Practical Christian Living
実践的クリスチャン生活

12 November, 2017

Have you ever been to a concert where the singer spends more time talking about the songs than actually singing the songs? It’s really frustrating. You want to yell “Shut up and get on with it!” You want song, not talk.
歌手が歌うどころか歌について話してばかりのコンサートに行ったことはありませんか?イライラしますよね。「話はいいから歌え」と怒鳴りたくなりますよね。話しを聞きにきたのではなく、歌を聞きに来たのですから。

Today’s sermon is a bit like that because today’s passage of scripture is the song, it is the sermon, and it requires a lot of listening and meditation, and very little talk.
今日の説教はそれと少し似ています。今日の聖書の箇所は歌であり、説教でもあるので、しっかり聞いて考えていただきたいのです。だからあまり話しません。

So today I’m going to slowly read the passage, and then make a couple of short points. Then we’re going to do an activity that will help us to personally apply the passage in our lives. The activity also prepares us for communion which follows.
今日の聖書の箇所をゆっくりと読みます。それから簡単にいくつか要点を見ていきます。そしてこの箇所が私たち一人ひとりの人生に生かすことができるようにみなさんにしてもらうことがあります。それはその後の聖餐式の準備にもなります。

We have been looking at the book of Romans to help us mature in our faith and live a life that is truly pleasing to God. Chapters 1-11 of Romans explain the gospel of Jesus Christ in detail. From chapter 12, Paul teaches us about practical applications of that faith in our everyday lives.
私たちの信仰を成長させ、神に心から喜ばれる人生を生きるためにローマ人への手紙を学んできています。1-11章はイエス・キリストの福音を詳しく説明しています。12章からパウロは信仰を私たちの日々の生活に実用的に適用することを教えています。

A couple of weeks ago, we studied these two verses:
数週間前にはこれらの2節を学びました:

Therefore, I urge you, brothers and sisters, in view of God’s mercy, to offer your bodies as a living sacrifice, holy and pleasing to God—this is your true and proper worship. Do not conform to the pattern of this world, but be transformed by the renewing of your mind. Then you will be able to test and approve what God’s will is—his good, pleasing and perfect will.
Romans 12:1,2

兄弟たちよ。そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、生きた、聖なる供え物としてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。
ローマの信徒への手紙12:1,2

Today we’re looking at chapter 12, verses 9-18, 21 and they are built on these earlier verses from the same chapter. Remember, this passage is the sermon. Who here has ears? Then you’d better listen very carefully:
今日は12章9-18, 21節を見ていきます。この箇所は同じ章から最初の1,2節に基づいています。この箇所が説教であることを忘れないでください。耳のある者はよく聞いてください。

Love must be sincere. Hate what is evil; cling to what is good. Be devoted to one another in love. Honor one another above yourselves. Never be lacking in zeal, but keep your spiritual fervor, serving the Lord. Be joyful in hope, patient in affliction, faithful in prayer. Share with the Lord’s people who are in need. Practice hospitality. Bless those who persecute you; bless and do not curse. Rejoice with those who rejoice; mourn with those who mourn. Live in harmony with one another. Do not be proud, but be willing to associate with people of low position. Do not be conceited. Do not repay anyone evil for evil. Be careful to do what is right in the eyes of everyone. If it is possible, as far as it depends on you, live at peace with everyone… Do not be overcome by evil, but overcome evil with good.
Romans 12:9-18, 21

愛には偽りがあってはならない。悪は憎み退け、善には親しみ結び、兄弟の愛をもって互にいつくしみ、進んで互に尊敬し合いなさい。熱心で、うむことなく、霊に燃え、主に仕え、望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい。貧しい聖徒を助け、努めて旅人をもてなしなさい。あなたがたを迫害する者を祝福しなさい。祝福して、のろってはならない。喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。互に思うことをひとつにし、高ぶった思いをいだかず、かえって低い者たちと交わるがよい。自分が知者だと思いあがってはならない。だれに対しても悪をもって悪に報いず、すべての人に対して善を図りなさい。あなたがたは、できる限りすべての人と平和に過ごしなさい。。。悪に負けてはいけない。かえって、善をもって悪に勝ちなさい。
ローマの信徒への手紙12:9-18, 21

I’m just going to make two quick comments on this before we move into the activity.
次に進む前にこれに関して2つの簡単なコメントをさせてください。

  1. You can’t do this alone.
    これは一人ではできません。

To successfully live like this, you need to be practicing this amidst others who are also modelling their lives on this teaching. I can’t emphasise this enough. Especially for you high school students and university students; if you surround yourself with good, fun, kind people who practice most of this but snip out the bits like “serving the Lord” or modify what it really means to be evil, then you are in trouble. I’ve seen too many people try to live the Christian life apart from other believers and they typically come to ruin. You can’t work and live separately from non-believers. We’re in this world. But because of that, we must associate closely and regularly with those who wholeheartedly believe in and practice this teaching.
このようにうまく生きていくには、この教えに従って生きていこうとしている人たちの中で実践していく必要があります。これはいくら強調しても足りないくらいです。特に高校生、大学生の人たちには。これらのほとんどを実践しているいい人たちに囲まれていたとしても、“主に仕えること”を省いたり、悪であることの本当の意味を修正したりするようであれば、それは間違いです。他のクリスチャンから離れてクリスチャン生活を送ろうとしている人たちをたくさん見てきましたが、たいていうまくいきません。私たちはこの世に生きているのですから、クリスチャンでない人たちから離れて働いたり生きることはできません。しかしそれだからこそ、この教えを心から信じて実践している人たちと密接に定期的に付き合う必要があるのです。

  1. You can’t do this alone.
    これは一人ではできません。

Yes, I know I already said that but this is different. This teaching is not something that we have to try really hard to do. It’s not something that we do in our own strength. Remember what we learned a couple of weeks ago?: “be transformed by the renewing of your mind. Then you will be able to test and approve what God’s will is” Romans 12:2 Applying this teaching to our lives is a transforming work of the Spirit in our lives. How can we honestly “never lack zeal” in our own strength? It’s got to be a work of the Spirit. Who can truly be patient in affliction? It’s hard enough being patient in traffic let alone real affliction! Surely this is a work of the Spirit. Who can honestly say they bless those who persecute them? This is not natural! It is a work of the Spirit, and so on with the other teachings here. So to live like this, we must be in regular communion with the living Spirit of Christ through prayer and Bible reading.
前にも言いましたが、これは違います。この教えは私たちが一生懸命がんばってしなければいけないことではありません。私たち自身の力ですることではありません。数週間前に学んだことを覚えていますか?心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。ローマの信徒への手紙12:2 この教えを適用することは、私たちを変えることのできる聖霊のはたらきです。私たちの力のうちに“決して熱意に欠けることはない”なんて言えますか?それは聖霊のはたらきによることです。苦悩を我慢できるのは誰ですか?交通渋滞を我慢するのでさえ大変なのに、本当の苦悩ならなおさらのことです。間違いなくこれは聖霊のはたらきです。迫害する者を祝福できると誰が正直に言えますか?自然にできることではありません。それは聖霊のはたらきであり、他の教えについても同じことです。ですからこのように生きるためには、私たちは祈りと聖書を読むことを通してキリストの生きた霊と常に交わっていなければなりません。

Understanding our need to be transformed by the Spirit to live like this, and to surround ourselves with like-minded believers to live like this, let’s prayerfully complete the following activity.
このように生きるためには聖霊によって変えられること、同じ考えを持つクリスチャンたちに囲まれている必要があることを理解し、次のことを祈りをもってやってみましょう。

I’m going to hand out some sheets. I want you to complete them slowly and thoughtfully now but only mentally – don’t write on them now. Your answers might involve the person sitting next to you! The writing is your homework which I would like you all to do sometime today, before you sleep tonight. Can I have your promise on that? Please answer the questions on the sheet.
今から紙を配ります。そこにはまだ書かないで、頭の中でゆっくりとよく考えてみてください。あなたの答えは隣の人に関係があるかもしれません。書くのは宿題にしますから、今日中に今晩寝る前にしてみてください。いいですか?では紙に書いてある質問に答えてください。

Practical Christian Living – Romans 12:9-21

  1. Is there any evil or sin in your life that you don’t hate? If so, write it here:
    憎んではいない悪や罪があなたの中にありますか?あれば書いてください。
    _______________________________________________
    Confess it and repent.
    告白して、悔い改めましょう。
  2. If you could name one person, who do you honour most in this church?
    この教会の中であなたがいちばん尊敬の念をもっている人は誰ですか?
    _______________________________________________
    Give thanks for that person and write one way you can bless them.
    その人に感謝し、その人を祝福できる方法を書きましょう。
    _______________________________________________
    If you could name one person, who do you honour least in this church?
    この教会の中であなたがいちばん尊敬できない人は誰ですか?
    _______________________________________________
    Pray for them and and write one way you can bless them.
    その人のために祈り、その人を祝福できる方法を書きましょう。
    _______________________________________________
  3. List three ways that you can keep your spiritual fervour to serve the Lord.
    主に仕える霊的な情熱を保つ3つの方法を書いてください。
    _______________________________________________
    _______________________________________________
    _______________________________________________
  4. Name your greatest hope, your greatest affliction and your greatest prayer at this time.
    あなたの現在の最大の望み、最大の苦悩、最大の祈りを書いてください。
    Greatest hope:
    最大の望み
    _______________________________________________
    Greatest affliction:
    最大の苦悩
    _______________________________________________
    Greatest prayer:
    最大の祈り
    _______________________________________________
    Labor in prayer, asking God for increased joy, patience and faithfulness in these things.
    祈りに励み、これらのことに神が喜び、忍耐、誠実さを増してくださるように求めましょう。
  5. What practical measures can you take to be hospitable in the near future?
    近い将来に人を暖かくもてなすには具体的にどんな対策を取ればいいでしょうか?
    _______________________________________________
  6. Who bothers you or upsets you the most?
    あなたをいちばん困らせたりイライラさせたりする人は誰ですか?
    In what practical way can you bless them? How can you make them happy or show them you care about them?
     実用的にどのようにその人を祝福できるでしょうか?どうやってその人を喜ばせ、あなたの思いやりが伝わるでしょうか?
    _______________________________________________
  7. Who do you know that is rejoicing or going through good times at the moment?
     今、喜んでおり、物事がうまくいっている人を知っていますか?
    _______________________________________________
    Who do you know that is mourning or struggling?
    悲しみの時にあり、悩んでいる人を知っていますか?
    _______________________________________________
    What can you do to share these things with them?
    その人たちと分かち合うには何ができるでしょうか?
    _______________________________________________
  8. Can you think of any ways that you might have appeared conceited to others? List them here and prayerfully turn from them.
    人にうぬぼれていると思われたようなときはありますか?それらを書き出して、祈りをもってそれらから離れるようにしましょう。
    _______________________________________________
    _______________________________________________
    _______________________________________________
  9. If there are any frictious or tense situations or relationships you are in, what practical steps can you take to bring peace?
    もしこじれたり、緊迫した状況や関係にあったとしたら、解決するためにどのような実用的な手段を取ることができますか?
    _______________________________________________
    _______________________________________________
    _______________________________________________
  10. Referring to question 1, after confessing an evil or sin in your life, what good thing can you introduce into your life to overcome or replace the sin?
    1番の質問ですが、あなたの中にある悪や罪を告白した後、その罪を克服し、取り替えるためにどんな良いことを取り入れることができますか?
    _______________________________________________

Pray.

Communion.