Lent: Denying Yourself 受難節:自分自身を捨てる

We are currently in the season of Lent.
私達は現在、受難節の時期にあります。
Some of us may be in the midst of practicing the tradition of giving up something during this time.
この時期、何かを断念するという伝統的な実践をしている真っ最中の人々が私達の中にもいるかも知れません。
But have you ever paused and thought about why we are doing it?
でも私達はなぜそんなことをするのか考えた事ありますか?

Why do we give up something during Lent?
なぜ受難節のときに何かをあきらめようとするのでしょうか?
The question I often ask myself is, “What is Lent in the first place?”
この質問をしばしば自分自身に受難節とは最初は何でしょうか?と問いかけます。
              (受難節の由来は何なのか) 
According to the United Methodist Church website, Lent is:
ユナイテッドメソジスト教会のウェブサイトに寄ると、レント(受難節、四旬節)とは、
The season of forty days, not counting Sundays, leading up to Easter Sunday. Lent comes from an Anglo-Saxon word that means “spring.” The forty days represent the time Jesus spent in the wilderness, enduring the temptation of Satan while preparing to begin his ministry.
受難節とは復活祭に至までの日曜日を数えない40日間の日数。
受難節はアングロサクソン語で”春”を意味します。
その40日間とはイエスが任務を全うする間サタンの誘惑に耐えて荒野で過ごした時間を表す.

Lent is a time of repentance, fasting, and preparation for the coming of Easter. It is a time of self-examination and reflection where Christians focus on their relationship with God, often choosing to give up something.
受難節は懺悔、断食、そして復活祭を迎える準備の時間なのです。
クリスチャンが神との関係に焦点を当て、自分を見つめ治して反映する時間でありしばしば何かを断念する事を選びます。

This definition of Lent helps me a little bit in better understanding this season, and I hope it does for you, too.
この受難節の定義は、この時期をより良く理解するのに少し役立ちます、そして皆さんにも役立ちますように。
But honestly, it doesn’t help me much in better understanding why I should abstain from something.
しかし、正直に言いますと、その定義はまだ私にはなぜ何かを慎まなけれならないのかのというより良い納得がいきません。
I don’t like fasting in general for two reasons:
私は2つの理由から断食を好みません。

1) I like food too much, and it’s very difficult for me to stay away from food, because being hungry makes me lose my concentration even more.
私は食べ物がとても好きで、私にとって食べ物を避けるというのはとても難しいのですと言うのもお腹が空くと集中力がますます無くなりますから。
But more importantly,
でももっと重要なのは、
2) I don’t like doing something just for the sake of doing it.
私はただ断食をする為に何かをするのはいやなのです。
In other words, I don’t like doing something without a good reason or understanding for why I do it.
別の言葉で言うなら、何故断食をするのか正当な理由がなくする意味もなく何かをするのは嫌です。

And it’s because of these two reasons that I usually don’t participate in the practice of giving up something during Lent season.
このような2つの理由から私は普段はこの受難節の時期何かを慎む事に参加しません。
Admittedly speaking, it’s a very selfish reason, and I’m very ashamed to disclose this to you today.
確かに、それは自分勝手な理由ですし、今日これを打ち明けるのはとても恥ずかしいです。
Furthermore, it’s a pretentious act full of false humility and hypocrisy.
さらに、それはただ自分を正当化しているだけなのです。
I’m basically making an excuse that sounds spiritual, but is actually very immature and contrary to proper Christian living.
基本的に口実を作っていますが、これは実はとても未熟な考えで適切なクリスチャンの生活とは全く逆です。
I want to become more spiritually mature. I want to be more faithful to God.
私はもっと霊的に成熟したクリスチャンになりたい。もっと神に忠実でありたい。
I want this season to mark a sense of commitment and purpose in my life, especially as I look ahead toward Easter, the ultimate fulfillment of God’s love for me.
私はこの時期に自分の人生の目的や公約の意識に注目し、特に復活祭にむけて自分の為に神の根源的な実現に注目したいです。
And to start, I want to overcome those two pathetic excuses that I often hide behind, which is nothing more than an insincere guy trying to sound sincere, a shallow guy trying to sound deep, and an idiot trying to sound intellectual.
先ず始めに、私はしばしば言っているこれらの2つの哀れな言い訳を克服したい
それは例えば、不誠実な男が誠実なように聞こえるよう振る舞ったり、浅い考えをもっている男が深い考えをもっているかのように振る舞い、頭が悪い人が賢いように聞こえるように話すよな知ったかぶり。
If any of you today admit to being just like me or can identify with these excuses, then let’s take this next step of faith to spiritual maturity together.
もし今日、あなた方の中に私みたいな感覚を認め又これらの言い訳に一致するなら、
この次の段階の精神的な成熟への信仰を一緒にしてみましょう。
I think the key concept of Lent is denying yourself. Just as Jesus spent forty days in the wilderness fasting and praying, basically denying himself in order to focus on God and prepare for the beginning of his ministry, we, too, want to spend these forty days of Lent denying ourselves, fasting and praying, in order to prepare ourselves for the celebration that is to come in Easter.
受難節の重要な概念は自分自身を捨てるということだと思います。イエスが40日荒野で断食をし、祈って、神と宣教の始まりの準備に焦点をあてるためにご自身を捨て過ごしたように、私たちも受難節の40日を来たるイースターを祝う準備をするために、自分自身を捨て、断食をし、祈って過ごしたいのです。

And I came to the realization that denying yourself has to mean more than just mindlessly giving up something.
自分を捨てるというのは、ただ何かを自制(あきらめる)するというよりももっと意味のあるものだと気付きました。
Denying yourself must have a deeper meaning and value than just abstaining from something without giving it much thought.
自分を捨てるというのは深い意味があるし何も意味のある考えがないのにただ自制するというのよりも価値があるのです。
Denying yourself has to be more than just simply not doing something.
自分を捨てるのはただ単純に何かをしないというようりももっと必要なものがあるのです。
For example, for me, I wouldn’t be denying myself at all if I commit to fasting breakfast during Lent.
例えば私の場合、受難節の40日間朝食を断食するってことになっても私にはその自分を捨てるというものにはなりません。 Why? なぜでしょう? I usually don’t eat breakfast anyway! There is no sense of sacrifice in my skipping breakfast.
私は普段から朝食は取りませんから。なので、私にとっては朝食を断食する事は何も犠牲にはならないのです。
I wouldn’t be denying myself at all if I commit to no TV during Lent.
受難節の間、テレビをみるなと自制せさられても全く意味がありません。
Why? なぜでしょう?I could confidently say that I could give up TV for forty days, but what I choose to do with that time not watching TV will ultimately prove my seriousness to the commitment.
私は40日間テレビを見るのをあきらめる事が出来ると言えます、でもそのテレビを見ていない時間を神に関係のないもので時を過ごしていたら、それは何も犠牲ではありません。

What good would it do if I were able to successfully checked off “no TV” for forty days on the Lent calendar, but all I did with that time was play more Hay Day (an Internet game) and watch more YouTube videos?
もし、私が受難節のカレンダーに40日間テレビを消すことに成功してもその間にインターネットのヘイディやもっとユーチューブビデオを見たらどうでしょ?
All I would be doing is mindlessly replacing one form of entertainment for another. There is no meaning or purpose in that kind of sacrifice.
私がやっているであろう事は愚かにも他の娯楽へ移り代えているのです。
それでは犠牲にする意味や目的がありません。
It has to mean more than just choosing to eat a Filet-O-Fish instead of a Big Mac at McDonald’s on Fridays during Lent, which is a real and on-going practice in the U.S. ($1 Filet-O-Fish on Fridays during Lent).
それは受難節にアメリカでは本当に実行されている事で(受難節の金曜に1ドルのフィレオフィッシュ)金曜にマクドナルドのビックマックの代わりにフィレオフィッシュを食べる事をただ選ぶというよりもっと意味がないといけないのです。
You abstain from eating meat on Fridays during Lent, but you go and eat fish instead? Huh? Eh? That’s a perfect example of only following the written rule, but not truly understanding the intentions or the spirit of the rule.
受難節の金曜に肉を食べるのを止めてその代わりに魚を食べに行くのですか?
これは書かれてある規則だけに従ってる丁度良い例です、しかしそれは本当の意図又は霊の支配を理解していません。
So, what does denying yourself mean? What does it tangibly look like?
では、自分自身を捨てるとはどういう意味でしょうか?明白にはどのようなことでしょうか?
If you’re like me and you’re looking for real answers because you’re really serious about getting on the right track with this fasting-during-Lent thing, let’s take a look at one of the key verses in the Bible concerning “denying yourself.”
もしあなたが私のように受難節の期間にこの断食を正しい軌道に乗せることを本当に真剣にその答えを探し求めるなら,”自分を捨てる”について聖書に
ひとつポイントになる節があるので見てみましょう。

Then (Jesus) said to them all, “Whoever wants to be my disciple must deny themselves, take up their cross daily, and follow me.” –Luke 9:23 (NIV)
ルカの福音書
9:23それから、みなの者に言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。

I love this verse, because it’s so bold. It “cuts to the chase.” There’s no fluff, no sugar coating, no minced words.
私はこの節がとても大胆なので好きです。単刀直入。余計な飾り言葉は一切ありません。 And it’s so true. そしてそれは全くその通りです。
A lot of times, Bible verses are difficult to accept simply because they are so true.
何度も、聖書の言葉は本当に真実なので簡単に受け入れるのは難しいです。
When we are confronted with the truth, we have two choices. Accept it, or deny it.
真実に向かい合う時、私達は2つの選択があります。受け入れること若しくは否定する事です。
Here is Jesus telling his disciples, his followers, “If you want to be my disciple, follow me!” Some cynics would sarcastically say, “That’s a bit redundant, isn’t it?”
イエスは彼の弟子達、彼に従う者達に”もし私の弟子になりたいなら私に従いなさい”と言います。皮肉を言う人達は” それはちょっと言い過ぎですね”と皮肉的に言います。
Well, I think Jesus always chooses his words carefully, and there must be a reason why he’s being seemingly redundant.
私はイエスはいつも自分の言葉を注意深く選び、そしてなぜ見た目に過剰ぎみに言っているのか、それには理由があるからに違いないと思います。
I think he’s drawing a line in the sand here. If you want to be a Christian, you have to follow me.
私はここにイエスははっきりとした線を引いたと思います。もしあなたがクリスチャンになりたいのなら、イエスに従って行かなければなりません。
If you can’t follow me, then you are not a Christian. No middle ground.
もしあなたがイエスの教えに従って行けないなら、あなたはクリスチャンではありません。妥協はありません。
And the way to go about doing this, to be Jesus’s disciple and to follow him, is to “deny yourself.”
そしてこのイエスの弟子やイエスに従う者になるには”自分を捨てる”に至のです。
As much as there is a list of three things you must do to be Jesus’s disciple, I believe that they are intertwined and connected.
イエスの弟子になるにはたくさんある中でも今から上げる3つの事はあなた方が行う必要があります、私は、それらが絡み合って結びついていると信じています。
In the concept of “denying yourself,” in it is also the importance of “taking up your cross daily” and “following Jesus.”
“自分を捨てる”の概念の中には又”日々あなたの十字架を取り”そして “イエスに従う” 事の重要性もあります。
You can’t have one, and not the other two. You can’t have just two of the three.
1つだけを取ることは出来ませんし又他の2つを取る事もできません。3つの内から2つだけとるのも出来ません。
You have to do all three, because they are closely intertwined and connected.
3つ全て行う事が必要です、なぜならそれらは強く絡み合って繫がっているからです。
1) Denying yourself means consciously saying no to your selfish instincts.
自分自身を捨てるということは、自己中心的な衝動を意識して拒むことです。

I think abstaining from food and media is a noble idea.
食べ物やメディアから慎むのは尊い考えだと思います。
To give up something that you like or enjoy is definitely a sacrifice, and a notable effort at that. But let’s not stop there.
好きな物や楽しい事を慎むのは絶対に犠牲です、そしてそれは良い事ですが
でも、それで終わらせないでください。
What about our selfish instincts? What about the urge to do as I please?
私達の自己中心的な本能はどうなるのででしょう?私がしたいようにする衝動についてはどうでしょう?
“It’s my life. I should be able to do what makes me happy.”
それは私の人生。私は自分を幸せにする事が出来るべき。
What about the urge to put myself first?
自分をいつも中心に置きたい気持ちはどうなんでしょう?
“If I don’t look out for myself, who will?”
もし私が自分自身のために気をつけなけれが誰がそうするのでしょう?
What about the right to be right? “I’m entitled to my opinion.”
正しい事の権利はどうなるのでしょう? 私は自分の意見をもつ権利があります。
What about the right to be wrong.
間違っていることについて自分の権利があります。
“As long as I feel okay about it, no one has the right to question how I feel.”
自分は後悔しなければと感じるなら、だれも私がどのように感じてるか等質問する権利はありません。
These are some examples of how selfish instincts appear in our thoughts and decisions.
自分勝手な私達の考えや決断の衝動がどのように現れるかここにいくつかの例があります。

Jesus challenges us to deny ourselves in this way as well.
イエスは私達に自分を捨てるという事をこのように挑みました。
As Christians, we don’t do as we please anymore, because Christ lives in us.
クリスチャンとして、私達は自己中心的な考え方をしなくなります、何故なら私達の中にイエス様が生きておられるからです。
“It’s my life, but I willingly gave control to Jesus.”
私の人生だけれども喜んで私の人生をイエス様に操作してもらう。
As Christians, we put God and others before ourselves.
クリスチャンとして、私達は神や他の人を自分達よりも先に置く。
“I don’t look out for myself, because Jesus is looking out for me.”
神が私のために見張っていてくれているので私は自分を見張りません。
As Christians, we relinquished our rights, just as Jesus did when he died on the cross. “It is not I who live, but Christ who lives in me.”
クリスチャンとして、ただイエスが十字架で死んだ時にしたように私達は自分達の正義を手放した。
2) Denying yourself means taking on the responsibility of self-sacrifice every day.
自分自身を捨てるということは、毎日、自己犠牲の責任を負うということです。

This self-sacrifice is very similar to what I just explained in Point #1 above.
この自己犠牲は私がポイント1で説明した事と似ています。
To deny your selfish instincts is to die to yourself.
あなたの自分勝手な本能を捨てるという事は、自分自身を殺すということです。
To die to yourself is self-sacrifice.
自分自身を殺すというのは自己犠牲です。
And it’s more than just a passive decision, even more than a conscious act.
そしてその自己犠牲はもっとただの受け身の決断よりも、意識的な行動よりもさらにもっとです。
It’s a responsibility. それは責任です。
It’s a responsibility we have as Christians to live this way, a responsibility we have to God and to others.
クリスチャンとしてこの道を生きる必要があるのです、責任とは私達は神を得て他の人へと繋いで行くのです。
It’s a responsibility we have to God, because we bear his name.
それは私達は神の名を荷なうのを許されているのですから、神を必要とする責任があります。
We are his ambassadors, his representatives.
私達は神の代表者であり、彼の大使なのです。
If we don’t act sacrificially, we are not representing him accurately.
もし私達が犠牲行動しないなら、私達は正確に神を表せません。
And it’s a responsibility we have to others.
そしてそれは私達が他の人にも知ってもらう責任があります。
We are reflections of Christ to the world.
私達はクリスチャン世界の反映された者達です。
We are, as Pastor Andrew put it, the Fifth Gospel.
私達はアンドリュ牧師を筆頭に5番目の福音です。

If we don’t act sacrificially, we are not conveying God’s message to others.
もし私達が犠牲行為をしなければ、私達は他の人に神のメッセージを伝えれません。
And this responsibility needs to be taken up daily.
この行為は日々取り上げられる必要があります。
Not just during Lent. Not just on Easter. Not just on Sundays. Every day! It’s a daily responsibility to sacrificially deny yourself.
ただ受難節の時だけじゃなく。イースターの日だけではなく、日曜だけじゃなく。
自分勝手な自分を捨てる犠牲を日々意識するのです。
3) Denying yourself means following Jesus.
自分自身を捨てるということは、イエスに従うということです。

Following Jesus is not easy. I’ll be the first one to admit that, and I’ll say it bluntly. It’s not easy following Jesus.
イエスに従うのは簡単ではありません。その事は知っている!!と一番始めにそう言うと思うでしょう、そしてズケッとはっきり言いますが。
イエス様に従うのは簡単ではありません。
But I’ll also say it proudly, because even though it’s not easy, I’m still doing it.
でも、又、それは誇りとも言えるでしょう、なぜなら簡単でないにもかかわらず
まだそれをし続けてるのです。
And I’ll say it joyfully, because even though it’s not easy, it’s the best decision I’ve made in my life.
そしてそれは嬉しそうと言えるでしょう、なぜなら簡単でないにもかかわらず、
その決断は私は自分の人生で最も良い決断を行ったので。
But, it’s not easy following Jesus.
でも、イエスに従うのは簡単ではありません。
It’s not easy, because it requires denying yourself.
なぜなら自分自身を否定する必要があるので、それは簡単ではありません。
Every time I think of this truth, it reminds me of what Jesus said to Peter after his resurrection:
毎回この真実を考える度に、イエスが彼の復活後にペテロに言った事を思い出します。
Very truly I tell you, when you were younger you dressed yourself and went where you wanted; but when you are old you will stretch out your hands, and someone else will dress you and lead you where you do not want to go.” Jesus said this to indicate the kind of death by which Peter would glorify God. Then he said to him, “Follow me!” –John 21:18,19
ヨハネの福音書
21:18よくよくあなたに言いっておく。あなたが若かった時には、自分で帯をしめて、思いのままに歩きまわっていた。しかし年をとってからは、自分の手をのばすことになろう。そして、ほかの人があなたに帯を結びつけ、行きたくない所ところへ連
れて行くであろう」。 21:19これは、ペテロがどんな死に方で、神の栄光をあらわすかを示すために、お話しになったのである。こう話してから、「わたしに従したが
ってきなさい」と言われた。
Here’s a challenge to us all.
ここに私達全ての課題があります。
As we mature in our faith, it’s only a matter of time before Jesus starts leading us to “places” we don’t want to go.
私達は信仰が成熟するとともに、私達が行きたくない”場所”にイエスは私達を導きはじめるのは時間の問題です。
Out of tremendous love and care for us, Jesus will challenge us to love our enemies, and to forgive those who have hurt us.
途方もない大きな愛から私達の世話、イエスは私達の敵を愛する事と私達を傷つけた人を許すことを私達の課題にします。
Because he knows what’s best for us, Jesus will challenge us to give even when we have little and to give beyond what is asked of us.
なぜなら神は私達にとって何が最も良いのかを知っているのです、イエスは些細なものでさえ与えてくださり私達の求めるもの以上を超えて与えてくれています。
Because he is faithful to complete the good work he began in us, Jesus will challenge us to deny ourselves and be sacrificial.
神は私達の中で作られた良い精神を完成させる自信があるので、イエスが私達に犠牲にさせる事を課題にしてくださっているのです。
So I leave you with this question, “Are you prepared to deny yourself?”
わたしはあなた方にこの質問を残します、あなたは自分を捨てる準備ができていますか?
Not just during this season of Lent, but every day as you think about how you can grow as a Christian, “Are you prepared to deny yourself?”
この受難節の間だけではなく毎日自分がどのようにクリスチャンとして成長できるかを考える時、あなたは自分を捨てる準備が出来ていますか?
(pray)