In Christ キリストにあって

Happy New Year! Where did people go in the new year period? Who went the furthest?
あけましておめでとうございます。年末年始はどこかに行かれましたか?いちばん遠いところまで行かれた方はどなたでしょう?

I would like to start the new year off in my favourite fashion – with a quiz.
新年も私の大好きなクイズで始めたいと思います。

As Christians, we are called to be: クリスチャンである私たちは
In love 恋する
In debt 借金をする
In sane ばかげている
In Christ キリストにある
ように召されています。

The answer is of course d) – In Christ. This is so fundamental and so important, I would like to make it our theme for this year.
答えはもちろんd)です。これはとても基本的なことで、とても大切なことなので、今年のテーマにしたいと思っています。
In Christ. It builds on other recent annual themes that we’ve had: Discipleship, Following Christ – Spirit-led, and Your Kingdom Come.
キリストにあって。このテーマは、弟子訓練、キリストに従う、聖霊に導かれる、御国が来ますようにといった過去数年のテーマに基づいています。
I’ve chosen the theme ‘In Christ’ because perhaps better than any other it leads us to place every area of our lives under the lordship of Christ, and that is to be the goal of every Christian, and ultimately the goal of every person in the world.
‘キリストにあって’というテーマを選んだのは、これほどキリストを主とする私たちの人生のあらゆる面に関係することはないからです。そしてそれがすべてのクリスチャンのゴールとなるべきもので、最終的には世界のすべての人のゴールとなるべきものです。

Our key passage for this year is Ephesians 1:3-10
今年の要文はエペソ1:3-10です。
Praise be to the God and Father of our Lord Jesus Christ, who has blessed us in the heavenly realms with every spiritual blessing in Christ. For he chose us in him before the creation of the world to be holy and blameless in his sight. In love he predestined us for adoption to sonship through Jesus Christ, in accordance with his pleasure and will— to the praise of his glorious grace, which he has freely given us in the One he loves. In him we have redemption through his blood, the forgiveness of sins, in accordance with the riches of God’s grace that he lavished on us. With all wisdom and understanding, he made known to us the mystery of his will according to his good pleasure, which he purposed in Christ, to be put into effect when the times reach their fulfilment—to bring unity to all things in heaven and on earth under Christ.
Ephesians 1:3-10
ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神はキリストにあって、天上で霊のもろもろの祝福をもって、わたしたちを祝福し、 みまえにきよく傷のない者となるようにと、天地の造られる前から、キリストにあってわたしたちを選び、 わたしたちに、イエス・キリストによって神の子たる身分を授けるようにと、御旨のよしとするところに従い、愛のうちにあらかじめ定めて下さったのである。 これは、その愛する御子によって賜わった栄光ある恵みを、わたしたちがほめたたえるためである。 わたしたちは、御子にあって、神の豊かな恵みのゆえに、その血によるあがない、すなわち、罪過のゆるしを受けたのである。 神はその恵みをさらに増し加えて、あらゆる知恵と悟りとをわたしたちに賜わり、 御旨の奥義を、自らあらかじめ定められた計画に従って、わたしたちに示して下さったのである。 それは、時の満ちるに及んで実現されるご計画にほかならない。それによって、神は天にあるもの地にあるものを、ことごとく、キリストにあって一つに帰せしめようとされたのである。
エフィソの信徒への手紙1:3-10

Meaty, isn’t it! Let’s unpack it just a bit for today:
考えさせられますよね。今日は少しだけ中味を見てみましょう。
Five times this passage talks about being in Christ and I would like to break this down into 12 basic blessings:
ここでは5回、キリストにあるということについて語られています。それを12の基本的な祝福に分けてみてみましょう。
In Christ we have been blessed in the following ways:
キリストにあって私たちは次のように祝福されています。
We have been chosen (adoption) 私たちは選ばれている(神の子となる)
We have been made holy 私たちは聖なる者とされている
We have been given love 私たちには愛が与えられている
We have been given grace 私たちには恵みが与えられている
We have been given redemption 私たちには贖いが与えられている
We have been given forgiveness 私たちには赦しが与えられている
We have been given revelation 私たちには啓示が与えられている
We have been given wisdom 私たちには知恵が与えられている
We have been given understanding 私たちには理解力が与えられている
We have been given knowledge 私たちには知識が与えられている
We have been given purpose 私たちには目的が与えられている
We have been given unity 私たちには一致が与えられている

This is what it means to be in Christ, and we will be looking in more detail throughout the year at how to truly receive and live out these blessings in our lives.
これがキリストにあるということです。そしてこの1年をかけてこれらの祝福をどのように本当に受け入れて実行するかをもっと詳しく見ていきましょう。

I have prepared a rough outline – 3 ways – of how I would like to go about this this year.
今年の3通りの概要を用意しました。

When we are in Christ we are to have the mind of Christ (knowledge/theological approach)
キリストにあるなら、私たちはキリストの思い(知識/神学的アプローチ)を持ちます。
So we will be learning about – the attributes of God (communicable and non-communicable)
ですから私たちが学ぶことは、神の特性(人に伝わるものと伝わらないもの)
– how to truly know God and be known by Him
  神を本当に知ることと神に知ってもらうこと
– salvation and assurance
 救いと確信
– the Trinity, the roles and relations of the Godhead
 三位一体、各役割と神との関係
– books of the Bible (series)
 聖書(シリーズ)

When we are in Christ we are to have the heart of Christ (faith/spiritual approach)
キリストにあるなら、私たちはキリストの心(信仰/霊的アプローチ)を持ちます。

So we will be learning about – wisdom – how to think like Christ
ですから私たちが学ぶことは、  知恵-キリストのように考える
– guidance, how to walk like Christ by hearing the voice of God
 導き-神の声を聞いてキリストのように歩く
– discernment (the holy and the common) – how to value like Christ
 識別力(聖なることと日常的なこと)-キリストのように評価する
– compassion – how to empathise like Christ
 あわれみ-キリストのように共感する
– mission – how to serve like Christ
 宣教-キリストのように仕える
– authority (external) – how to minister like Christ
 権威(外部)-キリストのように務めを果たす
– worship – how to pray, exalt the Father like Christ
 礼拝-キリストのように祈り、父なる神を崇める

When we are in Christ we belong to the body of Christ (relationships/personal approach)
キリストにあるなら、私たちはキリストの体に属しています(人間関係/個人のアプローチ)

So we will be learning about – unity, gifting (con’t)
ですから私たちが学ぶことは、  一致、賜物(続き)
– authority (internal) and loving discipline/correction
 権威(内部)と愛情深い戒め/懲らしめ
– mutual edification in word and deed
 言葉と行動において互いに教化しあう
– living as a Christian in the family (series)
 家庭でクリスチャンとして生きること(シリーズ)
– living as a Christian in the workplace (series)
 仕事場でクリスチャンとして生きること(シリーズ)
– evangelising as a church and individually
 教会と個人の伝道

I want to be clear that this is just an overview of what I would like to see us learn and apply in the year ahead.
これは今年私たちが学んで実行していきたいことの要約にすぎません。
But it is deliberately incomplete.
意図的に未完成になっています。

The last thing I want to do is prepare a list of 52 sermons for the coming year.
今年1年分の52の説教のリストを用意するなどしたくありません。
As a minister of the word, I want to be open to whatever leading of the Spirit may come throughout the year as we grow.
御言葉を取り次ぐ者として、この1年私たちが成長していくにあたり、聖霊の導きにオープンでありたいからです。

The way that we relate to others, the convictions of our hearts and the transformations of our minds are big parts of being in Christ.
互いに共感したり、心に確信を持ったり、思いが変えられていくのはキリストにあることの大きな役割です。
But there is more to it than this.
しかし、これだけではありません。
When we are in Christ, we acknowledge that Jesus is not only the Lord of our lifestyle or the Lord of our thinking or even the Lord of the values and beliefs of our heart, but that He owns us. キリストにあるなら、イエスが私たちの生活スタイルの主、又は私たちの考えの主、私たちの心の価値や信念の主であるだけでなく、イエスが私たちを神のものとしているのです。
We belong to him. For some, this might seem a scary thought but if we think of it as a child belonging to their parents, it’s actually very reassuring and wonderful.
私たちはキリストに属しているのです。恐ろしい考えに思えるかもしれませんが、子が親に属しているのと同じように思えば、これは実際にとても心強いすばらしいことなのです。

Being in Christ comes with tremendous privileges and tremendous responsibilities and that is what we will be looking at throughout this year. キリストにあるということは、この上ない特権であり、この上ない責任を伴います。それをこの1年かけて見ていきます。
Let’s worship God for this.
このことを神に賛美しましょう。

Pray