Being Honest 正直であること

Today I want to talk to you about being honest.
今日、私は”正直であること”について話したいと思います。

I had a friend and co-worker tell me he had something he wanted to tell me. Now he was regularly in my office almost every day just to chat.私の友人でもあった同僚が、私に伝えたいと思っていた事があると言ってきました。彼は私のオフィスで毎日のように私と話していました。

That day seemed no different at first but he said something like ‘I haven’t told anyone this but…’ and he went on explaining how he started to fall in love with another woman who was not his wife. He ended with ‘I don’t know why I’m telling you but I don’t know what to do.’
その日は、最初いつもと同じよう見えたのですが、「誰にもこの事を言ったことないのだけれど···」と彼は彼の妻ではない別の女性を好きになってしまったと私に伝えてきたのです。彼は、「自分自信どうしてあなたにこんな事言っているかわからないけど、どうしたらいいのかわからない。」と伝えてきました。

Then recently a student of mine started telling me about her company. She started with ‘I’ve haven’t told anyone this yet but…’ and she continued to explain how she knows about some continuous criminal activity going on in her workplace.
そして、最近、私のある生徒さんが彼女の会社について私に語り始めました。彼女は、「私はこの事をまだ誰にも言ったことないのだけれど…」と話し始め、彼女の職場で以前から行われている、犯罪行為について説明してきました。
Due to the workplace environment and situation she fears to tell her boss. She ended with ‘I don’t know what to do’.
職場環境や周りの状況の事もあり、彼女は上司にその事を伝える事を恐れていました。彼女は、「私はどうするべきかわからない」という事でした。
Today’s Bible passage is Ephesians 4:17-25 and using the New Living Translation.
今日の聖書の箇所はエペソ4章17節から25節まででリビングバイブルを使用しています。

(17) With the Lord’s authority I say this: Live no longer as the Gentiles do, for they are hopelessly confused. (18) Their minds are full of darkness; they wander far from the life God gives because they have closed their minds and hardened their hearts against him. (19) They have no sense of shame. They live for lustful pleasure and eagerly practice every kind of impurity.

(20) But that isn’t what you learned about Christ. (21) Since you have heard about Jesus and have learned the truth that comes from him, (22) throw off your old sinful nature and your former way of life, which is corrupted by lust and deception. (23) Instead, let the Spirit renew your thoughts and attitudes. (24) Put on your new nature, created to be like God—truly righteous and holy.

(25) So stop telling lies. Let us tell our neighbors the truth, for we are all parts of the same body.
Ephesians 4:17-25

(17)そこで私は、主に会って言明し、おごそかに勧めます。もはや、異邦人がむなしい心で歩んでいるように歩んではなりません。
(18)彼らは、その知性において暗くなり、彼らのうちにある無知と、かたくなな心とのゆえに、神のいのちから遠く離れています。
(19)道徳的に無感覚となった彼らは、好色に身をゆだねて、あらゆる不潔な行いをむさぼるようになっています。
(20)しかし、あなたがたはキリストを、このようには学びませんでした。
(21)ただし、ほんとうにあなたがたがキリストに聞き、キリストにあって教えられているのならばです。まさしく真理はイエスにあるのですから。
(22)その教えとは、あなたがたの以前の生活について言うならば、人を欺く情欲によって滅びて行く古い人を脱ぎ捨てるべきこと、
(23)またあなたがたが心の霊において新しくされ、
(24)真理に基づく義と聖をもって神にかたどり造り出された、新しい人を身に着るべきことでした。

POINT 1 – Not like the Gentiles…
ポイント1- 異邦人のように歩むのではなく…

17 – Mentions not living like the Gentiles do. This can be taken to not worldly living.
17 節- 異邦人のように歩むのではなくと言及しています。これは、世俗的な生き方ではなくと解釈することができます。

18/19 – The minds of these worldly people are not of God. They follow own desires and wrong doings.
18/19節 – 神のいのちから遠く離れています。好色に身をゆだねて、あらゆる不潔な行いをむさぼるようになっています。

That way of thinking and living is not how those who know Christ as their savior are to live and act. From the passage you can get the image that people are blind to know what is right and pure. There is no sense or understanding of sin.
このような思考と生活習慣は、イエス様を救い主と知っている者たちが生活し行動するべきではありません。この聖書箇所からもわかるように人々は何が正しく、清い事であるかをわかりません。罪の感覚や理解がありません。

When I talk to people in Japan about sin, it seems common that many people don’t understand or know the definition.
私は罪について、日本人の方々に話すとき、多くの人々はその意味を知らないことが一般的なように思います。

20-24 – “But you are not like that, you have learned Christ.“
20から24節 – “しかし、あなたがたはキリストを、このようには学びませんでした。”

We are therefore to live different from those of the world, culture, or Buddhist ways. Therefore live not like the Gentiles of today.
そこで私たちは、世のもの、文化、あるいは仏教とは異なる生活しています。今日の異邦人のようではありません。

The message of Christ is taught in the Bible here, and in the mouths of good Christian leaders. We learn the love and discipline of Christian living.
イエス様のメッセージは、聖書、また良いクリスチャンの指導者から教えられます。私たちは、クリスチャン生活の愛と規律を学べます。

If you have accepted Christ into your life, you have accepted the Holy Spirit to be in and with you.
あなたが、もしもあなたの人生にキリストを受け入れたのであれば、あなたの内に聖霊も受け入れた事になります。

Verse 23 is important, “Instead, let the Spirit renew your thoughts and attitudes.”
23節は重要で、「またあなたがたが心の霊において新しくされ」と書いてあります。

POINT 1 – Not like the Gentiles … but like Christ, led by the Spirit!
ポイント1 – 異邦人のように歩むのではなく..御霊に導かれ、よりキリストのように!

The first sentence in this next verse, verse 25, in the NLT says it clear and simple. “So stop telling lies.”
25節 この次の最初の箇所でリビングバイブルは、明確かつシンプルに、 “ですから、あなたがたは偽りを捨てなさい”と書いています。

And I am sure the first reaction to that for most people is, ‘I’m not a liar!’.
ほとんどの人の場合、最初の反応は、「私は嘘つきではない!」と思うかもしれません。

The way I see it, not many consider themselves liars. People tend to make themselves look better than they really or truly are. Extending the truth by exaggerations or bending the truth. Something I know I have been guilty of.
多くの人が自分自身を嘘つきだなんて思っていない事でしょう。人々は、本来の自分自身よりも自分の事を良く見ている傾向があります。真実を曲げ、おおげさに拡張したりします。私自身もそのような事をしたことがあると思われます。
(25) So stop telling lies. Let us tell our neighbors the truth, for we are all parts of the same body. Ephesians 4:25
(25)ですから、あなたがたは偽りを捨て、おのおの隣人に対して真実を語りなさい。私たちはからだの一部分として互いにそれぞれのものだからです。 エペソ4章25節
POINT 2 – Be honest and don’t tell lies!
ポイント2 – 偽りを捨て、真実を語りなさい!

Going back to the first story of the man who started telling me about his new love. He tried to blame it on his wife, she doesn’t talk or connect to me like this new woman. He was unwilling to say it is partly at fault, if not 100% his fault for his failed marriage.
最初にお伝えした、同僚の知人が新しい恋人の事を私に打ち明けた話に戻ります。彼は彼の妻が、新しい女性のように自分に話したり、接しないと彼の妻を非難し、彼の妻のせいにしようとしました。彼は、自分が100パーセント悪いとは認めたくないようでした。

But there was one good thing he started to do, and that was tell his neighbor, me, as the second half of verse 25 says. “So stop telling lies. Let us tell our neighbors the truth, for we are all parts of the same body.”
彼がもしも1つ良いことをしたとするならば、それは彼の隣人である私に25節の後半が述べているように伝えたということです。 “ですから、あなたがたは偽りを捨て、おのおの隣人に対して真実を語りなさい。私たちはからだの一部分として互いにそれぞれのものだからです。”

POINT 3 – Get right, by telling the right person. (confession of sins)
ポイント3 – 適任者に伝え、改善する/罪の告白

In my opinion, the student told me about the criminal activity happening at her workplace because she felt she needed to tell someone or was seeking some inner peace.
私の意見では、私の生徒さんが彼女の職場で起こっている犯罪行為について話した時、彼女自身が何らかの安らぎを求める為に私に伝えるたのではと感じました。

I found it interesting that these two people and even others have told me some secrets even deeper and darker than that.
私はこの2人以外にも、他の人がさらに深く、暗い秘密を私に伝えてきたを興味深いと感じます。

I can understand and assume that they want help by telling someone and seek advice or prayer. Just thinking about it I consider that confessional box that Catholic churches have.
私は誰かに伝えることで、彼らは助けが必要なことを理解し、祈りやアドバイスを求めることができます。ちょうどそれは、私はカトリック教会にある懺悔室のようなものではないかと考えています。

It might show that people have a desire to get right and tell someone. Who better than the Priest, friend, or leader?
それは、人々が誰かに伝えたいという願望を持っていることを示しているかもしれません。誰が聖職者、友人、またはリーダーよりも優れている人でしょうか?

There is someone and the answer is simple, if you look at Matthew 11:28 you read the words of Jesus:
(28) Come to me, all you who are weary and burdened, and I will give you rest…
Matthew 11:28

それはマタイの福音書11章28節を見れば、イエス様の言葉でわかります。
(28)すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。
マタイの福音書11章28節

Christ is the one who we are to turn to. Jesus Christ is the right person but it is also always good to find a faithful Christian leader or friend to pray with.
イエス様に私たちは向かうべきです。イエス様が適任者ではあるけれども、忠実なキリスト教の指導者や友人を見つけ、一緒に祈ってもらう事もいい事です。

Those who don’t know Christ either keep their sins and secrets to themselves or maybe tell others, like my friend who talked to me.
イエス様を知っていない人たちは、自分自身に罪や秘密を保つか、私が話を聞いたように他の人に伝えます。

But we, as believers, are blessed to have and know a savior we can turn to, additionally we have fellow Christians and church leaders to help us. They can pray for and encourage us.
しかし、私たちには頼ることのできる救い主がいて、恵まれている。また、仲間のクリスチャンの人や教会指導者が助けてくれます。彼らは私たちのために祈り、励ましてくれます。

There was a married Christian man who was away on a business trip and staying at a hotel. Being away from home he felt a little lonely.
ある既婚者のクリスチャンの既婚者が出張先で、ホテルに滞在していました。彼は家から離れ、少し孤独を感じていました。

One day he was going up an escalator and noticed a very beautiful woman coming down the next escalator. The two made eye contact and he just thought, ‘wow, she is so beautiful’.
ある日、彼はエスカレーターを上がっていくと、非常に美しい女性が横のエスカレーターを下って来るのに気づいた。 二人は、目があい、彼は「なんて美しい女性なんだと」と思いました。

But he knew that thought was wrong and ignored it.
しかし、彼はこの思考が間違っていることに気づき、その考えを無視していました。

Moments later, he heard a woman’s voice calling from behind him, ‘excuse me’ and he turned around to see that same woman. Believe it or not, she handed him a note with her room number on it.
数分後、彼は「すみません」と後ろから声がしたので、振り返るとさっきと同じ女性が立っていました。信じられないかもしれませんが、彼女は彼女の部屋番号をもって彼にメモを手渡しました。

In the evening sitting in his room, the temptation grew, ‘nobody would know…’.
彼はその夜、心の誘惑は誘惑は大きくなり、「誰にも知られないだろう… 」と思いました。

He sat by the phone considering to give her room a call. He picked up the phone and decided to call her.
彼は彼女の部屋に電話をするために電話の横に座り、彼は受話器をあげ、彼女に電話することにしました。

At the last second he called his wife instead and explained the truth of his feeling and the situation, and asked for prayer right then and there.
最後の最後で彼は代わりに彼の妻に電話しまし、彼の気持ちや状況を正直に説明し、その場で祈りを求めました。

As soon as the prayer finished, the temptation was completely gone. He knew what he was supposed to do before it became too late.
すぐに祈り終えると、誘惑は完全に消えていました。彼は手遅れになる前になにを行うべきかわかっていました。

In James we read:
(16) Therefore confess your sins to each other and pray for each other so that you may be healed. The prayer of a righteous person is powerful and effective. James 5:16
ヤコブの手紙には:
(16)ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表し、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。ヤコブの手紙5章16節

Another verse that confirms the need to pray and confess is in Proverbs, we read:
(13) Whoever conceals their sins does not prosper, but the one who confesses and renounces them finds mercy. Proverbs 28:13
その他の聖書箇所として箴言から、祈りと告白の必要性を確認できます:
(13)自分のそむきの罪を隠す者は成功しない。それを告白して、それを捨てる者はあわれみを受ける。箴言28章13節

We are not to be afraid of people. We should stand strong in what we know is right in Christ.
私たちは、人を恐れてはならない。私たちは、イエス様について知っている事は正しい事であるという態度で強くあるべきです。

We must not keep our faith or what Christ has done in our lives a secret.
私たちの人生の中でイエス様が成し得た事や信仰などを秘密としてはなりません。

This leads to the last point for today.
これは、今日の最後のポイントへつながります。

POINT 4 – Don’t have a secret love affair with Christ.
ポイント4- イエス様との関係を秘密にしてはいけません。

I encourage all of you today to talk to your family and your loved ones again about God and what Christ has done in your life.
私は今日、イエス様があなたの人生の中で成し得た事について、もう一度あなたの家族やあなたの愛する人と話をすることをお勧めします。

I encourage all of you to ask and discuss with non-believers what they think.
そしてクリスチャンではない方とも話し合い、彼らがどのように思うか尋ねてみる事もお勧めします。

Plant those seeds or water ones that were planted before. Don’t wait for the right opportunity but make the opportunity to share Christ.
種の植え付けもしくは、前に植えた種に水を与えましょう。イエス様を分かち合う機会を待たないで、イエス様を分かち合う機会を作りましょう。

An important part of this is giving time to God each day. Seeking His will in your life and those you know.
重要な部分は、毎日神様に時間を捧げることです。あなたの生活そしてあなたの知っている人の為にイエス様の意思を求めましょう。

A great example of doing this was shown to me while I visited a family in Tokyo. I stayed at there home one night and once we finished dinner it was devotional time for everyone, including me their guest.
素晴らしい例として、私が東京のある家族を訪れ、その家で一晩宿泊したのですが、そこの家庭では夕食を終えたら祈りの時間がありました。

It was just like part of the meal for their family. They made it a public and regular part of their daily life.
それはちょうど彼らの食事の一部のように、彼らはそれが日常生活の定期的な習慣となっていました。

Make every opportunity to share your love with Christ to those around you, especially those you know and love!
あなたの周りの人、特にあなたが大切にしている人々にイエス様の愛を分かち合うあらゆる機会をつくりましょう!

Pray
お祈りします。