Revealing the Father
父なる神を明らかにする

10 February, 2019

What do you think the greatest purpose of Jesus’ life was? The purpose of His death was to atone for our sins. The purpose of His resurrection was to bring new life. But what do you think the greatest purpose of Jesus’ life was? [Open question]
イエスの人生の最大の目的は何だったと思いますか?イエスの死の目的は私たちの罪を贖うためでした。イエスの復活の目的は新しい命をもたらすためでした。では、イエスの人生の最大の目的は何だったと思いますか?

I believe it was to reveal the Father. The purpose of everything that Jesus did was to reveal the love and mercy of the Father to a hurting and broken world. Jesus said,
父なる神を明らかにするためだと私は信じています。イエスがなさったことすべての目的は、父なる神の愛と憐れみを傷ついた壊れた世界に明らかにするためでした。イエスはこう言いました、

“I have revealed you [God] to them [the world], and I will continue to do so. Then your love for me will be in them, and I will be in them.”

John 17:26

わたしが教えたのです。これからも教えます。あなたの大きな愛が彼らをつつみ、わたしも彼らのうちにいられるように。

ヨハネの福音書 17:26

Through Jesus, the love, the kindness, the patience, the mercy, the grace, the gentleness, the goodness and the power of the Father was revealed.
イエスを通して、父なる神の愛、親切、忍耐、憐れみ、恵み、柔和、善意、力が明らかにされたのです。

Our purpose, as Christians, is to continue the ministry of Jesus. Our purpose as a church is to continue the ministry of Jesus. The greatest thing we can do in our lives and in our church is to continue to reveal the Father to a hurting and broken world.
クリスチャンである私たちの目的は、イエスのはたらきを続けていくことです。教会としての私たちの目的は、イエスのはたらきを続けていくことです。私たち個人が、そして私たち教会ができる最大のことは、父なる神を傷ついて壊れた世界に明らかにし続けていくことです。

Bradley spoke about this in his sermon last week when he said that we are the only gospel that most people will read, and we are the only Jesus that most people will meet. It’s true. For most people we meet, outside of nature, we are the only avenue through which the love and the power of Father will be revealed to them.
ブラッドリーが先週のメッセージでこのことを話しました。私たちはほとんどの人が読む唯一の福音であり、ほとんどの人が出会う唯一のイエスだということを。確かにそうです。ほとんどの人にとって、自然のうちに神を見ない限り、私たちは父なる神の愛と力が明らかにされる唯一の手段なのです。

We can learn how to reveal the Father to others, and we can learn how to avoid the pitfalls of this, by looking at three happenings in Luke 9. These three happenings arise following the mission which Jesus sent his twelve disciples out on. It says in verse 1 that Jesus sent the disciples out, giving them authority and power to drive out demons, to heal the sick and to proclaim the Kingdom of God.
ルカの福音書9章にある3つの出来事から、父なる神をどのように人に明らかにするか、またその落とし穴をどのように避けるかを学ぶことができます。これらの3つの出来事はイエスが12人の弟子たちを送り出した後に起こったことです。1節に書いてあるように、イエスは彼らに悪霊を追い出し、病人を治し、神の御国を宣べ伝える権威と力を授けました。

It’s amazing to think that such ordinary, unlearned people could be given such extraordinary power. But that is what they received and that is why they were able to perform such amazing miracles while on mission. They raved about the results when they got back. Having then not only seen first hand in Jesus, but participated themselves in such powerful manifestations of the Father, how did that affect them?
ごく普通の無学な人たちがそのような驚くべき力を与えられるとはすごいことです。しかしそれは彼らが受けたことであり、それゆえ彼らは宣教中にそのようなすばらしい奇跡を行うことができたのです。戻ってきた彼らは結果を絶賛しました。イエスが行うのをじかに見ただけでなく、自分たち自身が父なる神のそのような力強さを現すことに関与したのですから、このことは彼らにどんな影響を与えたでしょうか?

  1. Participation in powerful Kingdom manifestations produced pride.
    御国を力強く現すことに関与してプライドが生まれた

In verse 46 it says,

An argument started among the disciples as to which of them would be the greatest.

Luke 9:46

さて、弟子たちの間で、やがて来る神の国ではだれが一番偉いかという議論が持ち上がりました。

ルカの福音書 9:46

They began to compare between themselves the results of their mission work and this led to pride. They began to argue over who was the most important, who was closest to Jesus, and who had performed the greatest miracles.
弟子たちは自分たちの宣教のはたらきの結果を比べ合い出したので、それがプライドをもたらす原因となってしまいました。誰がいちばん重要で、誰がいちばんイエスに近く、誰がいちばんすばらしい奇跡を行ったかを議論するようになりました。

Here in our church, Pastor Mike leads the praise and worship, Imee leads the Sunday School, Kim-san leads our lunch ministry, and JL mops the floor so that none of you have things clinging to your feet. I want to ask you, whose work really is the most important? But this is simply the wrong question, and even asking it suggests that there is something very wrong.
私たちの教会では、マイク牧師が賛美をリードし、アイミーがサンデースクールをリードし、キムさんがランチミニストリーをリードし、JLさんが足にゴミがくっついてこないように床をモップできれいにしてくれます。ではここで質問です。誰の仕事がいちばん大切なのですか?これは単に間違った質問です。そんな質問をすることがまず間違っています。

Paul gives a very apt analogy using the human body. Let me ask you, what’s more important to you, a) your heart, b) your brain, c) your kidney or d) your anus? Some parts might have more dignity than others, but asking which one is the most important suggests that there is something wrong with your understanding of human anatomy. You’ll die if any one of those goes missing.
パウロは人間の体を用いてとてもうまい例えをしています。ではここで質問しますが、あなたにとってより大切なのは a) 心臓ですか、b) 脳ですか、それとも c) 腎臓ですか、d) 肛門ですか?ある体の部分は他の体の部分に比べてより品位があるかもしれません。でもどの部分がいちばん大切かなんて問うことは人体構造が分かっていないということです。体のどの一部でもなくなってしまえば死んでしまいます。

There needs to be a deep and abiding sense of love and value for every part of the church body.
教会の体のすべての部分を愛し、尊重する深い変わることのない認識が必要です。

  1. Participation in powerful Kingdom manifestations produced envy
    御国を力強く現すことに関与して妬みが生まれた

Later in the same chapter – Luke chapter 9 – John said,
同じ章のルカの福音書9章の後で、ヨハネはこう言っています。

“We saw someone driving out demons in your name and we tried to stop him, because he is not one of us.”

Luke 9:49

先生。無断であなたのお名前を使い、悪霊を追い出している人を見かけました。仲間ではなかったので、すぐやめさせました。

ルカの福音書 9:49

Here we see the disciples fall into the trap of personal Kingdom building. Envy. It’s as though they’re trying to maintain a franchise on godly power and will do whatever it takes to exclude all others. They’re saying “Okay, we get it, no one of us is better than another within our group, but we’re certainly better than that outsider.” They saw outsider believers as a threat to their kingdom position.
ここで弟子たちが自分たちの御国を建てるというわなに陥っているのが分かります。それは妬みです。神の力をフランチャイズ化しようとして、仲間でない者たちを締め出そうと必死になっています。彼らは、“分かりました。私たちの間ではある人が他の人に優るということはありません。ですが、私たちは外部の者よりは確かに優っています”と言っているのです。彼らには外部の信者が彼らの御国の地位を脅かすものに見えたのです。

How about you? If you’re serving, for example, in the praise and worship ministry and someone new comes in from outside our church who is humble, has a heart and talent for worship, and sings like an angel, will you cling to your position in the worship team because you were here first, or will you be happy to share your ministry with another or even allow yourself to be replaced by another?
あなたならどうでしょうか?例えばもしあなたが賛美のミニストリーで奉仕していたとします。そこへ教会の外部から謙虚で、賛美を愛し才能があり、天使のように歌う人が来たとしたら、自分が先にいるからといってワーシップチームの自分の座にい続けようとしますか?それとも喜んで他の人と自分のミニストリーを分かち合う、または他の人にゆずるろうとしますか?

I wonder if a world class chef with a heart for lunch ministry came into our church and wanted to help with the lunch ministry, if Kim-san would embrace them or feel envy? I’m sure she would embrace them and be glad for their help.
ランチミニストリーに思いを寄せる世界一流のシェフが私たちの教会に来て、お手伝いをしたいと言ってきたらどうでしょう?キムさんはそれを受け入れるでしょうか、それともうらやましいと感じるでしょうか?彼女ならきっと受け入れて手伝ってくれることを喜んでくれるでしょう。

What if a world class mopper came in with a passion for the cleaning ministry. Can you see JL holding on to that mop for dear life and fighting the invader off? Not likely. I’m sure JL would be happy for the company and the support, and would even be willing to be replaced if God had other ministry work him.
世界一流のモップ掃除の達人がお掃除ミニストリーに強く引かれてやってきたとしたらどうでしょう?JLさんが必死でモップにしがみつき、侵入者を追い払っている姿が想像できますか?ありえないでしょう?JLさんはいっしょに掃除をしてくれる人が来てくれて嬉しくて、神様が他のミニストリーのはたらきを与えてくださったら、喜んで変わってもらうことでしょう。

If someone else is infringing on what we perceive to be our spiritual turf, there’s no room for envy. There is a need for order and a right way of going about serving together. But in Christ, there’s no room for envy or personal Kingdom building.
他の誰かが私たちの得意分野であるとみなしていることに侵害しているとしても、そこに妬みの余地はありません。秩序というものが必要で、ともに仕える正しい方法が要るのです。しかしキリストにあって妬みや個人の御国を建てあげる余地はありません。

  1. Participation in powerful Kingdom manifestations produced murderous thoughts
    御国を力強く現すことに関与して殺意が生まれた

Jesus sent messengers on ahead, who went into a Samaritan village to get things ready for him; but the people there did not welcome him, because he was heading for Jerusalem. When the disciples James and John saw this, they asked, “Lord, do you want us to call fire down from heaven to destroy them?”

Luke 9:52-54

そんなある日、イエスはあらかじめ使いを出して、サマリヤ人の村で泊まろうとなさいましたが、 使いの者は追い返されてしまいました。彼らがエルサレムに向かう一行だとわかり、サマリヤ人が村に迎え入れるのをいやがったからです。 これを聞いたヤコブとヨハネはかっとなって、「先生。天から火を呼び下し、彼らを焼き滅ぼしましょうか」と言いました。

ルカの福音書 9:52-54

When people don’t respond to your ministry efforts, how does it make you feel? Rejected? Sad? Angry? Embarrassed? The disciples here were so incensed by being rejected that they wanted to call down fire on an entire city. A spirit of murder is now functioning in the disciples to the point where they actually want to kill people. And to make it even worse, they are using a misunderstanding of an Old Testament event to justify their actions. We do this sometimes, don’t we? We misuse the Bible to justify things that we know are wrong.
あなたのミニストリーの努力に人が反応してくれなかったら、どう感じますか?拒否されたと感じますか?悲しいですか?腹が立ちますか?恥ずかしいですか?弟子たちは拒否されたことであまりにも激怒して町全体に火を呼び下したいほどでした。実際に人を殺してしまいたいという殺意が弟子たちのうちにはたらいているのです。さらにひどいことには、自分たちの行動を正当化しようと旧約聖書の出来事を誤って使っているのです。私たちも時々、同じことをしませんか?間違っていると分かっていることを正当化しようとして聖書を誤用するのです。

None of these three responses of the disciples, after experiencing such amazing works of God, reveal the heart of the Father. In fact, they seriously misrepresent the Father. Where they should have been humbled, inclusive and forgiving, they were proud, envious and angry. No wonder there are cartoons like this: [“Please Jesus, protect me from your followers.”]
そのような神のすばらしいわざを経験した後、弟子たちのこれらの3つの反応は、父なる神の心を明らかにするものではありません。実際、彼らは父なる神を著しく誤って伝えています。謙虚で、人を受け入れ、赦すべきところを、彼らは高慢で、嫉妬し、腹を立てています。こんな漫画が出てくるのも無理もありません:[イエス様、お願いだから、あなたに従う者たちから私を守ってください]

By all accounts, this ministry experiment of Jesus’ was a miserable failure. Though the disciples did great works, it seems that in their character they learned nothing at all. They should have gone away and meditated on 1 Corinthians 13 (all about love), even though it hadn’t been written then!:)
どう見てもこのイエスの宣教の試しは恥ずかしい失敗でした。弟子たちはすばらしいはたらきをしましたが、性格上、何も学んでいないように思えます。彼らは立ち去って第一コリント13章(愛について書かれた章)を熟考するべきでした。その頃にはまだ書かれていませんでしたが。

The disciples did such a poor job of joining in Jesus’ ministry, what can we learn from this, other than what not to do? Well, as always, we can learn an awful lot by looking at Jesus. Because in all three of these situations (as with all situations) Jesus revealed the love and the mercy of the Father.
弟子たちはイエスの宣教にうまく加わることができませんでした。してはいけないこと以外に、私たちはここから何を学べるでしょうか?いつものごとく、イエスを見ることによってたくさんのことが学べます。なぜならこれら3つの出来事すべてにおいて(すべての状況においてもそうですが)イエスが父なる神の愛と憐れみを明らかにしているからです。

When the disciples were squabbling over who was the greatest, Jesus didn’t get angry with them, abuse them, whack them or fire them. He taught them in love. He gently corrected them. He took a child and stood him in front of them all and said,
弟子たちが誰がいちばん偉いかとつまらない口論をしている時、イエスは彼らに腹を立てず、彼らを罵ることもせず、ぶったたくこともせず、首にすることもしませんでした。イエスは愛をもって教えました。優しく正しました。子どもの手を取り、彼らの前に立たせてこう言いました。

“Whoever welcomes this little child in my name welcomes me; and whoever welcomes me welcomes the one who sent me. For it is the one who is least among you all who is the greatest.”

Luke 9:48

「だれでも、このような小さな子どもを受け入れる者は、わたしを受け入れているのです。またわたしを受け入れる者は、わたしを遣わされた神を受け入れているのです。あなたがたの中で最も謙遜な者が、最も偉い者なのです。」

ルカの福音書 9:48

What a powerful lesson! Even in discipline, Jesus revealed the Father’s love.
なんと説得力のあるレッスンでしょう。正している時でさえ、イエスは父なる神の愛を示しています。

When the disciples were trying to stop others from doing their work, again Jesus didn’t make a sarcastic comment, give them the silent treatment or whip them with a rubber hose. He gently taught them, saying,
弟子たちが他の人たちがしようとしていることをやめさせようとしている時も、イエスは皮肉なコメントをしたり、無視したり、ゴムホースでむち打ったりしませんでした。イエスは優しく教え、こう言いました。

“Do not stop him, for whoever is not against you is for you.”

Luke 9:50

「そんなことをしてはいけません。あなたがたに敵対しない者は、あなたがたの味方なのです。」

ルカの福音書 9:50

When the disciples wanted to see an entire city killed because their feelings were put out, it seems Jesus was a little more assertive in His response, and you might expect this. It simply says that he turned and rebuked them, and then they went on to another village. (v55,56)
気を悪くした弟子たちが町全体の人たちが殺されるのを見たがった時、イエスの反応は少し主張が強くなっているように思えます。それは当然だと思うかもしれません。イエスは振り向いて、彼らを戒められた。そして一行は別の村に行ったと書いてあるだけです。

Jesus’ revealed the heart of the Father in each of these corrections. We should imitate Jesus in his actions and His heart, as we go about ministering together. We will all make mistakes. We will let our emotions get the better of us sometimes. Maybe we even feel like giving up sometimes. We need to gently correct and love and encourage and edify one another, just as Jesus did with His disciples. It goes without saying that we also need to allow ourselves to be corrected and loved and encouraged and edified by others when we are in error.
これらの戒めの一つ一つにイエスは父なる神の心を明らかにしています。宣教をともにする私たちはイエスの行為、心を真似するべきです。私たちはみな間違いを犯します。時々、感情が先に出てしまうこともあります。時々、あきらめたくなることさえあります。私たちはイエスが弟子たちにしたように、互いに優しく正し合い、愛し合い、励ましあい、教え導き合う必要があります。そして自分が間違っている時は、人に正してもらい、愛してもらい、励ましてもらい、教え導いてもらう必要があるということは言うまでもありません。

On a side note, there is a lot for parents to learn here about disciplining children. As we discipline our children we need to follow the example that Jesus set here. A few key principles:
ちなみに、親の子どものしつけに関してここから学ぶことがたくさんあります。私たちが子どもをしつけるときはイエスがここで示してくださった例に従う必要があります。いくつかの基本方針をあげてみると、

  • Discipline should always be for the child’s benefit, not a release valve for the parent
    しつけはいつも子どものためであるべきで、親の発散口であってはありません。
  • Discipline should always be a planned corrective event, not an impulsive outburst
    しつけはいつも前から考えておいたことであるべきで、衝動的な爆発であってはありません。
  • Discipline should always reveal the edifying heart of God, not the destructive heart of the enemy.
    しつけはいつも神の教えの心を示すべきで、敵の破壊をもたらす心を示してはいけません。

Jesus revealed the Father’s heart in each of these corrections. He also revealed the Father’s heart after these corrections. Looking at the poor character development of the disciples, we might think of this mission as a failed experiment. But Jesus didn’t. In fact, he felt it was so important and worthwhile that shortly after he sent 72 disciples out on the same mission.
イエスは父なる神の心をそれぞれの戒めで明らかにしました。戒めの後でも明らかにしました。弟子たちの乏しい展開を見て、この宣教は失敗だったと思うかもしれません。しかしイエスはそうとは思いませんでした。実際、とても重要で価値あることなので、その後すぐ同じ宣教に72人を送り出しました。

Jesus is calling each of us to ministry and mission work right here in and from MIC. And I am convinced that a lot of growth and wonderful things lie ahead for MIC. I want us to pray for it, to expect it, to step out in faith for it, and to rejoice in it. But I also want us to prepare ourselves for what follows.
イエスは私たち一人ひとりをここMICでそしてMICからミニストリーに、宣教のはたらきに召しています。そしてMICには大きな成長とすばらしいことが前途に待ち受けていると私は確信しています。そのために祈り、期待し、信仰をもって一歩踏み出し、そのことを喜んでいきましょう。しかしその後に続くことにも準備していてもらいたいのです。

Jesus has given us authority and power to do His work. We should pray that we can reveal God in every situation. We should reveal the loving heart of God in our success and the success of others, and we should reveal the loving heart of God in our failures and the failings of others.
イエスのはたらきをする権威と力をイエスは私たちに与えてくださいました。どんな状況にあっても神を明らかにできるように祈っていくべきです。私たちの成功において、他の人の成功において神の愛する心を明らかにできるように、そして私たちの失敗において、他の人の失敗においても神の愛する心を明らかにできるようにしましょう。

Pray