My Peace I Give You 私の平安をあなた方に与える

Last week, Pastor Andrew gave a fantastic message on the topic of JOY. In the Bible and the Christian faith, there are several such inspirational themes, of which JOY is one. The other similar themes that come to mind are PEACE, FAITH, HOPE, and LOVE. So, which of these themes would you like to hear about as a message?
先週アンドリュー牧師が喜びについて素晴らしいメッセージをされました。聖書やキリストの信仰においては、頭にひらめく素晴らしいいくつかの霊感のテーマがあり、ひとつは喜びです。その他のよく似た感覚で心に来るテーマは、平安、信仰、希望、そして愛です。では、どのテーマについて聞きたいですか?
(take a vote)

Well, after all of that, I’m sorry, but the message today will be on PEACE, because that’s what I prepared for today. 😉
今日は平安について話しますね。
(PROJECTION: now you can show the message title slide)

The Bible text we’ll be looking at today comes from John 14:27.
今日の聖書個所ヨハネの福音書14:27を見て行きましょう。

Peace I leave with you; my peace I give you. I do not give to you as the world gives. Do not let your hearts be troubled, and do not be afraid. –John 14:27
私は平安をあなた方に残して行く。私の平安をあなた方に与える。私が与える平安は、世が与えるような物とは異なる。あなた方は心を騒がせるな、またおじけるな。−ヨハネ14:27

To give this some context, these were Jesus’s words to the disciples at the Last Supper. He told the disciples that he was leaving, and he spoke these words to encourage and comfort the disciples.
このいくつかの背景は、最後の晩餐でイエスが弟子達に言われた言葉です。
イエスは弟子達に、別れをつげ、そして弟子達に奨励し慰める為のこれらの言葉を
残しました。
Jesus offers PEACE to ENCOURAGE and COMFORT his disciples. イエスは弟子達を励ます為に、または弟子達を慰める為に、平安を与えました。      So, what does PEACE do to us? Rephrased, what happens to us when we have PEACE?
では、平安とは私達に何をしてくれるのでしょうか?言い換えると、平安を得たらどうなるのでしょう?
(ask)

We don’t need to look any further than what today’s Scripture said.
今日の聖書個所聖書が告げている御言葉よりも私達に必要なものはありません。
Do not let your hearts be troubled, and do not be afraid.
あなた方は心を騒がせるな、またおじけるな。

Simply put, if we have NO peace, our hearts become “TROUBLED.” Some other translations say “ANXIOUS.” But if we have PEACE, our hearts experience REST. Furthermore, if we have NO peace, we become “AFRAID.” But if we have PEACE, we experience ASSURANCE/SECURITY.
簡単に言えば、もし、私達に平安がなければ私達の心は問題を抱えるでしょう。
又は不安になるでしょう。しかしもし私達に平安があるなら私達の心は安息を得るでしょう。更に、もし私達に平安がなければ、私達は恐れを経験するでしょう。
でももし、私達に平安があれば心強い安心を経験するでしょう。

And that’s how I want to define PEACE today.
そして今日は『平安』とはを明確にして行きます。
PEACE gives our hearts REST and ASSURANCE/SECURITY. 
平安は私達の心を落ち着かせ、私達に心強さと安心感を与えてくれます。
Jesus said, “Peace I leave with you.” 私は平安をあなた方に残して行く。
と言いました。Jesus wished PEACE upon us.
イエスは私達に平安を望みました。
Jesus desired REST in our hearts and ASSURANCE/SECURITY. 
イエスはこの心の安息と心強さ・安心感を私達に求めました。

And let’s not overlook the important point that’s made here. Jesus says, “MY
ここで言われる重要なポイントを見落とさないようにしましょう。イエスは
PEACE I give you. I do NOT give to you as the world gives.” 私の平安をあなた方に与える。私が与える平安は、世が与えるような物とは異なる。と言っています。

Jesus didn’t leave us the peace of this world. He left us HIS PEACE. Jesus wished HIS PEACE upon us, because only HIS PEACE can give us REST in our hearts that comes from ASSURANCE/SECURITY.
Remember last week? Pastor Andrew spoke on the stark difference between GOD’S JOY and the cheap imitation of JOY that the world offers. Similarly, there’s a huge difference between GOD’S PEACE and the cheap imitation of PEACE that the world offers. In English slang, we call such cheap imitations “knock offs.”
イエスはこの世が与える平安を私達に与えたのではありません。イエスは神の平安を私達に残されたのです。彼は神の平安を私達に望みましたと、言うのも、心強さ/安心感から来る私達の心の安息は、神の平安だけが私達に与えることができるからです。
先週アンドリュー牧師が神の喜びと世が与える安っぽい偽りの喜びの大きな違いを話されたのを覚えていますか?
神の平安と世が与える安っぽい偽りの喜びとは雲泥の差があります。
英語では安いまがい物を“ノックオフ”と呼びます。
(PROJECTION: show images)

This is the most important point for our message today: the difference between GOD’S PEACE and the cheap imitation of PEACE that the world offers. これが今日のメッセージのもっとも重要な要点です:神の平安と世の安っぽい偽物の平安とは異なる。
1) The world would offer us PEACE in the form of “absence of all conflict,” because the world would argue that any conflict is “undesirable.” But the Bible tells us that Jesus came to bring conflict! 世は争いの無い事が平和だと示し、全ての争いは「良く無い」と示唆しています。しかしイエスは争いをおこす為に来たと聖書は書いてあります。

Do not suppose that I have come to bring peace to the earth. I did not come to bring peace, but a sword. For I have come to turn a man against his father, a daughter against her mother, a daughter-in-law against her mother-in-law; a man’s enemies will be the members of his own household. –Matthew 10:34-36
マタイの福音書10:34-36
地上に平和をもたらす為に、私が来たと思うな。平和ではなく、剣を投げ込む為に来たのである。私が来たのは、人をその父と、娘をその母と、嫁をその姑と、仲たがいさせるためである。そして家の者が、その人の敵となるであろう。

He said these words, because the Gospel message demands a decision. He said these words, because he knew that such a decision would cause conflict and division, in our own hearts and in our relationships with others. I’m sure this is a very real, and often very uncomfortable and very painful, experience, especially for those of us with family members who are unbelievers.
イエスはこれらの言葉を告げましたと言うのも、その福音のメッセージは決意を要するからです。彼はこれらの言葉も告げました何故なら彼はそのような決意は私達自身の心の中に他の人達との関係で、対立と分裂を引き起こす事を知っていたからです。
これはとても現実的だと思います、そして特に信仰を持たない家族との関係はしばしば非常にぎこちなく、そして非常につらい経験です。
But in the midst of such conflict that the world would define as “undesirable,” does God offer us HIS PEACE? “You’d better believe he does” (もちろん)! Because the PEACE that God offers does not prioritize INNER CONFLICT or CONFLICT WITH OTHERS. GOD’S PEACE is concerned with a far more important issue.
しかしそのような世が“望ましくない”と思う争いの中に、神は彼の平安を私達に与えていると思いますか?はい、勿論です。何故なら神は他人との争いや内部対立に優先順位を付けない平安を私達に与えているからです。
神の平安とは、もっとはるかに重要な問題に関係しているのです。
Because for God, the most important issue is to settle the inherent human problem: the CONFLICT that we inherently have WITH GOD because of our problem with sin. 神にとって、もっとも重要な事は人間の先天的な問題を解決する事です:その問題は罪のせいである、私達と神との間の争いです。

Perhaps you’ve never heard it described in this way. I’m talking about our salvation. When we were NOT saved, we were in CONFLICT WITH GOD. But when we were saved, the conflict ended, and we became reconciled to, or at PEACE WITH GOD. This is one aspect of GOD’S PEACE.
多分このように説明を聞いた事が無いと思います。救いについて話します。
私達が救われていなかった時、私達は神と紛争していました。しかし私達が救われた時、その紛争は終わりました、そして私達は和解し、神と平安になりました。
これが神の平安の視点です。
I’m also talking about our on-going relationship with God. When we are obeying him and following his lead in our life, our relationship with God is in good standing.
We then sense GOD’S PEACE in our life, a GODLY PEACE that comes from knowing that we’re doing what’s right in God’s eyes. This is also GOD’S PEACE.
また、神と私達との継続的な関係について話します。私達が神に従う時、
そして人生の中で神の導きに従っている時、私達と神との関係は良好な状態です。
私達はそういう状態の時、人生の中で神の平安を感じ、神の目に私達が正しい事をしていると神の信心深い平安を感じます。これがまた神の平安です。

Seeking this PEACE, GOD’S PEACE, in our life is a far more important pursuit than seeking PEACE with OTHERS. この神の平安を望む事は、人との争いの無い関係を望む事よりも、もっと重要なのです。
That may sound insensitive and cold to people and relationships, but it’s the truth.
それは非情で人々の関わりに冷たい感覚のように聞こえるかも知れませんが、それが事実です。
Look at it this way. Would it be more important for you to be saved and have a good relationship with God, or to have conflict-free relationships with people? Of course, it would be ideal and blessed to have both, but sometimes we don’t have that luxury.
それをこの様に見てみましょう。救われる事や神との良好な関係を持つことの方が大切ではありませんか、争いのない人々との関係を持つ事よりも?
勿論、それは両方を持つ事が理想的で祝福されますが、時に、私達はその豪華さは持っていません。
Personally, in making my decision to follow God wholeheartedly, time and again I had to disappoint, offend, and disrespect my parents and my parents-in-law, who, at the time, did not agree with and were even angered by my decisions regarding my career, my family, and my life. I may be speaking casually about it now, but trust me, at the time, they were very difficult decisions for me to make. And time and again, I had to ask myself, “Is it more important for me to please God with my decisions, or to please people?”
個人的には、一心不乱に神に従う私の決断で、幾度となく、私は両親や義理の両親達を怒らせ、失望させたりしていました、その時は私の両親や義理の両親達も私を理解していませんでしたから、そして私の仕事、家族、人生につての私の決断によって彼らをがっかりさました。今だから言えますが、その時はとても辛かったです。
そして再び、私は自分に問います、人々を喜ばす事が重要なのかそれとも神を喜ばせる事が私にとってもっと重要なのか?

How about you? Is it more important for you to please God with your decisions, or to please people? Yes, even the people you love and are closest to? Which PEACE would you choose? God’s PEACE in knowing that you’re saved and in knowing that your relationship with God is in good standing? Or superficial PEACE that merely says that you get along with people around you?

あなた方はどうでしょう? あなた方にとって、人々を喜ばせるのが大切なのか、それとも神を喜ばせる方がもっと大切なのでしょうか?
あなたが愛する人々や最もあなたに近い人でさえ?
どちらの平安を選びますか?あなたは救われていて神との良好な状態である神の平安を選びますか?それとも単にあなたの周りにいる人々と仲良くする表面的な平和を選びますか?

2) The world would offer us REST in our hearts (心の落ち着きさ) through ASSURANCE/SECURITY that comes from money, family, job, etc., but the Bible speaks extensively on how fleeting those things are. 世はお金や家族や職から貰う心強さと安心感を通して心を落ち着かせなさいと言うが、聖書はそんな物は無駄だと多く書いてあります。

Those things are not “bad” things, and the world would argue that we should trust in those things. But the problem with that argument is that those things—money, family, job, etc.—aren’t 100% secure. They’re not 100% reassuring. Thus, they can never completely eliminate anxiety in our life.
これらの物は“悪い”ものではありません、そして世はこれらの物を信用するよう論じています。しかし、これらのお金、家族、仕事、等々は100%安心な物ではありません。それらは100%心強い物ではありません。従って、それらは決して完全に私達の人生の中で不安を解消することは出来ません。
Money comes and goes. Stock markets crash. Real estate can lose value. No family is perfect. Parents fail. Spouses disappoint. Kids make mistakes. Your job comes and goes. “Lay-offs” (リストラ) happen. “Axes fall” (くび). Do you “get the picture” (言っている事を分かりますよね)? We can find no assurance, no security, and no rest in these things of the world. There’s no PEACE in these things.
お金は入って来て出て行きます。株の市場は暴落します。不動産は価値を失ったりします。完璧な家族なんてありません。親は失敗します。配偶者は失望させます。
子供は間違いを犯します。仕事も来たり行ったりします。リストラもあります。
解雇もあります。私達は完全な保証や安心を見つける事ができません、そして
世のこれらの物の中に安息はありません。
安息などこれらの事にありませんよね。
On the other hand, God is constant. He never changes. He never fails. Furthermore, God is God. He’s perfect. He’s not an imperfect human like us. The Scriptures say, 一方では、神は一定であり彼は決して変わりません。神は決して失敗しません。
更に、神は神です。彼は完全です。彼は私達のような不完全な人間ではありません。
聖書はこう語っています。
民数記23:19
“God is not human, that he should lie, nor a human being, that he should change his mind.” 神は人のように偽る事はなく、また人の子のように悔いる事もない。(Numbers 23:19) Do you “get the picture” (言っている事を分かりますよね)? God is completely trustworthy. We can find true assurance, security, and rest in the PEACE that only God can give. 神を完全に信頼出来ます。本当の心強さと安心感と心の落ち着きは、神だけが与えられる平安に限る。
Let me give you an illustration, since Pastor Andrew did such a fantastic job with his illustration last week about sin and being filled with the Spirit.
実例をあげてみましょう、アンドリュー牧師が先週、罪と満たされた聖霊について素晴らしい例えを見せて頂いた様に。
(demonstrate “trust fall”)

Will you choose the ASSURANCE and SECURITY that the world would have you believe in? Or will you choose to find REST in the ASSURANCE and SECURITY that only GOD can provide? Which PEACE would you choose? The PEACE that the world offers, or GOD’S PEACE?

あなた方は世が信じている心強さと安心感を選びますか?それとも神だけが与えてくれる心強さと安心感で心の落ち着きを得る方を選びますか?
どちらの平安をあなた方は選びますか?世間が与える平和か神の平安か?

So, how do we get GOD’S PEACE? Simply put, it’s a choice. This may sound like an insultingly simplified answer to a seemingly complicated issue. But the reality is, the solution is that simple. It’s a choice. It’s choosing to trust God. It’s choosing to accept God’s definition of PEACE over that of the world’s. It’s a choice.
では、どのように私達は神の平安を得る事が出来るのでしょう? 簡単に言えば、それは選択です。これは一見複雑な問題のように聞こえますが、すごく単純に答えられます。でも本当に実際はその答えは簡単です。選択なのです。神を信じて選ぶのです。神を選ぶか選ばないかなのです。神が平安なのだと信じる選択なのです。

Now, to make such a choice is not simple, of course. It takes a lot of faith, a lot of trust, and a lot of courage. Nonetheless, the answer is simple. It’s a choice. And no one can make that choice for you. You must choose for yourself.
こういう選択をすることはもちろん簡単ではありません。多くの信仰と信頼と勇気を必要とします。でもその答えが簡単なことに変わりはありません。選択なのです。そしてだれもその選択をあなたのために選んでくれません。あなたは自分のために選ばなくてはなりません。

So, which will you choose? Will you choose GOD’S PEACE or the PEACE that the world wants you to believe in? Remember, GOD’S PEACE and the cheap imitation of PEACE that the world offers are starkly different.
あなたはどちらを選びますか?神様の平安かこの世界が信じて欲しい平和か。神様の平安とこの世界の偽りの平和は全然違うものだということを覚えといてください。
Why settle for the cheap imitation of PEACE? Don’t settle for Mr. Mahmoud’s or OFC. Don’t settle for Paradi, or Cooch, or Channel. When it comes to PEACE. Choose GOD’S PEACE.
安っぽい偽りの平和を選ぶ理由に何がありますか?ミスターマホマウドやOFCで落ち着くのではなく、パラディやクーチやチャンネルじゃなく、平安と来たら、神様の平安を選びましょう。
(祈る)
(pray)