John as an Evangelist
伝道者ヨハネ

October 13th, 2019

Minoh International Church
Pastor Joseph Ricohermoso
Mark 1:1-8
マルコによる福音書 1:1-8

Introduction

God chose John the Baptist to spearhead a spiritual revolution. He was to prepare the people for the coming of the Messiah (Christ). His mission was to wake up the nation’s conscience, causing it to desire for a new spiritual order.
神は、霊的革命の先駆者としてバプテスマのヨハネを選ばれました。彼はメシアであるキリストの到来に備えて、人々にキリストが来ることを伝えました。ヨハネの使命は、国民の良心を目覚めさせることであり、人々は新しい精神的な秩序を望むようになってきました。

The beginning of this revolution points to John as the herald of the gospel. He is the messenger preparing the way for Jesus.
このような霊的な革命の始まりは、ヨハネが、福音を真っ先に伝えた先ぶれ、先駆者であることを示しています。ヨハネは、イエスの道を整え、準備した使者でした。

The beginning of the good news about Jesus the Messiah, the Son of God, 2 as it is written in Isaiah the prophet: “I will send my messenger ahead of you, who will prepare your way”— 3 “a voice of one calling in the wilderness, ‘Prepare the way for the Lord, make straight paths for him.'”

Mark 1:1~3

神の子イエス・キリストの福音のはじめ。2預言者イザヤの書に、「見よ、わたしは使をあなたの先につかわし、あなたの道を整えさせるであろう。3荒野で呼ばわる者の声がする、『主の道を備えよ、その道筋をまっすぐにせよ』」と書いてあるように

マルコによる福音書 1:1-3

  1. John’s life
    ヨハネの人生

John’s ministry was the climax of a life lived in obscurity and isolation. He spent most of his days in the Judean desert. But in his strange way, it’s clear that he was created for that sole purpose of leading others to Jesus.
ヨハネの布教活動は、理解しがたい、孤立した生活の中から生まれました。彼はほとんどの日をユダヤの砂漠で過ごしました。彼の布教のやり方は奇妙ではありましたが、ヨハネは、他の人々をイエスに導くという、唯一の目的のためにこの世に造られたことは、誰の目にも明らかでした。

And so John the Baptist appeared in the wilderness, preaching a baptism of repentance for the forgiveness of sins. The whole Judean countryside and all the people of Jerusalem went out to him. Confessing their sins, they were baptized by him in the Jordan River.

Mark 1:4-5

バプテスマのヨハネが荒野に現れて、罪のゆるしを得させる悔改めのバプテスマを宣べ伝えていた。そこで、ユダヤ全土とエルサレムの全住民とが、彼のもとにぞくぞくと出て行って、自分の罪を告白し、ヨルダン川でヨハネからバプテスマを受けた。

マルコによる福音書 1:4-5

John became well-known through his unique preaching and unusual practice of baptizing in the Jordan River. In fact, the kind of baptism he was performing was normally associated with the induction of Gentile converts to Judaism. John shocked the Jews by requiring them to participate in this baptism, implying that they too needed the same kind of baptism as Gentiles.
ヨハネは、ユニークな説教と、人々にヨルダン川でバプテスマを施すという珍しい仕業を通して有名になりました。実際、彼が行なっていたバプテスマの形態は、異邦人をユダヤ教へと改宗させる時に行われるものを連想させました。ユダヤ人は、そのような洗礼に参加することをヨハネに要求され、とてもショックでした。ユダヤ人にとっては、異邦人と同じ洗礼を受けよと、暗に言われているように思えたからです。

It’s a revolutionary idea because he preached that to be a Jew in the racial sense doesn’t mean being God’s chosen people. Rather, just like a Gentile, a cleansed life is a much clearer indication that they belong to God.
彼は、人種的にユダヤ人であるからと言って、神の選ばれた人々であるという訳ではないと説いたので、それは革命的な考えでした。そしてその考えは、清められた人生は神に属していることを示す、というような、まるで異邦人の考えのようでした。

  1. John’s listeners and his message to them
    ヨハネの聴衆と聴衆者達への説教

Through John’s radical message and baptism ministry, many hearts were genuinely softened and many people truly repented. There’s urgency to his preaching.
ヨハネの革命的な説教とバプテスマという布教活動を通して、多くの人々の心は本当に穏やかになり、悔い改めの気持ちを持ちはじめました。彼の説教は、素早く人々の心に浸透していきました。

However, there were still those who hardened their hearts such as the Pharisees and the Sadducees. Let this be a warning to us: “If you put off repentance another day, you have a day more to repent of, and a day less to repent in.” 
しかし、パリサイ人やサドカイ人のように硬く心を閉ざした人たちもまだいました。次に読み上げる引用句を、私たちへの警告としましょう。「もしあなたが悔い改めを別の日に延ばすなら、あなたは悔い改めることがもう一つ増え、悔い改めることのできる日を失うことになります。」

According to Paul Lee Tan, “The Romans sometimes compelled a captive to be joined face-to- face with a dead body, and to bear it about until the horrible effluvia destroyed the life of the living victim.”
ポール・リー・タンという著者によると、「捕虜に無理やり、顔と顔を向けて死体と抱き合わせ、死体の腐敗臭で耐え難くなって捕虜が自ら死んでゆくまで、ローマ人は、それを強要した。」と書いています。

Without Christ, we are shackled to a dead corpse — our sinfulness. Only repentance frees us from certain death (spiritual and eternal), for life and death cannot coexist indefinitely.
キリストなしでは、私たちは、死んでしまった死体のように罪深さに縛られています。生と死は、共に存在することはできません。悔い改めだけが、私たちを霊的に永遠に「死」から解放してくれます。

Since repentance is so important to a right relationship with God, John explained in detail what it truly is. The original language uses metanoia, “a change of mind, regret, remorse.” But John’s repentance goes beyond feeling sorrowful about one’s sin. Like the OT prophets, he called the Jewish people to return to the Lord through obedience. How does this repentance look like?
私たちが、神と正しい関係を持つにあたって、悔い改めはとても重要です。ヨハネは悔い改めが本当は何であるかを詳しく説明してくれています。語源は古代ギリシャ語で、「メタノイア」と言い、「心の変化、後悔、良心の呵責(かしやく)」を意味します。しかし、ヨハネの悔い改めは、自分の罪について悲しみを感じるだけではありません。 旧約聖書の預言者達のように、彼はユダヤ人に、従順になって主の元に帰るように言いました。ヨハネの悔い改めはどのような悔い改めでしょうか?

  1. To the multitudes
    群衆に対して

true repentance can be seen in compassionate deeds toward others.
他者に対する思いやりのある行為の中に、真の悔い改めを見ることができると言いました。

“What should we do then?” the crowd asked. John answered, “Anyone who has two shirts should share with the one who has none, and anyone who has food should do the same.”

Luke 3:10-11

そこで群衆が彼に、「それでは、わたしたちは何をすればよいのですか」と尋ねた。彼は答えて言った、「下着を二枚もっている者は、持たない者に分けてやりなさい。食物を持っている者も同様にしなさい」。

ルカによる福音書 3:10-11

  1. To the tax-collectors
    取税人に対して

they were regarded as corrupt and unpatriotic – true repentance is seen in honesty.
取税人達は腐敗し、愛国心がないと見なされていました。真の悔い改めとは、正直さの中にあると言いました。

“Don’t collect any more than you are required to,” he told them.

Luke 3:13

彼らに言った、「きまっているもの以上に取り立ててはいけない」

ルカによる福音書 3:13

  1. To the soldiers
    兵卒たちに対して

Were known for taking whatever they wanted – true repentance is seen in honor and contentment.
兵卒たちは自分が望むものを何でも奪うことで知られていましたが、真の悔い改めは、名誉と満足の中にあると言いました。

He replied, “Don’t extort money and don’t accuse people falsely—be content with your pay.”

Luke 3:14b

兵卒たちもたずねて言った、「では、わたしたちは何をすればよいのですか」。彼は言った、「人をおどかしたり、だまし取ったりしてはいけない。自分の給与で満足していなさい」。

ルカによる福音書 3:14

John’s message of repentance is specific and practical. It involves more than just dipping in the Jordan River and having a spiritual experience. It means changing one’s life. In all categories of life – as a spouse, parent, roommate, employee, or boss, student, researcher – we are to practice our Christian beliefs, not just give verbal agreement to them.
ヨハネの悔い改めのメッセージは具体的かつ実践的です。ヨルダン川に浸り、霊的な体験をしただけではありません。人の人生を変えるだけの意味を持っています。配偶者、親、ルームメイト、従業員、または上司、学生、研究者など、私たちが人生で誰であるかは関係ありません。私たちは口で同意するだけでなく、キリスト教の信念を実践することが大切なのです。

In his book, I Surrender, Patrick Morley writes that the church’s integrity problem is in the misconception “that we can add Christ to our lives, but not subtract sin. It is a change in belief without a change in behavior.” He goes on to say, “It is revival without reformation, without repentance.” 
パトリック・モーリーという著者は、彼の本の中で、教会の問題は、「私たちはキリストを生活に加えること、足し算することはできるが、罪を減じること、引き算することはできない」という誤解にあると書いています。それはまるで、信じるという心の変化はあるが、実践するという行動の変化がないということだと言っています。彼は続けて、「それは改革のない、悔い改めの無い、復活である」と言い続けています。

If repentance is true, then it will impact our giving, our attitudes, and our treatment of others. It may begin with a sorrowful heart, but it must end with determined action.
悔い改めが真実ならば、それは私たちの、与えること、私たちの態度、そして私たちが他者にどう対応するかということに影響していきます。悔い改めの行動をとるには、もしかしたら、憂(うれい)の満ちた心から始まるかもしれませんが、断固としてやり遂げなければなりません。

  1. John’s proclamation
    ヨハネの宣言

Other than calling people to repentance, John’s mission was to announce the coming of the Christ. He proclaimed that:
人々に悔い改めを呼びかける他に、ヨハネの使命は、キリストの再臨を人々に広めることでした。彼は高らかに次のように宣言しました。

  1. Christ is mightier
    キリストは力強い

And this was his message: “After me comes the one more powerful than I” (Mark 1:7a).
これがヨハネのメッセージでした。
彼は宣べ伝えて言った、「わたしよりも力のあるかたが、あとからおいでになる。」(マルコによる福音書1:7a)

I imagine John as a strong man for he trained in the wilderness. Yet, his physical prowess is nothing compared to the supernatural strength of Christ.
ヨハネは荒野で鍛錬を受けた強い男だと思います。しかし、彼の肉体的な能力も、キリストの超自然的な力とは比較にならないほど強いのです。

  1. Christ is greater
    キリストは偉大である

“The straps of whose sandals I am not worthy to stoop down and untie” (Mark 1:7b).
わたしはかがんで、そのくつのひもを解く値うちもない。(マル コによる福音書1:7b)

Only a slave knelt to remove his mater’s sandals; yet, in light of the greatness of Christ, John felt he was unworthy even of that humble duty.
ひざまずいてサンダルを外すのは奴隷だけでしょう。それでも、キリストの偉大さを考えると、ヨハネは自分がその奴隷のような謙虚な態度さえも、キリストの前にはふさわしく無いと感じたのです。

  1. Christ is holier
    キリストは聖なる者である

John the Baptist said:  “I baptize you with water, but he will baptize you with the Holy Spirit” (Mark 1:8).
バプテスマのヨハネは「わたしは水におまえたちの身を沈めたが、そのかたは、聖霊に身を沈めてくださる。」(マルコによる福音書1:8)と言いました。

John washed the people with water, but Christ would transform them on the inside by the power of the Holy Spirit.
ヨハネは人々を水で洗いましたが、キリストは、聖霊の力によって彼らの内面を変えました。

Conclusion

Archimedes, the Greek mathematician who invented the lever and pulley, confidently stated, “give me a lever, a place to stand, and I will move the world.”

Can that be true? Can one man with the aid of giant levers and pulleys actually shift the weight of the earth? Theoretically, yes. But practically, NO.
ギリシャの数学者アルキメデスはレバーと呼ばれる「てこ」と「滑車(かっしゃ)」を発明しました。アルキメデスは誇らしげに次のように言いました。「私にてこを持たせて、立つ場所を決めさせてください。そうすれば、私は地球を動かすことができます。」それは本当でしょうか?巨大な「てこと滑車」の助けを借りて、一人の男が実際に地球の重さを変えることができますか?理論的には、できるのでしょう。しかし実際には、そんなことはできません。

Often our Christianity seems to be just as theoretical. The sinful habits in our lives burden us and because we’re unable to carry their weight, we are crushed instead. Theoretically, we are supposed to be able to move “mountains”; but practically, the mountains don’t shift.
However, even Archimedes will agree that the power is not in our effort; the power is in the machine and in where we stand.
多くの場合、私たちのキリスト教は理論的にこれと同じように思われます。私たちの生活における罪深い習慣は私たちに負担をかけ、罪が重くなり動くことができなくなり、ついには、押しつぶされてしまいます。理論的には、「山々」を動かすことができるはずです。でも、実際には、山々は動いてくれません。しかし、アルキメデスでさえ、私たちの努力が力を産んでいるとは思っていません。その原動力とは、ある仕組みと私たちの立つ場所によるのです。

Baptism in water has no power, church programs have no power, positive thinking has no power, self-effort has no power. The “pulley and lever” of the Christian life is the Holy Spirit, and the “place to stand” is Christ. From Him is where we get our power.
水でのバプテスマには力がなく、教会のプログラムには力がなく、ポジティブ思考には力がなく、自力の努力には力がありません。クリスチャン生活における「滑車とてこ」とは「聖霊」であり、「立つ場所」とは「キリスト」です。私たちが力を得ることができるのは、神のみです。

True repentance allows the power of God to work in our lives. As we admit our need, we transfer the weight of sin to Christ. Then, as we focus on obeying Christ, His Spirit will take care of moving the mountain of sin our lives.
真の悔い改めは、神の力が私たちの人生の中で働くことを可能にしてくれます。必要だと認めれば、罪の重さをキリストが肩代わりしてくれます。そして、私たちがキリストに従へば、神の霊は、私たちのために、人生の「罪という山」を動かしてくれるのです。