Mark
マルコの福音書

10 September, 2017

Mark Keasling would you please stand?
マーク キースリングさん、立ってくれますか?

Mark Hernandez would you please stand?
マーク・ヘルナンデスさん、立ってくれますか?

Mark Yamamoto would you please stand?
マーク ヤマモトさん、立ってくれますか?

Today’s sermon is in honour of you guys. Or perhaps, more accurately, you guys have been named in honour of John Mark, the writer of the second gospel.
今日のお話しはマークという名前の皆さんに敬意を表します。より正確に言えば、皆さんは第二の福音を書いたヨハネとマルコの名に因んで命名されたというわけで立ってもらいました。

We continue our 7 year march through the books of the Bible, reviewing one book a month.
私たちは、毎月、聖書のたくさんある書の中から一つの書を選び、それぞれの書を通して7年間の計画で学んでいます。

Last month, after almost 5 years, we reached the book of Matthew in the New Testament, and today we look at the book of Mark.
先月、この7年計画を始めてから、ほぼ5年経ちますが、新約聖書のマタイの書に到達しました。今日は私たちはマルコの書を見ていきましょう。

You might be surprised to hear that Mark was not one of the twelve. He was not even an apostle.
あなたはマルコがイエスの十二人弟子の一人ではなかったことを聞いて驚くかもしれません。

He would have been very young, probably a teenager, at the time Jesus ministered.
彼は使徒ではありませんでした。イエスが宣教をしていた当時は、マルコは非常に若く、おそらく十代の若者だったと思われます。

His mother was a follower of Jesus and the early church met in their house.
彼の母親はイエスの信者であり、彼らの家、マルコとマルコの母の家が初期の教会として使用されていました。

Mark traveled with the apostle Paul in the early years of the church, and then later with the apostle Peter as Peter’s translator.
マルコは教会の初期の時代に、使徒パウロと一緒に旅し、その後、使徒ペテロと共にパウロの通訳者として旅をしました。

It’s widely regarded that the gospel of Mark is a collection of Peter’s teachings which Mark wrote down and organised into a gospel account.
マルコの福音は、ペテロの教えをマルコが福音書として記して、整理して集めたものであると広く認識されています。

Mark’s is the shortest of the four gospels, and probably the earliest, written as early as the 50s.
マルコは4つの福音書の中で最も短い書であり、おそらく最も最初に書かれた、50年代初期の書だと言われています。

Five themes seem to be emphasised in Mark’s gospel, and they are:
マルコの福音書には次の5つのことが強調されています。

  1. The cross
    十字架
  2. Discipleship
    弟子訓練
  3. Jesus’ teachings – a focus on Jesus as a teacher about God and from God
    イエスの教えー神の教えを説くイエスと神が世界に送ったイエスに焦点を当てる
  4. The Messianic secret – Jesus telling people not to reveal His Messiahship
    メシヤであることを明かさないーイエスは救世主であることを言わないようにと、人々に伝えます。
  5. Jesus as the Son of God – there is a clear emphasis on the humanity of Jesus in this gospel, while maintaining, of course, the truth of His divinity.
    神の御子であるイエスー神がかった真実にも言及しながら、この福音の中で、イエスの人間性について強調しています。

Today, we’re just going to look at the first two of these emphases of Mark, and I’m going to finish with a third point by looking at something that is quite the opposite, something that is only mentioned once, and that is so subtle that I wonder if any of you have even realised it was there at all.
今日は、マルコで強調されている最初の2つの事柄を見ていきます。そして、三つ目にマルコの中で一度しか言及されていないことをお話しして終わりにしたいと思っています。みなさんも、それがまったくそこに書かれていることに気付いていないと思います。

I didn’t until this week.
実は私も今週まで気がつきませんでした。

  1. The Cross
    一つ目は十字架についてです。

There should be no surprise that the cross is emphasised in Mark’s gospel because the cross – specifically Jesus’ work on the cross – is at the very heart of the Christian faith. Mark records, as do the other gospel writers, Jesus’ arrest and trial, the mockery and abuse He endured, His crucifixion, His death, the tearing of the temple curtain at that time, the preparation for His burial, His burial, and His resurrection.
イエスの十字架での働きは、キリスト教の信仰の中心にあるため、マルコの福音書で十字架が強調されていることは驚くべきことではありません。福音を書いた他の人々と同様にマルコも次のようなことを記録に残しています。イエスの逮捕と裁判、イエスが耐え忍んだ嘲笑と虐待、イエスの死刑、死、寺院の引き裂かれたカーテン、イエスの埋葬の準備、イエスの埋葬、そしてイエスの復活。

But in focussing on the cross there is another facet, that Mark focuses on.
しかし、十字架に焦点を当てると、マルコが別のことに焦点を当てているように見えてきます。

It’s the interplay between the human cause – that is, the Pharisees and other Jewish leaders who wanted Jesus killed – and the divine cause – that is, God planning this and bringing it to fruition, as part of His plan of salvation.
それは、人間が起こした起因、すなわち、パリサイ人と、イエスが殺されることを望んでいた他のユダヤ人の指導者。そして神がかりな起因、すなわち神がこれを計画し、救いの計画の一部としてそれを実現するという神の企みと実行という相互作用です。

What we learn is that, as hard as it is for us to understand,
理解することは困難ですが、私たちは次のように学ぶことができます。

Sovereign will and man’s free will can both be honoured at the same time, without any contradiction.
神のすべてを支配される意思と人間の自由意志の両方が、矛盾せずに同時に受け入れられることがあるのです。

Let me explain this.
説明しましょう。

If it was God’s will that the Pharisees and other Jewish leaders should put Jesus to death, then how can they be said to have free will?
もし、パリサイ人や他のユダヤ人の指導者がイエスを死に至らせたのが、神のご意志であったというなら、どうして、自由意志が彼らに与えられていたと言えるのでしょうか?

And if they don’t have free will in the matter, then how can they be held accountable for their actions?
そして、彼らがこの問題で自由意志を持っていなかったとすれば、彼らの意志ではなかったのになぜ、彼らの行動に対して責任を負わなければならないと言えるのでしょうか?

On the other hand, if they truly had, and exercised, their own free will (apart from God), then wouldn’t mean that God is not Almighty and not in control?
一方、もし彼らが本当に自分の自由意志を持っていて、神から離れて行使したとすれば、神は全能者ではない、全能なる支配者ではないという意味ではないでしょうか?

Mark teaches something that is a mystery and a paradox to us:
マルコは私たちに次のような謎と逆説を教えてくれます:

people have completely free will, and that is at the same time consistent with God having a Sovereign will over all.
人は完全に自由意志を持っており、それは神がすべてのことを支配されていることと矛盾していません。

We see this in Exodus when it says that God hardened Pharaoh’s heart so that God could show His power.
出エジプト記には、神がファラオの心を強くして、神の力を示したと書いてあります。

If God did the hardening of Pharaoh’s heart, if that was God’s will – which it was – then how could Pharoah be held responsible?
もし神がファラオの心を頑強にさせ、もしそれが神の御心であれば、そのことについてはどうでしょうか?

Who’s will was it – Pharoah’s will, or God’s will? It was 100% both.
それは誰の意志だったと言えるでしょうか? – ファラオの意志、または神の意志でしょうか?完全に神とファラオの両方の意志なのです。

And this is a truth, a mystery which is beyond us.
そして、それは真実ですが私たちには謎で想像もつきません。

Even so, it’s worth looking at because it applies to us, too.
それでも、そのような真実は私たちにも関係するので、今から考えていきましょう。

You see, the Bible teaches us that God draws all people to Himself.
聖書は私たちに神はすべての人々をご自身に引き寄せていると教えてくれます。

It’s God’s doing.
それは神の行いです。

The Bible teaches that God has predestined us for salvation.
神は、私たちに救いを運命付けたと聖書は教えています。

This is not just God’s foreknowledge, this is predestination.
これはただの神の予知ではなく、決まっていた運命です。

God has predestined those who will be saved. (Romans 8:29,30; Ephesians 1:11)
神は救われる者を定めとしておられます。

If this is true, then doesn’t it mean logically that God has therefore also predestined those who will not be saved?
これが真実ならば、それゆえ神が救われない者たちも決めておられるということを論理的に意味するということではありませんか?

And if God has predestined this in His Sovereign will, then how can those people be held accountable?
そして、もし神が主権を用いた意志でこれを決めていたとしたら、どうして、それらの人々に責任を負わせることができるでしょうか?

Why would God punish people for a destiny that He determined?
なぜ神が自ら決定した運命のために人々を罰することができるでしょうか?

The thing is, we’re also taught that all people have free will.
私たちはすべての人に自由意志があると教えられてきました。

All people are called to turn from sin and to turn to God for salvation.
すべての人々は罪から改心して、救いのために神に向かうように求められています。

John 3 :16 tells us plainly that God loves all people and that Jesus died so that anyone and everyone who believes in Him can be saved.
ヨハネ3章16節は、神がすべての民を愛し、イエスが死んだことにより誰でも神を信じる者は救われると言われています。

How do we reconcile these two positions of people choosing salvation and God choosing who will be saved?
自分の意志で救済を選ぶ人々と、神の意志で救済されるために選ばれる人々と、この2つの立場をどう一致させることができるでしょうか?

Apart from God, we can’t.
神の他にこんなことをできる者はいません。私たちはできません。

But like with the cross and the Exodus of the Jews from Egypt, both positions are equally true.
しかし、十字架や出エジプト記に書かれているエジプトから脱出したユダヤ人の場合も同様に、どちらも真実です。

God, in His Sovereign will, has determined those who are to be saved; and at the same time, all people are called and have the free will to believe in Jesus, to receive Him and to follow Him as their Lord and Saviour.
すべてを支配される神は、救われる者を決めておられると同時に、すべての人が召され、イエスを信じ、受け入れ、主、救い主として従う自由意志を持っているのです。

You are called to believe in Jesus, to receive Him and to follow Him as your Lord and Saviour.
あなたはイエスを信じて、神を受け入れ、あなたの主と救い主として神に従うように求められます。

Will you respond to God’s call?
あなたは神の召に応えますか?

This leads us to the second emphasis in Mark’s gospel.
このことは、マルコの福音書で次の強調されている点に繋がっていきます。

  1. Discipleship
    弟子訓練

Jesus said, “Whoever wants to be my disciple must deny themselves and take up their cross and follow me.” Mark 8:34.
イエスは言いました。 それから群衆を弟子たちと一緒に呼び寄せて、彼らに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。マルコによる福音書8:34

We’ve looked at this verse a number of times over the last few years.
この節ををここ数年にわたって何度も読んできました。

It’s a biggie.
かなり大きな意味を含んでいます。

But this week I saw this verse in a new light.
しかし、今週はちょっと違う角度から見てみましょう。

You see, this week, I had a really bad week.
今週は私にとって本当に悪い週でした。

I had one of those weeks that takes you right to the edge.
今週は私にとって極限まで追い込まれるような最悪の一週間でした。

We all have these sorts of weeks sometimes.
誰でもそんな風に感じる時はありますよね。

This week was one of those weeks for me.
今週はそんな最悪な一週間でした。

Now, this verse has long been central to my faith.
この読み上げた節は今ちょうど、私の信仰の中心になっているとも言えます。

But I’ve always seen it somehow from a position of strength.
しかし、私はいつもこの節の中に強さを感じて読んでいました。

It’s something that the brave and the courageous do.
この節から勇敢で勇気ある何かを感じていたのです。

Heroes lay down their lives for a great cause.
英雄たちは大きな使命のために命を落とすというような強さを感じていました。

But this week, I feel like I’ve been beaten up.
しかし今週、私は殴り、打ちのめされたような気分になりました。

So I come to God tired and weary.
だから私は疲れ果てて、神を求めました。

I come to God wounded.
傷つき打ちのめされて 神を求めました。

And in looking for comfort and ease, He says to me, “You have to die for me”.
そして、私が慰めと安らぎを求めていると、神は「あなたは私のために死ななければならない」と私に言うのです。

That wasn’t what I wanted to hear.
私はそんなことを聞きたかったのではありませんでした。

I wasn’t in the mood for that.
そんなことを聞く気にもなれませんでした。

I wanted to ask God if he could hold that message for another time when I was feeling a little better.
そのようなメッセージをくださるのは、もう少し自分の気分が良いときに、または別の時にでもしてもらえないかと神に尋ねたい気持ちになりました。

But it’s a daily message:
しかしそれは日々の教えです。

“Whoever wants to be my disciple must deny themselves and take up their cross and follow me.”
Mark 8:34

それから群衆を弟子たちと一緒に呼び寄せて、彼らに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。
マルコによる福音書8:34.

And as we focus on this word of God, we see something very beautiful come out of what sounds like a grisly command.
そして、神のこの言葉に焦点を当てると、非常に美しいものが、威厳のある命令のように聞こえるものから生まれて来ることがわかります。

We are to deny ourselves, and we are to die to the world.
私たちは自分自身を否定し、私たちは世界に向かって死ぬべきです。

Self and the world.
自己と世。

These are the two very things that beat me up and get me down.
これらは、まさに私を打ち負かして引きずり落とす2つのことです。

Understanding this, why wouldn’t I want to deny myself and die to the world?
これを理解しているのなら、なぜ私は自分自身を否定し、イエスのように世界のために死ぬことができないのでしょうか?

What at first sounds like some kind of horrible bondage, is actually sweet relief.
神からのひどい束縛、命令のように思えることが実際は快い安堵なのです。

I like the way Rick Warren put it:
私はリックウォーレンがこのことをうまく表現しているなと思います。

  • When I look at myself, I get depressed.
    自分自身を見ると、落ち込んでしまいます。
  • When I look at the world, I get distressed.
    この世を見ると、落ち込んでしまいます。
  • When I look at the cross, I find my rest.
    十字架を見ると、安らぎを得ます。

And so it is, in my weakest hour, I deny myself and I die to the world, and I find myself walking with Jesus who also knows a thing or two about taking some hard knocks on the narrow path.
私が弱い時には、自分自身を否定していて悲観的で、世界に対しても死んでいるということ。そして、イエスと共に歩んでいる私は、たとえ狭い道でも、障害物の一つや二つをぶち壊しながら勇敢に歩いていけるということです。

The Christian life is a beautiful life.
クリスチャンの人生は素晴らしい人生です。

It requires belief, submission, discipline and devotion.
クリスチャンとして生きるには、信じること、従順、自制心、献身が求められます。

The fruit of that is love, joy, peace and hope in the fullest sense, and in a way that the world cannot comprehend.
それらの実は、愛、喜び、平安、希望です。それは、この世にはとうてい理解もできない、充実した感覚です。

  1. Something Subtle
    微妙なものである

Let me finish with one more thing this morning from Mark’s gospel, and as I said earlier, it is very subtle and easy to miss.
今朝、私はマルコの福音書からもう一つのことについてお話して終わりにしたいと思います。私が冒頭で言ったように、それは非常に微妙で見逃しやすいことです。

We find it in the first verse of the first chapter:
第1章の最初の節でそれがわかります:

The beginning of the gospel about Jesus Christ, the Son of God.
Mark 1:1

神の子イエス・キリストの福音のはじめ。
マルコによる福音書1:1

When Mark writes “The beginning of the gospel”, he’s not saying, “Here I go with my gospel! Let’s get started!”
マルコが「福音の始まり」と書いたとき、彼は「ここに私の福音を述べる!さあ、始めよう!」とは言っていません。

He saying that this whole gospel, the gospel of Mark, is just the beginning of the gospel.
すなわちこのマルコの福音全体が福音の始まりだといっています。

The gospel doesn’t start with the birth of Christ and end with His resurrection.
福音はキリストの誕生から始まり、キリストの復活で終わるということではありません。

The gospel of Christ continued through Pentecost and through the spreading of the Word around the world.
キリストの福音は、ペンテコステと世界中に広がる言葉を通して続けられました。

The gospel of Christ is not finished. It’s not history. It continues today.
キリストの福音は終わっていません。それは過去の歴史ではない。それは今日も続いています。

Jesus lives today.
イエスは今日(こんにち)も生きています。

The Holy Spirit works in the lives of believers today.
聖霊は今日(こんにち)も信じる者の人生のうちにはたらいています。

A few years ago we looked at the idea that there is a fifth gospel, and that fifth gospel is us.
数年前、私たちには5番目の福音があり、5番目の福音は私たちであるという考えをお話ししました。

We are the only gospel that many people will read.
多くの人々が見ることができる唯一の福音は私たちです。

When we base our lives on the work of the cross and discipleship under Jesus, we continue the work of the gospel.
イエスのもとで、十字架での業と弟子修行を人生の基盤とするために、私たちは福音を広め続けます。

We don’t add to the teaching of the gospel, but we continue in its work.
私たちは福音の教えにつけ加えるようなことはできませんが、私たちは福音の分かち合いを続けることはできます。

We continue in study of the Word.
私たちは御言葉の学びを続けます。

We continue in prayer.
私たちは祈りを続けます。

We continue meeting together.
私たちはともに集まり続けます。

We continue loving others.
私たちは人を愛することを続けます。

We continue sharing the good news.
私たちは福音を分かち合うことを続けます。

We continue baptising.
私たちはバプテスマを授けることを続けます。

We continue teaching people all that Jesus taught us.
私たちはを人に教えることを続けます。

What Mark wrote was just the beginning of the gospel.
マルコが書いたのは福音の始まりでした。

And amazingly, God has entrusted His gospel to us to continue His work. What a responsibility and honour!
そして驚くべきことに、神は自身の福音を、神の仕事を私たちに任せて続けさせてくれています。なんという責任と名誉でしょうか!、

To review, today we’ve looked at three things in the gospel of Mark:
さて、ここでおさらいですが、今日はマルコの福音書の中で、次の三つのことについて学びました。

  • The cross and God’s Sovereign will in bringing about our redemption through it.
    十字架と、主権による神の意志が私たちに救いをもたらしてくれるということ。
  • Discipleship and the need for us to lay down our own lives for the sake of following Jesus.
    弟子訓練 とイエスと共に歩むための人生を委ねる必要があるということ。
  • How the gospel of Mark, marks the beginning of the gospel of Jesus Christ, and how we are called to continue to live and share that gospel by the grace of God and the power of the Holy Spirit.
    マルコの福音はイエスキリストの福音の始まりであるということ。そして、聖霊の力と神の恵である福音に生き、分かち合うことが私たちの召であるということ。

Pray.