I Believe in God
私は神様を信じます

August 4th, 2019

Minoh International Church
Pastor Joseph Ricohermoso
Genesis 12:1-8; 15:1-6
創世記12:1-8; 15:1-6

Introduction

It is difficult to explain Christianity to an outsider if you haven’t thought about it much yourself. You cannot commend what you don’t have or know about. Yes, we trust in God—but we believe certain definite things about Him and this belief has a powerful effect on us as believers. The Apostles’ Creed is an ideal starting point for this vital process of consolidating our grasp of the Christian faith.
自分でキリスト教について深く考えたことがないなら、他の人にそれを説明することが難しいです。つまり、自分が知らないことを他人におすすめすることはできません。もちろん、私たちは神様を信用していますが、信者として神様のことではっきりとした真実を信じ、その信念は私たちに大きな影響を与えています。使徒信条を原点に置くことが、キリスト教をしっかりと把握するにあたって重要なプロセスになります。

Let’s confess it together:
一緒に信条を告白しましょう

The Apostles’ Creed
I believe in God the Father Almighty, Maker of heaven and earth. 
And in Jesus Christ His only Son our Lord.
Who was conceived by the Holy Spirit, born of the Virgin Mary,
suffered under Pontius Pilate, was crucified, died, and buried;
the third day He rose from the dead;
He ascended into heaven, and sat at the right hand of God the Father Almighty;
from there He shall come to judge the living and the dead.
I believe in the Holy Spirit,
    the holy catholic church,
    the communion of saints,
    the forgiveness of sins,
    the resurrection of the body,
    and the life everlasting.
Amen.
使徒信条
我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。
我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。
主は聖霊によりてやどり、処女マリヤより生れ、
ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、
十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり、

三日目に死人のうちよりよみがへり、天に昇り、
全能の父なる神の右に坐したまへり、
かしこより来りて、
生ける者と死ねる者とを審きたまはん。
我は聖霊を信ず、聖なるキリスト教会、
聖徒の交はり、罪の赦し、
身体のよみがへり、永遠の生命を信ず。
アーメン

For over a thousand years, Christians in western Europe knew the Apostles’ Creed only in Latin. The English word creed derives from that word credo. It is an attempt to summarize the main points of what Christians believe. It is not exhaustive, nor is it meant to be. The earliest Christian creed seems to have been simply, “Jesus is Lord.”
1000年以上に渡り、西ヨーロッパのクリスチャンは使徒信条をラテン語でしか知りませんでした。英語の「creed」という単語は「credo」という語源を持っています。それは、クリスチャンが信じる主なことを要約したものという意味を持ちます。もちろん、それは徹底的な定義ではありませんが、徹底的な意味を含むものでもありません。初代のクリスチャンの信条はただ「イエス様は神様です」と言うことでした。

that at the name of Jesus every knee should bow, of those in heaven, and of those on earth, and of those under the earth, and that every tongue should confess that Jesus Christ is Lord, to the glory of God the Father.

Philippians 2:10-11 NKJV

それは、その御名のもとに、すべてのものが天でも地でもひざまずき、すべての口が「イエス・キリストは主です」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。

ピリピ人への手紙 2:10-11 JLB

that if you confess with your mouth the Lord Jesus and believe in your heart that God has raised Him from the dead, you will be saved. For with the heart one believes unto righteousness, and with the mouth confession is made unto salvation.

Romans 10:9-10

なぜなら、もし自分の口で、「イエス・キリストは私の主です」と告白し、自分の心で、「神はイエス・キリストを死者の中から復活させてくださった」と信じるなら、あなたは救われるのです。人は、心で信じることによって、神の前に正しい者とされ、その信仰を口で告白することによって救われるのです。

ローマ人への手紙 10:9-10

Anyone who made this declaration was regarded as a Christian. For someone to confess that “Jesus Christ is Lord” is to declare that Jesus is the Lord of his or her life. To recognize that Jesus is Lord is to seek to do His will. As time went on, however, it became necessary to explain what Christians believed in more detail. The full implications of declaring that “Jesus is Lord” needed to be clarified. What did Christians believe about God? About Jesus? About the Holy Spirit?
このことを宣言した人誰でもクリスチャンとして認められました。「イエス・キリストは私の主です」と告白する人は、イエス様が自分の人生の主であることになっていました。イエス様が自分の主であることを認めると言うのは、イエス様が言う通りに従うということです。しかし時が経つにつれ、クリスチャンが信じることについてより詳細に説明する必要性が発生していきました。「イエスキリストは私の主です」と宣言することが暗に意味するところを明確にする必要性が出てきたのです。クリスチャンは神について何を信じていたのでしょうか。イエスについてですか。聖霊についてですか。

By the fourth century, the Apostles’ Creed as we now know it, had assumed a more or less fixed form. It is a brilliant summary of the apostolic teaching concerning the gospel, even though it was not actually written by the apostles.
紀元後4世紀までは、現在知られている使徒信条とあまり違いはありませんでした。それは福音に関する弟子たちの教えを見事に要約していますが、実際には弟子たちの手によって書かれているものではないのです。

All Christian traditions recognize The Apostles’ Creed’s authority and its importance as a standard of doctrine. And so, to study the Apostles’ Creed is to investigate a central element of our common Christian heritage. It is an affirmation of the basic beliefs that unite Christians throughout the world and across the centuries.
教義の規範として、全てのクリスチャンの伝統は使徒信条の根拠と重要性を認めています。だから、使徒信条を勉強することは共通のクリスチャンの遺産を研究することにつながります。何世紀に渡る世界中のクリスチャンを結ぶ共通の、根本的な信条です。

The Christian creeds had their origins as a profession or confession of faith made by converts at their baptism. Since then, they have served other purposes—for example, as a test of orthodoxy for Christian leaders or as an act of praise in Christian worship.
クリスチャン使徒信条の原点は、洗礼を受けた改宗者が信仰の証として告白したものです。当時から様々な役割を果たしてきました。例えば、クリスチャンリーダーの正統性のテストや、クリスチャン賛美においての称賛の行為などです。

In our own day and age the creeds serve three (3) main purposes.
信条には3つの役割があります。

  • First, a creed provides a brief summary of the Christian
    まず、信条はクリスチャンが信じていることの要約を与えます。

You do not become a Christian by reciting a creed; rather, the creed provides a useful summary of the main points of your faith.
あなたは使徒信条を言うだけでクリスチャンになるわけではありません。もはや使徒信条は自分の信仰の重要なポイントを示す、使い勝手の良い要約を与えてくれるものなのです。

  • Second, a creed allows us to recognize and avoid inadequate or incomplete versions of Christianity
    次に、信条はキリスト教の不十分さや不完全さを避けるための認識を与えてくれます。

By providing a balanced and biblical approach to the Christian faith, tried and tested by believers down through the centuries, the creed allows us to recognize deficient versions of the gospel.
クリスチャンの信仰に関して、バランスがとれた、聖書に基づいたものとして、使徒信条は世代を超えて信者たちに、福音に欠けているものを見分ける役割を果たしてきました。

  • Third, a creed emphasizes that to believe is to belong
    最後に、信条を信じることは、何かに所属することを強調します。

To become a Christian is to enter a community of faith whose existence stretches right back to the upper room in which Jesus met with His disciples. By putting your faith in Jesus Christ, you have become a member of His body, the church, which uses this creed to express its faith.
クリスチャンになることは、イエス様が弟子たちと分け合った最後の晩餐に戻って、その共通の信仰を持つ共同体に入るということ意味とします。イエス・キリストに信仰を置くことは、その体である教会の一員になることを意味し、その信仰を表すために使徒信条を利用するのです。

Think of how many others have recited these words at their baptism through the centuries. Think of how many others have found in the Apostles’ Creed a statement of their personal faith. You share that faith, and you can share the same words that they have used to express it. First of which is …
そこで、今まで洗礼を受けたときに使徒信条を引用した人の数を考えてみてください。そして、使徒信条に自分の信仰を見出した人の数も考えてみてください。皆さんもその同じ信仰を持っているのです。そして、皆さんもその同じ言葉を引用できます。

I believe in God . . .
私は神様を信じる (Genesis 12:1-8; 15:1-6)

What does it mean to believe in God? What does it mean to have faith in God our Creator?
神様を信じることは何を意味しますか。創造者である神に信仰を持つことは何を意味しますか。

  1. Faith means assent
    信仰の意味は承認するということです

The Apostles’ Creed in Latin opens with the words Credo in Deum, traditionally translated into English as “I believe in God.” The statement, “I believe in God” could mean, “I am of the opinion that there is a God.” However, it expresses more conviction to say that, “I believe in God.” It is a much stronger statement. Indeed, faith begins with the acknowledgment that there is a God.
使徒信条のラテン語版は「credo in Deum」で始まりますが、それは訳すと「私は神様を信じる」と言う意味になります。それは、「私は神様の存在を認めている」と言うことになります。しかし、私は「神様を信じる」と言うとさらにその強い信念を表します。実際に、信仰の出発点は神様の存在を信じることにあります。

But without faith it is impossible to please Him, for he who comes to God must believe that He is, and that He is a rewarder of those who diligently seek Him.

Hebrews 11:6

信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神のもとに来ようとする人はだれでも、神の存在と、熱心に神を求めれば神は必ず報いてくださることを、信じなければなりません。

へブル人への手紙 11:6

Faith means assent. A dictionary defines assent as to agree or approve of something especially after thoughtful consideration.
信仰は同意すると言う意味を持ちます。ある辞書では、「よく考えてから何かを同意する」と書かれてあります。

In both the Old and New Testaments, Abraham is a model of faith—that is, of believing. God called Abraham to go to a strange land to receive his inheritance, and Abraham trusted God and went. He believed. He gave his assent even in apparently hopeless circumstances.
旧約聖書においても新約聖書においても、アブラハムは信仰のシンボルです。つまり、信じることのシンボルです。神様はアブラハムがその遺産を受け取れるよう彼を見知らぬ地へ導きましたが、アブラハムは神様を信頼して従いました。彼は信じていたのです。希望のない状況に置かれていても、彼は同意したのです。

Now the Lord had said to Abram: “Get out of your country, from your family and from your father’s house, to a land that I will show you. I will make you a great nation; I will bless you and make your name great; and you shall be a blessing. I will bless those who bless you, and I will curse him who curses you; and in you all the families of the earth shall be blessed.” So Abram departed as the Lord had spoken to him, and Lot went with him. And Abram was seventy-five years old when he departed from Haran. Then Abram took Sarai his wife and Lot his brother’s son, and all their possessions that they had gathered, and the [people whom they had acquired in Haran, and they departed to go to the land of Canaan. So they came to the land of Canaan. Abram passed through the land to the place of Shechem, as far as [the terebinth tree of Moreh. And the Canaanites were then in the land. Then the Lord appeared to Abram and said, “To your descendants I will give this land.” And there he built an altar to the Lord, who had appeared to him. And he moved from there to the mountain east of Bethel, and he pitched his tent with Bethel on the west and Ai on the east; there he built an altar to the Lord and called on the name of the Lord.

Genesis 12:1-8

父テラが死んだ時、主はアブラムに命じました。「あなたは、ここを発ちなさい。あなたの親族も住み慣れた地も捨てて出かけるのです。行く先はわたしが教えるから、ただ示されたとおりに進みなさい。そうすれば、あなたを偉大な国民の父にしよう。あなたを祝福し、その名を広めて、だれ一人知らぬ者がないようにしよう。あなたによって、ほかの多くの者も祝福されます。わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたをのろう者をのろう。アブラムによって、全世界が祝福されるのです。」アブラムは主のことばに従って出発しました。ロトも彼といっしょです。その時、アブラムは七十五歳でした。彼は妻のサライと甥のロトのほか、ハランで得た家畜や奴隷などを連れて旅をし、カナンに着きました。そのまま旅を続け、シェケムの近くまで来ると、モレの樫の木のそばで野営することにしました。当時、この地方にはカナン人が住んでいました。その時、主がアブラムに現れ、「この地をあなたの子孫に与えよう」と約束されました。アブラムは喜んで、主とお会いした記念に、そこに祭壇を築きました。彼はそれからさらに南へ向かい、西のベテルと東のアイにはさまれた丘陵地帯に来ました。アブラムは野営をし、主のために祭壇を築いて祈りました。

創世記 12:1-8

Abraham apparently knew very little about God when God called him. Why do you think Abraham chose to believe in this God?
アブラハムは神様に呼ばれた時に、神様のことをあまり知らなかったのです。では、なぜアブラハムはこの神様を信じることにしたのでしょうか。

At this point Abraham did not have a theological statement of faith setting forth who God was. He knew only that God had spoken to him and that God had great plans for him not only in the short term but also far into the future.
当時アブラハムは神様に対して、神学的に信仰の意見を持っていませんでした。ただ、彼が神様に呼ばれていて、神様が彼のために近い未来だけでなく遠い未来までの計画も用意してくれていたことを信じました。

Based on this knowledge, Abraham obeyed and set out for an unknown destination. His bare-bones knowledge and experience were enough to put him on the road in obedience.
この知識をもとにして、アブラハムは知らない目的地へ旅立ちました。彼の限られた知識と経験のみが彼を従順に神様を信じるように至らせたのです。

Now faith is the substance of things hoped for, the evidence of things not seen. For by it the elders obtained a good testimony.

Hebrews 11:1~2

信仰のすばらしさ信仰とはいったい何でしょう。それは、望んでいることが必ずかなえられるという確信です。また、何が起こるかわからない先にも、その望んでいることが必ず待っていると信じて疑わないことです。神を信じた昔の人たちは、この信仰によって賞賛されました。

へブル人への手紙 11:1-2

  1. Faith means trust
    信仰の意味は信用するということです

Christians don’t just believe—we believe in Someone. More accurate translations of “I believe in God” would be “I have confidence in God,” “I put my trust in God” or simply “I trust in God.” Faith is not merely believing that God exists; it is anchoring ourselves to that God and resting secure in doing so. Faith is the response of our whole being to the person of God.
クリスチャンはただ信じるのではなくー誰かを信じているのです。なので、もっと正確に言うと、「私は神様を信じる」は「私は神様に自信を託している」の方が当てはまるのです。もしくは「私は神様を信用する」や「私の信用を神様におく」などが当てはまります。信仰は神様の存在を認めるだけでなく、その神様からぴったり離れず、安心することです。信仰は自分自身の全てを神様にかけるということです。

It is saying, “Yes!” to God
それは神様に「はい」と言うのと同じです。

faith means trust.
信仰は信頼を意味します。

ILLUSTRATION: Someone shared this story. Uncle Oscar was apprehensive about his first airplane ride. His friends, eager to hear how it went, asked if he enjoyed the flight. “Well,” commented Uncle Oscar, “it wasn’t as bad as I thought it might be, but I’ll tell you this. I never did put all my weight down!” 
たとえ話:誰かがこの話をしました。オスカーおじさんは初めて飛行機に乗ることが不安でした。その反応を知りたかった友人は彼に飛行機の体験を尋ねたとき、彼はこのように答えた「思ったより酷くはなかった。でも言っておきますが、私は全ての体重をかけなかった」

Sadly, a surprisingly large number of people who think of themselves as Christians never get further than accepting the truth of Christianity. They believe that God is there, but they have never met Him. They believe that God is able to forgive sins, but they have never allowed God to forgive their sins. They believe that God is reliable, but they have never relied on Him.
残念なことに、自分がクリスチャンと考えている人の中でも、最初の「キリスト教の真実」を受け入れた状態から先を超えません。神様が存在することを信じていますが、神様に会ったことがありません。神様が罪を許してくれることを信じていますが、自分の罪をまだ許してもらっていません。神様は頼りにできると思っていますが、神様に頼ることは一度もありません。

What can we call people like them? Is it fair to say that we call them, “halfway” believers? They are on their way to faith, but they have yet to arrive! For such people, “I believe in God” can mean little more than “I think there may be a God somewhere.” The richness and depth of the gospel remains unknown to them.
このような人々をなんと呼べば良いのでしょうか。「中途半端な信者」でいいのかな。つまり、信仰の道には入っていますが、まだゴールにたどり着いていません。このような人たちにとって「私は神様を信じる」の意味は「どこかに神様がいると思います」になります。彼らは福音の豊かさと深さに無知なのです。

Which of Abraham’s actions indicate that he said yes to God when God took the initiative to speak to him? Abraham put his full weight down!
神様がアブラハムに語りかけた時に、彼のどのような行動が、神様に対して「はい」と言ったことを示していますか。アブラハムは全体重を下ろしたのです。

By faith Abraham obeyed when he was called to go out to the place which he would receive as an inheritance. And he went out, not knowing where he was going. By faith he dwelt in the land of promise as in a foreign country, dwelling in tents with Isaac and Jacob, the heirs with him of the same promise; for he waited for the city which has foundations, whose builder and maker is God.

Hebrews 11:8~10

アブラハムも、神を信じました。神に、生まれ故郷を離れて新しく与える地に向かうようにと指示された時、彼はそのことばに従い、行く先も知らずに出て行ったのです。そして、約束の地カナンに入ったあとも、外国からの旅行者のように天幕(テント)生活を送りました。神から同じ約束を受けた息子のイサクと孫のヤコブも、その地で同様に天幕生活を送りました。アブラハムがこうした生活に耐えられたのは、揺るがない土台に建つ天の都に、神が必ず連れて行ってくださると確信し、待ち望んでいたからです。その天の都を設計し、建設されたのは神ご自身す。

へブル人への手紙 11:8-10

  1. Faith means commitment
    信仰の意味は深い関与を持つことです

Time and again, Scripture encourages us to think of our faith as a personal relationship with God. God has publicly demonstrated His commitment to us and love for us in the cross of Jesus Christ; He will not abandon us. Faith is our response of commitment to God, a joyful and willing self-surrender to God.
聖書は私たちに何度も、自分の信仰を神様との個人関係のようなものと考えるように勧めています。神様はイエス様の十字架での犠牲を通して、その献身と愛を示しました。神様は私たちを見捨てません!信仰は私たちから神様への献身の証です。喜んで心から神様へ全て降伏する証です。

What were some radical consequences of Abraham’s trust in God, for himself and for his household?
アブラハム自身にとって、また彼の家族にとって、神様を信用したことはどんな結果をもたらしたのでしょうか。

After these things the word of the Lord came to Abram in a vision, saying, “Do not be afraid, Abram. I am your shield, your exceedingly great reward.” But Abram said, “Lord God, what will You give me, seeing I go childless, and the heir of my house is Eliezer of Damascus?” Then Abram said, “Look, You have given me no offspring; indeed one born in my house is my heir!” And behold, the word of the Lord came to him, saying, “This one shall not be your heir, but one who will come from your own body shall be your heir.” Then He brought him outside and said, “Look now toward heaven, and count the stars if you are able to number them.” And He said to him, “So shall your descendants be. And he believed in the Lord, and He accounted it to him for righteousness.

Genesis 15:1-6

神とアブラムの契約 そののち主が幻の中でアブラムに現れ、こう語りかけました。「アブラムよ、心配することはない。わたしがあなたを守り、大いに祝福しよう。」「ああ神様、私に息子がないのはご存じでしょう。どんなに祝福していただいても、子どもがいなければ、全財産は一族のだれかほかの者が相続することになるのです。」「いや、そんなことはない。ほかの者があなたの跡継ぎになることは決してない。財産を相続する子が、あなたに必ず生まれる。」それから主はアブラムを外へ連れ出し、満天の星空の下に立たせました。「空を見なさい。あの星を全部数えられますか? あなたの子孫はあの星のようにとても数えきれないほどの数になる。」アブラムは主を信じました。主はアブラムの信仰を義と認めました。

創世記 15:1-6

Faith is saying yes to God. Faith involves knowledge but cannot be equated with knowledge. It is not a cold and cerebral idea that enlightens the mind but leaves the heart untouched. Faith is the response of our whole person to the person of God. It is our joyful reaction to the overwhelming divine love we see revealed in Jesus Christ. It is the simple response of leaving all to follow Jesus. It is a decision, an act of will to trust God.
信仰は神様に「はい」をいうことです。信仰は知識を含みますが、知識とイコールではありません。それは精神を啓蒙するものではなく、心に感銘を与えないものです。神様という人に対して、自身の全身全霊をかけて反応することが信仰です。イエス様に表された、神様の素晴らしい愛情に対する、私たちの喜びに満ちた反応です。簡単に言えば、全てを捨ててイエス様に従うことです。それは決断です。神様を信用する意思のある行動です。

Almost twenty-five (25) years had passed since God promised to give the land of Canaan to Abraham’s offspring (Genesis 12:7). At that point, he might Abraham have had reason to lose his trust in God, but he didn’t. He was committed to God and His plan for him.
神様がアブラハムの子孫にカナンの地を与えると約束した時から25年が経っていました。その時点でアブラハムは神様に対する信用を失ってもおかしくないと思いますが、彼は神様を信用し続けたのです。彼は神様に献身し、神様の計画を信じていました。

  1. Faith means obedience
    信仰の意味は従順であることです

Faith and good works in no way exclude each other. We do not come to faith by doing good works, as if we could buy our way into the kingdom of God. But real faith naturally gives rise to good works. Faith is active, seeking to express itself in the way we live.
信仰と良い働きは決してお互いを排除し合いません。良い働きをしたからといって信仰に至るというではなく、それは良い働きをしたからといって神の国に入ることができないのと同様です。でも、真の信仰は良い働きにつながります。信仰は活力のあるもので、自分の生き方に必ず影響を与えます。

Faith means obedience.

For by grace you have been saved through faith, and that not of yourselves; it is the gift of God, not of works, lest anyone should boast. For we are His workmanship, created in Christ Jesus for good works, which God prepared beforehand that we should walk in them.

Ephesians 2:8~10

あなたがたは、恵みにより、キリストを信じることによって救われたのです。しかも、そのキリストを信じることすらも、あなたがたから自発的に出たことではありません。それもまた、神からの賜物(贈り物)です。救いは、私たちの良い行いに対する報酬ではありません。ですから、だれ一人、それを誇ることはできません。私たちをこのように造り変え、キリスト・イエスによる新しい生活に入れてくださったのは神です。この新しい生活は、神がずっと以前から計画してくださったものであり、私たちが互いに助け合って過ごすためでした。

エペソ人への手紙 2:8-10

In our life of faith, obedience is not an option. It’s our calling, but thankfully God doesn’t turn His back on us every time we disobey. He remains faithful.
私たちの信仰の人生において、従順は選択肢ではありません。それは私たちの「使命」です。でも、従順でないと度々神様に見捨てられるということはありません。神様はいつでも誠実な神様です。

In the two passages from Genesis, we see Abraham’s obedience to God. His faith was confirmed by his works of obedience.
創世記の箇所からアブラハムの神様への従順さがうかがえます。彼の信仰はその従順な働きに表れています。

Thomas a Kempis: “Instant obedience is the only kind of obedience there is; delayed obedience is disobedience. Whoever strives to withdraw from obedience, withdraws from Grace.”
トマス・ケンピス氏によると「すぐに従順になることは唯一の従順のあり方です。遅れて従順することは不従順です。従順から身を引くとするものは神の愛から身を引くことになります」

Conclusion/Application
結論/適用

Abraham showed his belief in God through radical obedience. Consider ways that God might be challenging you to express your faith in some life-altering way: in your relationships, ministry, finances, vocation, etc.
アブラハムはそのブレない従順を通して、神様への信念を示しました。神様はあなたにどのようにして、人生を変えるようなやり方で自分の信仰を表すように試しているのか考えてください。人間関係、ミニストリー、金銭面、仕事において。

Pray about specific areas of life where you need to deepen your trust, commitment and obedience to the Lord.
自分の人生において、自分の信仰、献身と従順さをさらに深める必要がある特定の箇所のために祈りましょう。