Shout it Out

29 February, 2017 Mini-sermon #1

Shout It Out
声をあげる

In the kids’ song we just sang “He is God” we’re encouraged to “shout it out”.
「He is God・彼は神である」という子供の歌を歌ったとき、私たちは「大きな声をあげて」と歌うように言われました。
Why?
なぜでしょう?
Why can’t we just quietly enjoy God for ourselves? Isn’t that enough?
なぜ私たちは静かに神を楽しんではいけないのでしょうか?それだけでは十分ではないのですか?
Can’t we just have a private faith?
自分一人で信仰を持つことはできないのでしょうか?
No. Because
ダメです。できません。なぜなら、
God’s great works require declaration and
神のすばらしいわざは語り告げなければならないし、
God’s great words require expression.
神のすばらしい御言葉は伝えられなければなりません。

Why?
なぜでしょうか?

1. Because it’s right and natural.
そうすることが正しいことで自然なことだからです。
When you hear good news you want to share it.
神の福音を聞いたなら、あなたは誰かに伝えたくなるはずです。
If there’s a sale on, you want to tell your friends.
もし安売りセールをやっているお店があったら、あなたは友達に教えたくなるはずです。
If there’s a danger ahead, you want to warn people.
もし危険が迫っていたら、人々に知らせたくなるはずです。
If there’s a good movie to watch, you want to share that experience with others.
もしいい映画を見たら、そのことを他の人に伝えたくなるはずです。
It’s just like that with God!
ちょうど神様のことを伝えたくなるのと同じです。
Psalm 98:4-6: Shout for joy to the Lord, all the earth, burst into jubilant song with music;
詩篇98:4-6 全地よ、主にむかって喜ばしき声をあげよ。声を放って喜び歌え、ほめうたえ。
1. So others can know.
そうすれば他の人たちも知ることができるからです。

It’s not just a great life we’re shouting about.
私たちが声をあげて伝えたいのは素晴らしい人生についてだけではありません。
It’s also about freedom from sin and hell.
罪と地獄からの解放についても伝えたいのです。
No-one likes talking about hell.
地獄のことは誰も話をしたくありません。
But Jesus talked about hell more than anyone else.
しかしイエスは地獄のことについて誰よりも多く話をしています。
He talked about it because it’s real.
イエスが地獄のことについて話をよくしたのは、そのことが本当のことだからです。
So we shout out the name of Jesus not just because of the new life we have in him but so people would know what it means to be forgiven and saved.
だから私たちは声をあげてイエスの名を呼ぶのです。神による新しい命のことだけでなく、人許され、救われることの意味を人々に伝えるのです。
Romans 10:14 How, then, can they call on the one they have not believed in? And how can they believe in the one of whom they have not heard? And how can they hear without someone preaching to them?
ローマの信徒への手紙10:14 信じたことのない者を、どうして呼び求めることがあろうか。聞いたことのない者を、どうして信じることがあろうか。宣べ伝える者がいなくては、どうして聞くことがあろうか。
1. So we can be assured of salvation.
そうすることで救いの確信が得られるからです。
Speaking our faith is actually an important part of realising our salvation.
信仰といえば、実は信仰は私たちの救いについて重要な一部を表しているのです。

Romans 10:9,10: If you declare with your mouth, “Jesus is Lord,” and believe in your heart that God raised him from the dead, you will be saved. For it is with your heart that you believe and are justified, and it is with your mouth that you profess your faith and are saved.
ローマの信徒への手紙10:9,10 自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。 なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。
Speaking out is also an important part of growing our faith.
発言するということは、信仰の成長にとって重要な役割をします。
There have been times in my life when I have had doubts and concerns, and the best remedy – without me even realising it at the time – was to witness!
私自身も今までに人生の中で、神に対して疑問と懸念を持ったことが何度か何度かあります。自分自身気づいていませんでしたが、一番良い救済の方法は目の当たりに見るということでした。
By speaking out and sharing our faith, we receive the assurance of our own salvation.
証言し、信仰を分かち合うことにより、私たちは自身の救いを確信できるのです。
1. Because there’s power in the spoken word
話す言葉には力があるからです。
Ezekiel 37:4: Then he said to me, “Prophesy to these bones and say to them, ‘Dry bones, hear the word of the Lord!
エゼキエル書37:4 彼はまたわたしに言われた、「これらの骨に預言して、言え。枯れた骨よ、主の言葉を聞け。
For faith to be effective, it must be spoken.
信仰がよく働くためには、証言されるべきなのです。
Faith must be expressed.
信仰は表現されるべきです。
Just as we see power in God’s word – He spoke and the world was created, Jesus spoke and the sick were healed – we can see power in our own words when we speak the words of God.
神の言葉に力を見ることができるように、神がお話になった時にこの世界が作られたように、イエスが話をされ、病人が癒されたように、神の言葉を話すときは、私たちの言葉にも力が与えられるようになるのです。
Don’t be shy with the words of God.
神の言葉を話すときは、恥ずかしがらないでください。
Don’t be annoying with them, either!
でも、話すぎたりして迷惑をかけてはいけません。
But gently and assuredly, speak the gospel into people’s lives.
優しくかつ穏やかに、しかし、しっかりと、人々の生活に福音をのべ伝えるのです。
This is why when we sing “He is God”, we need to shout it out.
そういう理由で、「彼は神である」という歌を、声を高らかにあげて歌いましょうと言っているのです。

Shout to the Lord

Mini-sermon #2 Kids’ Message

Great Places

I’d like to show you some pictures of some amazing places:
1,2,3,4,5,6,7
Which place do you think looks the best? Why?

One of the writers of the Psalms (not King David) said,
“One day spent in your house, this beautiful place of worship,
beats thousands spent on Greek island beaches.” (Msg)
あなたの大庭にいる一日は、よそにいる千日にもまさるのです。

Do you agree? Why does the writer say that? What’s so great about a place of worship?

Well, it’s not actually that the place is so great. It’s who’s here. Pierre’s here! That’s pretty great! Michelle’s here! That’s wonderful! Grace is here! Fabulous! But most of all, God is here! That’s why this place is such a beautiful place of worship. Because where God is, our hearts are at peace. We find purpose. And we find freedom. When we come near to God, He comes near to us. Here in the house of God we learn and we practice walking with God. It’s a wonderful thing.

I remember visiting this island in Fiji. [image] It’s one of the most beautiful places in the whole world. Who’d like to go there? Just ask your mum and dad and they’ll take you. But I was thinking, Wouldn’t it be great to live and work here?! Can you imagine getting paid to work in paradise?! So I was surprised when I was talking to one of the staff and he asked me (almost begged me) to help him get off the island and find a new life somewhere else.
Why?
Because there was no peace in his heart, no joy in His heart.
Sometimes the world promises what looks like peace and what looks like a great life. But without God, it’s not. The best place in the whole world is where God is.

That’s why the psalmist wrote, ““One day spent in your house, this beautiful place of worship,
beats thousands spent on Greek island beaches.” (Msg)

And that’s why we’re going to sing it!

Better is One Day

Mini-sermon #3
The Stand

“The Stand” is one of my favourite modern Christian songs.
「ザ・スタンド」とは私が大好きな最近のクリスチャンの歌の一つです。
Musically it’s wonderful and lyrically, it captures the entirety of the gospel like few other songs do.
音楽的に素晴らしいですし、他の歌にも素晴らしい歌詞のものがありますが、この歌の歌詞も福音の全てをうまく捉えています。

There are three verses, a bridge and a chorus.
この歌は3節と「つなぎ」と「さび」から構成されています。
The first verse worships God in His sovereignty as the eternal Creator and the omnipotent (all powerful) God.

永遠の創造者と全能である神の主権の元に、最初の節は神を礼拝しています。
The second verse worships Jesus as the One who died for us and took our sin despite our shame and unworthiness.
2番目の節は、私たちが恥にまみれ値しない存在であるにもかかわらず、そんな私たちのために死んでくださったイエスを礼拝しています。
The third verse celebrates the new life that we have in Christ through the Holy Spirit who lives in us, and calls us to declare our faith (as we talked about in the first kids’ song).

3番目の節は聖霊を通して私たちがキリストによって得ている新しい命を祝っています。そして私たちの信仰を宣言せよと言っています。ちょうど、先ほど子供の歌についてお話したように高らかに声をあげて宣言するようにと言っているのです。

It’s the words of the bridge of the song that are key to effecting God’s power and forgiveness and regeneration in our lives.
私たちの人生の中の神の力と許しと復活に働きかけている、大切な歌の「つなぎ」の部分の言葉なのです。
Because often when we want to seek God, it’s asking the right questions that leads us to the right answers.
なぜかというと、よく私たちが神に話をしたいと思う時に、的確な質問は的確な答えへと導きます。

* Jesus asked His disciples if His words to were much for them and if they wanted to leave. Peter replied on behalf of the twelve:
* イエスは彼の弟子たちに「神の言葉がどれほど意味があるのか、また彼らが出て行きたいのか」と聞きました。
“Lord, to whom shall we go?
主よ、わたしたちは、だれのところに行きましょう。
Great question!
素晴らしい質問です。
You have the words of eternal life.” 永遠の命の言をもっているのはあなたです。
The right question leads to the right answer.
正しい質問は正しい答えへと導いてくれます。
* The crowd on the day of Pentecost, having heard about Jesus’ work on the cross for the first time asked Peter:
ペンテコステの日に集まった人々が、イエスが十字架のためになさった仕業について初めて聞きいた時、ペテロに聞きました。

“Brothers, what shall we do?”
「兄弟たちよ、わたしたちは、どうしたらよいのでしょうか」
Great question! Peter replied,
素晴らしい質問です。ペテロは答えました。
“Repent and be baptized, every one of you, in the name of Jesus Christ for the forgiveness of your sins. And you will receive the gift of the Holy Spirit.
” 悔い改めなさい。そして、あなたがたひとりびとりが罪のゆるしを得るために、イエス・キリストの名によって、バプテスマを受けなさい。そうすれば、あなたがたは聖霊の賜物を受けるであろう。
The right question leads to the right answer.
的確な質問は的確な答えへと導いてくれます。
* Paul, anguishing over his sin asked,
罪について苦しんでいたパウロが質問しました。
“Who will rescue me from this body that is subject to death?” だれが、この死のからだから、わたしを救ってくれるだろうか。
Great question! The answer immediately follows:
素晴らしい質問です。答えはすぐに次のように出ました。
“Thanks be to God, who delivers me through Jesus Christ our Lord!” わたしたちの主イエス・キリストによって、神は感謝すべきかな。
Again, asking the right question leads to the right answer.
もう一度繰り返しますが、的確な質問は的確な答えへと導いてくれます。

The bridge of this song asks the right questions.
先ほどの「ザ・スタンド」歌のつなぎの部分は的確な質問を聞いています。
Having heard the gospel declared through the verses, the bridge asks:
福音が各節で明確に歌われたのちに、「つなぎ」の部分でこう聞いています、
“So what can I say? And what could I do?”
では何と言えばいいのでしょう?何ができるでしょう?
Is there a more important question to ask ourselves?
これ以上に、自分に対して聞ける大切な質問があるでしょうか?
The bridge gives the answer:「つなぎ」の部分で、こう答えています。
“Offer this heart, O God, completely to you.”
この心を、神様、あなたにすべてささげます。

So the song gives us the gospel – the glory of Almighty God, salvation through Christ, new life in the Spirit – and then it tells us how to activate the gospel in our lives, by offering our hearts completely to God.
ですから、この歌は福音、つまり全能の神の栄光、キリストの救い、聖霊の新しい命を歌っています。そして私たちの心をすべて神にささげることによって、福音を生活に生かすことを歌っています。
But the song doesn’t stop there. Because what follows is a response of unbridled worship of God:
しかし、この歌はここで終わってはいません。なぜなら拘束されない自由な神への賛美が、その後、答えとなって現れるからです。

“So I’ll stand with arms high and heart abandoned in awe of the One who gave it all.
I’ll stand, my soul, Lord, to You surrendered.
だから私は手をあげて、心を捨てて、すべてをくださったお方を畏れて立ち上がります。
わが魂よ、私は、主よ、あなたにゆだね、立ち上がります。
All I am is Yours.”
私のすべてはあなたのものです。

This is the gospel.
これこそが福音です。
This is what new life in Christ is all about.
これこそがキリストにおける新しい命の全てです。
This is worship.
これが賛美です。
Let’s worship.
賛美しましょう。

The Stand.
Holy is the Lord