Happy Easter

Customs and the Cross

Happy Easter, everyone!
みなさん、ハッピーイースター!

My job today is to tell you all about Easter; to explain to you what Easter is all about. To help me do this, I’m not going to refer to the apostle Paul or the apostle Peter or the apostle John. I’m going to refer to Johnny Depp. Without him knowing it at all, he has demonstrated very well what the Easter message is all about.
今日の私の仕事は、皆さんにイースターに関する全てのことをお話し、説明することです。これにさしあたって、使徒のパウロ、ペテロ、ヨハネのことを引き合いには出しません。ジョニーデップを引き合いに出します。彼はイースターのメッセージがどのようなものであるかをとても分かりやすく象徴しています。

Last year, he and his then-wife Amber Heard tried to smuggle their two dogs, Pistol and Boo into Australia. He was caught by customs and the Australian government threatened to throw him out of the country, fine him and even put his dogs down (kill his dogs). You see, Australia has very strict quarantine laws to protect the country’s pristine environment.
昨年、ジョニーデップと当時の妻アンバーハードは飼っていた2匹の犬のピストルとブーをオーストラリアにこっそり持ち込もうとしました。ジョニーデップは検疫で捕まり、オーストラリアの政府は犬を国に入れないよう警告し、罰金を科し、しまいには手放すよう(殺すよう)要求しました。ご存知かもしれませんが、オーストラリアでは国の環境を守るために厳しい検疫法がしかれています。

Johnny then posted a weird apology video online that made everyone laugh.
He then went on the U.S. talk show circuit and angered every single Australian by complaining about his treatment and mocking Australia’s laws because, he said, his dogs were cute and cuddly and wouldn’t hurt a fly.
ジョニーはネット上でおかしい謝罪映像を公開し、それは人々の象徴の的になりました。
その後彼はアメリカのトーク番組の中で、彼が受けた処罰に文句を言い、オーストラリアの法律を嘲笑し、怒りを表明しました、なぜなら彼の犬は可愛く、飛行に何も影響を出していなかったからです。

He completely missed the point.
彼は完全に要点を分かっていませんでした。

It was never about his dogs’ appearance or temperament or behaviour. It’s about the diseases that they might be carrying. That’s why when you go to Australia, you’re often not allowed to take animals or things like ramen or wooden carvings into the country. They might be carrying germs which are harmful to the Australian ecosystem. Unless you’ve been through quarantine and been declared clean, then you’re unclean and you can’t get in.
彼の犬の外見、気質、行動が問題だったのではありません。問題だったのはその犬が持ち込みうる病気なのです。なので、みなさんがオーストラリアに行ったら、動物、ラーメン、木の彫刻などを持ち込むことができません。それらがオーストラリアの生態系に害を及ぼす病原菌を持ち込む可能性があるからです。あなたが検疫を通過し問題がないと認められない限り、あなたは保菌者扱いされ入国はできないのです。

And this is pretty much what Easter is all about.
そして、これがイースターに関するすべてとも言えます。

One topic that Jesus taught about more about than anything else was the Kingdom of God. He taught that the Kingdom of God is very different from the Kingdom of this world. The Kingdom of God is spiritual, the kingdom of this world is physical. The Kingdom of God is holy, the kingdom of this world is corrupt. The Kingdom of God is greater, the kingdom of the world is lesser. And the Kingdom of God is not just a paradise you go to when you die, but is the presence and power and love of God which can enter our lives here and now if we’re willing.
イエスが他のどんなものよりも伝えたかったことは神の御国についてでした。イエスは神の御国はこの世の国とは全然違うということを伝えました。神の御国は霊的なもので、この世の御国は実際にある物理的なものです。神の御国は聖なるもので、この世の御国は堕落しています。神の御国は素晴らしく、この世の御国は劣っています。神の御国はあなたがたが亡くなったときに行くパラダイスではなく、私たちが望めばすぐに人生の基軸となるような、神の存在であり、力であり、愛であるのです。

Many people think about entering God’s kingdom in much the same way that Johnny Depp thought about taking his dogs into Australia.
多くの人は、神の御国に入ることはジョニーデップが愛犬をオーストラリアに連れ込むこととほとんど同じことだと考えます。

Some people think that if they’re cute and cuddly and wouldn’t hurt a fly, then God will allow them into His kingdom. But that’s to completely miss the point. It’s all about being clean and righteous.
あるいは、犬が可愛くて飛行に影響を及ぼさないのなら、神は御国に入れてくれると思う人もいるでしょう。しかし、これは完全に間違った解釈です。重要なのは清潔でいて、誠実であることなのです。

Some people think that they’re already clean and righteous and their lives are good enough so God will allow them to enter His kingdom. That’s what Johnny thought about his dogs. But again that’s to completely miss the point. You see, our standards of cleanliness are irrelevant. If we want to enter the Kingdom of God, we must do it on God’s standards.
他にも、自分たちはすでに十分清潔で誠実なので神は御国に入れさせてくれると思っている人もいるでしょう。これはジョニーデップが犬の件で考えたことです。しかしもう一度言いますが、これは間違っています。私たちの清潔だと判断する基準は関係ないのです。私たちが神の御国に入りたいのであれば、神の基準に合わせなければなりません。

By the way, on the other hand, some people feel that they are big and ugly or dark and dirty and they could never enter the kingdom of God. Some people have a very negative view of themselves and feel certain that God would never be interested in or could never love a person like them. Wrong again! Because entering the kingdom of God is a work of God, not a work of men.
ところが、一方では自分たちが、大きく醜かったり、暗く汚いがゆえに神の御国には決して入ることができないと考える人もいます。自分自身に消極的で、神は自分なんかに興味がないだとか自分みたいな人間は愛してくれないと考えます。もう一度言いますが間違っています!なぜなら神の御国に入るのは、神のわざであって、人のわざではないからです。

Now, an important question at this point is: how do I know if I’m clean or unclean before God?
When you’re standing in line at customs, this question should also be going through your mind. Am I carrying anything in my baggage that will keep me from entering this country? In the same way, when it comes to entering God’s Kingdom we need to ask, is there anything in my ‘life baggage’ that is keeping me from entering this paradise, this Kingdom of God?
ではここで重要な質問をします:神の御前で自分が清潔であるのかそうでないのかどうしたら分かるのでしょうか?
あなたが税関で並んでいるとき、この質問が頭をよぎるでしょう。この国への入国を阻まれるようなものを自分は荷物の中に入れていないだろうか?と。同じように、神の御国に入るにあたって、そこへ入ることの足かせとなるようなものを自分の「人生の荷物」の中に持ち込んでいないか、私たちは尋ねる必要があります。

How do we know if we’re unclean?
どうやって私たちが清潔でないと分かりうるのでしょうか?
Well, there’s good news here and there’s bad news.
良い知らせと悪い知らせがあります。
Good news: The Bible tells us.
良い知らせ:聖書が教えています。
Bad news: everybody is unclean. Everybody.
悪い知らせ:すべての人が清潔でないのです。みんなです。
Everybody has sinned. Everyone is guilty of lying, stealing, gossipping, being selfish, not honouring their parents, not loving others as they love themselves and not loving God with all their hearts and so on and so on. Everybody.
みんな罪があります。みなが嘘をつき、盗みをし、噂話をし、わがままで、両親を尊敬せず、他人を愛さず、全力で神を愛さず、などなどの罪があります。みんなです。

The Bible declares that
“There is no one righteous, not even one; there is no one who understands; there is no one who seeks God. All have turned away, they have together become worthless; there is no one who does good, not even one.”
Romans 3:10-12
聖書では次のように書いてます、/「義人はいない、ひとりもいない。 悟りのある人はいない、/神を求める人はいない。すべての人は迷い出て、/ことごとく無益なものになっている。善を行う者はいない、/ひとりもいない。ローマの信徒への手紙3:10-12

So that looks pretty gloomy. By this standard, no-one enters the Kingdom of God. Everyone is separated from God and lost in their sin.
これは一見悲観的に思えます。この基準からすると、誰も神の御国に入れません。みなが神から離れていて、罪に溺れています。
But God loves people too much to allow that to happen. So He provided a way. And that is what Easter is all about.
しかし神はそんなことになってほしくないほどに人を愛しています。だから神はある方法を与えたのです。そしてそれがイースターに関する全てです。
The apostle Paul explains it this way:
使徒パウロはそれをこのように説明しています。
You see, at just the right time, when we were still powerless, Christ died for the ungodly. 7 Very rarely will anyone die for a righteous person, though for a good person someone might possibly dare to die. 8 But God demonstrates his own love for us in this: While we were still sinners, Christ died for us. Romans 5:6-8
わたしたちがまだ弱かったころ、キリストは、時いたって、不信心な者たちのために死んで下さったのである。正しい人のために死ぬ者は、ほとんどいないであろう。善人のためには、進んで死ぬ者もあるいはいるであろう。しかし、まだ罪人であった時、わたしたちのためにキリストが死んで下さったことによって、神はわたしたちに対する愛を示されたのである。
ローマの信徒への手紙5:6-8
At Easter time, the sinless Jesus died in the place of sinful man to take away our sin and make us right with God.
イースターに罪のないイエス様が罪ある人間のために死に、罪を取り去り、神と正しい関係をもてるようにしてくださったのです。
The apostle Peter puts it this way:
使徒ペテロはそれをこのように書いてます。
Christ also suffered once for sins, the righteous for the unrighteous, to bring you to God. He was put to death in the body but made alive in the Spirit. 1 Peter 3:18
キリストも、あなたがたを神に近づけようとして、自らは義なるかたであるのに、不義なる人々のために、ひとたび罪のゆえに死なれた。ただし、肉においては殺されたが、霊においては生かされたのである。ペトロの手紙一3:18
This is what we celebrate and embrace at Easter.
これが私たちがイースターで祝うことなのです。
The death of Jesus removes our sin. The resurrection of Jesus brings us new life in the Spirit and access into the Kingdom of God.
イエスの死は私たちの罪を取り去ります。イエスの復活は霊にあって私たちに新しい命をもらたし、神の御国へ導き入れられるようにしてくれます。
But there’s a catch! You see, you can’t buy forgiveness for your sins with money because they’ve already been paid for. You can’t earn righteousness from God by doing good things because righteousness is a gift of grace. You can’t win your way or luck your way into the Kingdom of God because it’s not winnable and it’s got nothing to do with luck.
しかし、まずいことがあります。お分かりのように、あなたが犯した罪をお金で赦してもらうことはできません、なぜならそれらはすでに支払われているからです。あなたは良い行いをすることで神から誠実さをもらうことはできません、なぜなら誠実さは神の愛の賜物だからです。あなたは神の国で成功することはできません、なぜならそれは勝ち取るものではなく運でどうにかなるものではないからです。

With His death and resurrection, Jesus made a way for us to be right with God. But how do we access this way to God, in real terms, in our lives? How do we access and receive the Kingdom of God in our lives today?
イエスは死と復活によって、私たちが神との関係を保つ方法を与えて下さったのです。しかし、私たちはどうやって本当の意味で、私たちの実生活において、神と交わるのでしょうか。ではどのようにして神の御国に導き入れられ、受け入れることができるのでしょうか?
There was a man. A long time ago there was a great man. He was a very learned, very clever and highly respected man. His name was Nicodemus. He was one of the leading Jewish priests in his day. He came to Jesus at night because he was too embarrassed to approach Jesus during the day. Picture it: the great and esteemed scholar-priest approaching Jesus the carpenter to find out about God. That’s like a world renowned mathematics professor approaching one of his new students to ask him how to solve a maths problem.
ある人がいました。大昔にある偉大な人がいました。彼は教養があって、とても賢くて、尊敬されている方でした。彼の名はニコデムスといいました。彼は当時優れたユダヤ人僧侶の一人でした。彼はある晩にイエスを訪ねました、なぜなら日中にイエスを訪ねることは恥ずべきことだったからです。想像してください:偉大で尊敬されている賢い僧侶が、神を見出そうとするイエスに近づいているのです。それはまるで数学の教授がある数学の問題を解くために、彼の新しい教え子の一人に近づくようなものなのです。

But Nicodemus knew that Jesus was the real deal. He said, “I know that you’re from God because no-one could perform the miracles you do unless he were from God.”
しかし、ニコデムスはイエスがそれに値する方だと知っていたのです。彼は言いました、「先生、わたしたちはあなたが神からこられた教師であることを知っています。神がご一緒でないなら、あなたがなさっておられるようなしるしは、だれにもできはしません」
And then he asked the big question: “How can I enter the Kingdom of God?”
そして、彼は重要な質問をしました:どのようにして神の御国に入ることができるでしょうか?な
Jesus answer must have been a huge disappointment and shock to him. He said, “You can’t.”
イエスの答えは彼を大変失望させ、ショックを与えたことでしょう。イエスは言いました、「できません。」
Jesus said, “No-one can enter the Kingdom of God unless they are born again.”
イエスは言いました、「だれでも新しく生れなければ、神の国を見ることはできない」
If you don’t understand what Jesus meant, don’t worry, neither did the great Nicodemus.
もしあなたがイエスの意味することを理解できなくても心配することはありません、ニコデムスも理解できませんでした。
Jesus explained further: “No one can enter the kingdom of God unless they are born of water and the Spirit.”
イエスは続けて説明しました:だれでも、水と霊とから生れなければ、神の国にはいることはできない。 That is, no-one can enter the Kingdom of God unless they are baptised in water and baptised in the Holy Spirit. That’s how we enter and receive the Kingdom of God in our lives.
それは、水と御霊によって洗礼を受けなければ、誰一人として神の御国に入ることはできないということです。そのようにして私たちは人生において神の国に入ることができます。
There’s so much more I’d like to explain about this but we don’t have time today, so I would like to invite you to come and speak with me more about this after the service, or come back next week when I will speak more about it.
もっと説明したいことがありますが、今日は時間がないので、もっと聞きたい方は礼拝のあとに私のところへ来て下さい、それか来週もっとお話をする予定なので、また来てください。
But Jesus summed up his discussion with Nicodemus with these famous words:
イエスは今から言う言葉でもって、ニコデムスとの議論をしめくくりました:
For God so loved the world that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not die but have eternal life.
神は実にそのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者がひとりとして滅びることなく、永遠の命を持つためである。
This is Easter in a nutshell. But I’d like to make this a little more understandable and relatable to you, because Jesus didn’t intend for this to be a vague, distant teaching. It’s intensely personal.
これがイースターを簡潔に表現したものです。けれど、もう少しみなさんに分かりやすく、しっくりくるように説明したいと思います、そもそもイエス自身、曖昧で分かりにくいものにしようという意図はなかったのです。これはかなり個人的なものです。
For God so loved Japan that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life.
神は実にそのひとり子をお与えになったほどに、日本を愛された。それは御子を信じる者がひとりとして滅びることなく、永遠の命を持つためである。
For God so loved Minoh that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life.
神は実にそのひとり子をお与えになったほどに、箕面を愛された。それは御子を信じる者がひとりとして滅びることなく、永遠の命を持つためである。
For God so loved [name] that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life.
神は実にそのひとり子をお与えになったほどに、[名前を入れる]を愛された。それは御子を信じる者がひとりとして滅びることなく、永遠の命を持つためである。
That’s the Easter message. That’s what Easter is all about. Let me finish with the only proper response to this truth about God’s love for us. The apostle Peter said,
これがイースターのメッセージです。これがイースターに関する全てです。終わりに、神が私たちを愛して下さっているということの事実に私たちがすべき唯一のことをお話しします。使徒ペテロはこう言いました、
38 “Repent and be baptized, every one of you, in the name of Jesus Christ for the forgiveness of your sins. And you will receive the gift of the Holy Spirit. 39 The promise is for you and your children and for all who are far off—for all whom the Lord our God will call.”
38 すると、ペテロが答えた、「悔い改めなさい。そして、あなたがたひとりびとりが罪のゆるしを得るために、イエス・キリストの名によって、バプテスマを受けなさい。そうすれば、あなたがたは聖霊の賜物を受けるであろう。この約束は、われらの主なる神の召しにあずかるすべての者、すなわちあなたがたと、あなたがたの子らと、遠くの者一同とに、与えられているものである」。
And this is what I say to you today. Jesus Christ died for your sins and to bring you into eternal life (which starts now, not when you die). And if you want to be free from your sins and want to receive the Holy Spirit of Jesus and live with the love of God, then repent from your sins and be baptised into Jesus Christ.
そしてこれが今日私がみなさんに言いたいことです。イエスキリストはあなたの罪のために亡くなり、永遠の命を授けてくれました(永遠の命はみなさんが亡くなったときに始まるものではなく、今始まるものなのです)。
罪から自由にされ、イエスの聖霊を受け入れ、神の愛とともに生きたいと思うなら、罪を悔い改めて、イエス・キリストの洗礼を受けてください。

You can effect this today by making a decision to turn from sin and by giving your life exclusively to Jesus. You can do this as simply as by praying a prayer of faith, accepting Jesus Christ as your Lord and Saviour, and, in place of baptism for today, receiving, along with the rest of the church, the elements of bread and grape juice which symbolise the body and blood of Jesus Christ. Eating and drinking these means you become one with Christ, your sins are forgiven and salvation is given to you.
あなたは今日、罪から離れる決断をし、イエスに人生を捧げることによって、神の愛とともに生きることができるのです。信仰の祈りをし、あなたの主として、救世主としてイエスキリストを受け入れ、この場を洗礼の場とし、教会のみなを受け入れ、イエスキリストの体と血の象徴であるパンをブドウジュースを受け取ってください。パンとブドウジュースを頂くことは、あなたはキリストの一部となり、罪は赦され、救いが与えられたことを意味します。

I’m going to say a prayer of salvation now. On this Easter day, if you want to start your life over, be born again in Christ, and enter the kingdom of God, then pray this prayer with me in your heart, and then come forward with everyone else for prayer and to receive the elements of communion.
これから救いの祈りをします。このイースターの日に、人生をやり直したい、キリストにあって生まれ変わりたい、神の御国に入りたいと思うなら、心の中でこの祈りを祈ってください。そしてみなさんといっしょに前に出て祈り、聖餐式を受けてください。

Sinner’s Prayer/救いの祈り
Dear God in heaven, I come to you in the name of Jesus. I acknowledge to You that I am a sinner, and I am sorry for my sins and the life that I have lived; I need your forgiveness.
天の神様、イエスの御名によって御前に来ます。私は自分が罪人であることを認めます。私の罪、私の今までの人生を悔いていますから、どうかお赦しください。

I believe that Your only begotten Son Jesus Christ shed His precious blood on the cross at Calvary and died for my sins, and I am now willing to turn from my sin.
あなたのたった一人の御子、イエス・キリストがカルバリーの十字架で尊い血を流し私の罪のために死んでくださったことを信じます。

You said in Your Holy Word, that if we confess the Lord our God and believe in our hearts that God raised Jesus from the dead, we shall be saved.
ローマ10:9の御言葉に、もしあなたの口でイエスを主と告白し、
あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるならあなたは救われると書いてあります。

Right now I confess Jesus as the Lord of my soul. With my heart, I believe that God raised Jesus from the dead. This very moment I accept Jesus Christ as my own personal Savior and according to His Word, right now I am saved.
今、イエスが私の魂の主であると告白します。私の心で神はイエスを死者からよみがえらせてくださったと信じます。たった今、イエス・キリストを私自身の救い主として受け入れます。御言葉のとおり、今、私は救われました。

Thank you Jesus for your unlimited grace which has saved me from my sins. I thank you Jesus that your grace never leads to license, but rather it always leads to repentance. Therefore Lord Jesus transform my life so that I may bring glory and honor to you alone and not to myself. Fill me with your Holy Spirit that I might live under your guidance and receive the full measure of blessings that you intend for me.
イエス様、私を罪から救ってくださる無限の恵みに感謝します。あなたの恵みは何でもできるように導いてくれるのではなく、いつも悔い改めに導いてくださいます。ですから、主、イエス様、栄光と誉れを私自身にではなく、あなただけに現すことができるよう私の人生を変えてください。あなたの聖霊で私を満たしてください。そうすればあなたの導きの下に生き、私への祝福を十分に受けることができます。

With all my heart I desire to love You Father God, follow You Lord Jesus, and be filled every day with Your Holy Spirit.
心から私は父なる神であるあなたを愛し、主イエスであるあなたに従い、あなたの聖霊に日々満たされたいと願っています。

Thank you for saving me and giving me eternal life.
イエス様、私を救ってくださり、永遠の命を与えてくださってありがとうございます。
Amen. アーメン。