Insights for Parents and Caregivers
親と子供の世話人のための見識

June 30th, 2019

Minoh International Church
Pastor Joseph Ricohermoso

Introduction

I did an internet search and found that there are over 11 billion results on the Reasons why you should NOT have children. Here’s one list:
私は「子供を産むべきではない理由」について、ネットですこし調べてみました。すると、なんと110億の検索結果が出ました。そのうちのいくつかをあげてみたいと思います。

  1. Having a child contributes to climate change!
    子供を産むことは気候変動に貢献するから

So glad Beethoven’s parents didn’t know that!
ベートーベンの親がその理由を知らなくて良かったね!

Or YOUR parents didn’t know that!
あなたの親も知らなくて良かったね。

  1. It costs money to raise a child! Of course! So, are cosmetics and Netflix (a movie streaming company).
    子育てにはお金がかかる!もちろん!化粧品やネットフリックスも一緒でしょう
  1. You will eat more fast food!
    子供と一緒だともっとファストフードを食べるようになる

It’s lame to blame your kids for your food choice!
自分が食べる物について子供のせいにするのは良くないと思います。

  1. You have less time for yourself!
    自分のための時間が少なくなります

That is true! Also, less self-centered & you learn real love.
それは確かなことですが、自己中心的な考えも減り、真の愛を学べます

Well, having children doesn’t guarantee you’ll be less self-centered unless you want to be. If you want to stay self-centered, kids will just make you unhappy. 
子供がいると必ずしも自分の自己中心的な考えが減るとは限らないが、自己中心的のままでいたいなら、子供の存在は自分を不幸にするだけです。

Some people have told me: “I hate kids!” NO! You hate other people’s kids! If they were YOUR KIDS … you’d feel VERY different.
ある人は私にこう言いました。「私は子供が大嫌いです」。違います!あなたは他人の子供が嫌いなだけで、自分の子供だったら、その気持ちは変わります!

Any of YOU parents could have come up with your own list to not have kids!
ここにいる親達も「子供を産むべきではない」理由のリストも作れると思います。

Randomly, I made this quick list:
私も、リストを作ってみました。

  1. Projectile vomit
    噴出性の嘔吐(ミルクを噴水のように吐く)
  2. Sleep deprivation (for parents/caregivers)
    寝不足になる
  3. Boss baby
    ボスベビー態度がとっても偉そう、威張り散らす
  4. The endless question WHY?
    エンドレスに続く「なぜ」という質問
  5. Writings on the wall, holes in shouji paper of sliding doors
    壁の落書き、障子に穴をあける
  6. Complex car seats
    車のベビーシートの複雑極まりない使い勝手
  7. Stretch marks (mother’s tummy)
    お母さんのお腹周りの妊娠線

With all these negative publicity against having children, we know that they are one of the reasons why the world must go on.
子供を産むことに対するネガティヴな評判にも関わらず、私たちは子供なしでは世界が続かないことを知っています。

But, today’s parents tend to overprotect, overcorrect & overindulge. That’s why I would like to share with you some “Insights for Parents and Caregivers.” Those who are single and have no kids can learn from it too … for future use.
しかし、今日の親は自分の子供を過保護、過剰に矯正、過剰に甘やかす傾向があります。だから、今日、「親と子供の世話人のための見識」について話したいと思います。そして、まだ未婚の方も今後の準備として聞いてください。

  1. TEACH responsibility
    責任感を教えてください

Nothing brings out the best in you faster than having someone believe in you and trust you with responsibility! Jesus teaches us that the way we grow is by being given responsibility.
人の最善を引き出す最速な方法は誰かに信じてもらって、責任を託されることです。イエス様の教えでは、私たちが成長する方法は責任を与えられることにある。

Here are two (2) ways to help people grow responsibility:
人に責任感を持って、成長させるには次の二つな方法があります。

  1. Entrust them with something small at first
    最初は小さなことから託す

“Whoever can be trusted with a little can also be trusted with a lot.”

Luke 16:10

小さなことに忠実な人は、大きなことにも忠実です

ルカの福音書 16:10 JLB

Start early & start small – give responsibilities
早い時期に小さなことからスタートする ー 責任を与える

  1. Entrust them with possessions and money
    所有物とお金を持たせて管理させる

“If you cannot be trusted with worldly possessions, then who will trust you with the true riches of heaven?”

Luke 16:11

この世の富も任せられない人に、どうして、天にあるほんとうの富を任せることができるでしょう。

ルカの福音書 16:11 JLB

God tests YOUR responsibility & capacity with money. How is your stewardship of His blessings?
神様はお金に対するあなたの責任感と能力を試します。神様が与えてくれた祝福をどのように管理していますか。

Great parents (leaders) know that people respond to responsibility.
良い親やリーダーは、人々が責任に対して反応を示すことを知っています。

We are each responsible for our own conduct.

Galatians 6:5

人はみな、それぞれ自分の分をわきまえ、自分の分を果たすべきです。

ガラテヤ人への手紙 6:5 JLB

  • One important life skill to learn is to accept responsibility. But the only way to learn it is by being given the opportunity
    人生のスキルとして、学ぶべきことは責任を受け入れることです。しかし、そのスキルを成し遂げるためにはまずその機会を与えらることです。
  • All of us have a deep need to be trusted… to prove ourselves… and to develop competence
    私たちは皆、人に信用されたいという強い欲求を持っています。自分を証明したい。そして、その能力を開発したいのです。
  • Even Jesus trained His disciples concerning responsibility: “I’m going to the Father, in heaven. Reaching the world is now in your hands!”
    そして、イエス様も弟子たちを責任感に関して訓練したのです。「私は今から天国に行きます。世界中に福音を伝えることはあなた方の役割です。」
APPLICATION: I’d do LESS for my children and teach them to do MORE for themselves:
  1. Part of bringing out the best in our children includes allowing them to fail!
    子供の最もよいところを引き出すための一環として必要なのは、子供の失敗を許すことです。

Our tendency is to protect them from making mistakes & failing. Then, when they do fail – we’re quick to bail them out. To avoid any negative feelings.
私たちは、子供を間違いや失敗から守る傾向があります。そして、彼らが失敗した時もすぐに助けてしまいます。それはネガティヴな気持ちを避けたいからです。

Fact: Failure is a part of life. Everybody fails at something. If you don’t allow them to fail – they never learn how to recover… it weakens their character & leaves them unprepared for reality.
事実:失敗は人生の一部です。誰でも何かで失敗します。失敗することを与えられない子供は、回復することを学べないのです!それは子供の性格を弱くし、現実と向き合う準備がされない状態にしていまいます。

Allow your kids to learn that failure isn’t fatal! They’ll recover!
子供たちに失敗は致命的でないことを学ばせてください。彼らは必ず回復できます。

And when they fail – don’t allow them to blame others. Teach them to be graceful despite failure.
そして、失敗した時に、他人を責める姿勢を許さないでください。失敗しても、素直に受け止めることを教えてください。

  1. Over-protectionism is a form of rejection!
    過保護はある意味での拒絶です

It says, “You’re not competent. I must do this for you.” I don’t trust you! It creates insecure kids! Children with an unbroken string of successes fear failure more than others.
それは子供に、「君にはできないから、私がやってあげるね。」つまり、私はあなたを信用していないよ!と言っているわけです。それは、不安を持った子供を育てしまいます。誰よりも失敗を恐れているのはずっと成功してきた子供です。

In the long run – we’re far better off trusting too much than too little.
長い目で見ると、信用することに関しては、「より少ない」よりは「よりたくさん」の方がいいです。

  1. CORRECT appropriately
    適切に矯正する

We all need correction at times because none of us is perfect. The Bible says God does this with us:
私たちは皆、完璧ではないので、間違いを正す矯正が必要です。そして、聖書の中で、神様は私たちに対して同じようなことをしています。

The Lord disciplines those He loves, just like a father corrects the child that He delights in.

Proverbs 3:12

主に懲らしめられても、腹を立ててはいけません。あなたを愛していればこそ、そうするのです。父親がかわいい子どもの将来を思って罰するのと同じです。

箴言 知恵の泉 3:12 JLB

If you are God’s child, He never punishes you BUT He does discipline you!
もしあなたが神様の子であれば、決して罰されることはありません。 しかし、しつけられることはあります。

Punishment = penalty for the past misdeeds [No!]
罰は過去におこした悪い事に対する報いです「良くない事!」

Discipline = correction for the future [Yes!]
しつけは未来へ向かっての矯正です。「いい事』

In our time, some so-called experts reject the idea of discipline. As an overreaction to parental/physical abuse (domestic violence, DV) laws have been enacted to punish even parents who dutifully, discipline their children.
今日では、いわゆる専門家と言われている人たちは、しつけという考えを拒否しています。親が子供を虐待する事件への過剰反応として、新しい法律が作られ、義務で子供をしつけしている親さえも罰される時代になっています。

But the Bible says, a lack of discipline means two (2) things:
しかし、聖書では、しつけの欠乏が、次の二つのことを意味すると教えています。

If you refuse to discipline your children, it proves you don’t love them; if you love your children, you’ll be prompt to discipline them.

Proverbs 13:24

子どもを懲らしめない親は、その子を心から愛していないのと同じです。愛している子なら罰するはずです。

箴言 知恵の泉 13:24 JLB

Discipline your children while they are young enough to learn. If you don’t, you are helping them destroy themselves.

Proverbs 19:18 TEV

まだ望みのあるうちに子どもを懲らしめなさい。放っておいて、その一生を台なしにしてはいけません。

箴言 知恵の泉 19:18 JLB

How do you correct without condemning?
次に、どうやって、子供を非難せずに、矯正することができるのでしょうか

  1. Never correct in anger
    怒っているときに決して矯正しない

Overreaction & overcorrection are as harmful as overprotection!
過剰に反応する事と過剰に矯正する事は過剰に保護している事と同じように悪影響を与える

FATHERS, don’t keep on scolding and nagging your children, making them angry and resentful. Instead, bring them up with the LOVING discipline that God approve, with suggestions and godly advice.

Ephesians 6:4 LB

両親にもひとこと言っておきます。子どもを、いつもうるさくしかりつけて反抗心を起こさせたり、恨みをいだかせたりしてはいけません。かえって、主がお認めになる教育と、愛のこもった助言や忠告によって育てなさい。

エペソ人への手紙 6:4 JLB

When I’m frustrated with my kids, it feels good to release it. BUT…
Correcting in anger creates resentment & anger in return. Remember the principle of sowing and reaping. You reap what you sow.
子供に対して怒っている時、その怒りを解き解き放ちたい気持ちになるのですが、
親が怒った状態で子供を矯正することは、子供の怒りと恨みを買い、負の悪循環を生み出します。種まきと刈り取りの原則を忘れないでください。あなたは蒔いたものを刈り取ります。

Disciplining in anger – is just getting even
怒っている時にしつけすることは、相手に仕返しされるだけです。

May change behavior but it damages the relationship.
その時は相手は態度を変えるかもしれませんが、人間関係に傷がつきます。

  1. Choose words carefully
    言葉を慎重に選ぶ

Don’t use harmful words… Use only helpful words, the kind that build up…

Ephesians 4:29 TEV

悪意のこもったことばを口にしてはいけません。相手の益となり、助けとなること、また祝福を与えることだけを話しなさい。

エペソ人への手紙 4:29 JLB

Harmful words become hurtful memories.
悪い言葉は傷のついた記憶になります

Bible: “Speak the truth in love”
聖書では「いつも愛を持って真実を語る」と書いてあります。

  1. LOVE unconditionally
    無条件で愛すること

What does it mean to love unconditionally? Here are some practical ways:
無条件で愛することはどういうことでしょうか。実践的な方法を見てみましょう

  1. Forgive
    許す

Be kind and loving to each other, forgiving each other JUST AS God forgave you in Christ.

Ephesians 4:32 NIV

むしろ、互いに親切にし、心のやさしい人になりなさい。そして、神がキリストにあってあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。

エペソ人への手紙 4:32 JLB

You will be hurt as a parent. But godly parents keep on loving, “JUST AS”…
親として、傷つく時はあります。しかし、神を信じる親は愛し続けます。「〜のように」

  1. Never give up on them!
    決して子供を諦めないこと

Love knows no limit to its endurance, no end to its trust, no fading of its hope; it can outlast anything.

1 Corinthians 13:7 Philips

愛は、どんな犠牲をはらっても誠実を尽くし、すべてを信じ、最善を期待し、すべてを耐え忍びます。

コリント人への手紙Ⅰ 13:7 JLB

Real love never gives up on people.
真実の愛は決して人のことを諦めない

Fact: We all have failures.
事実:私たちは皆、弱点があります。

  • So, we all need someone
    だから、皆、次のような人が必要です。
  • who won’t give up on us.
    自分を決して見捨てない人
  • who points us to the grace of God
    神様の愛の方向へ導いてくれる人
  • then helps us forgive ourselves
    そして自分自身を許す手伝いをしてくれる人

Here’s GOOD NEWS: God has never given up on you! God is the Father who gives second chances. Do you? Who do you need to give another chance to?
これは良い知らせです。神様は決してあなたのことを諦めていません。神様はやり直す機会を与えてくれる親です。あなたはどうですか?あなたは誰にもう一度チャンスをあげないといけないのでしょうか。

“The mountains and hills may crumble but my love for you will never end; so says the Lord who loves you.”

Isaiah 54:10 TEV

山々が動いて場所を変え、丘が消えてなくなっても、わたしの愛はあなたから離れない。あなたをあわれむ主は告げます。

イザヤ書 54:10 JLB

Fact: Human love wears out. It has its limit. That’s why we need God’s love! We need his power & wisdom to parent.
事実:人間の愛は尽きしてしまいます。人間の愛には限界があります。だから、私たちは神様の愛が必要です。そして、子育てには神様の力と知恵が必要です。

Conclusion/Application

Reverence for God gives a man deep strength; his children have a place of refuge and security.

Proverbs 14:26 LB

神を恐れる人は頑健で、子どもたちは安心して、その人に頼ります。

箴言 知恵の泉 14:26 JLB

The key to becoming a great parent/caregiver is to become a godly person! HOW?
素晴らしい親や子供の世話人になるには神を敬う人になる必要があります。どうやって?

  1. Start by committing your life to Christ & to growing up yourself!
    イエス様に自分の人生をコミットして、自分自身の成長にもコミットする
  2. Ask God to help you to change.
    変える力を神様に求めてください
  3. Ask your kids to pray for you and with you. May start with an apology.
    子供に自分のために祈ってもらう。または一緒に祈る。謝罪する必要があれば、まずそこからスタートしてください。
  4. Get the support of other parents. (All kinds of parenting groups)
    他の親や子育てグループなどのサポートを得てください。

ILLUSTRATION: Jonathan Edwards
ジョナサン・エドワーズ氏

There is a phenomenon that sociologists have studied called the five-generation rule.
ある社会学者が研究した「5世代の法則」という現象があります。

How a parent raises their child — the love they give, the values they teach, the emotional environment they offer, the education they provide — influences not only their children but the four (4) generations to follow, either for good or evil.
それは、子供の育て方、詳しく言うと ー 与える愛情、教える価値観、提供する感情的な環境、施す教育は自分の子供だけでなく後に続く4世代までに影響を与えるというものです。それは良い意味でも、悪い意味でもです。

Jonathan Edwards was an outstanding spiritual leader in America in the early 1700s. Edwards also demonstrated a strong sense of duty in his role as a father. He and his wife, Sarah, had 11 children, for whom he always tried to make time.
ジョナサン・エドワーズという男性は1700年代初期のアメリカの素晴らしい宗教指導者でした。彼は父親としても、強い義務感を持っていました。妻のサラと11人の子供を育て、いつも家族のために時間を作るように努めました。

There was another man who lived in New York at about the same period, known as Max Jukes.
マックス・ジュークス 同時期にニューヨークに住んでいたマックス・ジュークスという人がいました。

The Jukes family originally was studied by sociologist Richard L. Dugdale and described in a book he published in 1877.
もともとジュークス家は社会学者のリチャード・エル・ダグデールによって研究され、1877年に出版された本にその内容が書かれていました。

As for Edwards’ descendants, they included a U.S. vice-president, three senators, three governors, three mayors, 13 college presidents, 30 judges, 65 professors, 80 public office-holders, 100 lawyers, 62 physicians, 75 Army or Navy officers and 100 clergymen, missionaries and theological professors. There were practically no lawbreakers.
エドワーズの子孫のうち、1人はアメリカの副大統領、3人は国会議員、3人は州知事, 3人は市長、13人は大学の学長、30人は裁判官、65人は大学教授、80人は公務員、百人は弁護士、62人は医師、75人は軍事士官と100人は教会の関係者や伝道師や神学教授になった。一人も法律を破る人はいなかった。

On the other hand, Jukes’ descendants included seven murderers, 60 thieves, 128 prostitutes (50 of these women averaging 15 years of harlotry), 140 other convicts, 280 indigents and 440 who were physically wrecked by indulgent living through addiction to alcohol. Out of the 1,200 descendants studied, 300 died prematurely. Sixty-seven were reported to have contracted syphilis. Moreover, it was estimated that Jukes’ descendants cost the state approximately $1,308,000 (at that time).
その一方、ジュークスの子孫には7人の殺人犯、60人の泥棒、128人の売春婦(そのうち50人以上は平均として15年間その仕事を続けた)、140人の犯罪者、280人の貧困者。そして、アルコール中毒によって身勝手な生活の末、体がぼろぼろになった者440人がいた。研究された1200人中、300人は早死した。67人は梅毒にかかった。そして、ジュークスの子孫は市に負担したお金は当時のお金で相当$130万8千でした。