The Gifts of the Holy Spirit (1) 聖霊の賜物

Our theme for this year is ‘Your Kingdom Come’. This is our desire.
私たちの今年のテーマは「御國が来ますように」ということでした。これは、私たちの切なる
望みです。
Our desire – our hope and our prayer – is that the Kingdom of God would be manifest in clear and practical ways in our lives and in our church.
私たちの願い、すなわち私たちが望んでいること、祈っていることは、神の御国が私たちのうちに、そして私たちの教会にはっきりと実用的に明らかになることです。
There are many ways that God’s Kingdom can come in and through us.
私たちが神の御國を見るには、いろんな方法があります。
We see it in salvation.
救済に見ることができます。
We see it in righteousness and justice.
正義と裁きに見ることができます。
We see it in changed lives – the fruit of the Spirit changing character.
生まれ変わった私たちの人生に見ることができます。聖霊の果実が私たちの性格を変えてくださるということです。
We see it in transformed minds – new world views and attitudes.
私たちの心の変化に見ることができます。これは、新しい物事の見方をするということと、真摯な態度を持つということです。
And we see it in the receiving and using of spiritual gifts.
そしてまた、聖霊の賜物をいただき、使うということにも見られます。
And this is what we will start looking at today.
今日はこの、いただいた聖霊の賜物をどのように使えばいいのかということを見ていきましょう。

A couple of weeks ago we had a powerful time of prayer, asking God to bless and empower us with the baptism/the filling of His Holy Spirit.
数週間前に、私たちは実りのある祈りの時間を持つことができました。神の声に耳を傾け、聖霊に強く満たされた時を持つことができました。
These experiences should never be one-off feel good moments, but rather, they should precipitate an ongoing movement of experiencing God, of increased hunger for His Word, of greater boldness to live the faith, of purposeful edification (building up) of each other, and of the receiving and nurturing of Spiritual gifts.
このような祈りの経験は、決して一度限りというような経験になるべきではなく、むしろ、神と触れ合うために続けるべきで、神の言葉を欲し、より強い信仰を持って生き、互いを育て、高めあい、霊的な賜物を受け取るべきです。

Jesus taught:イエスはこう教えました。
“Which of you fathers, if your son asks for a fish, will give him a snake instead? 12 Or if he asks for an egg, will give him a scorpion? 13 If you then, though you are evil, know how to give good gifts to your children, how much more will your Father in heaven give the Holy Spirit to those who ask him!”
Matthew 11:11-13
あなたがたによく言っておく。女の産んだ者の中で、バプテスマのヨハネより大きい人物は起らなかった。しかし、天国で最も小さい者も、彼よりは大きい。
12 バプテスマのヨハネの時から今に至るまで、天国は激しく襲われている。そして激しく襲う者たちがそれを奪い取っている。
13 すべての預言者と律法とが預言したのは、ヨハネの時までである。
マタイによる福音書11:11-13

So we are to continue seeking the blessing, the filling, the gifting, and the joy of the Holy Spirit.
私たちは神からの祝福、 充実、賜物、聖霊の喜びを求め続けるべきです。
Here are a few basic principles regarding the gifts of the Spirit before I get into defining them.
私が、聖霊の賜物についてそれらが’何であるかを述べる前に、言っておかなくてはならない、賜物についての幾つかの原則があります。
(I will define 10 of them today. Pastor Mike will teach on 9 of them in a couple of weeks.)
(全部で19ある賜物のうち、今日は、私が10の賜物についての原理を述べます。そして、マイク牧師が残りの9について2、3週間後にお話しします。)

Spiritual Gift Principle #1: Gifts are given by the Holy Spirit. You can ask, but you can’t decide. The Holy Spirit gives spiritual gifts according to His grace and wisdom. (1 Cor 12:11)
御霊の賜物の原理1:賜物は聖霊によって与えられる。賜物が何か求めることはできるが、自分で決めることはできない。聖霊が恵みと知恵によって御霊の賜物を与えてくださる。(第一コリント12:11)

Spiritual Gift Principle #2: Every Christian receives at least one spiritual gift. (1 Cor 12:7)
御霊の賜物の原理2:クリスチャンなら誰でも少なくとも一つの御霊の賜物を受けている。(第一コリント12:7)

Spiritual Gift Principle #3: No one Christian has all the gifts. (1 Cor 12:7,8)
御霊の賜物の原理3:すべての賜物を持っているクリスチャンはいない。(第一コリント12:
7,8)

Spiritual Gift Principle #4: No one gift is experienced by all Christians. (1 Cor 12:29,30)
御霊の賜物の原理4:クリスチャンならみんながもっている賜物はない。(第一コリント12:
29, 30)

Spiritual Gift Principle #5: The gifts are not given to play with or to brag about. They are given to bring glory to God, to build up the church and to edify other believers. (1 Cor 12:7)
御霊の賜物の原理5:賜物はもてあそぶものでもないし、自慢するものでもない。神に栄光を帰するため、教会を立て上げるため、他のクリスチャンを教化するために与えられている。(第一コリント12:7)

Spiritual Gift Principle #6: Spiritual gifts are to be eagerly desired. (1 Cor 14:1)
御霊の賜物の原理6:御霊の賜物は熱心に求められるもの。(第一コリント14:1)

Spiritual Gift Principle #7: Unless spiritual gifts are used in love, they are useless and even harmful. (1 Cor 13:1)
御霊の賜物の原理7:愛をもって用いられなければ、御霊の賜物は役に立たないし、害を及ぼすことにさえなる。(第一コリント13:1)

The gift definitions that follow (in no particular order) are taken from the SpiritualGiftsTest.com website and it’s this website that I will later send to all of you to complete online.
順番は不同ですが、次に挙げる御霊の賜物の定義は「聖霊の賜物」というオンラインのテストに載っています。そのオンラインのテストをみなさんに後ほど受けてもらいたいと思っています。

• Leadership リーダーシップ
The Holy Spirit gives the spiritual gift of leadership to some in the church to care for God’s people and lead them into a deeper relationship with Christ and each other.
聖霊はリーダーシップの御霊の賜物を教会の何人かに神の民を世話し、キリストとの関係、互いの関係がより深いものとなるように導くように与えられます。
Their goal is to help others grow in their spiritual walk with Jesus.
リーダーたちは教会の人々をイエス様と共に成長できるように助けるのが目標です。
They will always lead relationally and with a deep concern for the well-being of others.
リーダーたちは常に教会の人々の健全な生活に深い関心を示し、人々と関わっていきます。
They are “visionary” and less concerned with mundane details than those with the spiritual gift of administration.
リーダー達は管理や運営の賜物を持っている人々と違い、細かな目先のことではなく、将来の見通しに対して先見の目を持っています。

They are often willing to take risks to see the kingdom of God advanced through the church.
リーダー達は神の御国を教会にもたらすために努力を惜しまず、常にチャレンジし続けます。
They will go to great lengths to protect those under their care and are well-equipped to lead through crisis situations.
リーダー達は長期に渡り、自分たちの十分な知識を持って、ケアが必要な人々を危機から救い守っていきます。

See also Romans 12:8; 1 Thessalonians 5:12; 1 Timothy 3:4-5, 12; 5:17.

• Mercy 憐れみ
The Holy Spirit gives the spiritual gift of mercy to some in the church to love and assist those who are suffering, and walk with them until the Lord allows their burden to be lifted.
聖霊は憐れみの御霊の賜物を教会の何人かに苦しんでいる人たちを愛し、助けとなり、主がその人たちの重荷を取り除かれるまで共に歩むために与えられます。
The gift of mercy is founded in God’s mercy towards us as sinners and is consistently expressed with measurable compassion.
賜物である「憐れみ」は、罪人である私たちに対する神の憐れみに基づいており、常に「慈悲」という形となって表現されます。
Those with this gift are able to “weep with those who weep” (Romans 12:15)
この賜物を持っている人は泣く者と共に泣くことができます。ローマ人への手紙12章15節より。
and “bear one another’s burdens” (Galatians 6:2) 互に重荷を負い合いなさい.
They are sensitive to the feelings and circumstances of others and can quickly discern when someone is not doing well.
「憐れみ」は人々の感情や人々がおかれている状況に対して敏感であり、人々が困っている時に素早く見極めることができます。
They are typically good listeners and feel the need to simply “be there” for others.
「憐れみ」の賜物を持っている人々は、よく言われる聞き上手な人で、他の人々のために、ただそばにいて支えてあげることができます。
See Romans 12:8, Matthew 5:7; Luke 10:30-37;James 3:17; Jude 22-23.

• Miracles 奇跡
Miracles are given by God to the church to reveal the presence and glory of God among His people and to create a sense of awe and wonder and Godly fear.
奇跡は神の臨在と栄光を神の民の間で明らかにするため、畏敬、驚嘆の念、神への畏れを生み出すために神によって教会に与えられます。
Those with the spiritual gift of miracles often have a heightened sensitivity to the presence and power of God through His Holy Spirit.
「奇跡」という賜物を与えられた人々は、聖霊を通して、神の力とご臨在を強く感じることができます。
They have a special measure of faith and desire for God to reveal Himself and draw many to faith in His Son Jesus Christ.
神に対して特別な信仰と渇望をもっており、神のご臨在と神の子イエスキリストを通じて人々を信仰に導くことができます。
They take care not to draw attention to themselves or have a following of people, but are constantly pointing others to Jesus.
「奇跡」という賜物を持った人々は、決して目立つこともなく、人々の面倒を見るというわけでもないのですが、常に人々をイエス様に導いていきます。
Those with this gift understand that God is Sovereign and He can work when and how He desires, but they make sure they are available and listening to the prompting of the Holy Spirit.
賜物を持った人は、神はご自分がその様にしたい時はいかなる時であっても、働くことができるという様に、神が君主であるということを理解し、また、自分たちをいつでも、聖霊の声を迅速に聞ける状態においています。
This gift is often accompanied by prayer and strong petition for God to reveal His glory to people.
この「奇跡」という賜物は、よく、祈りと、神の栄光が人々の上にある様にと、嘆願する神に対する強い願いと共に現れます。
Often God will deliberately humble them to keep them relying on His grace and pointing to His Son, rather than miracles.
よくあるのは、神がこの賜物を持った人たちを、「奇跡」よりも、神の憐れみを頼り、神の子をいつも覚える様にするために、意図的に、謙遜する姿勢を持たせる様にします。
See also 1 Corinthians 12:10, 28-29; Acts 1:8; Galatians 3:5.

• Pastor/Shepherd 牧師/羊飼い
Pastors are called shepherds because they are called and gifted to care for the spiritual well-being of a local body of God’s people as a shepherd cares for sheep.
牧師は羊飼いとも呼ばれます。なぜなら羊飼いが羊を世話するように神の民の霊的健康を世話するように召され賜物を受けているからです。
This is not a gift only for the official ‘pastors’ of the church.
牧師であることは、賜物ではなく、教会の正式な聖職者であるということです。
Any believer can have this gift and use it in the church.
信者であれば誰でも、教会で牧師を務めるという賜物を使うことができます。
The goal of the pastor is to reveal the glory of God in Christ by the power of the Holy Spirit to a people who need God’s grace for life.
牧師という賜物の目指していることは、神の憐れみを必要としている人々に、聖霊の力を用いて、キリストによって神の栄光を現すことです。
The primary way the pastor will do this is by teaching the Word of God to the church and also by guiding, protecting, and leading members in the mission that God has for His church.
牧師にとって重要なことは、教会で神のことばを教えることによって、庇護しながら、教会の人々を与えられた神の使命に導くことです。
The pastor loves the Gospel of Jesus Christ and puts it at the center of his life and ministry.
牧師はイエスキリストの福音を愛し、福音を自身の生涯と伝道の中心におきます。
Pastors do not seek fame or recognition for themselves, but they are placed in a position of authority by the Holy Spirit.
牧師は自分の名誉や功労を認められることを求めず、しかし、聖霊によって自身を権威をもつ立場におくことができます。
Pastors are reminded daily of their overwhelming need for God’s grace in their ministry.
牧師は、宣教する中、常に、神の憐れみが私たちにどれだけ必要なのかをあふれんばかりに考えています。
See also Ephesians 4:11; Jeremiah 3:15; Acts 20:28; John 10:11-18.

• Prophecy 預言
The gift of prophecy is enables the believer to receive a divinely inspired message and deliver it to others in the church.
預言の賜物は神から与えられたメッセージを受け、教会の人たちに伝えることができるようにしてくれます。
Paul says in 1 Corinthians 14:1 to “earnestly desire the spiritual gifts, especially prophecy.”
パウロはコリント人への手紙の中でこのように言っています。
「また、霊の賜物を、ことに預言することを、熱心に求めなさい。」
This gift is for the benefit of both believers and unbelievers and is a sign that God is truly among His church (1 Corinthians 14:22-25).
この賜物は信者とそうでない人々にも役立っており、神が実際に教会に存在しているという印になっています。
Those with this gift are sensitive to both the prompting of the Holy Spirit and the needs of the church body.
この「予言」の賜物を持っている人は、聖霊の到来と教会に必要なことをとても強く感じることができます。
They should be humble and continually study the Scriptures in order to test these revelations before speaking them.
「予言」の賜物を持っている人は謙虚であるべきで、降りてくる神からの啓示を察知するために、常に聖句を学ぶべきです。
When they do speak, they should allow and even expect others to weigh what is said against the Scriptures and interpret the message accordingly.
神が自分に啓示を話された時、それを受け入れ、他の人々にが重きを置けるように、聖句に従い、また聖句を用いて、啓示のメッセージを解釈できるようにしてあげるべきです。
(1 Corinthians 14:4, 26).
See also Romans 12:6, 1 Corinthians 12:10, 14:1-5, Ephesians 4:11-12, 1 Peter 4:10-11.

• Serving 奉仕
The spiritual gift of service endows believers to fill the many gaps of ministry and meet the needs of the church as it fulfills the Great Commission.
奉仕の賜物は大宣教命令を実行するにあたり、多くの働きのギャップを埋め、教会の必要を満たすことができるようにします。
The goal is to energize the church and free up others to use their gifts to the fullest.
「奉仕」の賜物の目標は、教会を活性化する、そして他の人々を自由に各自の賜物を最大限に有効に使えるようにしてあげることです。
Those with the gift of service are committed to the spread of the Gospel.
この賜物を持っている人は福音を広めることに情熱を注ぎます。
They serve in ways that benefit others with different gifts and ministries that are more public.
違う賜物を持っている人々の利益になることを優先し、特に教会の外に向かって宣教活動をしていきます。
They have a heart devoted to Jesus and a desire to follow His command and example.
「奉仕」の賜物を持っている人は、イエスに献身的な心を持ち、神の命令に従い、神を手本とするという強い願望を持っています。
Those with this gift do not seek recognition or a position in the “spotlight,” they just love to help out.
この賜物を持っている人は、功労を称えられることを求めたり注目を浴びることを求めず、ただひたすら助けになることを喜びと感じます。
They are content with serving in the background knowing that their contribution will bless the church, display the love of Christ to the world, and bring glory to God.
後ろでそっと人々を支えることに満足を得、そのような貢献が教会にとって祝福となることを知っているので、神の愛を世界に知らしめ、神の栄光をもたらすのです。
See also Romans 12:7, 1 Corinthians 12:4-7; 28, Acts 20:35; 2 Timothy 4:11; Revelation 2:19.
ローマ人への手紙12章17節とコリンント人への手紙12章4節から7章の28節、使徒行伝20章35節、テモテ人への手紙4章11節、ヨハネの黙示録2章19節も後で読んでみてください。

• Teaching 教えること

Teachers have been entrusted with the task of effectively communicating what the Bible says, what it means, and how we as followers of Jesus Christ are to apply it to our lives here and now. 教師は聖書が何を言っているか、それがどういう意味か、イエス・キリストに従う者として私たちがそれをどのように適用すればいいのかをを効果的に伝える役目を任されています。
The spiritual gift of teaching is one that carries a heavy responsibility in the church.
「教えること」の賜物は教会で重要な責任を持つことができる人です。
In fact, James 3:1 warns,
実は、ヤコブ3章の1節にこう書かれています。
“Not many of you should become teachers, my brothers, for you know that we who teach will be judged with greater strictness.”
わたしの兄弟たちよ。あなたがたのうち多くの者は、教師にならないがよい。わたしたち教師が、他の人たちよりも、もっときびしいさばきを受けることが、よくわかっているからである。
The Holy Spirit gives certain people the spiritual gift of teaching so that they would help the church fulfill her ministry as “a pillar and foundation of the truth”
それは真理の柱、真理の基礎なのである (1 Timothy 3:15). テモテの3章15節からです。
Without this gift, the church would quickly fall into error and sin.
この賜物がないと、教会はすぐに堕落し、過ちと罪に陥ってしまいます。
Teachers are there to make sure that doesn’t happen.
教える人々はそんな堕落した状況が教会に起こらないようにしてくれるのです。
They hate when Scripture is abused and used out of context or with ill intent.
この「教え」の賜物を持った人たちは、聖句が乱用されたり、誤った意味で解釈されるのを、とても嫌がります。
They love the truth and speak the truth in love.
彼らは真実を愛し、愛をもって話します。
See also Ephesians 4:11; 1 Corinthians 12:28; Romans 12:7; James 3:1
エペソ人への手紙4章11節、コリント人へのコリント人への第一の手紙12章28節、ローマ人への手紙12章7節、ヤコブ3章1節も読んでみてください。

• Tongues 異言
Speaking in tongues is the utterance of prayer or of a message glorifying God, typically spoken to God (1 Corinthians 14:2), in a language that is unknown to the one speaking it.
異言を話すことは祈りや神を讃えるメッセージを口に出すこと、話している人には分からない言葉で神に話すことです。(第一コリント14:2)
Tongues can be human languages such as those heard in Acts 2, but often may be languages no one understands.
「異言」は第二使徒行伝にも書いてあるように、人間の言葉です。しかし誰にも理解することはできないとよく言われます。
Tongues are not “ecstatic speech” but are always orderly and are able to be controlled by the one speaking.
「異言」は我を忘れた時に出てくる言葉ではありません。「異言」は整然として聞こえますし、話している人がコントロールすることができます。
See 1 Corinthians 14:27-28, 33, 39-40
The Holy Spirit gives some believers the spiritual gift of tongues to glorify God and, with the help of an interpreter, to edify the church.
聖霊がある信者たちに「異言」を賜物として与えます。「異言」は、神を褒め称えるため、そして訳して理解すれば教会の道徳性を向上させ、啓発させるために役立ちます。

The use of this gift should be encouraged.
このような「異言」の賜物の使い方は奨励されるべきでしょう。
It should also be used with pure motives and intentions,in the power and prompting of the Holy Spirit.
純粋な動機と正しい意図、聖霊の到来と力とによって使われるべきでしょう。
See also 1 Corinthians 12:10, 30, 14:4, 39, Acts 2:4, Acts 19:6.
コリント人への第一の手紙12章10節と30節。14章の4節と39節。使徒行伝の2章4節。19章の6節もあとで読んでください。
• Interpretation of Tongues 異言の解釈
The spiritual gift of interpretation is given by the Holy Spirit to certain individuals to reveal messages spoken in an unknown tongue to God for the building up of the church.
異言の解釈をする賜物は教会を立て上げるため、神に知られていない異言で話されるメッセージを明らかにするためある人たちに聖霊によって与えられます。
Like the gift of prophecy, tongues that are interpreted have the effect of encouraging and blessing the church to love and serve God more deeply and effectively.
予言の賜物のように、解釈された「異言」は励まされますし、さらに深く、より神に仕え、教会を愛し祝福することに役立ちます。
See also 1 Corinthians 12:10, 30; 14:1-28.
コリント人への第一手紙12章10節と30節。14章1節から28節を読んでみてください。

• Wisdom 知恵
The Holy Spirit gives some the spiritual gift of wisdom to not only impart the truth and understanding to believers, but to invoke a response of holiness and worship lived out in the world and amongst God’s people.
聖霊は真理と理解を授けてくれるだけでなく、この世でそして神の民の間で聖くあり神を礼拝し生きることを促すために知恵の賜物を与えます。
Wisdom doesn’t end with knowledge, but is expressed in transformed hearts and lives.
「知恵」はただの知識だけには終わりません。「知恵」は心と人生に変化を表していきます。
Those with the gift of wisdom have a deep understanding of the holiness of God and the lack of holiness in their own hearts.
「知恵」の賜物を持っている人は神の清さをより深く理解しており、それがゆえ自分たちの心の中の清さが欠けていることにも気がつきます。
They can recognize this in others as well and have the compassion and boldness to share that truth with them.
「知恵」の賜物を持っている人は、他の人たちに清さが欠けているのにも気がつきますし、慈悲と勇気を持ってそのことを他の人々にも伝えます。
They are able to take from their own life experiences and share what God has taught them through those things.
自分の経験を打ち明け、神がそのような経験を通して教えてくれたことを他の人々にも伝えます。
They can easily recognize where a decision or action may lead and can warn against those that may be harmful or unfruitful.
決断や行動をどこですればいいのか容易に分かりますし、その決断や行動が有害だったり意味がないことを忠告することができます。
They can often see through the confusion of a situation and can give direction that would help an individual or group obtain a God-glorifying goal.
「知恵」の賜物がある人は混乱した場面でも物事を判断することができ、個人にでも団体にでも神の栄光を目標とした方向付けをしてあげることができます。
See also 1 Corinthians 1:17-31, 2:1-16, 12:8; Colossians 1:9-10, 2:1-3; James 3:13-18
コリント人へ第一の手紙1章17節から31節。2章1節から3節。ヤコブ3章13節から18節を読んでください。
I’ll pause there for today.
ひとまず今日は、ここで終わりにしましょう。
I want to encourage you, as Paul does, to eagerly desire spiritual gifts.
パウロがしたように、私も今日みなさんに霊的な賜物を望むことをお勧めします。
Learn more about them. (Follow up on the scripture references I have used today.)
もっと賜物のことを学んでみてください。今日私が紹介した聖書の箇所をぜひ読んでみてください。
Seek them. Pray for them – alone and with other members of the church.
求めてください。教会のみんなで、または一人で、賜物のために祈ってください。
Be patient in waiting for them and wise and loving in developing them and using them.
辛抱強く賜物をいただくまで待ってください。そして賢く愛を持って賜物を育み使ってください。

Praise be to the God and Father of our Lord Jesus Christ, who has blessed us in the heavenly realms with every spiritual blessing in Christ. Ephesians 1:3
ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神はキリストにあって、天上で霊のもろもろの祝福をもって、わたしたちを祝福し、
エフィソの信徒への手紙
1:3

Pray.

Pastor Mike
• Administration 運営
• Apostleship 使徒の身分
• Discernment 洞察力
• Evangelism 伝道
• Exhortation 説教
• Faith 信仰
• Giving 与えること
• Healing 癒す
• Knowledge 知識

http://www.spiritualgiftstest.com/spiritual-gift-of-teaching