Hosea ホセア書

Hosea is the first of the Twelve minor prophets.
ホセアは12の小預言者の最初の人物です。

Did anyone read the book of Hosea in this last week?
先週、この中で誰かホセアの書を読んだ人はいるでしょうか?

In the last month?
では、先月読んだ人は?

In the last year?
去年読んだ人は?

Decade?
10年前に読んだ人は?

Have you ever wondered why the books of the minor prophets are in the Bible?
今までに、なぜこのような小予言書が聖書の中に含まれているのだろうと思った人はいませんか?
Because they’re great!
なぜならホセア書はすごいからです!

They are part of the inspired Word of God.
神様の霊感的な言葉が書かれています。

In preparing for today’s sermon I was reminded that the minor prophets rock!
今日の説教を準備しながら、思い出したんですが、小予言書は最高ですね!
Their writings are wonderful and powerful and we are the poorer for neglecting them!
素晴らしい力強い書物です。そんなことを忘れてしまっていた私たちはちょっとなさけないですね。

Overview of Hosea: [image]
ホセア書の概要です。

Pentateuch (law), history, wisdom literature, major prophets.
モーセの五書(法律)と歴史と格言や知恵の書、そして大予言書。
Today minor prophets.
今日は小予言書を見てみましょう。

Hosea prophesied just before the fall and just after the fall of the northern Kingdom (Israel).
ホセアはイスラエルの北部の王国が崩壊する前とちょうど崩壊後のことを予言していました。
There was a lot of prophetic activity going on at this time (in both Israel and Judah).
当時イスラエルとユダヤの地域ではたくさんの予言がとびかっていました。
God was warning His people, ‘Get your lives right before me or I will cut you off!’
そのとき神は神の人々に「私の身前にあって正しくいなさい。そうでもなければもう見放してしまいますよ。」とも言っていました。
Hosea was a contemporary of Amos. And he was the only one of the twelve minor prophets to come from the northern kingdom (Israel).
ホセアはアモスとの同士で、ともに予言者でした。そしてホセアは、唯一、北部の王国イスラエルから来た、12人の小予言者の一人でした。
All the others came from the southern kingdom (Judah).
他の予言者達は皆、南部の王国ユダヤから来ていました。

We can see three themes in the book of Hosea.
私たちは、ホセア書では三つのテーマを見ることができます。

1. Judgement 裁き

The Bible describes numerous instances of God exercising His judgement:
聖書の中で、いくつかの神の裁きの実例が写実されています。
The flood, the conquest, the exile, to name a few.
洪水、征服、追放などが例としてあげられます。
There will be a final judgement also at the second coming of Christ and we would be very foolish to ignore it or to downplay it in any way.
そして、第二のキリストの到来による最後の裁きの予言もされています。このことを無視したり、軽んじるのは愚かなことだと思います。
“War is a terrible curse that the human race brings on itself as it seeks to possess the earth by its own unrighteous ways. But it pales before the curse that awaits all those who do not heed God’s testimony to Himself or His warnings – those who oppose the rule of God and reject His offer of grace.”
“戦争は人類が不正に地上を所有しようと自らもたらす恐ろしい不幸です。しかし、神の証や警告を聞かない者、神のルールに逆らい、神の恵みを受け入れない者に待ち受けている不幸とは比べものになりません。
NIV notes

Last week Pastor Mike spoke on love.
先週、マイク牧師が愛について話されました。
And I’m so glad he did! Because God is love and God’s love is so different from the love of the world. We need to know this.
マイク牧師が愛についてお話ししてくれて、とても良かったなと思っています。なぜなら、神の愛はこの世の私たちの愛とは全く違うからです。このことを私たちも知らなくてはなりません。
We also need to know that God is much more than love.
神は愛をはるかに超えたお方だということを知る必要があります。

Here’s where many get caught up.
この点で、たくさんの人が間違ってしまっています。

They say “How can a loving God allow this tragedy?”, “How could a God of love let such bad things happen to good people?” etc.
人々はこういいます。「愛する神様がどうしてわたしたちにこのような悲劇をもたらすのだろうか?」または「愛の神様がなぜこのような悪い出来事を、こんな良い人たちにおこされるのだろうか?」と。
Have you ever heard anyone ask, “How could a holy God tolerate sin?” “How could a holy God not punish the sinful?” No-one asks that, do they?
みなさんは、誰かがこんなことを質問するのを聞いたことがありますか?「聖なる神がどのように罪をがまんできるのだろうか?」「聖なる神は、罪をさばかずに、いられるだろうか?」誰もこのような質問をしないですよね?しますか?
To simply say “God is a God of love” and leave it there, leaves us with a one-dimensional God who conforms easily to who we believe God should be.
答えは簡単に言うと、神は愛の神だからです。そのことにつきるのです。神は私たちにその愛という一面だけを見せてくださり、それが私たちが信じている神様のあるべき姿だと言っているのです。
God is a God of love. And He is also a God who is holy, righteous and just. He is also a judge.
神はまさしく愛の神です。そして聖なる、義なる公正なお方でもあり、裁くお方でもあります。

Because of His holiness and righteousness, He cannot let sin go unpunished. And so we have a God of judgement as well as a God of love.
なぜなら神は聖なる、義なる神であり、罪をさばかずにはおられません。ゆえに私たちは愛の神だということと、同時に裁きの神であるということも知っています。
There’s an aspect to God’s judgement that I would like to address this morning because it is sometimes raised and it can be troubling.
神の裁きの一面について今朝お話ししたいと思います。なぜならそのことは時々聖書でも言われていますし、少し、後に誤解を招くかもしれないからです。
“The penalty doesn’t fit the crime: eternal punishment for temporal sin isn’t fair.”
刑罰は犯罪に見合わない:一時的な罪に永遠の罰は公平ではない

Essentially by stating this, we became the judge and instead of God judging us, we judge God.
神が私たちを裁く代わりに、私たちが神をさばくことになりました。と、だれかが言ったら、みなさんどう思いますか?
To be sure, this is a big issue and I can’t address it all today but let me respond with four brief answers.そんなことになったら大問題です。問題だらけでどこがいけないのか、説明なんて一日中かけても言い尽くせません。でも、4つだけ説明のつく答えがあります。
i. The people who say this do not understand the nature of sin.
 こう言う人たちは罪の性質を理解していません。

ii. Jesus taught very clearly about degrees of punishmentイエスは罰の度合いをはっきりと教えられました。
(just as He spoke of degrees of reward). So there is no one-size-fits-all punishment. God’s punishment does fit the crime.
それはまさにイエスが報酬の度合いをはっきりと教えられるのと同じです。どんな罪にでもあてはまる処罰なんてありませんが、神の罰はどんな罪にもあてはまります。

iii. God is holy and righteous. 神は聖であり、義なるお方です。
He is supremely just by nature. He is right when He judges. 神はごく自然に最高のお方です。
He is fair.  神は公平です。

iv. Most importantly! とても大切なことは
God is not only our judge but also our rescuer. 神は私たちを裁くお方だけでなく、私たちを救うお方でもあります。
God’s love reaches out to all people to save us from the punishment of sin.
神の愛は全ての人々に届き、罪の裁きから救ってくださいます。

This leads us to the second theme in the book of Hosea.
このことはホセア書の第二のテーマにつながっていきます。

2. Repentance. 悔い改め
As humans we don’t repent well. It’s not in our nature.
私たち人間とは悔い改めをすることがあまりありません。
When I think of natural human repentance, I think of this: Blues Brothers clip.
人間の悔い改めについての自然な姿について考えるとき、思い浮かぶのがブルースブラザーズの映画のワンシーンです。
The good news is the Bible teaches us how to truly repent, and the book of Hosea is no exception:
聖書が私たちに真の悔い改めを教えてくれていることは幸いです。ホセア書もその例外ではありません。
“Come, let us return to the Lord. He has torn us to pieces but he will heal us; he has injured us
but he will bind up our wounds.
After two days he will revive us; on the third day he will restore us, that we may live in his presence. Let us acknowledge the Lord; let us press on to acknowledge him.
As surely as the sun rises, he will appear; he will come to us like the winter rains,
like the spring rains that water the earth.”
Hosea 6:1-3/ホセア書6:1-3
1 「さあ、わたしたちは主に帰ろう。主はわたしたちをかき裂かれたが、またいやし、わたしたちを打たれたが、また包んでくださるからだ。
2 主は、ふつかの後、わたしたちを生かし、三日目にわたしたちを立たせられる。わたしたちはみ前で生きる。
3 わたしたちは主を知ろう、せつに主を知ることを求めよう。主はあしたの光のように必ず現れいで、冬の雨のように、わたしたちに臨み、春の雨のように地を潤される」。
This is true repentance, right?!
これが真の悔い改めだと思いますか?
Wrong!
間違いです!
This is human repentance. このことは人間の悔い改めです。
This is false repentance. これは間違った悔い改めです。

This is where God’s people often go wrong.
このように神の人々はよく間違ってしまいがちです。
We take God’s goodness for granted and allow that to lead us into insincere repentance.
私たちはともすれば神の福音を当たり前のように感じてしまい、自分たちを不誠実な悔い改めに導いてしまうのです。
We think that deep down God is a big softy – big teddy bear – who, given enough time, will eventually calm down and forgive and forget and heal and shine on us again because He is God and that’s what God does.
私たちは心のどこかで、神がとても優しく、まるで何でも抱きかかえてくれる大きなくまさんのようなイメージで、たっぷりと時間を与えてくれて、ついには冷静で、許してくれて、過ちを忘れてくれて、いやしてくれて、希望の光をふたたび私たちにてらしてくれる、なぜならそれが神だから、それが神が私たちにしてくださることだからだ、と思いがちです。
That’s the mistake the Israelites made and they paid heavily for it.
それが、イスラエル人達のおかした間違いだったのです。そしてそのことによって彼らは大きな代償を払わなければなりませんでした。
Let us not make the same mistake. 私たちは、同じ間違いをおかさないようにしましょう。

Because of insincere repentance (or false repentance) we fail to receive forgiveness and we fail to live a truly renewed life with a new heart of flesh and a truly transformed mind.
偽りの悔い改め(間違った悔い改め)が原因で、私たちは真の赦しを受けられず、新しく入れ替えた心と本当に変えられた思いで心から新たな人生を生きることができません。

Let me give you an example of true repentance from the Bible:
聖書からの真の悔い改めの例をあげてみましょう。

Have mercy on me, O God, according to your unfailing love;according to your great compassion
blot out my transgressions.
Wash away all my iniquity and cleanse me from my sin.
For I know my transgressions, and my sin is always before me.
Against you, you only, have I sinned and done what is evil in your sight;
so you are right in your verdict and justified when you judge…
My sacrifice, O God, is a broken spirit;a broken and contrite heart you, God, will not despise.
Psalm 51:1-4,17/

詩篇51:1-4,17
1 神よ、あなたのいつくしみによって、わたしをあわれみ、あなたの豊かなあわれみによって、わたしのもろもろのとがをぬぐい去ってください。
2 わたしの不義をことごとく洗い去り、わたしの罪からわたしを清めてください。
3 わたしは自分のとがを知っています。わたしの罪はいつもわたしの前にあります。
4 わたしはあなたにむかい、ただあなたに罪を犯し、あなたの前に悪い事を行いました。それゆえ、あなたが宣告をお与えになるときは正しく、あなたが人をさばかれるときは誤りがありません。
神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神よ、あなたは砕けた悔いた心をかろしめられません。

Please read the rest of Psalm 51 for homework. If you need to repent, that’s how it’s done.
宿題です。詩編の51章を読んでください。もし、あなたが悔い改めを必要とするなら、そこにどのように悔い改めをするべきか書かれています。

True repentance then leads to the third theme in Hosea:
真の悔い改め、そしてホセア書の第三のテーマにつながっていきます。

iii. Abundance 豊かさ

The abundance of God’s love.
神の愛の豊かさ。
“Despite the unavoidable judgement announced, the major purpose of the book [of Hosea] is to proclaim God’s compassion and love that cannot – finally – let Israel go.” NIV notes
避けることができない裁きがあるにもかかわらず、ホセア書の主要な目的は、イスラエルをそのまま放っておけない神のあわれみと愛を宣言することです。

God is a generous God who provides abundantly and whose love is lavish.
神は豊かに与えてくださる惜しみない神であり、神の愛はあふれるばかりです。

I can’t emphasise this enough, especially when we have been talking about judgement and repentance. Look at how God revealed Himself to Moses. This is the God of heaven:
わたしはこのことを十分には伝えることができません。とくに、私たちが裁きだとか、悔い改めだとかについて話していればなおさらです。神がどのように御自身をモーゼに啓示されたかみてみましょう。これが天国の神です。

“The Lord, the Lord, the compassionate and gracious God, slow to anger, abounding in love and faithfulness, 7 maintaining love to thousands,and forgiving wickedness, rebellion and sin. Yet he does not leave the guilty unpunished.” Exodus 34:6,7
主は彼の前を過ぎて宣べられた。「主、主、あわれみあり、恵みあり、怒ることおそく、いつくしみと、まこととの豊かなる神、 いつくしみを千代までも施し、悪と、とがと、罪とをゆるす者、しかし、罰すべき者をば決してゆるさず、父の罪を子に報い、子の子に報いて、三、四代におよぼす者」。出エジプト記34:6,7
Let me say again, God is a generous God who provides abundantly and whose love is lavish.
もう一度言います。神は豊かに与えてくださる惜しみない神であり、神の愛はあふれるばかりです。

Let me share with you the abundance I see in our church.
私たちの教会でみることのできる豊かさについてお話ししましょう。
I see a church that is growing in every respect.
私たちの教会は色んな面で成長しています。
I see a church that is truly repentant.
私たちの教会は真に悔い改めています。
I see a church that is hungry to know God.
私たちの教会は神を知ることを渇望しています。
I see a church that desires to be filled afresh with the Holy Spirit.
私たちの教会は精霊で再び満たされることを強く望んでいます。
I see a church that has grown in discipleship and is growing in maturity.
私たちの教会は信徒として成長し、信徒としての成熟に向かって成長しています。
I see a church that desires to worship in Spirit and in truth.
私たちの教会は精霊と真実を礼拝することを切望しています。
I see a church that desires to share its faith.
私たちの教会は信仰を分かち合うことを望んでいます。
And I see a church that is growing in size as people come to Christ.
私たちの教会は、神の身前にたつ人々が増えているのがわかります。
But I believe this is just a beginning.
しかし、これらのことはたんなる始まりにすぎません。
I believe that God has so much more for us and we are not to slow down or take God’s blessings for granted.
私は神は、それ以上のことを私たちの為にしてくださり、わたしたちはそのような神の福音をあたりまえに思ったり歩みを遅めたりしてはいけません。
I believe that we are to enjoy the period of growth before us.
私たちは、これからの成長期を楽しむために存在しています。
At the same time I also believe that we are called to bring God’s Kingdom to the earth.
同時に、私たちは神の御国をこの地上にもたらすために使命をうけているのだと信じています。
I believe we are to be ministers of His Word, of His mercy and of His power.
私たちは神の言葉、慈悲、お力を伝えるために存在するのだと信じています。
And we are to expand this garden of a church into a park, and then expand the park into a national reserve.
そして、私たちはこの小さな緑を育て、大きくし、そしてついには森林に広げていくために存在するのだと信じています。
I firmly believe we are entering a period of abundance.
私たちは豊かさの時期に入っていると、堅く信じています。

Therefore, I have a warning for you. The warning comes from the book of Hosea 13:6
従って、あなた達に警告します。この警告はホセア書の13章6節にあります。
God says,
When I fed them, they were satisfied;
when they were satisfied, they became proud;
then they forgot me.
ホセア書13:6
神は言った。しかし彼らは食べて飽き、飽きて、その心が高ぶり、わたしを忘れた。

Heed the warning, church!
教会の人たち、どうぞこの警告を心にとめてください。

Produce fruit in keeping with repentance. 悔改めにふさわしい実を結べ。(Matthew 3:8)

Delight in the Lord that He might give you the desires of your heart. (From Psalm 37:4)
主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる

And continue to seek first the Kingdom of God and its righteousness. (From Matthew 6:33)
神の国とその義をまず第一に求め続けよ。

Pray.