God the Son: His Death and Resurrection
子なら神:その死と復活

August 25th, 2019

Minoh International Church
Pastor Joseph Ricohermoso
1 Corinthians 15:1-28
コリント人への手紙1:1-28

Introduction

The Apostles’ Creed reads in part:
使徒信条ではこのように書かれてある

I believe in God the Father almighty, creator of heaven and earth.
全能の父である神を信じます

I believe in Jesus Christ, His only Son, our Lord. He was conceived by the power of the Holy Spirit and born of the Virgin Mary.
父のひとり子、わたしたちの主イエス・キリストを信じます。主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ

He suffered under Pontius Pilate, was crucified, died and was buried. He descended to the dead. On the third day He rose again.
ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられて死に、葬られ、陰府(よみ)に下り三日目に死者のうちから復活し

Today, we’re going to consider the last point we’ve read. “He suffered under Pontius Pilate, was crucified, died and was buried. He descended to the dead. On the third day He rose again.”
今日はその最後の部分を考えてみます。つまり「ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられて死に、葬られ、陰府(よみ)に下り三日目に死者のうちから復活し」

  1. Jesus Christ’s suffering and death
    イエス・キリストの苦しみと死

Christians appear to be people centered around the cross on which Jesus died. They often put large crosses on their church buildings and set small ones on their altars … like that one. Many believers wear crosses around their necks; some wear cross-shaped earrings; some even have a cross tattooed on them. Several of the best-loved hymns or songs of the Christian church are about Jesus’ cross: “At the Cross,” “The Old Rugged Cross,” etc.
クリスチャンはイエス様が死んだ十字架を中心に置いて信念を持っているように見えます。教会の建物に大きな十字架を設置したり、祭壇のところに小さな十字架を飾ったりします。このような十字架。多くの信者は十字架を首に掛けたり、十字架の形をしたピアスを付けたり、十字架の刺青を入れている人もいます。教会で最も愛されている賛美歌の中でも十字架を中心にした賛美歌があります。

On the surface, this preoccupation with a symbol of death is gruesome. After all, the ancient Roman practice of crucifixion was one of the most humiliating and painful ways to die. And in light of the scourging Jesus endured just before His crucifixion, the image of the cross seems even more horrible.
表面的から見ると死のシンボルである十字架に夢中していることは酷いかもしれません。そもそも十字架に貼り付けた人を死なせるという古代ローマの習慣はとても屈辱的で痛いものでした。そして、死んだ前に十字架でイエス様が耐えた苦しみを考えると十字架のイメージはさらに酷くなるはずです。

This state of affairs seems absurd. Have Christians totally lost their focus? The emphasis is in the wrong area – religious leaders should be honored for their lives and good works, not for their deaths. We need their teachings, not their tragedies.
何かがおかしいと思いませんか。クリスチャンたちはその焦点を失っているのではないでしょうか。その信仰の強調のポイントはずれているのではないか。宗教指導者はその死よりは生き方や良い行いで尊敬するべきではないか。その悲劇ではなく、その教えが必要です。

No other major world religion has such a fixation on its founder’s death. Who cares how Muhammad or the Buddha died? Certainly, their deaths aren’t the basis of Islam or Buddhism. What, then, is the point of all this talk of “the cross of Christ?”
世界の他の宗教を見ても、その第一人者の死に焦点をおく宗教はありません。モハマドやお釈迦様がどうやって死んだかに興味を持っている人はいますか。確かに、彼らの死はそれぞれの宗教であるイスラム教と仏教の基盤になっていませんね。従ってキリストの十字架に焦点をおく理由は何でしょうか。

First of all, the Christian’s interest is NOT in the cross itself but in what it represents – the death of Jesus Christ.
まずクリスチャンの興味は十字架自体にではなく十字架が意味とすることにあります。つまりイエス様の死です。

Second, the Christian’s absorption with Christ’s death does not indicate a sick obsession with His crucifixion, but shows a clear awareness of its significance.
次にキリストの死に焦点を置いてあるクリスチャンはその死に方に興味を示しているのではなくその死の重要性を理解していることにあります。

The cross on which Jesus hung was only a piece of wood, but the One who died there was being punished for the sins of every human being. The Cross, therefore, stands for what the Savior did for all of us.
イエス様が殺された十字架は単なる木材のものでした。ただ、彼はその十字架に全ての人間の罪の負担を背負って死んだのです。だから十字架はイエス様が私たちのためにしてくれたことのシンボルになっています。

ILLUSTRATION:

In a CBC News posted on Aug 08, 2019, I read a good-news story about credit card debt.
2019年8月8日にCBCニュースがクレジットカード借金についてのニュースを読みました。

U.S.-based Chase Bank is forgiving all outstanding debt owed by users of its two Canadian credit cards: the Amazon.ca Rewards Visa and the Marriott Rewards Premier Visa. The bank retired both cards last year and said it’s wiping out cardholders’ debt to complete its exit from the Canadian credit card market. Affected customers can’t believe their “luck.” [https://www.cbc.ca/news/business/chase-bank-amazon-visa-marriott-credit-card-debt-1.5239411]
アメリカのチェス銀行がカナダで発行されている二つのクレジットカードを持っている人々のクレジットを全て免除するというニュースでした。チェス銀行はその二つのカードをキャンセルして、カナダ市場から身を引くことを考えていたのでそのカードの利用者のクレジットを全て免除することを決断した。利用者はもちろんその喜びを隠せません。なんて幸運なことです!

Here’s an even better news! The New Testament (NT) says God paid the debt of all our sins by substituting Christ’s death for ours. He took your punishment so you wouldn’t have to; He died so you could live. His sacrificial death is the capstone of the whole substitutionary atonement system.
でもさらに良い知らせがあります。新約聖書によると、十字架でのキリストの死によって神様が私たちの罪の借金を全て免除してくれたのです。イエス様は私たちの代わりに死んでくれたのです。私たちが生きれるためにイエス様が死んだのです。私たちの罪はキリストの贖罪によってのみ取り除かれている。

  1. Jesus Christ’s resurrection
    イエス・キリストの復活

Even if we were to grant the possibility of Jesus being crucified, surely this news of coming back from the dead is ludicrous. How can a thinking person accept that as fact, not fiction?
イエス様が十字架で殺されたということを認めても死から復活したという話は愚かな話に聞こえますね。普通に考えている人はその話を事実としてどのように受け入れるのでしょうか。もはやそれはフィクションではないか。

It strains every intellectual muscle to affirm a corpse living again after three (3) days. Christian teaching, with all its lofty wisdom and high ideals, looks silly in the allegation that Jesus was seen up and about after He died. Why can’t we have Jesus without this “foolishness”?
死体が死の三日後に復活するということは一所懸命考えてもその理由と状況を理解できません。その高い知恵と理想を持っているクリスチャンの教えはいはキリストの死の三日後の復活というありえない話をなぜ含めているのでしょうか。この愚かな話抜きのキリストは無理のでしょうか。

Though unbelievers deny it, though the intellectual elite and liberal thinkers call it foolishness, the truth of the resurrection of Jesus Christ is very important. In fact, if there is one doctrine, one belief that sets Christianity apart from all other religions and belief systems in the world, it is the doctrine of the bodily resurrection of the Lord Jesus from the dead.
神を信じないものはこのことを否定し、知的層といわゆる人や自由主義者はこのことを愚かなことと呼んでいるにも関わらず、キリストの復活という真実はとても重要です。実際にはキリスト教を世界のその他の宗教から見分けて区別するものは「キリストが死から復活した」という教えです。

The resurrection is the central doctrine of Christianity. Everything we believe and hold sacred stands or falls on the fact of the resurrection. If Jesus did not rise from the dead, then we are no better off than the worst sinner!
キリストの復活はキリスト教の中心的な教えです。私たちが信じていることが全て復活という事実にかけています。もちイエス様は復活していなかったなら私たちも最も罪の多い人と同じです。

If Jesus did not rise from the dead, then the Bible is a lie and we have no hope!
もしイエス様が復活していなかったなら聖書は嘘で私たちに希望がありません。

If Jesus did not rise from the dead, then we have no Gospel to preach and no Savior to preach about, we are of all men most miserable! If Jesus did not rise from the dead, then He Himself was guilty of deception.
もしイエス様が復活していなかったなら私たちには教える福音もないし救い主もないです。私たちは惨めな人に過ぎない!もしイエス様が復活していなかったなら彼自身が詐欺師に過ぎないです

Jesus answered and said to them, “Destroy this temple, and in three days I will raise it up.”

John 2:19

イエスはお答えになりました。「わかりました。この神殿をこわしなさい。三日で建て直してみせましょう。」

ヨハネの福音書 2:19

“Therefore My Father loves Me, because I lay down My life that I may take it again. No one takes it from Me, but I lay it down of Myself. I have power to lay it down, and I have power to take it again. This command I have received from My Father.”

John 10:17-18

わたしが再びいのちを得るためにいのちを投げ出すからこ そ、父はわたしを愛してくださいます。だれもわたしの意に反して、わたしを殺すことはできません。わたしが、自分から進んでいのちを捨てるのです。わたしには、いのちを自由に捨て、もう一度それを得る権威と力があるからです。父がこの権威を下さったのです。」

ヨハネの福音書 10:17-18

Five (5) times He said that He would get up out of the tomb. Destroy the resurrection and Jesus is reduced to the status of being an ordinary man; He is no longer God.
イエス様はその墓から復活することを5回も言いました。復活なしではイエス様がただの人に過ぎない。彼はもはや神ではありません。

And declared to be the Son of God with power according to the Spirit of holiness, by the resurrection from the dead.

Romans 1:4

しかも、死んでのち復活することにより、神のきよい性質を備えた、力ある神のひとり子であることが証明されたのです。

ローマ人への手紙 1:4

Destroy the resurrection and you have destroyed the reason for our justification, Romans 4:25.
復活なしでは私たちが信じていることの正当性の理由が台無しになります。

Who was delivered up because of our offenses, and was raised because of our justification.

Romans 4:25

主イエスは、私たちの罪のために死なれました。そして、私たちを神との正しい関係に入れ、神の恵みで満たすために復活なさったのです。

ローマ人への手紙 4:25

No wonder the Devil hates the doctrine of the resurrection as no other. If he can convince men that Jesus is dead, then they will never believe unto salvation. Perhaps this is why he had already put it into the minds of men to doubt the resurrection before it had ever happened.
だからサタンは復活の教えを何よりも嫌いです。もし人々にイエス様が死んでいると確信できたら彼らは決して救われません。だからイエス様が復活する前から復活の疑いを人々の心に刻み込んだのです。

ILLUSTRATION:

The Sadducees in Mark 12:18 and even some in the church doubt whether or not there was a resurrection (Read: 1 Corinthians 15:12).
マルコの福音書12:18においてのサドカイ派も教会の人々の中でも復活を疑われている人がいます。

I thank God this morning that I know the resurrection to be a fact! Let’s look together at His resurrection and worship Him.
復活は事実であったことを知って神様に感謝しています。一緒にイエス様の復活をみてイエス様を賛美しましょう。

  1. It was prophesied – verse 4
    復活は預言されたことです

“And that He was buried, and that He rose again the third day according to the Scriptures”

1 Corinthians 15:4

葬られたこと、そして預言者たちの語ったとおりに、三日目に復活されたことです。

コリント人への手紙Ⅰ 15:4

  1. The resurrection was not an event about which men knew nothing. It had been predicted before it happened.
    復活は人々が知らなかったことではなかった。起こった前に預言されていたのです。

The Psalmist told about it

“For You will not leave my soul in Sheol, Nor will You allow Your Holy One to see corruption.”
Psalm 16:10

神は私を死人の中に置き去りにせず、墓の中で朽ち果てるのをお許しにならないからです。

詩篇 16:10

The Savior told about it – Matthew 12:38-40; John 2:19; Mark 8:31
イエス様はマタイの福音書12:38-40 ヨハネの福音書 2:19とマルコの福音書8:31では自分の復活について預言したのです。

  1. The resurrection was illustrated before it took place.
    復活が起こった前にその様子は描かれていたのです

By Isaac – Genesis 22 (In Genesis, Isaac is seen on the mount of sacrifice. The next time he is seen, he is alive and well, claiming his bride.)
イサクにより創世記22章

By Jonah – Matthew 12:38-40 (It’s the only sign Jesus would give!)
ヨナによりマタイの福音書12:38-40

  1. The prediction and fulfilment of the resurrection prove that Jesus is worthy to be followed and worshipped.
    復活の預言と実現はイエス様に従いイエス様を賛美する価値があることを証明しています。
ILLUSTRATION:

One day a young girl proclaimed her faith as a Christian. A skeptic nearby responded by saying, “Which Christ? Aren’t there many?” Her answer was a classic. She said, “Sir, there are many pretenders, but I worship the One which rose from the dead!”
ある日若い女性がクリスチャンとしてその信仰を宣言しました。すると隣にいた無神論者がこのように言った「どのキリストを信じているの?たくさんいるじゃないですか」彼女がこう答えた「確かに偽物が多いが、私は死から復活したキリストを信じています」

  1. It has proof – verses 5-8
    復活の証拠があります

Let’s just cite 3 or 4 of them…
3つから4つの証拠だけを紹介しましょう

Human Reasoning

The Roman guard and seal! The disciples were fearful and helpless. They couldn’t steal the body. The Romans wouldn’t steal the body. Therefore, that only leaves God
人間的理論から:ローマの警備隊とその封印。弟子たちが怖がっていて無力だった。イエス様の死体を盗むことは無理だった。ローマ人は死体を盗む訳がなかった。すると残るのは神様だけです。

Now may the God of peace who brought up our Lord Jesus from the dead, that great Shepherd of the sheep, through the blood of the everlasting covenant.

Hebrews 13:20

偉大な羊飼いである主イエスを死者の中から復活させてくださった平和の神が、どうか、あなたがたに、神の御心にかなった行いをするのに必要なすべてのものを満たしてくださいますように。神とあなたがたとの間に立てられた永遠の契約の血によって、それが可能となりますように

へブル人への手紙 13:20-21 JLB

Human Testimony

It’s NOT a hallucination! There were more witnesses to the resurrection of Jesus than to the signing of the Declaration of Independence! Yet, no one doubts that that document was signed! How is it that some try to doubt the resurrection?
人間的証言:それは妄想ではありません。アメリカの独立宣言の署名式を見た人よりはイエス様の復活を確認した人が多い!でも、その書類が署名されていることを誰も疑わないのです。でもなぜ復活を疑うのでしょうか。

Human Nature

People are not willing to die for something they do not believe in. Yet, the disciples were willing to give up everything, including their lives because they believed Jesus was alive!
人間的性質:信じないもののために死ぬことはないでしょう。しかし弟子たちは全てを捨ててイエス様のためなら死んでもいいという人生を選んだのです。

Common Experience

The disciples were saddened by the death of Jesus and hiding in fear, yet 3 days later they were happy and filled with power. The only explanation is that He rose from the dead.
よくある経験:キリストの死で三日間弟子たちが悲しみに苦しんでいた。しかし三日後には喜びに満ちていたのです。このことを説明できるのは復活という事実しかありません。

  1. Its purpose – verses 13-23
    その目的

It clarifies the gospel (v.14)
福音を明白にします

A dead Savior can’t save anyone! The Gospel hasn’t been preached unless we are told of the death, burial and the resurrection of Jesus Christ.
死んだ救い主は誰も助けれないのです。イエス様の死と埋葬と復活なしでは福音を伝えられません

It validates our faith (verses 14, 17)
私たちの信仰を有効にする

The resurrection says that what we believe has power and gives hope and peace!
復活による私たちが信じていることに力があり希望と平和をもたらします。

It assures our justification (Romans 4:25)
私たちの義認を確信させます

Because Jesus lives, it means God had accepted His death as payment for the sins of all who will put their faith in Him. Therefore, He sees us not as sinners, but as saints through the blood of Jesus!
イエス様が生きているから神様はイエス様を信じる人の罪を許していることを意味とします。従って私たちは罪人ではなくイエス様の犠牲で救われた聖人なのです。

It anticipates our future (verses 22-23)
私たちの未来を予期します

Jesus is our guarantee! Because He lives, we shall live also! (1 Thessalonians 4:16-17). Because He lives, there shall also be a reunion someday – 1 Thessalonians 4:13!
イエス様は私たちの保証です。彼は生きているから私たちも生けれます。イエス様が生きているからこそいつかその再会が実現します。

Conclusion/Application

I have met and continued to help people who go through unbearable sufferings. Some have even caused them to question God’s love. Time and time again, I try to help people find their bearing by going back to what God says in the Holy Scriptures.
私は牧師の仕事を通して耐えれない苦しみに直面している人を何人にも出会えました。その苦しみによって神様の存在に疑問を持った方もいます。でも何回も何回も私は聖書に書かれていることに戻るのです。

Suffering is a mystery that causes anguish to many Christians. Sometimes it calls the love of God into question.
苦しみはクリスチャンにとって不安を起こすミストリーなんです。それは時には神の愛を疑う材料ともなります。

The suffering of Jesus Christ on the cross at Calvary does not explain suffering. However, it does reveal that God Himself is willing and able to allow Himself to go through all the pain and suffering that His creation experiences.
十字架でのイエス様の苦痛は苦しみを説明しているものではありません。しかしそれは神様も私たちが痛い思いをする苦しみも経験していることを証明します。

We are not talking of a God who stands far off from His world, aloof and distant from its problems. We are dealing with a loving God who has entered into our human situation, who became human and lived among us as one of us.
私たちが信じている神様は遠くから世界を見下ろして私たちの問題に関わりたくない神様ではありません。神様は愛に満ちた神様です。人間の形をとり、人間として私たちの間に生きていた神様なんです。

Jesus Christ suffered and died.

Since the children have flesh and blood, He too shared in their humanity so that by His death He might break the power of him who holds the power of death—that is, the devil—and free those who all their lives were held in slavery by their fear of death

Hebrews 2:14~15

神の子どもである私たちは、血も肉もある人間です。そこでイエスも、血肉を持った人間の姿でお生まれになりました。それは人間として死ぬことにより、死の権力をふるう悪魔の力を打ち砕くためです。これだけが、一生涯死の恐怖の奴隷となっている人間を救い出す方法だったのです。

へブル人への手紙 2:14-15

We are not offering some soothing words to ease the pain of death and dying, words with no foundation in reality, such as saying, “It’s all right” when in reality things could not be worse.
私たちは死の痛みを和らげる言葉を提供していません。基礎のない意味のない言葉ではありません。その状況ははるかに大丈夫でないのに「大丈夫よ」と無駄に言っていません。

We are talking about a real and decisive victory over death, by which its power is broken. A new attitude to death and dying is possible because a new situation has dawned.
私たちは事実で死に勝ち取った力のことを言っています。死の力はもう存在しません。イエス様は死を通したのです。だから死んい対して新しい見解を持ってください。

Thank God, He lives! I praise the Lord for Matthew 28:6,
イエス様が生きている!神様に感謝です

“He is not here, for He is risen as He said. Come see the place where the Lord lay!”

Matthew 28:6

だがもう、イエスはここにはおられません。前から話していたように復活されたのです。中に入って、遺体の置いてあった所を見てごらんなさい。

マタイの福音書 28:6

Because He lives, we live!
イエス様が生きているから私たちも生きています

Because He lives, we can have everlasting life.
イエス様が生きているから私たちには永遠の命があります

Because He lives, life itself is worth living!
イエス様が生きているから人生を生きる意味があります