Mary, Did You Know?
マリヤ、あなたは知っていましたか?

24 December, 2017 (PM)

I remember when each of my children were born. It’s really amazing because one minute there are four people in the room and then suddenly there’s five. A new life has entered the world.
私の子供がそれぞれ生まれたときを思い出します。分娩室には出産をする妻、私、先生、看護婦さんと、4人いたのに、人が生まれた一分後には突然5人になります。新しい命が世に誕生するということは本当に素晴らしいことです。

And I remember with each of them, holding them in my arms, looking at their face and wondering what lay ahead for them. Would they grow to be a school teacher or a designer or a bus driver or an entrepreneur? Would they be introverted or extroverted? Would they be funny or serious? Would they be studious or adventurous? Would they grow to love God?
そして私は自分の子供達一人一人を腕の中で抱きしめ、顔を見て、どんな未来が子供達の成長の先にあるのだろうかと思ったものです。彼らは学校の先生やデザイナー、バス運転手、起業家に成長するだろうか?彼らは内気な性格になるのだろうか?それとも社交的な性格になるのだろうか?彼らは面白い性格なのか、それとも真面目な性格になるのか?彼らは勉強家になるのだろうか?冒険家になるのだろうか?彼らは神を愛するようになるだろうか?

I’m sure Mary and Joseph wondered these things, too, as they cradled their baby Jesus. They knew that He was special. They had both received angelic visitations announcing the birth of this child. They had received testimony from others saying the same thing. And certainly Mary knew that this was not an ordinary birth.
私は、マリアとヨセフが赤ん坊イエスを抱きながら、今言ったようなことも考えたのでは無いかと思っています。マリアとヨセフはイエスが特別であることを知っていました。この子の誕生を宣言するために天使はマリアとヨセフの前に現れました。他の人たちからもイエスが人とは違うと言われていました。そして確かにマリアはこれが普通の出産ではないことを知っていました。

Would all the girls here aged 14-16 please stand?
ここで、この教会で14から16歳のすべての女の子は立ってください。

You’re about the age Mary probably was when she had Jesus. She was a very young woman. She must have been quite scared to be visited by angels, to be ridiculed and mocked for having what appeared to be an illegitimate child, to travel a long way on a donkey while heavily pregnant, to go into labour and be frantically looking for somewhere to have the baby, to give birth amongst cattle, without medical support, to be away from family.
あなたはイエスが生まれた時のマリアと同じ年齢です。マリアはとても若い女性でした。彼女は天使たちが現れたのを恐れ、不法な子どもに見えるので嘲笑されたり、妊娠中なのにロバに長い道のりを旅したり、出産する場所を必死で探したり、家族から離れ、医療の設備もないのに赤ちゃんを牛たちのいる納屋で産んで、さぞ、怖かったことでしょう。

Mary must have wondered what lay ahead for this child. She must have wondered what all the heavenly fuss was about because although the conception was miraculous and celebrated, the birth was hard, and the conditions were awful. But as she cradled the baby Jesus, I wonder what she was thinking. Did she know?
マリアは自分の子、イエスの成長の先に何があるのか疑問に思っていたに違いない。マリアの妊娠は奇跡的であり、人々は祝いましたが、出産は困難であり、条件はひどいため、彼女は天国では何がそんなにめでたいのか疑問に思ったに違いありません。しかし、マリアは赤ちゃんのイエスを抱きながら何を考えていたのでしょうか?マリアは知っていたのでしょうか?

Did she know He would be a healer?
マリヤはイエスが癒されるお方だと知っていたでしょうか?

Jesus routinely healed people of their physical, mental and spiritual wounds. Blind people were given back their sight. The deaf could hear. The lame could walk. The insane were restored to a right mind. The spiritually tormented were forgiven. One man, Lazarus, was even raised from the dead.
イエスは日常的に肉体的、精神的、霊的な傷口をもつ人々を治癒させました。盲目の人々は視界を取り戻し、ろう者は聞くことができました。足が不自由な人は歩くことができました。狂った人は正しい心に回復しました。精神的に苦しんでいる人は赦されました。ある人ラザロは、死から生き返りました。

Did she know that He would be a miracle worker?
マリヤはイエスが奇跡を起こすお方だと知っていたでしょうか?

Jesus walked on water – literally. He stilled the waves and the storm with His voice. He fed 5000 people with a few loaves of bread and a couple of small fish. That was actually so easy, He did it a second time. When He spoke, nature obeyed.
イエスは水の上を歩くことができました。イエスは声で波と嵐を止めました。彼は少しのパンと小さな魚だけで5000人の人々を食べさせることができました。それはイエスにとっては実にとても簡単なことでした。イエスはそのような奇跡をもう一度おこしました。彼が話しをすると、自然でさえ従いました。

Did she know that He would be a deliverer?
マリヤはイエスが救い出してくださるお方だと知っていたでしょうか?

I love the line in the song we just heard: this child that you’ve delivered will soon deliver you.
私は、さっき聞いた曲の歌詞が大好きです:あなたが産んだこの子供は、すぐにあなたを解放してくれます。

Jesus came to forgive people from their sin. This is extraordinary because only God can do that.
イエスは罪から人々を許すためにこの世に来ました。しかし、神だけがそのような行いをなすことができるので、これは特別なことです。

When a paraplegic was brought to Jesus, Jesus healed him by saying, “Your sins are forgiven”. The Pharisees were up in arms about this because by saying this, Jesus was making HImself equal to God. Jesus said to them, “What would you prefer I say, ‘Stand up and walk’ or ‘Your sins are forgiven’? It’s all the same to me.”
身体が麻痺した者がイエスの前に連れてこられたとき、イエスは「あなたの罪は赦されました」と言ってその者を癒しました。パリサイ派はイエスが自分のことを神と同等だと言っていることにについてとても腹を立てていました。イエスはパリサイ派の人々に対して、「あなたがたはわたしに立ち上がって歩きなさい。と言ってほしいのか、それともあなたの罪は赦されたと言ってほしいのか、それは私にとってはまったく同じことだ。」と言いました。

Jesus came not just to heal our external wounds or even our mental troubles, but to deliver us from our deepest spiritual needs; to forgive us and to bring the presence of God into our lives.
イエスは、体の傷や心の悩みを癒すだけでなく、霊的なものを必要としている私たちを救うために来られました。私たちを許し、神の存在を私たちの生活の中にもたらすためにイエスは来られました。

Did she know that He would be a saviour?
マリヤはイエスが救い主だと知っていたでしょうか?

Jesus came to teach us, to heal us and to forgive us. But He also came to take away the penalty of our sin.
イエスは私たちを教え、私たちを癒し、私たちを許すために来ました。彼はまた、罪の罰、すなわち死を私たちから取り除くために来ました。

We stand in the courtroom of God, and we are all guilty of sin. Run through the 10 commandments and ask yourself if you’ve ever lied, or stolen anything no matter how small, or uttered God’s name in vein, or looked upon another person (who is not our spouse) with lust, or coveted what someone else has… We’re all guilty.
私たちは神の法廷に立っており、私たちどの者も全て罪を犯しています。 モーゼの10の戒めを思い返し、あなたが今までに嘘をついたことがあるか、小さなものであっても何かを盗んだり、神の名前を軽々しく呼んだり、配偶者ではない他の人を欲望をもって見たり、他の人が持っているものを羨んだりしたことはありませんか?私たちは皆、罪人です。

The scriptures say,
聖書はこう言っています。

“There is no one righteous, not even one; there is no one who understands; there is no one who seeks God. All have turned away, they have together become worthless; there is no one who does good, not even one.”
Romans 3:10-12

「義人はいない、ひとりもいない。 悟りのある人はいない、神を求める人はいない。 すべての人は迷い出て、ことごとく無益なものになっている。善を行う者はいない、ひとりもいない。
ローマの信徒への手紙3:10-12

It’s pretty clear, isn’t it? Jesus makes us righteous before God. He came to make us right with God, by paying the penalty for our sin. Jesus came to save us.
これはかなり明白ですね。イエスは私たちを神の前で正しくしてくださいます。彼は私たちの罪を償うために罰を受け、私たちが神と正しくいられるためにこの世に来てくださいました。

Did she know that He would be the great I AM?
マリヤはイエスが偉大な「わたしは〜である」というお方だと知っていたでしょうか?

When God appeared before Moses, Moses asked Him who He (God) was. God identified Himself by simply saying, “I AM”. That’s all Moses needed to know of Him.
モ – セの前に神が現れたとき、モーセは彼、神が誰かと尋ねました。神は単に「私である」と言って、自分自身を名乗りました。モーセが神を知るにはそれだけで十分でした。

When God spoke to Isaiah, He revealed Himself as the great “I AM”. “I AM” became the great statement of God’s identity.
神がイザヤにお話ししたとき、神は自分自身を偉大な「私である」と明かしました。「私である」とは神を証明する偉大な声明となりました。

So when Jesus identified Himself by saying, “I AM the light of the world. I AM the bread of life. I AM the gate for the sheep. I AM the shepherd. I AM the vine. I AM the resurrection and the life. I AM the way, the truth and the life” it was very clear that Jesus was announcing his deity.
ですから、イエスは、「私は世の光である。私は命のパンである。私は羊の門である。私は羊飼いである。私はブドウの木である。私は復活と命である。私は道であり、真実であり、命である」など、イエスが自分を神だと宣言していたことは非常に明白でした。

Jesus was God. He was the Ancient of Days. He was the Alpha and Omega. He was the Great I AM.
イエスは神でした。彼は古代の時代に存在しました。イエスは始めと終わりでした。イエスは「偉大なる私」なのです。

I don’t know how much of all that Mary knew. But, standing on the other side of history, we can know it all.
私はマリアがどれほどのことを知っていたのかは分かりません。しかし、その歴史を見る時、私たちはすべてを知ることができます。

We can know exactly who Jesus was and is.
イエスがどんなお方であったか、どんなお方であるか私たちははっきりと知ることができます。

Tonight we remember the birth of Jesus and we celebrate God’s great plan of salvation. But we also worship Jesus as our healer, our miracle worker, our deliverer, our saviour and our God.
今宵、私たちはイエスの誕生を思い出し、素晴らしい神の救いの計画を祝います。しかし、私たちはまた、癒してくださる方、私たちに奇跡を起こしてくださる方、救いだしてくださる方、私たちの救い主、そして神として私たちはイエスを礼拝します。

Pray.