Kids’ Message – Superheroes

24 September, 2017

Take a look at these superheroes:

  1. Super Man
  2. Super Girl
  3. Hulk Hogan
  4. Iron Man
  5. Bat Girl
  6. Spider Man
  7. Dazzling Dazza

Which one do you like best?
Which one would you like to be?
Which one would be the best to help you find God?

None. You don’t need a superhero to help you find God. You don’t need to be a superhero, and you don’t need the help of a superhero to find God. That’s because God comes to us. He makes it easy for us. God comes to us. That’s what He did in Jesus. Jesus was God as a man, who came to us to show us who God is, to teach us how to live a godly life, and to die on the cross to take away our sin and to give us new life. It was all God’s work. All we need to do is believe in Jesus with a repentant heart and follow Him. You don’t need to be a superhero to do that. Anyone can do it. Even a 5 year old can do it.
神を見つけるのにスーパーヒーローに助けてもらう必要ありません。

Who here is 5 years old? Congratulations. That’s how old I was when God first called me. I remember very clearly sitting on the floor in scripture class in kindergarten. A really old lady came in to teach us about the God. She was about 200 years old and she had a round scar in the middle of her forehead. We all thought was a bullet hole. (It wasn’t.) She wasn’t very beautiful. She wasn’t very entertaining. She certainly wasn’t a superhero. But that old lady did something really, really wonderful: she explained to a class of 5 year olds, in a way that they could understand, that God loved them and was calling them to live a life for him. And that day, I decided, to give my life to God and to live for Him. I was 5 years old.

That’s my testimony. I wanted to share it with you to let you know that even if you’re only 5 years old, even if you’re just a kid, God is calling you to Him. You don’t have to be a mental giant or a saint or a superhero to understand this or to respond. All you need to do is believe in Jesus with a repentant heart and follow Him.

This commandment that I’m commanding you today isn’t too much for you, it’s not out of your reach. It’s not on a high mountain—you don’t have to get mountaineers to climb the peak and bring it down to your level and explain it before you can live it. And it’s not across the ocean—you don’t have to send sailors out to get it, bring it back, and then explain it before you can live it. No. The word is right here and now—as near as the tongue in your mouth, as near as the heart in your chest. Just do it! Deut 30:11-14 MSG
わたしが、きょう、あなたに命じるこの戒めは、むずかしいものではなく、また遠いものでもない。 これは天にあるのではないから、『だれがわれわれのために天に上り、それをわれわれのところへ持ってきて、われわれに聞かせ、行わせるであろうか』と言うに及ばない。 またこれは海のかなたにあるのではないから、『だれがわれわれのために海を渡って行き、それをわれわれのところへ携えてきて、われわれに聞かせ、行わせるであろうか』と言うに及ばない。 この言葉はあなたに、はなはだ近くあってあなたの口にあり、またあなたの心にあるから、あなたはこれを行うことができる。

Pray.

Sermon – How Do You Know You’re Saved?
“救われているとどうして分かるのか?”

24 September, 2017

In the kids’ message this morning, I shared a little of my testimony.
今朝の子どもたちへのメッセージで、少し、私の証言をお話ししました。

I say “a little” because that was really only the very beginning.
私が「少し」と言ったのは、それは本当に話のさわりに過ぎなくて、実際にはそれ以上にもっと多くの伝えたいことがあります。

There’s actually quite a lot more to it and I would like to share with you a little more of the testimony of what God has done in my life, with apologies to those of you who have heard it before.
神様が私の人生に何を起こしたのか、どのような働きをしたのかについての証言をもう少ししたいと思います。もし、以前に同じような話を私から聞いておられたら、重複して申し訳ありません。

God did speak to me in a simple but profound way in that kindergarten scripture class when I was 5 years old.
私が5歳の時、幼稚園の聖書の時間に、神様は私に、簡単でしたが、意味深げに話しかけてこられました。

I remember it being a happy and comforting experience.
私はそれが幸せで心地よい経験であったことを覚えています。

From that point on I went to Sunday School each week and, as the Bible likes to say about certain characters, I “grew in the Lord”.
その時点から私は毎週日曜学校に行くようになり、聖書に書かれている登場人物たちのことを読むのがとても好きでした。私は文字通り、「主の中で成長しました」。

When I was 10 years old I went on a Crusader Camp.
私は10歳の時、クルセーダーキャンプに行きました。

This was a week-long summer Christian camp where we did things like canoeing and archery, and hiding each others’ underwear.
これは、カヌーやアーチェリーをしたり、お互いの下着を隠しあう遊びをするような、とても楽しい一週間の夏のクリスチャンキャンプでした。

We also learned about God.
私たちはもちろん神についても学びました。

It was at that camp that one of the leaders asked me if I was a Christian.
そのキャンプで、私がキリスト信者、クリスチャンであるかどうかを指導者の一人が尋ねました。

[Are you a Christian?]
[君はクリスチャンかい?]

“Yes, I am,” I said with certainty.
”うん、そうだよ” と私は確信を持って言いました。

His next question took me by surprise:
彼の次の質問に私は驚きました。

“How do you know?”
“どうして分かるんだい?” 

I answered in the only way I could think at the time:
私はその時、考えられる限りの答えを出しました。

“Huh?”
”はあ?”

He asked again, “How do you know that you’re saved?”
彼は再び尋ねました、“救われているとどうして分かるんだい?”

I told him all that I knew about God and Jesus and the cross, and said that I believed in at all.
私は神とイエスと十字架について知っているすべてのことを話し、私は神を本当に信じていると言いました。

He said that was great but asked if I had ever made a confession of my sins to God and actually asked Jesus to be the Lord and Saviour of my life.
それは素晴らしいことだねと指導者の彼は言いましたが、では、私が今まで、神に罪を告白して、実際にイエス様に私の人生の主と救い主になるように頼んだことがあるのかと尋ねました。

I said that I couldn’t actually remember doing that but would be happy to because it would make certain what I was already believing.
私は実際は告白やお願いしたことは覚えてはいないと言いましたが、「でも何だって喜んでやりますよ。だって確かに信じていますから。」とも言いました。

And so I prayed with Him and gave my life to Jesus.
そして、私は彼と一緒に祈り、私の人生をイエスに捧げました。

I remember it being a confronting yet rewarding experience for me.
私は、それが興味深くとても有意義な経験だったのを覚えています。

When I was 17 years old, after years of Sunday School and youth group at church, more Crusader Camps, and Christian groups at school, I felt my Christian life was going swimmingly, as I continued to grow in the Lord.
17歳になった時には、教会の日曜学校と若者グループ、より多くのクルセーダーキャンプ、そして学校のクリスチャングループなどを経験し、私は主の中で順調に成長し続けているように感じていました。

Then one day, I was challenged by a classmate who had recently joined a Christian cult and became a very outspoken and persuasive critic of fundamental Christianity.
そしてある日のことでした。キリスト教だと言われてはいますが、あるカルト教団に加わった同級生がいました。伝統的なキリスト教に対し非常に率直で説得力のある批評をするその同級生に私は挑発されました。

He confronted me with the question that was starting to become annoyingly familiar:
彼は月並みな質問を始めました。私はうんざりさせられました。

“How do you know that you’re saved?”
“救われているとどうして分かるのか?”

Without going into detail, he succeeded in proving to me, so it seemed, from the Bible that pretty much everything I had believed was a misunderstanding of the truth of God’s Word.
そして、難なく、彼は私に、信じていたのは誤解であり、神の言葉が真実だというのが誤解だったことが証明されたかのように見えました。

I can’t tell you how disconcerting this was.
私は言い表せないぐらい当惑しました。

I felt like my salvation had been ripped away from me.
私の救いが粉々に引きちぎられたような気がしました。

I felt hollow and tormented.
私は虚しくなり、苦しみました。

It was the only time in my life that I really felt in danger of hell.
私が地獄の危機に瀕していたのは、その時が唯一の時でした。

And it scared me to death.
その同級生の挑戦は、私を死ぬほど怖がらせました。

I knew that God was real.
でも、私は神が本当であることを知っていました。

I knew that the Bible was the Word of God.
私は聖書が神の言葉であることを知っていました。

And I knew that eternal life was found in the person of Jesus Christ.
そして私は、永遠の命がイエス・キリストという人に見つけられることも知っていました。

But at that point I had no assurance at all that I was a recipient of the salvation that Jesus offered.
しかし、その時点で、私は、イエスがくれた救いを「私が受けた」という保証は全くありませんでした。

It was my final year of high school.
その時は、私の高校の最後の年でした。

I would come home from school each day, spend an hour or two doing homework and study.
私は毎日学校から帰ってきて、1、2時間ほど宿題や勉強をしていました。

I would then spend at least as much time pouring through the Bible night after night, studying the passages that challenged me, working through the promises of God in the Bible, meditating on what they said, praying over them, crying out to God and then studying His Word some more.
私は毎晩聖書を読みふけり、その答えを解くべく、聖書の箇所を勉強し、聖書の中で神の約束を守り、それらの言葉を瞑想し、祈り、神に叫び、その後、神のみ言葉を再び勉強しました。
私は、「恐れと震えであなたの救いを働かせ」という詩の意味を学びました。

I learned the meaning of the verse which says,“Work out your salvation with fear and trembling”. Philippians 2:12 フィリピの信徒への手紙2:12, because that’s what I was doing.
フィリピの信徒への手紙2章12節も学びました。
恐れおののいて自分の救の達成に努めなさい。それはまさしく私が当時実行していたことでした。

The fruit of my labour at that time leads us today as we continue our study of the book of Romans.
当時の私の勉強の成果は、今日、ローマ人への手紙の学びへと私たちを導いています。

We’re studying Romans to understand what it means to be ‘in Christ’ which is our theme for this year.
私たちは今年の私たちのテーマである「キリストの中にある」ことが何を意味するのかを理解するためにローマ人への手紙を学んでいます。

Today we continue from chapter 10.
今日は10章から続けます。

I cannot read chapter 10 without emotion, without recalling the fear and trembling of my search for God 35 years ago, because more than any other passage, it was Romans chapter 10 which helped me to answer that question that was now becoming disturbingly familiar:
私は35年前の恐怖と恐れを思い起こさずに、感情的にならずローマ人への手紙10章を読むことはできません。なぜなら、ローマ人の第10章が、他のどの聖句よりも、今や不思議と馴染んできた次のような質問に答えてくれるからです。

“How do you know that you’re saved?”
“救われているとどうして分かるのか?”

It was through Paul’s letter to the Romans that I finally found the assurance of salvation I was looking for, and found peace with God.
パウロのローマ人への手紙を通して、私は最終的に私が探していた「救い」の確証を見つけ、神との平和を見つけたのです。

We start at verse 6 where Paul quotes Moses in what at first appears to be a rather wordy and rambling quotation:
最初は大層な長文のように感じますが、ローマの信徒への手紙はポールがモーセに発した言葉を書いた6節から始まります。

But the righteousness that is by faith says: “Do not say in your heart, ‘Who will ascend into heaven?’” (that is, to bring Christ down) “or ‘Who will descend into the deep?’” (that is, to bring Christ up from the dead). But what does it say? “The word is near you; it is in your mouth and in your heart,” that is, the message concerning faith that we proclaim:
Romans 10:6-8

しかし、信仰による義は、こう言っている、「あなたは心のうちで、だれが天に上るであろうかと言うな」。それは、キリストを引き降ろすことである。また、「だれが底知れぬ所に下るであろうかと言うな」。それは、キリストを死人の中から引き上げることである。では、なんと言っているか。「言葉はあなたの近くにある。あなたの口にあり、心にある」。この言葉とは、わたしたちが宣べ伝えている信仰の言葉である。
ローマの信徒への手紙10:6-8

Here it comes!
そして、この次の節に答えが書かれています!

The great answer to that wrenching question of how a person can know that they are saved.
人がどのようにして、救われたことがわかるのか、非常に苦しい質問に対する大きな答えがここにあります。

(Before we get to it, what Paul is saying in this lead up is exactly what we were looking at in the kids’ message: that is, to receive salvation you don’t need to perform any superheroic feats like ascending into heaven or plunging into hell to look for Christ; you don’t need to be a super apostle, or a prophet of old, especially gifted, or a church leader.
(私たちがそのことに触れる前に、パウロがこの冒頭で言っていることは、まさに子供たちのメッセージで言われていたことです。すなわち、救いを受けるためには、天に上ったり、底知れぬ所に下るなどスーパーヒーローのような偉業を実行する必要はありません。あなたは偉大な使徒である必要はなく、長老の預言者や、特に才能のある人物や、教会のリーダーである必要はありません。

The answer, Paul says, is right there in your mouth and right there in your heart:
パウロはこの節でその答えはあなたの口と心にあると言っています。

v9:”That if you confess with your mouth ‘Jesus is Lord,’ and believe in your heart that God raised Him from the dead, you will be saved.”
すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。

v9 Paul goes on to explain this in verse 10:
“For it is with your heart that you believe and are justified, and it is with your mouth that you confess and are saved.”
パウロはこのことを10節で次のように説明しています:なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。と説明しています。

Now, it’s important for us to understand what it means to “confess” and what it means to “confess that Jesus is Lord”.
さてここで、「告白する」という意味と、「イエスが主であることを告白する」ことが何を意味するのかを理解することがとても重要になります。

It’s likewise important for us to understand what it means to truly “believe” and what it means to “believe in your heart”.
本当に「信じる」という意味と「自分の心で信じる」という意味を理解することも同様に重要です。

It’s good for us to examine these things to be sure we understand them correctly, as I did when I was 17.
私が17歳の時にやったように、これらのことを正しく理解するために学び、調べることは良いことだと思います。

But when we truly confess with our mouths and believe in our hearts that Jesus is Lord, we are saved.
しかし、イエスは主であると自分の口で心から告白し、自分の心で信じるなら、救われています。

Confessing Christ and believing in Him leads to an assurance of salvation that no-one can take away from us.
キリストを告白し、彼を信じることは、誰も私たちから奪うことのできない救いの確証につながります。

Paul confirms this a few verses on when he quotes that“Everyone who calls on the name of the Lord will be saved”. (v13)
パウロは私たちの救いの保証を次の節で 確信しています。「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」v13 と書かれています。

I can’t tell you the relief and the peace that I felt when this truth came home to me.
この真実が私の心に戻ってきたときに私が感じた救済と平和は、言い表せないほど大きなものでした。

Before His crucifixion Jesus said,
イエスが十字架にかけられる前にこう言いました。

“I have a baptism to undergo, and how distressed I am until it is over!”
Luke 12:50

「わたしには受けねばならないバプテスマがある。そして、それを受けてしまうまでは、わたしはどんなにか苦しい思いをすることであろう。」
ルカによる福音書12:50

I felt, and still feel, that in a much smaller way, that that trial was a baptism that I had to undergo, which led me onto a new level of maturity in Christ.
試練は私が受けなければならなかったバプテスマであり、それが私をキリストへのさらなる成熟のレベルに導いたと感じましたし、今でもそのように感じています。

Despite my final relief, I remember this whole experience as a horrible one, yet one which was ultimately deeply rewarding.
このように、結果的に答えが見つかり安堵したにもかかわらず、私はこれらの経験を恐ろしいものとして覚えています。しかし、それは最終的には私にとって非常にためになりました。

There was one other time some years later when another person asked me, again, that same awkward question.
その出来事から何年も経って、ある日、別の人が私にもう一度同じ厄介な質問をしました。

It came from an African lady who was visiting our church here.
それはここで私たちの教会を訪れていたアフリカの女性からの質問でした。

She came up to me after the service and asked me, “Andrew, how do you know you are saved?”
彼女は礼拝のあとに私のところに来て、「アンドリュー、“救われているとどうして分かるのですか?”」と尋ねました。

All I could think was ‘Why do people keep asking me this question?!’
なぜ人々は私にこの質問をし続けるのでしょうか?

Ah, but this time, I knew the answer.
でも、今回は、私は答えを知っています。

“Because I have confessed Jesus with my mouth and believe in my heart that God raised him from the dead”! I said.
自分の口でイエスに告白し、神がイエスを死からよみがえらせてくださったと心に信じているからです。”と私は言いました。

She was wholly unconvinced.
しかし彼女はまだ納得していない様子でした。

“But how do you know you are saved?” she asked again.
“救われているとどうして分かるのですか?”彼女はまた聞きました。

“By faith!” I assured her.
“信仰によってです。”私は確信を持ってはっきり言いました。

She didn’t buy it for a minute.
彼女はまだ信じてはいません。

“How do you know?” she pushed me.
「あなたはどうしてわかるのですか?」彼女は何度も私に質問し続けました。

“How do you know you are saved?”
“救われているとどうして分かるのですか?”

We ping-ponged backwards and forwards with these questions and answers till she finally made her point clear to me:
私と彼女はこれらの質問と回答をなんどもなんども繰り返しました。そして、最終的に彼女の聞きたかったことがはっきりとわかりました。彼女はこう言いました。:

“In my country, we are physically persecuted for our confession of faith in Jesus, sometimes to the point of death. That’s how we know we are saved. Our faith in Jesus is tested in the fires of persecution. Now, without persecution, how can you know that you really believe and that your confession is true? Have you ever been persecuted?”
“私の国では、イエスを信じていると告白すれば身体的に迫害にあいます。死に至るときもあります。それで私たちは救われていると分かるのです。イエスへの信仰は、迫害の火で試されます。だから迫害がなければ、本当に信じていて、あなたの告白が本当だとどうして分かるのですか?迫害にあったことはありますか?”

She was genuinely concerned for me in asking this.
彼女はそう聞きながら、本当に私のことを心配していました。

“I’ve been humiliated a few times,” I said in a small voice.
“屈辱を受けたことは何回かありますが、、、。” 私は小さな声で言いました。

This only served to worry her.
これは、かえって彼女を心配させるだけでした。

Her concern is shared by Paul as he continues in chapter 10 of his letter to the Romans:
彼女の懸念は、パウロがローマ人への手紙の第10章で書いている事と同じです。

How, then, can they call on the one they have not believed in? And how can they believe in the one of whom they have not heard? And how can they hear without someone preaching to them? And how can anyone preach unless they are sent? As it is written: “How beautiful are the feet of those who bring good news!”
Romans 10:14,15

しかし、信じたことのない者を、どうして呼び求めることがあろうか。聞いたことのない者を、どうして信じることがあろうか。宣べ伝える者がいなくては、どうして聞くことがあろうか。 つかわされなくては、どうして宣べ伝えることがあろうか。「ああ、麗しいかな、良きおとずれを告げる者の足は」と書いてあるとおりである。
ローマの信徒への手紙10:14,15

The validity of our confession will be seen in our life choices.
(私たちの告白の信頼性は私たちの人生の選択に見られます。)
私たちの告白が本物であるかどうかは、私たちの人生の選択に見られます。

The validity of our belief will be seen in our repentance from sin.
(私たちの信仰の信頼性は私たちの罪の悔い改めに見られます。)
私たちの信仰が本物であるかどうかは、私たちの罪の悔い改めに見られます。

The validity of our belief will be seen in our spiritual fruits and gifts.
私たちの信仰の信頼性は私たちの霊的な 成果と賜物に見られます。

The validity of our confession will be seen in the fires of persecution.
(私たちの告白の信頼性は迫害の火の中に見られます。)
私たちの告白が本物であるかどうかは、迫害の火の中に見られます。

And the validity of our belief will be seen in our willingness to share the good news of salvation that we have received.
(私たちの信仰の信頼性は私たちが受けた救いの良い知らせを進んで分かち合おうとする気持ちに見られます。)
私たちの信仰が本物であるかどうかは、私たちが受けた救いの良い知らせを進んで分かち合おうとする気持ちに見られます。

How pure is your life?
あなたの人生はどれほど純粋ですか?

How strong is your faith?
あなたの信仰はどれくらい強いのですか?

How beautiful are your feet?
あなたの足はどれほど麗しいですか?

These things don’t win salvation but they are the fruits of salvation and they are markers for us and others, confirming that our confession of faith in Christ as Lord is real.
純粋さ、信仰の強さ、麗しい足を持っているからと言って、あなたが救われているとは限りませんが、これら、純粋さ、信仰の強さ、麗しい足は、私たちや他の人にとって、救われているかどうかを知る指標となります。それらは神の救済から生まれるものであり、私たちの主キリストに対する信仰の告白が本物であることを確認することができます。

Let me finish with this one question for you to work out with fear and trembling: How do you know you’re saved?
あなたが恐れと震えに打ち勝つために、次の1つの質問で終わらせましょう:“救われているとどうして分かるのですか?”

If you’re not absolutely sure of the answer, then come and speak with me after the service, and let’s make sure of it.
その答えがまだはっきりとわからない人は、礼拝の後に私と話をして確かめてください。

Pray.