Lamb of God

29 July, 2018

Today we’re going to talk about animals. There’s one animal in particular that features a lot in the Bible and we’ll start with a quiz to find out which animal it is.

  1. Monkey
  2. Aardvark
  3. Turkey
  4. Sheep

The answer is a sheep. Sheep feature at various places in the Bible, from the time of the Exodus to the time of the start of the Kingdom of Israel to New Testament times.

Very early in the Bible story, sheep featured at the start of the exodus – when the Jews left captivity in Egypt – at an event called The Passover. Bradley will explain what happened at the first Passover.

Kids’ Message – Bradley

Mini sermon 1

Sheep continued to play an important role not only in Jewish religious life, but in God’s great plan of redemption for all mankind. In this mini-sermon, I’d like to show you – almost entirely from using selections of scripture – how this redemption was brought about by the blood of lambs.
羊は、ユダヤ人の宗教に限らず、すべての人類のための神の偉大な償いの計画において重要な役割を果たし続けました。最初の短いお話では、聖書の箇所を抜粋しながら贖いがどのように子羊の血によってもたらされたかをお話したいと思います。

We’ve already seen how lambs – specifically the blood of lambs – played a crucial role in bringing life to God’s people at a time of divine judgement upon the Egyptian people. It was the blood of the lamb that saved God’s people.
私たちはすでに、羊の、特に子羊の血が重要な役割を果たしました。神がエジプトの人々に対し裁きを下し、神の民に人生をもたらすために羊が大切な役割をしたのです。神の民を救ったのは、子羊の血でした。

On that same night I will pass through Egypt and strike down every firstborn of both people and animals, and I will bring judgment on all the gods of Egypt. I am the Lord. The blood will be a sign for you on the houses where you are, and when I see the blood, I will pass over you. No destructive plague will touch you when I strike Egypt.
Exodus 12:12-13

今夜わたしがエジプトを通り過ぎ、エジプトの家々の長男と家畜の初子とを殺し、エジプトの神々にさばきを下すからだ。わたしは主である。 13 戸口の門柱とかもいに塗った血は、わたしに従うというしるしだ。エジプトの地を打つ時も、血が塗ってある家は過ぎ越そう。その家の子は安全である。
出エジプト記 12:12-13

In the OT, the blood of lambs was also used as a temporary atonement for sin:
旧約聖書では、子羊の血は、罪の一時的な償いとしても用いられました。

When you are guilty, you must confess the sin, and as the penalty for your sin you must bring to the Lord a female sheep or goat as an offering. The priest shall offer the sacrifice for your sin.
Leviticus 5:5-6

以上のどの場合も、罪を告白し、 6 償いとして、雌の羊かやぎを罪の赦しのためのいけにえとしてささげなさい。祭司はその人の罪の償いをしなさい。
レビ記 5:5-6

The book of Leviticus goes on to explain why.
レビ記の書では、その理由を説明しています。

The life of every living thing is in the blood, and that is why the Lord has commanded that all blood be poured out on the altar to take away the people’s sins. Blood, which is life, takes away sins.
Leviticus 17:11

血はいのちそのものであり、罪を償い、たましいを救う代償として祭壇に振りかけるものだからだ。
レビ記 :17:11

The writer of Hebrews also explains how the blood of lambs to cleanse from sin was a temporary provision until a better and more permanent provision was made. That better and more permanent provision was Jesus, the Lamb of God. (Hebrews 10:1-10)
ヘブライ人の執筆者は、罪から清めるために実際の子羊の血を使用するのは一時的な方法であると説明しています。私たちのために備えられた、より良い、より永久的な罪の清めは、神の子羊であるイエスの事でした。 (ヘブライ10:1-10)
(罪から清めるための子羊の血はもっと良い永続するものが作られるまでは一時的に与えられたものでした。)

That’s why in the New Testament, when John the Baptist saw Jesus for the first time publicly, he greeted Him with the words,
それが新約聖書において、バプテスマのヨハネが初めて公の場でイエスを見たとき、ヨハネは次のような言葉でイエスに挨拶しました。その時のことは次のように書かれています。 その翌日、ヨハネはイエスが来られるのを見て、言いました。

“Look, the Lamb of God, who takes away the sin of the world!”
John 1:29

ごらんなさい。この方こそ、世の人々の罪を取り除く神の小羊です。
ヨハネの福音書 1:29

Paul, Peter and John each explain how Jesus was the full and perfect passover lamb who takes away our sin once and for all.
パウロ、ペテロ、ヨハネはそれぞれ、完全に完璧な、過ぎ越しの子羊はイエスであり、私たちの全員の全ての罪を取り除いてくれるのはイエスであると説明しています。

Paul says:
パウロはこう言いました。

For Christ, our Passover lamb, has been sacrificed.
1 Corinthians 5:7b

神の小羊であるキリストは、私たちのためにすでに殺されたのです。
コリント人への手紙Ⅰ 5:7b

Peter explains:
ペテロは次のように説明してくれています。

For you know that it was not with perishable things such as silver or gold that you were redeemed from the empty way of life handed down to you from your ancestors, but with the precious blood of Christ, a lamb without blemish or defect.
1 Peter 1:18-19

神は、あなたがたの先祖が天国への道を外れ、むなしい努力を重ねてきた生き方からあなたがたを救い出すために、身の代金を払ってくださいました。それは、金や銀のような朽ちる物ではなく、一点の罪もしみもない神の小羊、キリストの尊い血によって支払われたのです。
ペテロの手紙Ⅰ 1:18-19

John adds:
ヨハネは次のように付け加えています。

He [Jesus] is the atoning sacrifice for our sins, and not only for ours but also for the sins of the whole world.
1 John 2:2

そして、私たちの罪ばかりでなく、全世界の罪に対する神の怒りを一身に引き受け、神との関係を回復させてくださいました。
ヨハネの手紙Ⅰ 2:2

So Paul then explains Jesus’ instructions on how we are to remember and celebrate Jesus’ great sacrifice of love for us:
私たちを愛してくださったイエスの偉大な犠牲をどのように私たちが覚えてお祝いすれば良いのか、イエスが私たちに教えてくれています。そのことをパウロが説明してくれているのです。

I have handed down to you what came to me by direct revelation from the Lord himself. The same night in which he was handed over, he took bread and gave thanks. Then he distributed it to the disciples and said, “Take it and eat your fill. It is my body, which is given for you. Do this to remember me.” He did the same with the cup of wine after supper and said, “This cup seals the new covenant with my blood. Drink it—and whenever you drink this, do it to remember me.”
1 Corinthians 11:23-25

なぜなら、以前あなたがたに伝えたとおり、聖餐式について、主ご自身がこう言われたからです。すなわち、ユダが主イエスを裏切った日の夜、主イエスはパンを取り、 24 神に感謝の祈りをささげてから、ちぎって弟子たちに与え、こう言われました。「取って食べなさい。これは、あなたがたのために裂かれる、わたしの体です。わたしを思い出すために、このようにして食べなさい。」 25 夕食の後、同じように杯を取って言われました。「この杯は、神とあなたがたとの間の新しい契約です。この契約は、わたしの血によって立てられ、効力を発します。これを飲むたびに、わたしを思い出すため、このようにしなさい。」
コリント人への手紙Ⅰ 11:23-25

Paul also explains that receiving communion is not just an act of remembrance – although it is certainly that – but receiving communion is also an act of participation. Just as baptism marks our initial acceptance of Christ and our participation in the body of Christ, so receiving communion marks our ongoing acceptance of Christ and our ongoing participation in the body of Christ:
パウロはまた、聖餐式を受けることは思い出になるということだけでなく、確かに思い出にはなりますが、聖餐式を受けることは「行いをする」という行為になると説明しています。聖餐式、バプテスマとは、最初にキリストを受け入れ、次にキリストの体の一部となることを示します。聖餐式を受けることは、キリストを受け入れ続け、キリストの体の一部となり続けていくことを示します。
(バプテスマが最初にキリストを受け入れ、キリストの体の一部となることを示すように、聖餐式を受けることはキリストを受け入れ続け、キリストの体の一部となり続けていくことを示します。)

Is not the cup of thanksgiving for which we give thanks a participation in the blood of Christ? And is not the bread that we break a participation in the body of Christ?
1 Corinthians 10:16

私たちが聖餐式で主の食卓に着き、ぶどう酒を飲んで、主の祝福を求める時、それは、そのぶどう酒を飲む者がみな、キリストの血の祝福を共に受けることを意味していないでしょうか。また、一つのパンをちぎって共に食べる時、それは、私たちがキリストの体の恩恵を共に受けることを示すのではないでしょうか。
コリント人への手紙Ⅰ 10:16

What is love? Forget what the world tells you. What is real love? Jesus said that real love is sacrificial. He said:
愛とは何でしょうか?この世が言う「愛」のことではなく、本当の愛とは何でしょうか?イエスは本当の愛は犠牲であると言いました。イエスは次のように言いました。

For the greatest love of all is a love that sacrifices all. And this great love is demonstrated when a person sacrifices his life for his friends.
John 15:13

愛は何によって測ることができるでしょう。友のためにいのちを投げ出すこと、これより大きな愛はありません。
ヨハネの福音書 15:13

Jesus love was even greater than this.
イエスの愛は、それよりももっと大きな愛でした。

Very rarely will anyone die for a righteous person, though for a good person someone might possibly dare to die. But God demonstrates his own love for us in this: While we were still sinners, Christ died for us.
Romans 5:7-8

たとえ私たちが良い人間であったとしても、だれかが自分のために死んでくれるなどとは考えてもみなかったでしょう。 8 しかし、私たちがまだ罪人であった時、神はキリストを遣わしてくださいました。そのキリストが私たちのために死なれたことにより、神は私たちに大きな愛を示してくださったのです。
ローマ人への手紙 5:7-8

This is why Christians point to John 3:16 as the pinnacle of the gospel:
これが、クリスチャンが福音の頂点としてヨハネ3章の16節を選ぶ理由です。

For God loved the world so much that he gave his only Son, so that everyone who believes in him may not die but have eternal life.
John 3:16

実に神は、ひとり子をさえ惜しまず与えるほどに、この世界を愛してくださいました。それは、神の御子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠のいのちを得るためです。
ヨハネの福音書 3:16

Understanding this, examine your lives, confess your sins, turn to God in faith through Christ and receive afresh the Holy Spirit in your heart. Then come forward and receive the elements of communion.
このことを理解し、自分の人生を見つめ直し、罪を告白して、キリストを通して信仰をもって神に向き、聖霊を新たに心に受け止めてください。それから前に出て、聖餐式を受けてください。
(このことを理解し、自分の人生を吟味し、罪を告白して、キリストを通して信仰をもって神に向き、聖霊を新たに心に受けてください。それから前に出て、聖餐式を受けてください。)

Today I would like to invite families [are invited to] to come forward together. We won’t be giving the elements to the kids but I’d like them to come forward with you to be a part of this holy experience and to receive prayer.
今日私は家族の皆さんに子供達と一緒に前に出てきてもらいたいと思います。子供たちにはパンとぶどう酒は与えられませんが、ご両親のあなた方と共に、この聖なる経験の一部となり祈りを受けるために子供達にも前に出て来て欲しいと思います。
(家族でいっしょに前に出てきてください。)

Mini-sermon 2

One of my students once asked, what is it about Christianity and sheep? Why are there always pictures of sheep in stained glass windows, images of the blood of sheep, and stories of sheep. We’ve already explained about most of that today, but there is one other reference to sheep that we still need to look at.
私の生徒の一人が、キリスト教と羊についてどういう関連があるのかと尋ねてきました。ステンドグラスの窓には常に羊の絵があり、羊の血のイメージと羊の物語がたくさんあります。私たちはすでに今日その理由の大部分について説明しましたが、お話しておく必要があるヒツジの例が、もう1つあります。

Jesus told a parable in which a shepherd was tending one hundred sheep. But one of them wandered off and was lost. So the shepherd leaves the other 99 in the open countryside, and runs off to look for the one missing sheep. And when he finds that missing sheep, he is overjoyed.
イエスは、羊飼いが100頭の羊を飼っていたという例え話を語りました。しかし、それらの羊のうちの一匹がさまよい、いなくなってしまいました。すると羊飼いは広い田園地帯に他の99匹の羊を全部逃し、いなくなった、たった一匹の羊を探すために走り回りました。そして、いなくなった羊が見つかると、羊飼いは大喜びしました。

He puts it on his shoulders and he carries it back to the flock and when he gets there he celebrates with his friends. He’s overjoyed because the sheep that was lost has been found.
羊飼いは見つけた羊を肩に担ぎ、羊を群れに連れ戻し、羊飼いは友人たちと祝いました。失われた羊が見つかったので、彼は大喜びしました。

In the same way, we are like the sheep that has wandered off and Jesus is like the shepherd. He notices when we wander off and he searches us out.

この話と同じように、私たちはさまよっていた羊のようであり、イエスは羊飼いのようです。イエスは私たちがさまようと、それに気付き、イエスは私たちを探し出してくれます。

We often talk in terms of searching for God, and think that it is us who go looking for God. In some ways that’s true. We are called to seek God, to call out to Him and to draw near to Him; but the greater action, the greater search is God’s doing. He seeks us out.
私たちはしばしば、神を探し求め、神を探しに行くのは、私たちであるべきだと考えます。ある意味、それは本当です。私たちは、神を求め、神を呼び、神に、より近づくように求められます。しかし、それよりも、もっと探しているのは神のほうです。神は私たちを探し出してくれます。

We seek Jesus but He seeks us out more! And when we are reunited with Him, He is overjoyed. God is overjoyed at our returning to Him through Jesus.
私たちはイエスを探し求めますが、イエスは私たちをもっと探し求めています!そして私たちが再び彼の元に戻るとイエスは大喜びです。私たちがイエスを通して神の元に帰ってきた時、大変喜んでくれます。
(私たちはイエスを探し求めますが、イエスは私たちをもっと探し出します。)

God said,
神はこう言いました。

“In the time of my favor I heard you, and in the day of salvation I helped you.” I tell you, now is the time of God’s favor, now is the day of salvation.
2 Corinthians 6:2

「恵みの時に、あなたの叫びはわたしに届いた。救いが差し出されている日に、わたしはあなたを助けた。」まさしく今、神様はあなたを喜び迎えようとしておられます。今日、あなたを救おうとしておられます。
コリント人への手紙Ⅱ 6:2

I want to tell you today that if you are still wandering the hills, if you’re still a bit lost, today is the day for you to come back. Today is the day for you to get right with God. Today is the day of your salvation. It’s not too late to take communion! God is searching for you. He is calling you. Will you go to Him?
私は今日、あなたがまだ子羊のように丘をさまよっているなら、または、まだ少し道に迷っているなら、今日が、あなたが戻ってくる日、救いの日であることを伝えたいと思います。今日は、あなたが神と正しい関係を結ぶ日です。今日はあなたの救いの日です。聖餐式をするのに、遅すぎることはありません。神があなたを探しています。神はあなたを呼んでいます。あなたは神の元に行きますか?
(今日があなたの救いの日です。)

Pray