God and Country Music
神様とカントリーミュージック

January 19th, 2020

Minoh International Church
Bradley Mawer

7 How precious O God is your constant love! We find protection under the shadow of your wings.

Psalms 36:7

7 ああ神よ。尽きることのない愛を、心から感謝します。あらゆる人が御翼の陰に身を隠します。

詩篇 36:7

3 The Lord appeared to us in the past saying: “I have loved you with an everlasting love; I have drawn you with unfailing kindness.”

Jeremiah 31:3

3 それは、かつてイスラエルにこう言ったからだ。わたしの民よ。わたしは永遠の愛をもっておまえを愛してきた。あわれみの綱でおまえを引き寄せてきた。

エレミヤ書 31:3

Let me tell you a secret about a father's love,
A secret that my daddy said was just between us,
He said Daddy's don't just love their children every now and then
It's a love without end, Amen

Chorus from the song ‘Love without end, Amen’ by George Strait
これはジョージ・ストレイト氏の曲「神様とカントリーミュージック」の歌詞です。

What’s your favorite type of music? Do you have one particular genre that you enjoy or do you enjoy different genres depending on the mood you are in? It’s an open question so would anyone like to share what type of music they like?
あなたの一番好きな音楽ジャンルはなんですか?それはある一つのジャンルですか?それとも気分によって様々な音楽ジャンルを楽しみますか?これは自由な質問なので、誰か答えをシェアしてくれる方はいますか?遠慮なく答えてくださいね。

My favorite type of music is Country music. I grew up listening to it and it’s something that I still enjoy very much. In fact, one of my favorite things to do is to play some country songs on YouTube and dance with my son Theo, who seems to enjoy country music as well. And George Strait or uncle George as I often call him is our favorite.
私の一番好きな音楽はカントリーミュージックです。子供の時からずっと聴いて育ってきたので、今でもとても好きな音楽です。実際に、最近私の一番好きなことは、カントリーミュージックをYouTubeで再生して息子のティオくんと一緒に踊ることです。彼もカントリーミュージックが好きな様です!そして、ジョージ・ストレイト氏(私は彼をアンクル・ジョージと呼んでいますが)が私たちの一番好な歌手です。

So why do I enjoy country music?
ではなぜ私はカントリーミュージックが好きなのでしょうか。

I enjoy country music because of the lyrics of the songs. Most of the songs have really deep meaningful lyrics that speak of life and love and relationships. Things that are easy to relate to. Keeping it real, so to speak.
私はカントリーミュージックの歌詞が好きなのです。ほとんどの歌詞には深い意味が込められていて、それは生きることや愛や人間関係について書かれています。とても身近で現実的な歌詞なのです。

In case you are wondering, Country Music is not the same as Gospel music. Someone once described the lyrics of country music songs in this way.
念のため説明しておきますが、カントリーミュージックはゴスペルミュージックとは違います。カントリーミュージックの歌詞について、ある人は次の様に述べました。

“It’s about partying on Friday and Saturday night, drinking or looking at girls in tight jeans, all the honky-tonk, but still going to church on Sunday and pounding the Bible. They’ll still acknowledge God and providence.”
金曜日と土曜日の夜にパーティーで遊び、酒を飲んで、女性をナンパをして楽しんでいても、日曜日の朝にはちゃんと教会へ行き、聖書から学ぶのです。つまり、人生を楽しんでいても神様の存在と愛は忘れていないのです。

Mark Wills, a country artist with 16 top-40 hits, says the real-life focus of country music provides ground for spiritual themes.
“In everyday-based music with real people, it will involve faith in God.”
マーク・ウィリスという、16枚のシングルがトップ40に入った人気のカントリーシンガーは次の様に言っています。「カントリーミュージックが日常生活に焦点を当てているので、神様へつながりやすく、人間の実生活に基づくこの音楽は、神様への信仰というテーマも含んでいます。」

I agree with Mark. Whether it is music or art, or anything that we do, when we shake off the ‘desire’ to please the world and focus on what truly is ‘real’, it will undoubtedly lead us to question our faith in God. And brothers and sisters, it is when we understand the one, true God that ‘real’ life begins to make sense. Country music very often touches upon those ‘real’ issues, so only naturally it gets us thinking about God.
私はマーク氏に賛成です。音楽にしろ、芸術にしろ、または私たちが行っている如何なる事においても、世の中を楽しませようと言う「欲望」を捨てて人生の「本当の意味」に焦点を当てると、私たちは必ず神様への信仰へ辿り着きます。そして、皆さん、私たちが真の神様を知った時、人生の「本当の意味」を理解することができるのです。カントリーミュージックはよくこの様な「真実」の問題に触れるので、カントリーミュージックを聴くと自然に神様について考えることができるのです。

Does anyone here know the song ‘Three Wooden Crosses’ by Randy Travis? It has been covered by other country artists as well.
ランディ・トラヴィス氏の「Three Wooden Crosses 」と言う曲を誰かご存知ですか。これは他のカントリーソング歌手にもカバーされています。

It’s a song I heard for the first time about a month ago and it left a big impression on me. So, this morning I’m going to use this song as the base for my message.
私は約1ヶ月前に初めてこの曲を聞きました。そして聞いた瞬間に強烈な印象を受けました。なので、今日はこの歌詞に基づいてメッセージをお伝えしたいと思います。

The song describes four passengers – a farmer, a teacher, a hooker and a preacher, on a mid-night bus traveling from the United States to Mexico.
What do you think they were going to Mexico for? Anyone?
この歌には4人の乗客が登場します。農夫、先生、売春婦、そして牧師です。彼らは深夜のバスでアメリカからメキシコへ向かっていました。さて、質問です。この四人は一体何のためにメキシコへ向かっていたのでしょうか。

Quiz time: Who was going to Mexico for what reason?
クイズです。誰が何のためにメキシコへ向かっていたのでしょうか?

Well, the farmer was going on vacation, the teacher for higher education, the hooker and the preacher were going to ‘Save lost souls. Yes, friends sometimes it’s the saved lost souls that do more to save others than those who have never experienced being lost.
農夫は休暇のため、先生は勉強のため、そして売春婦と牧師は「人を救う」ためにメキシコへ向かっていたのです。勘違いしやすいのですが、一度も挫折を経験したことのない人よりも、挫折から救われた事がある人こそが、他人に救いの手を差し伸べる事ができるのです。

The bus is involved in a fatal accident due to the bus driver not seeing a stop sign only to be hit by an 18-wheeler truck. Now, there are 3 wooden crosses on the sideway where the accident happened.
そのバスは、運転手が停止サインを見落としたために、大型トラックと衝突し、致命的な事故を起こしてしまいました。その結果、乗客の何人かが死亡し、事故が起きた場所の横に三つの木製の十字架が建てられました。

So, the question is why are there 3 wooden crosses and not 4? (The song focusses on the passengers so we don’t know what happened to the driver. Poor guy!)
ではなぜ3つの十字架しかないのでしょうか?なぜ4つではないのでしょうか。(歌は乗客の事にしか触れていないので、運転手がどうなったかは分かりません!)

Anyway, is it because only 3 people died and 1 survived? Is it because all 4 died but only 3 deserved to have crosses laid down for them? What do you think happened and what do you think they left behind when they died?
とにかく、3人が死に、1人が助かったからでしょうか?それとも、4人全員が死にましたが、その内3人にしか十字架が建てられなかったからでしょうか?皆さんはどう思いますか? その事故で何が起こり、そして死んだ人達は何を残したのでしょうか。

The song goes on to share what exactly happened – the farmer died leaving behind a harvest and a son who loved farming and would follow in his dad’s footsteps, the teacher died leaving behind knowledge in the hearts and minds of the children she taught. The preacher died leaving behind his bloodstained Bible in the hands of the hooker. The hooker survived! So, that solves the mystery of why there are only 3 wooden crosses.
その答えは歌の後半にあります。農夫が死に、残されたのは「収穫と息子」でした。息子は農業に対する愛情が深く、父親の道を歩んでいくでしょう。先生が死に、彼女が教えた生徒の心に「知識」を残しました。牧師が死に、売春婦の手に「自分の血だらけの聖書」を残しました。売春婦が生き残ったのです。ですから、3つしか十字架がなかったのです。

The song goes on – This story of the 3 wooden crosses was being shared by a preacher at a Sunday service and as he shared this story he takes out the bloodstained Bible for everyone to see and he tells his congregation – ‘The preacher left this Bible to my Mama who gave it to me’.
歌は続きます。この「3つの十字架」の話は教会の牧師によって語られましたが、その時牧師は血だらけの聖書を手にして皆に語ったのです。そして次の様に言いました。「事故で亡くなった牧師がこの聖書を私の母に渡したのです。そして私は母から聖書を譲り受けました。」

A simple Country Music song! Let’s take a few minutes to listen to this song before I continue with the message.
とてもシンプルなカントリーミュージックですが、その意味はとても深いです。メッセージを続ける前に、まずこの歌を聴いてみましょう。

So, we can learn a few things from this song.
そうです、私たちはこの歌から学ぶ事が出来ます。

First, as the saying goes ‘Never judge a book by its cover’. Listening to the first verse of the song, we can so easily allow our preconceived opinions of people get in the way. It is something that we do all the time. At school, at work, on the bus, in the train, in our conversations, in our gossip. We judge people! Let us stop doing that because there is only one judge.
まず、「人は見かけによらぬ」という言葉通り、この歌の最初の部分を聴くと、私たちがいかに偏見から判断しやすいかがわかります。私たちがいつもしてしまう事です。学校であれ、職場であれ、バスであれ、電車であれ、会話やゴシップでも、私たちは人を裁いたり批判したりしてしまいます。それはやめましょう!なぜなら裁いたり批判したりする権利は神様にしかないからです。

11 Brothers and sisters, do not slander one another. Anyone who speaks against a brother or sister[a] or judges them speaks against the law and judges it. When you judge the law, you are not keeping it, but sitting in judgment on it. 12 There is only one Lawgiver and Judge, the one who is able to save and destroy. But you—who are you to judge your neighbor?

James 4:11-12

11 皆さん。互いに悪口を言い合うのをやめなさい。それは、「自分を愛するように人を愛しなさい」という律法を批判し、律法をさばいているのです。あなたがたのなすべきことは、律法の良し悪しを言うことではなく、それに従うことです。 12 正しくさばくことのできる方は、律法を定めた神おひとりです。神だけが、私たちを救ったり、滅ぼしたりすることができるのです。それなのに、あなたは何の権威によって人をさばいたり、批判したりするのですか。

ヤコブの手紙 4:11-12

Second, what we do, each and every one of us, is important. It’s important not because we want to get a degree or a doctorate, or earn more money or become successful. It’s important because what we do and how we do determine how well we are serving God.
次に、私たち全員が普段行なっている事はとても重要です。それは学位や博士号を取得するためだから、もっとお金を稼ぎたいから、もしくは成功者になりたいから大切なのではありません。私たちが普段何をどの様に行なっているかは、私たちがどれくらい神様に仕えているかを決めるからです。

23 Whatever you do, work at it with all your heart, as working for the Lord, not for human masters, 24 since you know that you will receive an inheritance from the Lord as a reward. It is the Lord Christ you are serving.

Colossians 3:23-24

23 人に対してではなく、主に対してするように、何事においても心からしなさい。 24 報酬を下さるのは主キリストであることを忘れてはなりません。キリストは、所有しておられるものの中から、有り余るほどの相続財産を与えてくださいます。あなたがたは、この主キリストに仕えているのです。

コロサイ人への手紙 3:23-24

Finally, what we do has an impact on the people around us. We leave a footprint for people to follow. How we lead our life directly impacts our family, our friends, our colleagues and even the strangers we come in contact with on a daily basis.
最後に、私たちが普段行なっていることは周りの人に影響を与えています。後から来る人に足跡を残しているのです。私たちがどの様に人生を歩んでいるかは、私たちの家族、友人、同僚、そして日常で出会う見知らぬ人たちにも影響を与えているのです。

The farmer left his love for farming in his son. The teacher left her knowledge in the hearts of her students. The preacher left his Bible in the hands of the hooker, who gave it to her son who ended up becoming a preacher. What are you leaving for people to pick up? Is your life and the choices you make, based on self-interest or is there a bigger purpose to it all?
農夫は息子の心の中に農業への愛情を残しました。先生は生徒の心の中に知識を残しました。牧師は売春婦の手に聖書を残しました。そして彼女はその聖書を息子に残し、彼は牧師になったのです。皆さんはどうですか?何を残しているのでしょうか?あなたの人生やあなたが下した選択は自分だけのためですか?それともより大きな目的のためでしょうか。

As Christians we have a bigger responsibility than everyone else. Our responsibility is to point people to Jesus. Our mission is to save lost souls. We don’t do what we do just for the sake of doing it. We are here and we do what we do because God has put us in this position to serve a higher purpose.
クリスチャンとして、私たちは他の人より大きな責任があります。私たちの責任は人をイエス・キリストへ導くことです。私たちの使命は「迷った人を救う」ことです。私たちはただしなければならないからするのではありません。神様が、私たちを神様の目的を達成するためにお使いになったので、私たちは今ここにいて、するべき事を行なっているのです。

God has a plan and we are a part of that plan- the plan to show others the way to him. Very often we lose sight of that purpose and when we do that, everything becomes stressful and worry and anxiety tend to pile up. We get so caught up in saving ourselves all the time that we forget trying to save others.
神様は全てをご計画されていて、私たちもそのご計画の一部なのです。つまり、私たちの役割は人を神様へ導くことです。私たちはよくその計画を見失ってしまいます。すると、全てがストレスになり、不安と心配が積み上がってくるのです。自分のことで精一杯になり、他人のことを考えて救う余裕はなくなってしまいます。

Have you been in such a situation? Are you in such a situation now? Can you see the purpose of your life? If you can, praise God for showing it to you. If the picture is hazy and you are unsure or you have no idea as yet then ask God to show you what his plan and purpose for you is?
皆様はいかがですか?そのような状況に置かれた事がありますか?もしくは今まさにその様な状況ですか?自分の人生の目的が見えていますか?見えているなら、神様に感謝してください。もしその目的がはっきり見えていない、もしくは全く分からないなら、神様に心から祈り、その目的を教えてくださいとお願いしてください。

In the song, each person served a purpose; the farmer, the teacher, the hooker and the preacher. It’s the same with us. It doesn’t matter how trivial or how important our jobs might be, each and every one of us has a purpose.
歌の中では、全ての人が目的を果たしました。農夫も、先生も、売春婦も牧師もです。私たちも同じです。私たちがしている仕事や勉強がどんなに小さいものであっても、大きなものであっても、それは関係ありません。全ての人の人生に意味があり、目的があります。

At the start of this New Year, let us take the time to understand how God wants us to serve his purpose this year. Spend time talking to God, seek clarification for your doubts, offer praise and thanks if you already have clarity and then go out and live for God.
新年のスタートである今、神様に自分の人生の目的が何かを確認してください。神様とゆっくり話し、不安や疑問があれば神様にぶつけてみてください。神様の目的通りに人生が進んでいると思えるなら、神様に感謝してください。さあ、これから神様のために生きて行きましょう。

Prayer

Teach me, Lord, the ways of truth,
So I may not abuse my youth
In idle things that will not give
Instructions in the way to live.
 
Bless me with a godly mind
That I may walk and be most kind
To all of those who may not know
The Christian way in which to go.
 
Teach me, Lord, in my old age
To see your goodness in every page
Of my Bible as I read
Of how you'll meet my every need.
 
Please teach me, Lord, this prayer
I pray To serve you now in every way.