Let My Light Shine Bright 光を輝かせる

Matthew 5:13-16
マタイの福音書5:13-16

Introduction

Last month, we introduced the PCS3 cards to get us thinking more concretely and consistently about the people around us. How’s it going? How have your prayers been for the people on your card? How have you tangibly served and cared for them? Have you had opportunities to share Jesus with them?
先月私達はもっと具体的にそして一貫して自分達の周りの人々について考えることが出来るようにPCS3カードを作りました。どうでしょう?みなさんのPCS3カードに書いた人々のためにどのようにお祈りをしていますか?そのカードをどのようにしっかりと持っていますか?そのカードに書いた人達とイエスの分かち合いをする機会を持ちましたか?

Today’s message is a sort of follow up to last month’s introduction of the PCS3 cards. The cards are not meant to be some gimmick, nor some mindless checklist, regarding evangelism. We all know that evangelism isn’t easy, that it’s both important and delicate because it involves people, and that it is absolutely dependent on the work of the Holy Spirit.
今日のメッセージは先月作りましたPCS3カードをフォローして行きます。
そのカードは伝道に向けて何か仕掛けや見せかけだけのただの紙というようなカードではありません。伝道が容易でない事は私達は分かっています、重要で繊細なのです、何故ならそれは人々を巻き込みますし又、全く聖霊の働きに依るからです。

The PCS3 cards are meant to be a simple reminder to do our part in God’s plan to save people. But the cards would be both pointless and ineffective without this one important thing: the people around us need to know that we are Christians.
PCS3カードは、人々を救うという神のご計画の私達の行う役割りを思い浮かべさせるという意味です。しかしそのカードはこの重要な事柄なしでは無意味で効果が得られないでしょう。
私達の周りの人たちは私たちがクリスチャンであることを知っている必要があります。
The people on our card need to know that we, as Christians, are praying for them, to the God in the Bible and not to some pagan deity. They need to know that we, as Christians, are caring for them because Jesus taught us to love and care for our neighbors. And they need to know that we, as Christians, are sharing with them the Christian message.
私達のカードに書かれた人達には、異教徒の神にではなく、私達がクリスチャンとしてその人達のために聖書の中にある神に私達は祈っているというのを彼らは知っておく必要があるのです。その方々は私達がクリスチャンとして彼らを思いやっていることを知る必要があるのです、何故ならイエスは私達に愛することと隣人を思いやるということを教えて下さったからです。そしてそのカードに書かれた人達は、私達がクリスチャンとして彼らにそのクリスチャンメッセージを分かち合っているという事を知る必要があるのです。

As Christians, we can do our part in God’s plan to save people by being a positive, Godly influence. Let’s look at our Bible passage for today and see what it says about our Christian influence.
クリスチャンとして、私達は人々を救う神のご計画の私達の役目を積極的に神に信心深い影響によって行う事が出来るのです。では今日の聖書箇所を見て行きましょうそしてクリスチャンの影響力についてなんと話されているか見てみましょう。

Bible Passage Reading

13 “You are the salt of the earth. But if the salt loses its saltiness, how can it be made salty again? It is no longer good for anything, except to be thrown out and trampled underfoot. 14 “You are the light of the world. A town built on a hill cannot be hidden. 15 Neither do people light a lamp and put it under a bowl. Instead they put it on its stand, and it gives light to everyone in the house. 16 In the same way, let your light shine before others, that they may see your good deeds and glorify your Father in heaven. –Matthew 5:13-16

13 あなたがたは、世の塩です。 もしあなたがたが塩けをなくしてしまったら、この世はどうなるでしょう。 あなたがたも、無用のものとして外に捨てられ、人々に踏みつけられてしまうのです。 14あなたがたは世の光です。 丘の上にある町は、夜になると灯がともり、だれにもよく見えるようになります。 1516あなたがたの光を隠してはいけません。 すべての人のために輝かせなさい。 だれにも見えるように、あなたがたの良い行ないを輝かせなさい。 そうすれば、人々がそれを見て、天におられるあなたがたの父を、ほめたたえるようになるのです。

Be Salt
塩であれ。

First, Jesus calls us “the salt of the earth.” He likens us to a very important food ingredient, both in Jesus’ day and now. Salt has two main properties when used with food—flavoring and preserving. In other words, salt has the power to enhance the taste and longevity of food. It has influenced food quality and culture in a positive way for many centuries.
先ず、イエスは私たちを“世の塩”と呼んでいます。イエスは私達をとても重要な食品材料であるとイエスがこの世におられた時、そして現在においてもそう例えておられます。
塩は2つの主な性質を持っています食物に使う時は香味材や保存。言い換えれば、塩は食べ物の味と寿命を日持ちさせます。それは何世紀も肯定的な方法で食品の品質や文化に影響を与えました。
In the same way, what kind of positive, Godly, Christian influence are we being to the people around us? Are we being salty?
同じ様に、私たちは周りの人たちにどのように積極的に神を敬うクリスチャンの影響を与えているでしょうか?私たちには塩けがあるのでしょうか?

I think you’ve heard me mention several times in the past that I was around a lot of Christian hypocrites, a lot of negative Christian influence growing up. Their influence turned me off of church and Christianity.
みなさんは私の周りに沢山の偽善者、否定的なキリスト教の影響を与える多勢の
クリスチャン達がいたという話を過去に何度か聞いた事があると思います。
彼らの影響力は私を教会やキリスト教からそらしました。
But I don’t want to focus on that this time. I want to tell you a story about the positive, Godly influences in my life that ultimately led me to become a Christian.
しかし、今回はそのことについて焦点を当てたくありません。私は私の人生において積極的な信仰深い影響力について最終的に私をクリスチャンに導いた話をしたいです。
It was my second year of university, and one day, I was invited to a Christian question-and-answer forum on campus. Having had a lot of negative experiences with Christians during high school, I decided to attend the forum to try to argue against Christianity. But what happened was, by the end of the semester, I became a Christian thanks to the “saltiness” of the people in the group.

それは私の大学2年目のある日のことでした。私は大学でクリスチャンの質疑応答の公開討論会に誘われました。高校時代、好ましくない体験をたくさんクリスチャン達と過していましたので、私はキリスト教に反する討論をするためにその公開討論会に参加しようと決めました。しかし何が起ったかと言いますと、その学期の終わるまでに、私はそのグループの人々の“塩味”のおかげでクリスチャンになりました。
At first, I was drawn to their answers to my questions, but soon after that, I was more drawn to the people of the group. For the very first time in my life, I had met a group of Christians who were trying their very best to live out their Christian beliefs. They weren’t perfect people, but they were genuine people with genuine faith. And you’ll have the pleasure of meeting two of them next week, Pastor David and his wife Sharon.
先ず始めに、私は私の質問に彼らが答えて魅了されました、そしてすぐその後に、そのグループの人達にもっと魅了されたのです。私はキリスト教の信仰を最善に尽くそうとしていたクリスチャン達のグループに私の人生で初めて出会いました。
彼らはパーフェクトな人達ではありませんでしたが、純粋な人々で真の信仰を持つ人々でした。
そして、みなさんは喜ばしいことにその中の2人の方々に来週会えるでしょう。
デビッド牧師とその妻シャローンさんです。

How about you? Are you being salty? Or have you lost your saltiness? I hope not, because then it says you’re “no longer good for anything.” Ouch! Don’t be useless. Don’t be a non-influential or negatively influential Christian like the friends I knew in high school.

みなさんはどうですか?みなさんには塩気がありますか?それとも塩気を失っていますか?そうではないことを願います何故なら、聖書で告げられているように
“何の役にもたたず”ということになるからです。無駄にしないで下さい。
何の影響も与えない又は私の高校時代の知っている友達の様にマイナスの
クリスチャンの影響を与えないで下さい。
Be what God has called you to be. Be salt. Be a positive, Godly, Christian influence to the people around you.
神に召された者になってください。塩となってください。周りの人たちに積極的に神を敬うクリスチャンの影響を与える者となってください。

Be Light
光であれ
And second, Jesus calls us “the light of the world.” He goes on to explain the properties of light, how it cannot, and should not, be hidden and how it illuminates an entire house. Again, he’s talking about influence. And like light, how are we being a positive, Godly, Christian influence? Are we letting our “light” shine before the people we know?
2つ目に、イエスは私たちを“世の光”と呼んでいます。
彼は光の性質を、どのように光が使えない又隠さるべきではない、そして光は家全体を照らすものと説明しています。再び、彼は影響力につて話されています。そして光のように、どのように積極的に神を敬うクリスチャンの影響となっているでしょうか?人々の前で私たちの“光”を輝かせているでしょうか?

I like the part where Jesus says, “Neither do people light a lamp and put it under a bowl.” It speaks to the point I made in the beginning of this sermon: the people around us need to know that we are Christians. What good is our faith, if we try to hide it? Our faith should be on display for everyone around us to see.
私は“あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。”とイエスが
おっしゃっている部分が好きです。私がこのメッセージの初めに要点として話しましたように:私達の周りの人々に私達はクリスチャンであると知らせる必要があるのです。
もし私達が光を隠そうとするなら、私達の信仰は何が良いのでしょうか?
私達の信仰は、周りの全ての人々に見えるように輝かせるべきなのです。

So, what should our light look like? What should our faith look like? What should our influence look like? We don’t need to look any further than the springboard of today’s Bible passage. If you look in your Bible, you’ll see that the Beatitudes precede and are summed up by the passage we’re reading today.

それで、私たちはどんな光であるべきでしょうか?私たちの信仰はどのようなものであるべきでしょうか?私たちの影響はどのようなものであるべきでしょうか?
今日の聖書箇所のメッセージから分かるようにみなさんがもし聖書を見るなら、
山上の垂訓を見てくださいそして私達が今日読んでいる聖書個所を通して理解出来るでしょう。

I’m not going to go through the Beatitudes in depth, because Pastor Andrew already did so some time ago. But I will mention the points, because they give very good insight to what our faith and our influence should look like.
山上の垂訓を深く掘り進めるつもりはありません、アンドリュー牧師が以前にいくつかしましたから。でも私はその要点を上げるのは、彼らは私達の信仰と私達の影響がどのように見えるかに非常に良い洞察力を与えているからです。

1) be poor in spirit 心を貧しくする
It doesn’t mean “lacking in spirituality.” Rather, it’s a call to be humble and dependent on God.
“霊的に欠けている”という意味ではありません。むしろ、それは謙虚で神に頼るのです。
2) mourn 悲しむ 嘆く
It doesn’t mean “being depressed and sad.” Rather, it’s a call to admit our sinfulness and repent of our sins.
“落ち込んだり哀しむ”という意味ではありません。むしろ、私達の罪を認めるそして私達の罪を悔い改めるのです。
3) be meek 柔和になる
It doesn’t mean “being weak and spineless.” Rather, it’s a call to control and use our strength and power wisely, and not to abuse.
“弱くなるやひ弱になる”という意味ではありません。むしろ、自分達の強さと力を制御し、賢く力を使うのです、自分の強さを乱用しないように。
4) hunger and thirst for righteousness 義に飢え渇く
Self-explanatory.
説明しなくても分かりますよね。
5) be merciful あわれみ深くなる
It doesn’t mean “looking the other way to sin” or “withholding punishment because you feel bad.” Rather, it’s a call to remember mercy while upholding righteousness.
“罪に対する他の方法を探す”または“気の毒に感じて罰を保留する”という意味ではありません。むしろ、義を支持しながら慈愛を覚えるのです。

6) be pure in heart 心を清くする
Self-explanatory.
これも説明しなくても分かりますよね。
7) be peacemakers 平和をつくる者となる
It doesn’t mean “compromising what’s right out of fear of conflict.” Rather, it’s a call to promote peace in order to uphold righteousness.
“争いの怖さに正義を妥協する”という意味ではありません。むしろ、正義を守るために平和を推進するのです。
8) be persecuted because of righteousness 義のために迫害される
This last one may sound odd, and you may be waiting for an explanation. But this one is actually also self-explanatory, because this is what it says immediately afterward:
この最後のひとつは変だなと思われるかも知れませんね、説明がいると思われるかも知れません。
でも最後のひとつは実際には説明しなくても分かるのです、と言いますのもこれは、この次の聖書個所で話されていることなのです。
11 “Blessed are you when people insult you, persecute you and falsely say all kinds of evil against you because of me. 12 Rejoice and be glad, because great is your reward in heaven, for in the same way they persecuted the prophets who were before you. –Matthew 5:11-12

11わたしの弟子だというので、悪口を言われたり、迫害されたり、ありもしないことを言いふらされたりしたら、なんとすばらしいことでしょう。 12喜びなさい。 躍り上がって喜びなさい。 天国では、目を見張るようなごほうびが待っているからです。 昔の預言者たちも、そのように迫害されたことを思い出しなさい。

So if you’re being shunned, made fun of, and even despised by the people around you because you’re trying to be a positive, Godly, Christian influence, then good for you! Jesus says that you should be happy, because you’re doing what’s right, and it’s going to be credited to you in heaven.
だからもし、みなさんがあなたの周りの人達に敬遠されたり、笑われたり、侮られたりされるなら、みなさんは積極的に敬虔なクリスチャンの影響を与えようとしているからです、そしてそれはみなさんにとって良いことなのです。
Be what God has called you to be. Be light. Be a positive, Godly, Christian influence to the people around you.
神に召された者となってください。光となってください。周りの人たちに積極的に神を敬うクリスチャンの影響を与える者となってください。

Conclusion

One last comment. Let’s never forget why we’re doing this. Why we’re trying hard to be salt and light. Why we’re trying hard to evangelize. Why we’re trying hard to pray for, care for, and share with the people on our PCS3 cards. Why we’re trying so hard to be a positive, Godly, Christian influence, even in the face of adversity and persecution. It’s so that the people around us can know Jesus and be saved.
最後にもうひとつ言います。なぜ私達はこれをするのかということを決して忘れないで下さい。なぜ私達は塩や光になるのに懸命に挑戦するのでしょうか。
なぜ私達は伝道に懸命に挑戦するのでしょうか。何故私達はPCS3カードに書いた人達を祈り、思いやり、そして分かち合いをするのでしょうか。
何故私達は積極的に、信仰深く、クリスチャンの影響を与えるのに懸命に挑戦するのでしょうか、たとえ逆境に直面したり、迫害されても。
それは私達の周りの人々にイエスを知らせるためであり、救われるためにだからです。
Think of it this way. Our actions, in the absence of Christian context and in the absence of our Christian identity, will be seen by people as just good deeds by a good person. In other words, if we do all of these things in order to be a positive, Godly, Christian influence, but people don’t know that we’re Christian, we’re just going to get praise heaped on ourselves. We don’t want that.

この様に考えてみて下さい。クリスチャンであることを周りに言わない私たちの行いは、ただ良い人の良い行いだと見られるだけです。つまり、これらのことを積極的に神を敬うクリスチャンの影響を与えようとして行っても、私たちがクリスチャンであることを人々が知らなければ、ただ自分たちがほめられるだけです。
私達は自分達が褒められることを望んでいるのではありません。

What we want is for our “light to shine before people, so that they may see our good deeds and praise our Father in heaven.” And when the people around us praise God due to our positive, Godly, Christian influence, that’s when we’re going to see salvation.
私たちが望んでいることは、私たちの“光を人々の前で輝かせること”です。“そうすれば人々がそれを見て、天におられる私たちの父を賛美するようになる”からです。私たちの積極的な神を敬うクリスチャンの影響により周りの人々が神を賛美するのであれば、そこから救いを見ることができるのです。

Prayer