Good News
よい知らせ

31 March, 2019


Pastor Andrew Miller

Kids’ Message – The Right Order

Good morning, everyone. I’d like to start with a simple exercise. I have in my bag here some items… (reveal).
みなさんおはようございます。今日はまず簡単なクイズをやってみたいと思います。この鞄の中に入っているものは何でしょう・・・

And I would like to ask one of you to come and put these items in order from smallest to largest.
では,どなたか前に来て,これを小さいものから順に並べてみてくれませんか。

(Has he/she done it right? Is that the right order? Yes, that’s the right order.)

Now I would like to ask someone else to come and put these things in order according to their importance, from least important to most important.
では今度は,どなたかこれを,大事でないものから大事なものへと順番になるように並べてもらえますか。

(Has he/she done it right? Is that the right order? Sometimes it’s hard to tell, and often the biggest things are not the most important, and often the smallest things are not the least important.)

What about these things on the screen? How should we order these in terms of importance?
ではこれはどうでしょう。どうやったら,大事でないもの・大事なものの順序を付けることができますか?

  • Play
    あそび
  • School work
    べんきょう
  • Church
    きょうかい
  • Mum and Dad
    お父さんとお母さん
  • God
    かみさま
  • Food
    たべもの
  • Clothes
    ふく

These are all pretty important and sometimes it can be hard to know what order to put them in. Sure, we’ll put God at the top, but the others can be a bit tricky to put in the right order.
これらは全部とても大事なものですから,順位をつけるのは簡単ではないと思います。

That’s why in the Bible it says this:
だからこそ,聖書はこう言っています:

Order my steps according to your Word, Lord, and don’t let any sin control me.

Psalm 119:133

あなたの約束にしたがって、わが歩みを確かにし、すべての不義に支配されないようにしてください。

詩篇 119:133

By knowing God and knowing what He says in the Bible, we can order our lives in the right way and not get into trouble or make bad mistakes or do the wrong thing. So I want to encourage you to do this: order everything in your life God’s way and you will have a good life.
神様を知り、聖書によって神様の御言葉を知ることで、私たちは人生を正しく秩序立てることができ、悩んだり間違いを犯したり悪いことをしたりすることが無くなります。ですから私はみなさんに次のことを勧めたいのです。それは、人生における全てのものを、神様のやり方で順序づけること。そうすれば私たちは、良い人生を送ることができるでしょう。

I’d like to finish with something that I read when I was a kid just like you a long time ago (about 150 years ago). I was reading my daily devotional, I read something that went deep inside of me and I’ve never forgotten it and even today and try and do what it said. It said, “No matter how simple or straightforward things might seem, always ask God to show you His way.”
おしまいに、私が子供だった頃に読んだ一文を読みたいと思います。私も昔は皆さんと同じように子供でした。150年ぐらい前のことですが。私は毎日祈りの言葉を読んでいましたが、その中に、私の中にしっかりと刻まれて、今でもはっきり覚えている言葉があります。それは、「どんなに単純で簡単そうに見えることでも、必ず、あなたのやり方を示してくださいと神様に祈るように」という言葉です。

That’s great advice. Always ask God to help you order your life in the right way, and then you can’t go wrong. Let’s pray for this.
これはすばらしいアドバイスです。あなたの人生を正しく順序立てられるようにいつも神様に祈りましょう。そうすればあなたは間違うことはないでしょう。そういう自分でいられるように祈りましょう。

Pray.
お祈りします

31 March, 2019


Pastor Andrew Miller

Good News
よい知らせ

This is my last sermon to you as your pastor. And I want to share with you briefly on a very personal level how hard it is for me to relinquish this Ministry of the Word here at MIC because it’s my favourite thing in the whole world, and MIC is my spiritual family.
皆様の牧師として、これは私の最後のメッセージとなります。それで、この「御言葉のミニストリー」を手放すことが私にとってどれくらい難しいことかを、皆様に簡単に説明したいと思います。というのも、箕面国際教会でのこのミニストリーは私の一番好きなことですし、皆様は私のこころの家族だからです。

The Ministry of the Word has become so much a part of who I am and what I do. I don’t quite know what I’m going to do on Monday afternoons when I begin to prepare the sermon and on Wednesday afternoons when I write it – these are afternoons filled with wonder and joy for me, a wonder and a joy that finds it completion on Sunday mornings when I get to share God’s Word with all of you.
「御言葉のミニストリー」はまさに,私の人生と分かちがたく結びついています。月曜日の午後、メッセージの準備をはじめるときはいつも、どのようなメッセージになるかはっきりとしていませんでした。水曜日の午後、具体的なメッセージを書くとき、それは私にとって奇跡と喜びの時間でした。その奇跡と喜びはいつも、日曜日の朝、神の御言葉を皆さんと分かち合うときに完全なものとなりました。

Stepping down from the Ministry of the Word leaves a very big hole in my life. But I know God is faithful and I’m excited to think about what lies ahead for me in ministry.
この「御言葉のミニストリー」から退くことになり、私の人生にぽっかりと穴が空いたような気持ちです。しかし私は、神様が誠実であることを知っています。ですから私は、私のために神様が用意してくださる新しい「ミニストリー」を心待ちにしています。

I asked God this week, ‘What Word can I share with the church on my final Sunday? I want to leave a Word that is wonderful, encouraging, edifying to people and glorifying to God. What should I teach?’ God said, ‘That’s easy! Just tell them the gospel!’ So that’s what I would like to do this morning.
今週、私は神様に尋ねました。「最後のメッセージとして、教会の人々に何を伝えたらいいでしょうか。みんなのために、素晴らしい、励ましになるメッセージ、人々を啓発し、神様の栄光を讃えるようなメッセージを残したいのです。どんなことを述べるべきですか。」神様はこのように答えました。「たやすいことだ!福音について話せばよい。」そんなわけで、今日は福音についてお話ししたいと思います。

Titus chapter 3 has one of the most concise and wonderful presentations of the gospel message in the whole Bible. The first two verses start with this: 
聖書の中で、福音のメッセージについての最も簡潔で素晴らしい説明はテトスへの手紙第3章にあります。

Remind the people to be subject to rulers and authorities, to be obedient, to be ready to do whatever is good, to slander no one, to be peaceable and considerate, and always to be gentle toward everyone.

Titus 3:1-2

神に立てられた指導者の権威に服従し、いつも従順で、良いことは何でも進んで行うよう、教会の人たちに教えなさい。また、人の悪口を言ったり、けんかをしたりせず、やさしい態度で、すべての人に礼儀正しく接するように教えなさい。

テトスへの手紙 3:1-2

This is a call to lead a good life. It’s an interesting start to the chapter because I suspect Titus, who was the recipient of the letter and who was already an elder in the church, might have been thinking that what Paul was writing here was very basic. “Yeah, I know I’m to live a good life and not speak badly about people and be peaceable and gentle and so on. Why is he reminding me of this?”
これは「良い人生」を生きるための呼びかけです。この手紙の言葉はとても興味深いと思います。この手紙の受取人であるテトスはすでに教会の年長者であり、パウロが手紙に書いてきたことなど、彼にとっては当たり前のことに思えたでしょう。テトスは「良い人生を生きる、とか、他人の悪口を言わないとか、穏やかで優しく、なんてことはもちろんわきまえている。なぜパウロは私にあらためてこのようなことを言うのだろう?」と、疑問に思ったことでしょう。

This might be the sort of instruction that you and I might skim through as pretty obvious stuff. But the next verse makes it clear that there is no room to think lightly here, and certainly no room for pride.
私たちだって、このような当たり前と思えることを指示されても、ざっと読み飛ばしてしまうかもしれません。しかし、その次の節を読むと全文の重要さがはっきりと理解できます。うぬぼれてなどいられないのです。

At one time we too were foolish, disobedient, deceived and enslaved by all kinds of passions and pleasures. We lived in malice and envy, being hated and hating one another.

Titus 3:3

以前の私たちも、分別の足りない不従順な者であり、人に迷わされ、さまざまな快楽や欲望のとりこになっていました。心は悪意とねたみの固まりで、憎んだり憎まれたりしながら生活していました。

テトスへの手紙 3:3

In living out the gospel in our lives, we should never forget where we were – who we were – before we received Christ. In the next 4 verses, Paul then gives this concise but very rich explanation of the gospel which changed us:
人生において福音を生きるときに、過去の自分を忘れてはいけません。過去の自分というのは、「キリストを知る前の自分」です。次の4節でパウロは、私たちを変えてくれた福音について、簡潔で深い説明をしています。

But when the kindness and love of God our Savior appeared, he saved us, not because of righteous things we had done, but because of his mercy. He saved us through the washing of rebirth and renewal by the Holy Spirit, whom he poured out on us generously through Jesus Christ our Savior, so that, having been justified by his grace, we might become heirs having the hope of eternal life.

Titus 3:4-7

しかし、救い主である神が、恵みと愛を示してくださる時がついに来たのです。 神は、私たちの罪のよごれを洗い落とし、心に聖霊を遣わして、新しい喜びで満たし、以前の悲惨な生活から救い出してくださいました。それは、私たちに救われる資格があったからではなく、ただ、神のあわれみによるのです。 神は、私たちの心にこの聖霊を豊かに注いでくださいました。これは、救い主イエス・キリストが成し遂げてくださった救いがあるからこそ実現したのです。 こうして神は、私たちを、ご自分の目にかなった正しい者と宣言してくださったのです。これは、神の恵み以外の何ものでもありません。私たちは今、永遠のいのちを受け継ぐことを認められ、実際にそれをいただく日を、心から待ち望んでいるのです。

テトスへの手紙 3:4-7

In this short passage we are given the ‘what’, the ‘how’ and the ‘why’ of the gospel. The ‘what’ comes in verse 4:
この短い一節に福音の「何」「どうやって」と「なぜ」が書かれています。その「何」は第4節に書かれています。

When the kindness and love of God our Savior appeared [in Christ], he saved us [that’s what He did], not because of righteous things we had done, but because of his mercy.

Titus 3:4-5a

救い主である神が、恵みと愛を示してくださる時がついに来たのです。 神は、私たちの罪のよごれを洗い落とし、心に聖霊を遣わして、新しい喜びで満たし、以前の悲惨な生活から救い出してくださいました。

テトスへの手紙 3:4-5a

We have been saved, not by anything good that we have done, but purely by the kindness, love and mercy of God. The salvation we have received tells us about the nature of God. He is a God of love and kindness and mercy because he saves us when we don’t deserve it.
私たちは、自分自身の行いによってではなく、ひとえに神様のやさしさ、愛、憐れみによって救われています。私たちが得た救いは神様の本質を示しています。神様は愛とやさしさと憐れみの神です。なぜなら、神様は救いに値しない我々さえも助けてくれたからです。

Again, don’t be lulled by the familiarity of this teaching. There are legal consequences to unpack here. We are all guilty of breaking God’s moral law. We have all lied, stolen, lusted, and coveted. Maybe we’ve blasphemed. Maybe we’ve dishonoured our parents. Maybe we’ve committed idolatry by putting other things above God. Even if we’ve only done a few of these, we are still guilty of breaking God’s perfect moral law and God will hold us to account when we stand before Him.
繰り返しになりますが、そんなことは自分にはよくわかっている、などと考えてはいけません。この教えに隠されている法的な結果/重大性を理解しないといけません。私たちはみな、神様の作られた道徳的な法を破った罪人です。私たちはみな嘘をつき、ものを盗み、強い欲望を持ち、ものを欲しがったことがあります。もしかしたら、神をおとしめたこともあるかもしれません。自分の親を不名誉にさせたことがあるかもしれません。神より他のものを敬い、偶像崇拝をしたかもしれません。仮にこうしたことを1、2回しかやっていないとしても、神様の完全な道徳法を破ったことには変わりなく、神様にその責任を問われることになります。

Some will argue that they’ve done a lot more good than bad and that even though they’ve broken a few moral laws, they are still essentially a good person, and as such, God will surely weigh that in their favour. Try that in a caught of law. “Your honour, I know I stole a car but I’m still a good person and have done a lot of good in society, so please let me go.” No, you will be tried for the crime that you have done and you will be found guilty regardless of the good you’ve done. That’s what a good judge will do. He will uphold the law.
ある人は、自分のこれまでの行いには悪いことより良いことの方がずっと多いので、神様の道徳的な法を破ったことがあったとしても、自分たちの本質は善人であり、神様がそのことに重きを置いてくださると思っているかもしれません。その論法を裁判所で試したらどうなるでしょう。「裁判官、車を盗んだことは事実です。しかし私は、基本的にはよい人間で、これまで様々な良い行いをしてきました。ですからどうか許してください」。それは無理に決まっています。あなたは有罪になります。つまり、どんなによい行いを重ねても、悪い行いが見逃されるわけではないのです。罪は必ず裁かれます。それがまっとうな裁判官のすることです。法は必ず守られます。

When you stand before God, He will hold you accountable for the sins you have committed – whether they be some bad things that you’ve done, or the myriad of good things that you’ve left undone. God, because He is good, must hold you accountable to His perfect moral law. The penalty for your sins must be paid.
あなたが神様の前に立つとき、自分が犯した罪に対する責任を問われます。犯してしまった悪行であれ、すべきであったのになされなかった善行であれ、責任を問われるでしょう。神様は良心の神ですので、私たちに道徳的な法の遵守を求めます。ですから私たちは、自分の罪に対する罰を受けなければなりません。

That’s where Jesus comes in. He says, I can and will pay the penalty for you because I love you so much. That way, the justice of the law is satisfied and the love of God is fulfilled. That’s what Paul means when he says that ‘the kindness and love of God our Savior appeared and saved us because of his mercy’. We were facing a death sentence, and he paid the price for us. That’s ‘what’ that God did for us. (See Video)
それこそがイエス様が現れるところです。イエス様は言われます。「私が代わりに、あなたがたの罪を償います。なぜならあなたがたをとても愛しているからです」。そうして、法の正義は守られ、神様の愛も満たされます。これがパウロの、「神様のやさしさと愛はイエス様という形で現れ、その憐れみによって私たちを救ったのです」ということばの意味するところです。私たちは死刑の判決をくだされ、そしてそれをイエス様が受けてくださったのです。これが神様が私たちのためにしてくれた「何」に対する答えです。(See Video)

The ‘how’ of salvation comes in verses 5 and 6. This is how Jesus paid our penalty for us:
救いの「どうやって」は第5節と第6節に書かれています。イエス様はこのようにして私たちの罪をあがないました。

He saved us through the washing of rebirth and renewal by the Holy Spirit, whom he poured out on us generously through Jesus Christ our Savior.

Titus 3:5-6

それは、私たちに救われる資格があったからではなく、ただ、神のあわれみによるのです。 神は、私たちの心にこの聖霊を豊かに注いでくださいました。これは、救い主イエス・キリストが成し遂げてくださった救いがあるからこそ実現したのです。

テトスへの手紙 3:5-6

This speaks of the true Spirit baptism that water baptism symbolises. When we put our faith in Jesus and make Him the Lord of our lives, His Holy Spirit takes residence within us, produces Godly manifestations and brings us new life. Romans 10:9 (which I shared with you last week) gives us more detail on this ‘how’, particularly in regards to our role, our response, to God’s work:
これは水を用いた洗礼が象徴する、精霊による真の洗礼を語っています。私たちがイエス様に信仰を置いて我が主とした時、イエス様の精霊は私たちの心に住み着き、神様に対する深い信仰心を呼び起こし、私たちに新しい命を授けます。先週触れたローマ人への手紙第10章第9節には、この「どうやって」についてもっと詳しく書かれています。特に、神様の御業に対する私たちの役割や返答に関することが書かれています。

If you confess with your mouth, “Jesus is Lord,” and believe in your heart that God raised him from the dead, you will be saved.

Romans 10:9

もし自分の口で、「イエス・キリストは私の主です」と告白し、自分の心で、「神はイエス・キリストを死者の中から復活させてくださった」と信じるなら、あなたは救われるのです。

ローマ人への手紙 10:9

There is confession, repentance and belief required on our end but the saving work is wholly God’s. Our salvation is the Sovereign act of a loving God given by the Holy Spirit and carried out through His Son Jesus. That’s the ‘how’ of salvation.
私たちには「告白、後悔、信念」が求められますが、救いのみわざはすべて神様がなさるものです。私たちの救いは、精霊によって与えられ、神の御子であるイエス様を通しておこなわれる、愛溢れる神の御業です。これが救いの「どうやって」の答えです。

So, We are saved. (The ‘what’)
したがって、私たちは救われる。(「何」)

We are saved by Jesus’ atoning death and the receiving of the Holy Spirit. (The ‘how’)
私たちは、イエス様の償いの死と、精霊の受け入れによって救われる。(「どうやって」)

The ‘why’ of the gospel comes in verses 7 and 8.
福音の「なぜ」は第7節と第8節に書かれています。

So that, having been justified by his grace, we might become heirs having the hope of eternal life. This is a trustworthy saying. And I want you to stress these things, so that those who have trusted in God may be careful to devote themselves to doing what is good.

Titus 3:7-8

こうして神は、私たちを、ご自分の目にかなった正しい者と宣言してくださったのです。これは、神の恵み以外の何ものでもありません。私たちは今、永遠のいのちを受け継ぐことを認められ、実際にそれをいただく日を、心から待ち望んでいるのです。これまで話してきたことは、すべて真実です。ですから、確信をもって、クリスチャンはいつも良い行いに励むべきだ、と教えなさい。そういう生き方は正しいだけでなく、すばらしい結果を生むことにもなるからです。

テトスへの手紙 3:7-8

These verses highlight the purposes that God saved us for. The first purpose is to join His family. To become His sons and daughters. To become heirs of the Father and co-heirs with the Son. What an unfathomably great purpose! The second purpose is to do good because by doing good we reflect the character of our Father to an aching world.
これらの節は神様が「なぜ」私たちをお救いになったのかを示しています。まず第一に、私たちを神様の家族に入れるためです。神様の息子と娘になるためです。父なる神様の相続人または御子とともに相続人になるためです。なんという、計りようのない偉大な目的でしょう。第二に、私たちに良い行いをさせるためです。なぜなら、良い行いをすることによって私たちは、父なる神様の偉大さをこの傷ついた世界に示すことができるからです。

There are many passages in the Bible that give instructions on what it means to do good. To look at one of the greatest goods that we can do as Christians, I’m going to go back to Romans chapter 10 where Paul has similarly been talking about the what, how and why of salvation. He writes, 
「良い行い」については聖書の様々な章や節に書かれていますが、私たちがクリスチャンとしてできる最も素晴らしい善行について、ローマ人への手紙第10章を見てみましょう。ここで、パウロは救いの「何」「どうやって」と「なぜ」について語っています。彼はこう書いています。

Everyone who calls on the name of the Lord will be saved.” How, then, can they call on the one they have not believed in? And how can they believe in the one of whom they have not heard? And how can they hear without someone preaching to them? And how can anyone preach unless they are sent? As it is written: “How beautiful are the feet of those who bring good news!”

Romans 10:13-15

主の御名を呼び求める者は、だれでも救われるのです。しかし、主を信じていなければ、どうして主に、「救ってください」と求めることができるでしょうか。また、主イエスのことを一度も聞いたことがなければ、どうしてそのお方を信じることができるでしょうか。だれかが教えてくれなければ、どうしてそのお方のことを聞けるでしょうか。 また、神に遣わされなければ、どうして人々のところへ出かけて教えることができるでしょうか。聖書に、「神との平和を宣べ伝え、良い知らせをもたらす人の足は、なんとうるわしいことか」(イザヤ52・7)とあるのは、まさにこのことです。

ローマ人への手紙 10:13-15

Sharing our faith is one of the best things we can do. Sharing our faith in a timely, knowledgeable, gentle, loving manner can bring others into God’s Kingdom. Eternal results!
自分の信仰を分かち合うことは、私たちができることの中で最も素晴らしいことです。時宜を得た、知識のある、穏やかな、愛に溢れたやり方で自分の信仰を分かち合うことで、他の人たちを神の王国へと導くことができます。成果は必ず得られます。

So what I would like to do before I close, is to give you 5 minutes, to turn to (or go to) someone else in the room, and share with them two things. Firstly, explain to them how a person can be saved (refer to the Titus 3 passage). Secondly, share with them how you came to Christ. Don’t fake it. Don’t force it. Be honest and true. Just lovingly and kindly share these two things as best you can. (This is also a chance for you to publicly declare that Jesus is your Lord.) You have five minutes only. That’s 30 seconds to find someone, then one minute each to explain how to be saved and how you came to Christ, then 30 seconds to get back to your seat.
さて、メッセージを終える前にここでしたいことがあります。皆さんに5分あげます。ここにいる誰かと向き合って、二つのことを分かち合ってください。まずは、私たちがどうやって救われるかを説明してください。テトスへの手紙の第3章を参考にしてください。そして、自分がどうやってキリストを信じるようになったかを分かち合ってください。偽の告白はいりません。それに、分かち合いの強制も不要です。正直に真の心で分かち合ってください。ただ愛の心を持って、やさしく、二つのことを分かち合うために最善を尽くしましょう。(これはまた、イエス様があなたの主であることを公的に宣言するチャンスでもあるのです)。5分しかありませんよ!30秒で人を見つけて、神の救いがどうやって行われるか,あなたがどうやって信仰を得たかについてそれぞれ1分ずつ使ってお互いに話し、残りの30秒で自分の席に戻るのです。

I’d like to close with a prayer and a reading. The prayer is based on something we read in today’s Titus passage. It says that “the Holy Spirit has been poured out on us generously through Jesus Christ our Savior” (Titus 3:6). Last week I gave the church a small gift in the form of a book called ‘Church This Week’. Today I’d like to give a bigger gift, the gift of a prayer for the Holy Spirit to be poured out afresh on you generously through Christ.
最後に祈りと聖書の言葉で終わりたいと思います。この祈りは今日読んだ聖書の章に基づいています。テトスへの手紙第3章6節に「神様は、私たちの心に精霊を豊かに注いでくださいました」とあります(テトスへの手紙第3章6節)。先週、私は「今週の教会」という本の形をした小さなギフトを持ってきましたが、今週はさらなる大きなギフトを贈りたいと思います。それは、キリストによって、聖なる御霊が、皆さんの上にあふれんばかりに注がれるようにという祈りのギフトです。

Pray.
祈りましょう。

And now a closing reading from the book of Jude 20-25.
そして、最後にユダの手紙20〜25節を読みたいと思います。

Dear friends, by building yourselves up in your most holy faith and praying in the Holy Spirit, keep yourselves in God’s love as you wait for the mercy of our Lord Jesus Christ to bring you to eternal life. Be merciful to those who doubt; save others by snatching them from the fire; to others show mercy, mixed with fear—hating even the clothing stained by corrupted flesh. To him who is able to keep you from stumbling and to present you before his glorious presence without fault and with great joy— to the only God our Savior be glory, majesty, power and authority, through Jesus Christ our Lord, before all ages, now and forevermore! Amen.

Jude 20-25

しかし、愛する人たち。あなたがたは、今のきよい信仰を土台として、自分の生活をしっかり打ち立てなければなりません。そして、聖霊の力と励ましを受けて祈り、 いつも神の愛のうちにいなさい。そうすれば、神から祝福がいただけます。永遠のいのちに至らせる、主イエス・キリストの恵みを待ち望みなさい。 偽教師の惑わしに悩まされ、神の真理を疑う人々を心にかけなさい。 そういう人々を、地獄の火から奪い取って救い出しなさい。あるいは、親切にして、彼らが主を見いだすよう助けてあげなさい。しかし、彼らの罪に引きずられてはなりません。罪人である彼らに心はかけても、罪そのものは憎みなさい。あなたがたをつまずきから守り、罪のない完全な者とし、大きな喜びをもって栄光に輝く神の前に立てるようにしてくださる方に、すべての栄光がありますように。私たちの救い主であるただひとりの神に、栄光と尊厳、あらゆる力と権威が、今も、これから後も、いつまでもありますように。アーメン。

ユダの手紙 20-25