Jesus is the Way to Heaven
イエス様は天国への道です

October 27th, 2019

Minoh International Church
Pastor Joseph Ricohermoso
John 14:6 NIV
ヨハネの福音書14:6 JLB

Introduction

The entire meaning of the Christian faith can be condensed into four words: “I am the way.”
キリスト教の全体の意味はこの四つの単語で凝縮されています「わたしが道です」

During World War II, an American pilot who was shot down over the jungles of Burma (Myanmar) was able to safely eject from his plane. As he landed in the deep, dense jungle, he was met by a friendly Burmese man.
第二次世界大戦中、ミャンマーのジャングルの空中に撃ち落とされたアメリカ人のパイロットは無事に戦闘機から脱出できました。深いジャングルに着陸したパイロットは親切なミャンマー人の男に出会った。

The man gestured for him to follow. So the American soldier followed the man through the jungle. There was no path that he could see, and ahead of him was the Burmese man, slicing away with his machete. It didn’t seem like they were going in any particular direction.
その男の人は彼について来るようにと手振りで伝え、アメリカ人の兵士は彼の後について行きました。道と言えるような道はなく、自分の前を山刀を使って道を開いて行くミャンマー人しか、彼には見えませんでした。行き先が分かっていて向かっているようには見えませんでした。

The American became frantic. So he yelled out to the man, “Where is the way?” In broken English, the man told him, “I am the way. Follow me.”
そのアメリカ人が焦り始めました。それでミャンマー人の男へ向かって「道はどこですか?」と叫びました。片言の英語でミャンマー人の男が「わたしが道です。後について来て」と言いました。

  1. JESUS is the ONLY way to God
    イエスは神への唯一の道です。
  1. Jesus unapologetically claims to the be only way to God.
    イエスは自分が神への唯一の道であると無言で主張します。

Jesus answered, “I am the way and the truth and the life. No one comes to the Father except through me.”

John 14:6

私は道であり、真理であり、いのちなのです。私を通してでなければ、誰ひとり父のみもとに来ることはありません。
とあります。

ヨハネの福音書 14:6

  1. Jesus’ disciples, including Peter, proclaimed that there is no salvation but through Jesus.
    ペトロを含む、イエスの弟子たちは、「イエス様以外には救いはないと」宣言しまた。

“Salvation is found in no one else, for there is no other name under heaven given to mankind by which we must be saved.”

Acts 4:12

この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下で、この御名のほかに私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。

使徒の働き 4:12

This may sound politically incorrect, but Jesus states it nonetheless. With such claims, there is sure to be objections.
これは政治的に間違っているように聞こえるかも知れません、ですがイエス自身が同じことを言っています。このような主張に対して必ず異議はあります。

  1. Objections to the concept that Jesus is the only way to Heaven?
    イエスが天国への唯一の道であるという概念に対する反対の声
  1. We hear this common objection: Are you saying that if a person does not believe in Jesus Christ, they are going to Hell?
    よく耳にするのはこの質問です「イエスが天国への唯一の道であることは、イエスを信じない人が全て地獄へ行くということですか?」

Jesus Christ Himself said, “I am the way and the truth and the life. No one comes to the Father except through me.” (John 14:6 NIV).
イエス自身が言いました「わたしが道であり、そして真理であり、 いのちなのです。私を通してでなければ、誰ひとり父のみもとに来ることはありません。

If humankind could have reached God any other way, Jesus would not have had to die. His voluntary death on the cross makes this fact even more compelling.
もし、人間がイエス以外の道で天国へ行けたならイエスに十字架で死ぬ必要はなかったでしょう。
ですから十字架の上で死ぬことを彼自身が自ら選んだことがこの事実をさらに説得力のあるもにします。

Christians are not superior to any other person. A person who believes Jesus Christ is the only Son of God and proclaims that truth is just one beggar telling another beggar where to find bread.
クリスチャンは他の人よりも優れているのではありません。イエスは神の唯一の御子であることを信じる人であり、その真理は、物貰いが他の物貰いにパンをどこへ行けば見つけれるのかということを告げるのです。

In a culture of moral relativism, the statement that Jesus Christ is the only way to God rubs a lot of people the wrong way, because the statement itself seems so narrow and dogmatic. In a way, it is.
The Bible clearly teaches that there is one mediator between God and man, and it is the God-Man Christ Jesus (see 1 Timothy 2:5).
道徳的な相対主義の文化では、「イエスが神への唯一の道である」という声明は多くの人に違和感を与えます、なぜならその声明は窮屈で独断的に思われるからです。でも、ある意味では確かにその通りです。聖書によると,神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。
「その真理とはこうです。神と人間とは、それぞれ別の岸に立っています。そして、人となられたキリスト・イエスがその間に立ち、ご自分のいのちを全人類のために差し出すことによって、両者の橋渡しをされたのです。」テモテへの手紙I 2:5

Many hearing this will assume this verse means that those who have never heard about Jesus automatically will be sent to Hell. But that is a false concept of God and His nature, because if the cross of Calvary proves nothing else, it proves this: God loves people deeply. Why else would the God the Father send His Son to suffer and die?
これを聞く人の中には「では、イエス様のことを聞いたことがない人々は自動的に地獄へ送られてしまうと思う人もいると思います。しかし、それは神とイエスの本質の違った概念です。カルバリーの十字架が証明にならないならそれはこう証明しています。「神は人々に対して深い愛情を持っています。そうでなければなぜ父なる神はその息子を苦しめ死に至らせるために遣わされるのでしょうか?」

In reality, here is God’s heart toward lost humanity.
実際には、失われた人間性に対して神の本質はこうです。

“I have no pleasure in the death of the wicked, but that the wicked turn from his way and live.”

Ezekiel 33:11

わたしは悪者どもの死を喜ばない。それどころか、悪者が悪の道から悔い改めて生きるようになることを願っている。

エゼキエル書 33:11 JLB

The Bible also tells us that God is patient and doesn’t want anyone to perish (see 2 Peter 3:9). So God wants everyone to repent. You see, God is compassionate. He longs for fellowship with humanity, for friendship with us.
聖書では、神が寛大で、誰一人も滅びることを望んでいません.
ペテロの手紙Ⅱ 3:9 Japanese Living Bible (JLB)
一人でも滅びないように、すべての人が悔い改めるために必要な時間を与えようと、忍耐して待っておられるのです。
神様は全ての人が悔い改めに進んで欲しいと願っておられるのです。神は哀れみ深い神です。人間と友情を持って様々なことを分かち合いたいと願っておられるのです。

Jesus described God as a shepherd looking for a lost sheep (see Luke 15). That is God’s heart toward all of us. I believe that God will judge us according to what we know. God loves people. He wants to save both you and me — us.
神は「迷子になった羊を探している羊飼い」のような存在とイエスが表しています。(ルカの福音書15)私たち全員に対して神様の心が私達に向いているのです。神は私たちが知っていることに対して私たちを裁くと私は信じています。神様は人間が大好きです。神様は私たちを救いたいのです。あなたもわたしも。

  1. Another objection to the concept that Jesus is the ONLY way to heaven is this: With the numerous religions in the world, how can Christians claim exclusivity?
    「イエスが神への唯一の道です」に対するもう一つの反対の意見はこれです。世界中に様々な宗教があるのに、なぜクリスチャンだけは唯一を主張するのですか?

I have encountered this question several times in the past and in different settings. The last one was on Monday last week. But I’m not sure if you realize the fact that the Christian faith is the only one that seems to have this question posed. We are the only ones being asked this question. The truth is that every religion has its starting points and its deductions, and those starting points exclude!
わたしは過去に様々な状況に何回もこの質問に対応してきました。実は先週の月曜日にも同じ質問がされました。キリスト教信仰に対してだけこの質問がされます。全ての宗教には始まりとその始まりの推論があります。しかし、それらの出発点に独占的なものがあります

For example, Hinduism has two nonnegotiable beliefs: karma and reincarnation. No Hindu will trade these away. In Buddhism, there is the denial of the essential notion of the self. Buddhists believe that the self as we understand it does not exist, and our ceasing to desire will be the cause of the end of all suffering. If we deny these premises, we deny Buddhism.
例えば、ヒンドゥー教には二つの交渉不可能な信念があります:「カルマと生まれ変わり」ヒンドゥー教はこの二つの点を譲りません。仏教では「自分という絶対的考えの否定」仏教を信じる人は私たちが理解している「自分」が存在しないと信じている。そして、欲望を絶えることにより苦しみも終えるという信念もある。これらの前提を否定すれば、仏教を否定することになる。

Islam believes that Mohammad is the last and final prophet, and the Qur’an is the perfect revelation. If we deny those two premises, we have denied Islam. Even naturalism, which poses as irreligion, is exclusive. Naturalism teaches that anything supernatural or metaphysical is outside the realm of evidence and purely an opinion, not a matter of fact.
イスラム教は「ムハマドが最後で最終の預言者であり、コランが完璧な啓示である」ことを信じています。これらの前提を否定したら、イスラム教を否定することになります。そして自然主義も、非宗教的のように見せかけますが、寄せ付けない主張があります。それは「どんな超自然体や霊的なものは、証拠の範囲外にあるから意見にしか過ぎない。つまり現実ではない」という主張です。

In the Christian faith, we believe Jesus is the consummate experience of God in the person of His Son and is the Savior and Redeemer of the world. We cannot deny these premises and continue to be Christians.
キリスト教では私たちは「イエス様は神様が御子の姿で実現し、世界の救い主であること」を信じる。これらの前提を否定したらクリスチャンであり続けることはできません。

The question is not whether these are mutually exclusive. The question is, which one of these is reasonable and consistent? Which one of these will we be able to sustain by argument and by evidence?
問題はこれらの宗教の主張を共有しないかどうかではありません。問題は「これらの中で合理的で一貫性を持った主張はどれであるか?ということです。これらの内どれが議論や証拠によって残されるのでしょうか?

It is the very nature of truth that presents us with this reality. Truth by definition is exclusive. Everything cannot be true.
この現実は「真理」そのものです。明確な説明によって真理というのは唯一なのです。全てが真理であることはあり得ません。

So where does that leave us? We must not be surprised at truth’s claims, but we must test them before we believe them. If the test demonstrates truth, then we are morally compelled to believe it.
では、私たちは何をすれば良いですか。真理の主張に驚いてはいけません。しかし信じる前には試みる必要があります。その試みは真理を示したら道徳的にその真理を信じなければなりません。

Jesus said definitively, “I am the way and the truth and the life. No one comes to the Father except through Me” (John 14:6). Apply the tests of truth to the person and the message of Jesus Christ. You see not only His exclusivity, but also His uniqueness.
イエスがはっきりと言いました。「わたしが道です。そして真理であり、いのちであります。わたしを通らなければ、だれ一人、父のところへは行けません」
イエス・キリストの教えとその真理を試みてください。それで分かるのはイエス様の独占権だけでなくイエス様の唯一性も見えてきます。

But is Christianity bigoted? Certainly, there are some who claim to be Christians who are in fact bigots. But Biblical Christianity is the most pluralistic, tolerant, embracing of other cultures religion on earth. Christianity is the one religion to embrace other cultures, and has the most urgency to translate the Scriptures into other languages. A Christian can keep their native language and culture, and follow Jesus in the midst of it. On the contrary, an early criticism of Christianity was the observation that they would take anybody: slave or free; rich or poor; man or woman; Greek or Barbarian. All were accepted, but on the common ground of the truth as revealed in Jesus Christ.
でもキリスト教は偏屈ではありませんか?確かに自分がクリスチャンとして主張しながら偏屈な人はいます。しかし聖書に基づいたキリスト教は最も多元的で、寛容で包括的な宗教です。他の文化を受け入れ、聖書を他の言語、翻訳にすごく力を入れてきました。
クリスチャンは自分自身の言語や文化を持ちながらイエス様に従うことができる。
それどころか初代クリスチャンの批判は全ての人を受け入れたことに対してでした。
奴隷も自由人も、お金持ちも貧乏も男も女も、ギリシャ人も野蛮人も。全ての人が受け入れられました。ただその共通の考えは「イエス・キリストという真理」を信じることです。

Conclusion

Greek, Roman and Jewish writers often spoke of two (2) ways. The choice between life and death was an ancient one (Deuteronomy 30:19). Many applied this image of the two ways to the afterlife.
ギリシャ、ロマとユダヤの著者たちはよく二つの道のことを話していました。「命」と「死」の選択は昔からあります。(申命記 30:19)多くの人はこの考えを死後にも適用しました。

That is what Jesus says to us in the maze of life: “I am the way. Follow Me. I will get you to where you are supposed to go.”
人生という迷路にイエス様がこのように言っています「わたしは道です。後についてきなさい。行くべきところへ連れて行きます」

You might be wondering, But how do I do this? How do I find my way? First of all, the road to heaven is a toll road. It will cost, but you can’t pay the toll. Jesus paid it for you. You must realize that you can’t do it on your own. And you must admit that you are a sinner.
これはどのようにしたらいいかと思っている人もいると思います。自分の道をどうすれば見つかるのでしょうか?まず、天国への道は有料道路です。代償はありますが、あなたはその代償を払えません。イエスはすでにあなたのためにその代償を支払ったのです。自分ででは出来ないことをまず理解しないといけません。そして、自分が罪人であることを認めないといけません。

The Bible says,

All have sinned and fall short of the glory of God

Romans 3:23

すべての人は罪を犯したので、神の標準にはほど遠い存在です。

ローマ人への手紙 3:23 JLB

Which road are you on today? Which way are you going to choose? There is only one way to find a life that is full and rich on this earth and then to know for certain you are going to heaven. It is the highway to heaven. And you can pull onto the onramp today by putting your trust in Jesus. Jesus is the Way to Heaven!
あなたは今日どんな道にいますか。どんな道を選ぶのでしょうか。この地球上で満たされ豊かな人生を見つけ、あなたが天国に行くことを確実に知る唯一の方法があります。それは天国への高速道路です。イエス様に自分の信用を置くことで今日その進入路に乗る事が出来ます。イエス様はその天国への道です。