The Gospel of Luke – Sought After and Saved
ルカによる福音書ー捜し求められ、救われる

19 November, 2017

I remember playing hide and seek with my kids when they were little.
私の子供たちが小さかった時は、よくかくれんぼをして遊んだのを覚えています。

I loved playing hide seek!
私は「かくれんぼ」をするのが大好きです!

The kids typically hid in the same place every time.
子供たちはたいていいつも同じ場所に隠れていました。

And I had to hide in plain sight so they could find me, and even then they often couldn’t and I’d have to start coughing or blowing my nose or something.
そして私は、子供達が私を簡単に見つけることができるように、目立つように隠れなければならず、子供達がなかなか見つけられなかったら、わざと鼻を鳴らしたり咳をして私がどこにいるのかを教えてあげたものです。

The point is, though I was hidden to them, I wanted to be found and I made it very easy for them to find me.
ここで私が言いたいことは、私は子供達から隠れていましたが、見つけてもらいたいと思っていたので、 わざと見つけやすいようにしました。

And when they did find me, there was great joy.
子供達が私を見つけた時は、私も子供も、とても大きな喜びを感じていました。

This analogy is an appropriate introduction to the gospel of Luke, which is our focus this morning as we continue our seven year series, studying one book of the Bible a month.
このような考え方は、ルカによる福音書を理解するのにとても関係していると思います。私たちは過去7年間、続けて、毎月一つの聖書の書を勉強していますが、 今月はルカによる福音書に焦点を当てて学んでいきましょう。

In August we started on the New Testament with Matthew.
今年の8月にはマタイ書から新約聖書を読みはじめました。

In September we studied Mark.
9月にはマルコによる福音書を学びました。

And today we study the third and final of the synoptic gospels, Luke.
そして、今日は、共観福音書(きょうかんふくいんしょ)の第三の最後の書、ルカ書について学びます。

Matthew, Mark and Luke form what we call the ‘synoptic gospels’ because they each take a similar viewpoint or approach in presenting the gospel of Christ.
マタイ、マルコとルカは、彼らがそれぞれキリストの福音を表現するために、同様の視点やアプローチを取っているので、「共観福音書」と呼ばれています。

Nevertheless, there are many things about Luke that make it different from Matthew and Mark.
表現が似ていると言われているにもかかわらず、ルカについてはマタイとマルコと異なる点が多くあります。

Differing characteristics include an emphasis on
その異なる特徴とは次のようなポイントに重点を当てていることです。

  • Salvation for Jews and gentiles
    ユダヤ人と異邦人の救い
  • God’s concern for sinners
    罪人への神の思いやり
  • An emphasis on the presence and work of the Holy Spirit
    聖霊の臨在とはたらきの重視

以上の点を強調しています。

But the characteristic I would particularly like to focus on this morning is the emphasis that Luke places on the works and teachings of Jesus regarding the way of salvation.
しかし、私が特に今日、焦点を当てたいのは、ルカが救いに関するイエスのはたらきと教えに重点を置いているということです。

If there were a key verse in Luke, it would be this:
ルカ書の中に鍵となる聖句があるなら、それは次の句でしょう:

For the Son of Man came to seek and to save the lost.
Luke 19:10

人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである。

ルカによる福音書19:10

That, in a nutshell, is what the gospel of Luke is all about.
これが、要するにルカの福音についての全てです。

One thing that intrigues me about this verse is that it is Jesus who does the seeking.
この節について私が興味を持ったことの1つは、求める人をイエス・キリストとしていることです。イエスが求めている人だということです。

We are taught in the Bible that we are to seek the Kingdom of God, and we are to draw near to God, as so we must. 
私たちは聖書の中で、神の国を求めなければならない、神に近づかなくてはならないと教えられています。

But we mustn’t get the idea from this that seeking God is primarily our doing.
しかし、このような教えから「私たちの本当にしなければならないことは、神を求めることである」という考え方をするべきではありません。

God calls us.
神様が私たちに使命を与えてくださいます。

Jesus came to seek us and to reconcile us to the Father.
イエス様は、私たちを探して見つけてくださり、私たちと父を和解させるようにしてくださいました。

The Holy Spirit searches our hearts and empowers us to live regenerate lives.
聖霊は私たちの心を捜し、私たちが生き方を十分に生かせるように力を与えてくれます。

So The lovingkindness of God reaching and saving the lost is central to Luke’s gospel. 
ですから、「失われたものに手を差し伸べ、救ってくださる神の慈愛」というのがルカの福音書の教えの中心です。

There are fifteen parables of Jesus recorded in Luke that appear in none of the other gospels.
ルカ書に書かれたようなイエスの15のたとえ話は、他の福音書のどこにも書かれていません。

One of those is the Parable of the Prodigal Son.
そのたとえ話の1つは放蕩息子の話です。

The Parable of the Prodigal Son expresses so beautifully this lovingkindness of God, who desires nothing more than to see his children come home to Him and be saved.
放蕩息子のたとえ話は、子供たちが神の前に正され、救われること、それ以上のものは何も望まないという、「神の愛情を」とても美しく表現しています。

So I’d like to focus on this parable this morning.
だから私は今朝、このたとえ話に焦点を当てたいと思います。

The parable tells the story of a young man who prematurely asks his father for his share of the inheritance and then leaves home. (Luke 15:11-31)
この話は、父親の生前に、自分の財産の相続分を父親に求めて家を去った若い男の話を伝えています。 (ルカによる福音書15:11-31)

He lives wildly, sinfully, until all the money is gone.
彼はすべてのお金がなくなるまで、罪深く荒々しく生きていました。

He then finds lowly work feeding pigs and lives miserably.
その後、彼は、豚に餌を与えるという小さな仕事につき、悲惨に暮らしていました。

Eventually, he comes to his senses, and returns home to his father, asking that he be received as a servant.
ついに、このままではいけないと、彼は本心に立ち返り(我に帰り)、召使いとして働けないかと父親に頼るために、一度出た家に帰りました。

But the father welcomes him back as a son.
そして、父親は彼を息子として再び迎え入れました。

A couple of important points about turning back to God.
神に帰る、帰依する時の重要な点が2つあります。

First, the turning point for the son was not a miraculous happening, an angelic visitation, or an audible voice of God.
まず、この息子の転換機となったのは、奇跡的な出来事や、天使の到来、または神の声などという劇的な出来事ではありませんでした。

The text simply says, “he came to his senses”.
ここでの文には、単に「彼は本心に立ち返った」と書かれています。

Just as we learned in Romans 10, turning to God, and finding salvation in Christ doesn’t require superhuman feats or a miraculous faith.
ローマ書10章で学んだように、神に向かい、キリストに救いを見つけることは、超人的な偉業や奇跡的な信仰など必要としません。
(キリストにある救いには超人的な業や奇跡的な信仰など必要ありません。)

It requires a humble confession and a sincere belief in Christ.
必要なのは、謙って(へりくだって)告白することとキリストを心から信じることだけです。

That’s all.
それだけです。

Don’t wait for a Pentecost moment to get serious with God. Just turn to Him with a sincere heart.
誠実な心で神と向きあってください。神と交わるために、神に立ち返るために、聖霊降臨のような奇跡的な瞬間が起こるまで待つ必要はありません。

The second thing follows on from this.
次に、神に帰る、帰依する時の重要な点の2つ目についてです。

When he went home, the prodigal son was truly repentant.
放蕩息子が家に帰ったとき、彼は本当に悔い改めていました。

He didn’t carry duty free wine and cigarettes home in his baggage.
彼は悔い改めていたので、今までの罪深い習慣を家に持ち帰ったわけでもありませんでしたし、

He didn’t return with a girl on his arm.
女と一緒に帰ってきたわけでもありませんでした。

He didn’t come back with excuses.
悔い改めていたので、彼は言い訳をするために戻ってきたわけでもありませんでした。

He humbled himself, surrendered all to his father and asked that he could start again, even as a servant.
謙って、父親にすべてを降伏し、雇い人でいいのでやり直させてくれるようたのみました。

This is repentance.
これが悔い改めです。

This is how we need to draw near to God.
これが、私たちが神に近づくための方法です。

You know, I think ‘the prodigal son’ is a rotten name for this parable.
私はこのたとえ話に 「放蕩息子」なんていうタイトルは全く間違っていると思います。

Because this parable is not about the waywardness of the son, it’s about the love of the father.
この話は息子の弱点の話ではなく、父親の愛についての話です。

This parable should be called the ‘Parable of the Loving Father’.
この話は「愛にあふれる父親のたとえ話」と呼ばれるべきです。

There’s something to learn from this.
この話から学ぶべきことがあります。

I’ve heard Christians give testimonies that reflect a worldly priority: “I took drugs, I stabbed my best friend, somewhere in the world I have three children I’ve never met, and I once stole a train. – Oh, and I got saved, too.
私はよく、クリスチャンたちが世俗的な事がらについて証言をしていると聞きます、例えば、「私は薬物をやって、親友を刺したことがあります。私には、決して会ったことのない3人の子供がこの世のどこかにいて、かつては電車を乗っ取ったこともあります。ああでも、こんな私でも神によって救われました。」というような証言をしているそうです。

We need to be aware of our sinfulness (however heavy or light our sin might appear to be) but our sinfulness can never be the focus of our testimonies.
大きな罪、小さな罪に関わらず、私たちは皆、罪深いことを知る必要がありますが、私たちの罪深さは、証の焦点になることは決してありません。

Our testimonies must focus on the love of God who sought us out and saved us from our sin through the death and resurrection of His Son Jesus.
証言、証は、私たちを探し出し、御子イエスの死と復活を通して私たちを罪から救い出したという「神の愛」に焦点を当てる必要があるのです。

And so despite the common title of this parable (which was not from Jesus), this parable is about the love of the father.
そして、このたとえ話の「放蕩息子」というおなじみのタイトルにもかかわらず、この話は「父の愛」についてです。

And that’s a theme that is central to the gospel of Luke.
「父の愛」がルカの福音の中心となるテーマです。

And what a wonderful love God’s is!
そして、神様はそんなにも素晴らしい愛をお持ちなのです!

After all the son had done in rejecting his father, living a wayward life, moving far away from his father, squandering all the resources his father had given him, his father doesn’t offer a reluctant forgiveness, but embraces him and weeps over him and celebrates his return back into the family. This is the gospel.
息子が父親に働いた全ての不義や拒絶の後、息子は気まぐれな人生を送り、父親から遠く離れ、彼の父親が与えたすべての財産を浪費したにも関わらず、彼の父親は躊躇することなく、父親は息子を抱きしめ、激しく泣き、家に戻ってきたことを祝います。これが福音です。

This is how God responds when we turn to Him.
私たちが神に帰った時は、神は私たちにこのように接してくださるのです。

This is what Jesus came to bring into effect.
これは、イエスが実際にもたらしてくださったことです。

This is very good news for all people.
これはすべての人にとって素晴らしい福音です。

It is also very good news for believers like myself who have a tendency to live in the shadow of their own sinfulness.
罪深さの中で生きてしまう傾向がある自分のような信者にとって、素晴らしい福音です。

God’s embrace for the returning sinner is stunning.
帰ってくる罪人のために神は抱擁してくださいます。素晴らしいことです。

I don’t know anyone who better captures the raw emotion of the father’s love than singer Keith Green. Have a listen to this:
私は、歌手キース・グリーンが「父の愛の感情」を歌に上手に捕らえていると思います。 この歌を聞いてください。

The Prodigal Son Suite (8:00~11:20)
https://www.youtube.com/watch?v=N3TYkAWRdU4

Praise God for His compassion and grace!
神様の思いやりと恵みを讃えてください!

And praise Jesus for teaching about it so well!
それについてよく教えてくれているイエスを賛美してください!

This would be a wonderful place to end the sermon, don’t you think?
このような素晴らしい話の後、ここでちょうど今日の説教を終わらせましょう、そう思いませんか?

Unfortunately, I’m not that kind:) I want to challenge you.
でも、ここであえて私はあなたに聞きたいことがあります。

I want to ask you to let the Holy Spirit search your heart.
聖霊があなたの心を探せるようにお願いしてください。

I want to ask you this question:
次に質問をしたいと思います:

What if the son turns prodigal again?
この息子がまた放蕩に走ってしまったらどうなるでしょう?

After the father has taken the son back in, embraced him, taken off his rags and dressed him in fine clothes, killed the precious fattened calf and held a huge celebration for him, restored him to a place of honour in the family, what if the son turns prodigal again?
父親が息子を連れてきて抱きしめて良い衣服を身に着けさせ、貴重な肥えた子牛を殺し、盛大なお祝いをして家族の名誉を受けられるようにしてあげたのに、もし息子が再び放蕩息子に変わったら?

Will the father take him back a second time?
父親は二度目も彼を受け入れてくれるでしょうか?

Or will he reject him?
それとも彼を拒むでしょうか?

What a horrible thing to contemplate!
考えてみるとどんなに恐ろしいことでしょう!

Two scriptures to challenge you regarding this question:
この質問に関して、あなたに考えさせる2つの聖句をこれから読みます:

It is impossible for those who have once been enlightened, who have tasted the heavenly gift, who have shared in the Holy Spirit, who have tasted the goodness of the word of God and the powers of the coming age and who have fallen away, to be brought back to repentance. To their loss they are crucifying the Son of God all over again and subjecting him to public disgrace.
Hebrews 6:4-6

いったん、光を受けて天よりの賜物を味わい、聖霊にあずかる者となり、 また、神の良きみ言葉と、きたるべき世の力とを味わった者たちが、 そののち堕落した場合には、またもや神の御子を、自ら十字架につけて、さらしものにするわけであるから、ふたたび悔改めにたち帰ることは不可能である。
ヘブライ人への手紙6:4-6

God has said, “Never will I leave you; never will I forsake you.”

Hebrews 13:5b

主は、「わたしは、決してあなたを離れず、あなたを捨てない」と言われた。
ヘブライ人への手紙13:5b

Will the father take the prodigal son back a second time?
父親は再び放蕩息子を受け入れるのだろうか?

I’m not going to give you my answer. Instead, I’m going to give you my warning.
私はあなたに私の答えを与えるつもりはありません。代わりに、あなたに警告しようと思います。

My warning is to those in the church who love God but don’t fear Him.
私の警告は、神を愛するが神を恐れない教会の人たちに警告するものです。

My warning is to those in the church who struggle with compromise.
私の警告は、妥協することに苦労している教会の人たちに警告しています。

My warning is to those in the church who cherish the grace of God but give little thought to His righteous judgements.
私の警告は、神の恵みを大切にしながら、神の裁きをほとんど考えない教会の人たちに警告しています。

My warning is to those in the church who live impressive and even miraculous spiritual lives, but are not known by God.
私の警告は、とても立派な精神的にも充実した生活を送っているが、神との関係を築けていないので「神がよく知らない教会の人たち」に警告するものです。

I say to you: live your lives in such a way as to never put your salvation even remotely at risk.
つまり私はこう言いたいのです。あなたの受けた救いをほんのわずかでも危険にさらすような生き方はしないでください。

Produce fruit in keeping with repentance.
Matthew 3:8

悔改めにふさわしい実を結べ。
マタイによる福音書3:8

Live such good lives among the pagans that, though they accuse you of doing wrong, they may see your good deeds and glorify God on the day he visits us.
1 Peter 2:12

異邦人の中にあって、りっぱな行いをしなさい。そうすれば、彼らは、あなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたのりっぱなわざを見て、かえって、おとずれの日に神をあがめるようになろう。
ペトロの手紙一2:12

Be faithful to Christ, even to the point of death, so you can receive the crown of life from God.
Revelations 2:10

死に至るまで忠実であれ。そうすれば、いのちの冠を与えよう。
ヨハネの黙示録2:10b

The gospel of Luke emphasises salvation in Christ.
ルカの福音は、キリストの救いを強調しています。

This should be the primary emphasis in our lives, too.
これは私たちの生活の中でも最も重要なことです。

Let’s praise God for seeking us out, forgiving our sin, and making us His very own children, and let’s be very careful to live repentant lives worthy of the saving love that we have received from God.
神様は、私たちを捜し出し、私たちの罪を自分の子供として放蕩息子のように赦してくれました。そして、私たちは許され、神の愛によって変えられた人生を大切にしてゆきましょう。

Pray.

Song lyrics (played section only)

I was near home, in site of the house,
My father just stared, dropped open his mouth,
He ran up the road, and fell to my feet, and cried, and cried,
Father I’ve sinned, heaven ashamed,
I’m no longer worthy to wear your name,
I’ve learned that my home is right where you are,
Oh father, take me in.
Bring the best robe, put it on my son,
Shoes for his feet, hurry put them on,
This is my son who I thought had died,
Prepare a feast for my son’s alive,
I’ve prayed and prayed, never heard a sound,
My son was lost, oh thank you God he’s found,
My son was dead and he’s now alive,
Prepare a feast for my son’s alive,
My son was dead,
My son was lost,
My son’s returned in the hands of God.