down,
that the mountains would tremble before you!
2 As when fire sets twigs ablaze
and causes water to boil,
come down to make your name known to your enemies
and cause the nations to quake before you!
3 For when you did awesome things that we did not expect,
you came down, and the mountains trembled before you.
4 Since ancient times no one has heard,
no ear has perceived,
no eye has seen any God besides you,
who acts on behalf of those who wait for him.
5 You come to the help of those who gladly do right,
who remember your ways.
But when we continued to sin against them,
you were angry.
How then can we be saved?
6 All of us have become like one who is unclean,
and all our righteous acts are like filthy rags;
we all shrivel up like a leaf,
and like the wind our sins sweep us away.
7 No one calls on your name
or strives to lay hold of you;
for you have hidden your face from us
and have given us over to our sins.
8 Yet you, Lord, are our Father.
We are the clay, you are the potter;
we are all the work of your hand.
9 Do not be angry beyond measure, Lord;
do not remember our sins forever.
Oh, look on us, we pray,
for we are all your people.

1 どうか、あなたが天を裂いて下り、あなたの前に山々が震い動くように。
2 火が柴木を燃やし、火が水を沸かすときのごとく下られるように。そして、み名をあなたのあだに
あらわし、もろもろの国をあなたの前に/震えおののかせられるように。
3 あなたは、われわれが期待しなかった恐るべき事を/なされた時に下られたので、山々は震い動いた。
4 いにしえからこのかた、あなたのほか神を待ち望む者に、このような事を行われた神を
聞いたことはなく、耳に入れたこともなく、目に見たこともない。
5 あなたは喜んで義を行い、あなたの道にあって、あなたを記念する者を迎えられる。見よ、あなたは怒られた、われわれは罪を犯した。われわれは久しく罪のうちにあった。われわれは救われる
であろうか。
6 われわれはみな汚れた人のようになり、われわれの正しい行いは、ことごとく汚れた衣のようである。われわれはみな木の葉のように枯れ、われわれの不義は風のようにわれわれを吹き去る。
7 あなたの名を呼ぶ者はなく、みずから励んで、あなたによりすがる者はない。あなたはみ顔を隠して、われわれを顧みられず、われわれをおのれの不義の手に渡された。
8 されど主よ、あなたはわれわれの父です。われわれは粘土であって、あなたは陶器師です。
われわれはみな、み手のわざです。
9 主よ、ひどくお怒りにならぬように、いつまでも不義をみこころにとめられぬように。
どうぞ、われわれを顧みてください。われわれはみな、あなたの民です。

Have you ever heard of the Christian’s suicide wish? It goes something like this: “Father, things are really bad. I’ve had enough. Take me now!” I don’t know if you’ve ever had this thought and if you have, how seriously you were thinking it but this is one of the worst prayers a Christian can lift up. It’s a prayer of defeat. It’s a prayer of distrust in God. It’s a prayer of utter hopelessness. It’s a very unChristian prayer!
クリスチャンが自殺を願っているということを聞いたことがありますか?時々、こんな風に
“父よ、物事が本当に悪い。私はもういいです。私を連れて行って下さい。”この様な考えをした事が
あるかどうか分かりませんが、もしあるなら、どのくらい真剣にそれを考えましたか、
これはクリスチャンが上げる最悪の祈りの1つです。それは敗北の祈りです。
それは神への不信の祈りです。それは全くの絶望の祈りです。とてもキリスト教徒の精神に反する
祈りです。

When Isaiah begins this passage, he says, “Oh, that you would rend the heavens and come down!” Isaiah had been through a lot but this should never be mistaken as a suicide wish. It’s the opposite. Isaiah isn’t saying, “I’ve had enough, beam me up!” He’s saying, “Enough now! Lord, you come down!” Come down in power so that injustices will be righted, so that sin will be dealt with and so that a reformation – a revival – can take place.
イザヤがこの句を始めた時、彼はどうか、あなたが天を裂いて下り、イザヤはたくさんの苦しい事が
ありましたがこれは決して自殺願望のような意味ではありません。それは反対です。イザヤは
“もういいです、私をスーッと天に召してください!!”と言っているのではありません。彼はこう言っているのです“今です!主よ降りて来て下さい!”。イザヤが言っているのは、主よ、権力を持って下りてきてください。そうすれば不正は正され、罪は裁かれ、改革、リバイバルが起こりましょう。と言っているのです。
He’s saying exactly what Jesus taught us to pray: “Your Kingdom come”. Enough of the sins of men and enough of the waywardness of your own people. Let your kingdom come in power and let everything we know be shaken.
イエスが私達に祈る事を教えられたようにイザヤは確かに:御国がきますようにと言っているのです。
人間の罪にうんざりですあなたの創造した人類のわがままにうんざりです。あなたの御国が来て私達
が知っている全てのものを揺さぶって下さい。と言っているのです。
Advent lesson #1: Get ready for the coming of the Lord. Get ready for the outpouring of the Holy Spirit.
待降節レッスン1:主の到来の準備をする。聖霊の注ぎの準備をする。
And this is how Isaiah describes the coming of the Lord (v 2-4)
このようにイザヤは主の到来を表現しています。(2節-4節)

2 As when fire sets twigs ablaze
and causes water to boil,
come down to make your name known to your enemies
and cause the nations to quake before you!
3 For when you did awesome things that we did not expect,
you came down, and the mountains trembled before you.
4 Since ancient times no one has heard,
no ear has perceived,
no eye has seen any God besides you,
who acts on behalf of those who wait for him.
2 火が柴木を燃やし、火が水を沸かすときのごとく下られるように。そして、み名をあなたのあだに
あらわし、もろもろの国をあなたの前に/震えおののかせられるように。
3 あなたは、われわれが期待しなかった恐るべき事を/なされた時に下られたので、山々は震い動いた。
4 いにしえからこのかた、あなたのほか神を待ち望む者に、このような事を行われた神を聞いたことはなく、耳に入れたこともなく、目に見たこともない。

The key words here are ‘ablaze, boil, quake, awesome, unexpected, tremble, act’. The one word we cannot apply to the coming of the Lord would be ‘comfortable’. The coming of the Lord is not to make us comfortable in our ways as they are. The coming of the Lord is to change our ways and shake us up.
ここのキーワードは‘燃える、沸き立つ、震える、恐るべき、期待しなかった、震え動く、行う’です。
主の到来に‘快適’という言葉は当てはめられません。
主の到来は私たちを今のままのように心地良くするものではありません。
主の到来は私たちのやり方を変え、揺るがすものです。
When God appeared to people in the Old Testament, when Jesus appeared to people in the New Testament and when the Holy Spirit appears to people today, we are nearly always taken out of our comfort zone, not because God is mean and enjoys our discomfort but because he loves us so much He can’t leave us as we are.神が旧約聖書で人々の前に現れた時、イエスが新約聖書で人々の前に現れら時、そして今日聖霊が人々に現れると、安全地帯から引き出されることがほとんどです。それは神が意地悪で、私たちが快適でない事を楽しんでいるのではなく、そのままにしておけないほど私たちを
愛しているからです。
He wants us to experience the fullness of His love and His presence and that invariably means we have to be stripped back before we can be built up.
神は彼の充分な愛を私達に分からせたかったのですそして彼の存在と私達が強くなる前には全て
はぎ取られなければならないのです。
Advent lesson #2: Get ready to be shaken.
待降節レッスン2:揺るがされる準備をする

The coming of the Lord calls for repentance. Either with the coming or preceding it, or both.
主の到来は悔い改めを必要とします。   神は悔い改めをしないと現れません神が現れる前か
その現れた時かもしくはその両方。 
We saw it when the Israelites prepared to leave Egypt.
イスラエル人達がエジプトを去る準備をしたのを私達は見ました。
We saw it when the exiles returned to the Promised Land after 70 years in exile.
亡命者が70年後に約束の地に帰ってきた時を私達は見ました。
We saw it on the day of Pentecost when the people were cut to the heart and asked Peter what they should do and he responded, “Repent and be baptized, every one of you, in the name of Jesus Christ for the forgiveness of your sins. And you will receive the gift of the Holy Spirit.” Acts 2:38/使徒言行録2:38
ペンテコステの日に人々は心を刺されペテロに彼らは何をすれば良いのでしょうかと尋ねた、
すると、ペテロが答えた、「悔い改めなさい。そして、あなたがたひとりびとりが罪のゆるしを得るために、イエス・キリストの名によって、バプテスマを受けなさい。そうすれば、あなたがたは聖霊の
賜物を受けるであろう。という時を私達は見ました。

Here, Isaiah calls for the confession of sins and repentance to a new way of living in the strongest terms possible:
ここに、イザヤは罪の告白と人生を新しく生きて行く方法への悔い改めを最も強い言葉で
呼びかけているのです。
5 When we continued to sin …, (against them,)
you were angry.
How then can we be saved?
6 All of us have become like one who is unclean,
and all our righteous acts are like filthy rags;
we all shrivel up like a leaf,
and like the wind our sins sweep us away.
7 No one calls on your name
or strives to lay hold of you;
for you have hidden your face from us
and have given us over to our sins.
5 見よ、あなたは怒られた、われわれは罪を犯した。われわれは久しく罪のうちにあった。われわれは救われるであろうか。
6 われわれはみな汚れた人のようになり、われわれの正しい行いは、ことごとく汚れた衣のようである。われわれはみな木の葉のように枯れ、われわれの不義は風のようにわれわれを吹き去る。
7 あなたの名を呼ぶ者はなく、みずから励んで、あなたによりすがる者はない。あなたはみ顔を隠して、われわれを顧みられず、われわれをおのれの不義の手に渡された。

Here, Isaiah identifies the two categories of sin that we need to understand and turn from to be right before God. The first category, everyone knows. These are called ‘sins of commision’. These are ‘the bad things we do’. These are the terrible things that we do to dishonour God and shame Him. They also include the things that we do, that we think are pretty good but by God’s standards they remain ‘like filthy rags’ and wholly in need of repentance.
ここにイザヤは罪の2つの種類を識別しています、それは私達が神の御前に向かうために罪から離れるという事を理解する必要があるからです。1つ目の種類は、みなさんご存知です。これらは
遂行の罪’と呼ばれています。これらは私達がする悪い事です。
私たちがする神の名を汚し、神を辱しめるようなひどいこと。私たちは良いと思っていても神の目から見れば’汚れた衣’のようで悔い改めを必要としていることも含みます。

Doing what we think is good is never enough. Mike gave a good example of this in his testimony last week. Being a medical missionary! What a great idea! But even a great idea is rebellion if it’s not what God is calling us to do. God has something greater. And we need to repent for choosing “the filthy rags” of our “righteous deeds”.
私達が良いと思っている事をするだけでは足りません。先週マイクさんが彼の証言で良い例を
上げました。医療宣教師になる!なんと素晴らしいアイデアでしょう! でもそんな素晴らしい
アイデアでも神がお召しでないアイデアは神の目からみると反乱の行動なのです。神はもっと
素晴らしい物を用意しておられるのです。私達は悔い改めて、私達の“善行”よりも
“汚れた衣”を選ぶのをやめなければいけません。
The second category of sins are called ‘sins of omission’. These are ‘the good things we don’t do’.
On the surface they seem kind of harmless and relatively minor compared to what some other people are doing. But to others who are denied your love, grace, forgiveness, kindness, they can be enormously harmful, discouraging and even dangerous. To God they cause just as much grief, and lead to broken fellowship with Him just as easily as the sins of commission. Isaiah calls it in this way:
2つ目の罪の種類は‘怠慢の罪’と呼ばれています。これらは‘私達がしない良い事’です。
それらは表面的には害もないような事でも悪い事をするのと、良い事をしないのは悪い事をするのと
同じということです。
あなたから愛、恵み、赦し、親切をもらえなかった者にとっては、ひどく傷つくことであったり、
がっかりさせられることであったり、時には危険なことでさえあるのです。神にとってはそれらは
遂行の罪と同じくらい悲しみを招き、神との交わりの破綻につながるのです。
イザヤはそれをこの様に呼んでいます。

7 No one calls on your name or strives to lay hold of you.
7 あなたの名を呼ぶ者はなく、みずから励んで、あなたによりすがる者はない。

This is the sin of going it alone. So much of our decision-making and life decisions are directed by circumstances or our own desires rather than by the will and guidance of God. I can think of three reasons why we don’t call on the name of the Lord and strive to lay hold of His Kingdom:
これは自分がしてしまう罪です。私達が生活している上で多くの私達の決断の成り立ちは神の導きや
意志よりも状況や自分達独自の希望によって私達の決断をします。
主の御名を呼び求めず、御国にみずから励んでよりすがることをしない3つの理由:を私は考えます。
i. pride プライド
ii. laziness (sloth) 怠惰
iii. doubt 疑い

All of these have a hugely negative impact on our lives and need to be repented from. Not just confessed, but repented – turned from. We need to “produce fruit in keeping with repentance” as John the Baptist put it).
これらの全ては私達の人生に大いに悪影響をもたらし悔い改めする必要があります。ただ告白する
だけではなく、悔い改めをし、神に立ち返るのです。私達は悔改めにふさわしい実を結べる必要が
あるのです (バプテスマのヨハネが言う様に)
We need to be routinely calling on the name of the Lord and striving to lay hold of what God would have for us.
私たちは常に主の御名を呼び求め、神がそなえていてくださることにみずから励んでよりすがる必要があるのです。
“Most Christians repent enough to get forgiven but not enough to see the Kingdom.”
たいていのクリスチャンは赦されるために悔い改めるが、御国を見るために悔い改めない。
Bill Johnson

Advent lesson #3: Get ready to repent and receive.
待降節レッスン3:悔い改め、受け入れる準備をする

The final section in this passage from Isaiah says this:
イザヤが言っているこの聖書個所の最後はこれです。
8 Yet you, Lord, are our Father.
We are the clay, you are the potter;
we are all the work of your hand.
8 されど主よ、あなたはわれわれの父です。われわれは粘土であって、あなたは陶器師です。
 われわれはみな、み手のわざです。

We cannot expect to receive the revelation of God, to encounter God and remain unchanged. It won’t happen. When we encounter God, we are changed. Our worldview, our lifestyle, our thinking, our routines, our will are all changed. And in a really good way. Despite the goodness of any change God brings, there is a risk factor for us.神の啓示を受け、神と出会い、変わらずにいるということは
望めません。そうはなりません。
神に出会うと私達は変えられます。私達の世界観、私達のライフスタイル、私達の思考、
私達の当たり前の行動、私達の意志は全て変わります。それはとても良い方向へです。
神が変えてくださることは良いことであるにもかかわらず、そこには私たちへの危険要因が
あります。

We risk going into the unknown. We risk living by faith. Faith is living a life in the unseen Kingdom of God. The righteous live by faith and without faith it is impossible to please God. We risk no longer having control over our own lives. We risk the goodness of God.
私達は未知の世界へ向かおうとするリスクです。私達は信仰によって生きるリスクです。
信仰は目では見えない神の王国で生きることです。正義は信仰によって生き信仰無しでは神を喜ばせることはあり得ないのです。私達はもはや自分達の人生を自分でコントロールする事が
出来なくなるのです。
私たちは思い切って神の善良さにかけるのです。

Salvation was not the ultimate goal of Christ’s coming. The redemption won on the cross made possible the higher goal of Christ – that is, the filling of every believer with the Holy Spirit, and the shaping of every believer into His likeness.
救いはキリストが来られた究極の目的ではありませんでした。十字架で勝利した贖いは、キリストの
より高い目的を可能にしたのです。つまり、信じる者すべてを聖霊で満たし、神と同じかたちに
変えられることです。 

Advent lesson #4: Get ready to be reshaped.
待降節レッスン4:作り変えられる準備をする

This Advent, let’s seek to better understand the revelation of God through the Christmas miracle and encounter God Himself through His revelation.
この待降節に、クリスマスの奇跡を通して神の啓示をよりよく理解し、神の啓示を通して神ご自身と
出会えるよう求めましょう。
To be sure, we are not seeking ‘experiences’. We are seeking God. We are seeking to personally develop a relationship with Him. We are seeking to understand that the birth of Jesus 2000 years ago means rebirth for us today, and the encounter with God that people had 2000 years ago remains today in the encounter of the Holy Spirit.
念の為に確認ですが、私達は‘特別な体験’を求めているのではありません。私達は神を求めている
のです。私達は個人的な成長を神との関係に求めているのです。2000年前にイエスがお生まれに
なられたというのは現在の私達の為に復活されたという事と人々は2000年前に神との出会があり
それ故、私達は今日、聖霊の出会いを求めているのです。

Pray.