The Cost of Following Jesus イエスに従うことに伴う犠牲

Luke 9:57-62
ルカ9:57-62

Last week in his sermon, Pastor Andrew talked about counting the cost. I believe that is a timely word for our church.
先週アンドリュー牧師の説教で『犠牲を払う』についてお話がありました。私達の教会にとってタイムリーなメッセージだと思います。
This year, the focus of our church has been “discipleship,” and if we are truly serious about being disciples, we must be willing to honestly count the cost of discipleship, and then ultimately embrace that cost.
今年、私たちの教会では“弟子訓練”に焦点を当てています。弟子となることに本気であるなら、弟子訓練に伴う犠牲のこと、そしてその犠牲を最終的に受け入れることを正直に考えないといけません。
Pastor Andrew listed the cost of discipleship last week, and today I want to look at another passage that further talks about the cost of discipleship.
アンドリュー牧師は先週弟子訓練の犠牲をリストに上げました、そして今日はその犠牲を払う弟子訓練についてもっと他の引用部分を見てみましょう。

Text: Luke 9:57-62
ルカの福音書9章57~62節

57 As they were walking along the road, a man said to him, “I will follow you wherever you go.”58 Jesus replied, “Foxes have dens and birds have nests, but the Son of Man has no place to lay his head.”59 He said to another man, “Follow me.” But he replied, “Lord, first let me go and bury my father.”60 Jesus said to him, “Let the dead bury their own dead, but you go and proclaim the kingdom of God.”61 Still another said, “I will follow you, Lord; but first let me go back and say goodbye to my family.”62 Jesus replied, “No one who puts a hand to the plow and looks back is fit for service in the kingdom of God.”
9:57道を進んで行くと、ある人がイエスに言った、「あなたがおいでになる所ならどこへでも従ってまいります」。 9:58イエスはその人に言われた、「きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子にはまくらする所がない」。 9:59またほかの人に、「わたしに従ってきなさい」と言われた。するとその人が言った、「まず、父を葬りに行かせてください」。 9:60彼に言われた、「その死人を葬ることは、死人に任せておくがよい。あなたは、出て行って神の国を告げひろめなさい」。 9:61またほかの人が言った、「主よ、従ってまいりますが、まず家の者に別れを言いに行かせてください」。 9:62イエスは言われた、「手をすきにかけてから、うしろを見る者は、神の国にふさわしくないものである」。

Here, we see three men who could have become disciples, but they would not meet the conditions of discipleship that Jesus had laid down.
ここに3人のイエスが与えた条件を満たさなかった男達、弟子になったかもしれなかった人達をみてみましょう。

Though it’s not explicitly stated here, it’s widely agreed upon among Bible scholars that none of the three ultimately agreed to follow Jesus.
はっきりと明白ではありませんが、殆どの聖書学者はこの3人は最終的にイエスに従っていると同意しませんでした。

In other words,言い換えると、 all three were confronted with the cost of following Jesus, all three counted the cost, and all three said “no” and eventually turned down the call to follow Jesus.
3人ともイエスに従うにあたって伴う犠牲に直面しました。3人とも犠牲のことを考えました。そして3人ともNoと言い、結局イエスに従う召しを断りました。
How about us?
私たちはどうでしょうか?
1) Are we willing to sacrifice comfort and security in order to follow Jesus?
イエスに従うためなら快適さと安全さを犠牲にできますか?
57 As they were walking along the road, a man said to him, “I will follow you wherever you go.”58 Jesus replied, “Foxes have dens and birds have nests, but the Son of Man has no place to lay his head.”
ルカの福音書9章57,58節
道を進んで行くと、ある人がイエスに言った、「あなたがおいでになる所ならどこへでも従ってまいります」。 9:58イエスはその人に言われた、「きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子にはまくらする所がない」。

A man approaches Jesus and boasts that he will follow Jesus anywhere.
一人の人がイエス様に近づきイエス様に従いますと自慢しています。
Jesus replies, “Are you sure? I’m homeless, you know. Are you willing to be homeless with me?”
イエスは本当ですか?と返答します。私はホームレスです。あなあたはホームレスの私といっしょにいても構わないのですか?
I’m sure everyone knows Mother Teresa. Here’s her story, an excerpt taken out of Wikipedia:
みなさんはマザーテレサをご存知だと思います。ここに彼女のストーリーの一部をウィキペディアから抜粋したものがあります。
On September 10, 1946, Teresa experienced what she later described as “the call within the call” while travelling by train to the Loreto convent in Darjeeling from Calcutta for her annual retreat. “I was to leave the convent and help the poor while living among them. It was an order. To fail would have been to break the faith.”

1946年、9月10日、テレサは後に『the call within the call』と説明した経験をカルカッタから恒例の教会の旅ダージリンのロレトの修道院へ電車で移動中に汽車に乗っていた際にしました。「全てを捨て、最も貧しい人の間で働くように」という啓示を受けたという。テレサは自分の信じる道を進もうと決意していた。
As we all know, Mother Teresa said “yes” to that call from God and dedicated her life to serving and ministering to the poor.
私達が知っている様に、マザーテレサは神からの要求に『はい』と答え貧しい人々に仕え奉仕し彼女の人生を捧げました。
How would we respond when God calls our number? It may not be a radical call to go live with and minister to the poor for the rest of our life like Mother Teresa (or maybe it may), but what if God calls us to give up our comfort and security?
神様が私達をお召しになられた時、私達はどのように答えますか?マザーテレサのように貧しい人々の所へ行って残りの人生を奉仕しなさいと言われないかもしれませんが(もしかしたら言われるかもしれません)もし、神様が私達の快適な生活や安全を諦めなさいと声をおかけになられたらどうでしょう?

What if God asks you to wake up earlier on Sunday in order to get to church on time? What if God asks you to give your entire paycheck for the month to a needy person? What if God asks you to quit your job, sell your home, and move your family to a foreign country for missions work? How would you respond?
もし神様が日曜日は早く起きて教会に時間通り行くようにと要求されたらどうでしょう?もし神様が貧しい人にあなたの月の給料を与えなさいと要求されたらどうでしょう?もし神様が仕事を辞めて家を売却し家族と共に外国へ奉仕に行きなさいと要求されたらどうでしょう?どの返答しますか?

Are you willing to sacrifice comfort and security in order to follow Jesus?
あなたはイエス様に従う為に快適な生活と安全を犠牲に出来ますか?
2) Are we willing to let go of traditions and habits in order to follow Jesus?
イエスに従うためなら伝統や習慣を手放すことができますか?

ルカの福音書9章59,60
59 He said to another man, “Follow me.” But he replied, “Lord, first let me go and bury my father.”60 Jesus said to him, “Let the dead bury their own dead, but you go and proclaim the kingdom of God.”
またほかの人に、「わたしに従ってきなさい」と言われた。するとその人が言った、「まず、父を葬りに行かせてください」。 9:60彼に言われた、「その死人を葬ることは、死人に任せておくがよい。あなたは、出て行って神の国を告げひろめなさい」。
Here, Jesus approaches a man with an invitation to follow him. In his reply, the man asked Jesus if he could first go take care of some unfinished family business. To which Jesus replied, “God’s business is more important than man’s business.”
ここで、イエス様は彼に従うように招こうとその人に近づいています。彼の返答は、イエス様に、先に家族のいくつかの用事を済ませてからならと答えました。
イエス様は 『神の用件は家族の用件よりももっと重要である』と返されました。

Now, you may think that Jesus’s reply sounds a bit harsh and unreasonable. All the man wanted to do was to give his father a proper family burial. But also consider this: Wasn’t what Jesus said correct? Isn’t God’s business more important than man’s business?
イエス様は少し厳しくて理不尽だと思うかも知れません。
その人は父親に適切な家族の埋葬をしてあげたかった。しかしこの様に考えれます;イエス様が言われた事は正しいですよね?神の用件は人の用件よりも重要ですよね?

I think the Parable of the Good Samaritan gives a good example of this struggle to choose between God’s business and our business, between observing traditions and following Jesus.
私は多分善いサマリア人が与える(ルカの福音書10:30~36にある)例え話がこの神の用件と私達の用件、そして私達の因習を守る事とイエス様に従う事のもがきを表す良い例だと思います。
You probably know the story of how the priest and the Levite both refused to help the person in need because of their myopic adherence to traditions and habits.
多分この話の祭司とレビ人が共にその助けが必要であった人を自分達の地位や立場、習慣に固守し無視して助けずに通り過ぎたのをご存知でしょう。

As a result, they missed out in the blessing of heeding God’s instruction.
結果として、彼らは神の指示である祝福の命令を逃してしまったのです。
When God calls us to do something, how quick are we to make excuses and hide behind traditions and habits? We know that God’s business is more important than our own business, but how quick are we to rationalize and make our own business more important than God’s business because of traditions and habits?
神様が私達に何かするようにとお召しになられたなら、私達はどんなに早く日常的な習慣で言い訳を作りますか?私達は自分達の用件より神様の用件の方がもっと大切だと分かっていますが、昔からの当たりまえの慣れた習慣によって神様の用件より自分達の用件の方が先に重要視させ、どのように素早く合理的に考えているのでしょうか?
The reality is that traditions and habits, when they conflict with God’s commandments, can get in the way of following Jesus.
現実は伝統や習慣、神の戒めと衝突した時、イエス様に従えなくなります。
Are you willing to let go of traditions and habits in order to follow Jesus?
イエス様に従うために伝統や習慣を手放す覚悟がありますか?
3) Are we willing to put God ahead of family in order to follow Jesus?
イエスに従うためなら神を家族よりも優先させることができますか?

61 Still another said, “I will follow you, Lord; but first let me go back and say goodbye to my family.”62 Jesus replied, “No one who puts a hand to the plow and looks back is fit for service in the kingdom of God.”
9:61またほかの人が言った、「主よ、従ってまいりますが、まず家の者に別れを言いに行かせてください」。 9:62イエスは言われた、「手をすきにかけてから、うしろを見る者は、神の国にふさわしくないものである」。

For this last scenario, a man approaches Jesus and promises that he will follow Jesus after saying goodbye to his family. But Jesus responds by saying that the ambivalence in his heart has disqualified him from discipleship. In essence, Jesus wanted to make sure that his disciples’ commitment and allegiance were not going to waver between God and family.
この最後のシナリオは、ひとりの人がイエス様に近づき彼の家族に別れを告げてからイエス様に従うと約束します。しかしイエス様は彼にあなたの心には二面価値(すなわちあなたの心にはイエスより自分の家族の方を愛している)があり弟子訓練から失格だと返答しました。
イエス様の神髄は、その人の弟子になるという堅い決意と忠誠心は神と家族の間を揺れ動かないと確信したかったのです。
Again, you may think that Jesus’s reply sounds a bit harsh and unreasonable. All the man wanted to do was see his family one last time before leaving. But also consider this: Wasn’t what Jesus said correct? As Christians, isn’t our primary commitment and allegiance to God, and not family?
再び、イエス様の返答は少し厳しく理不尽だなぁと思うかも知れません。
その人は去る前に最後に彼の家族に会いたかっただけなのです。
しかしこの考えは:イエス様の言った事は正しかったですよね?
クリスチャンとして、私達の第一の献身と忠誠は神様へではありませんか、私達の家族を第一にするのではないですよね?

I want to tell you a story about the pastor’s wife of the church I come from in Los Angeles, a woman of God I truly admire and respect for being a true example of a disciple.
ロサンゼルスにある私が通う教会の牧師の奥様、この方は真に私が崇め尊敬する方で本当にあった弟子の例として1つ話をします。
Every year, the leadership of the church goes on an annual retreat to a winter cabin to prepare for the new year. Before one of those retreats many years back, her baby son, who wasn’t even 6 months old at the time, caught a cold. All indications, including her loving maternal instincts, said that she should just forego the retreat and stay at home with her ailing baby. However, she received a strong conviction from God that her attendance and presence at the retreat were important.
So against her better judgment but believing that she was obeying God, she attended the retreat with her ailing baby.
毎年教会のリーダーシップは新しい年の準備のために恒例の冬のキャビンに行きます。何年も前の話ですが、彼女の息子が当時生後6ヶ月の時風邪を引きました。
全ての指示、彼女の母性本能も含めて彼女はその恒例の旅を行かずに病気の赤ちゃんと家にいるべきだと思いました。それにも関わらず、彼女は神様からその旅の参加と存在は大切だと強い信念を受けました。
それで良い判断とは逆に彼女は神様に従う方を信じ病気の赤ちゃんを連れてその旅に出席しました。

Well, I wish I could tell you that as a result of her faithfulness and obedience in going to the retreat, God miraculously healed her baby and we all had a blessed time.
さて、彼女の忠実かつ従順さにその旅に参加するという結果として神様の奇跡的な施しで彼女の赤ちゃんは癒され私達は皆その時祝福を受けたと言えれば良かったのですが。
On the contrary, her baby came down with a fever and his sickness got worse.
She and her baby had a miserable night, where neither one was able to sleep.
She and her baby eventually had to leave the retreat early to seek medical treatment.
それどころか、赤ちゃんは熱を伴い彼の病気は悪くなりました。彼女と赤ちゃんは散々な夜を過ごし、二人とも眠れませんでした。
彼女と赤ちゃんは結局治療を受けるために早くその旅から去らなければなりませんでした。

So not only did her baby son get seriously sick as a result, her attendance and presence at the retreat was basically inconsequential. So, what’s the moral of this story?
結果として彼女の赤ちゃんは重い病気にかかり、彼女のその旅の参加と存在は基本的に取るに足りない旅となりました。では、この話の教訓は何でしょう?

Just because we obey God, it doesn’t mean that our circumstances will always get better. Sometimes it will get worse.
私達は神様に従うという理由だけで、私達の状況はいつも良くなるということを意味するのではありません。
時にはそれは悪くなります。

Just because we obey God, it doesn’t mean that good results will always follow.
私達は神様に従うという理由だけで、それは良い結果がいつも付いて来るということを意味するのではありません。

Sometimes it will result in chaos. So, does it mean that she heard God wrong, based on the circumstance and result? No. She did the right thing. She obeyed God’s call for her at that time.
時にはその結果が混乱するでしょう。その結果の状況で彼女は神様から間違を聞いたという意味ではありませんか?いいえ、彼女は正しい事をしたのです。
彼女はその時、神様のお召しに彼女はその命令に従ったのです。
The first moral of the story: Whether or not one has correctly determined God’s call is not determined by result or circumstance. We simply and faithfully obey God, and whether the outcome works in or against our favor, the blessing is in the obedience.
この話の1つ目の教訓:神の召しを正しく決断したかどうかは、その結果や状況によって決められません。私たちはただ忠実に神に従うだけです。結果が私たちの願いどおりになってもならなくても、祝福は従うことになるのです。

From a worldly point of view, many of us may pass judgment and say, “What a horrible mother! I could never do that to the child I love!” But also consider this: As Christians, isn’t our primary commitment and allegiance to God, and not family?
Yes, her baby got worse and really sick. Yes, she eventually couldn’t do anything at the retreat. But by her action, she made a bold statement of faith that day, that, as a follower of Jesus, her primary commitment and allegiance was to God, and not to family.
世俗的な視点の観点から、私達の多くは判断を見過ごし、そして『なんて恐ろしい母親なんだ』と言うでしょう。愛する子供にそんなことは決してしないと言うでしょう。
でもこの考えは:クリスチャンとして、私達の第一の献身と忠誠は神様へではありませんか、私達の家族を第一にするのではないですよね?
はい、彼女の赤ちゃんは悪くなり本当に病気にかかりました。
彼女は実際にその旅で何も出来ませんでした。しかし彼女の行動によって彼女はその日、信仰の大胆な声明を表したのです、彼女の第一の献身と忠誠は神様だったのです、家族へではなかったのです。

As a result, she was, and still is, instrumental in shaping the radical discipleship attitude and culture of the church that is strong and present today.
結果として、彼女は昔も今も、根本的な弟子訓練の行動を形どるのに尽力を尽くしていてその教会の文化も強く現在に至っています。
The second moral of the story: Our primary commitment and allegiance is to God, and not family.
この話の2つ目の教訓:私たちの第一の献身と忠誠は神にあるのであって、家族ではありません。

Are you willing to put God ahead of family in order to follow Jesus?
家族よりも先頭に神様を位置づけ喜んでイエス様に従う覚悟はありますか?

In conclusion, I want to leave you with this Bible passage from John 6:60-69. This is actually one of my favorites:
最後にこのヨハネの福音書6章60~69節を残したいです。これは実は私の好きな聖書個所の1節です。

60 On hearing it, many of his disciples said, “This is a hard teaching. Who can accept it?”61 Aware that his disciples were grumbling about this, Jesus said to them, “Does this offend you? 62 Then what if you see the Son of Man ascend to where he was before! 63 The Spirit gives life; the flesh counts for nothing. The words I have spoken to you—they are full of the Spirit and life. 64 Yet there are some of you who do not believe.” For Jesus had known from the beginning which of them did not believe and who would betray him. 65 He went on to say, “This is why I told you that no one can come to me unless the Father has enabled them.”66 From this time many of his disciples turned back and no longer followed him.67 “You do not want to leave too, do you?” Jesus asked the Twelve.68 Simon Peter answered him, “Lord, to whom shall we go? You have the words of eternal life. 69 We have come to believe and to know that you are the Holy One of God.”
6:60弟子たちのうちの多くの者は、これを聞いて言った、「これは、ひどい言葉だ。だれがそんなことを聞いておられようか」。 6:61しかしイエスは、弟子たちがそのことでつぶやいているのを見破って、彼らに言われた、「このことがあなたがたのつまずきになるのか。 6:62それでは、もし人の子が前にいた所に上るのを見たら、どうなるのか。 6:63人を生かすものは霊であって、肉はなんの役にも立たない。わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、また命である。 6:64しかし、あなたがたの中には信じない者がいる」。イエスは、初めから、だれが信じないか、また、だれが彼を裏切るかを知っておられたのである。 6:65そしてイエスは言われた、「それだから、父が与えて下さった者でなければ、わたしに来ることはできないと、言ったのである」。
6:66それ以来、多くの弟子たちは去っていって、もはやイエスと行動を共にしなかった。 6:67そこでイエスは十二弟子に言われた、「あなたがたも去ろうとするのか」。 6:68シモン・ペテロが答えた、「主よ、わたしたちは、だれのところに行きましょう。永遠の命の言をもっているのはあなたです。 6:69わたしたちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています」。
I love Peter’s reply here, because it’s so true! His response resonates strongly in my heart, and I often feel it like this:
私はペテロの返答が好きです、何故ならそれが真実だからです。彼の返答は私の心に強く鳴り響き、そしてそれはしばしばこのように感じます。
“Do I want to quit the faith, because the Christian teaching is too difficult to follow and too offensive in my relationship with others? God, where else am I supposed to go from here? You’re God! In you, I’ve encountered the truth! In you, I’ve been forgiven of my sins! In you, I have eternal life! God, where else am I supposed to go but be with you? God, what else am I supposed to do but follow you and serve you?”
私はクリスチャンの教えはあまりにも従うのに難しく、私と他の人との関係があまりにも違うのでその信仰をやめたいですか?自分に問いかけます。
神様、私は神様以外のどこへ行けば良いのですか?あなたは神様です。
あなたのおかげで私は真実と向き合う事が出来ました。あなたのおかげで私の罪を解放されました。あなたのおかげで永遠の命を頂きました。神様、私はあなたと共にいるより他どこへ行けば良いのでしょう。神様、あなたに従いあなたに仕える以外に何をしましょうか?
The cost of following Jesus is indeed great.
イエス様に犠牲を払うのは確かに大きいです。
The road of discipleship is indeed difficult. But as a Christian, isn’t this the only way? Now, how to do it gladly, cheerfully, and joyfully? Stay tuned, because that’s another sermon. For now, think about the cost of discipleship, and know that being a disciple and being a Christian are one and the same.
弟子訓練の道は確かに難しいです。しかしクリスチャンとしてこれがただ1つの道ですよね?
さて、陽気に嬉しそうに、喜んで弟子訓練をどのようにするのでしょう?
それは別の説教でしますのでこうご期待!!。
今は、弟子訓練の犠牲ついて考えてみましょう、そして弟子であるのとクリスチャンであるのは同じであるというのが分かって頂けたでしょう。
Pray