God is Not Fair 神様は不公平

It’s pretty easy to see by looking around the world that God is not fair.
世界中をちょっと見回しただけで、神様って不公平だなと思いがちです。
We have rich and poor, healthy and sick, beautiful and ugly, safe and dangerous, clever and stupid, good and evil.
なぜなら、お金持ちの人もいれば、貧乏な人もいる。健康な人もいれば、病気の人もいる。きれいな人もいれば、醜い人もいる。安全に危険。頭のいい人、悪い人。善人、悪人。
We Christians like to say that God is just and righteous and good but does this really stand up to the realities in the world?
私たちクリスチャンにしてみれば、神様は義なる正しいお方だと言いたいところですが、本当にこの世の中に正しいことをされているのでしょうか?

Today, let’s look at 3 areas where God seems to be ‘unfair’ and see if that’s really the case.
今日は、「神様が不公平だ」ということについて3つの領域からみていきましょう。
Distribution of natural talents and weaknesses
持って生まれた才能と弱さの分け与え
On one hand, God made people like my nephew Josh who is one of the finest physical specimens on the planet, and currently training for the Olympic Games in cross board skiing. And on the other hand we have, well…David.
一方では、神様は私の甥っ子にあたるジョシュア、この地球上で、標本のような最高の肉体を持ち、オリンピックに出場する為にクロスボードスキーのトレーニングをしているというジョシュアをおつくりになられました。そしてまた、一方では、この世界には、、デイビッドさんのような人も、、、、。

Is this really fair? こんなことが、本当に公平だと言えるでしょうか?
How can we say that God is fair when there is such obvious discrepancy in natural talents and abilities?
生まれ持った才能と能力にこれほど明らかな相違があるのに、神様は公平だと言えるでしょうか? Quiz time! クイズの時間です!
Because God really isn’t fair after all
神様は結局のところ公平ではないから。
Because God has a great sense of humour and this discrepancy is actually really funny
神様はユーモアセンスに富んでおり、この相違は実におもしろいことであるから。
Because something really terrible will happen to Josh later to balance out the karma
後にジョッシュにはカルマの宿命でひどいことが起こるから。
Because God sees things differently from the way we see them
神様は物事を私たちが見るのとは違う見方で見られるから。
The answer is d. 答えはDです。
God doesn’t see physical strength or ability or intelligence. He sees the heart.
神様は体力、能力、知能を見ません。神様は心を見ます。

But the Lord said to Samuel, “Do not consider his appearance or his height, for I have rejected him. The Lord does not look at the things people look at. People look at the outward appearance, but the Lord looks at the heart.” 1 Samuel 16:7
しかし主はサムエルに言われた、「顔かたちや身のたけを見てはならない。わたしはすでにその人を捨てた。わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔かたちを見、主は心を見る」。サムエル記上16:7

You may not be able to see yourself as God sees you.
あなたは、神様が私たちのことを見られているようには、自分自身のことを見ることができません。

You may not be able to see how God can use your weaknesses and shame to display His strength but that is what faith realises.
また、自分の弱さや、恥を通して神様が強さを見せてくれているなんてことはわかるはずもないですよね。でも、そんなとき、信仰や誠実さが神様の強さに気づかせてくれるんです。

I refer to the feeding of the 5000. [image] イエスが5000人の人を食べさせた話をお話ししましょう。
Jesus told the disciples to feed them. イエスは弟子達に食べるように言いました。
They told him it was impossible because they only had 5 loaves and 2 fish.
弟子達は5斤のパンと2匹の魚しかないので、みんなが食べることは不可能だとイエスに話しました。
Jesus’ response? “That’s enough! Bring them to me.” The disciples saw 5 loaves and 2 fish.
イエスの答えは何だったでしょうか?「それで十分です。私のところに食べ物を持って来なさい。」弟子達は5斤のパンと2匹の魚というふうに見ましたが、
Jesus saw enough to feed 5000 and have 12 baskets left over.
イエスは、5000人を食べさせるのに十分な食料というふうに見ました。そして12のかごにまだ有り余る程の食べ物だと思ったのです。
Jesus saw as God sees.イエスは神様が見た、考えたものと同じものを見て考えたのです。

A modern day example. 現代の例をあげてみましょう。
You might know Nick. ニックのことをご存知な方もいると思います。
This guy [image] was born with no arms and no legs. この人です。ニックは生まれつき両腕も両足もありません。
That’s what you see. わたしたちは彼のことをそう見ますよね?
But that’s not what God sees. でも、神様は彼のことをそうは見ていません。
Many people would want to abort him before birth. ほとんどの人々は彼のような人が生まれる前に堕胎手術をしてしまうでしょう。
Many would certainly say his future was hopeless. ほとんどの人々は彼のような人の人生は絶望的だと思うでしょう。
Yet Nick gave his life to Christ and lives life to the full. しかし、ニックは神様に自分の人生を捧げて充実した人生を送っています。
He has the love of God in him and travels the world sharing the love of God with thousands.
ニックは神様の愛を一心に受け、世界中を周り、神様の愛をみんなに伝えているのです。
How is this possible?どうしてこのようなことができるのでしょうか?

Because God sees things differently from the way we see them.
なぜなら、神様は物事を私たちが見るのとは、違う見方で見られるからです。
He does not consider Nick’s appearance or his height or his limbs but rather looks at his heart.
神様はニックの外見などは気にしておらず、彼の身長や骨格を見ているのではなく、彼の心を見ているのです。
God doesn’t consider how you look or what you can do. All he really cares about is your heart and your faithfulness to Him.
あなたがどのように見えるか、あなたに何ができるかは神様は気にしていません。神様が気にしているのは、あなたの心とあなたの神への誠実さだけなのです。

2. Distribution of ‘luck’ ’運’の分け与え
On one hand we have Dunc: Australian, successful businessman, good health.
一方で、ダンカン、オーストラリアの成功者、ビジネスマン、健康そのもの。
On the other hand, well…Pierre: Canadian, sold very few kayaks to date, bad knees.
そのまた一方で、、、ピエールさん。カナダ人で、英語教育の分野から脱出することができず、膝をいためています。
But seriously we can cite many examples of some really tragic discrepancies.
しかし、本当にきりがないぐらい悲惨な違いを、こんな風にあげることができます。
On Mothers’ Day we celebrate mothers but how hard this day is for those women who remain childless.
母の日には、お母さん達をお祝いします。しかし、この母の日が子どもを持たない女性達にしたらどんなにつらいことでしょう。
We celebrate the birth of a healthy child but what about the child who suffers from a deformity or illness or severe eczema or Aspergers?
私たちは健康な赤ちゃんの誕生をお祝いします。しかし、健康でない赤ちゃん、奇形を持って生まれて来たり、生まれつき病気だったり、深刻なアトピーをもっていたり、アスペルガーのようなコンディションを持って生まれて来た赤ちゃんはどうでしょうか?
Two men go off to war. One gets shot and can no longer walk, the other returns home fine to a normal life. 二人の男性が戦争に行きました。一人は銃で撃たれて、歩くことが出来なくなりました。もう一人は、何事もなく無事に無傷で家に帰ることが出来ました。
We can cry ‘unfair’ with life events involving finance, health, relationships – almost anything.
私たちは、経済的なこと、健康、人間関係、などありとあらゆることについて「不公平だ」と嘆きます。
How can we say that God is fair when there is such obvious discrepancy in life events?
人生の出来事にこれほど相違があるのに神様は公平だと言えるでしょうか?
Quiz time again:また、クイズの時間です。
Because God has a mean streak
神様には意地悪なところがあるから
Because God has left us all equally to our own devises
神様は私たちが好き勝手にするように放っておかれるから
Because pain is God’s megaphone
神様は困難を通して私たちの注意を引こうとしておられるから
Because God sees things differently from the way we see them
神様は物事を私たちが見るのとは違う見方で見られるから。
The answer is d.答えはDです。
God sees the hardship, but He also sees opportunity and the purpose.
神様は困難を見ています。しかし機会とその目的も見ているのです。

This is not an easy topic, hence the number of Psalms dealing with the problem of pain and addressing why sometimes the good suffer and the evil prosper.
これは、簡単な問題ではありません。それゆえ、詩編で何度も、痛みの問題や、意味のある苦しみと、悪の繁栄について取り上げられています。
But there are some fundamental things to understand when it comes to tragic life events.
しかし、私たちの人生に大きな惨事がおこったときに、なぜおこったのかを、次のような基本的な考え方が理解できるように助けてくれます。
Firstly, 最初に、we are not to confuse ‘life’ with ‘God’. ‘人生’と‘神様’を混同してはいけません。
We live in a sinful, broken world. 私たちは罪深い、壊れた世界に生きています。
We are not to think that anything that happens must be God’s will.
私たちは、この世で起こること全ては、神様の意志だと思ってはいけません。
On the contrary, I think most things that happen in this world are not God’s will.
それは全く正反対で、この世で起こるほとんどのことは神様の意志ではありません。
Secondly, as we have been studying this year,
次に、今年に入って学んで来たように、
the kingdom of God and the kingdom of this world are two completely different kingdoms. 
神の御国とこの世の王国とは全く別のものです。
They are not to be confused. これらのことを混同してしまってはいけません。
One is seen, the other is unseen. 一方は見えますが、もう一方は見えません。
One a kingdom of sight, the other is a kingdom of faith.
一方は見える国ですが 、もう一方は誠実の国です。
One is a kingdom of pride and self-sufficiency, the other is a kingdom of humility and dependence.
一方は高慢と自己満足ですが、もう一方は謙遜と依存です。
One is evil, the other is good.
一方は悪ですが、もう一方は義です。
And so we are told to pray, ‘Your Kingdom come [into this kingdom], Your will be done (here where it is currently not done]”.
ですから、私たちは祈りなさいと言われています。御国が来ますように。(この地上に神の御国が来ますように。)みこころが天で行なわれますように。(神のみこころが行われていない、この地上でも行なわれますように。)
But there can be purpose to ‘bad luck’ or suffering.
しかし‘不運’や苦しみにも目的があります。
Jesus tells us it’s an opportunity for God to be glorified. What does that mean?
イエスはこう言います。そのような不運や苦しみの時は、神の栄光が輝く絶好の機会であると。どういう意味でしょうか?
It means that.
それは、こういう意味です。
it’s an opportunity for God’s Kingdom to be manifest in this kingdom through healing, through expressions of love and mercy and through revelation.
癒しを通して、愛と憐れみを表すことを通して、啓示を通して、神の御国がこの世の王国で明らかにされる機会なのです。

I can’t explain the mystery of this but Keiko Sugimoto-san would likely never have come to Christ if she had not fallen ill.
私は、次のような謎をうまく説明することはできませんが、杉本桂子さんが病気になっていなかったなら、おそらくキリストの前に来られることはなかったでしょう。
I know in speaking to David, that his own faith and ability to see as God sees and the peace that comes from that is the result of the hardships that he has recently been going through.
デイビットと話をしていて、彼の今持ち合わせている誠実や能力は神にもらったもので、そこから平穏が生まれる。現在彼が経験しているつらい体験を通して神からもらった結果は、平穏である。
My own faith and ability to serve and minister for God would not be what it is if I hadn’t spent three years hobbling in pain before being healed.
私が、昔、三年間も椎間板ヘルニアで悩まされ、その後癒されなかったら、私の、今現在の
神に仕える誠実さと能力はなかったでしょう。

It was thirty years ago but it shapes my faith to this day.
椎間板ヘルニアを煩ったのは30年前のことです。しかし、その時の癒しは、今日の私の信仰を形づけてくれました。
Having said that, we are never to be content to just find meaning in our struggles.
そう考えてみれば、私たちの身におこった災難の意味を知るだけでは、私たちは、決して満足しませんよね。
The call is always to pray heaven into the world, to seek healing and recovery and wholeness.
いつも御国をこの世にもたらすよう祈ること、癒しと回復、完全となることを求めることが私たちに求められていることです。

This is a huge topic but let me make one more comment on it before moving on.
これは、大きな議題です。しかし、次の話に進む前にもう一度この話をさせてください。
On my last trip to Australia I had the pleasure of meeting up with Father Rob Sutherland, an Anglican minister who serves as an army chaplain.
私が、前回オーストラリアに旅行したとき、アングリカン教会、中でも、軍隊の教会のロブ、サザーランド牧師に会うことができました。
He is a contributor of the book “Moral Injury” which goes way beyond PTSD to look at the moral (and spiritual) injuries that returning soldiers have to deal with.
彼は「モラルインジュリー、道徳的な傷」という本に投稿し、「道徳的な傷」それが何かというと、心的外傷後ストレス障害を遥かに超えた、道徳や精神に影響を与える傷、その心の傷と向き合っていかなければならない帰還した兵士達のことを書いた本でした。
He said that one of the greatest ways of addressing the hardship of loss, betrayal and guilt, and to bring healing, is to share with them how God understands because His Son also had to deal with loss, betrayal, guilt and so on.
彼はこういいました。つらい喪失、裏切り、罪悪感に取り組み、癒しを与える最良の方法の一つは、神もまた、ご自分の御子が喪失、裏切り、罪悪感と向き合わなければならなかったから、神は理解してくださるということを、元兵士達と分かち合うことだと。

I love what one poet wrote: 私はこのような詩が好きです。
For me He was chastised, for me He was hated
私のために神は罰せられた、私のために憎まれた
For me He was rejected by a world that he created.
私のために神はご自分が造られた世に拒絶された

For we do not have a high priest who is unable to empathize with our weaknesses, but we have one who has been tempted in every way, just as we are—yet he did not sin. 16 Let us then approach God’s throne of grace with confidence, so that we may receive mercy and find grace to help us in our time of need. Hebrews 4:15-16
この大祭司は、わたしたちの弱さを思いやることのできないようなかたではない。罪は犯されなかったが、すべてのことについて、わたしたちと同じように試錬に会われたのである。 16 だから、わたしたちは、あわれみを受け、また、恵みにあずかって時機を得た助けを受けるために、はばかることなく恵みの御座に近づこうではないか。ヘブライ人への手紙4:15-16

So our weaknesses can lead us to God. The truth of this is transforming.
だから、私たちの弱さは神へと導いてくれるのです。このことを証明するのは、私たちの変化です。

3. Distribution of Grace 恵みの分け与え
On one hand we have God who is perfect and holy and righteous.
一方で、神は完全で清い、そして義である。
And on the other hand we have, well…me who is categorically imperfect, unholy and unrighteous (apart from Christ).
そして、一方で、、、私、アンドリューは、神からは、かけはなれており、不完全で、清くはなく、不義です。 How can we say it’s fair that someone like me (or you) should be friends with Almighty God and go to heaven?
私(又はあなた)のような者が全能の神様と友となれて、天国に行くなんて公平だと言えるでしょうか?

Quiz time again:またクイズの時間です。
Because God has no sense of justice
神様には正義感がないから。
Because God needs someone like me in heaven to point at as a reminder of what sin does to a person
神様には私のような者が天国に必要で、罪が人にどんな影響を与えるかを思い出させてほし   いから。
Because God is a big old softy after all
神様は結局のところなんともお人よしな方だから。
Because God sees things differently from the way we see them
神様は物事を私たちが見るのとは違う見方で見られるから。

The answer is ‘d’ 答えはDです。

God sees with the eyes of mercy and grace. 神様は憐れみと恵みの目で見られます。
He sees with eyes of love.
神は愛の目で全てを見られます。
It’s in God’s mercy and grace that things really don’t add up from a worldly perspective.
神の憐れみと恵みはこの世の中では意味をなしません。
It’s in love that God sees beyond our failures and sins.
神は私たちの失敗や、罪をもろともせず、卓越した愛の目でみてくれるということです。
This is the only way that God really is unfair (in a really good way).
このことは神様が不公平だといっても、なんらさしつかえのない唯一の ことだと思います。With mercy we do not get the punishment that we deserve and with grace we get the blessing that we do not deserve.
憐れみのゆえに私たちは受けるべき罰を受けなくてすみ、恵みのゆえに受けるに値しない祝福を受けているのです。

This is simply not fair. このことは、公平ではありません。
This unfairness is identified in the parable of the lost son.
このような不公平さは 放蕩息子の例え話にみることができます。
The older son spots the discrepancy a mile off and makes a complaint.
長男はその矛盾点を指摘し、父に不満を伝えました。
It’s not fair that this son takes half the estate, squanders it on wild living and then comes waltzing back home.
その放蕩息子が父親の財産の半分を豪遊に使い果たしてしまい、堂々と家に帰ってきたのです。真面目に過ごして来た長男にとっては、なんと不公平なことでしょうか。
The same with the parable of the workers. 労働者の例えも同じです。
It’s not fair that those who start work late in the day should be paid as much as those who work a full day. That’s not fair!
遅い時間に出勤する人たちが、一日中働いている人たちと同じお給料なのは、まったく不公平です!

Grace is not fair. 恵みは公平ではありません。
It’s not simply that God ignores our sin. It’s that He deals with it in a way that we never could.
それは、神様が私たちの罪を見逃してくれるからだということではありません。それは、神様は私たちとは違った見方で物事を決めておられる、采配しておられるということなのです。
Let’s say a man was drink driving, went through a red light and ran over and killed a child.
たとえば、一人の男が酔っぱらい運転をしていて、赤信号を無視し、子どもをひき殺してしまったとしましょう。
In court, the man says that he is genuinely very sorry and promises to not do it again, will the judge just let him go? 裁判所では、いくらこの男が、どんなに後悔していて、もう二度と同じ過ちは起こさないからと言っても、裁判官はこの男を無罪にしますか?
Of course not. For there to be justice, the right penalty must be paid.
もちろん、そんなことはあり得ません。法の下にこの男は何らかのとがめを受けなければなりません。
He has to go to jail and/or pay a very large fine. That’s fair. That’s justice.
彼は、刑務所に入らないといけないでしょうし、かなり高額な罰金を払わなければならないでしょう。それが、公平というものです。それが、正しい裁きです。

It’s the same with us before God.
神の前での私たちも同じです。
We are guilty in the court of God and a sorry heart alone is not enough to pardon us.
私たちは神様の裁きの場では罪人です。そして、悪かったと後悔するだけでは許してはもらえないのです。
The penalty must be paid. 罪は償わなければならないのです。
Jesus paid our penalty – the sinless dying for the sinful – so that we can be restored to the Father.
イエスが私たちの罰を受けました。罪の無いお方が罪人のために死なれたのは、私たちが父なる神の元に立ち返ることができるためです。
It’s not fair. We don’t deserve it. But it’s the only way God could reconcile us back to him.
それは公平なことではありません。わたしたちはそんなことに値するような人間ではありません。しかし、それが私たちが神様のもとに帰る為の唯一の方法だったのです。

For Christ also suffered once for sins, the righteous for the unrighteous, to bring you to God. He was put to death in the body but made alive in the Spirit. 1 Peter 3:18
キリストも、あなたがたを神に近づけようとして、自らは義なるかたであるのに、不義なる人々のために、ひとたび罪のゆえに死なれた。ただし、肉においては殺されたが、霊においては生かされたのである。ペトロの手紙一3:18

And if that were not grace enough, He has given us the extended deluxe salvation package at no extra cost with new life through His Spirit.
その恵みが十分でないと思うなら、神様はさらに私たちを精霊で新しく生まれ変わらせてくれて、おまけに、すばらしい救済までセットでつけてくださいます。
The forgiveness of sins and the infilling of the Holy Spirit are gifts of grace, not anything earned by works, received by belief and baptism into His Son Jesus.
罪の赦しと聖霊の満たしは恵みの賜物です。行いによって得たのではなく、御子イエスを信じ、バプテスマを受けたからです。

Peter spoke to the crowd at Pentecost:
ペテロはペンテコステの群衆に向かってこういいました。
Repent and be baptized, every one of you, in the name of Jesus Christ for the forgiveness of your sins. And you will receive the gift of the Holy Spirit. Acts 2:38
すると、ペテロが答えた、「悔い改めなさい。そして、あなたがたひとりびとりが罪のゆるしを得るために、イエス・キリストの名によって、バプテスマを受けなさい。そうすれば、あなたがたは聖霊の賜物を受けるであろう。使徒言行録2:38

It’s not fair. But let’s thank God that grace is not fair. 
まったくもって、公平ではありません。しかし、神の恵みが公平ではないということに感謝しましょう。
Let’s continue to pray for and support those who are struggling at this time and let’s give thanks and praise to God that He is not fair in dealing with our sins.
今、困難に直面しておられる方々のために引き続き祈りましょう。そして、神に感謝して、神の私たちの罪に対する不公平さ、(または)寛容さをたたえましょう。

As always I would like to encourage you to talk with me more after the service about getting right with God, receiving grace and living a life of faith in Christ.
いつも言っていることですが、この礼拝の後、どなたでも、神様の恵みを受け取る、神との信仰を持つという生活を築かれたい方によろこんでお話をさせていただきたいと思います。
Pray.