How About the Single in Our Church?
教会にいる独身の方はどうですか

July 28th, 2019

Minoh International Church
Pastor Joseph Ricohermoso

Introduction

Today, we are continuing our series on the family. We’ve been talking about family and child raising. We come to a subject that has been untouched up to this point, and that is the subject of SINGLENESS. Needless to say, many in our church are single.
今日も家族関連のテーマについて話します。最近は家族と育児について話したが、今日は今まで触れてない「独身」について話します。もちろん、この教会にもたくさんの独身の方はいます。

You know, being SINGLE is not a new dilemma. It’s a relatively old predicament. In fact, there are archives of all kinds of rather old-fashioned viewpoints that has to do with singleness. There was a group of single people who got together for the Ladies Home Journal in the late 1800’s and all wrote poems expressing their distress.
独身であることは新しいジレンマではない。昔からある難問です。実際、独身に関する古い考え方はたくさんあります。18世紀の後半に、レイディーズ・ホーム日誌のために集まった独身の方々はその悲しい状況について「詩」を書きました。

A man wrote: “Of all the girls that ever I knew, I never saw one I thought would do. I wanted a wife that was nice and neat, that’s up-to-date and had small feet. I wanted a wife that was loving and kind, and that hadn’t too much an independent mind. I wanted a wife that could cook and sew and wasn’t eternally on the go. I wanted a wife that was strikingly beautiful, intelligent, rich, and exceedingly dutiful. That isn’t so much to demand in a wife, but she’s still not found though I’ve looked all my life.”
ある独身の男性はこのように書きました。「私は知った女性の中で、もの足りる女性はいなかった。私は、優しいできれい好き、現代的で、足の小さい女性が欲しかった。僕を愛してくれて、自立心を持っていない女性が欲しかった。料理もできて、編み物もできて、働きづめでない女性が欲しかった。とても美しくて、賢くて、お金持ちで、全ての義務を果たす奥さんが欲しかった。これらの要求も大したことはないと思うが、人生をかけて探してきましたが、その条件を満たす奥さんをまだ見つけていません。

Here’s one from a lady. “The only reason why I’ve never wed is as clear as the day and as easily said. Two lovers I had who’d have made me a bride, but the trouble was just that I couldn’t decide. Whenever John came, I was sure it was he that I cared for the most, but with Charlie by me, my hands clasped in his and his eyes fixed on mine, ‘twas as easy as could be to say I’ll be thine. Now tell me, what was a poor maiden to do who couldn’t to save her make choice between these two? I dillied and dallied and couldn’t decide till Johnny got married and Charlie, he died. And that is the reason why I’ve never wed for how could I help it as everyone said, when Johnny was married and Charlie was dead?” It’s a case of indecisiveness, ladies.
今度は女性の方が書いた詩です。「私は結婚していない理由は明らかで簡単に語れるものです。今まで私と結婚を望んだ男性が二人がいて、問題は私がどっちにすれば良いかを決められなかった。ジョンは間違いなく、私が一番大事にした人です。でも、チャーリーの手を握ったら、目を合わせたら、一番グッときました。じゃ、どうすればよかったのでしょうか。どうやって、この二人のうち、一人を選んだのでしょうか。私は、迷いに迷って、ジョンが結婚し、チャーリーが死んでしまいました。だkら、私はまで未婚のままです。決められなかったことのせいですよ!

What does the Bible say about being SINGLE? How are we to view singleness — this unique design by God for some of you? We all acknowledge that God has created marriage to be the most common expression of human life in an intimate way. God has blessed marriage and called it the grace of life, a gift for the fulfillment of most people. And, marriage is the only relationship in which sexual intimacy should take place. God created it and it His gift.
聖書は「独身でいること」について何をいっています。もしかしたら、ある方に関しては、神様からの計画である「独身」をどのようにカンガレバ良いのでしょうか。神様は人間同士が愛情を表せるために「結婚」という制度を作ってくれたことを私たち全員が認めていると思います。結婚は「人生の恩寵」と呼ばれ、たくさんの方にとって、心を満たす贈り物でもあります。そして、性的交際が許される唯一の関係性は結婚です。結婚は神様が作ってくれた贈り物です。

But it is not the only design of God. God designed that some people to remain single. And that too fits into God’s will and God’s purpose.
でも、神様が作ったものは結婚だけではありません。ある人は「独身」のままでいられることも作ってくれたのです。それも、神様の意志と計画に沿ったことです。

Let us read what God says about that in 1 Corinthians 7. The Apostle Paul was a great missionary and a godly man yet he was a single. He confesses in 1 Corinthians chapter 7:7~9
偉大な伝道師で、信心深いパウロは独身だった。彼はこのように書いた。

For I wish that all men were even as I myself. But each one has his own gift from God, one in this manner and another in that. But I say to the unmarried and to the widows: It is good for them if they remain even as I am; but if they cannot exercise self-control, let them marry. For it is better to marry than to burn with passion.

1 Corinthians chapter 7:7~9

私の願いは、だれもが私のように、結婚しないでもやっていけることです。しかし、それは人それぞれです。神様は、ある人には、夫となり妻となる恵みを与え、ほかの人には、独身のまま幸福に過ごす恵みを与えておられます。さて、独身者と未亡人にひとこと言いますが、もし私のようにしていられるなら、独身のままでいるほうが良いのです。 しかし、もし自制できないなら、ためらわずに結婚しなさい。情欲を燃やすよりは、結婚するほうが良いからです。

コリント人への手紙Ⅰ 7:7-9 (JLB)

In Paul’s case, singleness was a great blessing. But if the unmarried do not have self-control, he prefers them to marry than to continually burn with lust, such temptation obviously is too strong.
パウロの場合、独身だったことは大きな祝福だった。でも、独身で、自制がなくて、誘惑に負けそうであれば、結婚した方が良いと思います。

Paul refers to himself as an example of the fulfillment of being single. Since the apostle includes himself in a discussion of the unmarried and the widowed, it is very likely that he has been married but no longer is. Most likely his wife had died. He was a member of the Sanhedrin, the Jewish ruling council, and would have been married since that was a requirement, and now his singleness would mean that his wife had died.
パウロは独身の満足感に関して、自分自身を例にしているので、恐らく彼は独身だった。ただ、彼は未亡人の例の中に、自分を含んでいることから恐らくからが結婚していて、奥さんが亡くなっていたとも言えるでしょう。彼はサンへドリン「ユダヤ教の最高法院」の一員だったため恐らく結婚をしていたと思います。なぜなら、その一員になる条件の一つは既婚だったためです。それで、当時独身としていたことは彼の奥さんが亡くなっていたことを意味とします。

Now concerning virgins: I have no commandment from the Lord; yet I give judgment as one whom the Lord in His mercy has made trustworthy.

1 Corinthians 7:25

さて、別の質問に答えましょう。未婚の女性は結婚してもよいかということですが、私は主からとりたてて命令を受けたわけではありません。しかし、主は恵みによって私に、人々から信頼されるに足る知恵を授けてくださいました。それで、喜んで私の見解を申し上げましょう。

コリント人への手紙Ⅰ 7:25

Saint Paul is being honest by saying, “I can’t quote Jesus. There is nothing in the gospel record regarding the teaching of Jesus in which He refers to the advantages of singleness. I cannot point to what our Lord said on this matter, but I can give you a perspective as one who by the mercy of the Lord can be trusted.” In other words, I am the representative of the Lord. I am an apostle. I speak the truth as the Spirit of God reveals it to me. Here is the insight God gave me, so Paul writes in verse 26,
「私はイエス様を引用できません。なぜなら、イエス様は福音では独身の利点について何も言っていませんからです。でも、精霊に導かれている自分自身の視点を言えます」とパウロは正直に語っています。言い換えれば「私は神様の代表者です。。私はイエス様の弟子です。精霊に明かされていることしか言いません」と説明した上で、彼は次の言葉を語った。

I suppose therefore that this is good because of the present distress—that it is good for a man to remain as he is.

1 Corinthians 7:26

クリスチャンは現在、大きな危機に直面しています。このような時には、結婚しないでいるのが一番良いと考えます。

コリント人への手紙Ⅰ 7:26

It is good to be single for a number of very important reasons. These reasons unfold starting here in verse 26 and running all the way to the end of the chapter, and we’re going to identify those in the limited time that we have this morning.
独身でいられることにはたくさんの良い理由があります。これらの理由は26節からその章の最後まで書いてあります。そして、今朝の限られた時間でそれらの理由を見てみます。

Please note, I am aware that…
その前この2点だけは把握していることを伝えておきましょう。

For some, they have the gift of singleness and it suits them well.
まず、ある人にとって独身は授かりものである。

On the other hand, for most people I know personally, they know in their heart that they don’t have the gift of singleness. They are not married and say it frankly that they don’t like it. Some are separated or widowed and don’t like it.
そして、その一方、私は個人的に知っている人で、心に独身の授かりものはないことを知っている方もいます。つまり、配偶者から離散しているか、未亡人でいて、その状況が望ましくないことを理解しています。

Nonetheless, in the current state (SINGLENESS) that you are in you must understand the blessings that come to you if only for the short term. I believe that if you are SINGLE and you don’t have the gift and your life is as it should be before God, that God will fulfill your desire.
それにしても、独身の状況に置かられていて、その状況にあるこそ、その祝福を理解する必要があります。それはしばらくの間だけでも結構です。だから、今が独身で、それは神様の計画でない場合は、神様がいつかその欲望を満たすと思います。

Until then, and you don’t want to rush into anything, until then you can enjoy the benefits of being single. For those of you whom God has blessed with the gift of singleness, these are the very principles which makes your singleness so wonderful.
だから結婚するまでに独身の祝福を楽しめばいいと思います。焦る必要はないです。独身を素晴らしいものにする原理を理解してほしいです。

What are the three (3) reasons why it is good to be SINGLE?
独身の3つの利点はなんでしょうか。

  1. Diminished risk of familial suffering – verse 26~27
    家族を苦しむリスクを減らす

Paul says in verse 26, “I suppose therefore that this is good because of the present distress — that it is good for a man to remain as he is:”
パウロは26節にこのように述べています。26 クリスチャンは現在、大きな危機に直面しています。このような時には、結婚しないでいるのが一番良いと考えます。

“In view of the present distress” is noteworthy. The Greek term here, αναγκην (an-ag-kein’), can mean the lack of material things; a necessity or need (also used in 1 Thessalonians 3:7). It is a word that speaks of tremendous difficulty. “It is a necessity imposed either by external circumstances, or inward pressure.”
「大きな危機に直面しています」という部分に注目してほしいです。ギリシャ語の単語はan-ag-keinであって、物質が足りない状況、ニーズがある状況、困難な状況を説明しています。

therefore, brethren, in all our affliction and distress we were comforted concerning you by your faith.
1 Thessolonians 3.7

愛する皆さん。身も心も押しつぶされそうな困難と苦しみの中にありながらも、あなたがたの主へのまごころが変わらないことを知って、私たちはほんとうに慰められました。

テサロニケ人への手紙Ⅰ 3:7

There is the present distress that comes against God’s people. Paul is thinking of painful and violent distress that may come at any time on anyone who confesses Jesus Christ as Lord. Realizing the tremendous implications of all of that on a loving wife and loving children, he could see the value of being single.
神様を信じているには大きな危機を直面する苦痛があります。パウロはイエス様を自分の救い主として認める人にいつか襲ってくる痛みや苦難について書いています。従って愛する奥さんや子供にもその苦難をさせることを考えると独身でいた方が楽と説明しています。

There is a benefit to having no wife and having no children so that you do not live in constant fear for their lives. There’s diminished risk of familial suffering. Hard times were coming and Paul knew it. It would be within fifteen years from the writing of this letter that the first general persecution by the Roman Emperor Nero would break out against Christians. Such persecution intensified and lasted for over 200 years.
奥さんと子供がいないと、その命を恐れることはないという利点があります。つまり家族を苦しむリスクを減らすことです。苦しい時期が迫っていたことをパウロが知っていた。その手紙を書いた15年後にネロにより最初のクリスチャン迫害が始まった。その迫害がだんだん強くなって、200年も続いた。

In view of this and the sensitivity that Paul had to this escalating persecution, he said my advice is if you’re SINGLE consider it a blessing because you will not have the fear and the dread that comes when you have a wife and a family in time of great persecution.
そのことを背景にパウロはおアドバイスは「独身でいるならそれは神様からの祝福と考えればよい。なぜなら家族が迫害される心配はないからです」

The risk of familial suffering will be diminished.
家族を苦しむリスクは減らされる

APPLICATION:

Now you say, “Well that’s fine for the apostle Paul living in a time of impending violence and distress and disaster and persecution, but what about us?” In many parts of the world this is exceedingly practical teaching because there are more Christians being executed for the gospel of Christ today than at any time in the church’s history.
それはパウロが生きていた時の話で私たちに何の関連もないと思っている方もいるかもしれません。でも実際は世界中で今現在クリスチャンであることから迫害されている人の数は過去最高なんです。

Who knows what hostilities may escalate in parts of the world which now are certainly havens for the church where no persecution occurs. Who knows what may come? Who knows for certain what will come?
今は安全でも未来にどんな迫害があるかは知りませんところがたくさんあります。未来には何が待っているのでしょうか。確かなことを分かっている方はいますか。

Well, I’ll tell you one who knows and that is the writer of the Revelation, John, who tells us that at the end time there will be massive persecution. When you read the words of our Lord in the Olivet Discourse in Matthew 24 and 25, the end of the age is characterized by wars and famine, disease, earthquakes and persecution and hostility
知っている方を紹介しましょう。それは黙示録を書いたヨハネです。彼によると、最後の時期に大変な迫害が襲ってきます。マタイの福音書24と25章を読むと、時期の終わりには戦争や餓死、病気、地震、迫害と敵愾心が目立つのです。

The worst of it, of course, after the church is taken out, but some of those things beginning certainly at the end of the age. We live in a rough, rough world and I think many of us certainly have thoughts even about not only marriage, but about having children when we realize what lies ahead in this society.
もちろん、その多くのものは教会が救われてからに起こるものですが今にでもその迫害があります。だから社会の未来を考えた時に結婚だけでなく子供を産むことにもためらう人はいると思います。

Paul is simply making that point. Singleness is not bad, it is good when you think about the distress that can come against God’s people. For those who are single, consider it a blessing at the time. For those who have the gift of singleness, consider it something from God intended to preserve you from some of the distress and some of the pain, some of the anxiety that married people and those with families must endure.
パウロは結局言いたいことは神様を信じる人に対して待ち受けている困難を考えると独身は悪くない選択です。独身の方は自分の状況を祝福として考えるべきです。つまり結婚している方が持つ不安や困難から解放されている状況が神様からの計画であることと考えて祝福として受け入れてください。

  1. Freedom to live your life apart from trouble – verse 28
    トラブルから離れた、自由に生きる人生

But even if you do marry, you have not sinned; and if a virgin marries, she has not sinned.

1 Corinthians 7:28

もし男性が、どうしても結婚しようと決心し、今そうしたとしても、それは正しいことです。また、このような時に女性が結婚したとしても、罪を犯すわけではありません。ただし、結婚すれば、余計な問題をかかえ込むことになるでしょう。今は、そんな目に会ってほしくないのです。

コリント人への手紙Ⅰ 7:28

Note that this is not a command to be SINGLE. It’s good advice for those who can bear it, those who are gifted for it. If you marry you haven’t sinned.
もちろんこれは独身への命令ではないです。耐える人や祝福されている人には良いアドバイスです。結婚することは罪を犯すことではありません。

But just remember this, “Nevertheless such will have trouble in the flesh, but I would spare you.”
このような時に女性が結婚したとしても、罪を犯すわけではありません。

I’m giving you some practical advice, you’re going to have trouble in this life, or you’re going to have trouble in the flesh.
実践的なアドバイスです。この人生にmお肉体的にもトラブルがあるには違いないです。

Paul never wasn’t anti-marriage. He didn’t see marriage as sinful. He didn’t see it as evil. Marriage is still the majority state. It is still an institution of God. It is still the grace of life. It is a good thing. But those who marry…end of verse 28…will have trouble. Now he doesn’t define the word “trouble,” but he just says “trouble in this life.”
パウロは決して結婚反対ではないです。彼は結婚が罪としてみてません。悪いこととしてみていません。結婚は今にも大半の人がするものです。結婚は神様からの制度に違いないです。今も人生の恩寵です。でも結婚する人には必ずトラブルが起こります。パウロはそのトラブルを説明していませんが、この人生にトラブルが発生すると言っています。

What trouble is he talking about? He’s talking about this kind of trouble that comes when you have to live intimately with a sinner. Now the Greek word here for “trouble” is θλιψιν (thlipin). It means pressure, to be squeezed. It means to press together and it was used to the crushing of grapes to produce juice. And what you’ve got in a marriage is two sinners pressed together. And in that intimacy where we are less than perfect, there’s going to be some trouble…trouble that wouldn’t be there if you weren’t married.
彼はどんなトラブルについて話しているのでしょうか。それは罪人と密に生きる時に発生するトラブルです。ギリシャ語の単語であるthilpinの意味を見ると「圧力」や「絞る」という意味のトラブルです。ブドウの絞るようなものです。結婚には二人の罪人が互いに絞るような状況に置かれています。もちろんそれでトラブルが発生します。お互い完璧でない人間同士ですから。そして、未婚の方にはそのトラブルがないことは当たり前なことです。

Marriage is pressing two sinners together. Sometimes there’s anger, selfishness, childishness, foolishness and that horrible sin that many husbands commit – forgetfulness(?) … dishonesty, pride, thoughtlessness, over-indulgence, self-centeredness. And, what is that? That’s one thing when it’s in your life, but how difficult is it for your spouse to have to deal with at such an intimate level? That’s trouble.
結婚は二人の罪人をお互いに絞るような状況です。そこには怒り、身勝手さ、幼稚さ、愚かさ、そして多くの男性が持つ物忘れさ、不正、自慢、思いやりのなさ、わがまま、自己中心性などなどがぶつかり合うのです。一人でも大変な態度ですが親密な関係にある配偶者とぶつかり合うとその大変さは想像できますよね。それはトラブルです。

Then they have children, and you know what happens? More little sinners and you crush them into the mix. When you press all these sinners into the same environment there is an immense complexity. You can just about ask anybody who is married if they’ve ever had trouble, and they will…if they’re honest…tell you of course, it’s part of married life.
そして、夫婦の間で子供が生まれる。小ささ罪人がその輪に含まれます。その結果は想像できますよね。だから結婚している方誰にでも聞いてみてください。「トラブルがありましたか」。正直な人でいれば、みんな「結婚生活の一部です」と答えると思います。

  1. Marriage is not a solution for trouble

Please, if you’re single, do not look at marriage as the solution to your trouble. It probably is the multiplication of it. Marriage intensifies human weakness because it puts you under such intimate scrutiny. Sometimes young people say, “You know, I have strong desires sexually and if I can just get married.” That is not in itself a sufficient reason to get married. Even after marriage there is no guarantee that the elicit temptation will go away. And the fulfillment you find in your marriage doesn’t satisfy…listen carefully…doesn’t satisfy unrighteous longings.
独身でいるなら、結婚は全てのトラブルを解決してくれると思わないでください。むしろ、そのトラブルを倍にするかもしれません。結婚は親密な批判状況に置かれるため人間の弱さをさらに強化してしまいます。時々若者はこのように述べます「性的な欲望が強いので早く結婚したいです」でも、それだけで結婚してはいけません。結婚してからその誘惑は消えることはないかもしれません。結婚でその欲望は満たせなかった場合はどうす流のでしょうか。だから、よく聞いてください。結婚は不当な欲望を満たさないのです!

  1. Marriage is not a solution for loneliness

Some people say, “Well I’m lonely, I need to get married cause I’m lonely.” And they get married and often are far lonelier after getting married than before because somebody so close becomes so indifferent, and that’s crushing. For them, love is like a dream… and marriage, is the alarm clock!
ある人は「一人ぼっちだから結婚したい」と言います。そして、結婚します。すると、結婚後もっと寂しくなります。なぜなら、結婚で親密な関係であるはずの人は無関心になってしまったらそれは大きな打撃になります。彼にとって「愛は夢で結婚は目覚しい時計です!」

Marriage, you see, is the solution to only one thing, just one, and that is this, the will of God. If God wants you married and for all the right reasons in your heart you believe that’s His purpose for you, pursue it…pursue it. But if you have the gift of singleness, stay at it.
結婚は一つのことの解決法です。それは神様の意志です。神様があなたのために結婚を望んでいるなら、そして、あなたはその正しい理由の元で結婚したいなら是非結婚してください。でも、独身の授かりものを持っているならそのままで結構です。

  1. Right priority is always in view – verses 29~31.
    正しい優先順位はすでに視野に入っている

The world is passing away. This is hard to accept in some ways, but what it tells us in verses 29~31 is basically that marriage has not eternal. You hear that? It has no relationship to eternity.
この世は去っていきます。ある意味ではこれを認めることは難しいですが、29-31節で伝えられているメッセージは「結婚も永遠のもの」ではありません。つまり、永遠とは無関係です。

Let’s read verse 29

But this I say, brethren, the time is short, so that from now on even those who have wives should be as though they had none.

1 Corinthians 7:29

私たちに残された時間はきわめて短く、主の働きをする機会もきわめて少ないのです。そういうわけで、妻のある者も、主のためにできるだけ身軽にしていなければなりません。

コリント人への手紙Ⅰ 7:29

The form of this world here includes marriage, sorrow, material things. It’s all passing away. Marriage is part of the passing world. And Paul says the time is short, the kairos, not the chronology (chronos), not the clock time, this era, this season, this set time is passing away. It’s coming to an end. It is brief. It is a vapor that appears for a little time and vanishes away and our life is very short, James 4:14. It is God’s design that we attach lightly to earthly things.
この世の形は結婚、悲しみ、物質を含みますが、これらは全て去っていくものです。結婚は去っていく世界の一部です。そして、パウロによるとその時間は短いです。その時間というのは、時計の時間、時代、や季節ではなく、この世の決められた時間が去っていきます。短いです。私たちはにこの世のものに軽く触れれば随分であることが神様の計画通りです。ヤコブの手紙 4:14 – 14 明日どんなことがわが身に起こるか、だれにもわからないのです。あなたがたのいのちは、朝霧のようにはかないものです。

How lightly?
どれくらい軽く?

Very interesting, verse 29, “From now on even those who have wives should be as though they had none.”
そういうわけで、妻のある者も、主のためにできるだけ身軽にしていなければなりません

What does that mean? Hold lightly, that’s the same as Colossians 3:2. I don’t think it means to be indifferent to your spouse, I don’t think that at all. I don’t think it means become so spiritual, so godly and so consumed with ministry that you ignore your spouse or your family. It simply means you must give to marriage a perspective that it belongs to a passing time.
それはどういう意味ですか。軽く持つというのはコロサイ人への手紙 3:2と同じことを言っています。それは、配偶者のことを気にしないという意味ではありません。それは精神的にアンリすぎて、自分のミニストリーをやるだけに集中して、配偶者と家族を無視するということでもありません。ただ単に結婚はこの去っていく時間の一部であることを理解する必要があるよいうことです。

Set your mind on things above, not on things on the earth.

Colossians 3:2

地上のことをあれこれ気に病まず、天上のことで心を満たされていなさい。

コロサイ人への手紙 3:2

ILLUSTRATION:

Paul gives several examples of what is passing.
パウロは去っていくことものの例をいくつあげています。

Marriage is passing. Marriage will give way to heavenly family life with God the Father, Christ the husband and all believers the wife.
結婚は去っていきます。結婚は天国の家族に変わります。それは父なる神 様ご主人なるイエス様と奥さんになる信者たち。

Weeping will cease because God’s going to wipe away all tears.
泣くことは消えます。神様は全ての涙を拭き取ってくれるからです。

Earthly joy will fade into an eternal joy. Earthly joy which comes and goes and ebbs and flows and rises and falls will disappear into the eternal joy of heaven.
この世の喜びは永遠の喜びに変わります。山あり谷ありのこの世の喜びは天の永遠の喜びに変わります。

Buying will cease since we will inherit everything in the entire new heaven and new earth and lack nothing. We’ll never need to buy anything.
買うことは消えます。なぜなら新しい天国と新しい地球にある全てのものを私たちは相続します。ものを買う必要がなくなります。

Worldly pleasure, those who use the world, that simply means who extract out of it all the fun and all the pleasure and all the fulfillment that it can yield, that will be replaced by the thrills of everlasting life in the presence of God and Christ.
この世の娯楽。つまり、この世にある娯楽からの喜びと楽しみは全ては神様とイエス様を前にして永遠の命の素晴らしさに変わります。

Since the form, the schema, the fashion of this world is passing away, treat those matters in a temporal way with all the dedication that they deserve, understanding, however, that such things are not eternal.
この世の形は去って行っている者ですから、全てのことを一時的に値する献身や理解力に接してください。これらのことは永遠に続くものではないとはっきり理解してください。

Some will say, “Well, that’s kind of hard to understand because it may make me be indifferent to my spouse.” No, just don’t let your marriage…I’ll put it this way…don’t let your marriage be a distraction from your spiritual life. You don’t want your human emotions to distract you from your spiritual life. You don’t want materialism to distract you from your spiritual life. You don’t want worldly pleasure to distract you from your spiritual life. And God has given you all those things to enjoy and you don’t want marriage to distract you either. Sorrow can be a distraction, so can pleasure and possessions and so can marriage.
ある人にはそれは理解しずらい部分もあるかもしれません。だって、それは配偶者に無関心を持つことになるでしょう。でも、それは違います。結婚相手も、人間の感情も、物質主義も、この世の娯楽も全てが自分の精神的人生の邪魔になってはいけません。それを楽しむために神様が与えてくれているので、だから、楽しんでください。でも、邪魔にならないようにきをつけることは大事です。悲しみも邪魔になりますし、娯楽も、ものも、結婚も邪魔になる可能性はあります。

I’m really concerned about this. Sometimes I think Christian people in our contemporary scene today spend an undue amount of time working on their marriage instead of a healthy amount of time working on their spiritual life, which takes care of their marriage.
私はこの点において本当に心配しています。現代のクリスチャンは結婚をうまくいきますようにかなりの時間を費やしていますが結婚をうまくさせる精神的な部分にあまり時間を費やしません。

My wife will tell you and you will certainly tell each other that the more godly and the more Christlike I am, the better it is to live with me and the more fulfilling and the more enriching and the more enjoyable…so that our priorities are very clear. Marriage is a sacred thing. It is a picture of Christ’s relationship to the church, but it becomes what it ought to be when two people are solely and singularly devoted to Jesus Christ.
これは私の妻に確認してもいいですが、私はより神様に集中していきている時には、夫としてもっと有意義な時間を過ごしている。つまり、神様とのバランスをとった時に、私の結婚生活のバランスが良くなり、より楽しくなります。だkらその優先順位が大事です。結婚は聖なるものです。イエス様と教会の関係を表しているものです。そして、結婚においても、二人がイエス様に集中して、生きていけば、その結婚生活も理想なものに近ずくのです。

ILLUSTRATION:

Sometimes I use the illustration of a tuning fork. If you had a couple of pianos and you wanted to tune them to each other, it would be very difficult to do that. But if you had one tuning fork and tuned both of them to the tuning fork, they would be tuned to each other. That’s how a marriage works. I love my wife most fully when my devotion to Jesus Christ is unwavering.
音叉の用例で考えましょう。二台のピアノがあってうまくチューニングをやろうとしたらとても難しいです。でも、一つの音叉で二台のピアノをチューニングしたらすぐにできるのです。結婚もそのようなものです。私は妻をもっとも愛している時はイエス様にもっとも人生を捧げている時です。

Another illustration is that of a triangle.

The apex represents God and the other two angles are the husband and wife. The closer they get to God, the distance between the couple also gets nearer.
もう一つの用例は三角です。その先端は神様です。残りの角はご主人と奥さんです。神様に近づけばお互いの距離も縮んでいきます。

And so, I understand that marriage is a passing and temporal thing and it is most fulfilled when I pursue the kingdom of God and His righteousness and other things follow along. When I pursue Christ, it takes care of my human emotions. When I pursue Christ, it puts material things in the right perspective. When I pursue Christ, worldly pleasure falls into an appropriate line and so does my marriage. Concentrate on the eternal and the passing things will be as fulfilling as God intended them.
だから、結婚は一時的なものでいつか去っていくものを理解しています。そして、神の国と神様の正義を求めたらその他のものが全てついてくれます。イエス様を追求したら、感情がうまくいきます。イエス様を追求したら、物事を正しい見方で見えます。イエス様を追求したら、この世の娯楽が適切に楽しめますし、結婚もうまくいきます。永遠のものに集中したら、この世の一時的なものが全て神様の計画通りに楽しめます。

Conclusion/Application

So, if you are single, thank God for it because your familial suffering is diminished, you are free to live life from its inherent troubles, and that your life focus becomes clearer. And what he is saying here is all of that stuff is only temporal and if you are SINGLE, stay that way and therefore you minimize the necessity of preoccupation with the temporal.
だから、独身であれば、神様に感謝してください。家族の苦しみが減らされ、そのトラブルから自由で、人生の焦点もはっきり見える。一時的なものに関わる可能性が少なくなるため独身のままでも構いません。

Should a person stay single? Well, if you have that gift. In other words, if marriage is not a pressing necessity, if you do not burn with that physical desire, yes.
じゃ、独身のままでいいでしょうか。それはあなたの授かりものであればいいじゃないですか。つまり、結婚したいという肉体的な欲望がないなら、いいと思います。

Or if you have been married and now are either divorced or widowed and no longer have that driving need, consider remaining single. If…if you’re single for the time but feel it is a very unfulfilling, uncomfortable and even tempting situation, consider the great benefits of your current singleness and be the man or woman that God wants you to be and wait on Him to provide the answer to your prayers.
または、結婚をしていたが、今は離婚で一人になっているか、配偶者の死により一人になっているなら、再び結婚のニーズがないなら今の独身人生でいいんじゃないですか。独身で気持ちが満たされていないなら、誘惑に負けそうなら、それは神様に伝えてください。そして、神様からの返事を待ってください。

But don’t look down on singleness as if it were a second-class life. It is not!
でも独身人生は二等の人生と見下ろしてはいけません。それはないです!

Whatever our current state in life is, GOD’S GRACE IS SUFFICIENT!
今どんな人生を送っているにしても、神の愛は十分です。