Romans – Unity in Diversity
ローマ人への手紙-多様性の中にある一致

4 February, 2018

I’ve made a composite picture of our church. This is what we look like! [image]
教会の合成写真を作ってみました。こんな感じです。

This image of our church is where we are heading in our final study of the book of Romans. We spent the back half of last year studying through the book of Romans (and we continue to study it in our small groups). We have also spent the last six years working our way each month through a book of the Bible to complete an overview of the whole Word of God. So this morning, we’re combining our final study of Romans with an overview of the whole book.
この教会のイメージは今日のローマ人への手紙の最後の学びでするところです。昨年の後半からローマ人への手紙を学んできました。(小グループでは引き続き学んでいます)そして過去6年は、神の御言葉全体の要約を完了するために聖書の書を各月に一つずつ学んできました。それで今朝は、ローマ人への手紙の最後の学びとこの書全体の要約をいっしょに見ていきます。

Here is the whole book of Romans – and the gospel – in a nutshell:
ローマ人への手紙全体と福音を簡単に言うと、

  1. The whole of mankind is fallen; there is no-one righteous, and our wretched condition before God is just and it’s deserved.
    全人類が堕落、義人は一人もしない、神の御前で私たちが哀れな状況にあるのは公平で当然のこと
  2. But God has made us right with Him again through faith placed in Jesus Christ, and not by our own good works.
    しかし神は、私たち自身の良い行ないによってではなく、イエス・キリストを信じることを通して再び私たちを神と正しい関係にしてくださった。
  3. Because of this we now have peace with God, and we are careful to live repentant lives, as symbolised in baptism.
    そのおかげで私たちは今、神と平和を保ち、バプテスマで象徴されるように悔い改めた人生を生きようとする。
  4. When we are in Christ we learn that God’s love for us is so powerful that nothing can separate us from it.
    キリストにある私たちは神の愛から私たちを引き離すものは何もないことを知る。
  5. We are reminded that despite the profound nature of Christ’s atoning death, salvation is not a complex matter, but rather is a matter of a simple but honest, spoken confession of belief in the risen Christ.
    キリストの贖いの死には深い意味があるが、救いは複雑なことではなく、よみがえったキリストへの信仰をただ正直に口で告白するだけである。
  6. We learn how to discern the will of God in our lives by having our minds transformed by the Spirit of Jesus through the Word of God.
    神の御言葉を通してイエスの霊によって私たちの思いが変えられることによって神の御心を識別することを学ぶ。
  7. We are to love, honour and serve others; being joyful in hope, patient in affliction and faithful in prayer.
    私たちは、希望をもって喜び、苦痛に耐え忍び、忠実に祈り、人を愛し、敬い、人に仕えていく。

This brings us to our final message from Romans today.
これが今日のローマ人への手紙の最後のメッセージにつながります。

In the final chapters of Romans, after explaining the whole gospel of Christ, Paul talks about the weak (people) and the strong (people) in Christian congregations. He talks about disputable matters and how one person’s conscience shouldn’t become a stumbling block to another. One person’s convictions in disputable matters shouldn’t become a burden to others, especially if they are new believers.
ローマ人への手紙の終わりの章では、キリストの福音をすべて説明した後、パウロはキリスト教徒の間で弱い人たちと強い人たちのことを語っています。彼は議論の余地があることについて、ある人の良心が別の人のつまずきの石となってはならないことを語っています。議論の余地があることに関して、ある人の確信が他の人たちの重荷となってはなりません。特に信者となったばかりの人たちにとって。

This has practical applications even in today’s church. Very much in today’s church.
これは今日の教会にも実際に当てはまることです。今日の教会にとてもよく当てはまることです。

I’ve seen tempers rise over the eating of certain foods [image], the putting up of Christmas decorations [image], the handling and layout of furniture [image], which versions of the Bible to use [image], the number and choice of songs for worship [image], whether shoes should be worn in the church or taken off [image], which car park cars should be parked in [image], the frequency of communion [image], and so on and so on and so on.
ある食べ物を食べること、クリスマスの飾りつけをすること、家具の配置、どの聖書の訳を使うか、賛美の曲選び、教会内で靴ははくべきか、ぬぐべきか、車はどこに停めるべきか、聖餐式の回数などなど、そのようなことに感情的になるのを見てきました。

There is certainly a need for godly wisdom to determine what is a disputable matter and what is not. And I hope and pray that at very least, the leaders in this church can go a long way to helping with this. That’s one reason we’re here.
何が議論の余地があることで、何がそうでないことなのかを見極める神からの知恵が確かに必要です。少なくともこの教会のリーダーたちはこのことをうまくやってくれると願い祈っています。私たちリーダーのやるべきことの一つですから。

But there’s something unique about this church. Something really wonderful. Very special.
しかしこの教会にはユニークなところがあります。本当に素晴らしいことです。とても特別なことです。

In Australia, and most western countries, there are churches all over the place. There are a plethora of denominations to choose from, and within those, a number of styles available so that by choosing the one that best matches your personal preferences, you can enjoy a very happy spiritual experience.
オーストラリアやほとんどの西洋の国々では、教会があちこちにあります。ありすぎるほどの宗派があり、その中でもいろんなスタイルがあり、自分の好みにあった教会を選べば、とても幸せな信仰生活が楽しめます。

We don’t have that luxury here. We don’t have the luxury of church shopping. And praise God that we don’t! Really. We’re it! We’re the local international church. [image]
ここではそのような贅沢はできません。あっちの教会、こっちの教会に行ってから決めるというような贅沢はできません。できないことに感謝です。本当に。ここだけです。私たちがこの地域の国際教会なのです。

We all come from different church backgrounds, different denominations, different orders of service, different worship styles, different Biblical emphases, on some minor matters different Biblical interpretation, different dress code, different cultural environment, different languages, different senses of humour, different volumes of speech, different styles of hospitality…but we are one in Christ.
みんな違った教会背景、違った宗派、違った礼拝の順序、違った礼拝スタイル、違った聖書の強調、小さなことにおける違った聖書の解釈、違ったドレスコード、違った文化環境、違った言語、違ったユーモアセンス、違った話すときの声の大きさ、違ったもてなしの仕方のところから来ていますが、私たちはキリストにあって一つです。

We are one in Christ.
私たちはキリストにあって一つです。

Pastor Mike and I come from pretty different church structures and have different leadership styles. But we are one in Christ.
マイク牧師と私は違った教会体制、違ったリーダーシップスタイルのところから来ていますが、私たちはキリストにあって一つです。

Shono-san and I have different styles of devotion time. But we are one in Christ.
庄野さんと私のディボーションのスタイルは違いますが、私たちはキリストにあって一つです。

Euridice and I come from very different walks of life . She can dance, I can’t. But we are one in Christ.
ユリディシと私の職業は違います。彼女は踊れますが、私は踊れません。しかし私たちはキリストにあってひとつです。

My Korean brothers and sisters have a different way of praying in a group from me. But we are one in Christ.
韓国の兄弟姉妹のグループの祈り方は私の祈り方と違いますが、私たちはキリストにあって一つです。

Let’s look at that image again. [Image] It reflects great diversity and great unity. (And I think we’re actually much prettier than my composite picture might suggest!)
もう一度、画像を見てみましょう。多様性と一致に満ちています。(実際の私たちはこの私の合成写真よりきれいだと思います)

I look around the room and I’m deeply moved by the diversity here. I look at all the faces and I marvel at the diversity. It really moves me.
この部屋を見回してみると、この多様性に深く感動します。みなさんの顔を見て、その多様性に驚嘆します。本当に感動するんです。

I’m deeply moved because of the unity we have in Christ in the midst of such diversity.
このような多様性の中にあって私たちはキリストにある一致を保っているので、深く感動します。

This message of unity in diversity is how Paul finishes his letter to the Romans. Despite any disputable matters or stylistic preferences, or even some Biblical interpretations or emphases, we are called to unity in Christ.
議論の余地があること、スタイルの好み、聖書の解釈や強調の違いにもかかわらず、私たちはキリストにあって一致を保つように召されています。この多様性の中にある一致のメッセージでパウロはローマの人たちへの手紙を終えています。

Let me clarify something here. I’m talking about disputable matters and minor differences. I’m not talking about any of the counterfeit teachings that Daryl was warning us about last week. We need to be firmly and correctly in Christ. That’s vital.
ここで明確にしておきたいことがあります。私が言っているのは、議論の余地があることやわずかな相違のことです。先週、ダリルさんが警告していた偽の教えのことではありません。私たちはキリストにしっかりと正しくある必要があります。それは不可欠なことです。

Having agreed on the truth of the gospel in Christ, as spelled out through the book of Romans, we unite in love, and in the joy of the Holy Spirit.
キリストの福音の真理に同意し、ローマ人への手紙に書かれているように、私たちは愛と聖霊の喜びのうちに一つとなるのです。

Here’s what Paul writes:
パウロはこう書きました:

We who are strong ought to bear with the failings of the weak and not to please ourselves. Each of us should please our neighbors for their good, to build them up…
May the God who gives endurance and encouragement give you the same attitude of mind toward each other that Christ Jesus had, so that with one mind and one voice you may glorify the God and Father of our Lord Jesus Christ.
Accept one another, then, just as Christ accepted you, in order to bring praise to God.
Romans 15:1-2, 5-7

わたしたち強い者は、強くない者たちの弱さをになうべきであって、自分だけを喜ばせることをしてはならない。わたしたちひとりびとりは、隣り人の徳を高めるために、その益を図って彼らを喜ばすべきである。。。
どうか、忍耐と慰めとの神が、あなたがたに、キリスト・イエスにならって互に同じ思いをいだかせ、こうして、心を一つにし、声を合わせて、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神をあがめさせて下さるように。こういうわけで、キリストもわたしたちを受けいれて下さったように、あなたがたも互に受けいれて、神の栄光をあらわすべきである。
ローマの信徒への手紙15:1-2,5-7

Listen carefully because Paul is speaking to us – non-jews, gentiles, gaijin:
よく聞いてください。パウロは私たち、ユダヤ人でない、異邦人、外人の私たちに語っています:

For I tell you that Christ has become a servant of the Jews on behalf of God’s truth, so that the promises made to the patriarchs might be confirmed and, moreover, that the Gentiles might glorify God for his mercy. As it is written:
“Therefore I will praise you among the Gentiles;
    I will sing the praises of your name.”
Again, it says,
“Rejoice, you Gentiles, with his people.”
And again,
“Praise the Lord, all you Gentiles;
    let all the peoples extol him.
And again, Isaiah says,
“The Root of Jesse will spring up,
    one who will arise to rule over the nations;
    in him the Gentiles will hope.”
Romans 15:8-12

わたしは言う、キリストは神の真実を明らかにするために、割礼のある者の僕となられた。それは父祖たちの受けた約束を保証すると共に、異邦人もあわれみを受けて神をあがめるようになるためである、
それゆえ、わたしは、異邦人の中で
あなたにさんびをささげ、
また、御名をほめ歌う」
と書いてあるとおりである。また、こう言っている、
「異邦人よ、主の民と共に喜べ」。また、
「すべての異邦人よ、主をほめまつれ。もろもろの民よ、主をほめたたえよ」。またイザヤは言っている、
「エッサイの根から芽が出て、
異邦人を治めるために立ち上がる者が来る。異邦人は彼に望みをおくであろう」。
ローマの信徒への手紙15:8-12

Is it clear? The people of the nations in their diversity – us gentiles – unify in praise for God because of the righteousness we all share through Jesus Christ.
はっきりしていませんか?多様性の中にある国々の人たち、つまり私たち異邦人が一つとなって神を賛美しているのです。それはイエス・キリストを通して私たちみんなが持っている義があるからです。

I want to encourage every person in this room, from whatever background, to worship God with all their heart, because of the love He demonstrated through the gospel of Jesus Christ. And I want to encourage every person in this room to devote themselves to serving and edifying others in this congregation, so that no matter what differences or disagreements or hardships or trials might appear from time to time (and they will) we remain one in Christ, and we remain devoted to one another in love.
ここにいるみなさん一人ひとり、どんなバックグランドであれ、心から神を礼拝してほしいと思います。イエス・キリストの福音を通して神が示してくださった愛があるからです。ここにいるみなさん一人ひとりが、この教会の人たちに仕え、互いの徳を高めることに熱心になってほしいと思います。そうすれば、どんな違いや意見の相違、困難や試練があろうとも(それらはありうることです)私たちはキリストにあって一つとなり、互いに熱心に愛のうちにとどまります。

Before he finishes his letter to the Romans with personal greetings, he concludes his presentation of the gospel with these words, and I will use them to conclude this sermon:
個人的な挨拶でローマの人たちへの手紙を終える前に、パウロは次の言葉で福音の提示を終えています。その言葉をもって私のメッセージを終えたいと思います。

Romans 15:13 May the God of hope fill you with all joy and peace as you trust in him, so that you may overflow with hope by the power of the Holy Spirit.
どうか、望みの神が、信仰から来るあらゆる喜びと平安とを、あなたがたに満たし、聖霊の力によって、あなたがたを、望みにあふれさせて下さるように。 ローマの信徒への手紙15:13

Let’s sing out the overflow of our hearts.
私たちの心からあふれる思いを歌いましょう。

Pray