On Earth as it is in Heaven 天に行われるとおり地にも行われますように

Today we continue with our series addressing this year’s theme ‘Your Kingdom Come’, drawing from Bill Johnson’s book ‘When Heaven Invades Earth’.
今日は私達の今年のテーマ “御国が来ますように” に取り組んでいるシリーズで著者 ビル ジョンソン氏の “ 天が地に侵入するとき” を続行していきましょう。
This is not an easy topic, yet it is well-worth pursuing, so please put your thinking caps on, open your hearts and be zealous for the Word.
これは容易な話題ではなく、とても良い価値のあることの追求ですので、真剣にそして心を開いて熱心に御言葉を受け入れてください。
The highest priority for any Christian (after loving God with all our hearts) is seeking the Kingdom of God:(心をつくして神を愛することの次に)クリスチャンが最優先にしたいことは、神の御国を求めることです。
“Seek first the Kingdom of God and His righteousness and all these things shall be added to you.” Matthew 6:33
マタイによる福音書6:33 まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。

And the model that Jesus gave us to seek the Kingdom of God and realise it’s coming in our world, is the Lord’s Prayer.
イエスは私達に神の御国を探し求めることと、その御国は私達の世界に来ていることを気付かせるためにイエスが模範として私達に与えてくださったことは、主の祈りなのです。

We’ve looked at this before but this is the living Word of God and I guarantee you this morning that if you yield your heart to the Spirit of God you will learn something new and fresh about the Lord’s prayer no matter how many times you’ve read it or meditated on it before.

私達はこれを以前見て行きましたが、これは神の御言葉に生きるということと、今からもし
あなたの心に聖霊が生じるなら、あなたは何か新しいものを学び、又以前あなたがどんなに何度も聖書を読んだり、瞑想をしていたとしても、主の祈りについて新鮮なことをあなたは学ぶということを私は保証します。

Biblical prayer is always accompanied by radical obedience. God’s response to prayer with obedience always releases the nature of heaven into our impaired world.” And that’s what we want right? The restorative power of God in our broken world.
Understanding the radical obedience that comes with Biblical prayer frees us from cold, rote prayers and frees us into hot, relational, transforming prayers. Obedience following Biblical prayer brings Godly change.

“聖書的な祈りは、いつも徹底的な従順を伴います”
従順な祈りに神は常に応答して下さり、私達の損なわれた世界に必ず天の性質を解き放って下さいます。そしてそれが私達の望むもものですよね?神の力で私達の壊れた世界を回復させるのです。徹底的な従順を理解することは寒さから私達を自由にし、祈りを丸暗記し暖かい所へと私達を自由にさせ、神との関係、大きく変化させる祈りなどが、聖書的な祈りとともいやってきます。聖書的な祈りに沿った従順な祈りは敬虔な変化をもたらすのです。

Jesus’ model reveals the only two real priorities of prayer. First, intimacy with God that is expressed in worship – holy is Your name.
And second, to bring His Kingdom to earth, establishing His dominion over the needs of mankind – Your Kingdom come.
イエスの模範は祈りにおいて真に大切な2つの点を教えてくれます。
1つ目は神との親密関係です。礼拝の中で表現されるー 御名があがめられますように。
という点です。
2つ目に神の御国を地上にもたらし、神の主権を打ち建てることー 御国がきますようにと言う点です。
So,
それで
“Our Father in Heaven, hallowed by Your name.”
天にいますわれらの父よ、御名があがめられますように。

Rob Bell, the controversial and somewhat discredited pastor has famously said that the phrase “personal relationship with Jesus” isn’t in the Bible, suggesting that a personal relationship with God is an overstated concept and a misplaced priority for Christians. Rob Bell couldn’t be more wrong! We are to call God our “Father”, “Abba – Daddy”. He is our Father and we are His children. We are friends of God. Brothers of Jesus. Heirs of the Father. Co-heirs with Christ. How much closer a relationship can you get? And the Lord’s prayer begins by clarifying the very intimacy of the relationship we have with God in Christ when we pray.
世間に議論を引き起こしたロブ ベルとそこそこ信用のある牧師の有名な文言 “ イエスとの個人的な関係は聖書にはない”と言いました神との個人的な関係は大げさに表現している概念であると示唆し、そしてクリスチャンにとっては見当違いの優先順位だと言いました。
ロブ ベルはこれ以上の間違いは出来ません!
私達は神を御霊によって “ アバ、父”と呼びます。彼は私達の父であり、私達彼の子供です。
私達は彼の友達なのです。イエスの兄弟です。 父の後継者。キリストとの共同相続人です。
みんさんはどのくらい神と緊密な関係を得ることができますか?
そして主の祈りは、私達が祈る時キリストの神と私達が緊密な関係を明かにすることによって始まるのです。
Prayer with God is personal. It’s intimate. It’s familial.
神との祈りは個人的なことです。密接な関係をもつことです。家族の関係なのです。

But this beginning to the Lord’s prayer is more than just a clarification of roles. It is a call to participate in worship. When we pray “hallowed be Your name” we start to worship.
しかしこの主の祈りの始めは、ただ神と私達の立場をはっきり明確化するだけではなくそれ以上のものです。
それは礼拝に加わるように呼びかけています。私達が祈る時 “御名が崇められますように”と
礼拝を始めます。

Praise and worship are the primary activities of heaven, and so it is to be for the believer here on earth. The more we live as citizens of heaven, the more heaven’s activities infect our lifestyles.
賛美、礼拝は明らかに天で行われる最も重要な活動ですそれ故この地でも賛美、
礼拝がクリスチャンの第一優先となるべきです。私達が天国の市民として生きるいくに
つれ、天での活動が、この地上での行き方にますます影響を与えるのです。

Worship is our number one priority in ministry” regardless of what our area of ministry is. “Everything else we do is to be affected by our devotion to this call. He inhabits our praise.

礼拝は私達の奉仕の第一優先です。奉仕の領域がなんであるかに関わらず。
“全てのこの使命に私達がどれほど専念するかによって影響されるでしょう。神は私達の賛美の中に住まわれる方です。
“Your Kingdom come. Your will be done on earth as it is in heaven.”
御国がきますように。みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように。

This is the primary focus for all prayer. If it exists in heaven it is to be loosed on earth.” (And if it’s not free to exist in heaven then it must be rejected and bound here on earth.)
これは全ての祈りの最も重要な焦点です。もし天で存在するものがあれば、それは地に解き放たれるべきです。(逆に天に存在しないものは、拒否されこの地で縛る必要があります。)

When the believer prays according to the revealed will of God (in the Bible), faith is specific and focussed. Faith grabs hold of that reality.
And Enduring faith doesn’t let go.”
クリスチャンが啓示された神の御心に従って祈る時に信仰は一点に集中します。
信仰は天の現実をしっかりと握って放しません。
そして忍耐強い信仰はそれをしっかりと握って放しません。

Pastor Mike shared about this last week. He and Mayu prayed for 20 years for Mayu’s mum to be saved and in the end she was saved.
Enduring faith doesn’t let go.
マイク牧師がこのことについて先週分かち合ってくれました。彼とマユはマユのお母さんが救われることを願い20年間祈りそして最後にお母さんは救われました。
忍耐強い信仰はそれをしっかりと握って放しません。

We have other similar stories here in our congregation but I believe we have many, many more similar stories still to come as we pray for God’s Kingdom to come.
Enduring faith doesn’t let go.
私達のこの教会員の中にも似たような話があり、そして私はもっとより多く似たような話で私達が神の御国が来ますようにと祈るとき、強い信仰によってまだもっと多くの人々が救われると信じています。忍耐強い信仰はそれを握って放しません。
And following on from Pastor Mike’s sermon last week, I would like to see all of us together regularly praying, caring and sharing for/with three people that we committed to last week with an enduring faith that doesn’t let go. Let’s see God’s Kingdom come in the lives of these people and others.
そしてマイク牧師からの先週の説教に引き続き、先週私達がそれぞれ頭に浮かぶ救われて欲しいと願う3人の人々を思いやり、分ち合い忍耐強い信仰を持って定期的に私達みんなで一緒に祈りたいのです。これらの人々やその他の人々の人生に神の御国が来ますように見守って行きましょう。
“Give us this day our daily bread.”
わたしたちの日ごとの食物を、きょうもお与えください。

Is anyone starving in heaven? Of course not.” Is anyone in need in heaven? Of course not.
天には飢えている人がいるでしょうか?勿論いるわけがありません” 天には必用なものがいりますか? 勿論いるわけがありません。
In heaven there is abundant supply and it’s God’s will that we should be supplied abundantly with all we need and more here on earth, just as it is in heaven.
天国は何不自由ないところで、この地でも天国のように必要なものが豊かに与えられることが神の御心なのです。

I want to be clear, this is not prosperity teaching! I don’t believe God’s primary concern or reward is to make us materially wealthy here on earth and even if He does it’s only so we can be exceedingly generous with it.
これは繁栄教育ではないということを明確にしたいです。物を豊かに得るというのが神の一番の関心事ではなく、報いはこの地上で私達を物質的に裕福にさせるのではないと信じています。そしてもし神がそうして下さるとしても物質的な裕福はただ私達を極めて気を大きくさせて下さるだけです。

No, this is about having an abundant supply of all we need in material, relational and spiritual terms, just as it is in heaven. And where there is lack here, we should prayer for provision because it’s God’s good pleasure to provide it.

そうではなくて、私達が何不自由なく持つものについての教えなのです、天にある私達のために豊かな備えが用意されている物質的、人間関係、霊的なことについての教えです。そしてここに欠けているものがあり、私達はこの地上でも備えて頂けるように祈るのです、なぜならそれは神が喜んで私達にお与えになるからです。

Phil 4:19 My God shall supply all your needs according to His riches in glory.
わたしの神は、ご自身の栄光の富の中から、あなたがたのいっさいの必要を、キリスト・イエスにあって満たして下さるであろう。フィリピの信徒への手紙4:19

There is a distinctly heavenly context to this verse, not an earthly one. God will supply all our needs but they will be met according to His riches and His glory. Understanding this should guide our prayers for daily bread.

この一節は天国においての文脈です、地上においてではありません。神は私達の必要な物を全てお与えになりますそして彼らは神の富と栄光に応じて満たされるでしょう。という事です。これは私達の日ごとの糧を祈り導く必要があると理解すべきです。

“And forgive us our sins as we forgive those who sin against us.”
わたしたちに負債のある者をゆるしましたように、わたしたちの負債をもおゆるしください。

Is there any unforgiveness in heaven? No! Once again, heaven is our model for our relationships here on earth.
‘And be kind to one another, tenderhearted, forgiving one another, even as God in Christ forgave you. Therefore be imitators of God as dear children.’ These verse make it quite clear that our model is Jesus Christ…the one whose Kingdom seek. Once again this prayer illustrates a practical way to pray for heaven’s reality to bring an effect on earth.”

天には赦せない思いは存在するでしょうか? もちろん存在しません、天は私達の地上における人間関係の模範を現しています。
“お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。ですから愛されている子供らしく、神のならう者となりなさい” これらの御言葉は私達の模範がイエスキリストであり御国を探し求めることを私達に非常に明確にさせています。
繰り返しになりますが、この祈りも天の御国の現実をこの地に効果的にもたらすための具体的な方法です。
“And do not lead us into temptation but deliver us from the evil one.”
わたしたちを試みに会わせないで、悪しき者からお救いください。

There is no temptation or sin in heaven. Neither is there any evil. Keeping separate from evil (as determined by God, not us!) is a practical evidence of our coming under the King’s rule. So our behaviour reflects our nearness to God. This prayer does not imply that God wants to tempt us. James 1:13 makes it clear that God would never do that. This kind of praying is important because it reminds us to face our need for grace. It helps us to align our heart with heaven – one of absolute dependency on God. God’s Kingdom gives us a model for the issues of the heart. This prayer is actually a request for God to not promote us beyond what our character can handle. Sometimes our desire to serve God is bigger than what our character can handle.
天には試みや罪はありません。また悪も存在しません。悪からは離れていることは(神によっての判断、私達の意志ではない)私達が王の主権の下にいることの実際的証拠です。ですから私達の行動は、神への近さを現しています。“この祈りは、神は私達を誘惑したいと願っておられません” イザヤ書1:13にあるように神は私達が罪を犯すように誘惑なさる事は決してありません。“この種の祈りはとても重要ですというのも私達に恵みの必要性を再確認させるからです。私達の心が天と一致する、つまり完全に神に拠り頼むことの助けとなります。神の御国は私達の心のあり方の模範です。この祈りは実際には私達の性質が制御できる限界を超えるようなことはさせないで下さいと頼んでいるのです。時には神に仕えるための私達の欲望が、私達の性質が制御出来るよりも大きいことがあります。(私達の気持ちだけが先に一人歩きし始めてしまうことがあります)

This prayer for deliverance from evil is a prayer for success in spiritual warfare. It’s a prayer which should be applied to cultural influences which derive from other faiths. It should be applied to our choice of media and entertainment. It should be applied to cultural ‘norms’ with regards to sexual behaviour, choice of language, choice of friendships, and an unselfish approach to our precious free time.
この悪しき者から救ってくださいという祈りは、霊的戦いの成功を祈る祈りです。
他の信仰から派生する文化的な影響に適用される祈りです。
マスコミや娯楽の私達の選択に適用すべきです。
この祈りは性的行為、言葉使い、友人関係の選択に関してまた貴重な自由時間を自分のことに使わないで文化的な基準選択(殆どの人がこの様な考えが当たり前だと思うようなこと)に適用すべきなのです。

“For Yours is the Kingdom and the power and the glory forever. Amen.”
  国と力と栄えとは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン

The Lord’s prayer begins and ends in praise and worship. It’s two primary objectives are 1) to draw near to God from within a personal intimate relationship, and 2) to bring the reality of His Kingdom to earth.
主の祈りは賛美と礼拝で始まり、賛美と礼拝で終わります。その2つの主な目的は、1)親密な関係をもつことから神に近づくこと、2)御国の実在を地にもたらすこと

Let’s consider the Lord’s prayer in outline form:
では主の祈りをアウトライン形式で見て行きましょう。

Praise and worship 賛美と礼拝
Praying for heaven on earth この地に天をもたらす祈り
a. Heaven’s effect on material needs 物質界に天をもたらす
b. Heaven’s effect on personal relationships 個人的な関係に天をもたらす
c. Heaven’s effect on our relationship to evil 悪との関係に天をもたらす
3. Praise and worship. 賛美と礼拝

Truly understanding and applying this prayer helps us to realise the intended goal of all prayer – that the Lordship of Jesus would be seen in all circumstances of life.
この祈りを理解することは、全ての祈りに設定された目標、私達の人生における全ての状況下に、主イエスの主権を見るということを実現する助けとなります。
Pray.