Happy New Mission!

7 January, 2018

A very happy new year to you all.
みなさん、あけましておめでとうございます!

For Christmas, I was given a high-pressure water cleaner. [image]
クリスマスに私は高水圧クリーナーをもらいました。

These things are great. They remove the filthiest grime you can imagine and restore things to their original pristine condition.
これはすごいですよ。頑固な汚れを取り除いて、もとのピカピカの状態にしてくれますから。

They’re also fun to use on dogs and small kids. Here’s an example of what my back wall looked like mid-job. [image] The right side has been cleaned, the left side is still dirty. You can see what a huge difference a high-pressure water cleaner makes.
犬や子供に使ってもおもしろいですしね。これはうちの裏の壁を掃除している最中です。右側はきれいで、左側はまだ汚いのがよく分かるでしょう。

In fact, it was so impressive, Daryl took one look at it and said, “I’ve got to have a go of that, too!” So I let him borrow it and he got to work.
これがあまりにすごいのをダリルさんが見て、「僕もやってみたいなあ」と言うので、貸してあげました。

I didn’t mind him borrowing it at all because he was cleaning my walls! But of course, the problem with Daryl is that you never know what sort of mischief he’s going to get up to with a high-pressure water cleaner. [image]
うちの壁を掃除してくれるのですから、貸してあげるのに全然問題はありません。でもダリルさんですから、何をしでかすか分かりません。

A high-pressure water cleaner is actually a good analogy for living a life in Christ. To clean your wall,
高水圧クリーナーはキリストにある人生を生きる良い例えになります。壁を掃除するには、

  • you need to be plugged in to electric power source,
    コンセントにつながっていないといけません。
  • you need a machine, and
    機械が必要
  • you need water.
    水が必要

To live a life of faith, to receive the cleansing of God and to be born again,
信仰に生きるには、神に清められて、生まれ変わらなければいけません。

  • you need to be plugged into God as our life source
    私たちの人生の源である神につながっていないといけません。
  • You need Jesus who provided the mechanism for our salvation through His work on the cross, and
    十字架でのはたらきを通して救いの手段を与えてくださったイエスが必要
  • You need the Holy Spirit, described in the Bible as a stream (or jet) of water that flows out from within us.
    私たちのうちからあふれ出す水だと聖書に書かれている聖霊が必要

I also noticed that even with all the right materials, I still needed the will to clean the wall, I needed a right attitude to do a thorough job, and I needed perseverance (it takes a long time to clean a whole wall).
必要なものがすべてそろっていたとしても、壁を掃除しようとする意志が必要ですし、完璧にやり遂げようとする適切な態度が必要ですし、忍耐も必要です(壁全体を掃除するには長い時間がかかるものです)。

Understanding these things, I also learned that using the materials to clean the wall can also be fun.
これらのことが分かった上で、壁を掃除するのは楽しいことでもあることが分かりました。

All the things I’ve been talking about so far – God, Jesus, the Holy Spirit, and a spirit of willingness, maturity and perseverance – lead us to our new church mission statement, which is what I would like to reveal to you and explain to you today.
神、イエス、聖霊、意欲、成熟、忍耐、これらすべては、私たちの新しい教会のミッション信条につながります。今日はこの信条を明かし、説明します。

We’ve never had a mission statement before so I’d like to explain the difference between a mission statement and a vision statement because these things can get a bit confusing.
その前に、ミッション信条とビジョン信条の違いを説明したいと思います。この2つの違いは少し分かりにくいかもしれませんから。

A vision statement says what we hope to achieve
ビジョン信条は私たちが達成したいと願っていること

A mission statement says how we plan to achieve it
ミッション信条はそれをどのように私たちが達成しようとするのかを述べています。

Vision statements are typically a bit longer and not intended to be remembered word for word.
ビジョン信条は一般的に少し長く、一語一句覚えておくものではありません。

Mission statements are typically shorter and are intended to be remembered word for word.
ミッション信条は一般的に短く、一語一句覚えておくためのものです。

The mission statement will appear on our name cards, welcome cards, signage and orders of service. You’ll hear me repeating it a lot.

Our recently tweaked vision statement is this:
最近、微調整されたビジョン信条はこれです。

By faith in Christ, we aim to see people of all nationalities in the Minoh area saved, discipled and empowered for God.
キリストにある信仰によって、箕面地区のあらゆる国籍(こくせき)の人たちが救われ、弟子とされ、神のために強められるのを目にすることを志す。

That’s what we hope to do. That’s what we are aiming to do.
これが私たちの願っていること、私たちが目指していることです。

The mission statement which the leaders and I have been praying and meeting about is simply this: Loving God, making disciples, blessing all.
私たち教会のリーダーたちが集まり、祈ってきているミッション信条はこれです。 神を愛する、弟子を育てる、すべての人を祝福する

This is the ‘how’ – what we do to attain the vision of seeing people saved, discipled and empowered for God.
これがその方法です:人が救われ、弟子として育てられ、神のために力づけられるのを見るビジョンを得るためにすることです。

Loving God, making disciples, blessing all. Let me explain what I believe each of these means for our church.
神を愛する、弟子を育てる、すべての人を祝福する。 それぞれが私たちの教会にとってどういう意味なのかを説明しましょう。

  1. Loving God
    神を愛する

This is very broad. In a sense, anything we do could be seen as loving God. Singing praises, helping someone in need, cooking a meal, milking a cow – it could all come under ‘loving God’.
これはとても意味が幅広い言い方です。ある意味では、私たちがすることは何でも神を愛することとして見られることができます。賛美を歌うこと、困っている人を助けること、料理をすること、牛の乳を搾ることなど、これらすべてが‘神を愛する’ことのうちに入ります。

To understand this in the context of our mission statement, I’d like you to think in terms of direction.
私たちのミッション信条に照らしてこれを理解するには、方向性という観点から考えてみてください。

Loving God in this sense means ‘reaching up’. Loving God means worshipping God in praises. Loving God means seeking God with all your heart. Loving God means reading His Word and lifting holy hands in prayer. It means humbling yourself before Him. It means calling on His Name. Think of loving God in this context as a ‘vertical activity’ – we’re reaching up to God.
ここでいう神を愛するというのは、上に手を伸ばすということです。神を愛するということは、賛美をもって神を礼拝すること。神を愛するということは、心から神を求めること。神を愛するということは、御言葉を読み、祈りをもって聖なる手を上げること。神の御前でへりくだること。神の御名を呼び求めること。ここでいう神を愛するということは、‘縦のつながり’だと考えてください。私たちが神に手を伸ばしているのです。

Let us lift up our hearts and our hands to God in heaven.
Lamentations 3:41

われわれは天にいます神にむかって、手と共に心をもあげよう。
哀歌3:41

This is what we mean by “loving God” in this context.
これが私たちがここで言っている“神を愛する”という意味です。

  1. Making disciples
    弟子を育てる

We want to see people not only come to Christ but to come to maturity in Christ.
人がキリストを信じるようになるだけでなく、キリストにあって成長するのも見たいものです。

This takes people way beyond merely finding salvation. It’s a whole new way of living and a whole new identity. It includes the teaching of Jesus that we are to deny ourselves daily, take up our cross and follow Him. And it distinguishes between receiving Jesus as a Saviour and following Him as our Lord.
ただ救われるだけのことではありません。全く新しい生き方、全く新しいアイデンティティーを見つけることです。私たちが日々、自分を捨て、自分の十字架を負い、イエスについて行くというイエスの教えも含まれます。そしてそれは、イエスを救い主として受け入れることとイエスを主として従っていくことを区別します。

When it come to the topic of making disciples, I can’t say it any better than Paul: We are
弟子を育てることに関して、パウロほどうまく言っている人はいません。

to equip his people for works of service, so that the body of Christ may be built up until we all reach unity in the faith and in the knowledge of the Son of God and become mature, attaining to the whole measure of the fullness of Christ.
Ephesians 4:12,13

それは、聖徒たちをととのえて奉仕のわざをさせ、キリストのからだを建てさせ、わたしたちすべての者が、神の子を信じる信仰の一致と彼を知る知識の一致とに到達し、全き人となり、ついに、キリストの満ちみちた徳の高さにまで至るためである。
エフィソの信徒への手紙4:12,13

There are other highly relevant scriptures that apply here:
ほかにもこれに関連する聖書の箇所があります。

Encourage one another and build each other up.
1 Thessalonians 5:11

互に慰め合い、相互の徳を高めなさい。
テサロニケの信徒への手紙一5:11

We do this by using edifying speech with each other, by teaching one another, by meeting regularly in church, and by one-on-one discipleship.
私たちはこのことを、互いに高めあう言葉を使う、互いに教えあう、教会で定期的に会う、1対1の弟子訓練をすることによってします。

Carry each other’s burdens, and in this way you will fulfill the law of Christ.
Galatians 6:2

互に重荷を負い合いなさい。そうすれば、あなたがたはキリストの律法を全うするであろう。
ガラテヤの信徒への手紙6:2

We do this by sharing our lives with each other, giving our time to each other, and caring for each other’s needs.
私たちはこのことを、自分たちの人生を分かち合う、互いのために時間をさく、互いの必要を思いやることによってします。

All of these things are involved in making disciples.
これらのことすべては弟子を育てることに関わってきます。

  1. Blessing all
    すべての人を祝福する

“Blessing all” is also very broad but this is the wording we chose to incorporate fulfilling the Great Commission to
“すべての人を祝福する”というのもまた幅広い意味がありますが、これを大宣教命令を実行することに含まれる言葉に選びました。 それゆえに、

“go and make disciples of all nations, baptizing them in the name of the Father and of the Son and of the Holy Spirit, and teaching them to obey everything I have commanded you.”
Matthew 28:19,20

あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」。
マタイによる福音書28:19,20

We chose “blessing all” because we see our mission here in Japan, here in Minoh, in works that lead to making disciples, as well as actually making disciples. In reaching a people who have zero church history and Biblical understanding, that also means caring for the hurting, praying for those in need, and being supportive in community affairs.
“すべての人を祝福する”を選んだのは、それが日本での宣教、箕面での宣教、実際に弟子を育てることと同じく、弟子を育てることにつながるはたらきに見られるからです。教会に一度も行ったことがなく、聖書の知識が全くない人たちに手を差し伸べること、それは、傷ついている人たちを世話をすること、困っている人たちのために祈ること、地域社会のイベントを支援することでもあります。

In Joppa there was a disciple named Tabitha who was known for always doing good and helping the poor. (Acts 9:36) She, too, is a role model for us as we seek to bless all and fulfill the Great Commission.
ヨッパにタビタという女弟子がいた。数々のよい働きや施しをしていた婦人であった。すべての人を祝福し、大宣教命令を実行しようとする私たちにとって、彼女もお手本となる人です。

As we consider the mission of our church, we would be wise to regularly review each of the ministries we have, or each of the ministries we propose to have, in light of our mission statement, and ask, ‘What are we achieving with this ministry?’:
私たちの教会の宣教を考えるにあたり、今行っているそれぞれのミニストリー、またはこれからしようとしているそれぞれのミニストリーを定期的にミッション信条と照らし合わせて見直してみることは賢明なことです。そして、‘このミニストリーで何を達成しているのだろうか?”と問うことが大切です。

Is this ministry helping us to love God? Is this ministry making disciples? Is this ministry blessing others in outreach?
このミニストリーは私たちが神を愛するようにしてくれるだろうか?このミニストリーは弟子を育てているだろうか?このミニストリーはアウトリーチで人を祝福しているだろうか?

Most ministries will see a sizable overlap here. Small groups, for example, are primarily for making disciples, but they also encourage an expression of loving God in prayer, and they can also be used to equip for outreach and as a platform for outreach.
ほとんどのミニストリーはかなり互いに重複しています。例えば、小グループは主に、弟子を育てるためのミニストリーですが、祈りをもって神を愛することを勧めますし、アウトリーチの備えをするために用いられることもできますし、アウトリーチの基盤としても用いられます。

Understanding there will be overlap, each ministry should still have a clear goal in light of our church mission statement and should serve primarily to love God, build disciples or bless others in outreach.
重複していることが分かれば、それぞれのミニストリーが教会のミッション信条に照らし合わせて明確な目標をもつべきであり、主に神を愛するために仕え、弟子を立ち上げ、アウトリーチで人を祝福するべきです。

It’s on my heart to also talk briefly about faith and miracles at the start of this year.
年の初めに信仰や奇跡についても簡単に話したいと思っています。

Individually and corporately, I believe very strongly that this year God is calling us on to live lives of greater faith. The righteous live by faith. God wants to work miracles in our lives this year through our ministries and through our daily living.
一人ひとりに、そして教会全体に、今年、神は私たちにより大きな信仰をもって生きるよう求めておられると私は強く信じてています。義人は信仰によって生きます。神は今年、私たちのミニストリーを通して、私たちの日々の生活を通して奇跡を行いたいと願っているのです。

Let’s believe this. Remembering that nothing we do is of any value without love, let’s have the faith that God will do extraordinary things this year.
このことを信じましょう。愛がなければ私たちがすることは何の価値もないということを心に留め、今年、神が驚くべきことをなさるという信仰を持ちましょう。

As we consider the mission of our church, we would be wise to regularly check our own hearts, too, and ask ourselves the following,
私たちの教会のミッションを考えるとき、私たち自身の心を定期的にチェックすることも賢明なことです。そして自分たち自身にこう問いただしてみましょう。

  • Am I doing this as an act of faith in Christ?
    キリストへの信仰の行いとしてこのことをしているだろうか?
  • Am I doing this willingly and with a right attitude of love?
    自分から進んで正しい愛の態度でこのことをしているだろうか?
  • Do I have a heart of perseverance?
    忍耐の心を持っているだろうか?
  • And am I doing this cheerfully, in a way that brings joy to others?
    人に喜びをもたらすようにこのことを喜んでしているだろうか?

Pray.