Jeremiah エレミアの書

Today we continue our six or seven year series on the books of the Bible – one a month. We started with Genesis in January ’13, last time reached the major prophets (Isaiah), and today we have reached the book of Jeremiah.
今日私たちは6、7年にわたる聖書のシリーズを続けます-月に1回です。1月13日に創世記に取り組み、前回は大予言者(イザヤ書)に達し、今日はエレミアの書にたどり着きました。

Overview and place in history 歴史的概観と位置づけ

It’s interesting that as we have recently been looking at joy, today we are looking at a man who was known as ‘the weeping prophet’. It’s sad that this book of struggles and loss (Jeremiah) is the longest book in the Bible (most words).最近喜びについて触れましたが今日は「涙の予言者」として知られたある男について見ていきます。困難や喪失について書かれたこのエレミアの書は聖書の中で最も長いのです。
Primarily a prophet of doom, Jeremiah was as unpopular in his day as he was faithful. He only had a few friends. And he had his faithful secretary, Baruch. 当初、運命の予言者エレミアは信仰深かったですがあまり知られた存在ではありませんでした。彼にはわずかな友人しかいませんでした。彼には忠実な秘書のバルクがついていました。

Jeremiah and his prophecies were intricately tied into the time and place of his ministry.
[Image] Looking at the timeline, we can see that his prophetic ministry began in 626 b.c. and ended sometime after 586 b.c.
エレミアと彼の予言は、彼の奉仕のときと場所に複雑に結びついていました。
年表を見てみると、エレミアの予言者としての活動は紀元前626年に始まり、紀元前586年以降に終わっています。
We can see here who his fellow prophets were: Habakkuk was a contemporary, and Obadiah may have been also. Ezekiel (who we’ll look at next) was a late contemporary of Jeremiah.
ここにエレミアの仲間がした予言があります:ハバククとオバデヤは同年代の人だったかもしれない。次で紹介するエゼキエルはやや遅めのエレミアの同年代であった。

[Image] We can see here which kings Jeremiah ministered to: Josiah (640–609 b.c.), Jehoahaz (609), Jehoiakim (609–598), Jehoiachin (598–597) and Zedekiah (597–586). It was a period of storm and stress when the smaller states of western Asia were being swallowed up in the power plays of the three giants of the region: Egypt, Assyria and Babylon. And Judah was one of those smaller states that were swallowed up. エレミア王が助けた人たちを見ていきます:ヨシュア(640–609 b.c.)、ヨアハズ(609)、エホヤキム(609–598)、ヨヤキン(598–597)、ゼデカイア(597–586)です。この時代は、小さい西アジアの国家が3つの強大な地域の力に飲み込まれた、激動の時代でした:エジプト、アッシリア、バビロンの3つです。ユダ王国は征服された小さな国家のうちの一つでした。

In 605 b.c., Nebuchadnezzar, the Babylonian king (46:2) captured Jerusalem, and carried off the Israelites into exile into Babylon, including Daniel and his three companions. (Da 1:3–6). Others in Judah feared the Babylonians and quickly fled to Egypt, taking Jeremiah and Baruch with them (43:4–7). 紀元前605年に、バビロニアの王ネブカドネザルはエルサレムを征服し、イスラエル人をバビロンへと連れ去りました、その中にはダニエルと3人の仲間もいました。ユダ王国の他の者はバビロニア人を恐れたため、エレミアとバルクを伴って急いでエジプトへと向かいました。

In short, Jeremiah prophesied at a time of great turmoil and loss. Everything that the Israelites had fought and lived for and believed and hoped was now lost. The Israelites were now a defeated people. A finished nation. The promises to Abraham, Isaac and Jacob had, it seemed, gone. The Promised Land had been taken from them. Everything now looked utterly hopeless. 要するに、エレミアはこの壮絶な混乱の時代に予言を行ったのです。イスラエル人が命を懸けて戦ったもの、信じたもの、願ったものは全て失われました。イスラエル人は敗者となりました。国家は滅びました。イサクとヤコブがアブラハムと交わした約束は消失したかのようでした。約束の地はバビロニアに奪われてしまいました。全てのことが絶望的に思えました。

Three key issues in the ministry of Jeremiah. (As we look at these, be reminded that every book of the OT points to Jesus. Everything is part of the God’s great redemptive program.)
エレミアの成したことにおける3つの事柄を紹介します。(これらを見ていくにあたり、旧約聖書の全てがイエスに関わってくることを思い出して下さい。全てが神による救いの一部なのです。)

​1​Jeremiah hated false prophets エレミアは偽の予言者を嫌った

I’m not going to get into the details of the rot that Jeremiah had to deal with in his day.
But Jeremiah and Jesus shared the same feelings. 当時エレミアが対処しなければならなかったくだらない問題の詳細を言うつもりはありません。しかし、エレミアとイエスは同じ感情を持っていたのです。
Matthew 7:15,16 (21) “Watch out for false prophets. They come to you in sheep’s clothing, but inwardly they are ferocious wolves. 16 By their fruit you will recognize them.
(21 “Not everyone who says to me, ‘Lord, Lord,’ will enter the kingdom of heaven, but only the one who does the will of my Father who is in heaven.)
マタイの福音書 にせ預言者を警戒せよ。彼らは、羊の衣を着てあなたがたのところに来るが、その内側は強欲なおおかみである。 16 あなたがたは、その実によって彼らを見わけるであろう。茨からぶどうを、あざみからいちじくを集める者があろうか。
(21 わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。)

In his book on ‘Breakthrough Prayer, the Brooklyn Tabernacle’s Jim Cymbala puts a face on modern false prophets. He calls out ‘seed faith’ teachers who guarantee you a financial blessing if you support their ministry. Other ‘hot new ministries’ include chanting, praying and mentally imaging that ‘money is on the way’. Others call it ‘Giving to a new level of anointing’ and other spiritual terms that sound impressive but are just greed in disguise.
ブルックリン教会のジムシンバラさんは著書である「破れの祈り」についての本の中で、現代のにせ予言者の特徴を挙げています。彼は、教会での奉仕活動を支援するならその人に金銭面での祝福があると説くような「種ほどの信仰」である牧師たちを非難します。他の「話題の新しい奉仕活動」には「お金はまもなくやってくる」と讃美歌を歌ったり、祈ったり、頭で想像することなどがあります。他の人たちはそれを「新しいキリスト教儀式への寄与」と呼んだり、聞こえは良くてもただ強欲が姿かたちを変えただけのようなスピリチュアルな名称で呼んだりしています。
We are to bring our titles and offerings into the church where there is order and transparency. But beware the false prophets who want to line their own pockets.
私たちは秩序と透明性のある教会に献金をすることになっています。しかし、私腹を肥やそうとするにせの予言者には注意してください。

We have other wolves today in sheep’s clothing: pedophile priests who have brought so much disgrace to the name of Jesus that churches and believers have become objects of ridicule.
We have cycles of divorce and remarriage amongst high-profile preachers in the west.
Pastors deciding to accept and condone homosexual practice in the church.
今日他にも羊の衣をまとったオオカミがいます:小児愛者である神父がイエスの名をひどく汚し、そのせいで教会や信者たちが笑いの対象になっています西部の有名な牧師たちの間で離婚と再婚が繰り返されています。牧師が教会での同性愛を容認しています。

Jesus sent us to convert the world, not conform to it.
Jeremiah, the weeping prophet, had his work cut out for him converting the world.
Jesus, the man of sorrows, faced the same.
So do we today. Like Jeremiah and Jesus, we must have contempt for Christian leaders who spew false teaching.
イエスは私たちが世界に適合するためではなく、世界を転換させるために私たちを送り出しました。
涙の予言者エレミアは世界を転換するために、自分の仕事をやめました。不幸の人イエスも同じでした。
今日の私たちも同じです。エレミアやイエスのように、私たちには間違った教えを説くキリスト教の指導者たちを蔑むことが必要です。

​2​Jeremiah confronted the sin of the people エレミアは罪のある人々と直に向き合った

Jeremiah lashed out against the sins of his countrymen (44:23), scorning them severely for their idolatry—worshipping anything other than God.
But Jeremiah loved the people of Judah in spite of their sins, and he prayed for them (14:7,20) even when the Lord told him not to (7:16; 11:14; 14:11).
エレミアは同じ国の人々の罪を激しく非難しました、また彼らが神以外のものを賛美する偶像崇拝をしていることをひどく軽蔑しました。
しかし、エレミアはその罪にかかわらずユダ王国の人々を愛し彼らのために祈りました、主がそうするなと言ったときでさえも。

This is something we must do today with those in the Christian family. We must confront sin but we must love and pray for the sinner. これは今日の私たちがクリスチャンの家族とともにしなければいけないことです。私たちは罪に向き合う必要がありますが、罪びとを愛し彼らのために祈ることが必要です。
We mustn’t expect redeemed behaviour from those who have not been redeemed – those outside the church, unbelievers. We’re not to judge them. But for those in the house of God, for those who call themselves Christians, we must be a holy people and purge sin from the house of God. 私たちはまだ罪から救われていない人々が罪から救われたかのような行動を取ることを期待してはいけません-教会の外や神を信じていない人たちです。彼らを裁いてはいけません。しかし神さまの家に住む人たち、自分をクリスチャンだという人たちに対しては、私たちは聖なる人々であり神さまの家から穢れを取り除くする必要があります。

Three common areas today – sexuality immorality: fornication, pornography, homosexual practice and other forms of sexual immorality 現代横行する3つのこと-性に関する不滅のこと:姦淫、わいせつな写真、同性愛、他の形態の卑猥なもの。
1 Cor 6:9,10 Do not be deceived: Neither the sexually immoral nor idolaters nor adulterers nor men who have sex with men nor thieves nor the greedy nor drunkards nor slanderers nor swindlers will inherit the kingdom of God. まちがってはいけない。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、男娼となる者、男色をする者、盗む者、 ・欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者は、いずれも神の国をつぐことはないのである。
​•​Greed (for money) disguised as spirituality (see above)
– Pride – in an age of individuality and personal rights, we have a learned tendency to put our welfare above that of others.
-先ほど触れた、スピリチュアルという名目でお金に強欲になること
‐プライド‐個人、人権が尊重されるこの時代、自分の幸福を他者よりも上に位置づけようとすること

In a recent church mail I talked about the blessings for obedience and the curses for disobedience. Someone replied, having read through the whole passage, and asked me why there were twice as many curses as blessings. Doesn’t this mean God is twice as harsh as he is kind? No. This imbalance of blessings and curses reflects our sinful nature, not God’s.
最近教会からみなさんに送ったメールで、従うことの祝福と従わないことの不幸について書きました。ある人がこのメールを全部読んで返事をくれました、そしてその人はなぜ祝福の2倍の不幸が存在するのか尋ねてきました。これは神様が優しいことの2倍厳しい方だということを意味するのではありませんか。いいえ。祝福と不幸の均衡が取れていないのは、私たちが本来持つ罪深さが反映されているのであって、神様のせいではありません。

Jeremiah’s weeping and mourning is not merely over what is lost. It’s the same mourning that Jesus spoke of in the sermon on the Mount.
エレミアが嘆き悲しんでいるのは失われたものに対してだけではありません。その悲しみはイエスの山上の垂訓と同じものです。
Matthew 5:4 “Blessed are those who mourn for they will be comforted.”
悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。
Mourn what? Sin. Grieving over our sin. Really sorry for our sin.
We are so unpracticed at mourning sin today.
What we are practiced at is making excuses for sin or downplaying sin.
何に対して悲しんでいるのか。罪です。私たちの罪を悲しんでいるのです。心から。今日私たちは罪を嘆くということをあまりしません。私たちがよくしているのは罪に対して言い訳をし、罪を軽く考えていることです。

Conversely, we sometimes give up and fall into depression over our sinfulness. But this too is to misunderstand the nature of mourning for sin and the nature of God and His redemptive plan. The purpose of mourning our sin is not for condemnation, it’s for restoration. The purpose of mourning our sin is for restoration.
逆に、私たちは罪についてあきらめ、ふさぎ込んでいます。しかしこのことも罪を嘆くということの本質と神による救済の本質を理解していないということになります。罪を嘆くことの目的は非難ではなく、回復のためなのです。罪を嘆くことの目的は、回復のためなのです。

​3​Judgement and redemption 審理と贖罪

There is an undeniable relationship between sin and its consequences, 罪とその結果の疑いようのない関係、
Gal 6:7 Do not be deceived: God cannot be mocked. A man reaps what he sows.
まちがってはいけない、神は侮られるようなかたではない。人は自分のまいたものを、刈り取ることになる。
This was so visible to Jeremiah as he watched his beloved Judah in her death throes. It made him a fiery preacher of righteousness, and his oracles have lost none of their power over the centuries.
これはエレミアにとっては目に見えるようなものでした、というのも彼は最愛のユダ王国が苦しみの中で滅んでいくのを目撃したからです。そのことでエレミアは熱烈なまでに正義に生きる牧師となり、彼の言葉を授かったものは何世紀にもわたりその力を失うことはありませんでした。
This principle of reaping and sowing just as visible today.この種をまきそれを刈り取ることの原則は現代と同じことです。
Jeremiah was called to the unhappy task of announcing the destruction of the kingdom of Judah. It was his commission to deliver God’s indictment against his people and proclaim the end of an era. This made him a traitor in the eyes of many in Jerusalem, especially most of the prophets who were falsely predicting a victory for Israel.
エレミアはユダ王国の破滅を伝えるという気乗りしない仕事をするよう命じられました。神が人間につきつけた訴えを伝え、時代の終わりを宣告することはエレミアの任務だったのです。このことでエルサレムにいる多くの人の目にはエレミアが内通者であるかのように見えました、特にイスラエルが勝利を治めると予言していた偽の予言者にとってはなおさらそう見えました。

But here’s the key thing. God’s judgment of his people (and the nations), though terrible, was not to be the last word, or the final work of God in history. Mercy and faithfulness would triumph over wrath. Beyond the judgment would come restoration and renewal.
しかし重要な点があります。神による裁きはひどいものでしたが、それは神の最後の言葉ではなく神による最後の仕事ではありませんでした。神の慈悲と忠実さは天罰に勝ったのです。裁きを越えて、復活と再生がやってきたのです。

Jeremiah’s message illumined the near horizon as well as the distant.
He prophesied an impossible redemption from 70 years of exile.
And that foreshadowed a much greater redemption that would come 600 years later when Jesus delivered all of humanity from spiritual exile.
This is a redemption that is still available today.
エレミアのメッセージは地平線ほど遠くまで世界を明るく照らします。彼は70年もの追放から不可能な救済を予言しました。
それが600年後に起こるずっと素晴らしい救済の前兆となり、イエスは霊的な追放から人間に慈悲を届けたのです。これが今も続いている救済なのです。

Pray.