Third Sunday of Advent Sermon Rejoice! (Isaiah 12) 喜びなさい!(イザヤ書12

Today is the Third Sunday of Advent. It is called Gaudete Sunday on the Advent calendar. “Gaudete” in Latin means “rejoice,” and today is the day during Advent specifically designated for rejoicing. Of course, as Christians, we are to rejoice in the Lord at all times. And we know that to be right and true, as something we know we should do. But in the midst of busyness and difficult circumstances, we sometimes forget, don’t we?
今日は待降節第3主日です。待降節Gaudete Sundayと呼ばれます“Gaudete”
とはラテン語で“喜び”という意味です。
今日は待降節でも特に喜ぶことに焦点が当てられています。もちろん私たちクリスチャンはいつも主にあって喜ぶべきです。そのとおりであり、そうすべきことだと知っています。しかし忙しさや困難な状況の真っただ中にあって、ときどき忘れてしまいませんか?
Well, today is Gaudete Sunday, the day during Advent to rejoice. Today is the day to refocus our attention on the Lord, and respond to his call to rejoice.
今日は喜びの日曜日です。私達の注目を主に再び集中し神のお召しに応答する日です。
As it says in Hebrews 3:15, “Today, if you hear his voice, do not harden your hearts as you did in the rebellion.”「今日、み声を聞いたなら、神にそむいた時のように、あなたがたの心を、かたくなにしてはいけない。」
(ヘブライ人への手紙3:15)と語られています。
Let’s see what today’s Advent reading has to say about rejoicing. One of today’s Advent Scripture passages is Isaiah 12.
(Bible reading)
それでは今日の待降節の朗読で喜びについて話されているのを見てみましょう。
今日の待降節1つの聖書個所はイザヤ書12章です。
1 In that day you will say: “I will praise you, Lord. Although you were angry with me,
your anger has turned away and you have comforted me. 2 Surely God is my salvation; I will trust and not be afraid. The Lord, the Lord himself, is my strength and my defense; he has become my salvation.” 3 With joy you will draw water from the wells of salvation. 4 In that day you will say: “Give praise to the Lord, proclaim his name; make known among the nations what he has done, and proclaim that his name is exalted. 5 Sing to the Lord, for he has done glorious things; let this be known to all the world. 6 Shout aloud and sing for joy, people of Zion, for great is the Holy One of Israel among you.” (Isaiah 12)

1その日あなたは言う、「主よ、わたしはあなたに感謝します。あなたは、さきにわたしにむかって怒られたが、その怒りはやんで、わたしを慰められたからです。2見よ、神はわが救である。わたしは信頼して恐れることはない。主なる神はわが力、わが歌であり、わが救となられたからである」。3あなたがたは喜びをもって、救の井戸から水をくむ。4その日、あなたがたは言う、「主に感謝せよ。そのみ名を呼べ。そのみわざをもろもろの民の中につたえよ。そのみ名のあがむべきことを語りつげよ。5主をほめうたえ。主はそのみわざを、みごとになし遂げられたから。これを全地に宣べ伝えよ。6シオンに住む者よ、声をあげて、喜びうたえ。イスラエルの聖者はあなたがたのうちで大いなる者だから」。(イザヤ12)

This passage in Isaiah is a prophecy of things to come. Bible scholars argue about its mulitiple meanings and applications. First, it can be seen as the prophecy that applies to Israel’s return from exile after their 70 years of captivity. Second, it can be seen as the prophecy that applies to us in our present age of grace, ushered in by the birth, death, and resurrection of Jesus Christ. And third, it can be seen as the prophecy that applies to the end of days, when Jesus comes again.
And since we currently live in this present age of grace, let’s take a look at how this passage applies to us, we who have been saved by the grace of God through faith in Jesus Christ. As Christians, this is why we celebrate Christmas. The birth of Jesus basically put into motion God’s marvelous plan of redemption for all mankind. This marvelous plan of redemption is what we are enjoying as Christians today. And Advent is the church’s prescribed method of celebrating Christmas.

イザヤ書にあるこの箇所は物事の予言です。聖書学者達はこの箇所に複数の意味と適用があると主張しています。1つ目に、捕われの身で彼らの70年も続いた亡命からイスラエルへ戻る事が出来た予言と見ることが出来る。2つ目に、私達の現在の時代で私達に適用される予言のように見る事が出来る。そして3つ目に、イエスキリストの再来、時の終わりに適用される予言のように見る事ができる。
そして私達は現在この恵みの時代に生きています、イエスキリストの信仰を通して神の恵みにより私達は救われ、この聖書個所がどのように私達に適用するのか見て行きましょう。
クリスチャンとして、これが私達がクリスマスを祝う理由です。
イエスキリストの誕生は、基本的には全人類のための購いの働き神の素晴らしい計画の元です。この素晴らしい購いの計画は私達は今日クリスチャンとして享受しているものです。
そして待降節は教会のクリスマスの祝い方です。
Now, according to the Advent calendar, today is the day specifically designated for rejoicing.
アドベントカレンダーに従って、今日は具体的に喜びのために指定されている日です。
The Bible passage we read gives us some specific reasons for why we ought to rejoice:
この聖書の箇所はなぜ私たちが喜ぶべきなのか具体的な理由をいくつかあげています。
1) God’s anger has turned away 神の怒りはやんだ (v.1)
2) God has comforted us 神は私達を慰められた (v.1)
3) God is and has become our salvation 神はわが救である・わが救となられた (v.2)
4) God is our strength 神は わが力である (v.2)
5) God is our defense 神はわが歌である (v.2)
6) God is great 神は 大いなる者だ (v.6)

There’s a running theme here, isn’t there? What is it? (ask the congregation)
これらには共通のテーマがありますよね?何でしょう?

We rejoice because of who he is and what he has done.
神がこのようなお方であり、神のみわざのゆえに喜ぶのです。

1) what he has done 神のみわざ (v.4)
2) his name is exalted み名のあがむべきこと (v.4)
3) he has done glorious things みわざをみごとになし遂げられた (v.5)
4) great is the Holy One of Israel イスラエルの聖者は大いなる者だ (v.6)

We rejoice, because God has given us reason to rejoice.
私たちは神が喜ぶ理由を与えてくださったから喜びます。

The Biblical reasons have just been listed. Let’s take time to reflect on these Biblical truths through praise and worship.
(Mighty To Save)
聖書に理由が上げられています。賛美と礼拝を通してこれらの聖書の真理に反映する時間を取りましょう。

The fact that God has loved us and saved us, that he is great and mighty, are things that we should never forget. They are foundational, and these truths alone should always give us reason to rejoice. But let’s not stop there. I’m sure that he has done great things personally and specifically in your life. At this time, let’s break up into small groups of 4-5, and let’s recount and then share all the things that God has done that you can rejoice about.
神は私達を愛しそして救って下さった事実、彼は偉大で素晴らしいお方、という事を決して忘れてはいけません。それらは基礎であり、これらの真理の各々は常に私達に喜ぶ理由を与えています。でもそこで終わりにしないください。神は個人的にあなた方の人生に偉大な事を与えて下さっていると思います。
今から、4-5の小さなグループに分かれて神がして下さった全てのあなたの喜べる事についてそのグループで話し、分かち合いましょう。
(break up into small groups)

I hope and pray that this time has been a source of encouragement.
この時間が励まし合いの源となっていることを祈り願います。

It’s good to verbalize the things that God has done in our life. It’s also good to hear what God is doing in the lives of others. It helps us to refocus on God and experience joy in our hearts, especially during this Advent season, and especially on this “Rejoicing Sunday.”
神が私たちにしてくださったことを言葉に表すことはいいことです。神が他の人になさっていることを聞くのもいいことです。特にこの待降節の時期、特にこの“喜びの聖日”に、神に再び焦点を合わせて、心に喜びを味あわせてくれます。

In closing, I want to share about what I rejoice about. I rejoice about my salvation and my sanctification. Of course, I rejoice that I am saved, and I rejoice that God has changed me. But what really makes me rejoice is when I think about what God saved me from. What really makes me rejoice is when I think about what my life would have been like without God.
最後に私の喜びを分かち合いたいと思います。私は私の救いと私の神聖化に喜びます。勿論、救われたのを喜びますそして神が私を変えて下さったことを喜んでいます。でも、本当に私を喜ばせるものは神が何から私を救って下さったのかを考える時です。本当に私を喜ばせるものは私の人生に神がいなければどうなっていたかを考える時です。
If I weren’t a Christian, if I’d never met Jesus, if God hadn’t saved me and changed me, my life would have been very messed up right now. I’m almost certain of it. As I shared previously in my testimony, my father was a drinker, a gambler, an adulterer, and an abuser. And as the sins of the fathers are passed down to their sons, meaning like father like son, I would most likely have ended up just like my father if it weren’t for God’s saving grace in my life.
Growing up, I thought I was a “good’ and “decent” person. I grew up very straight-arrow (真面目) and was a very good son who didn’t rebel or do anything wrong. But still, I’m almost certain of the fact that I would have ended up like my father. God saved me from that life. God saved me from becoming that person.

もし、私がクリスチャンでなければ、もし、私がイエスと出会っていなければ、もし、神が私を救わず、変えられていなかったなら、私の人生は今とてもめちゃくちゃになっているでしょう。私は絶対そうなっていたと思います。
私は以前に私の証言を分かち合いました、私の父は酒飲みで博打師で、浮気者で虐待者でした。そして父の罪は息子達に受け継がれ、父親のようになり、私はもう少しで私の父親のようになりそうでした、もし神の恵みが私の人生に救いを与えなければ。
子供の頃から、私は自分は“良い人”で“まともな人”だと思っていました。
私はとても真面目に育ち、反抗もしなかったし何も悪い事などしない、とても良い息子でした。それでもまだ自分は父親みたいな結末になるとほぼそう確信していました。神はそんな人生から私を救ってくれました。
神はそんな人間になるところから私を救って下さいました。
As Psalm 40:2 says, “He lifted me out of the slimy pit, out of the mud and mire; he set my feet on a rock and gave me a firm place to stand.”「主は私を滅びの穴から、泥の沼から引き上げて、私の足を岩の上におき、私の歩みを確かにされた。」
(詩篇40:2)
For that, I rejoice! だから私は喜ぶのです!

For some of us, this may be difficult to imagine. Maybe you grew up in the church, so you were always a “decent person” for as long as you can remember. Or maybe you didn’t grow up in the church, but you grew up in a stable environment and had a “good” and “normal” upbringing. Don’t be deceived, brothers and sisters.
私達の中にはこれを想像するのは難しいひと人もいるかも知れません。多分あなた方は教会で成長し、なのでいつも“まともな人”だったかも知れません。もしかしたら、教会で成長しなかったかも知れませんが、あなた方は安定した環境で“良い人”で“正常”な生い立ちで育ったかも知れません。騙されてはいけません、兄弟、姉妹達。
Before becoming a Christian, before you knew Jesus, no matter how “decent” or “good” or “normal” of a person you were, you were a sinner, and your ultimate destination was hell. No matter how good one’s life may look life from the worldly point of view—good health, good job, good family—a life without God is empty, incomplete, and headed for ruin.クリスチャンになる前、イエスを知る前、どんなに“まとも”で“良い”、“正常”な人であったとしても、あなたは罪人であり、あなたの最終目的地は地獄でした。世の目から見てその人の人生がどんなに良く見えても-健康、良い仕事、良い家庭-神なしの人生はむなしく、不完全で破滅へと向かっているのです。
If you think that your life before Christ was “good” or “decent” or “normal,” you’re just deceiving yourself, just like the Israelites wandering in the desert who longed for their life back in Egypt.
Yes, we were saved into heaven, but let’s not forget that we were also saved out of hell. We now have the assurance of spending eternity with God, but let’s not forget that before knowing Jesus, we were assured of spending eternity without God. Yes, we can rejoice about how God has changed us into a better person, but let’s not forget that before knowing Jesus, we were selfish, foolish, immoral people.

もしあなた方がクリスチャンになる前あなた方の人生は“良い”や“まとも”とか“正常”だったと思うなら、それはただ自分を騙しているだけです、丁度イスラエル人達がエジプトに戻って自分達の人生をエジプトで過したいと憧れ砂漠でさ迷っている様なものです。
そうです。私達は天国へと救われました、そして私達はまた地獄からも救われたという事を忘れないようにしましょう。私達は神と共に永遠の命を保証されていますそして、イエスを知る前は、私達は永遠に神なしで過ごしていたという事をわすれないようにしましょう。そうです、私達は神がどのように私達を良い人物へと変えて下さったのかという事に喜ぶ事が出来るのです、イエスを知る前は、私達は自分勝手で愚かで不道徳な人間であったという事を忘れないようにしましょう。
When God saved us, he saved us from a most wretched and broken place. And as God changes us, he changed us from a most wicked and despicable state. So let us rejoice today, remembering who God is and what God has done!
神が私たちを救ってくださったとき、最も悲惨な壊れたところから私たちを救ってくださったのです。そして神は私たちを変えてくださり、最も悪意で最低な状態から私たちを変えてくれました。ですから、神がどんなお方であるかを覚え、神がなさったことを覚え、喜びましょう。

(pray)