Going the Distance
生涯をかけた歩み

24 March, 2019


Pastor Andrew Miller

I have been a Christian since childhood. I don’t ever remember not believing in God or walking with Christ, and I praise God for that. I praise God because I know my heart of flesh and its weaknesses, so I understand the truth of the scriptures which say that love covers a multitude of sins (1 Peter 4:8). I’m thankful that through a lifetime of Christian living God has protected me from many harmful behaviours and reckless living.
私は子供の時からクリスチャンです。神様を信じていなかった時や、キリストに従っていなかった時は一度もありません。常に神様を賛美してきました。なぜなら、私は自分の心も弱点もよく分かっているので、聖書に書かれている通り、「愛は多くの罪を補う」と言うことを理解しているからです。そして、クリスチャンとして生きてきた事で、神様が私を悪い行いや無謀な生き方から守ってくださったことに感謝しています。

Yet I have faced many challenges along the way. I was recently asked to share how, as a Christian, I have learned to overcome things like doubt, confusion, temptation, hurt, disappointment, loss and other hardships. So this morning, I would like to share with you from scripture and by testimony how to overcome these things as we live in a world which is often hostile to our faith. I would like to share with you three things to overcome in going the distance in Christ.
しかし、このクリスチャンとしての人生において、様々な困難に向き合ってきました。私は最近、クリスチャンとしてどの様に「疑い、困惑、誘惑、痛み、失望、喪失、その他のあらゆる困難」を乗り越えてきたのかと尋ねられました。なので今朝は、私たちの信仰に対して時には厳しい世の中において、どの様にこれらの困難を乗り越えれば良いのか、聖書の言葉と自分の証を通してみなさんに伝えようと思います。クリスチャンとして歩む上で、乗り越えるべき3つのものをみなさんと分かち合いたいと思います。

  1. Doubt. The struggle for the assurance of salvation and maturity in the faith
    「疑い」罪からの救済の確信と信仰の成熟に対する苦闘

To be honest, I have never really doubted the existence of God or the resurrection of Christ. There is simply too much evidence for both for there to be much doubt. I have never doubted that salvation is through Christ and Christ alone. But I have doubted my own receiving of salvation – that somehow I’ve got it wrong, that my own belief is maybe off-track or misguided. To a certain degree my faith walk looks different from that of the early Christians in the New Testament and in years gone by I’ve worried that maybe my faith is something well intended but nevertheless off the mark. That I might find myself as one of the people to whom Jesus says, “Away from me you evildoer, I never knew you’.
正直言うと、私は一度も「神様の存在」と「キリストの復活」を疑ったことはありません。どちらも充分な証拠があり、疑う余地がありません。そして、イエス様だけを通して、罪から救われるという事も疑った事がありません。しかし、自分がその救いを受けられるかどうかを疑ったことがあります。それは自分の信仰の仕方が間違っていたり、少しずれているかもしれないという思いからです。つまり、私の「信仰の歩み」は新訳聖書の早期クリスチャンとはある程度違っていたので、過去には、自分の信仰はよく考えられているが、もしかしたら見当違いのものになっているかもしれないと心配した時期もありました。
それは、自分自身が
『あなたがたのことは知らない。ここから出て行きなさい。あなたがたがしたのは悪いことばかりではありませんか。』
とキリストに言わる様な人になっているかもしれないと思ったからです。

In my final year of high school I was confronted by another student in my grade who had joined a Christian cult. He succeeded in convincing me from scripture that my faith was empty and that I was not saved. Spiritually speaking, this destroyed me. Yet I knew that God was real, that Jesus was the only means of true salvation and that the presence of the Holy Spirit was the seal which marked this salvation. We both agreed on this truth, yet our understanding of what that salvation then looked like in the believer was different.
高校三年生の時に、クリスチャンカルトに所属していた同級生に敵対されました。彼は聖書の言葉を使って、私の信仰は「空のもの」で、私は「救われていない」と納得させたのです。精神的に、このことは私を打ち砕きました。しかしそれでも、私は「神様が本当に存在し、救いはイエス様を通してしかないという事、そしてその救いに導くのは精霊の存在であること」を知っていたのです。彼も私もその考えには同意していましたが、信者にとって救いとはどの様なものであるかという点において、お互いの理解は違っていました。

This set me off on what turned out to be a one-year pilgrimage. A search and rescue mission for my soul. I was so hungry for the truth, for salvation, for God’s presence in my life, that I studied the Word passionately every day. I would come home from school, do my homework and study as quickly as I could, then spend hours pouring through the scriptures looking for the answers to the big questions.
この出来事は、私を1年間の巡礼の旅に導きました。自分の魂を探し求め、救助するミッションでした。真実、罪からの救い、人生における神様の存在、を強く求めていたので、私は1年間毎日「聖書」を熱心に勉強しました。学校から帰ってくると、出来るだけ早く宿題を終わらせ、何時間も聖書の勉強に費やし、この「大きな難問」の答えを探し求めました。

One of the key verses for me in finding the assurance of salvation was:
「罪からの救済の確信」を得るために重要であった聖書の章は次の章でした。

If you confess with your mouth, “Jesus is Lord,” and believe in your heart that God raised him from the dead, you will be saved.

Romans 10:9

もし自分の口で、「イエス・キリストは私の主です」と告白し、自分の心で、「神はイエス・キリストを死者の中から復活させてくださった」と信じるなら、あなたは救われるのです。

ローマ人への手紙 10:9

Now, it wasn’t as simple as just finding a verse because I still had to understand what the words ‘confess’, ‘Lord’ and ‘believe’ really meant. But once I understood that, I could make that confession, call Jesus ‘Lord’ and believe in Him with my life. And so I received the assurance that my heart was looking for.
聖書の章をただ見つけると言う単純なものではありません。なぜなら私は「告白」「主」「信じる」という言葉の本当の意味を理解しなければならなかったからです。しかし、ひとたびそれを理解してからは、告白し、イエス様を自分の主と呼び、命をかけて彼を信じることができました。そして、自分の心が探していた「確信」も得ることができました。

This whole process illuminated the truth of another scripture to me:
この過程において、別の聖書の章の真実も明らかになりました。

Therefore, my dear friends, as you have always obeyed—not only in my presence, but now much more in my absence—continue to work out your salvation with fear and trembling, for it is God who works in you to will and to act in order to fulfill his good purpose.

Philippians 2:12,13

愛する皆さん。私がそちらにいた時、あなたがたはいつも、私の教えに従順に従ってくれました。離れている今はなおさら、しっかりしてください。深い尊敬の思いをこめて神に従い、神に喜ばれないことからは手を引きなさい。 13 神は人の心に働きかけて、従おうとする思いを起こさせ、神が望まれる行いができるように助けてくださるのです。

ピリピ人への手紙 2:12-13

This passage made it very clear to me that finding salvation and growing to maturity in Christ will not happen by attending church every Sunday and Bible studies once a week. These things are wonderful and important but some people attend them for years and either never know God or they never mature in their faith.
この聖書の章は、毎週日曜日に教会に通い、週一回聖書勉強会に出席することでは、救いとキリストにおける信仰の成熟を得ることはできないと言うことをはっきりさせてくれました。教会へ通う事も聖書勉強会に参加する事も素晴らしいく大切なことですが、何年出席していても神様を知らず、また、信仰を成熟させられない人もいるのです。

Salvation and maturity in the faith will only come through a belief Christ that is powered by a hunger for the truth, and a consuming of God’s living Word.
救済と信仰の成熟は、キリストを信じること、真実を求める欲と神様の御言葉からしか得られません。

It is the truth of God’s Word, living and active in a person, which leads them to put their faith in Christ, to receive the Holy Spirit and to live under His leading. There is nothing more important in life than this.
神様の御言葉の真実が人の内に宿り、それによってキリストを信じ、精霊を受け入れ、神様の導きに従っていくことができます。人生において、これより大切なものはありません。

If you struggle with doubt, I encourage you to be hungry for the Word, and be hungry for the Spirit of Christ to dwell within you because no-one else has the words of eternal life.
もしあなたが疑いと苦闘しているなら、御言葉を知ること、自分の内にキリストの精霊が生きることを強く求めてください。永遠の命の言葉を持っている方は他にいないからです。

  1. Poor health. The struggle with physical hardship
    「病弱」 肉体的な困難への苦闘

If my struggle with doubt led to a saving knowledge of Christ, it has been my struggle with poor health that has led to a powerful experience of Christ. And it’s between the knowledge of salvation and the experience of the Holy Spirit, that I have seen my faith grow. It’s an unfortunate truth that the times of greatest growth in the faith are the times of greatest pain.
「疑い」への苦闘によってキリストの「救い」いについて理解できたとしたら、「病弱」との苦闘は、私をキリストとの力強い経験に導いたと言えます。そして、救いの知識と精霊の経験によって、私の信仰が成長したと思います。不幸なことですが、痛みの最も大変な時期にこそ、信仰の最大の成長があります。

Paul was spot on when he wrote to the Roman church that
パウロはローマ人の教会に次のように語りましたが、これを言い当てています。

We glory in our sufferings, because we know that suffering produces perseverance; perseverance, character; and character, hope. And hope does not put us to shame, because God’s love has been poured out into our hearts through the Holy Spirit, who has been given to us.

Romans 5:3-5

ですから私たちは、さまざまの苦しみや困難に直面した時も喜ぶことができます。それによって忍耐を学ぶからです。忍耐によって私たちの品性が磨かれ、さらに、それによって希望が与えられるのです。こうして、私たちの希望と信仰は強められ、どんなことにも動じなくなるのです。この希望は失望に終わることはありません。それは、神が聖霊を与えてくださり、その聖霊が私たちの心に神の愛を満たしてくださっているからです。

ローマ人への手紙 5:3-5

My own experience confirms the truth of this word. When I was in my early 20s, an abseiling accident left me in terrible pain for three years. For three years I hobbled around with sciatic pain that no doctor could relieve. For three years I prayed so hard and wondered why God wasn’t listening, or if He was listening, why He wasn’t helping me.
自分自身の経験により、この言葉が真実であることを確信できました。20代前半の時、アプザイレンの事故(ロープを使って高所から下降する時の事故)によって3年間ひどい痛みを経験しました。坐骨神経痛により足を引きずって歩きました。しかしどの医師もそれを治すことができませんでした。3年間私は一所懸命祈り、神様はなぜ私の祈りを聞いてくれないのか、そしてもし聞いてくれているとしたら一体どうして助けてくれないのか、と思っていました。

Many of you know this story. One day in Tokyo I hobbled into a church and watched a visiting American preacher pretend to heal people. He was a total charlatan – or so it appeared to me. But I went forward anyway, arrogant, irreverent, to expose this guy as the faker that he was. When he came to me, he didn’t even listen to what I had to say. He just declared my healing in Jesus’ name, pushed me over and then went on to the next poor sucker. It was such a disappointing experience – except for the fact that I never had that pain again. Jesus healed me. This experience taught me that it was not my prayers, my faith, my desperation, that would bring healing. It was only Jesus who would bring me healing. He wasn’t only my Lord and Saviour but my Healer as well.
みなさんの中で、この話を知っている人もいます。ある日、私は足を引きずりながら東京のある教会に入りました。そこで、アメリカから来日していた牧師が「人を治しているふりをしている」のを見ました。彼は完全にペテン師でした、と言うか、私にはその様に見えました。そこで私は傲慢で失礼な態度で前へ出ていき、彼の嘘を暴こうとしました。彼は私のところへ来て、私の話は一切聞こうともせず、ただイエス様の名の元で、私の回復を宣言しました。そして、私を押しのけて、次の人のところへ進みました。とてもがっかりするような体験でしたが、その日から一度も私はその痛みを感じなくなりました。イエス様は私の痛みを治したのです。この体験は、私の祈り、信仰、必死さは癒しをもたらすのではなく、イエス様だけがその癒しをもたらすのだという事を教えてくれました。イエス様は私の主と救い主だけでなく、私の治癒者でもあります。

Years later, I would be hit with a serious illness which hospitalised me for months. There was no miraculous healing this time. God would still heal me but it would be through the work of doctors. This process taught me something different. It taught me that even in the face of real, ominous hardship, there was still joy to be found in Jesus. This, I learned, was because situations like that strip your life down to its most basic foundations. And when I stripped away all the physical strength, the material comforts and securities, what I found remaining there alone in the centre of my life was Jesus. And His presence brought, amidst all the hardship (which was heavy going), a joy like no other.
数年後、私は激しい痛みによって、数ヶ月の入院を余儀なくされました。今回は奇跡的な治癒ではありませんでした。神様は再び私を治してくれましたが、今回は医師たちを通しての治癒でした。この過程で、また違うことを学びました。それは本当に恐ろしい困難の中でも、イエス様に喜びを感じられるという事です。これはなぜかというと、困難な状況において、人生はもっとも基本的な状態に戻るからです。そして肉体的な強さ、物質的な快適さ、安全、など全ての物を失った時、私の人生の中心に残っていたのはイエス様でした。そして、とても困難な状況の中でも、イエス様の存在は私に喜びを与えてくれました。

This experience taught me that the presence and the joy of the Holy Spirit is supreme. It also taught me the value and the power of praise in the midst of hardship. The gospel song I sang most frequently during those days had a chorus which goes:
この体験によって、私は精霊の存在がもたらしてくれる喜びは最高のものである事がわかりました。そして、困難な状況における賛美の価値と力を教えてくれました。その当時、私が最も頻繁に歌っていた賛美歌は…

(In the midst of hardship…)
I never lost my hope.
I never lost my faith.
I never lost my joy.
But most of all, I never lost my praise.
私は希望を失わなかった
私は信仰を失わなかった
私は喜びを失わなかった
しかし、何よりも、私は賛美を失わなかった

The apostle Peter said it best:
イエス様の弟子のペテロがこの様に言っています

Though you have not seen him, you love him; and even though you do not see him now, you believe in him and are filled with an inexpressible and glorious joy, for you are receiving the end result of your faith, the salvation of your souls.

1 Peter 1:8-9

あなたがたは、イエス・キリストを見たことがないのに愛しており、いま見ていないのに信じています。そして、天からの、ことばに表せない栄光に満ちた喜びに浸っているのです。 これは信仰の結果である、たましいの救いを得ているからです。

ペテロの手紙Ⅰ 1:8-9

So I have shared about my spiritual struggle for the assurance of salvation. I have shared about my physical struggles with health. The final struggle I would like to share with you is more emotional and relational. It’s:
ここまで、救いの確信に対する苦闘、健康に対する肉体的な苦闘をみなさんにお伝えしましたが、最後にお伝えするのは、もっと感情的で相関的な苦闘についてです。

  1. Indifference. The struggle to avoid being a lukewarm believer and to consistently live a life that pleases God.
    「無関心」不熱心な信者にならず、一貫して神様を喜ばせる人生を生きる苦闘

I was recently reading the Book of Nehemiah, and in chapter 9 it gives this summary of the Israelites:
私は最近「ネヘミヤ記」を読んでいますが、第9章にこのようなイスラエル人の話が書かれています

But they were disobedient and rebelled against you; they turned their backs on your law.They killed your prophets, who had warned them in order to turn them back to you; they committed awful blasphemies. So you delivered them into the hands of their enemies,who oppressed them. But when they were oppressed they cried out to you. From heaven you heard them, and in your great compassion you gave them deliverers, who rescued them from the hand of their enemies.
But as soon as they were at rest, they again did what was evil in your sight. Then you abandoned them to the hand of their enemies so that they ruled over them. And when they cried out to you again, you heard from heaven, and in your compassion you delivered them time after time. You warned them in order to turn them back to your law, but they became arrogant and disobeyed your commands. They sinned against your ordinances, of which you said, ‘The person who obeys them will live by them.’ Stubbornly they turned their backs on you, became stiff-necked and refused to listen.

Nehemiah 9:26-29

ところが、これほどまでにしていただきながら、人々は不従順になり、あなたに反逆したのです。律法を放り出し、神に立ち返るよう語った預言者を殺すなど、数々の恐るべきことを行いました。それで、あなたは彼らを敵の手にお渡しになったのです。しかし、苦しみの中で叫び求める彼らの声を天から聞いて、かわいそうに思い、助け手を送って救い出してくださいました。しかし、事態が好転すると、人々はすぐにまた罪に陥り、あなたは彼らを再び敵の手にお渡しになったのです。彼らがそのたびに反省して助けを叫び求めると、天からそれを聞き、再び手を差し伸べてくださいました。全く驚くべきあわれみです。あなたは彼らを罰することによって、律法に従う者となるよう導いておられたのに、彼らは従うべき教えを高慢にも鼻であしらい、罪を犯し続けました。

ネヘミヤ 記 9:26-29

I’m sorry to say that I personally identify with this pattern of behaviour very much. This calling out to God in despair, making great promises and commitments, then being rescued by God, then…going to the movies ‘cause everything’s okay now, and being casual with God until the next crisis comes around. But I suspect I’m not alone in feeling this way. In fact, just this week, the entire Monday night study group said much the same thing.
残念なことに私はこのような行動にとても共感できます。つまり、絶望的な状況にある時は神様の助けを求め、様々な約束をし、神様によって助けてもらいます、そして、すべてが大丈夫になると映画を見に行って、また次に困る時まで神様のこと後回しにするのです。でも、これは私だけではないと思います。実際、このことを月曜日の聖書勉強会で話し合った時に、皆ほぼ同じ意見でした。

So what’s the antidote to this struggle with indifference when all is going well?
では、すべてがうまくいっている時に「無関心」にならないための解決策はなんでしょうか。

It’s not the only thing, but one of the key things is fellowship: encouraging one another and spurring one another on to good deeds.
その答えは一つだけではありませんが、鍵となるのはフェローシップです。それはお互いを励まし合い、お互いを良い行いへと導きます。

The writer of Hebrews encourages us with these very words:
ヘブル人への手紙にはこう書いてあります

And let us consider how we may spur one another on toward love and good deeds, not giving up meeting together, as some are in the habit of doing, but encouraging one another—and all the more as you see the Day approaching.

Hebrews 10:24,25

神が成し遂げてくださったすべてのことにこたえて、私たちも互いに愛し合い、善行に励もうではありませんか。 25 集会から離れたりする人たちにならってはいけません。主が再びおいでになる日は、もう間近なのですから、互いに励まし合っていきましょう。

へブル人への手紙 10:24-25

The fellowship here at MIC has been one of the real lifters of my faith. I know this is true for many if not all of us. I was in contact with Joe this week. He’s struggling in Germany at the moment and one of the reasons is because he knows from MIC what a real church and what real fellowship looks like. He said, ‘I went to church and we just stood up and sat down and stood up and sat down, sang a song and then everyone went home.’ That’s not church! This (MIC) is! And it’s wonderful.
箕面国際教会でのフェローシップは私の信仰を大いに高めてくれました。これは私だけでなく、数多くのメンバーにとってもそうです。この前ジョーさんに連絡を取りました。彼はドイツで困難と闘っていますが、その理由の一つは、彼が通っている教会です。箕面国際教会で真の教会や真のフェローシップを知ったジョーは、ドイツの教会についてこのように言っています。「教会へ行きましたが、そこでは皆、ただ立ったり、座ったりして、歌を歌い、そしてみんな家へ帰りました。」これは教会ではありません!箕面国際教会こそ教会です!それは本当に素晴らしい事です。

This being my second last sermon here as pastor, I want to take a moment to acknowledge some people which is always dangerous because I run the risk of leaving people out. But I want to say a few things this week because next week I don’t want to focus on you lot, I want to focus on Jesus.
牧師として、ここではあと一回しか説教ができないので、この場を借りて、今までサポートをしてくれた人に一言言いたいと思います。今週みなさんに焦点をあてるのは、来週はイエス様に焦点をあてたいと思っているからです。

Firstly, to the old guard: Michael – faithful and humble servant leader and former pastor here at MIC – Pierre, David and Mark. We have soldiered together over many years of plenty and many years of want. But like the closest of brothers, we have always been there for each other and I thank God for you. (I did a quick calculation and over the years, we have exchanged about 15,000 emails between us!) I thank you and I thank God for your humble support, your precious friendship, and your faithful fellowship.
まず、ずっと昔から支えてくれているミカエルさん、信仰深く、謙虚に仕え、以前この教会の牧師もして下さっていました。ピエールさん、デイビッドさん、マークさん:何年にも渡って、良い時も悪い時も共に乗り越えてきました。しかし、兄弟みたいに、いつもお互いを支え合ってこれたことを神様に感謝します。(ざっと計算すると、長年に渡って、私たちは15000通以上のメールのやりとりをしてきました!)みなさんに感謝し、みなさんの謙虚なサポート、かけがえのない友情、そして信仰深いフェローシップを神様に感謝します。

To the new guard: the new wave of leadership rising up – Lloyd, Imee, Bradley, all those who have stepped up into ministry in the praise and worship team, the translation team, Bible studies, hospitality and so on. I’m so encouraged in watching you serve. Your growing faithfulness and passion to bring the Kingdom of God into Minoh is fabulous. Don’t stop. Go from strength to strength. Enjoy serving the Lord together.
そして最近入ってきたリーダー達:ロイドさん、アイミーさん、ブラッドリーさん、そしてワーシップチームに入ってくれた人、翻訳チームに入ってくれた人、聖書勉強会に入ってくれた人、ホスピタリティーチームに入ってくれた人、全ての人が神様に仕えている姿を見て、とても励まされました。みなさんの信仰の成長、そして「神の国」を箕面に築こうとする情熱は本当に素晴らしいです。立ち止まらないで、これからもどんどん進んで行ってください。そして、共に神様に仕える事を楽しんでください。

Finally, Pastor Mike and Mayu. [photo] I want to show this photo again to demonstrate that I’m not ashamed of this. In fact, this was one of the greatest moments of my life. Pastor, I love you, and I would do this again in a heartbeat:) But seriously, I want to say a few words here, not as a polite reply to what Pastor Mike said last week, but because from the bottom of my heart, I’m so grateful for what these two have done in our church and how they have supported me and Toy.
最後に、マイク牧師とマユさん。この写真をもう一度みんなに見て欲しいです。私は全然恥ずかしくないです。むしろ、私の人生において最高の瞬間の一つです!マイク牧師、愛しています、またきっとこのような写真を撮るでしょう。冗談ではなく真剣に、この場を借りて言いたいことがあります。これは先週のマイク牧師の言葉への丁寧な返事ではなく、心の底から思っていることです。私は本当に心からマイク牧師とマユさんがこの教会のためにしてくれたこと、そして個人的に私とToyさんを支えてくれたことにとても感謝しています。

From the day they walked into our church in October 2013, I could see the Spirit of God on Pastor Mike and Mayu. I was so excited that God had brought them into our church. And over the years we’ve all had the privilege of watching and receiving their wisdom, their very humble and gracious service, and their love. They have demonstrated what it means to deny yourself, to take up your cross and to follow Jesus. And they have done this with great dedication and with a great sense of humour, too. Pastor Mike and Mayu, thank you for being like Christ. God bless you richly as you go.
彼らが2013年の10月にこの教会にやって来た日から、マイク牧師とマユさんに精霊の働きが見えました。そして、神様が彼らをこの教会に導いて下さったことにとても興奮しました。そして長年に渡って、彼らの知恵や、とても謙虚で優しい奉仕、そして愛を我々全員が受ける事ができました。自分を犠牲にして、十字架を持って、イエス様に従うことを二人が身をもって示してくれました。そして、それを献身な心と素晴らしいユーモアでしてくれたのです。マイク牧師、マユさん、キリストのようにいてくれてありがとう。神様があなた方にさらなる祝福を与えて下さるように祈ります。

Fellowship with these – the old guard, the new guard, the newcomers and the pastors – is perhaps the greatest antidote to indifference and a lukewarm faith. So never stop meeting together. Come on time, and come with hearts ready to serve and to enjoy God. Let me finish with the words of the apostle Luke:
昔からいる人、最近入ってきた人、そして牧師たちとのフェローシップは不熱心な信仰と無関心への最善の解決策であると思います。ですから、フェローシップの時間を大切にして、会い続けてください。時間通りに来て、心の準備をし、楽しみながら神様に仕えてください。最後にイエス様の弟子であったルカの言葉で終わりたいと思います。

They devoted themselves to the apostles’ teaching and to fellowship, to the breaking of bread and to prayer. Everyone was filled with awe at the many wonders and signs performed by the apostles. All the believers were together and had everything in common. They sold property and possessions to give to anyone who had need. Every day they continued to meet together in the temple courts. They broke bread in their homes and ate together with glad and sincere hearts, praising God and enjoying the favor of all the people. And the Lord added to their number daily those who were being saved.

Acts 2:42-47

彼らは、使徒たちの教えをよく守り、聖餐式(パンと杯によりキリストの体と血の祝福にあずかる、キリスト教の礼典の一つ)や祈り会に加わっていました。だれもが心から神を恐れ敬うようになり、また、使徒たちは次々と奇跡を行いました。信者たちはみないっしょにいて、それぞれの持ち物を分け合い、必要がある人には、財産を売り払って与えました。毎日、神殿で礼拝をし、聖餐の時は、少人数に分かれてめいめいの家に集まり、心から喜びと感謝にあふれて食事を共にし、心から神を賛美しました。彼らは町中の人に好感をもたれ、神も、救われる人を毎日、仲間に加えてくださいました。

使徒の働き 2:42-47