Revelation – Christ Unveiled
黙示録ー覆いが取り去られたキリスト

18 November, 2018

Today we reach a milestone. After six years of studying each book of the Bible, today we arrive at the book of Revelation. Who was here on that chilly January morning in 2013 when we started in Genesis? It took us until August last year to complete our overview of the Old Testament, and after speeding things up this year, we arrive today at the end of God’s revealed Word.
今日はとても大切な学びについてお話しします。今まで、聖書の中の書を6年間学んできました。今日はいよいよ黙示録を読んでいきます。思い出してください。創世記で始まった2013年1月は、寒い冬でした。その6年前の寒い日にこの教会にいたのは誰でしょう。私たちは、旧約聖書の概要を学ぶために昨年8月までの長い年月が必要でしたが、今年は読むスピードを早めました。そして、今日やっと神が明言された言葉が書かれている、黙示録を読んでいきたいと思います。

But the book of Revelation is such a monumental book, we’re going to need 2 weeks just to complete an overview. Today I will give an introduction to the book and look at the letters of Jesus to the churches in chapters 2 and 3. Then next week we will look at the rest of the letter.
ヨハネの黙示録はいつの世にも残るような素晴らしい本です。私たちがそんな黙示録の概要をまとめるのには、今週と来週、2週間はかかると思います。ですから、今週は書の紹介をし、黙示録第2章と第3章のイエスの教会への手紙を見てみましょう。来週は手紙の残りの部分を見ていきます。

The purpose of the book of Revelation is to unveil a glorified Christ not only to our hearts but in our hearts.
黙示録が書かれた目的は、栄光を受けたキリストが姿を明かされたのは、私たちの心だけでなく、私たちの心の中にもキリストの栄光が明らかにされると言うことを伝えるためです。
(黙示録が書かれた目的は、栄光を受けたキリストが私たち、心に明らかにされるためだけでなく、私たちの心の中にも明らかにされるためです。)

Just as Jesus revealed the truth in parables and signs, so the book of Revelations reveals the truth of God in symbols, pictures, numbers and colours. To understand them we need to know our Old Testament well because almost every symbol and image that appears in Revelation has already appeared at some place in the Old Testament.
寓話と例え話を使ってイエスが真理を明かしたように、黙示録では、シンボルや、絵、数字や色で神の真理を伝えています。それらを理解するためには、旧約聖書をよく知る必要があります。なぜなら、ヨハネの黙示録に現れるほとんどすべてのシンボル、象徴とイメージは旧約聖書のある箇所にも、すでに記されているからです。

Yet what is revealed in Revelation is something greater than what was revealed before. Only the Holy Spirit can unveil Jesus to the hearts of believers. In the same way, we cannot understand the book of Revelation, or see the glory of Jesus revealed in it, without the unveiling work of the Holy Spirit. So we need to be humble and prayerful as we approach this book.
しかし黙示録には、今までに伝えられていたことよりももっと意味がありました。それは、信じている人の心には、聖霊のみがイエスのことを告げることができるということです。聖霊の働きをなくしては、私たちは黙示録の書をこのように理解することはできません、または聖霊の働きなしには、イエスの栄光の現れを見ることはできません。ですから、私たちはこの黙示録を読む時は謙虚になり祈ることが必要なのです。

Pray.

The book of Revelation was written by the apostle John toward the end of his life, either around 64-68AD or 92-95AD. More importantly than when it was written, is to whom it was written. This book is the Revelation of God to every church, to every believer of Jesus, in every age. It is the Revelation of God to you and me.
黙示録の本は、使徒ヨハネが自らの人生を終える紀元後64-68年頃か92-95年頃に書きました。しかし、いつ書かれたのかというよりももっと大切なのは、それが誰に向けて書かれたのかということです。この書はすべての教会、すべての時代にイエスのあらゆる信者にとっての神の啓示です。それはあなたと私にとって、神が私たちに明言されたた言葉、神の啓示なのです。

The description of the glorified Jesus in chapter 1 is amazing, and it gives us a glimpse of the Jesus we will encounter when we go to heaven. John describes the figure he saw before him.
第1章での、栄光を現されたイエスの記述はすばらしく、天国で出会えるイエスの姿を垣間見ることができます。ヨハネは彼が見た、彼の目の前に立つイエスの姿を次のように表現しています。

Among the lampstands was someone like a son of man, dressed in a robe reaching down to his feet and with a golden sash around his chest. The hair on his head was white like wool, as white as snow, and his eyes were like blazing fire. His feet were like bronze glowing in a furnace, and his voice was like the sound of rushing waters. In his right hand he held seven stars, and coming out of his mouth was a sharp, double- edged sword. His face was like the sun shining in all its brilliance.
Revelation 1:13-16

そして、その燭台の真ん中に、一人の人が立っていました。その方は、「人の子」と呼ばれるイエスのようであり、長い衣をまとって、胸には金の帯を締めていました。その髪は羊毛か雪のように真っ白で、目は燃える炎のように、鋭く光っていました。足は、みがきあげられた真鍮のように輝き、声は、海岸に押し寄せる大波のとどろきのようでした。この方は、右手に七つの星をつかみ、口には鋭い両刃の剣をくわえ、顔は澄みきった青空の太陽のように輝いていました。
ヨハネの黙示録 1:13-16

Already, this image is loaded with symbolism. The lampstands represent the churches and they are also a symbol of the burning presence of Jesus. Their gold colour represents a purified and holy church. By tending the lampstands Jesus fills them with the fresh oil of the Holy Spirit.
このようにイエスを表現しているイメージはとても象徴的です。燭台は教会を表しており、イエスという燃える存在を象徴しています。彼らの言う金色は浄化された聖なる教会を表しています。燭台を傾けることによって、イエスは聖霊の新鮮な油で教会を満たします。

The golden sash represents the compassionate love Jesus has for the church, His bride. The head speaks of Christ’s authority and the whiteness of the hair represents the righteousness of God, as well as wisdom and justice. This is similar to the figure recorded in Daniel 7:9, therefore equating Jesus with God, the Ancient of Days.
黄金のタスキのようなものは、イエス・キリストが教会に向けて抱いて(いだいて)いる誇りと思いやりのある愛を表しています。イエスの頭はキリストの権威を語り、イエスの髪の白さは、神の義と知恵と正義を表しています。これは、ダニエル書7:9にも似たようなことが書かれています。それゆえ、旧約聖書に書かれている全能の神をイエスだとみなして良いと言えます。

The bronze of His feet represents judgement. Jesus has gone through judgement for our sins. The sound of rushing waters represents the voices of a multitude (Rev 17:15) coming into His likeness. (Rev 14:1-3) The sword from His mouth is the Word of God (Heb 4:12)
イエスの足の青銅は判断を表します。イエスは私たち人間の罪のために裁きを受けました。流れているたくさんの水の音は、群衆の声、多くの人(Rev 17:15)がイエスを好意的に見ていることを表しています。(Rev 14:1-3)イエスの口から出る神の言葉は戦いの剣となります。(ヘブル4:12)

As you can see, even this one short passage, is filled with meaning. A detailed study of the whole book of Revelation will reveal all sorts of glories related to our triune God: God the Father, Jesus His Son and the Holy Spirit.
お分かりのように、この短い一節でさえ、たくさんの意味が含まれています。黙示録全体を詳しく学ぶと、私たちの三位一体の神に関係するすべての栄光、すなわち父なる神、御子イエス、そして聖霊のことがよくわかります。

Chapters 2 and 3 contain seven letters, one to each of the seven churches in (what is today) western Turkey. These seven churches represent all the churches of Christ (seven is a number representing wholeness or completion).
第2章と第3章には、現在のトルコ西部にある7つの教会に宛てられた、それぞれ7通の手紙が含まれています。7という数字は、全てまたは完結と言う意味を表す数字ですが、これらの7つの教会はキリストのすべての教会と言うことを表しています。

Each of these letters includes a word of commendation (except two), a word of warning or rebuke (except for two), a word of exhortation and a word of reward. We’re going to read across the letters and look at all the words of commendation together, then all the words of warning or rebuke together, then all the words of exhortation together, then finally all the words of reward together.
これらの手紙のそれぞれには、称賛の言葉、警告と叱責の言葉、奨励の言葉、報いの言葉書かれています。それでは、私たちは、称賛の言葉を一緒に読み、その後警告と叱責の言葉、次に奨励の言葉、最後にすべての報いの言葉を一緒に読んでいきましょう。
称賛の言葉、警告・叱責の言葉、奨励の言葉、報いの言葉

Words of commendation:
称賛の言葉

  • Ephesus had persevered through trials without becoming discouraged. (2:3)
    エペソは落胆することなく困難を耐え忍んだ。
  • Smyrna had withstood painful difficulties and financial hardships. (2:9)
    スミルナは苦しみと貧しさに耐えてきた。
  • Pergamum had never denied Christ despite severe persecution. (2:13)
    ペルガモは激しい迫害にもかかわらずキリストを決して否定しなかった。
  • Thyatira had excelled in love and faith. (2:19)
    テアテラは愛と信仰に優っていた。
  • Sardis: no commendation for the church, but a few had remained pure (3:1,4)
    サルデス:教会への称賛はないが、汚れのない者が幾人かいた。
  • Philadelphia had, despite being weak, kept faithfully to the Word of God. (3:8)
    フィラデルフィアは、弱くても神の御言葉に忠実であった。
  • Laodicea: no commendation, only rebuke
    ラオデキヤ:称賛はなく、叱責のみ

Take a moment to look at these commendations (or lack of). Take a moment to pray through these. Which one(s) do you think apply to you? What commendations do you think Jesus would have for you if He appeared before you now? Don’t be overly harsh – that’s false humility; and don’t be too lax – that would be prideful. Try to be as honest as possible with yourself, and prayerfully allow the Holy Spirit to guide your thoughts in this.
これらの称賛の言葉を見てください。これらのことを祈ってください。あなたに当てはまるものはどれですか?イエスがあなたの前に現れたら、あなたはイエスがあなたのためにどのように褒めてくれると思いますか?あまり自分を追い詰めない。それは偽の謙虚さになります。あまり自分を甘やかさない。 自惚れた気持ちを持ってしまいます。できるだけ正直になり、祈りによってあなたの考えを導くように聖霊に任せてください。

Words of warning or rebuke:
警告・叱責の言葉は次のようなものがあります。

  • Ephesus had abandoned the first love they had for Jesus. (2:4)
    エペソはイエスへの初めの愛から離れてしまった。
  • Smyrna: no rebuke
    スミルナ:叱責はなし
  • Pergamum was holding on to false teachings and practicing immorality (these two were related) (2:14)
    ペルガモは偽の教えにすがり、不品行を行っていた(この2つは互いに関連している)
  • Thyatira was engaging in sexual immorality. (2:20)
    テアテラは性的不品行を行っていた。
  • Sardis was resting on a good reputation but really were spiritually dead. (3:1)
    サルデスは評判は良かったが、霊的には死んでいた。
  • Philadelphia: no rebuke
    フィラデルフィア:叱責はなし
  • Laodicea were neither apathetic nor passionate, but just lukewarm, and this was detestable to God. (3:15,16)
    ラオデキヤは冷たくもなく熱くもなく、ただなまぬるく、神にとって忌まわしいことであった。

Take a moment to look at these rebukes (or lack of). Take a moment to pray through them. Which one(s) do you think apply to you? What rebuke do you think Jesus might have for you if He appeared before you now? Try to be as honest as possible with yourself, and prayerfully allow the Holy Spirit to guide your thoughts in this.
これらの叱責の言葉を見てください。これらの言葉を読んで、少し祈ってください。あなたに当てはまるものはどれですか?もしイエスが今あなたの前に現れたら、あなたはイエスがどんな叱責をあなたにすると思いますか?できるだけ正直になり、祈りによって聖霊にあなたの考えを導いてもらってください。

Words of exhortation:
奨励の言葉とは次のような言葉があります。

  • Ephesus: repent and listen carefully to what the Spirit is saying. (2:5,7)
    エペソ:悔い改め、聖霊が語っていることに注意深く耳を傾けなさい。
  • Smyrna: remain faithful and listen carefully to what the Spirit is saying. (2:10,11)
    スミルナ:忠実であり続け、聖霊が語っていることに注意深く耳を傾けなさい。
  • Pergamum: repent and listen carefully to what the Spirit is saying. (2:16,17)
    ペルガモ:悔い改め、聖霊が語っていることに注意深く耳を傾けなさい。
  • Thyatira: cling tightly to all that you have and listen carefully to what the Spirit is saying. (2:25,29)
    テアテラ:持っているものをしっかりと持ち、聖霊が語っていることに注意深く耳を傾けなさい。
  • Sardis: remember the things you have seen and heard, turn and obey; and listen carefully to what the Spirit is saying. (3:3,6)
    サルデス:見たこと、聞いたことを思い出し、立ち返り従いなさい;聖霊が語っていることに注意深く耳を傾けなさい。
  • Philadelphia: cling tightly to what so that no-one may seize your crown of victory; and listen carefully to what the Spirit is saying. (3:11,13)
    フィラデルフィア:勝利の冠を誰にも奪われないようにしっかりと持っていなさい。そして聖霊が語っていることに注意深く耳を傾けなさい。
  • Laodicea: repent and be eager to pursue what is right; and listen carefully to what the Spirit is saying. (3:19,22)
    ラオデキヤ:悔い改めて、正しいことを熱心に追い求めなさい。そして聖霊が語っていることに注意深く耳を傾けなさい。

Take a moment to look at these exhortations. I don’t know if I’m just incredible insightful, but there seems to be a pattern in these exhortations. Every one of them finishes with the same urging: listen carefully to what the Spirit is saying. This is a message that was recently emphasised in our study of The Parable of the Sower. ‘Listen carefully’ is a regular exhortation in the Bible and we need to heed it in our lives.
Take a moment to pray through these exhortations. Which one(s) do you think apply to you? What exhortation do you think Jesus might have for you if He appeared before you now? Try to be as honest as possible with yourself, and prayerfully allow the Holy Spirit to guide your thoughts in this.
これらの奨励、励ましの言葉を見てください。優れた洞察力が私にあるかどうかはわかりませんが、これらの奨励にはパターンがあるように思えます。どの言葉も同じような強い思いで締めくくられています。御霊が言っていることを慎重に聞きなさいという強い思いが伝わってきます。これは、最近私たちが学んだ、タネを蒔く者の例え話の中で強調されたメッセージです。聖書に書かれている奨励、私たちの人生に対して「よく聞きなさい」と留意する必要があります。
今から、これらの奨励の言葉について考えて祈る時間を持ってください。あなたに当てはまるものはどれでしょうか?イエスがあなたの前に現れたら、イエスはあなたのためにどんな励ましの言葉をかけてくださると思いますか?できるだけ正直に、聖霊があなたの考えを導くように祈ってください。

Words of reward:
報いの言葉には次のような言葉があります。

  • Ephesus: To the one who overcomes I will give access to feast on the fruit of the Tree of Life in the paradise of God. (2:7)
    エペソ:勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう。
  • Smyrna: The one who conquers will not be harmed by the second death. (2:11)
    スミルナ:勝利を得る者は、決して第二の死によってそこなわれることはない。
  • Pergamum: To everyone who is victorious I will let him feast on the hidden manna, and give him…a new name. (2:17)
    ペルガモ:勝利を得る者に隠れたマナを与える。そして新しい名を与える。
  • Thyatira: To everyone who is victorious and continues to do good works to the very end I will give authority over the nations. (2:26)
    テアテラ:勝利を得る者、また最後までわたしのわざを守る者には、諸国の民を支配する権威を与えよう。
  • Sardis: For the one who experiences victory, I will acknowledge your name before my Father and his angels. (3:5)
    サルデス:勝利を得る者は、彼の名をわたしの父の御前と御使いたちの前で言い表そう。
  • Philadelphia: For the one who is victorious, I will make you a pillar in the sanctuary of God, and write my own name on you. (3:12)
    フィラデルフィア:勝利の得る者を、神の聖所の柱とし、わたしの新しい名とを書きしるす。
  • Laodicea: To the one who conquers, I will give the privilege of sitting with me on my throne. (3:21)
    ラオデキヤ:勝利を得る者を、わたしとともにわたしの座に着かせよう。

These are the words of the risen and glorified Jesus to us.
これらは、神の栄光を受けよみがえったイエスの言葉、イエスから私たちへ向けられた言葉です。

These are the words of Jesus who died, was buried, and three days later rose from the dead.
These are the words of Jesus who sent His Holy Spirit at Pentecost and birthed the church.
These are the words of Jesus who is the resurrection and the life.
They are true and they are wonderful.
これらは、死んで埋葬され、3日後に死から生き返ったイエスの言葉です。
これらは、降臨祭に聖霊を送って教会を作ったイエスの言葉です。
これらは、復活であり生命であるイエスの言葉です。
これらは真実であり、素晴らしいことです。

Let’s use these words to be encouraged, to grow in our faith and to love Jesus more.
私たちはこれらのイエスの言葉を励みとし、イエスの愛と信仰によってさらに成長していきましょう。

Let’s worship in prayer.