Parenting 101
子育て101(子育ての基礎)

May 26th, 2019

Minoh International Church
Pastor Joseph Ricohermoso
Text: Selected Scripture

About 30 years ago, there was a very popular book that came out that’s called “Parenting is Not for Cowards.” Any parent who’s been a parent understands the meaning of that. Parenting is tough work. It takes courage, it takes grit, it takes tenacity, persistence, deep love, unselfishness and a lot of other things. Parenting is definitely not for cowards.
30年くらい前、「子育ては臆病者では務まらない」というとても人気のあった本がありました。親になった人は誰でも、そのタイトルの意味がわかるでしょう。子育ては大変な仕事です。勇気が要りますし、根性も要ります。粘り強さ、執念,深い愛情、利他的な心、その他たくさんのものが必要です。子育ては確かに臆病者に務まるものではありません。

Parenting may be the most demanding and the most challenging job a human being could have because it’s the challenge of literally raising another human being, which is incredibly complex. It’s hard work. It’s not by accident that parenting starts with the process called LABOR. Any mom could tell you — it’s LABOR carrying that baby to full term and delivering the baby is LABOR.
子育てはおそらく人間ができる最も要求の厳しい、最も挑戦的な仕事です。なぜなら子育ては文字通り人間をもう一人育てることだからです。それは信じられないほどに複雑なことです。大変な仕事です。子育てが「陣痛」から始まるのは偶然ではありません。「陣痛」のことを英語でlaborと言いますが,laborは「労働」を表すことばでもあります。どんなお母さんに聞いてもこう言うでしょう。赤ちゃんをお腹で育てることも、その後、その赤ちゃんを出産することも重労働であると。

And, it just gets harder as time goes on. The problem is about the time you get experienced and wise from parenting, you’re unemployed (you’ve RETIRED). We get all of the knowledge from the years and years of experience and then they leave the nest about the time that you really know what you’re doing because you certainly don’t know what you’re doing when you start out as a parent.
そして、時間とともにその仕事はもっと難しくなるのです。問題は,あなたが経験を積んで子育てのコツをつかむことができるようになるまでに時間がかかりすぎるということです。その頃にはあなたはもう子育て業を廃業していることでしょう。親になったばかりのときには,なにもわからないまま子育てが始まり,長年の経験から子育てについてのすべての知識を得たと思ったときには,子供たちはもう大きくなり,巣立ちを迎えているのです。

Today, we’re going to look at PARENTING 101. You say, “Wait a minute, I’m not a parent.” Let me tell you a little secret. This is how to bring out the best in kids and everybody else too. There are principles in God’s Word that if you do these things, you will bring out the best in your boyfriend/girlfriend, in your spouse, in your boss, in your employees or whoever.
今日は「子育て101」と題して、子育ての基礎を見ていきます。ここにいる人の中には,「ちょっと待って,私は親ではないですよ」と思っている人がいるかもしれません。でも、秘密を教えてあげましょう。今からお話しすることは、子供たちだけでなく,すべての人にとっての一番よいものを引き出す方法なのです。神様の御言葉に書いてあることをすれば、恋人、配偶者、上司、従業員、誰に対しても,その人の一番いいところが引き出せるのです。

For those of you who aren’t parents, aren’t a father/mother, maybe never will be. You need kids in your life. Study after study has shown that if you don’t have kids in your life, you grow older faster, you get hardening of the attitudes.
親でない方、お父さんやお母さんでない方、もしかすると自分は親にはならないと思っている方。親になるにせよならないにせよ,あなたの人生にとって子供の存在は大切です。様々な研究によると、人生において、子供の存在がない方はより早く歳をとり、態度もどんどん頑固になってしまいます。

Kids actually help us grow. We help them grow, no doubt about it, but they help us grow. Kids are God’s tool for teaching us unselfishness.
子供たちは私たちを成長させます。私たちが子供の育ちを支える、これはもちろん間違いのないところですが、子供たちも私たちを成長させます。神様は子供たちを通して私たちに無私無欲の心を教えるのです。

The Bible teaches us principles for bringing out the best in people. These are particularly important for parents in bringing out the best in children. We’re just going to look at two. Let’s start and get right into it.
聖書は、人々のもっともよいところを引き出す方法を教えてくれます。子どものよいところを引き出すこと,これはとくに,親にとって大事なことです。二つだけ見ていきましょう。

Number one, the first way to bring out the best in a child is:
その1,子供のもっともよいところを引き出す第一の方法は,

  1. Accept their uniqueness completely
    その唯一無二性を完全に受け入れることです

You need somebody to accept your uniqueness completely, and everybody around you needs somebody to accept their uniqueness completely. This is a starting point. It’s recognizing their value, recognizing their individuality. Every child, if you have more than one child in your family, every child is completely different. Everybody agree with that? They’re just not alike in any sense of the word, which means that they have to be treated differently.
人はだれでも、自分のユニークさを完全に受け入れてくれる人を必要とします。これが出発点です。その人の価値を認め、その人の個性を認めることです。全ての子供にその子だけの個性があります。家族に二人以上の子供がいても、それぞれが違う個性をもっています。みなさん、この点に賛成ですか。彼らはどの意味においてもそれぞれに違いがあります。それはつまり、彼らがみな異なる者として扱われるべきであるということを意味します。

God intentionally makes every one of us different. He could have just made a machine in a factory process line up where you all look the same, talk the same, smell the same, like the same. That would be an incredibly boring world.
神様は意図して私たち一人一人を個性的な存在としてお作りになったのです。神様は私たち全員を、工場で大量生産される物のように、同じ格好で、同じ話し方、同じ匂い、同じ好き嫌いをもつ物として作ることだって可能でした。しかしもしそうしていたなら、信じられないほどつまらない世界になっていたことでしょう。

I don’t know if you figured this out. God loves diversity. He is so creative; He’s never made any two people looking exactly alike. You look around you and everybody looks, talks, smells, acts different. Human beings make clones God never makes clones, never make copies even identical twins are different in thousands of ways. Everybody has a different handprint, voiceprint, eye print, footprint, personality. It’s the way God works. We’re all unique.
みなさんおわかりのことと思いますが、神様は多様性を愛しています。とても創造力のある神です。二人の人間を全く同じに作ることは決してありません。あなたの回りの人を見てください。見た目、話し方、匂い、行動、みな異なっています。人間はクローンを作りますが、神様は決してクローンを作りません。一卵性の双子でさえ,一方が片方のコピーとして作られるのではなく、様々な面において違うのです。わたしたちはみな、指紋、声紋、ひとみ、足形、性格など,すべてにおいて異なります。それが神様のやり方です。私たち全員が唯一無二の存在なのです。

Here’s what the Bible says.
聖書ではこのように言っています。

We are God’s workmanship created in Christ Jesus to do good works, which God prepared in advance for us to do.
Ephesians 2:6

そして、キリストと共に、私たちを墓の中から栄光へと引き上げ、キリストと共に席に着かせてくださいました。
エペソ人への手紙 2:6

Did you know that before you were born God prepared in advance what He wanted you to do with your life? He laid out a life of good works that He wanted you to do with your life. You can miss that plan but God created you for a plan and for a purpose. Before you were even born, and He custom designed you, He custom made you. The Bible says we are His workmanship. Take note of that word, WORKMANSHIP. It literally means masterpiece, masterpiece or a poem, poema. It means like a work of art.
生まれる前から、神様があなたの人生をあらかじめ準備し、あなたに何をしてほしいかをすでに考えていらしたと知っていましたか。神様はあなたにしてほしい良いことを計画されたのです。その計画から離れてしまう可能性がないわけではありませんが、神様があなたをその計画のために,目的をもってお作りになったということは間違いありません。あなたが生まれるずっと前から神様はあなたを特注で,カスタムメイドでお作りになったのです。いま読んだ聖書の箇所は,英語では“we are His workmanship”「私たちは神様のお作りになったものです」と書かれています。私たち一人一人が神様の傑作なのです。私たちは詩や絵画と同じようにつくられています。この世にたった一つの、芸術作品のような存在なのです。

Each of your children are unique works of art. Sometimes you don’t understand a work of art, but they are unique. One of the reasons, by the way, why God makes us all different is so everything gets done in the world. If we all liked to do the same stuff, there’s a lot get left undone. Thankfully, there’s some people who like to work with numbers, so they’re good at math, they’re good at engineering, they’re good at accounting. There are others who go, “I hate numbers, but I’m good with words.” They’re good at writing and writing books. Other people say, “No, I don’t like to write”, but they’re good mechanically or they’re good artistically or they’re good at sales or they’re good at closing deals.
子供たちはみなユニークな芸術作品です。ときには芸術作品が理解できないこともありますが、ユニークなものであることには違いありません。なぜ神様は私たちをそれぞれ異なるものとしてお作りになったのか。それはこの世界であらゆることがなされるようにするためです。みんなが同じ一つのことにしか興味を持たなければ、たくさんのことがやり残されたままになるでしょう。ありがたいことに、数字を扱うのが好きな人がいて,そういう人は数学が得意で、工学や会計もできる。「数字は嫌いだけど、言葉を扱うのが得意だ」という人もいて、そういう人は文章がうまくて本が書けます。「書くことが苦手だ」という人でも、機械をいじるのが好きだったり,芸術的な才能があったり、販売や取引が上手だったりします。

God wired us all differently. If we all liked to do the same thing, a lot of stuff would get left undone. That’s why we need each other. Some people are meant to fly airplanes, and other people like to plant flowers or vegetables, or they need to work in a small business or teach.
神様が私たち全員を異なるようにつくってくださったのです。全員が同じことが好きであったなら、やり残されることがたくさん出てきます。だからこそわたしたちは、お互いを必要としています。ある人は飛行機を操縦し、ある人は花や野菜を育て、ある人は中小企業で働き、ある人は先生として教壇に立つことになるわけです。

It’s all God’s plan. He designed us uniquely and differently.
全ては神様のお考えの通りです。神様は私たちを唯一無二の存在として、異なる者としてつくってくださったのです。

God works through different people in different ways.
1 Corinthians 12:6

神様は私たちの生活の中で、いろいろな方法で働きかけてくださいます。しかし、神のものとされた私たちの中で、また私たちを通してお働きになるのは、ただひとりの神です。
コリント人への手紙Ⅰ 12:6

The implication of that as parents is you cannot treat all your kids the same. It just doesn’t work. I mean, you’ve probably seen some parenting books that say, “To be fair, I treat all my kids the same.” There’s a word for that, unwise, because what works with one kid doesn’t work with another kid. We all react differently. To be a good parent, you have to treat your kids differently because they’re all different. It starts with, this is the foundation, accepting their uniqueness completely.
だから、親は子供たちを一律に扱ってはならないのです。同じように扱ったらうまくいきません。子育ての本に「公平を期すために全ての子供を同じように扱います」と書いてあるのを読んだことがあるかもしれませんが、それは愚かなやり方です。なぜなら、ある子供には効果的だったかもしれないことでも,別の子供には全く通じないかもしれないからです。私たちはみな違う反応をするものです。良い親になるには、子供たち一人一人に合った,別々の扱い方をしないといけないのです。なぜなら、子供たちはみなそれぞれに異なる存在だからです。その出発点はその唯一無二性を完全に受け入れることです。

One of the great tasks of parenting is to help kids recognize their own uniqueness, that they’re originals. They’re not carbon copies. They weren’t meant to be carbon copies of you or anybody else. They don’t have to compete with anybody else. In fact, they can’t because they are unique and to help them see that they’re not expected to be like everybody else. Why can’t you be more like your brother or your sister? God didn’t make them that way. He wants us to help our kids learn their uniqueness. Here’s the problem. There are two enemies that fight your uniqueness and fight uniqueness on all your children constantly. It is the pressure to compare and it is the pressure to conform.
子育てにおける偉大な仕事の一つは,子供たちが自分の唯一無二性を理解できるよう手助けをすることです。子供は複製コピーではありません。子供たちはあなたや誰かのコピーとして生まれてきたのではありません。ですから誰かと競いあう必要もありません。実際のところ、それぞれにユニークな面をもっているのですから、他人のようになることは本来できません。だれかのようになる必要などないということを子供たちがわかるように手助けすべきです。「なぜ、お兄さんやお姉さんみたいにできないの?」それは,神様がそのように作らなかったからです。神様は私たちに、子供たちがそれぞれの独自性に気づくよう手助けすることを望んでおられます。ただ問題があります。わたしたちの唯一無二性にいつも立ち向かってくる2つの敵が存在します。それらは「比べることからくるプレッシャー」と「合わせようとすることからくるプレッシャー」です。

You might want to write these down. Here are the two enemies of uniqueness that parents have to deal with. The first one is comparing.
もしかするとメモしておいた方がいいかもしれません。親として戦わなければならない二つの敵。その一つは、比較することです。

  1. Comparing
    比較すること

The pressure to compare is everywhere. It’s all around and it’s worse today than even it was ten, 15 years ago because we have a thing called social media, which is one giant comparison tool. I take a picture of my dessert and then you have to take a picture of a cooler dessert. I take a picture of me having fun, then you got to show that you’re having more fun. It’s a constant comparison. In Japan and all around the world we have made comparing an indoor sport. We compare.
比較によるプレッシャーはどこにでもあります。SNSのせいで、そのプレッシャーは10年15年前よりさらにひどくなっています。SNSは何より巨大な比較ツールです。私が自分の食べているデザートの写真をアップしたら、あなたはそれよりもっとクールなデザートの写真を取らないといけなくなります。私が楽しんでいる様子をアップしたら、あなたはもっともっと楽しんでいる写真を投稿しないといけなくなります。比較することが日常化しているのです。日本でも、世界でも、「比較する」という競技種目に毎日参加しているような状況です。私たちはついつい「比較」してしまいます。

This is the season for graduations. We compare academics, how good of grades you got. We compare athletics, how skilled and coordinated are you? We compare appearance, she’s cuter than she is, or he’s more handsome than that guy. Academics, appearance, we compare economic status. He has more money than we do. They compare everything, status, popularity, things like that.
インターナショナルスクールなどでは,今が卒業のシーズンです。わたしたちは学力を比較し、どれくらいの点数を取ったかを比べます。またわたしたちは運動神経も比較するでしょう。そのスキルのレベルは?体の連係はどれくらいできているのか?わたしたちは見た目まで比較します。あの子はこの子よりも可愛いとか,あの子の方がかっこいいとか。さらには、経済状況までも比較して,あの人は私よりもっと稼いでいる,などと言います。社会的な地位や,人気,そういったものも含め,わたしたちは全てを比較してしまいます。

What does the Bible have to say? What does God have to say about this idea of comparing when he says he made us all unique?
聖書はこのことについて何と言っているでしょうか。全ての人をユニークにつくってくださった神様は、このことについてどのように思っていらっしゃるのでしょうか。

“We do not dare to compare,”
2 Corinthians 10:12

自分はすぐれた人物だと自己宣伝をする人がいますが、私はそのまねをするつもりはありません。彼らはただ、お互いに比較し合ったり、つまらない尺度で自分を評価したりするのです。なんと愚かなことでしょう。
コリント人への手紙Ⅱ 10:12

We do not dare to compare, “ourselves,” it is what? Circle that word, “not wise.”
なんと愚かなこと「わたしはそのまねをするつもりはありません」とあります。それは「なんと愚かなこと」と書かれています。

You need to understand that and you need to teach your kids that. You should never compare your kids to anybody else’s kids. Never compare your wife or your husband or your pastor to somebody else. Never compare your job or your home or anything. God says, “It’s foolish (not wise),” why? Because we’re all unique. You can compare tangerines and submarines because they sound alike but they’re very different. A tangerine is not a submarine and there’s no comparison. That’s true with people.
このことを理解して、子供にも教えなければなりません。自分の子供を他人の子供と比較するということは決してしてはいけません。自分の妻、自分の夫、自分の牧師を他人と比べてはいけません。自分の仕事や家も、その他のどんなものも比較してはいけません。神様はそのことを「愚かなこと」と言われます。なぜでしょう?なぜなら、私たち全員がユニークな存在だからです。「みかん」と「潜水艦」はどちらも「かん」の付くことばだ,なんていう風に比べるのは勝手ですが、ものとしては全然違います。「みかん」と「潜水艦」なんて、比較できるはずがありません。人の場合も同じです。

Do your own work well,
Galatians 6:4

ほんとうに最善を尽くしているかどうか、もう一度、自分を点検しなさい。そうすれば、ほかの人と比較することもなくなるでしょう。
ガラテヤ人への手紙6:4

This is what we want to teach our kids. Don’t worry about what other people is doing. Don’t worry about their grades. You “do your own work well. Then, you’ll have something to be proud of but never compare yourself with others.”
このことを子供たちにもぜひ教えたいと思います。他の人が何をしているか,気にすることなどないのです。他の人の成績など,なんでもありません。自分のことにベストを尽くせば,そのことに誇りをもつことができます。決して他人と比較しないことです。

There is a legitimate kind of pride that the Bible talks about. It’s the pride of having done the best you could. Having done a good job, but the moment you start comparing yourselves saying, “I did a better job than he did,” you’ve now just sinned, because God tells us, don’t compare. It’s okay to do the best you can and go, “You know I’m proud of what I did, that’s a beautiful meal I just prepared,” But if you start comparing it to somebody else’s meal or you start comparing your deal to somebody else’s deal, the Bible says that’s foolish and it’s sin. We live in a culture of comparison where your kids come home every day and they’ve just compared the clothes they’re wearing, the music they’re listening to and every other thing and that robs them of their uniqueness.
聖書が語っている,合法的な種類の誇りがあります。それは自分のベストを尽くしたことに対する誇りです。しかし、自分の成し遂げたことを他人と比べはじめたとたんにそれは罪になります。なぜなら、神様の教えに「比べてはならない」とあるからです。例えば、料理を作って「こんなに素晴らしい料理が作れるなんて,自分で自分が誇らしい」と思うことはかまいません。しかし、それを他人が作ったものと比べてしまうと「愚かな」ことになってしまいます。ビジネスの取引も同じです。私たちは物事を比較する社会に生きている。子供たちが学校で,着ている服や好きな音楽、その他の全てのものを比較してしまうような社会では、子供たちが唯一無二の存在であることが奪われてしまいます。

The other thing that we fight as parents with our kids is conforming, not comparing but conforming.
親として戦うべき二つ目の敵は「合わせる」ことです。比較することではなく、合わせることです。

  1. Conforming
    同調すること

Another word for that is people-pleasing. It’s when you’re more worried about what other people think than worried about what God thinks about you. The conforming is the pressure to be like somebody else.
「合わせること」とは,言い換えれば「八方美人」でいることです。それはあなたが、神様にどう思われるかよりも周りの人にどう思われるかの方を気にしているために起こります。同調というのは,周りの人と同じにならなければならないというプレッシャーを与えます。

The fear of men is a snare
Proverbs 29:25a

人を恐れることは危険な罠ですが、主に頼れば安心です。
箴言 知恵の泉 29:25

We see somebody on TV or the Internet and say, “I want to look like that,” and “I want to be like that,” and “I want to be cool like that,” and all that. Conforming, the Bible says is a trap. As the Bible tells us in Proverbs, the moment I start worrying about what other people think about me, I’m done. Because then, all of a sudden, they become my God. They start molding and shaping my life.
テレビやネット上で誰かをみて、「あんな風になりたい」とか、「あんな風にクールになりたい」などと思ってしまいます。このように人に合わせようとすることは聖書では「罠」だと言われています。「箴言 知恵の泉29:25」に書いてことの意味は、他人が自分のことをどう思っているかを心配し始めたら、終わりなんです。なぜならその瞬間、その人を自分の神としてあがめてしまっているからです。その人が自分の人生にぴったりはりついて,その人によって人生が形づくられるようになります。

Let me tell you this: You don’t need other people’s approval to be happy. You’re as happy as you choose to be. Don’t blame anybody. If you’re not happy, blame yourself because your happiness is a choice. You don’t need other people’s approval. Some of you are trying to get your parent’s approval for 50 years. They may even be dead now and you’re still trying to prove yourself to your daddy or your mom or somebody else. Look, if you haven’t got their approval by now, you’re not going to get it. I tell you that, you’re not going to get it, but you don’t need it. You don’t need it to live a happy fulfilled godly, successful life. If we can teach our kids to stop comparing or at least minimize it, don’t do that, the Bible says it’s dumb, it’s foolish. Don’t compare and then you won’t conform.
私が言いたいのは,幸せになるのに他人の承認は不要だということです。自分の幸せは自分で選べるものです。だれも責めることはできません。もし幸せでなければ責めるべきは自分自身です。なぜなら、幸せは選びとるものだからです。他人の承認は必要ありません。ある人は50年もの間、親の承認を得ようと試みつづけました。親が死んだあとでさえも、親に自分自身を証明したいという気持ちをもっている人もいます。今その承認を得ていないのであれば、今後も得ることはないでしょう。永遠に得られることはありません。それにそもそも,承認など必要ないことなのです。あなたが神様のうちにあって、幸せいっぱいの成功した人生を生きるにあたって,他人からの承認は必要ありません。先ほど言った,比べることをやめるか,少なくともなるべく比べないでいられるように子供たちに教えられるのであれば,あなた自身もそのようにしましょう。聖書にあるとおり,比べることは愚かなことです。比較をやめれば,合わせようとすることもなくなります。

Here’s what the Bible says about that,
聖書のことばを引用しましょう。

Do not conform yourselves to the standards of this world.
Romans 12:2

この世の人々の生活や考え方をまねてはいけません。むしろ、神に喜ばれることは何かを思いながら、なすこと考えることすべての面で生き生きとした、全く新しい人となりなさい。
ローマ人への手紙 12:2

That’s the world’s value system. What is the world value: status and sex and salary and passion and possession, position, appearance and academics and athletics. It said, “Don’t conform yourself to the standards of this world but let God transform you inwardly,” How? “By changing how you think.”
それが世界の価値体系です。この世における価値基準とはなんでしょう。社会的地位,性別,稼ぎ,趣味,財産,ランク,外見,学力,運動神経…。みことばは,「この世の人々の生活や考え方をまねてはいけません。むしろ,神に喜ばれることは何かを思いながら,なすこと考えることすべての面で生き生きとした,全く新しい人となりなさい」と続きます。考え方を変えて,自分を内面から変えていくのです。

God says, “I don’t want you conformed, I want you transformed. I don’t want you being like everybody else. I want you being who I made you to be.” Here’s the problem, that verse we often think of it as being peer pressure. We tell our kids, “Don’t let other people push you in your mold. Don’t follow the crowd in doing wrong,” and on and on and on. You know what? Parents often want their kids to conform to world’s standards as much as anybody else. You want your kids to fit the normal pattern when God says, “No, I made them in a different way. They are unique and you’re trying to conform them so you look good as a parent.”
神様は言われます。「あなたにまねをしてほしくはない、わたしはあなたが変貌することを望みます」「あなたに周りの人と同じようになってほしいわけではない。私が造ったとおりのユニークなあなたでいて欲しい」。私たちは同調圧力というものを,友人関係から来る圧力であると考えがちです。ですから子供たちに「周りに流されて自分を型に嵌めてはいけない」とか「他の人に合わせて間違ったことをしてはいけない」などとよく言っています。それなのに、誰よりも、親たち自身が,人並みであることを子供たちに求めてしまう傾向があります。神様が「子供たちをユニークにつくった」と言われているのに、親は子供たちに周りに合わせることを要求してしまうのです。

In this first step, we must accept our kids, or anybody else for that matter, completely. How do you know if you’ve done that? As parents, how do you know if you truly genuinely accepted your kids? Real simple. You don’t insist they be like you. You see, when we have kids, we want them to like what we like. We want them to eat the same food that we like to eat. If we like a particular sport, we want them to be good at that sport. If we’re good in a particular area like I say math or something, well then, we want them to be good at math. They’re not you. They’re unique.
まずわたしたちは、子供を、あるいは周りの人を、完全に受け入れなければなりません。どうすればそのことを示すことができるでしょうか。実に簡単なことです。自分と同じようになることを子供たちに求めないことです。子どもをもつと,親は子どもに,自分と同じようなものを好きになって欲しいと思いがちです。自分と同じ食べ物を好きになってほしいとか,好きなスポーツがあれば,子どもにもそれをさせたいと思うとか。勉強において数学が得意なら,子どもにもそれが得意であることを望んだりします。子どもはあなたのコピーではなく,全員がそれぞれにユニークであるにもかかわらず,です。

I want to say this gently, because I love you as your pastor, but the world doesn’t need any more of you. One of you is enough. We don’t need two of you running around in this planet. God did not give you children just to be mini me’s. The conforming doesn’t just come from the peer groups, the conforming often comes from the parents who want to insist, you have to like what I like, be good at what I’m good at, watch the shows that I want to watch and on and on and on.
わたしはあなたがたの牧師として,みなさんを愛していますから,できるだけ穏やかな表現で言いたいのですが、この世界はあなたのような人を二人も必要としていません。あなた一人で十分なのです。あなたが二人も走り回るような世界を,わたしたちは必要としていないのです。神様は子供たちを「あなたの小さいコピー」として授けたのではありません。繰り返しますが,同調圧力は友人関係だけに生じるものではないのです。自分の好きなものを好きになってほしい,自分の得意なものを得意でいてほしい,といったかたちで,しばしば,親によっても行われているのです。

The Bible says in 1 Corinthians 13:5, “Love does not demand its own way” (LB). If I love my kids, I don’t demand that they like what I like, that they do what I do, that they be good at what I’m good at. I let them be themselves and let them be themselves. I let them be who God made them to be. The problem is, a lot of kids are getting the message today, “I can’t be me.” I have to either be what my peers want me to be or I have to be what my parents want me to be. Then, when you get married, I have to be what my partner wants me to be. When you get a job, I have to be what my professional boss wants me to be. All of a sudden, you get lost in it. The starting point of bringing out the best in others is accepting their uniqueness completely.
「コリント人への手紙」13:5に「愛は自分のやり方を押し通そうとはしません」とあります。子どもを愛しているのなら,親の好きなものを無理矢理押しつけたりはしません。子供たち自身の好きなものを選ばせ,やりたいことをやらせ,子供たちが自分らしくいられるようにするべきです。神様の望むとおりの子供たちでいさせるべきです。現代社会の問題は,「自分が自分らしくいられない」ということにあります。わたしたちは,仲間の求めに応じて,親の求めに応じて,自分を曲げて生きているのです。結婚すれば,パートナーの望む自分を演じます。仕事に就けば,上司の望むように振る舞わなければならないと感じます。そうし続けていれば,最終的には自分がだれか,見失ってしまうでしょう。自分のもっともよいところが引き出せるようにするための出発点,それは,その人がありのままに受け入れられることなのです。

As a pastor it would be nice to have at least one of my children enter into fulltime ministry. But not a single time did I ever say to my son or my daughters, “You ought to be a pastor,” or “have you ever considered being a pastor?” People want to say, “You’re Pastor Joseph’s son, aren’t you going to be a pastor?” I want them to be what God wants them to be. That’s not my plan. We’re all different.
私自身,牧師として、自分の三人の子供のうちの一人くらい,正式にミニストリーに入ってくれたらいいなあという思いはあります。しかし子供たちに「牧師になるべきだよ」とか「牧師になるって考えたことはある?」とか,今まで一度も言ったことはありません。周りの人は私の子供にそのようなことを言っているかもしれませんが、私は子供たちに神様の望むような人になって欲しいと思っています。それは私が計画するものではありません。私たちはみなそれぞれに違う人間,違う使命を持っているのですから。

Our goal is to help them become what God made them to be. I say that kids are not things to be molded, they’re people to be unfolded. When you unfold, you don’t know what’s inside but God does because He gave them that DNA. You’ve probably noticed, I’m not sporty. But, our son, Josh, loves basketball. Joyce? She was in track & field in Jr. High. Jodie? She likes movies.
私たちのなすべきことは,子供たちが神様の望む通りの人になれるよう手助けすることです。子供たちを型にはめていくのではなく,包みを開いて,内に秘められているものを引き出していくのです。包みの中から何が出てくるか,わたしたちにはわかりませんが、神様はご存じです。私を見れば、運動には向いていないとすぐにわかるかもしれません。しかし、息子のジョシュはバスケットボールが大好きです。娘のジョイスは中学校では陸上部でした。もう1人の娘ジョディは,映画が大好きです。

The truth is God sovereignly chose your kids. He picked your kids, and he intentionally put them in your family. He chose in their DNA which genes would be recessive and which genes would be dominant and their different gene structure than you are. He doesn’t make mistakes. He knows what he’s doing. The first step in parenting and the first step in bringing out the best in your kids or anybody else for that matter is you can’t help them until you accept them. You must accept their uniqueness completely. Got it? All right.
神様は主権をもってみなさんの子供をお選びになった,これが真実です。みなさんの子供を選んで、意図を持ってあなたの家族の一員としたのです。そして、子供たち一人一人のDNAについて,どの遺伝子を優勢にするか,一つ一つお選びになって,あなたとは異なる遺伝子構造の持ち主としたのです。神様が間違うことはありません。すべておわかりになっています。ですから子育てにおいて、子供たちの,あるは周りの人の一番よいところを引き出すための初めの一歩は,そのあるがままを受け入れることです。それをしない限り,相手を支えることなどできないのです。彼らが唯一無二の存在であることを完全に受け入れなければなりません。よろしいですか。

Number two. The second one is, I must not only accept my kid’s uniqueness completely, I must:
さて,二つ目です。子供の独自性を完全に受け入れるだけでなく,私がしなければならいことは

  1. Affirm their value constantly.
    常に彼らの価値を認めることです。

This is a little bit different. I must affirm their value constantly. This is more than simply, “I accept you, kid”. It’s not enough just to accept your kids. You have to affirm them. You have to love them, you got to believe in them, you got to celebrate them. You have to enjoy them, not just, “Well, I accept you because God put you in this family.” You have to affirm them. That’s not always easy to do. We often don’t do it enough.
これは受け入れることとは少し違います。私は常に子供たちの価値を肯定しなければなりません。これは単に「あなたを受け入れますよ」と伝える以上のことです。子供を受け入れるだけでは十分ではありません。私たちは彼らを価値ある存在として認めないといけません。子供たちを愛し、信じ、その存在を祝うのです。子供たちとともにあることを喜びましょう。それは単に「神様があなたを家族の一員とされたから受け入れる」ということではないです。彼らを肯定するのです。それはいつも簡単なことではないので、私たちは十分にはできていないと思います。

Now I deal with people all my life. You know what I’ve discovered? You and everybody else have a deep bucket that you need to fill with affirmations from other people. That bucket is never filled. I don’t think you can give too much affirmation to somebody. I really don’t. I think your need for it is limitless. It is boundless. That bucket is deep, deep, deep. I don’t think you can give your kids too much affirmation. I don’t think you can give your wife or your husband, your co-workers, or anybody you care about too much affirmation, because everybody has a deep, deep, deep hunger to be believed in, to be trusted, to be understood, to be affirmed, to be valued. They need somebody to go, “You’re important. You matter to me. You’re valuable.”
私は日々の生活を通して、たくさんの人と接しています。その中で私の発見したことは何だと思いますか。みんな,とても大きな空のバケツを持っているのです。そのバケツは,他人に認めてもらうことでしか満たされないバケツです。ところがそのバケツは決していっぱいになることがありません。だれも,その人が「もう十分だ」と思えるほどに人を肯定し続けることはできないでしょう。なぜなら、認めてほしいという要求は際限のないものだからです。そのバケツはひじょうに深いものです。子供にも、パートナーにも、同僚にも、誰にも、十分すぎるほどの承認を与えることはできません。なぜならみな,信じられる、信用される、理解される、大事にされることに対するとどまることのない飢餓感をもっているからです。みな,誰かに「あなたは大切です。私にとってあなたは大事です。あなたは価値ある存在です」と言われたいのです。

Affirming people’s value is different than simply accepting their uniqueness. You have to do it constantly. Why do we have to do it constantly? In a child’s mind, they’ve got this scale. It’s all the bad stuff they feel about themselves on one side. Here’s all the good stuff they feel about themselves on the other side. When they’re out there in the world, is the world piling on good or bad stuff about them? It’s always bad. “You’re worthless, you don’t measure up, you’re not cute enough, you’re not smart enough, you’re not athletic enough,” on and on and on. All of these little pebbles are putting them on this the negative side over here and it’s going down really quickly.
人の価値を承認することはその人の唯一性を受け入れる以上のものです。わたしたちは絶えずこれをし続けなければなりません。なぜ絶えず,繰り返す必要があるのでしょう?子供たちの心のなかには天秤のはかりがあります。一方には、自分についての悪いところがおかれ、もう一方には、自分の良いところがおかれます。子供たちがこの世に生まれて成長する中で,どちらが重くなっていくでしょう?いつも,悪い方が重くなっていきます。「あなたには価値がない!物足りない!可愛くない!賢くない!運動神経が悪い!」などなど…。これらのネガティヴなコメントは,一つ一つは小さなものかもしれませんが,その小石がどんどん積み上がって,あっという間に天秤のバランスを崩していくのです。

When you get more negative in your life than you have positive like this, this is called depression. There are a lot of depressed kids today. Kid suicides are on the rise. None of the world is saying, “You’re great. You’re fantastic. You’re God’s chosen one. You’re unique”, and all that, so you have to be putting it on over here, on the side positive side over here.
このようにして,自分の人生に対して否定的になるとき,これは鬱病と呼ばれます。現代社会では多くの子供たちが鬱に悩まされています。子供の自殺率も上がっています。「あなたは最高だよ,すばらしいよ。あなたは神様がお選びになったんだよ。たった1人の,ユニークな存在だよ」こうしたことばをかける人がだれもいない世界なのです。ですからみなさんは,このことを絶えず口にして,天秤ばかりのプラスの方を重くしてやらなければなりません。

It is amazing the power that it has in our lives. The model for being a parent is actually our Father in Heaven. Here’s what our Father in heaven says about affirmation and value.
受け入れられたこと,認められたことで子供にもたらされた大きな変化。その力は本当に素晴らしいものです。親としてのお手本は天の父です。天にいます私たちの父は,承認と価値について次のように述べています。

29 Not even a sparrow can fall to the ground without your Heavenly Father knowing it.
31 And you are far more valuable to God.
Matthew 10:29, 31

29 たった一羽の雀でさえ、あなたがたの天の父の許しなしに地に落ちることはありません。
31 ですから、心配しなくてもいいのです。あなたがたは神にとって、雀より、ずっと大切なものではありませんか。
マタイの福音書 10:29