Listening to God
神様の御言葉に耳を傾けましょう

June 16th, 2019

Minoh International Church
Pastor Andrew Miller

After six days Jesus took with him Peter, James and John the brother of James, and led them up a high mountain by themselves. There he was transfigured before them. His face shone like the sun, and his clothes became as white as the light. Just then there appeared before them Moses and Elijah, talking with Jesus. Peter said to Jesus, “Lord, it is good for us to be here. If you wish, I will put up three shelters—one for you, one for Moses and one for Elijah.”While he was still speaking, a bright cloud covered them, and a voice from the cloud said, “This is my Son, whom I love; with him I am well pleased. Listen to him!”When the disciples heard this, they fell facedown to the ground, terrified. But Jesus came and touched them. “Get up,” he said. “Don’t be afraid.” When they looked up, they saw no one except Jesus.
Matthew 17:1-8

六日後、イエスは、ペテロとヤコブと、彼の兄弟ヨハネを連れて、人里離れた高い山の頂上に登られました。すると、三人の目の前で、たちまちイエスの姿が変わりました。顔は太陽のように輝き、着物はまばゆいほど白くなりました。そこへ突然、モーセとエリヤが現れて、イエスと親しく話し始めたではありませんか。 これを見て、ペテロは思わず口走りました。「ああ、先生。なんとありがたいことでしょう。こんなすばらしいところに居合わせるなんて! もし、よろしければ、幕屋(神がイスラエルの民と会う聖所)を三つお建てしましょう。あなたと、モーセとエリヤのために。」ところが、そう言っているうちにも、光り輝く雲が現れて、三人をすっぽり包んでしまいました。そして雲の中から、「これこそ、わたしの愛する子。わたしはこれを心から喜んでいる。彼の言うことを聞きなさい」という声がしました。この声を聞いた弟子たちは、恐ろしさのあまりわなわなと震え、ひれ伏しました。イエスは近寄り、彼らにさわって言われました。「さあ、起きなさい。こわがることはありません。」それで、彼らがようやく顔を上げると、そこにはもう、イエスのほかにはだれもいませんでした。マタイの福音書 17:1-8

Have you ever been in a situation where, because of nerves or fluster, you say something really stupid? I have, more times than I would like to count! That’s why I like the apostle Peter so much. Whatever mistakes I’ve made, he’s made them, too, only probably even worse than me. And he went on to be the head of the church. So there’s hope for all of us.
緊張や混乱の余り、とても愚かなことを言ってしまったという経験はありますか。私は数えたくないくらい沢山あります!だからこそ、私は弟子のペトロの事が好きなのです。私がしてしまったどんな失敗も、彼も同じようにしています、恐らく私よりもっとひどい失敗もしてい流でしょう。しかし、彼は後に「教会の長」になりました。ですから、私たちにも希望があります。

There Peter was, with James and John, up on a high mountain, accompanying Jesus, when Jesus is suddenly transfigured. We just read what that was like. It must have been as terrifying as it was amazing, so it’s actually quite understandable that Peter would start speaking gibberish. He wants to put up tents for them to stay in, as though they were in need of accommodation.
イエス様が山の頂上で急に姿を変えた時、ペテロはヤコブとヨハネと一緒にいました。先ほどその状況を読んだ通りです。それは素晴らしい出来事であったと同時に恐ろしいことでもあったに違いありません。ですからペトロが訳の分からない事を言い出したことは、理解できます。彼は、イエス様、モーセ、エリヤが泊まる場所が必要だと思い、テントを建てようと考えたのです。

But the foolishness of Peter’s speech here is actually worse than it first seems. His mistake is not only in assuming that the heavenly visitors needed a tent to stay in. Let’s pull back for a moment and ask, why were Moses and Elijiah there in the first place? Yes, it’s assumed that they were probably talking with Jesus about his impending death and resurrection, but why Moses and Elijiah? Why not Samuel and Isaiah? Or David and Ezekiel? Why was it Moses and Elijiah? (Any ideas?)
しかし、ペテロの言葉の愚かさは、想像以上に酷かったのです。彼の間違いは、神聖な預言者たちに宿泊用のテントが当然必要だろうと考えただけではありませんでした。少し戻って考えてみましょう。なぜモーセとエリヤがそこにいたのでしょうか。そうです、彼らはイエス様に迫り来る死と復活について話していたと考えられます。しかしなぜモーセとエリヤだったのでしょうか?どうしてサムエルとイザヤじゃなかったのでしょうか?もしくはダビデとエゼキエルではなかったのでしょうか?なぜモーセとエリヤだったのでしょうか?(みなさん何か考えはありますか?)

They were representatives. Moses was representing the law, and Elijiah was representing the prophets. You might remember Jesus often referred to what was written “in the law and the prophets”. So basically Moses and Elijiah represented everything of God that had come up until that time.
彼らは代表者だったのです。モーセは「律法」に関する代表者で、エリヤは「預言者」の代表だったのです。ご存知のように、イエス様はよく「律法や預言者の言葉」に書かれている事にふれています。ですから、基本的にモーセとエリヤはその時までに神様がなさった全ての事を代表していたと言えるのです。

And here was Peter’s mistake. When he suggested putting up three tents, he was putting Jesus, Moses and Elijiah all on the same level. But they are not on the same level. Jesus is greater. This is what the book of Hebrews is all about. Jesus is greater than the law, He is greater than the prophets, He is greater than the angels. He has been exalted to the highest place that every knee should bow to Him and every tongue confess Him, and no-one else, as Lord.
そしてここにペトロの間違いがあります。彼が三つのテントを建てる事を提案した時、彼はイエス様、モーセ、エリヤを皆同じレベルに考えていました。しかし、彼らは同じレベルではありません。イエス様の方がずっと上のレベルなのです。これが聖書の「ヘブライ人への手紙」に書かれてる全てです。イエス様は「律法」よりも、「預言者」よりも、そして天使よりも偉大な存在なのです。神様はイエス様を高く天に引き上げ、最高の位を与えました。ですから、その御名のもとに、全てのものがひざまずき、『イエス・キリストは主です』と告白するのです。

Now, listen to what God said after Peter suggested putting up three tents.
さて、ペトロが「3つのテントを建てましょう」と提案した後に、神様が何と仰ったのかに注目してみましょう。

God said, “This is my Son, whom I love; with him I am well pleased. Listen to him!” He didn’t say, “Listen to all these guys”. He said, “Listen to my Son!” There is a lesson here for us. We all have mentors and heroes of the faith. Some of them are the heroes of old – the prophets and apostles we read about here – and some of them are more current. Bill Johnson, Phillip Yancey, Ayako Miura, John Piper, Rick Warren, Jim Cymbala, Joseph Ricohermoso. These are all great people of faith and we can learn a lot from them. But ultimately, we are not called to listen to other people who listen to Jesus. We are called to listen to Jesus for ourselves. It is amazing that we have access to the throne of grace by the blood of Christ, and by prayer and meditation on the Word of God, we can listen to Jesus, the Living Word, for ourselves.
神様は「これこそ、わたしの愛する子。わたしは心から喜んでいます。彼の言うことを聞きなさい。」と仰いました。神様は、「彼らの言葉を聞きなさい」とは仰いませんでした。「私の愛する子の言う事を聞きなさい」と仰ったのです。ここに私たちへの教訓があります。私たちは皆、信仰における指導者や崇拝している人がいると思います。それは聖書における預言者や使徒のように昔の時代の人物であったり、現代の人物であったりするでしょう。ビル・ジョンソン、フィリップ・ヤンシー、三浦 綾子、ジョン・パイパー、リック・ウォレン、ジム・シムバラ、ジョゼフ牧師などです。彼らは全員信仰において素晴らしく、私たちは彼らから多くを学ぶ事ができます。しかし、最終的に、私たちは「イエス様の言葉に耳を傾けている人」の話を聞くように指示されていません。私たちは直接イエス様の御言葉を聞くようにと指示されているのです。これはとても素晴らしい事です。私たちは、信仰、祈り、そして神様の御言葉を深く考えることによって、直接恵みを受ける事ができるのです。私たちはイエス様の御言葉、生きた言葉を自ら聞く事ができるのです。

Understanding that, I would like to share with you my own journey of listening to Jesus over the last six months. The last six months have been amongst the most stressful and difficult times of my life. Between January and March, I don’t think I had one night of unbroken sleep. A seemingly unending number of concerns consumed me regarding leaving the church here, finding ministry in Australia, sorting out income in Australia and providing for my family; there were concerns with accommodation, with unexpected tax bills, immigration hurdles, legal twists, it seemed to go on and on.
このことを理解した上で、私がこの6ヶ月間にイエス様の御言葉を聞いた自分自身の体験を皆さんに共有したいと思います。この6ヶ月間は、私の人生で最もストレスが多く困難な日々でした。1月から3月までの間、完全に眠れた日は1日もなかったと思います。数えきれない心配事が私に襲いかかってきました。この教会の牧師をやめること、オーストラリアで牧師の職を探すこと、オーストラリアでどうやって収入を得て家族をサポートするのか、住まいに関する事、予想外の税の請求、移住に関する障害、法律上のねじれ・・・これらの心配事が絶えず続くように思えました。

Despite having sought God in all this long ago and talked about it with Toy and other family members, now that the rubber was hitting the road, all these obstacles were popping up and I would find myself on occasions waking up in a cold sweat in the middle of the night and wondering what on earth I was doing with my life.
随分前から、これら全ての事について神様に祈り、相談し、妻(豊子さん)や家族とも話し合ってきたのですが、いざその時が近づくと、これらの心配事、障壁が頭に浮かび、夜中に冷や汗をかいて目が覚めたり、一体自分が何をやっているだろうと思い悩んだりしました。

As troubling as this period in my life was, there was good news. You see, it drove me desperately into the arms of God. I spent so much time in the Word and in prayer, crying out to God, listening to Jesus and waiting on Him.
問題だらけの時期でしたが、良い知らせもありました。苦しい時期にあったからこそ、私はもっと深く神様に頼ることができたのです。私は多くの時間聖書の言葉を読み、祈り、神様に泣き叫び、イエス様の言葉を聞き、その答えを待ちました。

Jesus said,
イエス様はこう仰いました。

“Let anyone who is thirsty come to me and drink …and rivers of living water will flow from within them.”
John 7:37,38

「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。 38 わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」

ヨハネの福音書 7:37-38

Well, I was very thirsty, and I drank a lot, and God’s living water flowed within me.
そうです、私はとても渇いていたので、たくさん飲みました。そして、その「生きた水」が私の体の中に流れたのです。

There’s an old joke about how to not read the Bible. A man picks up a Bible, opens it at a random place, sticks his finger in and hits Matthew 27:5: “So Judas went away and hanged himself.”
聖書の間違った読み方に関する古いジョークがあります。ある男が聖書を取り上げ、適当に開き、指をさしたら、そこはマタイの福音書27章5節でした。
「それでユダは、出て行って首をくくって死んでしまいました。」

The man thought, “That’s horrible!” and tried again. He opened the Bible once more, stuck his finger in and hit Luke 10:37: “Go now and do likewise.”
その男は「それはひどい!」と思い、もう一度同じことをやってみました。彼はもう一度聖書を開き、指をさしました。すると次はルカの福音書10章37節でした。「あなたもそこへ行き同じようにしなさい。」

Very worried, he thought he would give it one more go. He opened the Bible, stuck his finger in, and hit John 13:27: “Hurry now and do what you must do”.
とても不気味になり、彼はあともう一回だけやってみる事にしました。すると、次はヨハネの福音書13章27節のところでした。「 さあ急いで、やるべきことをしなさい」

The man closed the Bible and ran away. So that’s a comical example of how randomly and carelessly reading the Bible can be unproductive.
その男は聖書を閉じてその場から逃げ去りました。これは、聖書を適当にいい加減に読むと、いかに意味がないかを示しているコミカルな例え話です。

I share this joke with you because of the way God consistently spoke to me at this difficult time in my life. There were times when God spoke through His Word so clearly and so specifically, I felt I was actually having a conversation with God Himself. And I want to assure you that this was not the result of random verse selection or just ‘getting lucky’. Each of these verses was part of a Bible reading plan that I was following, and day after day, God, knowing my needs and my hunger for Him, spoke to me. Here are just a few simple examples.
私がなぜこのジョークを皆さんにシェアしたかと言うと、この苦しい時期に、神様が御言葉を通してとてもはっきりと、明確に私に語りかけて下さったからです。神様と実際に会話をしているように思えた時も何度もありました。しかしそれは、適当に聖書を読んだ結果でもなく、単なるラッキーでもありませんでした。その事を皆さんにお伝えしたいと思います。これらの聖書の聖句は、私がこれまで行ってきた聖書の精読によるものであり、神様が日に日に私が必要としているものや求めるものを理解し、私に語りかけて下さったからなのです。次にいくつかの簡単な例を挙げます。

When I was wondering if God could hear my cries at all and I was asking Him if he was really listening, he responded the same day with
神様に、私の心の叫びを本当に聞いて下さっているのですか、と尋ねた時、同じ日に神様は次の御言葉で応えてくださいました。

I cried out to you in my distress, the delivering God, and from your temple-throne you heard my troubled cry. My sobs came right into your heart and you turned your face to rescue me.
Psalm 18:6

苦しみの中で、私は主の助けを叫び求めました。その声を、主は天から聞いてくださいました。叫びは届いたのです。
詩篇 18:6

There were times when I just felt foolish, even ridiculed; that everything would fall apart and I would just become a laughing stock or a cautionary tale. I cried out to God and he assured me with the words of
自分が愚かで、バカにされていると感じ、全てが崩れ落ちて単なる笑い者になってしまうと思った時、私は神様に泣き叫びました。すると神様は次の言葉で確信を与えて下さいました。

For you will vindicate your people, showing your tender love to all your servants.
Psalm 135:14

主はご自分の民を弁護し、仕える人々をあわれまれるからです。
詩篇135:14

When I was seeking God about whether I should ask others to help and wondering if I should turn to this person or that person, God responded the same day with
そして神様に、「誰かに助けを求めるべきなのでしょうか?この人でしょうか?それともあの人でしょうか?」と思い悩んで尋ねた時も、その日のうちに次の御言葉で応えて下さいました。

Some find their strength in their weapons and wisdom, but my miracle deliverance can never be won by men. Our boast is in the Lord our God, who makes us strong and gives us victory!
Psalm 20:7

国々は軍隊や武器を誇りますが、私たちは私たちの神、主を誇ります。
詩篇20:7

When I was struggling with family members back home who at one point said that maybe I should just give up, I was demoralised and brought it before God. He responded the same day with
そして、母国に帰ることを家族に「諦めたら」と言われてやる気をなくし、神様にそれを伝えた時にも、その日のうちに次の御言葉で応えて下さいました。

My relatives have abandoned me. I’m like an orphan! But you took me in and made me yours.
Psalm 27:10

たとえ、父や母が私を勘当しても、主は迎え入れて、慰めてくださるはずです。
詩篇27:10

Time and time again, day after day, God spoke into my heart through His Word. These simple words might seem unimpressive to some but to me they were so powerful in their timeliness and they sustained me as I waited for God to bring deliverance. More importantly, these were more than just words of comfort. They were words of truth and they were followed by deliverance. God delivered from each of my troubles.
何度も何度も、日々神様は御言葉を通して私に語りかけて下さいました。これらの言葉は、ある人にとったら大したものではないかもしれませんが、私にとってはとても力強く、神様が私を救出して下さることを待っている間、私を支えて下さいました。何よりも、これらの御言葉は単なる癒しの言葉ではありませんでした。真実の言葉であり、現に私を救い出して下さいました。私を心配事の一つ一つから救ってくださったのです。

Aside from these words from the Bible, on several occasions, Jesus gave me specific words by His Spirit into my heart about what lay ahead and how I was to wait or respond accordingly. They were words that seemed so absurd and implausible that I felt I was risking even greater loss and humiliation, yet if they were true, would be extraordinary.
これらの聖書の言葉以外にも、様々な状況で、イエス様が精霊を通して、私の心に明確な言葉を与えて下さいました。未来に何が待っていて、それに対してどのように対応したら良いのかを示して下さったのです。それらの言葉は、とても不合理で信じがたく、大きな損失や恥ずかし目を受けるのではないかとさえ感じた事もありました。しかし、もしそれらの言葉が正しければ、とんでもなく素晴らしい結果になるだろうと信じたのです。

I’ll just share one of them here. In early January when I went back to Australia, I began in earnest to seek ministry work. I met with army chaplains, university chaplains, church pastors, and other ministers. I joined several Christian and secular online employment agencies. I wrote emails to friends and colleagues – because this is all the right thing to do, right? This is exactly what I would counsel anyone to do who was looking for work and ministry (or a house or a spouse…).
ここで一つだけ例をシェアします。1月の初旬にオーストラリアへ戻ったとき、私は真剣に新しい牧師の職務を探しました。従軍牧師、大学牧師、教会牧師、そしてその他の牧師に会いました。クリスチャンの、そして宗教と関係のない一般の求人サイトにも登録しました。友達や同僚にもメールを送りました。なぜならこれらの行動は全て、仕事を探していた私にとって正しい行動だと思ったからです。そうですよね?仕事や牧師の職務(または家や配偶者)を探している人に対して、私も同じことをアドバイスすると思います。

But in this case, God said to me “Stop! Just stop all this activity! This will be my doing and my doing alone. I want you to do nothing!” Well, I felt really stupid (and hypocritical) needing work so badly and doing nothing at all about it. I shared this (and the other words that God was giving me) with Min (and maybe one or two others), and they encouraged me in these things and in some cases confirmed them. (I still felt stupid though!) But the very words God spoke to me have come to pass. God has provided without me doing anything. I won’t get into specifics about that but once again I find it amazing how God speaks through His Word and by His Spirit when we hunger and thirst for Him.
しかし今回、神様は私に「やめなさい!全ての活動をやめなさい!全て私だけが行う事です!あなたには何もして欲しくありません!」と言ったのです。しかし、私は仕事を探しているにも関わらず、何もしないことは愚かな(そして偽善的な)事だと思いました。そしてこの事(そして神様が下さった他の御言葉)をミンさんに(おそらく他にも一人二人に)話しました。すると彼らは、私を励まし、神様を信用するようにと言ってくれたのです。(それでもまだ馬鹿げてると思いましたが・・・)しかし、神様が私に仰った通りに物事が進んで行ったのです。私は何もする事なく、神様が全てを与えて下さいました。詳しいことは言いませんが、私たちが神様を心から求め、必要とする時、神様は御言葉と精霊によって必ず私たちに語りかけて下さることを、改めて認識しました。本当に素晴らしいことです。

This hungering and thirsting for God is a big deal. I have just finished reading the book “Seeking Allah, Finding Jesus” by Nabeel Qureshi. He describes his passionate, desperate search for the true God, as a devout Muslim opposed to Christianity, and how through Christian friends, study of the Bible, and his own visions and dreams, Jesus appeared to him and saved him.
神様を心から求め、必要とすることは凄いことです。私は、ナビール・クレシが書いた「アッラーを求めて、イエス様を見つけた」という本をちょうど読み終えたところです。彼は情熱を持って必死に「真の神様」を求めました。彼は敬虔なイスラム教徒であり、キリスト教に反対していましたが、クリスチャンの友達や聖書の勉強、そして自らの夢を通して、どのようにイエス様が彼の前に現れ、彼を救ったのかを書いています。

It really is true what Jesus said.
イエス様が仰った事は真実です。

Let anyone who is thirsty come to me and drink …and rivers of living water will flow from within them.
John 7:37,38

だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。 38 わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。
ヨハネの福音書 7:37-38

I challenge you to humbly, passionately and patiently draw near to God, not to seek experiences, but to seek God Himself through His Word and in prayer, and His Spirit will flow from within you.
私はみなさんに、謙遜に、情熱を持って、そして辛抱強く神様に近づいて欲しいのです。経験を求めるためではなく、御言葉と祈りを通して神様を求めるためです。そうすると、体中に精霊の力が流れるに違いありません。

And when God did begin to deliver me from my troubles, and I wanted to praise Him, He gave me the words to do that properly, too,
そして、神様が悩み事や心配事から救出して下さり、神様を褒め称えたいと思った時に、きちんと褒め称える方法も教えて下さいました。

Lord! I’m bursting with joy over what you’ve done for me! My lips are full of perpetual praise. I’m boasting of you and all your works, so let all who are discouraged take heart.
Join me, everyone! Let’s praise the Lord together. Let’s make him famous! Let’s make his name glorious to all. Listen to my testimony: I cried to God in my distress and he answered me. He freed me from all my fears!
Psalm 34:1-4

主よ!何が起ころうと、私は主をほめたたえます。どんなときにも、主の栄光と恵みを人々に伝えます。主の温かいご配慮のすべてを誇ります。失意の中にある人々は気を取り直しなさい。さあ、共に主をほめたたえ、その御名をとどろかせましょう。声の限りに私が呼び求めた時、主はそれに答えて、いっさいの恐怖を取り払ってくださいました。
詩篇34:1-4

I don’t have the time now to go into any detail about how God resolved each of my troubles and brought me through, suffice to say it was a bit of a roller coaster ride and demanded that I live by faith. But let me share with you briefly what God is calling me onto. There are two ministries I will be working with.
神様がどのように私の心配事や悩みを解決して下さったのかを詳しく説明する時間はありませんが、それはジェットコースターのような体験で、信仰を持って生きることの必要性を教えてくださった、とだけ言っておきましょう。でも少しだけ神様が仰ったことをシェアさせて下さい。私がこれから携わろうとしているミニストリーが二つあります。

One is called God’s Garage. I’ve shared this with some of you before. This is a men’s small group ministry I will be leading which reaches men who for one reason or another either fell away from the church or never really got into it. They no longer feel comfortable stepping into a conventional church but they want to know more about God. So we meet in a garage behind the Jesus Racing car. Our meetings start with a beer (just one). We read and talk about the Bible, and issues affecting guys, and pray.
一つは「God’s Garage 神様の駐車場?」と呼ばれています。以前何人かに説明したことがあります。これは、男性だけの小さなミニストリーで、何らかの理由で教会から離れてしまった、もしくは教会に一度も行く気にならなかった男性たちに対するものです。彼らはもはや型にはまった教会に通う気はありませんが、神様のことはもっと知りたいと思っています。なのでこのミニストリーは、「Jesus Racing Car イエス様のレーシングカー 」が停まっている駐車場で集まります。そしてビールでミーティングが始まり(1本だけですよ)、そして聖書を読み、聖書や男性の問題について語り合い、最後にお祈りをします。

The other ministry I will be working with is DMI (Deaf Ministries International). You should already know about this ministry because MIC has been supporting it for years. Although I have been involved with DMI for many years, serving with them in a larger capacity is something that God laid on my heart in a big way, quite out of the blue, and the way that all came about was rather wonderful. I will be visiting churches to preach and to share about DMI’s work (much as we’ve seen Neville do here), as well as reaching for corporate sponsors, writing a blog, and maybe serving on the board in Melbourne, too. I would like to ask for your prayer as I take on these ministries. Both require a walk of faith.
もう一つのミニストリーは「DMI(国際ろう者支援会)」です。みなさんもこのミニストリーについては既にご存知だと思います。なぜなら、箕面国際教会は何年にも渡ってこのミニストリーを援助しているからです。私自身何年もこのミニストリーに関わっていますが、もっと大きな規模でこのミニストリーに仕える事は、全く思いがけない事でしたが、神様が私に与えてくださったとても素晴らしい導きです。今後私は、(ここでナビルさんがして下さったように)様々な教会を訪れ、説教をし、DMIの働きについて伝えて行こうと思っています。さらにスポンサーとなってくれる企業を探し、ブログを書き、そしてメルボルンにあるDMIの委員会にも参加しようと考えています。この二つのミニストリーを始めるに当たり、皆さんどうか祈って下さいませんか。どちらのミニストリーも信仰の歩みが必要です。

At whatever stage of life you are at now, and at whatever level of faith you find yourself, I want to encourage you to be hungry and thirsty for God’s righteousness, and to listen to Jesus through the Word and in prayer. Do that, and you will see the Holy Spirit working in amazing ways in your life.
皆さんが現在、人生のどの段階にあっても、そしてどの様な信仰のレベルにあっても、どうか一所懸命に神様を求めて下さい。そして、御言葉や祈りを通してイエス様の言葉に耳を傾けて下さい。そうすれば、あなたの人生に、必ず精霊の素晴らしい働きが訪れます。

Pray.