Jesus Cares (John 11:1-45)神は気にかけておられる

Sermon 11/08/2015
Jesus Cares (John 11:1-45)神は気にかけておられる

Does God care? Does he listen to every single one of our prayers? Does he see every single one of my struggles? Does he identify with every single one of my pains? Does God really care? These are questions that I believe all of us have struggled with at one point or another in our faith walk.
神は気にかけてくださるだろうか?神は私たちの祈りひとつひとつを聞いてくださるだろうか?神は私の苦労をひとつひとつ見てくださるだろうか?神は私の痛みのひとつひとつを分かってくださるだろうか?神は本当に気にかけてくださるのだろうか?これらは信仰の歩みの中で私たちみんながいつしか悩む疑問です。
I think it’s okay to struggle with questions like these, as long as we come to the proper, faith-filled conclusion. Actually, I think it’s both necessary and healthy to struggle with such questions, because if you get through it properly, your faith and character will have been made stronger. The story in John 11 gives us an example.
これらのような疑問を抱いても良いと思います、正しく信仰に満ちた結論になるなら。実際に、それは両方必要な事でそのような疑問に苦闘するのは正常だと思います、その事を介してあなたの信仰と人格が強くされるからです。ヨハネの福音書11章の話の中にその例があります。
(John 11:1-45)
1 Now a man named Lazarus was sick. He was from Bethany, the village of Mary and her sister Martha. 2 (This Mary, whose brother Lazarus now lay sick, was the same one who poured perfume on the Lord and wiped his feet with her hair.) 3 So the sisters sent word to Jesus, “Lord, the one you love is sick.” 4 When he heard this, Jesus said, “This sickness will not end in death. No, it is for God’s glory so that God’s Son may be glorified through it.” 5 Now Jesus loved Martha and her sister and Lazarus. 6 So when he heard that Lazarus was sick, he stayed where he was two more days, 7 and then he said to his disciples, “Let us go back to Judea.” 8 “But Rabbi,” they said, “a short while ago the Jews there tried to stone you, and yet you are going back?” 9 Jesus answered, “Are there not twelve hours of daylight? Anyone who walks in the daytime will not stumble, for they see by this world’s light. 10 It is when a person walks at night that they stumble, for they have no light.” 11 After he had said this, he went on to tell them, “Our friend Lazarus has fallen asleep; but I am going there to wake him up.” 12 His disciples replied, “Lord, if he sleeps, he will get better.” 13 Jesus had been speaking of his death, but his disciples thought he meant natural sleep. 14 So then he told them plainly, “Lazarus is dead, 15 and for your sake I am glad I was not there, so that you may believe. But let us go to him.” 16 Then Thomas (also known as Didymus[a]) said to the rest of the disciples, “Let us also go, that we may die with him.” 17 On his arrival, Jesus found that Lazarus had already been in the tomb for four days. 18 Now Bethany was less than two miles[b] from Jerusalem, 19 and many Jews had come to Martha and Mary to comfort them in the loss of their brother. 20 When Martha heard that Jesus was coming, she went out to meet him, but Mary stayed at home. 21 “Lord,” Martha said to Jesus, “if you had been here, my brother would not have died. 22 But I know that even now God will give you whatever you ask.” 23 Jesus said to her, “Your brother will rise again.”
24 Martha answered, “I know he will rise again in the resurrection at the last day.”
25 Jesus said to her, “I am the resurrection and the life. The one who believes in me will live, even though they die; 26 and whoever lives by believing in me will never die. Do you believe this?” 27 “Yes, Lord,” she replied, “I believe that you are the Messiah, the Son of God, who is to come into the world.” 28 After she had said this, she went back and called her sister Mary aside. “The Teacher is here,” she said, “and is asking for you.” 29 When Mary heard this, she got up quickly and went to him. 30 Now Jesus had not yet entered the village, but was still at the place where Martha had met him. 31 When the Jews who had been with Mary in the house, comforting her, noticed how quickly she got up and went out, they followed her, supposing she was going to the tomb to mourn there. 32 When Mary reached the place where Jesus was and saw him, she fell at his feet and said, “Lord, if you had been here, my brother would not have died.” 33 When Jesus saw her weeping, and the Jews who had come along with her also weeping, he was deeply moved in spirit and troubled. 34 “Where have you laid him?” he asked. “Come and see, Lord,” they replied. 35 Jesus wept. 36 Then the Jews said, “See how he loved him!” 37 But some of them said, “Could not he who opened the eyes of the blind man have kept this man from dying?” 38 Jesus, once more deeply moved, came to the tomb. It was a cave with a stone laid across the entrance. 39 “Take away the stone,” he said.
“But, Lord,” said Martha, the sister of the dead man, “by this time there is a bad odor, for he has been there four days.” 40 Then Jesus said, “Did I not tell you that if you believe, you will see the glory of God?” 41 So they took away the stone. Then Jesus looked up and said, “Father, I thank you that you have heard me. 42 I knew that you always hear me, but I said this for the benefit of the people standing here, that they may believe that you sent me.” 43 When he had said this, Jesus called in a loud voice, “Lazarus, come out!” 44 The dead man came out, his hands and feet wrapped with strips of linen, and a cloth around his face. Jesus said to them, “Take off the grave clothes and let him go.” 45 Therefore many of the Jews who had come to visit Mary, and had seen what Jesus did, believed in him. (John 11:1-45)

11:1さて、ひとりの病人がいた。ラザロといい、マリヤとその姉妹マルタの村ベタニヤの人であった。11:2このマリヤは主に香油をぬり、自分の髪の毛で、主の足をふいた女であって、病気であったのは、彼女の兄弟ラザロであった。11:3姉妹たちは人をイエスのもとにつかわして、「主よ、ただ今、あなたが愛しておられる者が病気をしています」と言わせた。11:4イエスはそれを聞いて言われた、「この病気は死ぬほどのものではない。それは神の栄光のため、また、神の子がそれによって栄光を受けるためのものである」。11:5イエスは、マルタとその姉妹とラザロとを愛しておられた。11:6ラザロが病気であることを聞いてから、なおふつか、そのおられた所に滞在された。11:7それから弟子たちに、「もう一度ユダヤに行こう」と言われた。11:8弟子たちは言った、「先生、ユダヤ人らが、さきほどもあなたを石で殺そうとしていましたのに、またそこに行かれるのですか」。11:9イエスは答えられた、「一日には十二時間あるではないか。昼間あるけば、人はつまずくことはない。この世の光を見ているからである。11:10しかし、夜あるけば、つまずく。その人のうちに、光がないからである」。11:11そう言われたが、それからまた、彼らに言われた、「わたしたちの友ラザロが眠っている。わたしは彼を起しに行く」。11:12すると弟子たちは言った、「主よ、眠っているのでしたら、助かるでしょう」。11:13イエスはラザロが死んだことを言われたのであるが、弟子たちは、眠って休んでいることをさして言われたのだと思った。11:14するとイエスは、あからさまに彼らに言われた、「ラザロは死んだのだ。11:15そして、わたしがそこにいあわせなかったことを、あなたがたのために喜ぶ。それは、あなたがたが信じるようになるためである。では、彼のところに行こう」。11:16するとデドモと呼ばれているトマスが、仲間の弟子たちに言った、「わたしたちも行って、先生と一緒に死のうではないか」。11:17さて、イエスが行ってごらんになると、ラザロはすでに四日間も墓の中に置かれていた。11:18ベタニヤはエルサレムに近く、二十五丁ばかり離れたところにあった。11:19大ぜいのユダヤ人が、その兄弟のことで、マルタとマリヤとを慰めようとしてきていた。11:20マルタはイエスがこられたと聞いて、出迎えに行ったが、マリヤは家ですわっていた。11:21マルタはイエスに言った、「主よ、もしあなたがここにいて下さったなら、わたしの兄弟は死ななかったでしょう。11:22しかし、あなたがどんなことをお願いになっても、神はかなえて下さることを、わたしは今でも存じています」。11:23イエスはマルタに言われた、「あなたの兄弟はよみがえるであろう」。11:24マルタは言った、「終りの日のよみがえりの時よみがえることは、存じています」。11:25イエスは彼女に言われた、「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。11:26また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。あなたはこれを信じるか」。11:27マルタはイエスに言った、「主よ、信じます。あなたがこの世にきたるべきキリスト、神の御子であると信じております」。11:28マルタはこう言ってから、帰って姉妹のマリヤを呼び、「先生がおいでになって、あなたを呼んでおられます」と小声で言った。11:29これを聞いたマリヤはすぐ立ち上がって、イエスのもとに行った。11:30イエスはまだ村に、はいってこられず、マルタがお迎えしたその場所におられた。11:31マリヤと一緒に家にいて彼女を慰めていたユダヤ人たちは、マリヤが急いで立ち上がって出て行くのを見て、彼女は墓に泣きに行くのであろうと思い、そのあとからついて行った。11:32マリヤは、イエスのおられる所に行ってお目にかかり、その足もとにひれ伏して言った、「主よ、もしあなたがここにいて下さったなら、わたしの兄弟は死ななかったでしょう」。11:33イエスは、彼女が泣き、また、彼女と一緒にきたユダヤ人たちも泣いているのをごらんになり、激しく感動し、また心を騒がせ、そして言われた、11:34「彼をどこに置いたのか」。彼らはイエスに言った、「主よ、きて、ごらん下さい」。11:35イエスは涙を流された。11:36するとユダヤ人たちは言った、「ああ、なんと彼を愛しておられたことか」。11:37しかし、彼らのある人たちは言った、「あの盲人の目をあけたこの人でも、ラザロを死なせないようには、できなかったのか」。11:38イエスはまた激しく感動して、墓にはいられた。それは洞穴であって、そこに石がはめてあった。11:39イエスは言われた、「石を取りのけなさい」。死んだラザロの姉妹マルタが言った、「主よ、もう臭くなっております。四日もたっていますから」。11:40イエスは彼女に言われた、「もし信じるなら神の栄光を見るであろうと、あなたに言ったではないか」。11:41人々は石を取りのけた。すると、イエスは目を天にむけて言われた、「父よ、わたしの願いをお聞き下さったことを感謝します。11:42あなたがいつでもわたしの願いを聞きいれて下さることを、よく知っています。しかし、こう申しますのは、そばに立っている人々に、あなたがわたしをつかわされたことを、信じさせるためであります」。11:43こう言いながら、大声で「ラザロよ、出てきなさい」と呼ばわれた。11:44すると、死人は手足を布でまかれ、顔も顔おおいで包まれたまま、出てきた。イエスは人々に言われた、「彼をほどいてやって、帰らせなさい」。11:45マリヤのところにきて、イエスのなさったことを見た多くのユダヤ人たちは、イエスを信じた。(ヨハネ11:1−45)

To give you a brief overview of what’s going on here in John 11, this is the account of Lazarus’s illness, death, and resurrection. We find that Jesus has three dear friends named Mary, her sister Martha, and their brother Lazarus, friends to whom he is very devoted (v3, v5). Lazarus has fallen ill, and Jesus, receiving word of his good friend’s illness, purposely delays going to heal him (v6). Jesus has a divine plan and purpose in mind, and in the meantime Lazarus has died from his illness (v11, v14). Jesus finally arrives to see Lazarus, but his good friend has been dead already for four days (v17). Mary and Martha are deeply disappointed and grieving, both blaming Jesus for their brother’s untimely death (v21, v32). But we all know how this ends. Jesus brings Lazarus back to life (vv43-44), and, as a result, many people who witnessed the miracle of God place their faith in Jesus (v45).

ヨハネの福音書11章の概要を言いますと、これはラザロの病気、死、復活の話です。イエスは3人の親友マリヤ、マルタ、そして彼女らの兄弟ラザロ達にとても親身になっていました。(3節、5節)ラザロは病気で死にかけていました、イエスは彼の親友の病気の知らせをお聞きになり、意図的にラザロの病気を治しに向かうのを遅らせました。(6節)イエスはラザロは既に病気で死んでいるのを見越していましたしイエスにはそうする事に意味がありました。(11節、14節)
イエスは遂にラザロに会いに来ますが親友は既に死後4日経っていました(17節)。
マリヤとマルタは深い失望と悲しみに二人は兄弟が早死にしたのはイエスのせいだと非難します(21節、32節)。
しかし私達はどのような結末になるのか知っていますよね。
イエスはラザロを生き返らせます(43節、44節)、そして神の奇跡を見た人々はイエスを信じるようになりました。(45節)
One very important characteristic of Jesus that stands out in our passage is that JESUS ACTS ACCORDING TO GOD’S PURPOSE.
この箇所ではっきりとしているあるとても重要なイエスの特性は、イエスは神の目的に従って行動するということです。
When he heard this, Jesus said, “This sickness will not end in death. No, it is for God’s glory so that God’s Son may be glorified through it.” (John 11:4)

11:4イエスはそれを聞いて言われた、「この病気は死ぬほどのものではない。それは神の栄光のため、また、神の子がそれによって栄光を受けるためのものである」。(ヨハネ11:4)
Jesus is also heard saying earlier in the book in John 4:34:
イエスは又ヨハネの福音書の中でおっしゃっています(4章34節)

“My food,” said Jesus, “is to do the will of him who sent me and to finish his work.” (John 4:34)

4:34イエスは彼らに言われた、「わたしの食物というのは、わたしをつかわされたかたのみこころを行い、そのみわざをなし遂げることである。(ヨハネ4:34)
Jesus loved his dear friends, yet God and his kingdom purpose were more important. And it was more important for him to do God’s will than to accommodate human desire, even the heartfelt, honest desire of his closest friends.
イエスは友を愛していましたが、神とその御国の目的はもっと重要なものでした。そして神の御心を行うことのほうが人間の願いをかなえることより、親しい友の心からの願いをかなえることよりも重要でした。

Jesus knew that Lazarus was going to die from the illness. He also knew that it was God’s will for Lazarus to die and for Jesus to bring Lazarus back to life, so that God may be glorified through the miracle. Now Jesus also knew that he could have prevented Lazarus from dying by going to him earlier and healing him, thereby also sparing Lazarus and his sisters from a lot of pain, suffering, and grief. But he chose not to. He chose to wait and arrive four days later, four days after his buddy Lazarus was good and gone. Why? Jesus’s focus was on accomplishing God’s purpose.

イエスはラザロが病気で死んで行くのを知っていました。又、神がイエスにラザロを生き返らせるために、神の意志でラザロを死なせたのを彼は知っていました、そうする事で神はその奇跡を通して栄光をお与えになったのです。イエスは自分がラザロを早死させずに治せる事も知っていましたそれによりラザロと姉妹を痛みや苦しみや悲しみから免除できる事も分かっていました。
でも、イエスはそうしませんでした。彼は到着を4日間送らせるのを選びました、4日後、親友のラザロは完全に死んでいました。何故でしょう?イエスの焦点は神の目的を達成させる事だったからです。

What was God’s purpose here? That people may believe (v15)…believe in Jesus and place faith in God, which was the outcome (v45). And we see the faith of one woman, Martha, rise to tremendous proportions, when Jesus gently takes her aside, confronts her with the truth of who he is, and she responds (if you can imagine probably fighting back the tears and the doubts) by saying in faith:
神の目的とは何だったのでしょう? 人々に信じさせるため(15節)イエスを信じ神への信仰を据えるためです(45節)。そしてマルタのとても大きな信仰の上がり具合を見てイエスが自分は本当は誰なのかを告げた時マルタは泣きそうな目でこう言いました。
“Yes, Lord. I believe that you are the Christ, the Son of God, who was to come into the world.” (John 11:27)

11:27マルタはイエスに言った、「主よ、信じます。あなたがこの世にきたるべきキリスト、神の御子であると信じております」。(ヨハネ11:27)

God’s purpose here was about salvation and the maturing in faith of the disciples and of the sisters—basically, spiritual matters and things of eternal value.
神の目的は救いについてであり弟子の信仰の成熟であり姉妹の—基本的に精神的な事柄と永遠の価値の事についてでした。  

Now does that mean that Jesus didn’t care about his beloved friends and their physical and emotional well-being? Of course not. Jesus saw Mary weeping, and the people weeping, and “he was deeply moved in spirit and troubled.” (v34) “Jesus wept,” (v35) and “he was again deeply moved.” (v38) I think that his heart absolutely broke when he saw how sad his friend Mary was, and his heart absolutely broke in
knowing that his friend Lazarus had gone through so much anguish and pain in his sickness and his death. Jesus cared. So much so that he himself wept and grieved as he sympathized and empathized with the ones he loved. He wasn’t crying over Lazarus’s death as everyone else was. No. Jesus knew Lazarus was coming back to life. Jesus was crying because he knew how much his loved ones were hurting. He felt their pain.
では、イエスは彼の最愛の友人やその友人の物理的及び感情的な幸福を気にかけていなかったのでしょうか?勿論そうではありません。イエスはマリヤの嘆きや人々の嘆きをごらんになると霊の憤りを覚え心の動揺を感じました(34節) “イエスは涙を流されました”(35節)そして“またも心の内に憤りを覚えました”(38節)
イエスは親友のマリヤがどんなに悲しんでいるのかを見て彼の心は只々瞬間的に心が折れたのだと思います、そして親友のラザロが病でとても苦しみそして痛みの中で死んで行ったのを知り只々彼の心が折れたのだと思います。イエスは気にかけておられました。だからこそ彼ご自身も泣きそして悲しみ共に共感しました。
人々はラザロの死に泣いていましたが彼はラザロの死に泣かれたのではありませんでした。イエスはラザロは生き返るのを知っていました。イエスが泣かれたのは最愛の親友がどれほど傷ついたのかを知っていたからでした。彼は親友達の痛みを感じたからなのです。
Sometimes God’s purpose doesn’t make a whole lot of sense on the front end, especially when it involves pain and struggle. But when we can know and understand and have faith that his purpose is always purely for good and out of great care and concern for us, perhaps it will start making more sense.
時には神の目的は最初、全く道理(どうり)にかなわないと思われる時があります。特に痛みや苦労を伴(ともな)う時は。しかし神の目的はいつも私たちの益のためであり、私たちの最善を思ってのことであると知り、理解し、信じるなら、意味が分かってくるでしょう。

In the book The Purpose Driven Life, Pastor Rick Warren writes that “God’s ultimate goal for your life on earth is not comfort but character development,” because
著者リック ウォレン牧師の人生の5つの目的の本の中に“神の最終的な私達の地上での人生の目的は快適に過ごす事ではなく、私達の精神的な人格の成熟なのです”と書かれています何故なら
our character and our spiritual life carry over into eternity with God, which is far more important in the greater scheme of things when we come to grips with the fact that our comfort level in this life lasts for but a brief moment.
私たちの品性(ひんせい)と信仰生活は神とともに永遠へと引き継がれていくのです。それはこの世の快適度(かいてきど)はほんのつかの間であるということが分かり始めるとき、より大きな図式に立ってみるとはるかに重要なことなのです。

Pastor Rick Warren continues, “Many Christians misinterpret Jesus’s promise of the ‘abundant life’ to mean perfect health, a comfortable lifestyle, constant happiness, full realization of your dreams, and instant relief from problems through faith and prayer. In a word, they expect the Christian life to be easy. They expect heaven on earth. This self-absorbed perspective treats God as a genie who simply exists to serve you in your selfish pursuit of personal fulfillment. But God is not your servant, and if you fall for the idea that life is supposed to be easy or that God is always supposed to stick up for you in these ways, either you will become severely disillusioned or you will live in denial of reality. Never forget that life is not about you! You exist for God’s purposes, not vice versa. Why would God provide heaven on earth when he’s planned the real thing for you in eternity? God gives us our time on earth to build and strengthen our character for heaven.” (The Purpose Driven Life, Rick Warren)
リックウォレン牧師は続けて言っています、
イエスの’豊かな人生’の約束は、完全な健康、快適な生活スタイル、常に幸せであること、夢の実現、信仰と祈りを通して問題からすぐに解放されることだと誤解をしているクリスチャンがたくさんいます。一言で言うと、クリスチャン生活は楽だと思っているのです。地上を天国のように思っているのです。この自己完結的(じこかんけつてき)な見方は神を自分が達成したいことを自己中心的に追い求めるあなたに仕えるために存在する魔法のランプから出てくるジニーのように見ています。しかし神はあなたの召使(めしつかい)ではありません。人生は楽で、神はいつもあなたを支持してくれるという考えにだまされていたら、ひどくがっかりさせられるか現実を否定して生きることになるでしょう。人生はあなたについてではないということを決して忘れないでください。あなたは神の目的のために存在しているのです。その反対ではありません。神が真の天国を永遠に計画されているのに、地上に天国を備えるでしょうか?神は私達に地上で私達の人格を作り強化させる為に時間を与えているのです。神は私達に天国で生きるためにこの地上で私達の人格を作り強化するために時間を与えておられるのです。(人生を導く5つの目的より)

Our Christian faith involves two processes: 1) justification, where we are redeemed by faith simply for what Jesus has done for us on the cross, and 2) sanctification, where we mature in our faith and character, shedding our sin nature and becoming more Christ-like. The two go hand in hand and are never independent of each other.
私達のクリスチャンの信仰は2つの手順によります:1) 正当化、イエスが私達の為に十字架にかかり信仰によって私達は購われた。
2)神聖化、私達は信仰で人格を成熟し私達の罪の性質を流し、イエスキリストのようになる。その2つが合わさりあう事です決してその2つはお互いに無関係ではありません。
God’s not satisfied with just having you in heaven. He wants you to enjoy all the benefits that come with knowing him in the here and now—on earth, in this lifetime.
神は私たちを天国に招くだけで満足されていません。今この地上にある生涯(しょうがい)で神を知ることからくる恩恵(おんけい)を享受(きょうじゅ)してほしいと願っているのです。

One of God’s purposes for us, his children, is to grow in the love and knowledge of him.
神の子供である私達に与える神の目的の1つは、神の愛と神の知識において私達が成長する事です。
And God sometimes allows us to face difficulties and suffering because he cares about us. 神は時々、私たちが困難(こんなん)や苦しみに直面(ちょくめん)することを許されます。なぜなら私たちのことを思っているからです。
I know that sounds like an oxymoron, but it’s not.
矛盾した表現のように聞こえますが、そうではありません。
Any parent who has taken their child to get vaccinated should know what I’m talking about. The worst is when they’re about one or two years old…just old enough to understand what’s going on, but not old enough to talk well. I had to help hold my kids down as they were getting their shots, and they’re screaming and crying and
looking at me through teary eyes as if to say, “Why are you holding me down and conspiring with this stranger to hurt me?!” “You’re supposed to love me and take care of me! Why are you allowing this to happen?!” And my kids are giving me that look as if I’ve seriously disappointed and betrayed them. As a parent, it’s a horrible feeling. But why do we, as parents, endure such shame and scorn from our babies? Why do we, as parents, go and get vaccinations for our kids? Because we’re a lot more concerned with our kids’ longterm health and well-being than five minutes of fear, horror, pain, and guilt.
子供に予防接種を受けさせに行ったことがある親は私の言っている話が分かると思います。子供達が1歳か2歳ぐらいの頃、丁度なにをするのかが分かる時期で、まだしっかり喋れないぐらいの年が最悪な時期です。
子供達が注射を受ける時、私が自分の子供達を抱えて座らせて予防接種を受けなければなりませんでした、子供達は叫び泣き、涙を流して“どうして私を抱えてこんな知らない人と共謀して私を痛めるの?”“あなたは私を愛し大切に育てる人のはずでしょ!どうしてこんな事をあなたは許すの?”というような目で私を見上げていました。そして私の子供達に私が真剣に失望して子供達を裏切ったかのように見られるとういうのは最悪な気持ちです。親としてそれってとても恐ろしいです。
親として子供達からの軽蔑やそのような恥を耐えなぜ私達はするのでしょう?
なぜ私達はするのでしょう、親として、自分達の子供に予防接種を受けに行かせるのでしょう?
私達は自分達の子供を長い目で見て健康や幸福を考えるからです5分間の恐怖や恐れや痛みやそして罪よりも長い目でみて子供達の幸せを思うからなのです。

And that’s the same way with God and us. The example I just gave was a relatively mild instance of pain that we may feel. In reality, some of the pain we’ve experienced or are currently going through, I’m sure, are far more painful: worry, heartbreak, illness, disease, and even death. But my encouragement for us is to take heart and know that God really does love us and care so much about us, more than we are able to humanly comprehend. We may not fully understand his purposes, but my prayer for all of us is that we would understand and accept that God will not withhold the momentary pain and anguish, if it means securing for us what is eternal. He’s looking out for us for the longterm. His perspective is an eternal one. He loves us that much. He cares.
それが神も私達に対して同じお考えなのです。私が今上げた例は、私達が感じる痛みの比較的軽い例かもしれません。実際には、痛みのいくつかは私達は経験してきたか若しくは現在通過しているところで、それは遥に苦しいものです:心配、失恋、病気、そして死。しかし私の励ましは私達にとってこれを知る事です神は私達を本当に愛していて下さり私達が人間的理解力よりも更に私達の事をとても心にかけておられるのです。私達は完全には神の目的を理解し得ないかもしれません、しかし私達全ての為の私の祈りは私達が神を理解し、受け入れ、もしその痛みや悲しみを乗り越えるなら私達にとって良い事であって永遠に守られるのです、神は瞬間的は痛みと苦しみを保留にはしません。
彼は私達を長期的に気にかけてくださっておられるのです。彼の視点は永遠のものなのです。彼は私達をそれほどまでに愛しておられるのです。
神は気にかけておられるのです。
(pray)